広背筋や上腕二頭筋を鍛えるトレーニングとして人気の懸垂。自分の背よりも高い位置にあるバーを握り、そのバーの位置まで顎を上げるというトレーニングですが、これを行うためには専用の器具が必要です。

そこで今回は、懸垂専用のトレーニング器具「チンニングスタンド」をご紹介。おすすめの製品とあわせて選び方も解説するので、参考にしてみてください。

チンニングスタンドとは?

By: amazon.co.jp

チンニングスタンドとは、上半身の強化ができるトレーニング器具のことです。「懸垂マシン」や「ぶら下がり健康器」とも呼ばれています。自身の体重を利用して、広背筋や腹直筋、上腕二頭筋など、幅広い筋肉を自宅で鍛えられるのがメリットです。

軽めのトレーニングから高負荷のトレーニングまで、さまざまなメニューをこなせるのも特徴。初心者のうちは、ぶら下がって使うだけでも効果が実感できるので挫折しにくく、段階を踏んだ取り組みが可能です。

また、バーベルスタンドやベンチシートなど、機能面が充実しているモデルも数多くラインナップ。自宅に居ながら本格的なトレーニングもできます。

チンニングスタンドの選び方

耐荷重量をチェック

By: amazon.co.jp

チンニングスタンドは懸垂や反動を用いた激しいトレーニングに使う器具なので、必ず耐荷重量をチェックするようにしましょう。耐荷重量とは、製品がどの程度の重さを支えられるかという目安の数字です。

耐荷重量をチェックする際に気をつけたいのが、自分の体重だけで考えないこと。トレーニングを重ねるうちに筋肉がついて体重が増えたり、負荷を増やすために重りをつけたりすることを想定して、自分の体重+40kg程度の製品を選ぶのがおすすめです。

耐荷重量をオーバーしてトレーニングを行うと、器具の破損や怪我につながる可能性もあります。必ず自分の体重やトレーニング内容を考慮して、耐荷重量に余裕のある製品を選ぶようにしましょう。

高さ調節ができるかチェック

By: amazon.co.jp

チンニングスタンドに高さ調節機能があるかどうかは、効率的なトレーニングを行うためにもチェックしておきましょう。高さを細かく設定できると、負荷のかけ方を調節できるだけでなく、行えるトレーニングの幅も広がります。

ストレッチをするときは足を着けられる高さでゆったりと、本格的に鍛えたい時は足の着かない高さで負荷がかかるように設定。その日のメニューや、やる気によって内容を決められるのがメリットです。

また、高さ調節の幅が広いと、家族や友人などと器具を共有できるようになります。複数人で利用する方は、細かく調節できるモデルをチェックしてみてください。

設置スペースで選ぶ

By: amazon.co.jp

チンニングスタンドは大型のトレーニング器具なので、設置スペースの確認も重要です。設置面積をクリアしていても、実際にトレーニングをしてみると周囲のモノにぶつかってしまったり、高さが足りず天井や照明にぶつかってしまったりする可能性があります。

ある程度広いスペースを確保できる場合には、幅広いトレーニングを行える大型のチンニングスタンドがおすすめ。一方、リビングや自室などの生活スペースに設置する場合は、邪魔にならないような小さめのモノや、必要なときに広げて使う折りたたみタイプの製品を選んでみてください。

省スペースで置けるモノでも、オプションによってはほかのトレーニングも可能な製品があります。必ず実際の動作を考慮して選びましょう。

機能性で選ぶ

By: amazon.co.jp

チンニングスタンドのなかには、背筋や上腕筋だけでなく、ほかの部位も鍛えられる+αの機能を備えたモデルがあります。例えば、横のバーを握って脚を引き上げる「レッグレイズ」ができれば腹筋を、下のバーを握って体を上下させる「ディップス」ができれば上半身全体を鍛えられるのでおすすめです。

また、デッドリフトやベンチプレスができる「バーベルスタンド」付きの製品もあります。チンニングだけではなく、ほかのトレーニングにも使えるモノを選べば、設置する器具を減らすことが可能です。本格的なトレーニング環境を作りたい方は機能性もチェックしておきましょう。

チンニングスタンドのおすすめモデル

ワサイ(WASAI) ぶら下がり健康器 BS30

シンプルなデザインと、優れたコストパフォーマンスが特徴のチンニングスタンドです。男女問わず使いやすいハンドル幅と高さで、使用感に優れています。また、ゴム足を採用しているため騒音が起きにくく、マンションでも安心して使いやすいのもメリットです。

安価ながら、100kgまでの耐荷重に加え、4段階の高さ調節機能を有しているのもポイント。部品の数が少ないため、1人で簡単に組み立てできます。マンションに住んでいる方や1人暮らしの方におすすめのモデルです。

ワサイ(WASAI) ぶら下がり健康器 BS502

高さを7段階から調節でき、最大218cmまで対応可能なチンニングスタンドです。本体の強度をあげるため、細部にまでこだわった構造が特徴。傷つきにくく頑丈なフレームを採用した支柱と、強化鉄片を使用した歪み防止設計により、高い耐久性を実現しています。

「トラス構造」と「2点式固定支柱」により安定性が向上しているのもポイント。トレーニング中の揺れに対しても強く安心感があります。また、土台の足元にバーがないコの字型設計のため、着地時に足で踏む危険が予防されている点も魅力です。構造はシンプルで使いやすいため、ライトユーザーや初心者の方はチェックしてみてください。

ワサイ(WASAI) ぶら下がり健康器 MK301

シンプルで組み立てがしやすく、省スペースな点が魅力の日本製チンニングスタンド。お手頃な価格で懸垂や腹筋だけでなく、胸筋も鍛えられるのが特徴です。

身長に合わせて163~203cmまで10段階の調節ができ、子供から成人男性まで幅広い層に対応可能。素材には、高級頑丈軽量スチールを使用しており、移動が楽にできるのも魅力です。

幅76×奥行き80cmとコンパクトのため、部屋に置いても邪魔になりにくいのがポイント。室内騒音防止の滑り止めゴム足も付いており、マンション暮らしの方にもおすすめです。

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) マッスルタワー 841CB9HI7461

肉厚フレームと170kgの耐荷重により、優れた強度を有する高級チンニングスタンド。メーカー独自の「コの字特殊設計」は安定性が高く、ハードなトレーニングを行ってもグラつきません。

さらに、ホールド力と耐久性に優れた「NBR素材」を全てのグリップに使用。快適な使用感を実現している点も魅力です。また、広々とした背もたれや厚めのアームレストも搭載しており、身体への負担軽減が期待できます。

激しい動きにも耐えられるため、本格的なトレーニングを目的としている方におすすめです。

SIS ぶら下がり健康器 XK-011A

省スペースで安いチンニングスタンドを探している方におすすめのモデル。懸垂や腕立て、腹筋を1台でこなせるだけでなく、ぶら下がりやストレッチもできるので、マルチな活躍が期待できます。

チンニングバーには、滑りにくくしっかり握れるグリップを採用。懸垂の時に力を込めやすいため、初心者でもトレーニングに取り組みやすいのが魅力です。高さも6段階の調節ができ、身長に合わせて設定が可能。家族全員で共有できます。また、不使用時は折りたためるため、コンパクトに収納可能です。

アルインコ(ALINCO) マルチ懸垂マシン FA917

自身のレベルに応じて2段階の角度調節ができ、折りたたみ可能なベンチシートが付いたチンニングスタンドです。取り外しできるエクササイズバンドも付属しているため、上半身の筋肉をバランスよく鍛えられます。

高さの調節は、ノブボルトを取り外しするだけで5段階に設定でき、家族で使いまわしやすいのが魅力。また、ベンチシートは収納もできるので、ぶら下がり運動や懸垂の際邪魔にならない点もメリットです。背筋や肩だけでなく、腕周りや腹筋といった上半身全体を強化したい方はチェックしてみてください。

バーウィング(BARWING) ぶら下がり健康器 BW-BLS04

さまざまな持ち方が可能な「4WAY懸垂バー」により、1台で効果的なトレーニングができる多機能チンニングスタンド。負荷や鍛えるポイントを細かく選べるため、軽い運動からハードなトレーニングまで幅広く活躍します。

前後上下に細かく位置調節できる背もたれや4段階の長さ設定ができるアームレストなど、体格や負荷に合わせて調節できるのもポイント。しっかりフィットして快適なトレーニングを実現します。

また、高さを3段階で調節できるマルチバーは、高さによりストレッチやスクワットができるだけでなく、使用しない時はタオル掛けとしても利用できます。本格的な筋力アップを目的としている方におすすめのモデルです。

ステディ(STEADY) ぶら下がり健康器 ST115

1つで懸垂・腹筋・腕立てなどさまざまなトレーニングが行えるマルチチンニングスタンド。メーカー独自のはしご型ハンドルバーを採用しており、グリップポジションを変えると異なる部位を鍛えられます。

懸垂のとき邪魔になりがちなウエストパッドは、身体が当たると回転するように設計されているのがポイント。接触を気にせずトレーニングに集中できます。握りやすさと滑りにくさを両立したグリップを採用している点も魅力です。

耐荷重も150kgあり、パイプの隙間を埋めてガタつきを軽減したり安全工学に基づいた土台設計をしていたりと、安全性に優れているのも特徴。高さ調節は186cm〜207cmまでの7段階で幅広く設定できるため、家族全員での利用を考えている方におすすめです。

ユーテン(YouTen) ぶら下がり健康器Slim YT-BLS05

幅63.5×奥行き69cmと、省スペース設計が魅力のチンニングスタンド。ぶら下がり用のバーをくの字型に設計することで、ぶら下がりやすさが向上。快適な懸垂が可能です。

また、スリムタイプですが「H型支柱」と「2点支え方式」により、頑丈でグラつきにくいのが特徴。懸垂や腹筋など、身体を揺らすトレーニングでも安心して行ないやすいよう配慮されています。

高さは、工具を使わずに170~223cmの間で11段階調節ができるので、子供から大人まで幅広く使えるのがメリット。本格的なトレーニングより健康目的で利用される方はチェックしてみてください。

ウルフヨック(Wolfyok) ぶら下がり健康器

幅広いトレーニングに対応した、機能性の高さが魅力の高級チンニングスタンド。懸垂用のバーに加えてプッシュアップバーやトレーニングチューブ、三角引っ張り輪が付いており、ストレッチや軽めのトレーニングも行えるのが魅力です。

また、土台の強化や2点式固定支柱を採用することで180kgの耐荷重を有しています。転倒防止の設計もしており、安全面に配慮されているのが特徴です。

高さが138~212cmまで11段階調節できるだけでなく、背もたれも体格に合わせて6段階調節可能なため、子供から大人までさまざまな年齢に対応可能。ファミリーで利用される方におすすめです。

トップフィルム(TOP FILM) ぶら下がり健康器

軽量で省スペースなのが魅力のチンニングスタンドです。体格に合わせて185~220cmまで6段階の高さ調節が可能。男女問わず本格的なトレーニングができます。

脚部に極太のパイプ、重量を支えるアーム部分には高強度のオーバルパイプを採用しており、耐久性の高さが特徴。ジョイント部分にも強化加工を施しており、耐荷重は150kgあります。

体重を支えるグリップ部分には、ウレタングリップを取り付けて握り心地のよさと手の負担を軽減。汗や汚れも拭きとりやすく便利です。頑丈で安いチンニングスタンドを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

フィールドア(FIELDOOR) バーベルスタンド付きぶら下がり健康器

懸垂だけでなく、バーベルトレーニングも行える便利なチンニングスタンド。ベンチやバーベルは別途必要ですが、スクワットラックは6段階、ベンチプレスラックは9段階調節可能です。

土台のフレームを幅広くとっており、トレーニング時の揺れに対して強いのが特徴。フレームも、ロックピンと固定ネジのダブルロックにより、高い安定性を有します。四隅の脚部にはプレートポールが付いているので、バーベルを使わない時はプレートを収納可能です。

耐荷重もチンニングバーが180kg、バーベルラック120kgと頑丈なため、激しいトレーニングにも耐えられます。自宅で強度の高いトレーニングをしたい方におすすめです。

エムアールジー(MRG) ぶら下がり健康器

おしゃれなカラーリングと、シンプルなデザインが魅力のチンニングスタンドです。チンニングバーに角度をつけることで、自然な姿勢でぶら下がりが可能。グリップも柔らかく手に負担がかかりにくいため、無理なくトレーニングできます。

高さは168.5~218.5cmの間で6段階に調節できるので、家族で共有可能。スリムですが耐荷重も150kgあり、強度面も問題ありません。また、本体が軽量で持ち運びしやすいのもポイント。女性でも気軽に移動できるため、一人暮らしの方におすすめです。

BangTong&Li ぶら下がり健康器 Bt-5

省スペースながら頑丈な作りが魅力のチンニングスタンドです。メーカー独自の研究により、安定した位置に補強バーを設置。土台の連結部にはU字角材を使い三面固定しているため、耐久性にも優れています。

肘置きと背もたれには、厚みのあるクッションを採用。肘や背中への負荷を軽減し、快適なトレーニングを行えます。また、グリップには滑り止めが付いており、しっかりと握りこめるのもポイントです。

高さは190~208cmまで6段階の調節可能で耐荷重も150kgあるので、大柄な男性でもトレーニングしやすくおすすめです。

パイクスピーク(PYKES PEAK) ぶら下がり健康器

広背筋・腹筋・体幹など多種多様なトレーニングができるチンニングスタンド。設置面積約0.5畳の省スペース設計で、置き場所に困りにくいのが魅力です。高さは180~230cmまで、10cmごとに6段階の調節ができます。

機能面は、背もたれ部分に取り付けられた広めのパッドや適度な厚さで握りやすいクッショングリップなど、便利な機能が充実。身体への負担を軽減し、快適なトレーニングを行えます。さらに、光沢のあるボディは高級感がありデザイン性の高さもポイントです。

山善(YAMAZEN) ぶら下がり健康器 BBK-220

エクササイズやストレッチを目的とした、ライトユーザーの方におすすめのチンニングスタンド。ぶら下がって背中を伸ばしたり、少しねじって身体をほぐしたりと軽い運動に適しています。

横幅が56cmのコンパクトサイズで、部屋に置いていても邪魔になりにくいのが魅力です。また、重量も8kgと軽量なので移動も簡単に行えるのもメリット。価格も手頃なため、お試しで購入を考えている方はチェックしてみてください。

チンニングスタンドの売れ筋ランキングをチェック

チンニングスタンドのランキングをチェックしたい方はこちら。