広背筋や上腕二頭筋を鍛えるトレーニングとして人気の懸垂。自分の背よりも高い位置にあるバーを握り、そのバーの位置まで顎を上げるというトレーニングですが、これを行うためには専用の器具が必要です。

そこで今回は、懸垂専用のトレーニング器具「チンニングスタンド」をご紹介。おすすめの製品とあわせて選び方も解説するので、参考にしてみてください。

チンニングスタンドの選び方

耐荷重量で選ぶ

By: rakuten.co.jp

チンニングスタンドは懸垂や反動を用いた激しいトレーニングに使う器具なので、必ず耐荷重量をチェックするようにしましょう。耐荷重量とは、製品がどの程度の重さを支えられるかという目安の数字です。

耐荷重量をチェックする際に気をつけたいのが、自分の体重だけで考えないこと。トレーニングを重ねるうちに筋肉がついて体重が増えたり、負荷を増やすために重りをつけたりすることを想定して、自分の体重+40kg程度の製品を選ぶのがおすすめです。

耐荷重量をオーバーしてトレーニングを行うと、器具の破損や怪我につながる可能性もあります。必ず自分の体重やトレーニング内容を考慮して、耐荷重量に余裕のある製品を選ぶようにしましょう。

フレームで選ぶ

By: amazon.co.jp

安定性の高いチンニングスタンドを選ぶためにチェックしたいポイントが、メインフレームの太さとサブフレームの数です。メインフレームが太ければ、体重をかけた際に揺れにくくなります。また、サブフレームの数が多ければ、メインフレームにかかる負荷を分散でき、安定性が高くなるため、おすすめです。

チンニングスタンドはぶら下がったり反動を用いたトレーニングをしたりと、揺らすような使い方をすることも多い器具。安定性や安全性を高めるためにも、フレームをしっかりチェックしておきましょう。

設置スペースで選ぶ

By: amazon.co.jp

チンニングスタンドは大型のトレーニング器具なので、設置スペースの確認も重要です。設置面積をクリアしていても、実際にトレーニングをしてみると周囲のモノにぶつかってしまったり、高さが足りず天井や照明にぶつかってしまったりする可能性があります。

ある程度広いスペースを確保できる場合には、幅広いトレーニングを行える大型のチンニングスタンドがおすすめ。一方、リビングや自室などの生活スペースに設置する場合は、邪魔にならないような小さめのモノや、必要なときに広げて使う折りたたみタイプの製品を選んでみてください。

省スペースで置けるモノでも、オプションによってはほかのトレーニングも可能な製品があります。必ず実際の動作を考慮して選びましょう。

機能性で選ぶ

By: amazon.co.jp

チンニングスタンドのなかには、背筋や上腕筋だけでなく、ほかの部位も鍛えられる+αの機能を備えたモデルがあります。例えば、横のバーを握って脚を引き上げる「レッグレイズ」ができれば腹筋を、下のバーを握って体を上下させる「ディップス」ができれば上半身全体を鍛えられるのでおすすめです。

また、デッドリフトやベンチプレスができる「バーベルスタンド」付きの製品もあります。チンニングだけではなく、ほかのトレーニングにも使えるモノを選べば、トレーニング用に設置する器具を減らせるため、本格的なトレーニング環境を作りたい方は機能性もチェックしておきましょう。

チンニングスタンドのおすすめ製品

ワサイ(WASAI) ぶら下がり健康器 HD5005

バーベルフック・ベンチ・肘クッション・レッグスポンジ・腕立てグリップを搭載し、マルチトレーニングが可能なチンニングスタンド。ベンチはフラットからインラインまで角度調節ができ、幅広く活用できます。

寸法は幅66×奥行119×高さ215cmとやや大型。耐荷重量は本体150kg、バーベルフック120kg、ベンチ120kgと本格的なトレーニングを行っている方でもしっかりと支えられます。チンニングだけでなく、さまざまなトレーニングを1台で済ませたい方におすすめです。

ワサイ(WASAI) ぶら下がり健康器 BS502

By: wasaico.jp

身長に合わせて高さを調節できるチンニングスタンド。198~230cmの間で7段階に調節でき、身長155~184cmまでのトレーニングに対応できます。155cm以下の方でも土台フレームに乗ることで対応できるので、家族で使いたい方などにもおすすめです。

寸法は幅68×奥行83×高さ198~230cm、耐荷重量は120kg。素材には頑丈な高級スチールを採用し、脚には騒音防止の滑り止めゴムを使っているため、安全性が高いのも魅力です。

MRG ぶら下がり健康器

軽量コンパクトで、簡単に組み立てられるチンニングスタンド。寸法は幅66×奥行53×高さ168.5~218.5cmで、高さは7段階で調節できます。広い設置スペースを取れない方におすすめです。

耐荷重量は150kgで、簡単なストレッチやシェイプアップから本格的なトレーニングまでカバーできるのも魅力。腰回りを鍛える「ツイスト」、腹筋を鍛える「レッグレイズ」、胸筋や上腕筋を鍛える「ディップス」「プッシュアップ」など多彩なトレーニングに対応できます。

BangTong&Li ぶら下がり健康器

背もたれや肘起きクッションなど、体への負担を軽減する工夫が凝らされたチンニングスタンド。滑り止めも柔らかく、手が痛くなりにくいので、肌が刺激に弱い方にもおすすめです。

寸法は幅65×奥行100×高さ194~214cmで、高さは6段階の調節が可能。耐荷重量は150kgと本格的なトレーニングにも対応できます。高級スチールを採用し、安全補強バーを取り付けるなど、安全性にも配慮されたモデルです。

マッスルジーニアス(Muscle Genius) 4wayマルチジム MG-MG02

1台で懸垂・腕立て伏せ・ディップス・腹筋とマルチに使えるチンニングスタンド。耐荷重量は80kgとチンニングスタンドのなかではやや軽めなので、トレーニング初心者やエクササイズ目的の方におすすめです。

寸法は幅110×奥行80×高さ197~217cmで、高さは5段階に調節可能。ラバー製のグリップを採用し、手が痛くなりにくい構造です。また、物干しの用フックが付いているため、トレーニングをしないときも有効に使えます。

フィットメイト(FITMATE) ぶら下がり健康器 FM210W

頑丈で安定性の高いチンニングスタンド。寸法は幅100×奥行67×高さ162~210cmで、高さは7段階で調節可能。身長の低い方から高い方まで幅広く対応できるので、家族で使いたい方におすすめです。

奥行がやや長めですが、その分がたつきが少なく安定して使えるのが魅力。グリップ部分には丈夫で滑りにくいPVC製のカバーを採用しているほか、柔らかい肘パッドや背もたれスタンドも搭載し、快適にトレーニングできるのが特徴です。

ユーテン(YouTen) ぶら下がり健康器 yt-bls01

耐荷重量100kgで高さ調節も可能なチンニングスタンド。寸法は幅102×奥行75×高さ193~220cmと大型です。H型支柱を採用し、従来品に比べてパイプの厚みを40%増量することによって、安定性を高めています。

ボルダリングから着想を得た「プルアップグリップ」を搭載しているのが特徴。パイプと異なる形状のグリップを握ることにより、背筋や上腕筋だけでなく握力も同時に鍛えられます。比較的安価に購入できるため、コスパの高いチンニングスタンドを探している方におすすめです。

アディダス(adidas) トレーニング パワータワー ADBE-10260

幅115×奥行121×高さ213cm、耐荷重量135kgのチンニングスタンド。折り畳み可能なディップステーションをはじめ、プッシュアップステーション、チンニング用のワイドグリップとナローグリップを備えた便利なモデルです。

人間工学に基づいたパッド位置により、快適にトレーニングできるのが魅力。頑丈なスチール製フレームと緻密なフォームパッド、ゴム製の滑り止めにより、安定性が高いのもポイントです。

アルインコ(ALINCO) 懸垂マシン FA900

頑丈な肉厚メタルパイプを採用したチンニングスタンド。寸法は幅109×奥行79×高さ200~220cmで、高さは5cm刻みの5段階で調節できます。

レッグレイズ・チンニング・ディップス・プッシュアップ・ぶら下がり運動といったトレーニングに対応。腕立て用のグリップも付いているため、上半身全体を1台で鍛えられます。耐荷重量は90kgとやや軽めなので、トレーニング初心者やエクササイズ目的の方におすすめです。

ドリームチーム バランスボディ研究所 どこでもマッチョPRO T0015

自宅のドアをチンニングスタンドに変えられる懸垂バー。ドア枠にひっかけるだけで取り付けに穴あけや工具が不要なので、すぐに使えてすぐに片づけられるのが魅力です。また、コンパクトサイズで軽量なため、一般的なチンニングスタンドに比べて場所を取りません。

プルアップ・チンアップ・ワイドグリッププルアップ・ナローグリッププルアップ・腕立て伏せの5種類のトレーニングに対応可能。耐荷重も110kgとやや重めの方にも対応できるので、手軽に懸垂を行いたい方におすすめです。