モンベルは、日本の人気アウトドアメーカーです。モンベルのテントは初心者から上級者まで扱いやすいモデルが多く、幅広い層から人気を集めています。一方で、種類が豊富な分、どのモデルを選べばよいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、モンベルのテントの魅力やおすすめのモデルを紹介します。ぜひ自分に合うテント選びの参考にしてみてください。

モンベル(mont-bell)とは?

By: montbell.jp

モンベルとは1975年に大阪で創業された、日本のアウトドアメーカーです。「Light & Fast」「Function is Beauty」をコンセプトに、バックパックやキャンプ用品、衣類など幅広いアイテムを取り揃えています。

また、モンベルの製品は、プロの登山家も愛用するほどクオリティが高いのも魅力。国産のアウトドアブランドのなかでも、トップクラスの知名度を誇ります。初心者から上級者まで、幅広く愛されているアウトドアメーカーです。

モンベルのテントの魅力

By: amazon.co.jp

モンベルのテントは、初心者が扱いやすいモデルからプロが愛用する本格的なモデルまで、数多くのモデルがラインナップされています。テントに詳しくない方でも安心して購入できるのが特徴です。

また、比較的安価な値段で購入できるモデルも多いため、コスパを重視したい方にも適しています。モンベルのテントを正しく選べば、キャンプをはじめとしたアウトドアシーンをより快適に楽しむことが可能です。

モンベルのテントの人気シリーズ

ステラリッジ

By: montbell.jp

ステラリッジは、耐久性に優れ、簡単に設営できるのが特徴。収納ケースにいれればコンパクトに収納できるため、持ち運びしやすいのも魅力です。

また、テントの四隅をペグで固定することが可能で、強い風が吹いている状況下でもあおられることなく使用できます。なお、ステラリッジは、テント本体とフライシートが別売りで売られているので留意しておきましょう。

ムーンライト

By: montbell.jp

ムーンライトテントは、モンベルのロングセラーモデルです。月明かりの下でも簡単に設営できるうえに、広々とした居住空間を作り出すことが可能。生地には雨に濡れても保水しにくい素材を使用しているため、防水性に優れているのもポイントです。

なお、通気性に優れているので、春〜秋のシーズンに利用するのがおすすめ。設営方法は吊り下げ式のため、設営・撤収も簡単です。収納時はコンパクトに収まるので、携帯性にも優れています。

クロノスキャビン

By: montbell.jp

クロノスキャビンは、家族や大人数でテントを使いたい方に適したモデル。タープ型のレインフライによって、テントの前室に広々とした空間を確保することが可能です。

さらに、ベンチレーションが搭載されているため、通気性にも優れています。そのほか、ランタンホルダーが付いていたり、インナーポケットが付いていたりと、利便性に優れているのも魅力です。

クロノスドーム

By: rakuten.co.jp

設営・撤収のしやすさを重視してテントを選びたい方は、クロノスドームがおすすめです。ポールを直角に交差させることによって広い居住空間を生み出せるのが特徴。ショックコードでポールとソケットが一体化しているため、初心者でも直感的かつ簡単にテントを立てることが可能です。

また、前室を広く取ることも可能なので、荷物を置くスペースを確保したい方にも適しています。さらに、価格も比較的安く、コスパを求める方もぜひチェックしてみてください。

モンベルテントのおすすめモデル|一人向け

モンベル(mont-bell) ステラリッジ テント2 本体

耐久性・携帯性に優れたテントを探している方に適したモデルです。テントの生地には、強力な強度を備えたポリエステルを採用しています。撥水機能を有しているため、雨の日に使用してもテント内を快適に保つことが可能です。

また、2本のポールが一体化している構造によって、風を受け流しやすいのもポイント。吊り下げ式なので、簡単に設営・撤収できます。テントをペグで固定できるため、初心者でもしっかりとテントを張ることが可能です。

本体サイズは奥行き210×幅130cm。さらに、ベンチレーションを備えており、通気性にも優れたおすすめのモデルです。

モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム1型

奥行き220×幅100cmの一人用のテントです。ポールが直角に交差しており、テント内を広く保つことが可能。寝た状態でも足元に荷物を置けるほどの大きさで、テントを広々と使いたいソロキャンパーに適したモデルです。

また、吊り下げ式かつ独自の構造によって、直感的に設営できるのもポイント。フライシートと本体を金属製のフックで留めることが可能なので、常にテントを張った状態に保てます。さらに、シームテープにより防水性を高めているため、雨の日でも安心して利用可能です。

付属のスタッフバッグは、スムーズに収納できるよう入口が広くデザインされています。収納時はコンパクトに収まるので、未使用時も場所を取らずに保管可能です。

モンベル(mont-bell) ULドームシェルター1型

携帯性に優れた1人用のテントです。展開時のサイズは奥行き210×幅90cmで、重量は775g。付属の収納ケースにしまえば、本体は25×10cm、ポールは43×5cmとコンパクトに収まります。ソロキャンプにはもちろん、ツーリングなどにもおすすめです。

主要な縫製箇所にはシームテープが貼ってあるため、防水性に優れているのも魅力。また、ベンチレーターやメッシュ窓が付いているので、テント内が蒸れるのを防ぐことも可能です。

2本のポールで自立するため、設営しやすいのもポイント。さらに、リフレクティブテープも付いているので、暗闇のなかでもテントを確認しやすいモデルです。

モンベルテントのおすすめモデル|二人向け

モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 2型

奥行き220×幅150cmのモンベルテント。広々とした空間になっており、ゆったりとくつろげるのが魅力です。また、グローブを装着したままでも操作しやすいループを採用するなど、設営のしやすさにも配慮されています。

さらに、保水しにくい生地を採用しており、雨天時にも安心して使用できるのもポイント。なお、スタッフバッグが付属しており、持ち運びのしやすさにも優れています。初めてテントを買う方にもおすすめのモデルです。

モンベル(mont‐bell) ルナドーム 2型

側面がほとんど垂直に立ち上がるため、テント内のスペースを広く確保できるテント。テントの生地にはモンベルが開発した素材を採用しており、軽量性・耐久性に優れているのが魅力です。

また、レインフライと本体はゴム製のコードと金属のフックで接続する仕様なので、常にテントを適したテンションで張っておけます。さらに、シームテープの採用により、防水性が高いのも特徴のひとつです。

なお、展開時のサイズは奥行き210×幅130cm。付属のスタッフバッグに入れると、本来は36×17cm、ポールは53×8cmとコンパクトに収まります。

モンベル(mont-bell) マイティドーム2型

快適性に優れたモンベルのテント。生地には、水の侵入を抑えつつ風を通しやすい「ブリーズドライテックプラス」を採用。ベンチレーションも搭載されているので、テント内が蒸れるのを防ぎ、快適な状態を保てます。

キャンプにはもちろん、登山や釣りなど、さまざまなアウトドアシーンで使用可能です。また、シングルウォールテントのため、設営に時間がかかりにくいのもポイント。さらに、バスタブ構造を採用しているので、結露しにくいのも魅力です。

本体サイズは奥行き210×幅130cm。本体重量は約1.24kgで、付属のスタッフバッグに収納すれば気軽に持ち運べるおすすめのモデルです。

モンベルテントのおすすめモデル|ファミリー向け

モンベル(mont-bell) クロノスキャビン 4型

家族でキャンプや登山などのアウトドアを楽しみたい方に適したテント。奥行き205×幅160cmのリビングスペースを確保できるのが特徴。ひさしには排水機能を備えており、雨の日でも水が溜まりにくいのが魅力です。

また、メッシュ生地を採用しており、テント内の通気性を高く保てるのもポイント。春〜秋の3シーズンを快適に過ごせます。さらに、テント内にはロフトやインナーポケットが付いており、小物や衣服を収納可能です。

なお、生地には難燃加工が施されているため、火がテントに燃え移ったとしても広がるのを防げます。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

モンベル(mont-bell) レラドーム 4型

通気性に優れたファミリー向けのテント。展開時のサイズは奥行き240×幅210cm。「レラ」とはアイヌ語で風を意味し、全面にメッシュ生地を採用しているのが特徴です。テント内に風が通りやすいため、暑い夏でも快適に過ごせます。

また、レインフライを被せる際に、中間部から張り綱を引けるのも魅力。一般的なレインフライに比べて前室を広く作れるので、ちょっとしたリビングスペースや、荷物を置くスペースが欲しい方に適しています。

さらに、強い風が吹いてもジッパーが開きにくくするため、ジッパーを生地より長く設定しているのもポイント。各所にはシームテープが貼られているので、防水性にも優れています。

モンベル(mont-bell) ジュピタードーム 4型

冬に適したモデルを探している方におすすめのテント。設営方法は吊り下げ式で、ツイストグリップフックを採用しているため、簡単かつ本体とポールをロックしやすいのも魅力。ほかのモデルよりも風による横ぶれを抑えることが可能です。

また、寒い冬空の下でも手袋を付けたまま設営できるよう工夫がされていたり、ポールの先端部に段差を作っていたりと、初心者でも設営しやすいのがポイント。さらに、ベンチレーターが付いているので、テント内の換気も可能です。

なお、展開時のサイズは奥行き230×幅240cm。スタッフバッグに収納すればコンパクトサイズに収まるため、持ち運びのしやすさにも優れています。

モンベル(mont-bell) アストロドーム

テント内の広さを十分に確保したい方に適したテント。上から見ると6角形の形をしており、展開時のサイズは奥行き360×幅425cmとほかのモデルに比べて大きいのが特徴です。

高さも200cmあるため、ドーム内ではゆとりをもって過ごせます。また、6つのパネルで構成されており、すべてフルメッシュに切り替え可能。さらに、マッドスカートも付いているので、冬でも快適に使用できます。

付属の袋に入れると長さ70×奥行き31cmとコンパクトサイズに収まるため、持ち運びしやすいのもポイント。テントとしてはもちろん、シェルターとしても使用できるので、キャンプや登山など、さまざまなアウトドアシーンで活躍するモデルです。