初心者から上級者まで多くのキャンパーから支持されているコールマン。幅広いキャンプグッズを取り扱っていますが、定番アイテムのテントに関しても豊富なラインナップを揃えており、人気の「タフシリーズ」や高品質の「ウェザーマスター」など、さまざまな製品をリリースしています。

そこで今回はコールマンのテントのおすすめモデルをピックアップ。使用人数別に項目を分けてご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

コールマン(coleman)とは?

By: amazon.co.jp

コールマンは1900年頃に設立したアメリカのアウトドアメーカーです。創業当初はガスランタンの販売をしていたものの、ランタンの故障が多くメンテナンス込みのランタンレンタル業に移行。ここで培ったノウハウをもとに、質のよいランタンを製造・販売し、一気に知名度をあげました。

その後は製造アイテムの幅を広げ、時代のニーズに合った製品を次々とリリース。1970年代から日本に進出して国内におけるアウトドアブームを牽引し、今ではキャンプ場で必ず見かけるほどメジャーなブランドとして親しまれています。

コールマンのテントの特徴

By: amazon.co.jp

コールマンのテントは種類が多く、アウトドア初心者のみならずベテランキャンパーでも満足できる幅広いアイテムを展開しています。設営しやすい「タフドームシリーズ」や、ベテランキャンパー向けの「ウェザーマスターシリーズ」など、欲しい製品が見つかりやすいのが特徴です。

また、便利な機能を続々と開発・搭載しているのも特徴。例えば「ダークルームテクノロジー」は遮光性をアップし、室内の温度上昇を抑える効果が期待できるので、涼しさに配慮した仕様となっています。テントの購入を検討している方はロングセラーモデルから最新モデルまでしっかりとチェックしておきましょう。

コールマンのテントの選び方

使用人数で選ぶ

By: amazon.co.jp

コールマンのテントは、それぞれ使用人数の目安が記載されています。人数制限ギリギリで選んでしまうと狭くて荷物が置けない場合もあるので、実際に使用する人数+1人分の大きさでテントを選ぶのがおすすめです。

6人以上でテントを使用する場合は、超大型のテントで対応するのもアリですが、2~4名用のテントを複数用意するのもおすすめです。設営や持ち運びのしやすさと、テントの快適さを考慮して選んでください。

耐水性で選ぶ

コールマンのテントは、初心者向けのシリーズでも耐水圧は約1500mm以上を備え、ある程度強い雨にも対応。「タフシリーズ」では約2000mm以上、「ウェザーマスターシリーズ」では約3000mm以上に対応できます。

タフシリーズがあれば大体の雨は防げますが、豪雨でも対応できるテントを探している方は、「ウェザーマスターシリーズ」がおすすめです。

テントの形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

コールマンのテントは大きく分けて、「ドーム型」「ツールーム型」「ティピー型」の3種類。ドーム型は定番のシルエットで、設営のしやすさと雨風に強いのが特徴です。ツールーム型はテント内を寝室とリビングに分けられ、快適な居住空間をつくりたい方におすすめ。ティピー型はとんがりシルエットが人気で、かわいいキャンプサイトを作りたいキャンパーにおすすめです。

テントのシリーズで選ぶ

By: coleman.co.jp

コールマンのテントで特に注目すべきは「タフドーム」「ウェザーマスター」「コンパクト」の3シリーズ。「タフドームシリーズ」はロングライフデザイン賞を受賞するなど、長年キャンパーに愛用されているロングセラーモデル。キャンプ初心者から上級者まで、幅広いユーザーに親しまれています。

「ウェザーマスターシリーズ」は、コールマンのなかでも高い耐水性・通気性を備えており、上級者キャンパーから絶大な支持を得ています。「コンパクトシリーズ」はソロキャンプやツーリングに人気のシリーズで、軽量でコンパクトな収納性や設営の簡単さが特徴です。

そのほか、初心者におすすめな「ベーシックキャンプ(BC)」、レトロでポップなデザインの「アメリカンヴィンテージ」などもラインナップしているので、キャンプの目的やレベルも考慮してテントを選びましょう。

コールマンのテントのおすすめモデル|1~2人

コールマン(coleman) ツーリングドームST

前室が広く機能性に優れた、人気の高いテントです。前室は、広さに加え高さもある設計で、調理をすることも可能。シューズやちょっとした荷物も置けるほか、雨天時の雨避けとしても活躍します。

ポールを購入すれば、入り口をタープとして使用でき、テントの前で食事や休憩を楽しめるのもポイント。ドアは前後に設置しており、出入りも自由度もアップ。また、ドアにはメッシュ生地を採用しており通気性にも配慮しています。

耐水圧は1500mmあるため、雨の日も安心して使用できます。設営も容易で、価格も1万円台とリーズナブルなのもポイント。定番のおすすめのテントです。

コールマン(coleman) トレックドーム カペラ/120

設営が容易で、剛性に優れたテントです。サイズは120×225cmで、大人2人で使える設計。メインポールにアルミ合金を採用し、軽量性と耐久性をアップしています。

テント上部に設置したリッジポールはテントの高さを作り出し、圧迫感を軽減。設営も容易で、女性でも慣れれば5分ほどでできます。

2人用でありながら、本体重量2kgと軽量で持ち運びやすいのもポイント。大きい入り口を採用することにより出入りしやすいのも魅力です。

コールマン(coleman) トレックドーム カペラ/75

コンパクトでソロキャンプに最適なテントです。サイズは75×225cmで、大人1人が荷物を置いて横になるのにちょうどよい大きさ。重量は1.6kgと軽量で、持ち運びも容易です。

防水性にも優れており、耐水圧1500mmのフライシートがテントを雨から保護。耐水圧2000mmのフロア生地が、地面からの浸水も軽減します。ベンチレーションシステムを搭載し、通気性がよいのも魅力。設営も容易で、アルミ合金によって剛性にも優れたおすすめのテントです。

コールマン(coleman) ワンポールテント エクスカーションティピ 210

1本のポールでテントを立てる、耐久性と快適性に優れたテントです。設営は、広げたテント内にポールを立て、フライシートをかぶせて固定するだけと容易。ポールは、テント床面についた差込み用のホールでしっかり固定でき、安定しています。

サイズは210×150cmで、高さは最高170cm。前室は、調理も可能な広さで、雨天時にはテント内への雨の吹き込みも軽減します。

テント下部に2箇所のベンチレーションを設置し、風が床から天井に抜けるのもポイント。通気性をアップするほか、換気の際にも活躍します。価格1万2000円前後とコスパのよさも魅力。収納時は50cm程とコンパクトで、ツーリングやソロキャンプを楽しみたい方にもおすすめです。

コールマン(coleman) クイックアップドーム/W+

キャンプ初心者におすすめのテント。手軽に設営できるのが特徴です。ゴムバンドを外して放り投げると、自動的に広がるポップアップタイプ。広がった平面状のテントを立体的に組み立てることでインナーテントは完成します。

風雨からインナーテントを守るフライにはダークルームテクノロジーを採用し、太陽光を90%以上カットできるのも特徴。夏キャンプでは、日差しを軽減し、テント内の温度上昇も抑えます。

さらに、ベンチレーションシステムも搭載し、通気性をアップ。テントの耐水圧3000mm、フロアの耐水圧も1500mmと防水対策も万全です。

コールマン(coleman) ポップアップ グリーン

本体上部のロープを引っ張るだけで設営が完了するワンタッチテントです。設営にかかる時間は10秒ほどで、女性でも容易にできます。

上部には、ワイドな天窓を設置しており、日中は太陽の光を効率よく取り込み、夜間はテント内で星空観賞をすることも可能。大きな窓を採用しているのも特徴です。

天窓はメッシュになっており、外部からの虫の侵入を軽減。雨の日は、レインカバーで防雨性をアップできます。重量は、2.9kgと軽量で持ち運びも容易。サイズは230×130×90cmで、1人ならゆったりと使用できるほか、2人でも圧迫感を感じない程度の空間を保てます。

円形の収納カバーは持ち手付きで、肩にかけて両手をふさがずに携行可能。荷物とテントを1度に運べます。4人用モデルも展開しており、使用人数によってサイズを選択することも可能。設営・収納が容易なテントを探している方におすすめです。

コールマンのテントのおすすめモデル|3~4人

コールマン(coleman) タフスクリーン2ルームハウス

ワイドなリビングと寝室を備えた、ファミリー層に人気の高いコールマンのテントです。リビングのサイズは約540×340cmと大きく、テーブルや椅子を置いて家族でくつろぐ空間に最適。リビング内に設置して、寝室として利用するインナーテントも、約320×230cmと大きく4人程で使用できます。

リビングの高さは、トップサイズ215cmで、低い箇所でも170cmとゆとりのある設計。インナーテントなしなら、大型リビングとして使用でき、男性でも快適に過ごせます。

耐水圧は2000mmと高く、防風性は風速20mの風にも耐える強い構造。メッシュカバーで虫が入りにくくすることもでき、アシストクリップ機能によって1人でも設営しやすい、初心者の方にもおすすめのテントです。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス+

遮光性と断熱性に優れたダークルームテクノロジーを採用し、夏でも快適に眠れる高機能テント。広々とした設計で、仕様人数は4~5人程度が目安です。

インナーテントは、太陽光を90%カットする遮光性の高い構造を採用。日中はサイドウィンドウを開けて、光を取り入れることも可能です。

また、太陽光を遮断することで、外との温度差を最大13.5℃までダウンできると謳うほど。寝苦しい夏の熱さの軽減が期待できます。サマーキャンプを快適に楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

コールマン(coleman) ラウンドスクリーン2ルームハウス

インナーテントをラウンドスクリーンの後部に結合し、リビングと寝室を1度に設営できるテント。インナーテントは320×230cmと4人程で余裕をもって使えるサイズで、リビングも椅子やテーブルをセットできる広々とした設計を採用しています。

リビング3面にはキャノピーを配置し、開放して風通しをよくすることも可能です。トップベンチレーションを採用し、テント内の結露も軽減。耐水圧は2000mmで防水性にも優れ、雨の日も安心して過ごせます。

紫外線をカットするUVPRO素材によって、テントの劣化を軽減し耐久性をアップしているのもポイント。全長565cmと広いスペースでゆったりキャンプできるのも魅力です。

コールマン(Coleman) タフドーム3025

設営の容易さとテントスペースの広さが特徴のテント。ファミリーキャンプを楽しむ方におすすめです。サイズは300×250cmで、4人前後で広々と過ごせる大きさ。高さは175cmと、開放感のある設計を採用しているのも特徴です。

背の高いテントのウィークポイントである強風からの影響にも対処しており、強風域となる15m/sにも耐える防風性を保持。耐水圧は、2000mmで強い雨でも雨漏りがしにくいのもポイントです。

設営は、アシストクリップを採用することで、組み立てやすさに配慮。シンプルな構造で設営しやすく、アウトドドア初心者のキャンプデビューに最適なテントです。

コールマン(Coleman) トンネル2ルームハウスLDX スタートパッケージ

トンネル型の2ルームテントに、インナーシートとグランドシートが付属したセット。テントは、ワイドなリビングと寝室を兼備した大型モデルで、リビングはサイズ330×260cmと広く、人気のお座敷スタイルを楽しむことも可能です。リビングはフルクローズにして、プライベート空間として使用できるほか、夏場はフルオープンにすることで開放的に過ごせます。

ポールには、剛性に優れたアルミ合金ポールを採用し、強風でも大きな影響を受けにくい仕様。4本のポールをスリーブに通すだけと設営も容易なうえ、雨の日はリビング内で濡れずにインナーテントの設営や撤収ができます。

テントのサイズに対応するグランドシートは、テント床面からの浸水を軽減。インナーテントで、テント内の快適性もアップします。満足度の高いファミリーテントを探している方におすすめです。

コールマン(coleman) BCクロスドーム 270

価格が1万5000円前後と、リーズナブルなテントです。ベーシックキャンプの略となる「BCシリーズ」のテントは、基本的な機能を備えた初心者に最適なシリーズ。本製品は耐水圧1500mmで、雨天時でも安心。さらに、テントを覆うフライシート付きで雨や風、紫外線などからインナーテントを保護します。

内部には、小物を入れるメッシュポケットやランタンを提げるランタンハンガーも搭載し、実用性にも優れたアイテム。前室やキャノピーの下は、靴の着脱や、調理など、多彩な用途に使用できます。付属にキャノピーポール・ペグ・ロープ・ハンマー・キャリーバッグも付属しています。価格重視でテントを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

コールマン(coleman) ウェザーマスター(R)ワイド2ルーム コーチ

日本の四季を考慮した適応性の高い構造で、快適に過ごせるテントです。同メーカーがこれまで培ってきた技術とノウハウが反映されたモデルで、氷点下から30℃の高温までの幅広い気温に対応。フレームとフライシートの遊びを抑えて耐風性を向上させているのもポイントです。ガイロープを張ることで、さらに強度をアップ。春の強風にも対応します。

また、ベンチレーションと優れた遮光性により、夏の熱さを軽減。耐水圧3000mmのフライシートによって、雨の日も安心して過ごせます。フライシートの下部にはスカートを装備し、外からの冷気をカット。テント中の温かい空気も逃しません。リビングサイズ最大685×365cm、インナーサイズは330×290(220)と大きめ。満足度の高いおすすめのテントです。

コールマンのテントのおすすめモデル|5~6人

コールマン(coleman) タフワイドドーム4/300

大型テントでありながら、設営が容易で初心者にも扱いやすい定番テントです。サイズは約300×300cmと大きめで、最大6人で使用可能。縦幅は185cmと高く、大きい男性でも圧迫感なく広々と使えます。

耐水圧は2000mmと高く、雨の日も安心して過ごせる設計。通気システムとなるサークルベンチレーションを採用し、通気性がよいのもポイントです。これにより、テント内に湿気がたまりにくく、蒸し暑さも軽減。梅雨時期でも比較的快適に過ごせます。

設営は、テントを広げ、ポールをさし、テントを立ち上げ、フライシートをかぶせるだけと容易。大人2人なら10分ほどで設営することが可能です。使い勝手良好なわりに価格は2万円台と安め。初心者に人気のおすすめテントです。

コールマン(coleman) IL タフワイドドームⅣ/300

ファッショナブルなアウトドアブランド「モンロ」とコールマンがコラボした「インディゴレーベル」のおしゃれなテント。コールマンで人気の高いタフワイドドームテントと同型で、居住性の高いアイテムです。

アシストクリップ機能を採用し、ひとりでも設営しやすいのもポイント。テントは、いくつものデニムを縫い合わせたパッチワークのようなデザインで、他のテントとは一線を画する仕様。カラーは青と白を基調とし、キャノピーポールやロープ、ラベルなどの細部にも2色で統一しています。

コールマン(coleman) NEWインスタントテント4

キャンプ初心者でも設営しやすいワンタッチタイプのテントです。テント生地と骨組みが一体になっており、面倒なポールの組み立てが不要。骨組みの付いたテントを広げ、角のポールの高さを調整するだけで完成します。

サイズは3.05×2.74mで、最大6人で横になれるサイズ。余裕をもって使用したい方は4~5人がおすすめです。高さは1.83mで、男性でもかがまずに使用できる、ゆったりとした設計を採用しています。

ウォータープルーフ仕様で、雨に強いのもポイント。さらに、通気性もよく、夏場も快適に過ごせます。発売から数年が経過しているモデルなので、機能のわりに価格は2万円台とお手頃なのもポイント。コスパのよいおすすめのテントです。

コールマン(Coleman) インスタントダークルームテント

太陽光を95%ブロックすると謳う「ダークルームテクノロジー」を搭載したテント。傘のように開くだけで組み立てることができるので、短時間で設営・撤収ができるのが特徴です。

キャノピーは、張り出してリビングスペースとしても使用可能。専用ポールはセット内容に含まれているため、別途用意する必要はありません。

風雨に強いウェザーテックシステムを搭載し、雨漏りしにくいのも魅力。耐水圧1500mmのフライにより、さらに雨の浸入を軽減します。これだけの高機能でありながら、価格帯としてはリーズナブル。ただし、日本語の説明書は同梱させていないので、その点は注意しておきましょう。

コールマンのテントのおすすめモデル|7人以上

コールマン(coleman) Red Canyon 8-Person Modified Dome Tent

仕切りで室内を3分割できる大型タイプのテント。同テント内で別部屋を作れるので、複数人数でのキャンプではプライベート保護にも配慮できます。なお、仕切りは取り外すことができるので、シーンに合わせた使い分けることができるのもポイントです。

高さは180cmと上にも広い設計で、テント内でも開放感のあるゆったりとした設計。素材には、メーカー独自の「ウェザーテックシステム」を採用し、防水性と透湿性に優れています。雨漏りしやすい縫い目にはシーム処理を行い、ファスナーも防水加工でテント内への雨の浸入を大きく軽減しているのは魅力です。

ただし、下回りからの水の染み込みには少々弱いため、グランドシートを敷くなどの対策が必要なので、購入を検討している方はぜひ留意しておきましょう。

コールマン(coleman) 8人用 Montana (モンタナ)テント

サイズ4.88×2.13mの1ルーム仕様のテント。家族で広々と楽しめる製品を探している方におすすめです。スクリーン付きの窓により、室内が見えにくいのがポイント。「ウェザーテックシステム」を採用し、防水性にも優れています。

出入り口には、家のドアのように開閉できるヒンジドアを設置。面倒なファスナーの開け閉めも必要なく、荷物の搬入も容易です。

前室付きで、雨の日も出入りがしやすいのも魅力。メッシュベントによって通気性にも優れています。発売から年数が経過しているモデルなので、価格が落ち着いているのもポイント。「とりあえず大人数仕様のテントがほしい」という方はぜひチェックしておきましょう。

コールマン(coleman) Evanston 8-Person Porch Dome Tent

約15分で設営できる、8人用の大型テントです。サイズは3.65×3.65mとワイド。高さも1.93mと余裕のある設計で、男性でもゆったりと過ごせます。

大きめのプライバシーウィングと、日差しや風避けに最適なオーニングを兼備し、室内空間は快適。入り口には、家のドアと同型のヒンジドアを設置し、出入りも容易にできます。

難燃性にも優れているのもポイント。さらに、「ウェザーテックシステム」を搭載しており、雨の日も快適に過ごすことができるのも魅力です。大家族用のテントを探している方はぜひ候補として検討してみてください。