リストバンドのように腕に巻き、筋肉に負荷を与える「リストウェイト」。ウォーキングなどの軽いスポーツ中でも簡単に負荷をかけられるため、人気のトレーニンググッズです。また、家事などの日常生活の中に取り入れれば、「ながらトレーニング」も行えます。

そこで今回は、リストウェイトのおすすめアイテムをご紹介。選び方もあわせて解説するので、手軽に筋トレを行いたい方はぜひチェックしてみてください。

リストウェイトの選び方

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

リストウェイトの重さは製品によってさまざまですが、初めて購入する場合には、軽めのモノを選ぶのがおすすめです。女性や子供、筋力に自信がない方ならば0.25kg程度、男性や筋トレが趣味の方ならば0.5~1kg程度を目安に選びましょう。

腕に装着したときには軽く感じるかもしれませんが、長時間着けていると徐々に重さを感じて疲れるようになってきます。継続して負荷をかけ続けるモノなので、自分の筋力に適した負荷を見定めるためにも、軽量の製品から始めることが大切です。

衛生的に使えるモノを選ぶ

トレーニング中はどうしても汗をかくので、衛生的に使えるかどうかも重要なポイント。重りを取り外して洗えるモノや、抗菌仕様のモノなど、清潔に使える製品を選ぶのがおすすめです。

汗に濡れたままでリストウェイトを放置してしまうと、雑菌が繁殖してしまう可能性があります。使用後はこまめにお手入れをして、いつでも清潔に使えるようにしておきましょう。

リストウェイトのおすすめアイテム

ナイキ(NIKE) リストウェイト AT8007-010

ナイキ(NIKE) リストウェイト AT8007-010

人間工学に基づいたデザインで、手首にフィットするリストウェイト。面ファスナーで自分の手首に固定する形状で、親指を通すための輪が備えられています。

裏地にはナイキ独自のDri-FIT素材を採用。速乾性があり、汗をかいても素早く発散させられるので、長時間でも快適に着用できます。

0.45kgと初心者でも扱いやすい重量もポイント。使用中にズレるのを防いで、しっかりと固定した状態で使いたい方におすすめです。

アディダス(adidas) トレーニング アンクル/リスト・ウエイト ADWT12228

アディダス(adidas) トレーニング アンクル/リスト・ウエイト ADWT12228

装着感にこだわって作られ、柔らかく着け心地のよいリストウェイト。ダイビング用のウェットスーツにも使われている、ネオプレーン素材を採用しているのが特徴です。柔軟性があるため関節の動きを制限せず、さまざまな方向に負荷を加えられます。

留め具は面ファスナー式で、自分の手首にあわせてサイズの調節が可能。周径14.5~23cmまで幅広く対応しているので、性別、年齢を問わず使用できます。また、手首だけでなく足首にも装着できるので、併用できるモノを探している方におすすめです。

リーボック(Reebok) リスト ウエイト RAWT-11072

リーボック(Reebok) リスト ウエイト RAWT-11072

面ファスナーで簡単にサイズ調節ができるリストウェイト。周径14.5~22cmと幅広く対応しています。素材にはクッション性が高く、PC保護ケースなどにも用いられるネオプレンを採用。ソフトな感触で、快適に装着できるのが魅力です。

親指を通すループタブが付いているため、ハードな運動をしても外れにくいのが特徴。それぞれの腕に1.5kgの負荷をかけられるので、日々のワークアウトに取り入れたい方におすすめです。

ラ・ヴィ(La-VIE) 清潔感で選ぶアンクルリスト1.0kg×2個セット 3B3211

ラ・ヴィ(La-VIE) 清潔感で選ぶアンクルリスト1.0kg×2個セット 3B3211

重りを取り外して水洗いができるリストウェイト。何かをこぼして汚してしまったり、汗をかいたりしても気軽に洗えるので、いつでも清潔に使えます。また、ポリエステルやナイロンを主としたメッシュ素材を採用しているため、蒸れにくく、長時間でも快適に使えるのも魅力です。

片手あたり125gの重りが8本入った計1kgの製品で、重りの数を減らせば重量の調節も可能。使い慣れないうちは1本にしておいて、慣れてきたら2本、3本と負荷を増やしていくような使い方もできます。

カワセ 鉄人倶楽部 リスト&アンクルウェイト

カワセ 鉄人倶楽部 リスト&アンクルウェイト

0.5・1.0・1.5・2.0kgの4種類から重さを選べるリストウェイト。重量ごとにカラーが異なるので、家族で揃えて使い分けたり、用途にあわせて選んだりしやすいのが特徴です。

柔軟性があるネオプレーン素材を採用しているのも魅力。面ファスナー式のため自分の腕周りにあわせてサイズを調節でき、しっかりとフィットした状態で使用可能です。腕と足首のどちらにも使える兼用タイプなので、トレーニング箇所を選ばず使いたい方はチェックしてみてください。

アルインコ(ALINCO) リストアンクルウェイト

アルインコ(ALINCO) リストアンクルウェイト

0.5~2.0kgまで、0.5kg刻みの幅広いラインナップが魅力のリストウェイト。手足兼用なので、自分の筋力や用途に適した製品を選びやすいのが特徴です。

固定方法は面ファスナー式を採用。脱着が簡単で、自分の手首にしっかりフィットさせて使えます。また、重めのアイテムを選択すればダンベル代わりにも使用できるため便利です。

フィールドア(FIELDOOR) ソフトアンクルリストウェイト

フィールドア(FIELDOOR) ソフトアンクルリストウェイト

おもりに鉄玉が使用されており、コンパクトでフィット感に優れた3kgのリストウェイト。装着は面ファスナーで固定するだけの簡単仕様です。

裏地には伸縮性と耐久性に優れた素材を採用。体の動きにあわせて伸縮するため、ハードな運動でも消耗しにくく、長く使えるのが魅力です。

また、製品をいくつかつなげれば腰に装着できるのもポイント。幅広い範囲のトレーニングに使用できる便利なアイテムです。

ボディテック(Bodytech) リストアンクルウェイト Special Edition

ボディテック(Bodytech) リストアンクルウェイト Special Edition

Amazon限定ブランド「ボディテック」と、人気アニメ「ダンベル何キロ持てる?」がコラボレーションしたリストウェイト。ベルト部分にボディテック×シルバーマンジムのコラボロゴがあしらわれているのが特徴です。また、アニメコラボ限定パッケージに入っているので、使っていないときはパッケージに戻して飾れます。

素材には耐久性と通気性に優れたポリウレタンのフェイクレザーを採用。汗をかいても蒸れにくく、長時間でも快適に着用できます。重量は片手につき1kgで、適度な負荷を与えられるのもポイントです。

コラボレーションモデルは1kg限定ですが、シリーズ製品として0.5・1.5・2.0kgのモデルもあります。遊び心のあるアイテムを探している方におすすめです。

ソフタッチ(SOFTOUCH) リスト&アンクルウエイトジェル SO-WA025G

ソフタッチ(SOFTOUCH) リスト&アンクルウエイトジェル SO-WA025G

0.25gと軽量で、初心者でも使いやすいリストウェイト。表素材はナイロンが採用されており、頑丈で水濡れにも強いのが魅力です。

中素材はジェルと砂鉄のため、手首に巻いても痛くなりにくく、しっかりとフィットします。また、比較的薄いので、日常的に着用した際に目立ちにくいのもポイント。日常生活に軽い負荷をかけて「ながらトレーニング」をしたい方にもおすすめです。

淡野製作所(DANNO) アジャストウェイトDX D5357

淡野製作所(DANNO) アジャストウェイトDX D5357

学校体育用品なども手掛ける「淡野製作所」のリストウェイト。400gの重りが5個入った2kgの製品で、自分の筋力にあわせて重さを調節できるのが特徴です。

固定方法はベルト式ですが、手首バンドを装着してから巻き付けることにより、簡単に取り付けが可能。表素材にはナイロン、中素材には鉄粒が採用されており、多少汚れてしまっても簡単にお手入れできるのが魅力です。