自宅でのトレーニングやダイエット、運動不足解消に役立つ「エアロバイク」。豊富なタイプがラインナップされているので、自分の体力や体型、目的に合ったモノを選ぶことが大切です。

そこで今回は、エアロバイクのおすすめモデルと選び方をご紹介します。初心者におすすめのモノはもちろん、本格的なトレーニングができるモノや省スペースで利用できるモノなど、幅広くピックアップしているので参考にしてみてください。

エアロバイクの選び方

用途に合ったタイプを選ぶ

アップライトタイプ

By: daikou-dk.com

アップライトタイプは上半身を起こした姿勢でペダルを漕ぐため、自転車に乗るような感覚に近いのが特徴。スポーツジムに導入されていることが多い、ポピュラーなタイプです。負荷は比較的軽めなので、初心者や長時間の有酸素運動をしたい方にも適しています。

サドルの高さや前後の調節ができるため、自分に合った姿勢でトレーニングできるのがポイント。サイズは比較的コンパクトなモデルが多いので、自宅の限られたスペースでも設置しやすいのが魅力です。価格は、手頃なモノが多い傾向にあります。

リカンベントタイプ

By: rakuten.co.jp

リカンベントタイプは背もたれ付きのシートが搭載されており、もたれかかった姿勢でペダルを漕ぎます。腰や背中がしっかり支えられて安定感があるため、膝や腰に負担がかかりにくく無理なくトレーニング可能です。そのため、リハビリ目的の方や体力に自信がない方などに適しています。

シートの位置は、前後にスライドさせて調節するのが特徴です。なかには、リクライニング機能を搭載している便利なモデルもラインナップされています。ただし、サイズは大きく重量もあり、設置スペースが限られるのは難点。また、価格は高い傾向にあるので、留意しておきましょう。

スピンバイクタイプ

By: amazon.co.jp

スピンバイクタイプは「インドアサイクル」とも呼ばれており、サドルとハンドルの高さは同じくらいの位置に設計されています。必然的に腰の位置が高めになるため、ロードバイクのように前傾姿勢で漕ぐのが特徴です。

また、ホイールは大きく重いので、高負荷なトレーニングを行えます。さらに、立ち漕ぎしても揺れが少なく安定しやすいため、より負荷をかけたトレーニングも可能です。普段からハードなトレーニングに慣れている上級者にも適しています。

Xタイプ

By: rakuten.co.jp

Xタイプは、横から見たときに、支柱がXのようにクロスしている形状なのが特徴です。クロスしている支柱を中心に折りたたんで、コンパクトにできます。そのため、エアロバイクを自宅に常に設置しておけない場合に、省スペースで収納できるのが魅力です。重さは比較的軽量なので、ラクに持ち運べます。

構造はシンプルで、複雑な操作がないのもポイント。負荷は軽く、ストレス発散や運動不足解消などの目的で使用したい方におすすめです。ただし、激しくペダルを漕ぐと安定性が低くなるため、留意しておきましょう。

ミニバイクタイプ

By: amazon.co.jp

ミニバイクタイプはほかのエアロバイクとは違い、ペダル部分だけが付いているのシンプルなタイプ。椅子に座った状態や、仰向けに寝た状態でペダルを漕ぎます。モデルによっては、手でペダルを回して上半身にアプローチしたトレーニングも可能です。

負荷調節は簡単なので、はじめての方でも気軽に使用できます。サイズはコンパクトなため、場所を選ばず自宅のさまざまなところで運動できるのがポイント。テレビを見たり、読書をしたりしながら軽く運動する「ながら運動」にもおすすめです。使用後は、省スペースで収納できます。

負荷方式で選ぶ

マグネット負荷方式

By: amazon.co.jp

マグネット負荷方式のエアロバイクは、アップライトタイプに採用されていることが多く、電動式と手動式の2種類が展開されています。

電動式と手動式ともに、永久磁石をフライホイールに近づけたり遠くしたりすることで負荷をかける構造です。ただし、電動式は永久磁石の遠近を内蔵コンピューターで自動的に制御し、手動式は自分の手で切り替えます。

電動式は、ほとんどのモデルが電源を確保しなければいけませんが、モニターのボタンで負荷を調節できるのがメリット。また、目的に合ったトレーニングをコンピューターに任せて行えます。

手動式は負荷の幅が電動式よりも狭めです。どちらともフライホイールに永久磁石が接触しないため、静音性に優れています。夜間に使用したい方にもおすすめです。

電磁負荷方式

By: rakuten.co.jp

電磁負荷方式のエアロバイクは、電磁磁石にかける電圧を調節することで負荷が変わる構造です。フライホイールに電磁磁石が接触しないので、静音性に優れています。マグネット負荷方式と比較すると、負荷の幅が広いのがメリット。

また、均等に負荷がかかるので、なめらかなペダリングが可能です。ただし、電源を確保する必要があるので、利用場所に制限があります。あらかじめ、設置する場所を確認しておくのが大切です。

摩擦負荷方式

By: rakuten.co.jp

摩擦負荷方式のエアロバイクは、スピンバイクタイプに採用されていることが多く、パッドをフライホイールに押し当てることで負荷をかける構造です。フライホールが重いほど高負荷をかけられます。本格的なトレーニングを行いたい方におすすめ。

ただし、強く負荷をかけるほど車軸にも同等の負荷がかかります。軸受のベアリングが摩耗し、交換が必要になるので、留意しておきましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

エアロバイクを選ぶうえでは、サイズをチェックすることも大切です。設置スペースに対して大きすぎるモノを選んでしまうと、部屋を圧迫してしまい、日常生活に支障が出る場合もあります。アップライトタイプは比較的コンパクトなサイズが展開されているので、限られたスペースでも利用しやすいのがポイントです。

リカンベントタイプは大きいため、広いスペースを確保できるかチェックしてみてください。スピンバイクタイプは立ち漕ぎする場合も考えて、ある程度天井の高い部屋に設置するのがおすすめです。

定位置に置いたままにできないときは、折りたたみ可能なXタイプが適しています。また、ミニバイクタイプは非常にコンパクトなので、テーブル下などの狭いスペースでも使用可能です。

サドルの高さや前後の調節ができるモノを選ぶ

By: daikou-dk.com

快適にトレーニングするには、サドルの位置が自分の体型に合っているかが重要です。合っていない場合、トレーニング効果が薄れるだけでなく、足や腰などを痛める可能性もあります。そのため、サドルの高さや前後の位置を調節できるモノを選んでみてください。

高さの目安としては、自分の腰骨と同じくらいの高さです。ただし、リカンベントタイプはシートに深く腰掛け、足が前に出る体勢なので、シートの高さは低い設計です。適応身長などを参考にしてみてください。前後の位置を調節できるモノであれば、より自分の体型に合わせられます。

静音性に優れているモノを選ぶ

By: rakuten.co.jp

マンションやアパートなどの集合住宅で使用したい方や、夜間やテレビを見ているときなどに使用したい方は、静音性に優れているエアロバイクがおすすめです。特に、マグネット式や電磁式のモデルはフライホイールに磁石が接触しないため、静音性が高いのが特徴です。

さらに、トレーニングマットやストレッチマットを下に敷くと、音や振動を和らげられます。トレーニングマットやストレッチマットについては、以下の記事をチェックしてみてください。

モニタリング機能が搭載されているモノを選ぶ

By: daikou-dk.com

エアロバイクのなかには、心拍数や消費カロリー、走行距離、回転数などを確認できるモニタリング機能が搭載されている便利なモデルも展開されています。

心拍数の測定方法は、グリップを握って測るハンドルグリップ方式と、耳で測るイヤーセンサー方式の2種類。ハンドルグリップ方式は、コード接続の煩わしさがありません。一方、イヤーセンサー方式は、より正確に心拍数を測定できます。

消費カロリーは、ダイエット目的の方におすすめのモニタリング機能です。走行距離や回転数などは、トレーニング目的の方に適しています。取り組んだ数値をしっかり確認できるので、トレーニング計画を立てやすく、モチベーションアップにも繋がるのがポイントです。

エアロバイクのおすすめモデル

アルインコ(ALINCO) プログラムバイク6119 AFB6119

メーカーオリジナルの健康管理アプリに対応したエアロバイクです。スマホやタブレットとBluetooth接続すれば、トレーニング結果をアプリに記録でき、モチベーションアップに繋がるのがポイント。サドルの高さは、約66.5〜92cmの範囲で10段階調節が可能です。また、約5cmの範囲で前後にスライドもできます。

本製品はマグネット負荷方式で、24段階と幅広く変更できるのも特徴です。体力や目的に合わせて細かく調節できるため、家族みんなで使いたい方にもおすすめ。連続使用時間は約30分です。

ハンドルにはグリップセンサーが搭載されており、心拍数を測定できます。本体にはタブレットトレーが付いているため、スマホやタブレットなどを置いて音楽や動画を楽しみながら漕げるのも魅力のひとつ。ペダルには足を固定するバンドが付いているので、足の踏み外しを防げます。

アルインコ(ALINCO) スタンディングバイク 1700 BK1700

立ち漕ぎや前傾姿勢でも漕げるエアロバイクです。姿勢を起こしたスタンダードなバイク運動はもちろん、全身を使ったトレーニングをしたい方にもおすすめ。ハンドルにはグリップセンサーが搭載されているので、心拍数を計測でき、効率的にトレーニングが可能です。

ペダルには足を固定する幅広ストラップが付いているため、運動中の踏み外しを防ぎます。メーター部分にはトレーが搭載されており、タブレットやスマホを置けるのもポイント。動画を視聴したり音楽を聴いたりしながら、バイクを楽しく漕げます。

本製品は、8段階で負荷を調節できるマグネット負荷方式を採用。サドルの高さは、約85〜100cmの範囲で6段階調節が可能です。自分の体力や体型に合わせて、負荷やサドルの高さを調節してみてください。本体にはキャスターが搭載されているので、掃除をしたいときや設置場所を変えたいときに、ラクに移動できます。

ダイコー(DAIKO) 家庭用アップライト 電動負荷方式 DK-8615P

身長約150〜180cmに対応したアップライトタイプのエアロバイクです。負荷のかけ方は電動のマグネット負荷方式で、16段階と細かく調節できます。サドルの高さは、約82〜108cmの範囲で10段階調節が可能です。また、前後は約7cmの範囲でスライドできます。

連続使用時間は約60分と長めなので、できるだけ長くトレーニングしたい方におすすめ。搭載されているパネルには、時間や速度、距離、カロリーなどが表示されます。時間や距離、カロリーは目標を設定できるため、トレーニングのモチベーションアップに繋がるのがポイント。また、ハンドグリップを握ると心拍数を測定できます。

本製品にはキャスターが付いているので、移動がラク。さらに、ガタツキを抑えるアジャスターが付いているので、安定したペダリングができます。

ホライズン(HORIZON) CITTA BT5.0

木目調のデスクトレイが搭載されているエアロバイクです。デスクトレイは、簡単に引き出したり、折りたたんで収納できたりします。ノートパソコンや雑誌を置けるため、仕事をしたり読書をしたりしながら漕げるのが魅力。

本製品は「ステップスルー構造」を採用しているので、大きくまたぐ必要がなく乗り降りしやすいのも特徴です。サドルは高さや前後を調節できるため、幅広い方の体型に合わせられます。ペダルは足を乗せるだけのシンプルな構造です。

負荷のかけ方はマグネット負荷方式で、20段階の調節ができます。さらに、インターバルや体重減量、ローリング、ケイデンス、ランダムなど10個の多彩なプログラムを搭載しているのもポイント。ややハードなトレーニングから、「ながら運動」まで幅広い目的に利用したい方におすすめです。

コナミスポーツクラブ エアロバイク EZ101

イヤーセンサー方式を採用しているアップライトタイプのエアロバイクです。脈拍センサーをもとに、適切な運動プログラムを設定できます。運動プログラムの内容は、体力テスト・一般トレーニング・減量トレーニング・脈拍設定トレーニング・フリートレーニング・ランダムトレーニングの6つです。

トレーニングメニューは3人分保存できるため、家族みんなで利用したい方にもおすすめ。本製品は電磁負荷方式を採用しており、20段階と細かな調節ができます。適応身長は約140~180cmと幅広い体型に合わせられるのもポイントです。

ハイガー(HAIGE) スピンバイク エアロフィットネス HG-YX-5006

摩擦負荷方式を採用したスピンバイクタイプのエアロバイクです。負荷は無段階で調節できるため、軽めのトレーニングからハードなトレーニングまで幅広く行えます。ホイールが重く、回転径も大きいので、全身運動も可能。

耐荷重は約100kgなので、立ち漕ぎをしても安定したペダリングができます。サドルの高さは約71〜86cmの範囲で6段階調節が可能です。また、前後に10cmの範囲でスライドできます。さらに、ハンドルの高さも約103〜112cmの4段階で変更可能です。そのため、さまざまな体型に合わせやすく、家族みんなで利用したい方にもおすすめ。

本製品は静音摩擦パッドを使っているので、静音性にも優れています。そのほか、時間や速度、消費カロリー、距離表示されるメーターが搭載されているのもポイントです。

ハイガー(HAIGE) 渦電流 スピンバイク エアロフィットネス eX5 HG-EX-5000

有酸素運動から無酸素運動まで幅広く対応できる、スピンバイクタイプのエアロバイクです。本製品は過電流負荷方式を採用しており、長期間使用しても負荷の大きさが変化しにくいのがポイント。

負荷はペダルを速く漕ぐほど大きくなるのが特徴です。また、負荷装置がフライホイールに接触していないため、静音性に優れています。サドルの高さは12段階、前後は5cmの範囲で調節できます。ハンドルの高さは4段階、前後は8.5cmの範囲で変更可能です。

搭載されているメーターには、回転数や時間、消費カロリー、心拍数などが表示されます。普段からハードなトレーニングを行う方にもおすすめのモデルです。

アルインコ(ALINCO) リカンベントバイク7020 AHE7020

大きな背もたれが搭載されているリカンベントタイプのエアロバイクです。身体をしっかり預けられるため、ふらついて転倒するのを防ぎます。サイドハンドルは可動式なので、乗り降りの際に邪魔になりにくいのがポイント。また、シートと本体の間が広く設計されており、またぐことなくラクに乗り降りできます。

シート位置は、座ったままの状態で調節可能です。適応身長は約150~180cmのため、さまざまな方が利用できます。負荷は、シート前のレバーで簡単に変えられるのが特徴。サイドハンドルには、心拍数が計測できるグリップセンサーが搭載されており、無理なく安全にトレーニングできます。

ペダルにはバンドが付いているので、足のズレや落下を防ぎ、快適に漕げるのもメリットです。そのほか、タブレットを置けるトレーも付いているため、バイク運動しながら動画や音楽も楽しめます。時間を有効活用したい方にもおすすめのモデルです。

ダイヤコ(DYACO) リカンベントバイク SR145S-40

腰や膝に負担をかけにくいリカンベントタイプのエアロバイクです。背もたれにしっかり身体を預けられるので、リハビリする方や高齢者にもおすすめ。また、スマホを見たり本を呼んだりしながら、軽めのトレーニングができるのもポイント。

シートの位置は、身長に合わせてスライド調節できます。ペダルには足を固定するベルトが付いているため、足がズレたり落下したりするのを防げるのが特徴。ペダルの負荷は、24段階と幅広い調節が可能です。

パネルには、速度や距離、時間、消費カロリー、回転数、心拍数などがわかりやすく表示されます。長時間のトレーニングでも、身体に負担をかけにくいモデルを探している方はチェックしてみてください。

アルインコ(ALINCO) コンフォートバイクII AFB4309GX

シートに背もたれとハンドルが搭載されたXタイプのエアロバイクです。身体をしっかり支えるため、安定した姿勢でトレーニングしやすいのが特徴。本製品にはペダリングの角度調節機能が付いているので、体型に合わせてシートの高さを3段階で変えられます。

ハンドルにはグリップセンサーが搭載されており、メーターで心拍数を確認可能です。メーター下にはエクササイズバンドが設置されているため、上半身のトレーニングにも取り組めるのがポイント。連続使用時間は約30分です。

トレーニング後は、コンパクトに折りたたんで部屋の隅に置けます。部屋がそこまで広くなく、常に設置しておけない方におすすめのモデルです。

アルインコ(ALINCO) エアロマグネティックミニバイク AFB2119

さまざまな場所でトレーニングできるミニバイクタイプのエアロバイクです。本体には取手が付いているので、持ち運びがラク。サイズは約幅45×奥行54×高さ40cmとコンパクトなため、省スペースで収納できます。

椅子に座ってペダルを漕ぐのはもちろん、床に寝転んで漕いだり、テーブルに乗せて腕で回転させたりできるのがポイント。姿勢を変えることで、足やお腹、二の腕などさまざまな部位にアプローチできます。負荷はマグネット負荷方式で、8段階調節が可能です。

本製品には、消費カロリーや回転数などの数値を確認できるメーターが搭載されています。ダイエットなどのモチベーションアップに繋がるのがメリット。価格はエアロバイクのなかでは安く、はじめて購入する方にもおすすめです。