国内の釣りジャンルにおいてアングラーの人口が多い「バス釣り」。さまざまなルアーを駆使するゲーム性の高さはもちろん、エサを触りたくない方でもトライしやすいのが特徴です。

そこで今回はバス釣り用ルアーのおすすめアイテムをご紹介。おさえておくべきモノをピックアップしたので、買い揃えたい方はぜひ参考にしてみてください。

バス釣り用ルアーとは?

バス釣り用ルアーとは、名前の通りバス(ブラックバス)を釣るために開発されたルアーのこと。ルアーとはいわゆる擬似餌のことです。エサに見立てて捕食を促すのはもちろん、反射や威嚇など、魚の本能を刺激してバイトを誘発するところにも楽しさがあります。

また、ゲーム性が高く、さまざまなアイテムを駆使するのもポイント。シーズンやフィールドによって攻略法が異なるので、ルアーの使いどころとバスの行動パターンをしっかりと把握することが重要です。

バス釣り用ルアーの選び方

種類で選ぶ

ハードルアー

By: amazon.co.jp

「ハードルアー」とは、固い素材でできているルアーのこと。素材としてはプラスチック・金属・木などいくつか種類がありますが、アイテムによって表層、中層、深場とそれぞれのレンジに適したゾーンを攻略できるのが特徴です。

なお、バス釣りにはトレンドがあり、例えば最近はトップウォータールアーの「羽根モノ」が人気。また、数年前からはビッグベイトが数多く発売され、1ジャンルとしてすでに確立されています。ルアーには流行り廃りがある点を留意しておきましょう。

ソフトルアー

By: amazon.co.jp

「ソフトルアー」とは、柔らかい素材でできているルアーのこと。魚類や甲殻類、昆虫などを模しており、形も大きさもさまざまです。

ちなみに、ソフトルアーはそれ単体では釣りにならず、フックやシンカーなどを別途用意して、自分で仕掛け(リグ)を作る必要があります。ラインの結び方やセット方法は重要なので、特にバス釣り初心者の方は確認しておきましょう。

色で選ぶ

By: amazon.co.jp

バス釣りに限らず、ルアーのカラーは多種多様。実際に魚がエサとして捕食しているカラーから、自然界に存在しないほどアピールの強いカラーまで豊富に揃っています。

ナチュラル系と呼ばれるカラーは、ワカサギやブルーギルなどのベイトフィッシュカラー、ザリガニやテナガエビなどの甲殻類が代表的。一方、アピール系はホットダイガーなどの派手なチャート系カラーが定番です。

なお、カラー選びのセオリーは天候や水質などフィールドの状況によって異なるので、ある程度パターンをおさえておくのが理想的。例えば晴天のクリアレイクであればナチュラル系、小雨のマッディーウォーターではアピール系など、ハマるカラーには条件や傾向があります。

重さで選ぶ

ルアーの重さはアイテムによってさまざま。基本的にはより重いほうが遠投しやすく、軽いルアーのほうが難しいように感じますが、タックルの適合ルアーウエイトを参考にしたうえで、判断するのが重要です。

柔らかいロッドで極端に重たいルアーを投げるとロッドが力負けして折れてしまったり、硬いロッドで極端に軽いルアーを投げようとしても飛ばなかったりするので、バランスには注意しましょう。

なお、パーツが多いアイテムはキャスト時の空気抵抗となるので、その点も注意が必要。ロッドにルアーのウエイトを乗せ、しっかりとしならせて投げるのがコツです。バス釣り初心者の方は反復練習を心がけ、コツを掴むようにしましょう。

バス釣り用ルアーのおすすめ

ボトムアップ(BOTTOMUP) ビーブル

数多くのメディアで活躍する川村光大郎氏プロデュースのスピナーベイト。アッパーアームとロワーアームとの間にスプリッターを入れることで横揺れを発生させ、魚の本能を刺激するのが特徴です。

また、フッキング率が高いのもポイント。リトリーブ時のスイミング姿勢を水平より若干上向きにすることで針先に角度がつき、バイトをしっかりとものにできます。巻きモノの系ルアーでバス釣りを楽しみたい方はぜひおさえておきましょう。

ボトムアップ(BOTTOMUP) コスモ

タフコンディションに強いスモラバのなかでも注目度の高いアイテム。ボトムでのズル引きはもちろん、中層シェイクやカバーに引っ掛けて誘う「ちょうちん」もやりやすく、多彩な使い方で誘えるのが特徴です。

ヘッド形状からラインアイの位置、スカートのカッティングなど、細部にまでこだわっているのもポイント。なんとか口を使わせたい際に有効なおすすめバス釣りルアーです。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 3インチファットヤマセンコー

同社を代表するスティックベイト「センコー」シリーズのなかでも、太く短いタイプのソフトルアー。ノーシンカーリグでもよく飛ぶので、ハイプレッシャー化やタフコンディション化したフィールドでも頼りになるアイテムです。

セット方法としては通常のオフセットのほか、ワッキー掛けもおすすめ。前者は水平フォールで、後者はヘコヘコと動かした際にバイトが多発するので、水の中をイメージしながら操作するようにしましょう。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 2.5インチレッグワーム

多くのアングラーが信頼を寄せているソフトルアー。マッディーウォーターのほか、クリアレイクやリザーバーなど、あらゆるフィールドで使えるほか、スレた魚が多いタフなコンディションでもなんとか口を使わせられるのが特徴です。

ライトリグ全般に使えますが、特にダウンショットリグとの相性は良好。ロッドやライン操作を駆使して、丁寧に動かすのがコツです。喰わせ重視で攻めたい際はぜひ試してみてください。

ジャッカル(JACKALL) ダウズスイマー220SF

雑誌やテレビのほか、最近はYouTubeでも活躍している秦拓馬氏が手がけたルアー。タイプとしては3連ジョイントのビッグベイトで、しっかりとした存在感を示せるのが特徴です。

大きく蛇行するS字アクションはもちろん、キレのあるロッド操作でダートさせ、リアクションを狙うのも効果的。もんどり打ったようなバイトを体感できます。ブラインドはもちろん、サイトでも使いやすいおすすめのルアーです。

ジャッカル(JACKALL) スリークマイキー

ややスリムな形状をした3連ジョイントタイプのリップ付きビッグベイト。ベイトフィッシュライクななまめかしい泳ぎで、バスを魅了するのが特徴です。

シリーズとしてはハイアピールの「マイキー」や、対カバーで使いやすい「躱マイキー」がラインナップされていますが、本製品は喰わせに特化。タイトなアクションでスレているバスにも効果を発揮します。

ジャッカル(JACKALL) ブラストボーンSF

ロングキャストで長いトレースコースを引くのはもちろん、ショートピッチでピンスポットを撃っていく釣りにも向いているビッグベイト。ボートアングラーはもちろん、オカッパリからでも扱いやすいのが特徴です。

カバーやストラクチャーに対してタイトに攻めることが可能なほか、移動距離を抑えたアピールも容易。ネチネチとしつこく誘いたい際に有効です。

なお、タイプとしてはスローフローティング仕様なのもポイント。浮上時の喰い上げを狙うのもおすすめなので、ぜひ試してみてください。

ジャッカル(JACKALL) ハニーナゲット

扁平ボディかつバルキーなフォルムを採用したソフトルアー。シンカーストッパーのない、いわゆるフリーリグで使うことを前提に開発されたアイテムで、特に中層に浮いているバスを狙う際に有効です。

ポイントは、シンカー着底時にワームが落下から水平姿勢になろうとした際に起こる「クイッ」とした動き。この動きをいかに作り出すかによって釣果に差が出ます。ズル引きなどでも釣れますが、特に縦ストにサスペンドしたバスに効果を発揮するので、ぜひ使ってみてください。

レイドジャパン(RAID JAPAN) デカダッジ

最近バス釣りで流行りの「羽根モノ」のなかでも特に人気の高い「ダッチ」。本製品はオリジナルモデルよりもひと回り大きいサイズで、ビッグクローラーベイトとして、トッパーからもビッグベイト使いのアングラーからも支持されているのが特徴です。

見た目にインパクトがある一方で、喰わせの能力が高いのもポイント。存在感がありつつも、動きとしてはフィネス的な要素を持ち合わせており、ナーバスなビッグバスもしっかりと仕留められます。

レイドジャパン(RAID JAPAN) マックスブレード タイプパワー

強波動が持ち味のチャターベイト。アピール力が高く、雨風がきついラフウォーターや、濁りが入ったタイミングなどでもしっかりと存在感をアピールできるのが特徴です。

ブレードが大きく、サウンドアピールが高いのもポイント。デッドスローで引いてもしっかりと動いてバイトを誘発できます。ストラクチャーに対してタイトについている魚を攻略する際や、カバーから魚を引っ張り出したい際に有効なルアーなので、気になる方はぜひ試してみてください。

レイドジャパン(RAID JAPAN) マックスブレード・タイプスピード

タイトな動きで微波動を出すタイプのチャターベイト。ただ巻きはもちろん、高速リトリーブでもレンジをしっかりとキープしたまま引けるのが特徴です。

やや小ぶりなブレードを採用しているほか、ヘッドのトップがフラットになっているのもポイント。直進性も高く、水面直下を引きやすいのも魅力です。捕食を意識して使う際はもちろん、リアクション気味に使いたい場合にも有効なので、ぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) バンタム ジジル 70

By: rakuten.co.jp

長年バスプロとして活躍している山木一人氏が開発したi字系ルアー。ベイトフィッシュを捕食しているときに効果的で、特にワカサギパターンで絶大な威力を発揮するのが特徴です。

使い方としては「ゆっくりと巻いて、止めて、浮かせて」を意識するのがコツ。ジョイント部分によってオートマチックに首を振り、バイトチャンスを誘発します。

尾びれにフェザーを取り付けることで浮力を確保しているのもポイント。タフコンディション時や、ハイプレッシャー化したクリアレイクをハードルアーで攻略したい方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) スティーズ ネコストレート

ネコリグ専用に開発されたソフトルアー。ヘッド部分にはネイルシンカーを入れやすいようにホールが用意されており、細部の使い勝手にまで配慮されているのが特徴です。

また、サイズラインナップが豊富に揃っているのもポイント。バスが捕食しているベイトサイズが小さい場合や、タフコンディション化であれば小さく短いタイプを、存在感を示したい場合や、ベイトフィネスタックルで挑みたい際は大きく長いタイプを使用するのがおすすめです。

オーエスピー(O.S.P) ドライブビーバー

数あるホッグ系ワームのなかでも最近評判のアイテム。やや扁平のボディを採用しているビーバータイプのソフトルアーで、すり抜けのよさとアピール力の高さを兼ね備えているのが特徴です。

フォールやリトリーブ時はパーツがブルブルと震え、しっかりと存在感をアピールできるのもポイント。ヘビーカバーに強く、テキサスリグやリーダーレスダウンショットで使うのがおすすめです。

なお、サイズラインナップによってヒゲがストレートかカーリーテールかのいずれかに分かれているので、気になる方は確認しておきましょう。

オーエスピー(O.S.P) ドライブショット

やや長めのスリムボディを採用したバックスライド系ワーム。幅の狭いポケットにも送り込みやすいデザインで、手返しよく効率的にカバーを攻められるのが特徴です。

真っ直ぐなデザインながらも、ボディを左右にくねらせながらゆっくりとフォールするのもポイント。また、フックセッティングしやすいようにセンターラインにスリットが入っていたり、ネイルシンカーを挿入するホールが空いていたりと、使い勝手に配慮されているのも魅力です。

なお、本製品はチャターベイトのトレーラーとしてもマッチ。単体としてもある程度自重があるので、ウエイトアップによるキャスタビリティー向上も期待できます。ぜひ興味がある方は試してみてください。

エバーグリーン(EVERGREEN) ジャックハンマー

日本でもアメリカでも評価の高いチャターベイト。手元にまで伝わる強い振動とブレードとヘッドとがぶつかり合う低音サウンドで、しっかりと魚にアピールできるのが特徴です。

汎用性が高く、クリアレイクからマッディーウォーターのフィールドまで幅広く使用することが可能。フックにはヘビーワイヤーを採用しており、ビッグバスとやり取りする際も安心です。実績のあるルアーなので、チャターベイトを覚えたい方はぜひおさえておきましょう。

イマカツ(IMAKATSU) アベンタクローラー

羽根モノ系ルアーのなかでも実績の高いアイテム。国内のバスプロが実際の大会でも使用するなど、コミカルな見た目とは裏腹に高いポテンシャルを秘めているのが特徴です。

使い方としてはデッドスローでゆっくりと巻き続けるのがおすすめ。フィールドとしては広大なレイクからハイプレッシャーなリザーバー、キャストが可能であれば小規模河川にまで十分対応できます。羽根モノ系ルアーを使い比べたい方はぜひおさえておきましょう。

ペイフォワード(Pay Forward) キット

国内を代表するバスプロとして知られる北大祐氏プロデュースのスピナーベイト。ブレードの取り付け部分を三角形にすることで、リトリーブスピードを問わずしっかりと回るのが特徴です。

ブレードの組み合わせやウエイトによってワイヤーセッティングを変えているのもポイント。タイプとしてはタンデムウィロー(TW)とダブルウィロー(DW)の2種類、サイズとしても3/8ozと1/2ozの2種類がありますが、それぞれがベストなセッティングとなっており、こだわりが感じられるのも魅力です。

ティーエイチタックル(T.H.tackle) ジョイントゾーイ

ギル型ビッグベイトのなかでも特に最近話題のアイテム。一般アングラーはもちろん、多くのバスプロからも厚い信頼が寄せられており、魚を魅了する力がしっかりと備わっているのが特徴です。

尾びれのスカートや尻びれの位置にあるブレード、さらにはサイドボディに取り付けられたフェザーフックなど、パーツが多いのもポイント。なお、種類としては通常タイプとジョイントタイプの2つで、本製品は後者です。実績の高いルアーなので、ビッグベイト好きの方はぜひ試してみてください。

ウォーターランド(WATER LAND) スケルトンクランク

バス釣りブームを牽引したアニメ「グランダー武蔵」の復刻ルアーシリーズ。本製品の「スケルトンクランク」はかつて「スケルトンナイン」や「スケルトンG」の名で発売されていたシャロークランクのリバイバルモデルで、当時のアイテムと同様、目を引くデザインを採用しているのが特徴です。

サイズは59mmで、ウエイトは15g。軽すぎず重すぎないセッティングとなっているので、初心者でも投げやすい仕様です。ルアーで釣る楽しみを今一度思い起こさせてくれるアイテムのため、懐かしさを感じる方はもちろん、バス釣りに遊び心を取り入れたい方にもおすすめです。