初心者から上級者まで多くのキャンパーから支持されている「コールマン」。幅広いキャンプグッズを取り扱っていますが、定番アイテムのテントも豊富なラインナップを揃えており、人気の「タフシリーズ」や高品質の「ウェザーマスター」など、さまざまな製品を展開しています。

そこで今回は、コールマンのテントのおすすめモデルをピックアップ。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

コールマンのテントの魅力

By: amazon.co.jp

コールマンのテントの魅力は、コストパフォーマンスのよさ。価格を抑えながらも、テントとしての機能性が高く、同スペックの他ブランドのテントと比べた場合、リーズナブルな価格帯で購入できます。

テントの設置、撤収が簡単なモデルも数多くあり、キャンプ初心者にも優しいのもポイント。また、冬でもキャンプしたいベテランキャンパーのために、ハイスペックモデルも豊富に取り揃えています。

初心者から上級者まで、幅広い層に応えられるモデルがラインナップされているので、自分のニーズにぴったり合ったテントをチョイスしてみてください。

コールマンのテントの選び方

種類で選ぶ

タフシリーズ

By: amazon.co.jp

コールマンのテントの基本となるシリーズであるタフシリーズは、コストパフォーマンスの高さが最大の魅力。十分な機能性を兼ね備えていることはもちろん、設営も簡単なうえに比較的安価なので、初心者の方に適したシリーズです。

耐久性・耐水性・耐風性に優れており、あらゆる機能を搭載。耐水圧に優れることで雨や風に強いフライシートや、効果的に室内の空気循環を促し真夏でも涼しさを保つサークルベンチレーションなど、キャンプで快適に過ごせる機能を兼ね備えています。

ハイスペックすぎるテントよりも、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめ。これから本格的にキャンプを始めたいと考えている方は、必要な機能をしっかり兼ね備えたタフシリーズをチェックしてみてください。

ウェザーマスターシリーズ

By: .amazon.co.jp

コールマンが販売しているテントのなかでも品質が高く、ハイスペックな機能を搭載しているのが「ウェザーマスターシリーズ」です。機能性の高さから、上級者向けのモデルとして知られています。

ウェザーマスターという名前の通りどんな天候にも対応できる機能性が最大の特徴。ベンチレーションという空気循環機能によって、換気性能を最大限まで高めています。そのため、夏は蒸れずに過ごせ、冬は結露の心配を減らすことが可能です。

換気性に優れた「ブリーズドームタイプ」と、四季すべてに対応した「4シーズンドーム」の2種類から選択が可能。ほかのシリーズと比べ価格は高くなりますが、初心者向けであるタフシリーズのスペックをすべてにおいて向上させ、さらに素材など細かいところまでこだわり抜いたハイスペックなテントです。

ダークルームシリーズ

By: coleman.co.jp

日光を90%以上ブロックするほか、UVカット率99.99%を誇ると謳う、画期的なテクノロジーを取り入れたダークルームシリーズ。光を遮断することで、テント内の気温の上昇を大きく防ぎます。同ブランドの同等製品のテントと比べた場合、最大温度差が13℃も低くなり、真夏のキャンプでも快適に過ごすことが可能です。

朝日も遮るので、早朝に目を覚ますことなく熟睡できるのも魅力。また、夜でもテント内のランタンの光が外に漏れることがないので、プライバシーを確保できるほか、虫が寄ってこない点もメリットです。

インディゴレーベルシリーズ

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンにファッションを持ち込んだ革新的なブランド「モンロ」とコールマンがコラボしたシリーズ。インディゴレーベルシリーズは、“アウトドアの機能性とライフスタイルの完成と融合”をコンセプトに掲げており、インドアのインテリアとしても使えるおしゃれなデザインが最大の特徴です。

すべてのアイテムでデニムをイメージした藍色を使用し、ハイセンスなデザイン性やヴィンテージ感が魅力のシリーズ。デザイン性だけでなく、ほかのコールマンアイテムと同等のハイスペックな機能性もしっかり兼ね備えています。

一般的なテントとは一目で違いが分かるデザインなので、普通のテントでは満足できないというおしゃれへのこだわりが強い方や、デザイン面で個性を出したい方におすすめです。

使用人数で選ぶ

By: amazon.co.jp

コールマンのテントは、それぞれ使用人数の目安があります。ギリギリで選んでしまうと狭くて荷物が置けない場合もあるので、実際に使用する人数+1人分の大きさがベターです。

6人以上でテントを使用する場合は、超大型のテントでも対応できますが、2~4名用のテントを複数用意するのもおすすめ。設営や持ち運びのしやすさ、テントの快適さを考慮して選びましょう。

耐水性で選ぶ

By: coleman.co.jp

コールマンのテントは、初心者向けのシリーズでも耐水圧は約1500mm以上を備え、ある程度強い雨にも対応。タフシリーズでは約2000mm以上、ウェザーマスターシリーズでは約3000mm以上に対応できます。

タフシリーズであれば大体の雨は防げますが、豪雨でも対応できるテントを探している方は、ウェザーマスターシリーズがおすすめです。

テントの形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

コールマンのテントは大きく分けて、「ドーム型」「ツールーム型」「ティピー型」の3種類。ドーム型は定番のシルエットで、設営のしやすさと雨風に強いのが特徴です。ツールーム型はテント内を寝室とリビングに分けられ、快適な居住空間を作りたい方に最適。ティピー型はとんがりシルエットが人気で、かわいいキャンプサイトを作りたいキャンパーにおすすめです。

コールマンのおすすめテント|1~2人用

コールマン(Coleman) クイックアップドーム S+

ダークテクノロジーを採用した、ソロキャンプ用のテント。日光を90%遮断するため、朝の早いアウトドアライフでも熟睡できるほか、テント内の温度上昇を防ぎ、真夏のキャンプでも快適に過ごせます。

99.99%のUVカット機能を備えているので、日焼け対策も十分。また、テント内には必要に応じて光を取り入れられる「クリアルーフウィンドウ」を搭載しているのも嬉しいポイントです。

テントの設営、撤収が簡単なのも特徴。袋から出してぱっと広げ、フライシートを被せるだけなので、ひとりでもスピーディーにテントが立てられます。耐水圧はフライシート3000mm、フロアシート1500mmを有し、強い雨でも安心して利用可能です。

展開時サイズは約210×120×100cm、収納サイズは約60×6cmで、コンパクトにまとまるのもメリット。付属の収納ケースは便利なショルダーストラップがついているので持ち運びも簡単です。ソロキャンプによく行く方は、ぜひ検討してみてください。

コールマン(Coleman) クイックアップドーム W+

「クイックアップドーム S+」の機能性はそのままに、ワンサイズアップした2人用のテント。展開時サイズは、約210×180×110cmで、収納時サイズは約68×6cmです。

2人でキャンプに行く方はもちろん、ソロキャンプでゆっくり寝たい方にもおすすめ。さまざまなシーンで利用できる、汎用性の高さが魅力のテントです。

コールマン(Coleman) ツーリングドームST

コンパクトサイズのツーリングテント。ポールの片側をポケット式にした「ポールポケット式」を採用し、ひとりでも簡単にテントの設営、撤収ができます。

靴や荷物が置ける前室を備えているのも便利なポイント。高さのある前室は解放感があり、テントの出入りがしやすいのもメリットです。また、耐水圧は約1500mmあり、少々の雨でも快適に過ごせます。

収納サイズは約19×49cmと、コンパクトにまとまり積載性も良好。簡単に設営ができるテントを探している方や、自転車やバイクツーリングによく行く方におすすめです。

コールマン(Coleman) ツーリングドームLX

「ツーリングドームST」より、サイズアップしたツーリングテント。展開時サイズは約210×180×110cmで、2~3人用のテントです。ポールポケット式を採用しているため、テントの設営が簡単。また、耐水圧は約1500mmを備え、耐久性が高いのもポイントです。

収納サイズは約24×60cmと、コンパクトにまとまるのも魅力。タンデムツーリングによく行く方は、ぜひ検討してみてください。

コールマン(Coleman) エクスカーションティピー210

ワンポールタイプのテントです。テントの高さが170cmあるので、テント内は解放感があります。また、ワンポールテントには珍しく広い前室を備えているのも特徴。前面のジッパーを閉めることで、雨の侵入を防ぐとともにプライベート空間を確保できます。

耐水圧は1500mmを有し、急な雨でも慌てずに対応可能。メッシュ仕様のドアとベンチレーションがあるので通気性もよく、テント内で快適に過ごせます。また、テント内には、小物を入れられるポケットやランタンフックも備え、使い勝手も良好です。

収納サイズは、約17×50cmでコンパクトにまとまるのもメリット。1~2人用のワンポールタイプを探している方は、チェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ダーウィン 2人用 2000012145

シックな色合いがおしゃれなドーム型テント。欧州限定モデルなので、ほかにはないデザインを求めている方におすすめのテントです。

簡単に組み立てられるのも特徴で、テントの設営に自信がない方でも安心。コンパクトモデルながらも、耐水圧は3000mmを備えており、雨が降っても快適に過ごせます。また、ベンチレーションもあるため、通気性は良好。リュックや靴を置ける前室も有しているので、使い勝手がよいのも魅力です。

重さ2.8kg、収納サイズは44×14cmと軽量コンパクト。コールマンのテントでも、人とは違ったデザインを求めている方におすすめです。

コールマンのおすすめテント|3~4人用

コールマン(Coleman) BCクロスドーム 270

コールマンのエントリーモデルとして、人気の高いテント。シンプルな構造で組み立てが簡単なほか、ひさし用のキャノピーポール・ペグ・ロープなども標準でついているため、キャンプ初心者でもすぐに使用できます。

リーズナブルな価格も大きなメリット。耐水圧は約1500mmあり、多少の雨でも快適に過ごせる耐久性の高さも備えています。

展開時サイズは、270×270×175cm。大人2人、子供2人が横になっても余裕があり、荷物を置くスペースも確保できます。高さが175cmあるので、大人が立って着替えられ、テント内でストレスなく動けるのもメリット。これからキャンプを始めてみたい方や、コスパの高いテントを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) タフスクリーン2ルームハウス

寝室とリビングを備えた2ルームテント。ワイドな空間ながらも、アシスト機能により、ひとりでも簡単にテントの設営ができるのが特徴です。また、キャノピーポールがついているのも嬉しいポイント。前室を拡張して、さらに贅沢なスペースを作れます。

インナーテントのサイズは約320×230×170cmで、ファミリーキャンプにちょうどよいサイズ。高さが170cmあるので、大人でも屈まず出入りできたり、立ったまま着替えたりと、住居性に優れているのもメリットです。

約2000mmの高い耐水圧性を備えているほか、風速20mの風にも耐えられる構造で、天気が急変したフィールドでも安心して使用できます。また、ベンチレーションを備えているので湿気や結露を防ぎ、快適な環境を確保可能。

キャンプ先でゆっくりと過ごしたい方や、設営が簡単な2ルーム仕様のテントを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) タフドーム 3025 スタートパッケージ

ファミリーキャンパー向けのテントとして、人気のアイテムです。インナーテントのサイズは約300×250×175cm。家族4人がゆとりを持って横になれる設計で、高さもあるため、大人でもテント内で自由に動けるのが特徴です。

ひとりでも設営ができるアシスト機能つきで、初心者でも安心して使えます。また、耐水圧は約2000mmと高いほか、風に強い「アルミ合金製メインポール」を採用。空気を循環させるサークルベンチレーションシステムを取り入れることで結露を防ぎ、テント内で快適に過ごせます。

本アイテムは、テント・インナーシート・グランドシートがセットになったアイテム。初心者でも購入後すぐにキャンプライフをスタートできます。

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピー 325

前室を備えているワンポールテント。靴の脱ぎ履きもしやすく、ジッパーを閉めれば荷物を雨や盗難から守れます。インナーテントのサイズは約325×230×200cmと、高さがあるため解放感のある住居スペースが魅力。収納時サイズは約16×60cmと、コンパクトにまとまり、どこにでも気軽に持ち運べます。

メッシュドア、ベンチレーションを備えており、通気性も良好。テント内には、メッシュポケットやコード引き出し口、ランタンハンガーなどがあり、使い勝手にも配慮されています。3~4人用のワンポールテントを探している方は、ぜひ検討してみてください。

コールマン(Coleman) ウェザーマスター 4S T.P.クレスト

4シーズン対応のティピー型テント。インナーテントのサイズは330×210×195cmで、大人4人がゆったり横になれるスペースです。耐水圧は、フライシート3000mm、フロアシート10000mmと高く、大雨をしのぎフロアからの雨の侵入もブロックします。

インナーテントにコットン混紡生地を採用し、湿気や結露を防いでいるのもポイント。また、テント前面をキャノピーポールで支えれば日除けにもなり、使い勝手にも優れています。ファミリーでオールシーズン使えるティピー型テントを探している方におすすめです。

コールマンのおすすめテント|5人以上

コールマン(Coleman) タフワイドドームIV 300

お手頃な価格と、テントとしての機能性の高さで、タフシリーズのなかでも人気の高いモデルです。使用時サイズは、約300×300×185cmと4~6人向け。独自のフレーム構造の採用により高さを185cmまで上げ、大人でも自由に動ける広々とした設計が特徴です。

効率的なベンチレーションシステムを取り入れているため、蒸し暑い季節でも涼しく、テント内で快適に過ごすことが可能。また、メッシュ仕様のドアは網戸にもなり、風を取り入れながらも虫の侵入を防ぎます。

フライシート、フロアシートともに2000mmの高い耐水圧を備え、急な豪雨でも安心。強度と柔軟性に優れたアルミ合金製のポールを採用し、強風に耐えられる耐久性の高さもポイントです。

電源コード引き込み口も備えており、肌寒い季節のキャンプでもストーブを使うことが可能。設営も簡単なので、キャンプ初心者でも安心して使えます。コスパの高いファミリーテントを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) ウェザーマスター 4Sワイド2ルームコクーン3

2020年に発売された、ウェザーマスターシリーズの新作テント。4シーズン使える2ルームタイプのテントです。耐水圧はフライシート3000mm、フロアシート10000mm、ルーフ3000mmを備え、ウェザーマスターならではの高い耐水性が特徴。また、強靭な「極太アルミ合金ポール」を採用しているほか、フライシートには特殊加工を施しているため、風や強い日差しに対しても強く、どんな天候にも対応できます。

インナーテントに吸湿性のよい混紡生地を使用しているのもポイント。さらに、大型ベンチレーションシステムを採用しているため、通気性もよく、1年を通して快適なキャンプ生活が送れます。

インナーテントのサイズは、約360×240×195cm。広々としたリビングスペースに加え、付属のルーフフライを使ってさらに空間を拡張できます。冬でもキャンプに行きたい方や、耐久性、住居性の高さを求めている方におすすめです。

コールマン(Coleman) ILトンネル2ルームハウス LDX デニム 2000032597

おしゃれなデザインで人目をひく、インディゴレーベルシリーズのテント。インナーテントサイズは、約300×235×185cmの4~5人用の2ルーム型仕様です。長さ約350cmの大きなリビングスペースが特徴で、テーブルとチェアを置いてゆっくりとキャンプ時間を楽しめます。

4本のポールをスリーブに通すだけで、簡単に設営できるのもポイント。フロントのキャノピーシステムにより、強い日差しや雨を気にせず、快適に過ごせます。また、大型ドアとメッシュ仕様の窓は風の通りを助け、蒸し暑い季節でもストレスフリーです。

フライシート、フロアシートともに耐水圧2000mmを備え、急な大雨にも対応。メインポールは強度のあるアルミ合金製で、風に強いのもメリットです。大きなリビングスペースのある2ルームテントを探している方や、デザイン性重視の方におすすめです。

コールマン(Coleman) テント IL タフワイドドームIV 300 2000030326

インディゴレーベルシリーズの6人用ドーム型テント。キャノピーポールもブルーに統一されており、デザインにこだわりのある方におすすめです。

インナーテントサイズは、300×300×185cm。ゆったりとした設計にもかかわらず、収納サイズは25×75cmと、付属のキャリーケースでコンパクトにまとまるのもポイントです。サークルベンチレーションを備えているため通気性もよく、結露を防いで快適な住居スペースを確保できます。

アシストクリップつきで、ひとりでも簡単に設営できるのが魅力。オリジナルデザインを採用しているので、見た目にこだわりたい方はチェックしてみてください。