滑りやすい釣り場で欠かせない「フィッシングシューズ」。快適な釣りをサポートしてくれるのが特徴で、釣り用シューズならではの工夫が施されています。ただ、軽快で機動力を活かせるタイプや滑りにくいソールを搭載したモデルなどさまざまなタイプが販売されており、どれを選んだらよいのか迷ってしまいがち。

そこで今回は、おすすめのフィッシングシューズをタイプ別にピックアップ。選び方についてもご紹介します。購入を検討している方は参考にしてみてください。

フィッシングシューズの選び方

釣り場に合わせてソールを選ぶ

アスファルトや船上なら「ラジアルソール」

By: amazon.co.jp

フィッシングシューズのソールにはいくつか種類があり、釣りのシチュエーションに合わせる必要があります。

足場のよい堤防や護岸など地面がコンクリートで滑りにくい場所であれば、ゴム底のラジアルソールがおすすめ。足元が濡れている船上や波止での使用にも適しています。一般的なスニーカータイプやブーツタイプなど、さまざまなモデルが採用されているほか、安価なのも魅力です。

溝を深くしたり滑りにくいパターンを採用したりなど、グリップ力を高める工夫をこらしたモデルがあるももポイント。ただ、スパイクソールではないので滑りやすい場所、とくにテトラや岩場では注意が必要です。

渓流やウェーディングには「フェルト」

By: amazon.co.jp

化学繊維や動物の毛を圧縮してシート状にしたのがフェルト。濡れた岩場やコンクリート地面で滑りにくく、渓流釣りや河川のウェーディングシューズなどに使用されています。底面全体で地面をとらえるため履き心地がよく、歩きやすいのも特徴です。

ただ、繊維が細かいため、砂が食い込むとメンテナンスが大変。使用回数が多いほど摩擦によってすり減って、交換の手間とコストがかかるのもデメリットです。

安価なモデルの場合、剥がれてしまうこともあるため注意が必要。とくに流れのある場所に立ち込んでいるときにソールが剥がれると危険です。

選ぶ際はフェルトに金属ピンを打ち込んでいるフェルトピンスパイクも要チェック。メーカーによってはピンフェルトスパイクと名付けられており、フェルトとピンの併用で滑りにくくしています。フェルトとフェルトピンスパイクは安全性には優れているものの、価格はやや高めです。

磯釣りなど凹凸の多い場所なら「スパイク」

By: amazon.co.jp

シューズの底面に金属ピンを打ち込んでいるタイプがスパイク。岩場や足場の悪い滑りやすい場所に最適で、コケの生えた石の上を歩く際に安心です。フェルトと比べると安価なのも魅力。砂が食い込むことがなく、水でサッと洗い流すだけとメンテナンスも簡単です。

ただし、岩肌にピンが引っかかって滑りを防止する仕組みなので、平らでツルツルしたコンクリート上や岩盤では逆に滑りやすくなる場合もあります。ピンによる点で支える構造により、長距離の移動では足が痛くなる可能性があるので、その点も注意しておきましょう。

シューズかブーツかで選ぶ

シューズタイプ

By: amazon.co.jp

一般的なスニーカーと同様の形をしているのがシューズタイプです。釣り場で履き替えても違和感なく使用でき、足部を覆う面積が狭く足への負担が少ないのが特徴。移動距離が長い河川での釣りなど、機動力を活かした釣りを展開したいときに活躍します。

くるぶしまでの高さのローカットタイプと、くるぶしから足首までをホールドするハイカットタイプの2種類。ローカットタイプは軽快な履き心地を重視したい方におすすめです。ハイカットタイプは、ホールド感を高めると同時に足首部分をガードしやすくなっています。

ドライウェーダーに合わせる場合には、ハイカットシューズを選択するのが一般的。デザインにこだわりがなければ履き心地やフィット感、用途を考慮して選んでみてください。

ブーツタイプ

By: amazon.co.jp

水に濡れる場所での使用に適しているのがブーツタイプ。寒い季節の釣りで保温性を高めたいシーンにも適しています。ブーツタイプには丈の長さによってショートブーツとロングブーツがあり、釣り場の状況によって選択することが重要です。

ショートブーツは圧迫感がなく履きやすい一方、水深のある場所では水が侵入する恐れがあります。雨上がりのフィールドなどではロングブーツがおすすめ。ただ、万一水が侵入すると不快なため、流れのある場所で立ち込む場合にはウェーディングシューズが向いています。

また、ブーツタイプはシューズタイプと異なり、長距離を移動する釣りには不向き。熱がこもりやすいため、ムレやすい点にも注意しておきましょう。

移動が多い場合は軽量で歩きやすいモデルを

By: mazume.co.jp

長距離を移動して釣りをする場合には、シューズの重さが足への負担になります。足場のよい場所で座って釣りをする場合を除いて、軽量で歩きやすいモデルがおすすめです。

常に水に浸かるウェーディングの釣りでは、水を含んでさらに重たくなる点に注意。とくに、上流へ釣り上がっていく渓流釣りでは流れに逆らって水のなかを移動することもあり、フィッシングシューズの重さや履き心地は重要な要素になります。疲労がたまると怪我する原因にもなるため、軽量で歩きやすいかにも注目しておきましょう。

フィッシングシューズのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: shimano.co.jp

大手釣り具メーカーの「シマノ」。フィッシングシューズではピンフェルトスパイクを搭載したシューズタイプやブーツタイプ、ウェーディング専用モデルを展開し、とくにブーツタイプはラジアルソールやスパイクソールのモデルを豊富にラインナップしています。

なかでも、すばやくフィット感を調節できる「Boaフィットシステム」を採用したモデルが人気。ワイヤーを組み込んでおり、ダイヤルを回すだけでベストなフィット感に合わせられて便利です。

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

日本の大手釣り具メーカーのひとつである「ダイワ」。さまざまな魚種に対応した製品の開発・製造・販売を手掛けています。フィッシングシューズにおいては充実したラインナップが魅力。同製品でソールの種類を選べるモデルも展開しています。

ブーツタイプはラジアルソールとスパイクソールを販売しており、寒い時期に最適なインナーソックス採用のモデルに注目です。ダイヤル操作で締め具合を調節できる「ダイレクトダイヤルシステム」を搭載したモデルも便利。脱ぎ履きしやすく、フィット感を調節しやすくなっています。

フィッシングシューズのおすすめモデル|ラジアルソール

シマノ(SHIMANO) ラジアルブーツW FB-012Q

ラジアルソールを搭載したブーツタイプのフィッシングシューズです。ロングブーツで水たまりが多い場所で履くのにおすすめ。波止・船上・サーフでもグリップを発揮して快適な釣りをサポートします。ヒール部に設けたフィンとサイドファスナー仕様により、脱ぎ履きしやすいのもポイントです。

ふくらはぎ部分に余裕のあるゆったりとした仕様を採用しているほか、ホールド感に優れたカップソールを備えています。発泡ゴムを内蔵したソフトな履き心地も魅力です。

シマノ(SHIMANO) ドライシールド・デッキラジアルフィットシューズ HW FS-082R

耐滑性ラバーを採用した、ラジアルソールのフィッシングシューズ。濡れた船上でグリップ力を発揮するフラット形状タイプで、波止や船釣りにおすすめのモデルです。高いホールド感のハイカットタイプで足首周辺をしっかりとガード。柔軟性のある屈曲ソールが地面に密着して安定感を高めています。

すばやくフィット感を調節できる「Boaフィットシステム」を採用しているのもポイント。ダイヤルを回すだけでフィット感を簡単に調節できます。アッパー部には防水浸透性に優れた素材「ドライシールド」を採用して快適な履き心地をキープ。ベロ部は簡単に大きく開口できるため、脱ぎ履きもスムーズです。

シマノ(SHIMANO) サーフウエドシューズ FH-011S

砂に埋もれにくい「ワイドタイプラジアルソール」搭載したフィッシングシューズです。サーフでのキャスティングゲームにおすすめのモデル。シャンク入りソールで屈曲性にも優れており、キャスティング時にしっかりと踏ん張れます。

足首のタイトフィット仕様と面ファスナーベルトの搭載により、砂の侵入を防止。足当たりがソフトな発泡ゴム入りで、履き心地も快適です。なお、ファスナーは海水で固着してしまうのを防ぐため、メンテナンスは真水で洗うことを意識しておきましょう。

ダイワ(Daiwa) ウインターラジアルブーツ WR-3301

船上で高いグリップ力を発揮する「オリジナル波形ラジアルデッキソール」を採用したブーツタイプのフィッシングシューズです。ウールフェルトにアルミ反射材を蒸着したインナーソックスを内蔵しているのが特徴。優れた保温性により、寒い時期の釣りにおすすめのモデルです。

インナーソックスは取り外せるため、メンテナンスしやすいのもポイント。脱ぎやすいキックオフを設けているほか、サイドループ付きで脱ぎ履きしやすくなっています。

ダイワ(Daiwa) ルーズフィットシューズ キュービックラジアルソール DS‐2301QR‐HL

立体構造の「キュービックラジアルソール」搭載のフィッシングシューズ。オリジナルパターンを採用したソールにより、グリップ力が高いのが特徴です。

ハイカットタイプで足首周りをしっかりと保護。ルーズフィットデザインを採用しており、普段履きとしても使えるおすすめモデルです。

水が入りにくい簡易防水設計で、シューズ内部をドライな状態にキープできるのもポイント。軽量でクッション性に優れたEVAミッドソールの採用で歩きやすく、疲れを軽減します。

カップインソールには、ホールド感とクッション性に優れたオリジナルインソールを搭載。日本人の足型に合わせた、オリジナル足型を採用しています。

プロックス(Prox) ショートブーツラジアルソール PX339L

汎用性の高い、オリジナルラジアルソールを採用したフィッシングシューズ。動きやすいショートブーツタイプで砂浜や防波堤、管理釣り場などオカッパリにおすすめのモデルで、水たまりの少ない釣り場での使用に適しています。

つま先は中丸形状で圧迫感のない仕様。カジュアルなデザインは普段使いの長靴としても活躍します。3Sから6Lまで豊富なサイズバリエーションも魅力。女性や子供から足の大きな男性まで幅広く対応できるのも魅力です。

フィッシングシューズのおすすめモデル|フェルト

シマノ(SHIMANO) ドライシールド・3Dカットピンフェルトシューズ FS-085P

フェルトにステンレススチールピンを埋め込んだ「3Dカットピンフェルトソール」を採用したフィッシングシューズです。12mm厚ソールで優れたクッション性を発揮。フィットしやすい3Dシェイプのカップインソールを搭載しているなど、履き心地のよさが魅力のおすすめモデルです。

防水浸透性素材を採用したアッパーはハイカットタイプで、足首をしっかりとガード。ダイヤルを回すだけでフィット感を調節できる「Boaフィットシステム」により、スピーディーな脱ぎ履きが可能です。フェルトに十字カット溝を施して屈曲性に優れているのも魅力。石のゴロゴロした場所で歩きやすいのもおすすめポイントです。

シマノ(SHIMANO) ジオロック・カットピンフェルト・ウェーディングシューズ FS-002N

動きに追従しやすいカット溝を施した「ジオロック・カットピンフェルトソール」を採用したフィッシングシューズ。動きやすく足元の不安定な場所で威力を発揮します。別売りのジオロックソールを用意すれば、自分で簡単に交換できるのが特徴。釣行回数が多く、ソールのすり減りが早い方におすすめのモデルです。

ウェーディング専用タイプで、ソックスウェーダーに合わせてコーディネートしやすいのも特徴。つま先には耐久性に優れたラバー素材を採用し、岩場など擦れやすい釣り場での使用にも適しています。緩めたヒモを簡単に緩められる「イージーリリース・シューレスシステム」により、スムーズに脱ぎ履きしやすい1足です。

シマノ(SHIMANO) XEFO・ソルトウェーディングシューズ FS-280S

ソルトウォーターゲームに対応した、ウェーディング専用のフィッシングシューズです。釣り人の動きを徹底的に測定分析して開発する「コアタクト」を採用。足首をしっかりホールドする機構やクロロプレンアッパーで屈曲性に優れているなど、安全かつ快適な釣りをサポートするおすすめモデルです。

従来モデルと比較して約9倍ものスピーディーな水抜けで乾きやすいのも魅力。高硬度ステンレスピンを埋め込んだ「カットラバーピンフェルトソール」は、耐久性とグリップ力に優れています。

つま先に余裕をもたせた先ワイド形状でストッキングウェーダーと合わせやすいほか、サイズ調節できるインソールが2枚付属しているのもおすすめポイントです。

ダイワ(Daiwa) スーパーウォームアップブーツ WB-3550

素材に極厚クロロプレンを採用した防寒ブーツタイプのフィッシングシューズ。保温性に優れており、極寒での釣りにおすすめのモデルです。ソールには高い屈曲性とグリップ力を発揮する「キュービックセンサーソール」を採用しています。

フィット感・機能性・履き心地を重視して設計された足型で、長時間の釣りをサポート。足ズレを抑えるパワーストラップを搭載しているほか、フィット感とホールド感に優れたカップインソールで履き心地を向上させています。

ダイワ(Daiwa) プロバイザー フィッシングシューズ PV-2550

ダイヤル操作で締め具合を調節できる「ダイレクトダイヤルシステム」を搭載したフィッシングシューズです。脱ぎ履きしやすいモデルを求めている方におすすめのモデル。ダイヤルを押し込んでロックして回すだけで締め具合を調節でき、解除もダイヤルを引き上げるだけと簡単です。

クッション性に優れたオリジナルウレタンインソールを搭載した、履き心地のよさも魅力。足首のホールド感を確保しつつ機能力を発揮するミドルカット仕様を採用しています。フェルトスパイクソールに加えて、スパイクフェルトとスパイクタイプも選択できるので、ぜひチェックしてみてください。

マズメ(mazume) フェルトスパイクシューズ MZWD-282

フェルトソールにステンレスピンの2倍の硬度のタングステンピンを採用したフィッシングシューズ。優れた耐摩擦性とグリップ力を発揮し、滑りやすい磯場やコケの生えているテトラポッドなどでの釣りにおすすめのモデルです。

足型はトレッキングシューズの老舗ブランド「キャラバン」が製作。日本人の足に合った仕様になっています。縫製部分を最小限に抑えているのもポイント。ハードな使用で安心して履ける耐久性を備えています。

フィッシングシューズのおすすめモデル|スパイク

シマノ(SHIMANO) ドライシールド・ラジアルスパイクフィットシューズ HW FS-083P

ラジアルソールにスパイクピンを8本埋め込んだフィッシングシューズです。波止・テトラ・地磯での釣りにおすすめ。柔軟性の屈曲ソールは自然な動きを追求しており、地面に密着するような安定感があるのが特徴です。

「Boaフィットシステム」を搭載し、ダイヤルを回すだけでフィット感を調節できるのも便利。透湿防水素材「DRYSHIELD」により、ムレやすい時期の釣りでも快適です。

シマノ(SHIMANO) ドライシールド・ラジアルスパイクシューズ FS-060Q

釣り以外のレジャーや普段履きに違和感のない、おしゃれなカジュアルデザインを採用したフィッシングシューズ。さまざまなシーンで活用したい方におすすめのモデルです。アッパーに透湿防水素材「DRYSHIELD」を採用し、ムレやすい時期でも快適な履き心地が持続します。

ラジアルソールにスパイクピン8本を埋め込んだ仕様で、優れたグリップ力を発揮。波止や地磯、テトラポッドなど滑りやすい場所の釣りで威力を発揮します。

シマノ(SHIMANO) サーマル・スパイクブーツW FB-008R

保温性に優れたクロロプレンにナイロンフードを搭載した、防寒防水ブーツタイプのフィッシングシューズです。エア断熱ソールと相まって、寒い時期の釣りにおすすめのモデル。水たまりの多い釣り場や水はねで濡れるのが気になる場所での使用にも適しています。

スパイクソールを搭載し、磯場などゴツゴツして滑りやすい場所で威力を発揮。高いクッション性で突き上げ感を解消しており、疲労を軽減しています。ふくらはぎ部に余裕のあるワイドタイプで足の大きな方でもフィットしやすいほか、重ね着にも対応できて便利です。

ダイワ(Daiwa) フィッシングシューズ DS-2101QS

スニーカー感覚で履けるローカットタイプのフィッシングシューズです。ミッドソールに軽量EVAを採用した軽さと優れた屈曲性により、防波堤や港周りで機動力を活かした釣りを展開したいときにおすすめのモデル。10本のスパイクピンで高次元のグリップ力を発揮します。

水が入りにくい簡易防水設計でムレやすい時期の釣りで快適。日本人の足型に合わせたオリジナルの足型を採用しているほか、ホールド感とクッション性に優れたオリジナルインソールを使用しています。

ダイワ(Daiwa) フィッシングシューズ スパイク DS-2102QS

グリップ力を強化した「キュービックスパイクソール」搭載のフィッシングシューズです。紐結び不要のスピードフィットシステムを採用しており、快適に脱ぎ履きできます。アッパー部の素材に引き裂き・摩擦・摩耗に強いコーデュラ素材した耐久性の高いおすすめモデルです。

ウレタンフォームよりクッション性が長く持続する「オーソライトインソール」を採用し、移動の多い釣りで効果を発揮。スニーカー感覚で履けるローカットタイプで、さまざまな釣りに対応可能です。

船上など平坦な場所で使用したい場合は、スパイク未搭載のキュービックラジアルソールタイプを選択できるので、その点もおさえておきましょう。

36本のピンを搭載したスパイクソール採用のフィッシングシューズです。ロングブーツタイプで水たまりの多い釣り場での使用におすすめ。水はねによる水の侵入を防ぎたいシーンでも活躍します。アジャスターを搭載しており、フィット感を調節しやすい点も魅力です。

かかと部に段差を設けて、脱ぎ履きしやすくなっている仕様も便利。Sから3Lのサイズバリエーションにより、さまざまな足の大きさに対応します。