釣りのなかでも人気の高い「エギング」。特に岸から狙う場合はルアーフィッシング感覚で気軽に楽しめるため、多くのアングラーに親しまれています。一方で、エギングはリール選びが重要。エギをしゃくり続けてイカを誘うため、快適な操作性がポイントです。

そこで今回は、エギングリールのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説するので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

エギングとは?

「エギング」とは、「エギ」と呼ばれる擬似餌でイカを釣る方法。ルアーフィッシングのひとつと考えられており、堤防などからでも狙えるのが特徴です。

釣り方はエギをキャストして、ある程度フォールさせたらロッドをあおってエギにアクションを与えるだけ。釣りとしてはそれほど難しくはありませんが、ロッド操作を長時間続けるため、疲れにくく快適が持続するタックルを選ぶのが重要となります。

エギングリールの特徴

By: amazon.co.jp

エギングで使用するリールは、2500番か3000番クラスのスピニングリールが主流。エギング専用に開発されたモデルもありますが、海水で使える汎用性の高いスピニングリールであれば十分対応できます。

エギングで使用するラインはPEがメイン。伸縮性がほとんどないので、エギをシャクった際にキビキビと動かせるのが特徴です。また、引っ張り強度が高く、より空気抵抗が少ない細い番手を選べるので、遠投性に長けているのもポイント。太さとしては0.6〜0.8号が目安となります。

なお、PEラインは耐摩耗性がそれほど高くないので、PEラインとエギの間にショックリーダーを組むのが王道。ショックリーダーの選択肢としてはナイロンかフロロカーボンのいずれになります。

リーダーの太さはメインラインよりも号数を上げるのが基本。PE0.6〜0.8号に対し、リーダー1.5〜2号をセットするのがおすすめです。

エギングリールの選び方

サイズをチェック

By: shimano.co.jp

エギングではコシのないPEラインを使うため、扱いやすいスピニングリールを使用するのが定番です。スピニングリールは汎用性の高さが魅力ですが、狙うターゲットによって糸の太さを変えるのが重要。それに伴い糸巻き量も変わってくるので、スペックはしっかりと確認しておきましょう。

エギングで使用するリールは2500〜3000番が主流で、PEライン0.6〜0.8号を100〜200m巻けるのが目安。より番手が小さければリールの自重が軽くなり、操作性が向上しますが、糸巻き量は少なくなり、キャストに支障が出てきます。一方、より大きい番手であれば、太いラインを多く巻けるのがメリット。ただし、リールの自重は重くなり、長時間エギをシャクリ続けるには疲れてしまいます。購入する際はぜひバランスを考慮して選ぶようにしましょう。

ギア比をチェック

By: shimano.co.jp

エギングリールを選ぶ際には、ギア比もチェック。ギア比とはハンドル1回転あたりの糸巻き量を比率で表したもので、数値の定義は特に決まっていませんが、スピニングリールではギア比5後半~6:1あたりをノーマルギア、それよりも低い比率をローギア、高い比率がハイギアとしています。

ローギアは巻き心地が軽いのが特徴。ハンドル1回転あたりの糸巻き量は少なめで、よりゆっくりと巻く際に適しています。なお、「パワーギア(PG)」と表記されることがありますが、これはハンドル1回転あたりの巻き上げる力が強いためです。

一方、ハイギアはハンドル1回転あたりの糸巻き量が多め。ラインの回収が素早くできるほか、フッキングからランディングまでの魚の取り込みがスムーズにできるのも魅力です。ただし、ローギアやノーマルギアと比べて巻くことにしんどさを感じることがあるので、その点は留意しておきましょう。

重量をチェック

By: amazon.co.jp

エギングはエギをキャストし続け、シャクる動作を繰り返す釣りなので、リールは軽いほうが有利。目安として200g以下のスピニングリールであれば軽快に操作できます。

ただし、エギングリールは軽さだけでなく、スムーズな巻き心地やドラグ性能も重要。リールの巻き感度は一般的にボールベアリングの数に比例し、数が多いほど重さにも影響していきますが、巻き心地も快適になります。

また、エギのシャクる動作はリールのドラグ性能に影響。ロッドをあおってエギをシャクった際にフルロックだとエギが寄ってきすぎてしまいますが、ドラグの滑りでラインが出ることによって、イカがエギを抱く間をしっかりと作ることができます。エギを操作する際の糸の状態は張らず緩めずをキープし、ラインスラックをしっかりと出すのがポイント。ドラグの性能はリールの重さに関わってきますが、釣果にも影響が出てくる部分なので、ぜひチェックしておきましょう。

ハンドルをチェック

By: amazon.co.jp

スピニングリールのハンドルには、シングルハンドルとダブルハンドルの2種類があります。シングルハンドルは軽く、巻き上げる力が強いのが特徴。ただし、ハンドルノブの位置によってリールが回りすぎてしまい、思ったよりラインを巻き取ってしまう場合があります。

一方、ダブルハンドルはより細かい調節ができ、特にラインスラックの量をコントロールしやすいのが特徴。なお、ハンドルノブが2つあるので、手の大きい方は窮屈さを感じる場合もあります。基本的には好みに合わせて選ぶのがおすすめです。

エギングリールのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

釣具メーカーとして世界的に知名度があるシマノ。特にリールの開発に定評があり、品質の高さで国内外のアングラーから人気を集めています。

スピニングリールにおいては、エギング専用モデルもラインナップ。なかでも、「セフィアシリーズ」はシマノのテクノロジーを駆使して開発されており、軽量で耐久性に優れたモデルが揃っています。

ダイワ(Daiwa)

By: amazon.co.jp

大手釣具メーカーとして多くの製品を手掛けているダイワ。エギングにおいても幅広いラインナップが揃っており、専用タックルはもちろん、エントリーモデルからハイエンドモデルまで、アングラーのレベルにあったアイテムを展開しているのが特徴です。

なかでも、「エメラルダスシリーズ」のエギングリールはダイワの独自テクノロジーを搭載したモデルとして人気。軽量かつコンパクトなエギングリールを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

エギングリールのおすすめモデル

シマノ(SHIMANO) 17 セフィアCI4+ C3000SDH

カーボン強化素材「CI4+」をボディやローター、ハンドルに搭載したエギングリールです。同一クラスのモデルと比較して約5gの軽量化を図っており、操作性は軽快。低慣性ローターによる巻き出しの軽さと、リーリング感度に優れた高性能モデルです。

また、大径化したドラグにより、ファイト中でもスムーズな調節が可能。大物にも安心して対応できます。スプールを前後運動させる部品が、リール本体上部に配置されているのも特徴。エギングロッドとの一体感で操作性が向上しており、キャスト時の負担を軽減します。

シマノ(SHIMANO) 19 セフィアSS C3000SDH

漆黒のボディに鮮やかな赤をあしらった、セフィア専用カラーが印象的なエギングリールです。メインシャフトによりスプールを強化しているのが特徴。安定した滑らかなドラグ性能を発揮します。

継ぎ目のない一体成型ベールもポイント。美しい外観でラインに優しく、ライントラブルを少なくしたい方におすすめです。番手は3000で、PE0.6号が200m巻ける糸巻き量を確保。ハンドル長45mmのシングルハンドルタイプで、手の大きい方でも操作しやすいモデルです。

シマノ(SHIMANO) 18 セフィア BB C3000SDHHG

切削なしの高圧プレスで仕上げた、高強度な「HAGANEギア」を搭載したエギングリール。ギアの大径化や「最適ギア配置設計」と相まって、軽快で滑らかな巻き心地が持続します。ダブルハンドルの採用で、ラインスラックをコントロールしやすいのも特徴です。

また、防水性能を向上させるコアプロテクトにより、悪天候時などの過酷な環境下でも安心して使用することが可能。瞬時にドラグ調節しやすい「ラビッドファイアドラグ」を搭載しているなど、お手頃価格ながら高機能なおすすめモデルです。

シマノ(SHIMANO) 18 ステラ 2500SHG

さまざまな魚種に対応できる人気シリーズ「ステラ」のスピニングリール。シマノ独自のギア製造技術で設計された「マイクロモジュールギア2」を搭載した、最高峰モデルです。

番手は2500で、エギングリールとしてもおすすめ。重さは205gと軽量で、繊細なエギングロッドとの相性も良好です。また、遠投性にこだわって開発されているのもポイント。ロングキャストをして広範囲を攻めたいときに活躍します。

シマノ(SHIMANO) 19 ヴァンキッシュ C3000SDHHG

従来モデルの各パーツを見直して大幅に軽量化し、ボディ剛性やギア耐久性、防水性を向上させたエギングリールです。マグネシウム合金をボディに採用しているほか、ローターや関連パーツを徹底して軽量化。高い剛性を備えながら、扱いやすいモデルです。

水の侵入を防ぐ構造と内部に撥水処理を施した「Xプロテクト」を搭載。サビを防ぎながら、高い耐久性を備えています。ダブルハンドルで操作性に優れているのもポイント。ラインスラックの微妙なコントロールでイカを攻略したい方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) 20 ツインパワー 2500SHG

たわみや歪み、ネジレを抑制する金属製ローターが搭載されたスピニングリールです。不意の衝撃に耐える高剛性ボディ「HAGANEボディ」の採用と相まって、高い耐久性を備えています。また、強靭なギアシステム「HAGANEギア」の搭載により、快適な巻き心地が持続するのも特徴です。

番手2500でPE0.6号を200m巻ける、エギングリールに適した仕様。ラインスラック巻き取り能力に優れており、手返しの速い釣りを展開したい方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) 19 ストラディック 2500SHG

巻き・耐久性・飛びの基本性能が充実した汎用リール。番手は2500のハイギアモデルで、エギングリールとしてもぴったりです。上位モデルに採用されている「ロングストロークスプール」を搭載。キャスト性能に優れており、同社の従来モデルよりも飛距離をアップさせています。

一体成型の極細形状ベールを搭載しているのも特徴。段差のない構造で、ライントラブルを軽減します。エギングをはじめ、さまざまな魚種に対応できるモデルです。

シマノ(SHIMANO) 17 アルテグラ 2500

リーズナブルな価格ながら、基本性能に優れた汎用リールです。ボディやフタ合わせ面、スプール、ドラグ接合部などの主要な箇所には、水を遮断するシーリング加工済み。エギング初心者の入門用としてもおすすめの、コスパに優れたモデルです。

大径ドラグの採用により、突然のバイトに対応しやすいのも魅力。また、ミクロン単位の精度で加工された高強度な「HAGANEギア」を採用することで、回転も滑らかです。

シマノ(SHIMANO) 17 サハラ C3000HG

汎用性の高いエギングリール。従来モデルからギアの大型化と配置の見直しを図ったほか、強力な巻き上げが可能な「X-SHIP」搭載しており、軽快にリーリングできるのが特徴です。

また、サビを防ぐ高性能ベアリングが搭載しているほか、スプール周りの部品配置を最適化しているのもポイント。ロッドとの一体感を向上させる「Gフリーボディ」を採用することによってキャスト時の負担を軽減できるほか、ロッドの操作性を向上させているのも魅力です。お手頃価格なので、初心者の方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 18 エメラルダス エア LT3000S-CXH-DH

ボディやスプール、ハンドルなど、細部まで軽量化を図ったエギングリールです。重量比強度でマグネシウムを上回るカーボン樹脂「ZAION」を、ボディやローターなどの主要部品に採用。番手は3000で重さ195gと、軽量性に優れたハイグレードモデルです。

飛距離の向上とトラブルを軽減する「LC-ABSスプール」や、スムーズな滑り出しを叶える「オートマチックドラグシステム」を搭載しているのも魅力。操作性が安定しているおすすめモデルです。

ダイワ(Daiwa) 17 エメラルダス MX 2508PE-H-DH

シャクリ動作の軽快感と操作性にこだわって開発されたエギングリールです。海水や異物の侵入を防ぐ独自の防水構造「マグシールド」により、塩ガミのない滑らかな回転をサポート。また、「ATD」というドラグシステムを搭載しており、スムーズにラインが出るのも魅力です。

カーボン繊維配合の樹脂「ZAION」の採用により、サビつきにくく耐久性に優れているのもポイント。流水による水洗いが可能で、メンテナンスのしやすさも魅力です。

ダイワ(Daiwa) 19 エメラルダス LT 2500S-H-DH

専用モデルながら、リーズナブルな価格が魅力のエギングリール。ボディやスプール、ハンドルなど細部まで軽量化にこだわって開発されています。「ねじ込み式マシンカットハンドル」と「EVAパワーラウンドノブ」が組み合わさったダブルハンドルを搭載。微妙なラインスラックを駆使した釣りを展開したい方におすすめです。

スプールとライン放出の接点を見直した「ロングキャストABS」を搭載しているのもポイント。従来モデルよりもライントラブルを減らしながら、飛距離アップを図っており、遠くのポイントにいるイカもロングキャストで狙えます。

ダイワ(Daiwa) 18 イグジスト LT2500-XH

優れた軽さと、軽快な回転フィーリングが魅力のフラッグシップモデルです。関連パーツの適正配分によって巻き始めの軽い「ZAIONエアローター」を搭載。さらに軽い回転性能を発揮しており、スムーズな巻き心地を楽しめます。

力強い巻き上げを可能にするシングルハンドルには、「ハイグリップ軽量ハンドルノブ」を採用。高いホールド性により、快適なシャクリ操作をサポートします。

ダイワ(Daiwa) 19 セルテート LT3000S-CH-DH

軽さとタフさを追求したスピニングリール。加工精度・耐久性の高いアルミ素材を採用しており、安心して釣りに集中できるのが特徴です。

本製品はダブルハンドルの3000番で、ギア比は5.7:1。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは85cmです。重さは220gで、糸巻き量はナイロン6lbで150m、PE0.8号で200mが目安。なお、ボールベアリング数が12個と多く、巻き心地が快適なのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) 18 カルディア LT2500-XH

ミドルモデルとして人気を集める「カルディア」シリーズのスピニングリールです。独自の防水テクノロジー「マグシールド」を採用しているほか、滑らか回転が持続する「タフデジギヤ」を搭載。長時間タフなコンディションで使用でき、エギングリールとしておすすめです。

薄肉アルミ製スプールを採用しており、番手2500で重さ190gと軽量なのもポイント。そのほか、軽量ローターを採用しており、操作性にも優れています。

ダイワ(Daiwa) 18 フリームス LT2500S-DH

軽量で耐久性に優れているスピニングリール。スプールの素材に高精度加工が可能なアルミ素材を採用し、従来モデルよりも薄肉軽量を図っています。また、滑らかな回転が持続する防水テクノロジー「マグシールド」により、海水や異物の侵入をケア。購入時の滑らかな回転が長持ちするので、リールを巻き続けるエギングリールとしておすすめのモデルです。

さらに、ラインローラーまでラインがスムーズに流れる「エアベール」の搭載により、糸絡みトラブルを大幅に軽減。糸よれを防ぐラインローラー「ツイストバスター2」と相まって、快適なリーリングをサポートします。

ダイワ(Daiwa) 18 レガリス LT3000-CXH

番手3000のスピニングリール。PE1号が200m巻けるラインキャパシティを確保しており、エギングリールとしてぴったりのモデルです。

低価格ながら、基本性能に優れているのも特徴。ボディやスプール、ハンドルなどの軽量化により、スムーズに操作できるのが魅力です。

また、イカの引きに対して、滑らかに追随するドラグシステム「ATD」を搭載しているのもポイント。ファイトに集中しやすいモデルなので、初心者の最初の1台としてもおすすめです。

ダイワ(Daiwa) 20 レブロス LT 2500S

低価格ながら、使い勝手のよいスピニングリールです。エギングをはじめ幅広い魚種に対応できるので、どれを購入すればよいか悩む初心者アングラーにもおすすめです。

番手2500で重さ220gと、軽量なのもポイント。手軽に操作しやすいほか、細身のティップを搭載したエギングロッドとの相性も良好です。

また、ドラグ調節を頻繁におこなう手間のないドラグシステム「ATD」を搭載しているのも特徴。ドラグ調節に慣れていない方も使いやすい仕様です。

アブガルシア(Abu Garcia) Revo MGXtreme 2500MSH

軽さにこだわって開発されたスピニングリール。長時間の釣行でも疲れにくく、繊細なアクションが必要となるシビアなシーンでも集中できるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmです。また、ややスプールが深いのもポイント。ナイロン・フロロ8lbで170m、PE2号で150mを巻けるので、エギングはもちろん、他の釣りでも十分活躍してくれるおすすめモデルです。

アブガルシア(Abu Garcia) ROXANI 2500SH

価格控えめながら高性能でコスパ良好のスピニングリール。高強度アルミ鋳造合金を採用しており、タフなシーンでも安心して使えるのが特徴です。

本製品は2500番で、ギア比は6.2:1のハイギア仕様。ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは87cmで、ナイロン・フロロ6lbで100m、PE0.8号で150mが巻けます。サイズ違いもひと通りラインナップされているので、単品買いの方はもちろん、複数のスピニングリールをリーズナブルに買い揃えたい方にもおすすめです。