冷たい飲み物をひんやり保冷できる「クーラーボックス」。バーベキューやキャンプなどアウトドアを楽しむ際に欠かせないアイテムです。

そこで今回は、世界的に有名なアウトドアブランド「コールマン」のおすすめクーラーボックスをご紹介します。用途に合ったお気に入りのモノを見つけてみてください。

コールマン(Coleman)とは?

By: amazon.co.jp

高い人気を誇るおすすめのアウトドアブランド、コールマン。創業は1900年頃で、長い歴史があります。「家族」「仲間」「自然」が触れあうことで生まれる心のつながりを大切にするというビジョンのもと、アウトドアに欠かせないアイテムを提供してきました。

創業当時はガソリン式ランプの販売を専門としており、現在ではランタンやグリル、テントなどさまざまなキャンプ用品をラインナップしています。

コールマンのクーラーボックスの魅力

By: rakuten.co.jp

コールマンのクーラーボックスは保冷力に優れているのはもちろんのこと、機能も豊富に備えているのが特徴です。デザインも、年代問わずに使用できるシンプルな配色のモノや、買い物でも使用しやすいおしゃれなモノなども揃っています。

クーラーボックスには樹脂、もしくは金属を用いたハードタイプの製品と、柔らかくて軽量なソフトタイプの2種類があります。ハードタイプのクーラーボックスには、ドリンクホルダーが搭載されていたり、キャスター付きで持ち運びが簡単だったりと、嬉しい機能が満載。ソフトタイプは、未使用時に折りたたみできる製品や、小物を収納できるポケット付きの製品などもラインナップしています。

保冷力についてはいずれのモデルも良好で、なかには5日間キープできる製品も。数日間、保冷が持続する製品を選べば、連泊でキャンプを楽しみたい方でも安心して使えます。

クーラーボックスを選ぶ際の注意点

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

クーラーボックスを選ぶときは、保冷力と同じくらい容量も重視したいポイントですが、闇雲に大きいモデルを選べばよいとは限りません。近場で数時間だけバーベキューを楽しむ場合は、小さなクーラーボックスでも十分活躍します。

目安は、容量が5Lなら350ml缶が6本、30Lなら500mlペットボトルが24本収納可能。どのくらいの容量が必要なのか、用途に合わせて適切なクーラーボックスを選びましょう。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

コールマンのクーラーボックスに使用されている断熱材は、主に発泡ウレタンとポリエチレンです。

発泡ウレタンはハードタイプのクーラーボックスに使われており、高い保冷効果を有しています。本体に限らず、蓋にも発泡ウレタンを使用したモノを選ぶと、より保冷効果が向上します。発泡ウレタンを採用したクーラーボックスは保冷効果が長持ちするため、連日のアウトドアでの使用におすすめです。

ポリエチレンはソフトタイプのクーラーボックスに採用されている断熱材。コンパクトに折りたためるのがメリットですが、保冷力では発泡ウレタンに劣ります。日帰りでのレジャーやショッピングに適しています。

発泡ウレタンよりもポリエチレンの方が保冷効果が低い分、リーズナブルな製品が多いので必要な保冷時間などに合わせて選びましょう。

重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

飲み物を詰めるとどうしても重くなりますが、本体が軽ければその分負担が減ります。クーラーボックスを選ぶときは重量にも要注意。どうせ移動中は車に積むからと思っていても、目的地に着いて持ち出すときに重いと苦労します。

軽さを最優先するのであれば、ソフトタイプのクーラーボックスを選ぶのがベスト。しかしハードタイプでも軽いものはあるので、重量をしっかり確認しましょう。また、スーツケースのように持ち運べるホイールが付いたモデルもあるのでチェックしてみてください。

コールマンのクーラーボックスおすすめモデル

コールマン(Coleman) 54QT ステンレススチールベルト クーラー 51L

サビに強く、耐久性に優れたステンレス製のクーラーボックス。容量は約51Lで、1泊2日のファミリーキャンプにぴったりのアイテムです。フタと本体に厚さ3cmの発泡ウレタンを採用しているため、保冷力に優れているのが特徴。

また、簡単に排水できるドレインを備えているほか、ワンタッチでロックできるラッチロックも採用しているため、使い勝手も良好です。大型で保冷力が高いクーラーボックスを探している方はチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) 54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー 51L

アメリカンヴィンテージスタイルがおしゃれなクーラーボックス。同ブランドの「スチールベルトクーラーシリーズ」の発売60周年を記念したロゴがデザインされています。

容量は約51Lで、2Lのペットボトルを縦に収納可能。フタと本体には発泡ウレタンが入っているため、保冷効果の高さが特徴です。また、排水に便利なドレインのほか、ラッチロックを採用しており、使い勝手に優れているのも魅力。

正面にはボトルオープナーを備えており、栓抜きとして使えます。1泊2日のファミリーキャンプや、大人数でのバーベキューなどにおすすめのクーラーボックスです。カラーラインナップも豊富なので、好みに合わせて選んでみてください。

コールマン(Coleman) エクストリームクーラー28QT 26L

容量は約26Lで、2Lのペットボトルが8本収納できるクーラーボックスです。本体とフタに断熱材が入っているので、地面と上からの熱をブロックし、保冷効果を高めているのが特徴。保冷力は3日で、連泊キャンプにもおすすめです。

持ちやすいベイルハンドル付きで、移動が楽なのもポイント。汎用性の高いサイズ感で、キャンプのほかにも、バーベキューやピクニック、スポーツシーンなど、幅広いシーンで活躍するクーラーボックスです。

コールマン(Coleman) エクスカーションクーラー16QT 15L

保冷力が1日で、デイレジャーにぴったりなクーラーボックスです。容量は約15Lで、500mlペットボトルが16本収納できる大きさ。本体サイズは約幅39×奥行31×高さ29cmとコンパクトなうえ、ベイルハンドル付きでどこにでも気軽に持ち運べます。

汚れがついてもさっと落とせるイージークリーントップを採用しているのも嬉しいポイント。ピクニックや運動会、子供の部活のときに活躍します。価格もリーズナブルなので、コスパに優れたクーラーボックスを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) クーラーボックス ポリライト 48QT 約45L

容量が約45L、保冷力は3日のクーラーボックスです。両サイドにハンドルが付いているため、持ち運びやすいのが特徴。排水に便利なドレインも備えています。

さらに、汚れが簡単に落とせるイージークリーントップを採用。フタ上部にはカップホルダーが4個付いているのもポイントです。大容量でリーズナブルなクーラーボックスを探している方は、チェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ホイールクーラー28QT 26L

ホイールと伸縮可能なハンドルが付いており、移動が楽なクーラーボックス。容量は約26Lで、2Lのペットボトルが6本入る大きさです。ハンドルは折りたためるので、コンパクトに収納可能。収納スペースが最小限で済むのも嬉しいポイントです。

保冷力は2日あるので、デイレジャーはもちろん、少人数での1泊2日でのキャンプにも使えます。リーズナブルな価格も魅力。ホイール付きのシンプルなクーラーボックスを探している方におすすめのアイテムです。

コールマン(Coleman) ホイールクーラー 60QT 56L

容量が約56Lのクーラーボックス。大型ながらホイールが付いているので、荷物の持ち運びが楽なのが特徴です。また、保冷力も3日と、十分な保冷効果を有しています。

ハンドルは伸縮性で、使わないときはコンパクトに収納できるのも嬉しいポイント。排水に便利なドレインを備えているほか、フタにはカップホルダーがあり、使い勝手に優れているのも魅力です。

2Lのペットボトルが12本入る大容量サイズで、1泊2日のファミリーキャンプにおすすめ。大型で保冷力の高いクーラーボックスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) エクストリームホイールクーラー 62QT 約58L

保冷力5日、容量が約58Lのハイエンドモデル。大人数のバーベキューやファミリーキャンプ、連泊にもぴったりです。

ホイールが付いているほか、握りやすいハンドル形状で、重い荷物の持ち運びが楽に行えるのがメリット。ハンドルは折りたためるので、コンパクトに収納できるのもポイントです。

フタの上部にはカップホルダーを備えており、休憩したいときに便利。大容量で、保冷効果が持続するクーラーボックスを探している方に、おすすめの製品です。

コールマン(Coleman) 55QT ラギッド ホイールクーラー 52L

大型ホイール付きで、砂浜やデコボコの悪路でも楽に荷物が運べるクーラーボックス。耐荷重は約113kgなので、椅子として使用したり、本体の上にさらに荷物を載せて運んだりタフに使えます。

容量は約52Lと大容量で、高い保冷力を備えているため、大人数でのバーベキューや1泊2日のファミリーキャンプにぴったり。また、砂浜も簡単に進むので釣りにも向いています。

フタの上部にはドリンクホルダーが付いているほか、排水に便利なドレインを備えているのもポイント。ゆっくり釣りを楽しみたい方におすすめのクーラーボックスです。

コールマン(Coleman) テイク6 4.7L

容量約4.7Lの小型クーラーボックスです。本体サイズは約幅28.5×奥行20×高さ18cm、重さ約0.8kgと、軽量コンパクトさが特徴。350mlのジュース缶が6本収納できるサイズ感で、デイレジャーはもちろん、普段のちょっとした買い物にも重宝します。

ベイルハンドルで持ち運びがしやすいほか、汚れがすぐに落とせるイージークリーントップを採用しており、小さいながらも、機能性の高いアイテム。コンパクトで、気軽に持ち運べるクーラーボックスを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) エクストリームアイスクーラー 25L

容量25Lで、500mlのペットボトルが22本収納できるソフトクーラーボックス。保冷力は1日保つので、バーベキューや運動会、ピクニックにぴったりです。

フタの裏側には、保冷剤が入れられるネットが付いているほか、冷気を逃さずに中身を取り出せる小窓も備えています。アルミ製のライナーは取り外しできるので、汚れてもお手入れが簡単な点もメリット。また、使わない時は折りたたんで、コンパクトに収納できるのもポイントです。

両手で持てたり、肩から掛けたりできる2way仕様も魅力。使い勝手のよいソフトタイプのクーラーボックスを探している方におすすめのアイテムです。

コールマン(Coleman) アルティメイトアイスクーラーII 35L

保冷効果が約2日持続するクーラーボックス。ソフトクーラーながら高い保冷力を備えたアイテムです。容量は約35Lで、2Lのペットボトルを12本収納可能。中身をすぐに取り出せる小窓が付いているほか、氷を直接入れられるので飲み物を冷やしたいスポーツシーンなどでも役立ちます。

ライナーは取り外して丸洗いできるため、お手入れが簡単なのも魅力。また、折りたたんでベルトで閉めるとコンパクトにまとまるので、収納スペースも取りません。保冷力の高いソフトクーラータイプのクーラーボックスを探している方は、チェックしてみてください。

コールマン(Coleman) デイリークーラー 10L

おしゃれなデザインのソフトタイプのクーラーボックス。サイズは約幅27×奥行20×高さ23cm、容量が10Lで、お弁当やピクニック、運動会などに活躍するコンパクトタイプです。

フロントにはジッパー付きポケットを備えており、財布や携帯などの小物が入れられて便利。使わないときは、コンパクトに折りたためるので、収納スペースにも困りません。

カラーはブルーを基調としたミントと、かわいらしいピーチの2色がラインナップされています。おしゃれで、普段使いできるソフトタイプのクーラーボックスを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) デイリークーラー STOMPシリーズ ナチュラルカモ 30L

コールマンのなかでも、デザイン性の高さで人気のある「STOMPシリーズ」。ナチュラルな雰囲気は、アウトドアフィールドにマッチします。容量は30Lで、2Lのペットボトルが8本収納できる大きさ。キャンプはもちろん、普段の買い物にもちょうどよいサイズ感で、さまざまなシーンで活躍するクーラーボックスです。

フロントポケットにはジッパーが付いているので、貴重品などを入れておけます。さらに、便利なショルダーベルトも備えており、重い荷物も楽に持ち運び可能。普段使いできるおしゃれなデザインのクーラーボックスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) ポータブルソフトクーラーバックパック

By: coleman.com

バックパックタイプのクーラーバッグです。容量は350mlの缶を約28本収納できる大きさで、保冷効果も最大24時間持続します。キャンプ、ピクニックから普段の買い物まで、さまざまなシーンで活躍するおすすめのアイテムです。

フタはファスナー式で冷気を逃さない仕様のほか、裏側には保冷剤を入れられるメッシュポケットも備えています。また、フロントとサイド部分にも小物が入れられるポケットが付いており、使い勝手に優れているのもポイント。重い荷物を運ぶときはリュックタイプが便利なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

コールマンのクーラーボックスの楽天市場ランキングをチェック

コールマンのクーラーボックスの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。