初心者から上級者まで多くのキャンパーから支持されているコールマン。幅広いキャンプグッズを取り扱っており、定番アイテムの「テント」も豊富なラインナップを揃えています。

そこで今回は、人気の「タフシリーズ」や高品質の「ウェザーマスター」なども含め、コールマンのテントのおすすめモデルをピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

コールマンのテントの魅力

By: amazon.co.jp

コールマンのテントの魅力は、コストパフォーマンスのよさ。価格を抑えながらも機能性が高く、他ブランドの同スペックのテントよりもリーズナブルなモノが多く展開されています。

テントの設置、撤収が簡単なモデルも数多くあり、キャンプ初心者にも優しいのもポイント。また、冬でもキャンプしたいベテランキャンパーのために、ハイスペックモデルも豊富に取り揃えています。

初心者から上級者まで、幅広い層に応えられるモデルがラインナップされているので、自分のニーズにピッタリ合ったテントをチョイスしてみてください。

コールマンのテントの選び方

種類で選ぶ

タフシリーズ

By: amazon.co.jp

コールマンのテントの基本となるシリーズである「タフシリーズ」は、コストパフォーマンスの高さが最大の魅力。十分な機能性を兼ね備えていることはもちろん、設営も簡単なうえに比較的安価なので、初心者の方に適したシリーズです。

耐久性・耐水性・耐風性に優れており、さまざまな機能を搭載。雨や風に強いフライシートや、室内の空気循環を促し真夏でも涼しさを保つサークルベンチレーションなど、キャンプで快適に過ごせる機能を兼ね備えています。

ハイスペックすぎるテントよりも、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめ。これから本格的にキャンプを始めたいと考えている方は、必要な機能をしっかり兼ね備えたタフシリーズをチェックしてみてください。

マスターシリーズ

By: .amazon.co.jp

コールマンが展開しているテントのなかでも品質が高く、ハイスペックな機能を搭載しているのが「マスターシリーズ」です。機能性の高さから、上級者向けのモデルとして知られています。

同シリーズでは、換気性能が高い「ウェザーマスター」やオールシーズンに対応した「4シーズン」などを展開。ほかのシリーズと比べ価格は高くなりますが、初心者向けであるタフシリーズのスペックを向上させ、さらに素材など細かいところまでこだわり抜いたハイスペックなシリーズです。

ダークルームテクノロジーシリーズ

By: coleman.co.jp

遮光性に優れた素材を採用しており、光を遮断することでテント内の気温上昇を防ぐ「ダークルームテクノロジーシリーズ」。通常のテントと比べた場合、最大温度差が約13℃と謳われています。そのため、真夏のキャンプでも快適に過ごせるのがポイント。

また、朝日も遮るので、まぶしさで目を覚ますことを軽減するのも魅力です。さらに、簡単に設営できるモデルも多く展開しているので、スムーズにキャンプを楽しめます。

使用人数で選ぶ

By: amazon.co.jp

コールマンのテントは、それぞれ使用人数の目安があります。ギリギリで選んでしまうと狭くて荷物が置けない場合もあるので、実際に使用する人数+1人分の大きさがベターです。

6人以上でテントを使用する場合は、超大型のテントでも対応できますが、2~4名用のテントを複数用意するのもおすすめ。設営や持ち運びのしやすさ、過ごしやすさなどを考慮して、使用人数に合ったモノを選びましょう。

耐水性で選ぶ

テントの耐水性は、「耐水圧◯◯mm」といった表記で確認できます。コールマンのテントは、初心者向けのシリーズでも耐水圧が約1500mm以上あり、ある程度強い雨にも対応。また、タフシリーズでは約2000mm以上、マスターシリーズでは約3000mm以上に対応しています。

タフシリーズであれば大抵の雨は防げますが、豪雨でも対応できるテントを探している方は、マスターシリーズがおすすめです。

テントの形状で選ぶ

ドーム型

By: amazon.co.jp

ドーム型は丸みを帯びた天井のテントです。2本のフレームをクロスさせる構造を採用しており、四隅を固定して立ち上げるのが一般的な組立方法。設営がしやすいうえ居住性にも優れているのが特徴です。

ソロキャンプはもちろん、グループや家族でのキャンプに便利な製品が多数ラインナップされています。気軽にキャンプが楽しめるワンタッチ式のモデルや、ベテランキャンパーにマッチする高機能モデルなどもあるのでチェックしてみてください。

ツールーム型

By: amazon.co.jp

寝室とリビング、2つのスペースを備えているのがツールーム型のテントです。ほかのテントに比べて設営には時間を要するものの、広い居住空間を確保できるのが特徴。リビングエリアにも壁があるため、雨や風がある日でもゆっくりと食事や休憩をすることが可能です。

また、初心者には若干ハードルの高い、タープ設営をおこなう必要もありません。はじめてキャンプに挑戦しようと考えている方にもおすすめのタイプです。

ティピー型

By: coleman.co.jp

中央に配置した1本のポールで立ち上げるのがティピー型テントです。ワンポールテントやモノポールテントなどとも呼ばれています。三角形のシルエットがおしゃれです。

複数のポールを組み合わせたりスリーブに通したりする必要がないため、比較的容易に設営できます。個性的なキャンプサイトを演出したい方をはじめ、野外フェスといった屋外イベントなどにも人気のテントです。

コールマンのおすすめテント|1~2人用

コールマン(Coleman) クイックアップドームS+ 2000033135

テントの設営が苦手な方でも簡単に設営可能

設営や撤収作業が容易におこなえる、1人用のドームテントを探している方におすすめのテントです。収納袋から取り出して、地面に放り投げるだけで立ち上げられるワンタッチタイプの製品。後はフライシートを被せて、ペグダウンすれば設営が完了します。

キャンプツーリングをはじめ野外フェスなどにもピッタリのテントです。耐水圧約3000mmのフライシートを備えているので、突然の雨でも慌てる心配はありません。

「ダークルームテクノロジー」を採用しているのも本モデルの特徴。太陽の光や熱をシャットダウンできるため、夏でも涼しく過ごせるうえ朝もゆっくりと寝ていられます。ショルダーストラップ付きのキャリーケースが付属しており、持ち運ぶ際に両手が使えるので便利です。

コールマン(Coleman) ツーリングドームST+ 2000036435

暑い季節のアウトドアシーンにおすすめのテント

ソロキャンプやキャンプツーリングにピッタリな、1〜2人用のドームテントです。折りたためば約直径19×49cmとコンパクトに収納できるため、車はもちろんバイクへも容易に積み込めます。

ダークルームテクノロジーを採用しているのが特徴。強い日差しをしっかりと遮り室内を涼しく保ちやすいなど、暑い季節に活動する機会の多いキャンパーにおすすめのモデルです。朝早くから太陽の光で眠りを妨げられる心配も少ないのがポイント。

メッシュドアやベンチレーションといった、外気を取り入れ湿った空気を排出するための機能もしっかりと備えています。フライシートには耐水圧が約3000mmある75Dポリエステルタフタ生地を採用。万が一、激しい夕立に見舞われても安心してやり過ごすことが可能です。

コールマン(Coleman) ツーリングドームST 2000038141

自然な景観を楽しみたいキャンパーにおすすめの小型テント

人気の小型テント「ツーリングドームシリーズ」の2021年新作モデルです。ポールポケット式を採用しており、1人でも容易に組み立てられるのが特徴。インナーテントのサイズは約210×120cm確保されているため、小型のドームテントながら大柄な方でもゆったりと横になって休めます。また、大きな前室を搭載しているので雨の日の出入りも容易です。

オプションのキャノピーポールを利用すれば、開放感のあるリビングスペースを作ることが可能。雨や日差しを避けながら、食事をとったり休憩したりと快適に過ごせます。フライシートにナチュラルカラーを採用するなど、自然のなかで主張しすぎないテントを求めるキャンパーにおすすめのモデルです。

コールマン(Coleman) クイックアップドームW+ 2000033136

設営や撤収作業に時間を取られることがない

ゆったりとソロキャンプを楽しみたい方におすすめの2人用ドームテントです。インナーサイズが約210×180cmあるため、荷物を入れても広々とした就寝スペースを確保することが可能。また、2人で使用する場合でも前室を備えているので、大切な荷物を夜露や雨で濡らしてしまう心配はありません。

ダークルームテクノロジーを採用しており、日差しが強い季節でも快適に過ごせます。さらに、ポップアップ式を採用しているのも特徴。設営や撤収作業に時間を取られることがなく、周囲を散策したり食事の準備をはじめたりと、キャンプ場での時間が有効活用できます。

ほかにも、コード引き出し口やランタンハンガーを備えるなど、使い勝手に優れたテントです。

コールマン(Coleman) ツーリングドームLX 2000038142

1人でも楽に設営できる

ポールポケットを採用した1人でも楽に設営ができるドームテントです。約210×180cmの室内スペースが確保されており、ソロやタンデムでのキャンプツーリングにおすすめのモデル。前室を搭載しているため、脱いだブーツやヘルメットといった荷物類を収納することが可能です。

また、フライ・フロアシートとも1500mmの耐水圧を備えているので、雨天でも安心して使用できます。前室のフラップを立ち上げればキャノピーに変身。風景を眺めながら食事やコーヒータイムが楽しめます。ただし、キャノピーポールは別売となっているため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

コールマンのおすすめテント|3~4人用

コールマン(Coleman) エクスカーションティピーII 325 2000038140

By: rakuten.co.jp

速乾性に優れメンテナンスしやすい

本ブランドが販売するティピー型テント「エクスカーションティピー」の2021年モデルです。コットンのような風合いを持つテックスファイバー生地を採用しているのが特徴。コットン生地より速乾性に優れており、カビの発生が軽減できるため清潔な状態で使用できます。メンテナンスしやすいワンポールテントを探している方におすすめです。

前室を備えているので、雨の日に出入りをする際に室内を濡らす心配がありません。インナーテントを取り外せば、シェルターとして利用することも可能です。そのほか、約直径19×60cmとコンパクトに折りたたんで簡単に持ち運べます。カップルや親子3人でゆったり過ごすのにピッタリのテントです。

コールマン(Coleman) BCクロスドーム270 2000038429

気軽に購入できる、はじめてのファミリーテントを検討している方におすすめのモデルです。2本のメインポールをクロスさせて立ち上げるシンプルな構造を採用。組立作業がしやすいうえ価格も手頃なため初心者の方にピッタリです。ペグやロープはもちろんハンマーも付属しているので、購入後すぐにキャンプへ出かけられます。

キャノピーにもなる大型の前室を搭載しているのが特徴。日差しや雨を避けながら、食事をしたりくつろいだりと重宝します。また、キャノピーポールが付属しているため、追加で購入する必要はありません。耐水圧1500mmの生地を採用するなど、しっかりとした耐水性能を備えています。

コールマン(Coleman) パーティーキャビン3025 2000036439

テントとシェードの2Wayで使える便利なモデルです。シェードの組み立ては、折りたたまれたフレームを広げフライシートを被せるだけと非常に簡単。天井高が約250cmと高いので、雨や日差しがしのげる開放的な空間を確保することが可能です。BBQ・運動会・スポーツ観戦といったアウトドアイベントで活躍します。

就寝エリアはインナーテントを吊り下げるだけで完成。壁面がほぼ垂直に立ち上がっており、高さも約215cmと十分なため圧迫感はありません。立ったまま室内を移動したり着替えたりするのに重宝します。3面にメッシュ窓、天井には大型のベンチレーションを備えているなど換気性能も良好です。

コールマン(Coleman) カーサイドテント3025 2000038144

車の側面もしくは背面と連結して使用するユニークなテントです。車内のスペースを、荷物を置いたり就寝したりする場所として利用できるのが特徴。テントの外に出なくても荷物の出し入れができるなど、使い勝手は良好です。吊り下げ式のインナーテントを取り外せば、開放感のあるリビングとしても使えます。

3面に開閉可能な大型のメッシュパネルを搭載。不快な害虫の侵入を防ぎつつ、新鮮な外気を取り込めるので暑い季節も快適です。また、災害発生時には自主避難場所として活用できるなど多目的に使えるので、気になる方はチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ウェザーマスター 4S T.P.クレスト 2000031567

年間を通して快適なキャンプを楽しみたい、アウトドア好きの方におすすめのテントです。

非常に高い耐水性能を搭載しているのが特徴。フライシートには撥水加工の施された、耐水圧3000mmの75Dポリエステルタフタ生地を使用しています。さらに、フロアシートには耐水圧10000mmの210Dポリエステルオックスフォード生地を採用しているなど、強い雨のなかでも安心して過ごすことが可能です。

メッシュドアとベンチレーション機能を備えており蒸し暑い季節も快適。また、スカート付きのフライシートで冬の冷たい風をシャットダウンします。約330×210×195cmの広い室内空間を確保しているのも本モデルの特徴です。圧迫感がないのはもちろん、大人でも立ったままで着替えができるので重宝します。

コールマン(Coleman) 4Sワイド2ルームカーブ 2000036432

4人程度の家族やグループがゆったりと過ごせるツールーム型のテントです。天井中央部に大型の窓を配置しているのが特徴。リビングルームで食事をとったり歓談したりする際に、テント内へ外光を取り込むことが可能です。ベンチレーション機能も備えているため、暑い時期のキャンプでも室内の温度上昇が抑えられます。

フライとフロアシートには、それぞれ耐水圧3000mmと10000mmのポリエステル生地を採用。雨が降り続くような状況でも安心してキャンプを続けられます。また、フルスカート仕様を採用しており冷たい風の侵入を防げるので、晩秋や冬でもあたたかく過ごしやすいのがポイントです。

季節を問わずキャンプに出かけるベテランキャンパーにおすすめのモデル。ただし、本体重量は約24kgと重いため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウスMDX 2000038139

手頃な価格のツールーム型テントを探している方におすすめのモデルです。アシストクリップを搭載しており、1人でも設営できる手軽さが特徴。また、大型のリビングエリアを備えているため、テントと別にタープを設営する必要もありません。小さな子供連れでのファミリーキャンプを計画している、初心者の方にピッタリです。

リビング側にはスカート付きのフライシートを採用しているので、不快な虫の侵入を抑えられます。さらに、サークルベンチレーションシステムを搭載。内部の湿った空気を効率的に入れ替えることで、テント内を快適な状態に保ちます。そのほか、寝室だけでなくリビングにもランタンハンガーが付いているため、テント内で夕食を楽しむ際に便利です。

コールマン(Coleman) 4Sワイド2エアリウム 2000036433

付属のキャノピータープで開放感のあるリビングが作れるツールームテントです。タープを巻き上げたりサイドポールを外したりすることで多様なアレンジが可能。テントサイトの大きさや形に合わせた設営がしやすいほか、時間帯に応じて日差しを遮るような張り方ができるので重宝します。

さまざまなキャンプ場でキャンプを楽しみたいと考えている、アウトドア好きにおすすめのモデルです。耐水性能に優れたスカート付きのフライシートを備えているので、1年を通して快適に過ごせます。

コールマン(Coleman) タフオープン2ルームハウス 2000036436

持ち運びしやすい、ツールーム型テントを探している方におすすめのモデルです。通常のドームテントをベースにした本体は、重さが約14kgと比較的軽量。車への積み込みや駐車場からテントサイトへの運搬が楽におこなえます。また、付属のキャノピータープを立ち上げれば、開放感満点のリビングエリアを作ることが可能です。

手頃な価格ながらも、しっかりとした耐水性能を搭載しているのが特徴。フライ・フロアシートとも耐水圧約2000mmのポリエステル生地を採用しているため、雨の日でも安心してくつろげます。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウスLDX+ 2000036438

約365×320cmの大きなリビングエリアを備えたツールームテントです。天井高が約220cmもあるなど、圧迫感のない空間を確保しているのが特徴。キャンプテーブルを挟み大人4人でゆったりとくつろぐことが可能です。

また、ダークルームテクノロジーを採用しているのに加え、3面がフルオープンにできるため、涼しい環境を保ちやすく夏でも快適に過ごせます。

インナーテントの天井高が約185cmあるのもポイント。大人が立って移動できるのはもちろん、着替えをする際に腰をかがめる必要はありません。リビング・寝室どちらにも広さを求める方におすすめのテントです。付属のポールでキャノピーを立ち上げれば、より開放的なリビングエリアが簡単に作れます。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウスMDX+ 2000036437

夏でもぐっすりと眠れる、ファミリーキャンプ向けのツールームテントです。ダークルームテクノロジーを採用しており、昼間でも寝室エリアを暗くできるのが特徴。ポータブルプロジェクターを持ち込めば、動画を室内に投影することが可能です。料理をする際など、子供の面倒を見るのが難しいときに重宝します。

親子4人が広々と寝られる寝室を確保しながらも、約560×340cmと取り扱いやすいサイズに収めているのも本モデルの特徴です。キャノピーを立ち上げれば、開放感のあるリビングで食事や歓談が楽しめます。

コールマンのおすすめテント|5人以上

コールマン(Coleman) タフワイドドームV 300 スタートパッケージ 2000038138

コールマンのロングセラーテント「タフワイドドーム」の2021年新作モデルです。ベントフレーム構造を採用しているのが特徴。壁面の立ち上がり角度を大きくすることで、より広い室内空間を実現しています。グランドシートがセットになったスタートパッケージのため、購入後すぐにキャンプをはじめることが可能です。

大きくひさしが張り出した、大型の前室を搭載しているのも本モデルの特徴。全員の靴や荷物が余裕で収納できるのはもちろん、雨天でも室内を濡らさずに出入りがしやすいなど非常に便利です。

コールマン(Coleman) IL タフワイドドーIV 300 2000030326

大自然の緑によく映える鮮やかな藍色をした、インディゴレーベルシリーズのドーム型テントです。ほかのキャンパーとは少し違ったデザインのテントで、個性的なサイトを演出したい方におすすめのモデル。インナーテントの天井高が約185cmあるため、大人でも立って移動したり着替えたりすることが可能です。

大型モデルながら約直径25×75cmとコンパクトに収納できるうえ、重量も11.6kgと軽量なので容易に持ち運べます。そのほか、耐水圧2000mmの生地をフライとフロアシートに採用。多少の雨なら安心してキャンプが続けられます。

コールマン(Coleman) ILトンネル2ルームハウス LDX デニム 2000032597

インディゴレーベルシリーズのツールーム型テントです。全長が約660cmもある大型テントながら、4本のポールをスリーブに通すだけで立ち上げられる設営のしやすさが特徴。長さ約350cmの広々としたリビングでゆったりとくつろぐことが可能です。

吊り下げ式のインナーテントを採用しているため、雨天の撤収作業が容易におこなえます。側面4か所には大型のドアを配置。メッシュスクリーンを備えているので、不快な害虫の侵入を防ぎながら新鮮な外気がたっぷりと取り込めます。

コールマン(Coleman) 4Sワイド2ルームコクーンⅢ 2000036431

ファミリーキャンプにピッタリな非常に大型のツールームテントです。5〜6人用のモデルですが、2つ目のインナーテントを追加購入することで、さらにゆったりとしたスペースでの就寝に対応できるのが特徴。付属のインナーテントのみの使用であれば、広々とした室内リビングでとくつろぐことが可能です。

ただし、収納サイズは約直径40×85cmと大きく、重量も約34kgと重いので、購入を検討している方は留意しておきましょう。駐車場からテントサイトが離れているキャンプ場にいく場合は、アウトドアワゴンの利用をおすすめします。