海のルアー釣りのなかでも特に人気のある「エギング」。エギ(餌木)という日本古来より伝わる擬似餌を使い、おもにイカをターゲットとするのが特徴です。釣る際は遠くに投げ、水の中で踊るようにエギをしゃくり続けるのがポイント。いかにエギを抱きつかせるかが釣果につながります。

そこで今回はエギングロッドのおすすめモデルをご紹介。釣ってよし、食べてよしの人気ターゲットなので、専用タックルを揃えたい方はぜひ参考にしてみてください。

エギングロッドとは?

By: shimano.co.jp

エギングロッドとは、イカをエギ(餌木)で釣るためのロッド。釣り方としては岸から狙うオカッパリスタイルがメインとなるので、イカが潜んでいそうな岩場や藻が生えているスポットにロングキャストすることが重要となります。

狙い方としてはキャストしたらエギをある程度沈め、ロッドを上方向に煽りながらエギをしゃくるのが基本。しゃくり続けると水面に上がってきてしまうので、一定のリズムでリフト&フォールを繰り返すのがポイントとなります。よってロッドにはキャスタビリティと操作性、さらにはアクションのしやすさを兼ね備えたモデルがおすすめです。

エギングロッドの選び方

ロッドの長さをチェック

By: fishing.shimano.co.jp

エギングロッドを選ぶ際にまず意識すべきは長さ。イカが岸からやや離れた岩場や藻に潜んでいることが多いので、そこまでエギを届かせる長さが必要とあります。

一方で、バイトを誘うにはリアクションでエギを抱かせることがポイントとなるので、しゃくるというロッドワークも重要。不規則にエギを動かすことを考えると極端に長過ぎるロッドではうまく操作できず、釣果に影響してきます。

エギングロッドの長さとしては7~9フィート台(約2.1~2.7m)が相場。選ぶ際に悩ましい際は各メーカーのラインナップが多い8.6フィート(約2.6m)を目安として判断するのがおすすめです。なお、船から狙うボートエギングにおいては状況が異なり、より短めのロッドのほうが操作しやすくなるので、その点は留意しておきましょう。

ロッドの重さをチェック

By: daiwa.com

エギングでは1日中ロッドをしゃくり続ける必要があるので、ロッドの自重は非常に重要なポイント。体力や経験などによっても異なりますが、なるべく軽いロッドの方が疲れにくくおすすめです。

一般的に、高価格のエキスパートモデルには質のよいカーボンや各種パーツが採用されているため、軽量なのがメリット。ロッドの長さとも比例してくる部分でもあるので、ぜひチェックしておきましょう。

ロッドの硬さをチェック

By: daiwa.com

ルアーロッドにはモデルによってしなり具合や硬さが異なり、ライト(L)、ミディアムライト(ML)、ミディアム(M)、ミディアムヘビー(MH)、ヘビー(H)など、いくつか種類が分かれています。

エギングロッドの場合は遠投性とアクションのつけやすさを備えたモデルが使いやすいため、ミディアムライト(ML)からミディアム(M)あたりが主軸。ロッドにエギのウエイトを乗せ、しっかりとしならせて飛ばすことが重要となります。

なお、エギングで使うエギは3.5号がメイン。それよりも小さいエギを使い、より細いラインで誘いたい場合は少し柔らかめのロッドを、より大きく重たいエギをフルキャストしたい場合はある程度硬くてパワーのあるロッドを選ぶようにしましょう。

エギングロッドはシーバスロッドとして使える?

エギングに関わらず、ルアー釣りにおいてはロッド1本でなんでもこなせるのが理想的。ただ、フィールドの状況によって最適なスペックは異なってくるので、汎用性の高いモデルであっても限界があることは留意しておきましょう。

エギングタックルを揃える上で議論となるのが、エギングとシーバスフィッシング間におけるタックルの転用は是か非かという点。ソルトシーンにおいてエギングと同じぐらいアングラーが多いのがシーバスフィッシングで、どちらのロッドも遠投性能が重要視される部分は共通しています。

一方、バイトを誘うアプローチ方法は異なるので、その点は注意。エギングでは文字通りエギを操作するに留まりますが、シーバスではさまざまなルアーを駆使すること、さらにはそもそもイカとシーバスでは引きのパワーに違いがあります。結論としては使えないことはないですが、やはり狙うターゲットに特化したロッドを選ぶのがおすすめです。

エギングロッドのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

釣り用品の製造や販売を手掛ける「グローブライド株式会社」が展開している、日本の大手釣具ブランドです。さまざまなジャンルの釣具を取り扱っているほか、最近ではアパレルにも力を入れています。エギングロッドにおいても豊富にラインナップ。初心者向けからエキスパート向けモデルまで、幅広く揃っています。

エギングロッドの中心は「エメラルダス」シリーズ。なかでも、軽量かつ操作しやすいガイドシステム「AGS」を搭載したロッドは、シャープな振り心地を実現しています。そのほか、ラインをロッド内に通す「インターラインモデル」や、初心者向けの「リバティクラブ エギング」も使いやすいロッドとして人気です。

シマノ(SHIMANO)

By: shimano.co.jp

自転車部品の世界的企業として知られている「シマノ」。釣具にも精通しており、エギングロッドにおいては「セフィア」シリーズを中心とした豊富なラインナップが揃っています。

同社のエギングロッドは、1日中エギをシャクり続けることを考慮して、軽さと感度を徹底的に追求しているのが魅力。なかでも、カーボンで一体成型された「カーボンモノコックグリップ」や、カーボンのみの中空構造で作られた「カーボンシェルグリップ」を採用したモデルは、大幅な軽量化を実現しています。

メジャークラフト(Major Craft)

By: amazon.co.jp

「メジャークラフト」は大阪府に拠点を構える釣具メーカー。エギングをはじめ、シーバスやショアジギングなどのソルトウォーターから、トラウトやバスのフレッシュウォーターでのゲームフィッシングまで幅広いジャンルの製品を展開しています。

エギングロッドにおいても、さまざまなモデルをラインナップ。なかでも、子供から中級者まで扱いやすい「ソルパラ」シリーズや、メジャークラフト初のエギングロッドとして知られる「トリプルクロスシリーズ」が人気です。

エギングロッドのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) エメラルダス STOIST AGS(アウトガイドモデル)86M-SMT

満足度の高いおすすめのエギングロッド。長さは8ft6in、パワーはミディアムと同ジャンルのロッドスペックとしてはやや強めながら、あらゆる面でレベルが高く、さまざまなフィールド状況に対応できるのが特徴です。

本製品はティップに超弾性チタン合金の「SMT(スーパーメタルトップ)」を採用し、感度が高いのがポイント。繊細なアタリを逃さず、しっかりと掛けて釣果に結びつけることができます。完成度の高さを実感できるおすすめの1本です。

ダイワ(Daiwa) エメラルダス STOIST AGS 89M

最新テクノロジーを駆使して開発された、ダイワエギングロッドのフラッグシップモデルです。ガイドシステムに新型AGSを採用するなど、軽量化と高感度をとことん追求。ガイドフレームには高性能カーボン「HVHナノプラス+T1100G」、リングにコバルト合金やシリコナイトを採用しています。

全長2.67mのセミロングロッドながら、重さ110gと軽量。硬さはミディアムで2.5~4号のエギに対応しており、足場の高いエリアをロングキャストで狙いたいシチュエーションでおすすめです。

グリップ部には軽量で人間工学に基づいて設計された「エアセンサーリールシート」を採用。吸い付くようなフィット感と優れた操作性で快適なエギングをサポートします。

ダイワ(Daiwa) エメラルダス エア AGS83M

全長2.52mのやや短めのエギングロッド。重さ89gの軽量モデルで、操作性やキャスト性能のバランスに優れた、オールマイティに使えるロッドを探している方におすすめです。硬さはミディアムでエギサイズは2.5~4号に対応。バット部が硬めなので、シャローエリアからディープエリア攻略まで幅広く活躍します。

ガイドシステムには軽量・高感度なAGSを採用。グリップ部のリールシートには、人間工学に基づいて設計された「エアスラッシュリールシート」を搭載。手に吸い付くようなフィット感で快適にエギングを楽しめます。

ダイワ(Daiwa) エメラルダス MX 86M E

基本性能の充実したエギングロッドです。快適なエギングに欠かせない、ジャークや軽量性、感度などの基本性能を見直し。ハイグレードモデルに使用されている高弾性高反発カーボン「HVFナノプラス」の採用により、全長2.59mで重さ95gを実現しています。

ネジレを予防する独自ロッド構造「X45」で強度を補強しており、力強いジャークにも対応。1日中ジャークを繰り返しても疲れにくい操作性が魅力のおすすめモデルです。エギサイズ2.5~4号に対応し、使用頻度の多い3.5号のエギを使いやすい仕様。さまざまなシチュエーションに対応できる、万能な1本です。

ダイワ(Daiwa) エメラルダス STOIST AGS IL 79MMH

ロッド内にラインを通すインターラインタイプのエギングロッド。強風下や夜間など、ライントラブルを気にせずストレスなくエギングを楽しめるモデルを求めている方におすすめです。全長2.36mのショートロッドで、ピンポイント狙いに最適。硬さミディアムヘビーで大物狙いに適した仕様です。

エントランスガイドには軽量で感度に優れたカーボンフレームタイプを採用。人間工学に基づいて設計された「エアセンサーリールシート」の搭載で、快適な操作性を実現しています。細身でしなやかなティップを採用しているのも特徴。振り抜きスピードが向上しているほか、キャスト後のブレも大幅に軽減しています。

ダイワ(Daiwa) エメラルダス X IL 86M

独自の撥水テクノロジーを採用したインターラインタイプのエギングロッドです。ブランク内部に山形の突起を設けた撥水加工を施しており、キャスト時のスムーズなライン放出を実現。夜間や強風時など、ライントラブルが気になるときに活躍するおすすめモデルです。

操作性に優れた全長2.59mで、使用頻度の多い3.5号のエギを中心に2.5~4号まで対応します。エントランスガイドには上位機種に採用されている糸絡みの少ないガイドを搭載。リングにSiCリングを標準搭載しているなど、リーズナブルな価格ながら機能の充実したコスパのよさも魅力です。

ダイワ(Daiwa) エメラルダス EX BOAT 511LS-SMT

エギングロッドのなかでもティップラン専用に開発された「EX BOAT」シリーズの1本。「ティップラン」とは船から狙うスタイルで、ボート直下にエギを落とし、操船で流しながら底を探っていくのが特徴です。

本製品は長さ5ft11inと船中で取り回ししやすいのがポイント。ティップには感度が高い超弾性チタン合金の「SMT(スーパーメタルトップ)」を採用、さらにパワーはライトと柔らかめに仕上がっているので、繊細なバイトを根こそぎ取れる仕様となっています。エギングの深みを知りたい方はぜひ試してみてください。

ダイワ(Daiwa) リバティクラブ エギング 802M

手軽にエギングを楽しめるように開発されたエギングロッドです。全長2.44mのショートロッドで、小柄な方や女性にも扱いやすいタイプ。堤防や護岸の安全な場所でエギングを楽しみたい方におすすめのモデルです。

硬さはミディアムでオールラウンドに使いやすい仕様。エギサイズは2.5~3.5号に対応しており、軽めのエギをキャストしやすいのが特徴です。リールシートにはオリジナルのダウンロック式を採用。グリップは扱いやすい軽量セパレート式グリップを採用しているなど、操作性にも優れています。

シマノ(SHIMANO) 20 セフィア エクスチューン S86M

大型のイカにも十分対応できるおすすめのエギングロッド。エギングで中心となる3.5号サイズのエギのほか、ひとまわり大きい4号サイズも射程に入り、モンスタークラスとも対峙できるのが特徴です。

長さは8ft6in、パワーはミディアムとやや強めのセッティングとなっていますが、繊細さも兼ね備えており汎用性は高め。シリーズ共通で採用されている軽くて強いブランクスの「スパイラルXコア」、軽量かつ高感度化に寄与した「カーボンモノコックグリップ」など、あらゆる面でハイエンド仕様となっているのも魅力です。エギングを高次元で楽しみたい方はぜひおさえておきましょう。

シマノ(SHIMANO) セフィア リミテッド S86M

カーボンのみの中空構造で作られた「カーボンシェルグリップ」を搭載したエギングロッドです。小型軽量で空気抵抗を軽減する「Xガイドエアロチタン」や、カーボン一体成型のリアグリップ「カーボンモノコップグリップ」など最新テクノロジーを駆使。中級モデルからの買い替えや、ハイグレードモデルを求めている方におすすめです。

全長2.59mのミディアムアクションでオールラウンドに使いやすい仕様。3.5号以上のエギを遠投したい場合やシャクリ抵抗が大きい潮の速いエリア、ディープ攻略でも活躍します。ロッドのスムーズな曲がりでシャクリ時の衝撃を吸収するなど、長時間の使用でも疲れにくい1本です。

シマノ(SHIMANO) 17 セフィア CI4+ S806M

従来モデルよりロッド全体が曲がって粘る設計を採用したエギングロッドです。軽い力でロッドがしなり、手首を軽く動かすだけでジャークしやすいのが特徴。ラインテンションをシビアに調節することなく、オートマチック感覚で操作できるおすすめモデルです。

全長2.59m、重さ94gの軽量ロッドで操作性・キャスト性・パワーのバランスに優れているのもポイント。広範囲をランガンスタイルでアクティブに攻めたい場合に最適です。2~4号のエギに適しており、小刻みなジャークからスローな誘いまで幅広く対応できます。

シマノ(SHIMANO) 19 セフィア SS S86M

前モデルより約13%もの軽量化を実現したエギングロッド。重心の位置をグリップ寄りに設定しているのと相まって、シャープに振り抜ける操作性を体感できます。独自のブランク技術「スパイラルX」で、高いネジリ剛性とつぶれ剛性も実現。手頃な価格ながら上位機種に採用される高機能を搭載しているなど、低価格モデルからの買い替えにおすすめです。

全長2.59mのミディアムアクションで、エギサイズ2~4号に対応。フィールドやシーズンを問わずオールラウンドに活躍する1本です。

シマノ(SHIMANO) セフィア BB S806M

独自のロッド強化構造「ハイパワーX」を搭載しているエギングロッドです。ロットのネジレを予防してパワーロスを抑制し、キャスト後の不快なブレを低減。キャストの精度を高めたい方や操作性を重視したい方におすすめのモデルです。

オリジナルリールシートや細身でコンパクトなグリップを採用するなど、よりエギングを楽しめるように設計されているのもポイント。手頃な価格ながら、軽さや調子、デザインなどを高次元のバランスを実現した1本です。

シマノ(SHIMANO) フリーゲーム XT S86ML

5本継ぎのモバイルタイプエギングロッドです。仕舞寸法56.4cmでコンパクトに収納できるのが便利。専用ケースも付属しており、電車釣行や旅行先で気軽に釣りを楽しみたいときにおすすめのモデルです。

全長2.59m、硬さミディアムライトでエギサイズ2~3.5号に対応。28gまでのルアーに対応できるため、シーバスゲームでも使用できます。5本継ぎながら、2ピースロッドに匹敵する美しいカーブを描くのも特徴。ガイド設定の自由度が高い並継構造の採用と相まって、ロッドのパワーも向上させています。

メジャークラフト(Major Craft) トリプルクロス TCX-S862EL

メジャークラフト初のエギングロッドとして知られる「トリプルクロス」のモデルです。エクストラファストアクションの柔らかい調子で、繊細なソリッドティップを搭載しているのが特徴。低活性時のイカに違和感なく誘いをかけられるなど、ハイプレッシャー下で活躍するおすすめモデルです。

エギサイズ2.0~3.5gに対応しており、軽めのエギを多用したいシチュエーションに最適。グリップは高密度かつ高強度のEVA「VSSシート」の採用で操作性に優れ、実釣を重視した仕様です。

メジャークラフト(Major Craft) スピニング ファーストキャスト FCS-862EL

エギングロッドのなかでも安価なモデルで、手軽に釣りをはじめてみたい方におすすめです。全長8.6ftのレギュラーファストアクションで、オールラウンドに使いやすいタイプ。2.0~3.5gのエギに適しています。

10g前後のジグヘッドやマイクロジグに対応できるため、根魚や小サバ狙いでも活躍。ルアーフィッシング以外のちょい投げやサビキ釣りなど、さまざまな釣り方に対応します。

メジャークラフト(Major Craft) 二代目ソルパラ X エギング SPX SPX-802EL

気軽に釣りを楽しむべく開発されている「ソルパラ」のエギングロッド。キャスト性や操作性にこだわって設計されており、初心者でも扱いやすいおすすめモデルです。全長2.44mで取り回しやすいのもポイント。比較的足場の低い場所や足元のピンポイントを探りたいときにも適しています。

手返しのよい釣りを展開できるため、秋エギングの数釣りでも活躍。購入しやすいリーズナブルな価格で、中級者のサブロッドとしても最適な1本です。

メジャークラフト(Major Craft) 三代目 クロステージ エギング CRX-862E

「初級・中級レベルの釣り人が気軽に本格的なスペックを楽しむ」コンセプトで誕生した「クロステージ」のエギングロッドです。カーボンの1~3層に、さまざまな方向から繊維を巻きつけて強度を安定させているのが特徴。ネジレに強く、不意の大物に対応しやすいおすすめモデルです。

高感度ソリッドティップを搭載しているのも注目のポイント。警戒心が強くスレたイカの弱いバイトを明確に捉えます。チューブラータイプを使用している方のサブロッドとしても最適な1本です。

アブガルシア(Abu Garcia) ソルティースタイル エギング STES-832MH-KR

8ff3inとエギングロッドのレングスとしては若干短め、パワーはミディアムヘビーとやや硬めの1本。ブランクスは高弾性カーボンのレギュラーファーストテーパーを採用しており、モンスタークラスのイカにも対応できるのが特徴です。

しっかりとエギのウエイトを乗せてフルキャストできるのもポイント。ロッド操作もしやすく、エギをキビキビと激しく動かしてバイトを誘えるのも魅力です。

エバーグリーン(EVERGREEN) スキッドロウ セカンドステージ レーザージャーク86 SSSS-86M

オーソドックスなエギングロッド。遠投性を考慮した8ft6inのレングスと適度にハリを持たせたミディアムパワーにより、フィールドやシーズンを問わず使いやすいのが特徴です。

タイプとしてはセンターカット2ピースで、ウエイトは110g。オールランドモデルらしくエギは3.5号をメインとしつつも、2.5~4号までをカバーし、適性ラインもPE0.5~1.2号が目安となります。さまざまなシュチュエーションに対応できる汎用性の高い1本を求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ EGTR X S65ML-solid

エギングロッドのなかでもボートから狙うティップランで使いやすい1本。ソリッドティップを採用しており、アタリを弾かずにしっかりと掛けられるのが特徴です。

長さ6ft5inで、パワーはミディアムライト。遠投をしないティップランエギングにおいては掛けてから取り込むまでのリフトが重要となりますが、本製品はしっかりとしたバットパワーがあるので、イカの引きをしっかりと受け止められるのも魅力です。ボートエギングを楽しみたい方はぜひチェックしておきましょう。

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) カリスタ 86M/TZ NANO

ロッドのブランクスに繊維メーカー「東レ」のテクノロジーを採用したエギングロッドです。負荷に対して一瞬で追従するレスポンスのよさが特徴。瞬間的に高い反発力で戻る復元性にも優れており、キャスト性とファイト時の操作性のよさを高次元で実現しています。

富士工業製トルザイトリング・チタンガイドの搭載で、スムーズにライン放出する糸抜けのよさも魅力。遠投性にも優れており、遠くのポイントをロングキャストで狙いたいシチュエーションでおすすめのモデルです。