自宅で本格的な筋トレを行える「懸垂マシン」。チンニングマシンやぶら下がり健康器とも呼ばれ、筋トレ目的だけでなくダイエットなどにも役立ちます。自分の全体重が負荷として掛けられるため、ジムに通わなくても高負荷なメニューをこなせる人気アイテムです。

そこで今回は、おすすめの懸垂マシンをご紹介します。選び方やおすすめアイテムまで解説するので、自分にぴったりなモノを選んでみてください。

懸垂マシンの種類

スタンダードな「スタンドタイプ」

By: amazon.co.jp

スタンドタイプとは、比較的サイズが大きく設置するためにスペースの確保が必要な器具のこと。スペースが必要な分、安定感や耐久性に優れているのがメリットです。

懸垂やぶら下がりに特化したシンプルなタイプから、さまざまなメニューが行える複合タイプまで幅広い種類を展開。複数のメニューに対応できるスタンドタイプのなかには、懸垂に加えて腕立て伏せや腹筋などの上半身以外に、下半身のトレーニングが可能なモノもあります。

ドアや天井に固定する「懸垂バータイプ」

By: amazon.co.jp

懸垂バータイプとは、スタンドタイプとは異なり、広いスペースを必要としない器具のこと。突っ張り棒のように壁と壁の間に取り付ける壁付けタイプや、ドア枠に引っかけるタイプなどがあります。価格もスタンドタイプと比較してリーズナブルなモノが多く、使用しないときも邪魔になりにくいのがメリットです。

ただし、安定感や耐久性はスタンドタイプに劣ります。また、対応するサイズやアタッチメントの固定方法をしっかりチェックしておかないと、自宅にうまく設置できないケースやケガにつながるケースもあるので注意が必要です。

懸垂マシンの選び方

耐荷重をチェック

懸垂マシンは自分の全体重を乗せるため、耐荷重の確認が大切。自分の体重だけでなく、懸垂を行うときの反動なども考慮した耐荷重を目安にすると安心です。耐荷重が低いモノだと、ガタついて安定しなかったり故障してしまったり、ケガにつながる恐れがあります。

また、耐荷重が高い製品だとより負荷がかかりやすいトレーニングをする際にも便利。安定したフォームの維持や安全性を確保するためにも、余裕を持った耐荷重の懸垂マシンを選ぶのがおすすめです。

安定性の高いモノを選ぼう

フレームが太いと安定感がアップ

By: amazon.co.jp

懸垂マシンを使用する際は体重をかけたり反動をつけたりするため、フレームが太く安定感に優れているモノがおすすめ。トレーニングを安全かつ効率的に行いやすいメリットがあります。

また、強度や耐久性が高いことが多く、ぐらつく心配や故障するリスクが少なく安心して使いやすいのもポイント。購入に迷った場合は、安定性を重視した作りを採用しているかどうかも確認してみてください。

フレームの数も重要

By: amazon.co.jp

フレームの太さに加え、フレームの数も確認することが大切です。フレームの数が多いほど強度が高く、安定感が増します。チェックしたいのは、メインフレームを支えているサブフレームの数。しっかりと補強されていれば、使用時のぐらつきを軽減でき効果的なトレーニングができます。

なお、フレームの数が増えれば価格も高い傾向にあるのが一般的。ただし、ケガや故障のリスクを考えると、フレーム数が多い懸垂マシンのほうが安心です。

土台の足が長いモノもおすすめ

By: amazon.co.jp

安定感を得るには、土台の足の長さも重要なポイントです。床との設置面積が増えるほど、負荷が分散して安定性が向上します。また、一部分に負荷が集中することが少ないため、床を傷付ける場合が低いのもメリットです。

一方、足の部分が短いと使用する方の体重によっては懸垂マシンが浮いてしまい、転倒したりケガしたりする恐れがあります。なるべく土台の足が長い懸垂マシンを選ぶのがおすすめです。

高さが調節できると便利

By: amazon.co.jp

懸垂マシンには、高さを調節できるタイプも多く展開されています。身長よりもバーの位置が高いほど負荷が大きく、効果的なトレーニングが可能。約200cm程度の高さまで調節できるモノを選べば、メニューの幅が広がって便利です。

身長に合わない懸垂マシンだと、足が床に付いたり腕を伸ばせなかったりするためトレーニング効率が悪くなることも。自分の身長に合わせて十分な高さ調節が行えるかをあらかじめ確認しておきましょう。

折りたたみできるモデルはコンパクトで収納も簡単

By: amazon.co.jp

懸垂マシンのなかにはコンパクトサイズのモノも展開されており、邪魔になりにくいのがメリットです。また、比較的リーズナブルなアイテムが多いのも魅力。一人暮らしの方や懸垂マシンを設置したままだと生活動線に影響が出る方は、出しっぱなしでも場所を取りにくいコンパクトなサイズの懸垂マシンがおすすめです。

なお、スタンドタイプは折りたたみできるモデルが発売されていないので注意が必要。コンパクトに収納できるモノを探している場合は、懸垂バータイプをチェックしてみてください。

ほかの機能にも注目

ディップスバー

ディップスバーとは、懸垂マシンのサイドに付いているハンドルのこと。ディップスバーを握って体を浮かせて膝を曲げ、肘を90°の角度に保って体を上下動させるトレーニングをディップスと呼びます。背筋だけでなく肩や腕、胸の筋肉も鍛えることが可能です。

ディップスバーは、スタンドタイプの懸垂マシンの多くに付属しています。より多くのトレーニングメニューをこなせるので多機能性を重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

縦握りグリップ

By: amazon.co.jp

縦握りグリップとは、名前の通り縦方向に付いたハンドルのこと。さまざまな方向から筋肉に刺激を与えやすく、バランスのよい筋肉を作るのに重宝します。

また、背筋や腕を中心にトレーニングすることが可能なのも嬉しいポイント。上半身をくまなく鍛えたい方は、縦握りグリップが付属している懸垂マシンがおすすめです。

付属品もチェックしよう

懸垂マシンによっては、さまざまなモノが付属しています。筋トレ初心者の方など自力で懸垂ができない方は、トレーニングチューブが付いているモデルがおすすめ。懸垂のサポートができるほか、チューブハンド単体で体幹トレーニングを行えるのもメリットです。

また、床の傷を予防する機能が付いていると安心。懸垂マシンは重量があるのに加え、懸垂時の反動などで床が傷付いてしまう恐れがあります。足の部分が滑り止めのゴムに覆われていたり、保護シートが付属していたりするモノを選べば、床を傷付けるのを予防するだけでなく、安定感も増しておすすめです。

懸垂マシンのおすすめモデル|スタンドタイプ

ワサイ(WASAI) ぶら下がり健康器 MK580A

ぐらつきにくい八字型土台フレームや滑りにくい脚ゴムなど、安定性に優れた懸垂マシンです。フレーム部に厚みのあるパイプを使用しているのが特徴。耐荷重が150kgと頑丈に仕上がっています。

高さは、180〜220cmで10段階の調節が可能。細かく設定できるため、自分に適した位置を探しやすいのがメリットです。

グリップバリエーションが豊富なのもポイント。通常の懸垂からパラレル懸垂まで、幅広い負荷の筋トレに対応しています。さらに、大型の背もたれ付きなのでフォームが安定しやすく、ワークアウトにもおすすめです。

ワサイ(WASAI) ぶら下がり健康器 BS30W

シンプルなデザインの懸垂マシンです。懸垂だけでなく、プッシュアップやディップスなどを行えるのが魅力。また、グリップは握りやすい太さで滑り止めも付いているため、初心者の方にもおすすめです。

コンパクトかつ軽量なので、自宅に置いても邪魔になりにくいのもメリット。1人で持ち運びやすく、部屋のレイアウト変更時にも便利です。

比較的リーズナブルな価格で購入しやすいのも特徴のひとつ。価格が控えめで、最低限の機能がそろっている懸垂マシンを探している方に、おすすめのモデルです。

ステディ(STEADY) 懸垂マシン ST115

186〜207cmまで7段階の高さ調節ができ、幅広い層の方が利用できる懸垂マシンです。ディップバーとプッシュアップバーに、滑りにくさにこだわったハンドルを備えているのが特徴。握力に自信のない方にもおすすめです。

ハンドルバーがはしご型になっており、さまざまな握り方をできるのも特徴。掴む場所を変えることで、トレーニングの幅が広がります。また、ウエストパッドが回転するので、懸垂する時でも邪魔にならず便利です。

耐荷重が150kgと高く、高負荷のトレーニングも行いやすいのでおすすめ。ほかの方と共用できる懸垂マシンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アルインコ(ALINCO) 懸垂マシン FA900A

懸垂だけでなく、レッグレイズやプッシュアップなど、さまざまな筋トレができる懸垂マシンです。202〜222cmまで5cm刻みに、5段階の高さ調節が可能。高身長の方でも使用しやすいのが魅力です。

バーはノブボルトで固定するだけと簡単。慣れていない方でも調節がしやすいので便利です。また、幅が1100mmとコンパクト。省スペースに設置しやすく、収納場所に困りやすいマンション暮らしの方にもおすすめです。

ハイガー(HAIGE) フラップバーM2 HG-P1001N1

懸垂時に頭が抜けるように設計されている懸垂マシンです。ハンドルバーだけでなく、レッグレストやバッグレストの位置を調節できるのが特徴。レッグレイズやディップスなど、用途ごとに使い分けられるL字ハンドルも備えています。

フレーム数の多さとゆがみ防止設計で、耐久性は良好。加えて、土台がフレア状に広がっているため、筋トレ時のぐらつきも軽減します。細かく調節ができるうえ、幅広いトレーニングをしたい方におすすめの懸垂マシンです。

ファイティングロード(FIGHTING ROAD) マルチジム

懸垂マシンにシットアップベンチが付属し、マルチな筋トレをする方におすすめのモデルです。パイプの剛性が優れており、安定してトレーニングを行えます。

付属のシットアップベンチは、角度が2段階に調節できるのがメリット。加えて、不使用時は取り外せるので、コンパクトに収納できます。1台で、さまざまな部位を鍛えられる懸垂マシンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バーウィング(BARWING) ぶら下がり健康器 BW-BLS04

188〜233cmまで、11段階調節を行える懸垂マシン。ストレッチからハードなトレーニングまで対応できるのが魅力です。

アームレストや背もたれが、調節できるのも嬉しいポイント。体格や筋トレの内容に合わせて、効率よくトレーニングができます。また、3段階調節できるマルチバーも付属しており、スクワットやストレッチなどに使用できて便利です。

土台が大きく作られているので、がたつきにくいのもメリット。使用感にこだわりたい方におすすめの懸垂マシンです。

リーディングエッジ (LEADING EDGE) チンニングスタンド LE-CS200

ハンドルの高さが165〜200cmまでの8段階で調節できる懸垂マシンです。シンプルな見た目ながら懸垂やディップス、プッシュアップなど幅広いトレーニングを行えるのが魅力。多機能な懸垂マシンを探している方におすすめです。

土台は、安定感のあるワイドフレームを採用。厚みもあるため転倒や揺れ対策に活躍します。また、ハンドル部分にはクッション材を使っており、握りやすいのもメリットです。

パイクスピーク(PYKESPEAK) ぶら下がり健康器 PP63208

設置面積が0.5畳以下と省スペースながら、安定性に優れた懸垂マシンです。台座は八の字のため、ぐらつきを軽減。加えて、先端に吸盤を備えており、安定性を向上させています。

ディップス用のハンドルは、握りやすいU字型デザインを採用。適度な厚みと滑りにくさで、筋トレをサポートします。また、広々とした背もたれも付いており、安定したフォームを維持しやすいのもポイントです。

10cmごとに6段階の高さ調節が可能で、耐荷重は150kgと性能面も良好。耐久性と機能性を兼ね備えた懸垂マシンを探している方におすすめです。

BangTong&Li マルチジム 懸垂マシン

素材に高級スチールを採用している懸垂マシン。パイプは太く溶接をしっかりしているため、耐荷重は150kgと高めなのがポイントです。

肘置きのクッションが厚く、負担を軽減できるので長時間筋トレする時にも便利。加えて、背面のクッションはやわらかく、快適なトレーニングをサポートします。

接地面に滑り止めゴムが付いており、安定性は良好。床を保護できるため、自宅がマンションの方にもおすすめのモデルです。

Wolfyok ぶら下がり健康器

さまざまな部位を鍛えられる懸垂マシンです。背もたれに6段階調節の可動式を採用し、きれいなフォームをアシスト。トレーニング効果の向上と、負担軽減の効果が期待できます。

バーの取り付けにはダブルロックを採用。筋トレ時にぐらつきにくいのがメリットです。さらに、土台は八の字型で倒れにくく、安定性に優れています。

耐荷重が180kgあり、ウェイトのある方でも安心して筋トレをしやすいのもポイント。また、床面を守る保護カバーも付いており、ハードなトレーニングにも対応できます。懸垂マシンの安定性を重視する方におすすめです。

エムアールジー(MRG) ぶら下がり健康器

シンプルな見た目ながら、耐荷重150kgと頑丈な懸垂マシン。おしゃれなカラーラインナップでインテリアとして馴染みやすく、部屋の雰囲気に合わせやすいのが特徴です。

上部のハンドル部分に角度を設けることで、ぶら下がりやすいのもメリット。また、本体重量が12kgと軽量のため、持ち運びやすい懸垂マシンを求めている方にもおすすめです。

懸垂マシンのおすすめモデル|懸垂バータイプ

ステディ(STEADY) 懸垂バー ST-124

組み立てが簡単で、好きな高さに設定できるバータイプの懸垂マシン。コンパクトで収納スペースにも困りにくいため、持ち運びたい方におすすめです。

耐荷重200kgと安定性に優れているのもメリット。加えて、バーに体重がかかると作動する滑り止め設計も備えています。

厚みのあるパイプに特殊コーティングを施しており、サビに強く優れた耐久性を実現。安定性と耐久性を兼ね揃えたモノを探している方にもおすすめです。

バランスボディ研究所 どこでもマッチョPRO T0015

ドア枠に引っ掛けるだけで取り付けできるバータイプの懸垂マシン。ネジを使って固定しないため、壁を痛めにくいのが特徴です。

複数のグリップが付いており、持ち方によりさまざまな部位を鍛えられるのが魅力。また、床に置くとプッシュアップバーとしても使用できます。

着脱が簡単かつコンパクトサイズなので、使用後は取り外して省スペースに収納しやすいのもポイント。部屋のスペースに余裕がない方にもおすすめの懸垂マシンです。

Yasto 懸垂バー

コストパフォーマンスと安定性に優れた懸垂バーです。バーに負荷がかかると、滑り止め装置が働いて落下を予防。加えて、耐久鋼を使用しており、耐荷重200kgを実現しています。

厚みのあるハンドルはグリップ力に優れているので、快適なトレーニングが期待できます。また、高い耐久性を有しているので、傷みにくいのもメリット。安くて頑丈な懸垂バーを探している方におすすめです。

ワンツーフィット(OneTwoFit) ドアジム 懸垂バー OT160

バーの両端に大きめの吸着マットが付いており、壁やドアを傷付けにくい懸垂バーです。家へのダメージが気になる方や、賃貸住まいの方におすすめ。また、耐荷重が200kgと強度も高く、高負荷のトレーニングを行う方にも適しています。

棒の長さは67〜100cmまで調節可能。さまざまな幅のドアに対応できます。さらに、簡単に取り付けしやすいため、使い勝手のよい懸垂マシンを求めている方におすすめです。

Hlanesav 懸垂バー

大きめの固定プレートを採用し、優れた耐久性を有するバータイプの懸垂マシンです。メインフレームが太く、素材には耐久性のあるスチールを使用。耐荷重150kgを実現しています。

ハンドル部分に付けられたグリップは、滑りにくく握り心地がよいため、安心して筋トレをしやすいのが魅力。しっかりと固定できる懸垂マシンを探している方におすすめです。

懸垂マシンの売れ筋ランキングをチェック

懸垂マシンのランキングをチェックしたい方はこちら。