健康志向の高まりとともに、最近は栄養補助食品として摂取する方も増えているプロテイン。主成分であるタンパク質は、筋肉をはじめ、髪の毛や肌、爪など、体のさまざまな部分に影響を与えると謳われており、美容面からも注目されています。

そこで今回は、プロテインを飲む際にあると便利な「プロテインシェイカー」をご紹介。数多くのアイテムをピックアップしたので、購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

プロテインシェイカーの選び方

飲み口をチェック

ゴクゴク飲める「広口タイプ」

By: amazon.co.jp

広口タイプはその名の通り、飲み口が大きいのが特徴。ひと口あたりの飲む量が多いので、一気に飲み干せます。また、フタが大きく、密閉性が高いのもポイント。構造が単純なモノが多く、洗いやすいのも魅力です。

ゆっくり飲める「細口タイプ」

By: amazon.co.jp

細口タイプは開口部にキャップが付いていることが多く、開閉が容易なのが特徴。飲み口が小さいので、ゆっくりとプロテインを飲むのに適しています。なお、内部構造が複雑であれば、ダマになりにくく、しっかりとプロテインを溶かすことも可能。しかし、その分洗いにくいため、お手入れに手間がかかることは考慮しておきましょう。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

プロテインシェイカーの容量は5〜600mlが基準。少量であれば300ml、大容量であれば800mlまでと、さまざまなタイプがあります。

なお、メインとなるボトル容量のほか、下部に付属のケースが付いている場合はそのサイズをチェックしておくのもポイント。また、仕切りの有無などにも違いがあります。アミノ酸などのプロテインとは異なる粉末を用意したい方や、錠剤のサプリメントなどもセットで常備しておきたい方は事前に確認しておきましょう。

密閉性をチェック

By: amazon.co.jp

プロテインシェイカーはプロテインと液体をミックスさせるので、振る際に持ちやすいこと、さらに漏れないようにしっかりと閉められることが重要です。

「広口タイプ」と「細口タイプ」とを比べると、前者はフタを回して締め込むことがほとんど。漏れにくいですが、開けるのにはやや手間がかかります。一方、後者はキャップが付属している場合が多く、開閉がしやすいものの、漏れるリスクは高くなるので注意しておきましょう。

目盛りをチェック

By: amazon.co.jp

プロテインを作る際に重要となるのが分量。プロテインシェイカーは内部または外部に目安となる目盛りが付いていますが、アイテムによっては刻みが異なるので、確認しておきましょう。

なお、目盛りの表示に関しては2パターンあるのもポイント。数値表記がある場合とない場合とでは使い勝手に影響が出てくるため、気になる方はしっかりとチェックしてみてください。

洗いやすさをチェック

By: amazon.co.jp

使用後のプロテインシェイカーはしっかりとお手入れすることも重要。カップ形状に近いタイプであれば、底が浅いので、洗浄する際は手が届きやすく容易に洗えます。

また、本体上部にメッシュやフィルターのほか、スプリングやバネが用意されている場合は外して洗えるかも要チェック。さらに、製品によっては「ブレンダーボール」や「シェイカーボール」と呼ばれるパーツを同梱することによって、粉末のプロテインと牛乳などの液体を混ぜやすいようにしていることもあるため、それらの形状も把握しておきましょう。

プロテインシェイカーのおすすめ

森永製菓 ウイダー プロテインシェーカー

広口タイプのプロテインシェイカー。シンプルな構造ながら開閉の感覚がつかみやすく、使い勝手に配慮しているのが特徴です。

ボディに若干のくびれがあり、持ちやすいのもポイント。サイズは79×79×157mmで、容量は500mlとなっています。漏れにくく、しっかりとした作りなので、安心して使えるプロテインシェイカーを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

明治 SAVAS プロテインシェイカー

国産プロテインとしてはお馴染みの「SAVAS」。同ブランドのプロテインシェイカーは広口タイプで、中央部にかけて少しシェイプしているのが特徴です。

フィット感があり、しっかりと持てるのもポイント。サイズは86×86×155mm、容量は500mlとなっています。スタンダードなプロテインシェイカーを求めている方におすすめです。

健康体力研究所(Kentai) Kentai シェイカー

コンパクトな形状のプロテインシェイカー。広口タイプのアイテムで、サイズは90×125mm、容量は500mlとなっています。

しっかりとフタが閉まるので、力強くプロテインを作れるのもポイント。また、洗いやすいため、トレーニング時はもちろん、朝食にプロテインを摂取したい方にもおすすめのアイテムです。

バルクスポーツ(bulksports) プロテインシェイカー

コンパクト仕様のプロテインシェイカー。広口タイプのアイテムで、サイズは85×125mm、容量は500mlとなっています。

100ml刻みの目盛りが付いており、しっかりと目視できるのもポイント。また、ネジ式を採用しており、液漏れのしにくさを考慮しているのも魅力です。ペーシックな構造で、洗いやすいアイテムを探している方はチェックしてみてください。

ディーエイチシー(DHC) DHCプロティンダイエット専用シェーカーコップ

リーズナブルな価格帯が魅力のプロテインシェイカー。広口タイプのアイテムながら形状としてはやや縦長で、容量は600mlとなっています。

本製品は目盛りの表示が2バーションあるのも特徴。数値表記なしの細かいバーションは容量の微調整をする際に、数値表記ありの50ml刻みバーションは素早くプロテインを作る際に便利です。コスパ重視で製品を選びたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

ゴールドジム(GOLD’S GYM) プロテインシェイカー

アメリカを中心に世界的に店舗展開しているフィットネスクラブ、「ゴールドジム」のプロテインシェイカー。定番のロゴがあしらわれているのが特徴です。

本製品は広口タイプで、容量は400mlと小さめ。50ml刻みの目盛りが用意されており、容量の微調整も可能です。コンパクトな形状なので、持ち運びに便利なアイテムを求めている方はぜひ候補として検討してみてください。

FIXIT プロテイン シェイカー

フタが大きい広口タイプのプロテインシェイカー。サイズは75×75×140mmで、容量は300mlと、コンパクトなカップ形状となっているのが特徴です。

目盛りが付いているので、容量の微調整も可能。少量のプロテインでも十分な女性や、成長期過程の子供にもおすすめのアイテムです。

DNS ハンディーシェイカー

持ち手が付いているのが特徴のプロテインシェイカー。種類としては広口タイプで、サイズは90×90×140mm、容量は600mlとやや大きめに作られているのが特徴です。

幅も高さも十分スペースがあるので、プロテインをしっかりとシェイクできるのもポイント。たっぷりとプロテインを作って、ゴクゴク飲みたい方におすすめのアイテムです。

DNS アクティブ シェーカー

本体内部にあるメッシュ構造によって、しっかりと混ぜられるプロテインシェイカー。比較的安価なので、リーズナブルに購入できるアイテムを探している方におすすめです。

種類としては細口タイプ。大きさは90×90×160mm、容量は350mlと、やや太めのボトル形状ながら飲みきりサイズのプロテインを作る際に適しています。コスパ重視で選びたい方におすすめのアイテムです。

DNS プロズシェイカー2

容易に開閉ができる細口タイプのプロテインシェイカー。広口タイプのようにフタは締め込むものの、プロテインを飲む際はキャップ部分を上下させる構造を採用しているのが特徴です。

サイズは90×90×175mm、容量は800mlと、大きさは十分。本体内部にはメッシュのパーツが用意されているので、スムーズにプロテインをシェイクできるのもポイントです。トレーニング後のプロテインはしっかりと摂りたいと考えている方は、ぜひチェックしておきましょう。

マイプロテイン(MYPROTEIN) シェイカー

本体内部にバネのような「ミキシングボール」を仕込むことによって、しっかりと混ぜられるプロテインシェイカー。種類としては細口タイプで、キャップは上下開閉に対応しているのが特徴です。

サイズは98×98×230mmで、容量600mlとプロテインシェイカーのなかではロング形状。また、側面にフラットな部分を用意することで、持ちやすさに配慮しているのもポイントです。

マイプロテイン(MYPROTEIN) ステンレス製シェーカー

ステンレス製のプロテインシェイカー。多くのプロテインシェーカーに採用させているプラスチックよりも耐久性が高く、またニオイ移りしにくいのが特徴です。

容量は750mlで、サイズとしては大きめ。使い勝手としては同素材を採用したタンブラーに近い感覚で使用できます。なお、保温性に関してはそれほど優れているわけではないので注意が必要。特にプロテインを冷たくして飲みたいと考えている方は、留意しておきましょう。

ビーレジェンド(be LEGEND) シェーカーボトル

数多くのプロテインを販売している「ビーレジェンド」のプロテインシェイカー。種類としては細口タイプで、キャップは上下開閉に対応しているのが特徴です。

本製品の容量は800ml。シェイクネットが用意されており、混ぜやすいのもポイントです。また、側面には目盛りが付いているので微調整も容易。さらに、上部にはフックが付いているため乾かす際にも便利です。

ブレンダーボトル(Blender Bottle) クラシック

ビックサイズのプロテインシェイカー。サイズは95.3×95.3×222.3mm、容量は800mlと、大量のプロテインを作れるのが特徴です。

種類としては細口タイプで、キャップ付き。内部にはステンレス製のブレンダーボールが用意されており、泡立て器の要領でしっかりとプロテインが混ぜられるのも魅力です。

ブレンダーボトル BBPSE22 FCTEA

本体のほか、2種類のケースと錠剤を入れるトレイがセットになったプロテインシェイカー。メインとなるボトルの容量は650mlで、プロテインのほか、アミノ酸などの摂取もしっかりとしたい方におすすめです。

本体内部にはステンレスのブレンダーボールが用意されており、しっかりとシェイクできるのもポイント。価格帯としてはやや高めですが、使い勝手に優れたプロテインシェイカーです。

Kulbay Sports 2.0 プロテインシェイカー

容量600mlの本体部分のほか、小分け容器が2つ付いているプロテインシェイカー。複数のプロテインを準備できるのはもちろん、粉末・錠剤を問わず、ほかのサプリメントを入れられます。

本体内部の上段に、ステンレス素材のバネが用意させているのもポイント。プロテインをスムーズに混ぜられるのも魅力です。使い勝手のよい製品を求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

BOTTLED JOY プロテインシェイカー

容量600mlの本体部分のほかに、付属のケースが3つ付いているプロテインシェイカー。3つのケースの容量はそれぞれ60・90・150mlで、さまざまな用途に対応できるのが特徴です。特に90mlのケースには仕切りが設けられているので、錠剤タイプのサプリメントを入れる際に便利。全体のサイズは大きくなりますが、収納性に優れています。

本体内部の上段にはフィルター、内部にはブレンダーボールが用意されており、しっかりとプロテインを混ぜることが可能。本格派におすすめのアイテムです。

Artoid Mode プロテインシェイカー

最大容量720mlとビックサイズのプロテインシェイカー。本体上部にフィルター、内部にシェイカーボールを用意することでしっかりと混ぜられるのが特徴です。

下部には200mlの収納ケースもあり、プロテインパウダーのほか、錠剤やカプセルなどを入れることが可能。密閉性や耐久性にも優れているので、使い勝手がよいのもポイントです。長く使えるプロテインシェイカーを求めている方は、ぜひ候補として検討しておきましょう。

メトリックス(Metrics) シェイカーボトル

本体下部に複数のケースが付属しているプロテインシェイカー。プロテインはもちろん、サプリメントなどを小分けして持ち歩きたい方におすすめのアイテムです。

サイズは100×245mmで、容量は680ml。内部構造の上部にはスプリングが用意させているので、混ぜやすさにも配慮しています。また、同タイプの製品のなかでは比較的安価なのもポイント。コスパ重視でプロテインシェイカーを選びたい方はチェックしてみてください。

Kulbay Sports 電動シェーカー

電動タイプのプロテインシェイカーです。自ら手で振らずとも、ミキサーの容量でかくはん可能。簡単にシェイクできるのがおすすめポイントです。

充電はUSB接続に対応しており、連続使用可能時間はフル充電で30分。また、容量は600mlと、たっぷりとプロテインを作れるのも魅力です。ジムに持ち運ぶには手間ですが、自宅常備用には適しているアイテムなので、日々プロテインを飲む方はチェックしてみてください。