ドリンクや食材を長時間保冷でき、さまざまなアウトドアシーンで活躍する「クーラーボックス」。最近では、保冷力の向上はもちろん、デザイン性に富んだタイプも増えています。

そこで今回は、おしゃれなクーラーボックスのおすすめモデルを、ハードタイプとソフトタイプに分けてご紹介。選び方についても解説しているので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

クーラーボックスを選ぶポイント

ハードタイプかソフトタイプか

By: amazon.co.jp

クーラーボックスには、ハードタイプとソフトタイプの2種類があり特徴が異なります。

ハードタイプは、頑丈で耐久性があるため外部からの衝撃に強く、中身をしっかりと保護するのがメリット。さらに、密閉性の高いモデルが多いので保冷力もあります。また、強度を活かして椅子やテーブルとしても使用可能です。一方、形が決まっているため、持ち運びのときスペースが必要というデメリットもあります。

ソフトタイプはハードタイプと比べて軽く、折り畳めるので携行性に優れている点が魅力。荷物が多くなりがちなキャンプや海水浴の際に役立ちます。デメリットとして衝撃に対する弱さや、保冷力がハードタイプより劣るという点があるため注意しましょう。

用途に合わせた容量を選ぼう

By: amazon.co.jp

クーラーボックスの容量は、適切なサイズ選びが重要です。入れる量に対して容量が大きすぎると、空きスペースができてしまい保冷力が低下してしまいます。また、中でモノが動くので破損の原因にもなりかねません。

選ぶ時は、1人でキャンプを楽しむ場合は15L、2人なら30L前後、3人以上なら40L以上のタイプを目安にしてみてください。また、シーズンによって飲料水の数も変わるので、夏場は少し大きめのサイズを選ぶと安心です。

保冷力も忘れずチェック

By: amazon.co.jp

保冷力は、材質によって特徴が異なるので購入時にチェックしてみてください。クーラーボックスで使われている材質は主に真空断熱パネル、発泡ウレタン、発泡スチロールの3種類です。

真空断熱パネルは、3種類のなかで特に保冷力が高く、主に釣り用のクーラーボックスに採用されています。発泡ウレタンや発泡スチロールの数倍から数十倍の保冷力を有するため、長時間のアウトドアシーンにおすすめ。一方で、価格が高いデメリットもあります。

発泡ウレタンは、ウレタン樹脂を素材とした断熱材です。真空断熱パネルには劣るものの、高い保冷力とコストパフォーマンスの高さが魅力。クーラーボックスで一番多く使われている材質です。

発泡スチロールは、ポリスチレンを材料とした断熱材。保冷力は低いですが、特に軽く持ち運びに便利なのがメリットです。

おしゃれなクーラーボックスおすすめ|ハードタイプ

ロゴス(LOGOS) アクションクーラー35 81448012

幅広いアウトドアグッズを取り扱う、人気ブランド「ロゴス」のハードタイプクーラーボックスです。外側の素材に耐衝撃性に優れたポリプロピレンを採用。外部からの衝撃による内容物へのダメージを軽減します。断熱材は一体成型を用いており、冷気の流出を防止。高い保冷力を発揮するのが特徴です。

また、大きめで握りやすい取っ手だけでなく肩掛けベルトも付属。シチュエーションに応じた持ち運び方ができます。

お手入れが簡単なのもポイントです。下部に配置されたドレンコックでスムーズに排水できるうえ、フタも取り外し可能なので丸洗いをスムーズに行えます。

チャムス(CHUMS) スチールクーラーボックス54L CH62-1283

レトロな雰囲気がおしゃれな「チャムス」のハードタイプクーラーボックスです。中に仕切りがない54Lの大容量サイズなので、肉塊や魚など大型のモノも収納できて便利。頑丈で耐久力に優れたスチール素材で壊れにくいのもポイントです。

フタにはロックが付いており、安心して持ち運びが可能。側面にはドレンコックも備わっているので、使用後の水抜きが楽に行えます。また、使用しない時はインテリアとして部屋に飾れるデザイン性の高さも魅力です。

スノーピーク(snow peak) ハードロッククーラー40QT UG-302GY

人気ブランド「スノーピーク」と「グリズリー社」のコラボにより実現した、極厚のハードタイプクーラーボックスです。断熱層に厚みをもたせることにより、高い耐久力に加えて保冷力も向上。食材や飲料水を長時間持ち運びするのに便利です。

大型のドレンコックが付いており、排水がスムーズに行えるのもポイント。フタには、スノーピークのブランドロゴがあしらわれており、おしゃれに仕上がっています。また、フタの上部にメジャーが付いているので、釣りや材料の加工をする際に長さを測れるのもポイントです。

イグルー(igloo) ステンレスクーラー 51L 44669

全面シルバーのデザインが、アウトドアシーンにぴったりなハードタイプクーラーボックス。51Lの大容量で350ml缶が83本も入り、ファミリーでのアウトドアシーンに活躍します。材質がステンレス製なので錆に強く耐久性も高いため、ハードな場面でも安心して使えるのが魅力です。

側面には排水用のドレンコックも付いており、使用後の水抜きが簡単にできるのもメリット。面倒なお手入れもスムーズに行えます。

イグルーのブランドロゴが小さく入っているなど、シンプルでおしゃれなデザインを好む方におすすめです。

オルカ(Orca) ORCA Coolers 40 Quart ORCT040

イルカの尻尾をかたどったブランドロゴがおしゃれな、ハードタイプの大容量クーラーボックス。高い密閉性により、最大で10日間氷を保持すると謳われている保冷力が魅力です。

食料の保冷用だけでなく釣り用としても利用可能。側面下部にはドレンプラグを採用し、使用後の水をスムーズに排出できます。

大容量なので、ペアでの連泊キャンプやファミリーでの日帰りキャンプに便利です。また、豊富なカラーバリエーションもポイント。クーラーボックスには珍しい、かわいらしいカラーも取り揃えています。

イエティ(YETI) タンドラ 45 タン YT45T

正面にブランドロゴが施された、シンプルなデザインが特徴的なハードタイプのクーラーボックス。一体成型のワンピース構造で作られており、継ぎ目がなく高い密閉性と長時間の使用における耐久性が魅力です。また、保冷力に影響を与えるとされる断熱壁を5cm厚にとっているので、冷たい飲料の保存に適しています。

アウトドアシーンに馴染みやすい、落ち着いたカラーラインナップが特徴。サイズは45Lと大容量のため、大人数の食料も持ち運べます。ファミリーキャンプ用のクーラーボックスを探している方はぜひチェックしてみてください。

ダイワ(Daiwa) ライトトランクα ZSS2400

ロングボディーで、魚の収納に便利なハードタイプのクーラーボックス。24Lの容量に対して重量がわずか4.0kgと軽量で、携行性の高さが魅力です。6面とも真空断熱パネルを採用しているため保冷力に優れており、長時間のアウトドアシーンで活躍します。

ボディは軽量ですが、頑丈に作られており椅子として使用も可能です。さらに、滑りやすい場所での安定性を向上させるため、「大型ふんばるマン」を採用。クーラーボックスのスリップを防止します。

また、ダイワのブランドロゴが大きくあしらわれており、おしゃれ感を向上。高性能でデザイン性の高いモノを求めている方におすすめです。

ドベルグ×アイスランド(DVERG×ICELAND) クーラーボックス ホイール付き 45QT

アウトドアブランド「ドベルグ」と「アイスランド」のコラボレーションにより作られた、高機能クーラーボックス。仕切り板がまな板として使えたり、ドリンクホルダーやシェルフが付いていたりと、キャンプに欲しい機能を多数搭載しています。

ボックスには、厚み50mmのポリウレタン製断熱材を使用。最長で5日間氷をキープする保冷力も魅力です。

底面は、直径20cm×太さ6cmと大きめのタイヤが付いており、ちょっとした段差なら快適に乗り越えられます。また、収納可能で2段階に調節できるキャリーバーは、必要な時に取り出せるのがメリット。一般的なクーラーボックスと違ったおしゃれなモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ディティール(DETAIL) Metal Cooler Box 20L

無駄のないシンプルなデザインがおしゃれな、ハードタイプクーラーボックス。フタの縁には密閉性を高めるウレタン材、本体内側の素材にはアルミニウムが使われており、約24時間の保冷が可能です。

重さは約3.8kgと軽量。両側面に取っ手が付いているので、携行性に優れています。

容量は20Lと小型で、近場での釣りやソロキャンプで1泊する時に便利です。コストパフォーマンスが高いので、頻繁にアウトドアをしないライトユーザーの方はチェックしてみてください。

ドメティック(DOMETIC) Patrol 55 PATR 55S

厚みのあるポリウレタンを断熱材に使用し、数日間氷を冷凍保存できるハードタイプのクーラーボックス。ワンピースの回転成型ポリエチレンにより、耐衝撃性と耐久性に優れ地面の荒れている磯場や山で活躍します。

フタには片手ゴムラッチを採用しているので、開閉がスムーズに行えるのが魅力。カップホルダーやロッドホルダー、栓抜きなど便利なアクセサリーも搭載されており、さまざまなシーンで活躍します。

また、男心をくすぐる無骨なデザインもおしゃれ。複数人の仲間と趣味を楽しむキャンパーや釣り人におすすめのアイテムです。

おしゃれなクーラーボックスおすすめ|ソフトタイプ

ディーオーディー(DOD) ソフトくらお(23) CL2-732

少人数でのバーベキューや、日帰りレジャーで活躍する23Lタイプのソフトタイプクーラーボックスです。厚めの発泡ポリエチレンを断熱材として採用しており、高い保冷力が特徴。保冷性試験により、31時間氷の残存が可能と謳われています。

ボックス内はパーテーションで区切られているため、肉や野菜を分けて収納可能。区切る場所を自由に変えられるのも魅力です。

また、止水ファスナーや防水素材を使用しているので、耐水性が高く汚れても簡単に拭き取れます。フロント部分にかわいいウサギのキャラクターがデザインされており、お子様にもおすすめです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) フィルデンスクーラー 12 NM82015

人気アウトドアブランド「ザ・ノースフェイス」のソフトタイプクーラーボックスです。保冷性へのこだわりが魅力で、素材には保冷力の高いウレタン樹脂を採用しています。

フタには、シームシーリング加工を施しており、中の冷気を逃しにくい仕様。容量は12Lで、350ml缶を14本収納可能です。

また、ジッパーを閉めなくても、簡易的にフタを開閉できるマグネットフラップも特徴。防水性と保冷力の高い小型のクーラーボックスを探している方は、チェックしてみてください。

タイタン(Titan) Deep Freeze Zipperless クーラーバッグ

アウトドアに役立つさまざまな機能を搭載した、ソフトタイプクーラーボックス。5重の層で構成される独自素材「DEEP FREEZE」を採用しており、氷を最大3日間キープできる高い保冷力が魅力です。

また、内部にはスマートシェルフを搭載。肉や飲み物などを分けて管理できます。

ソフトタイプのクーラーボックスには珍しく、ジッパーレス仕様なのも特徴。片手で開閉できるため、内容物を簡単に取り出し可能です。付属のショルダーストライプは、人間工学に基づいた設計をしており、筋肉への負担を軽減。長時間の持ち運びを快適に行えます。

AOクーラーズ(AOCoolers) キャンバスソフトクーラー AOMO24

普段使いでも問題なく使用できる、おしゃれなデザインが魅力のソフトタイプクーラーボックス。ウォーターベッドにも使用されているTPUライナーや19mm厚のポリウレタンフォームなど、5層構造で断熱性を高めており、優れた保冷力を発揮します。

容量は24Lあり、350ml缶24本と約6.3kgの氷を収納できるので、夏のアクティビティに便利です。

サイドバックルによって形状を変えられるのも特徴で、使用時はクーラーボックスタイプ、外すとトートバッグとして使用可能。アウトドアだけでなく普段使いとしても違和感がなく、幅広いシチュエーションで活躍します。

また、さまざまなカラーバリエーションが揃っているのもポイント。自分の好みに合ったカラーをチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) 防水たためるアースクーラー 81670811

8角形のデザインがおしゃれなドラム型クーラーボックスです。約26Lの容量で高さが約39cmあるので、ペットボトルや缶飲料を立てて収納でき、欲しいモノをすぐ取り出せるのが魅力。フタには折り目が付いており、半分だけ開けて内容物を取り出すことで、余計な冷気を逃がしにくい仕様です。

また、本体に防水生地を採用。急な雨や水場での使用に強く、汚れても簡単に洗い流せます。使用しないときも、折りたたんでベルトで留めるとコンパクトにできるのもポイント。キャンプやバーベキューなど、飲料水を多く持ち運ぶ時におすすめのクーラーボックスです。

ロゴス(LOGOS) デザインクーラー15 ブルーストライプ 81670715

ブルーストライプのデザインがおしゃれな、小型のソフトタイプクーラーボックスです。10mm厚の断熱材を使用しているので保冷力に優れており、飲料水の冷たさや食材の鮮度を長持ちさせる効果が期待できます。また、ジッパー裏面にも断熱材を使用し、冷気の流出を防止できるのも特徴です。

使わないときは、折りたたんでコンパクトに収納することも可能。実用性が高く可愛らしいデザインのクーラーボックスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラーXL 81670090

メタリックシルバーのカラーが特徴的な、「ロゴス」の高性能クーラーボックスです。容量は約40Lで、2Lペットボトルが9本収納可能。別売りの「氷点下パックGT-16℃」との併用で、最大7時間アイスクリームを保存できる保冷力の高さも魅力です。

外部には、衝撃から内容物を守る「シェルプロテクト構造」を採用。破損しやすいビン類の持ち運びに役立ちます。また、使用後は折りたたんでジッパーで留められるので、荷物としてかさばりにくい仕様です。保冷力の高いソフトタイプクーラーボックスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) デイリークーラー30L 2000038944

人気アウトドアブランド「コールマン」のソフトタイプクーラーボックスです。内容量は約30Lで、2Lペットボトルが約8本収納可能。ファミリーでのデイレジャーに活躍します。サイズは34×24×33cmと小型で、折りたためるので、コンパクトに持ち運べるのが魅力です。

ボックス内は抗菌ライナーを使用しており、内部の状態を快適に保ちやすいのもメリット。また、エコバッグが付属しているのもポイントです。ちょっとした買い物やキャンプのときに活躍します。

コールマン(Coleman) エクストリーム(R)アイスクーラー 15L 2000022212

鮮やかな青色がアウトドアシーンに映える、ソフトタイプのクーラーボックス。容量は約15Lで携行性に優れており、日帰りのレジャーやソロキャンプに適しています。また、ライナーは取り外しが可能で、使用後のお手入れの際に役立ちます。

フタには取り出し用の小口が開けられており、ペットボトルサイズのモノなら出し入れができる点も便利です。側面にはメッシュポケットを採用。タオルやシートなど、薄手のアイテムを収納できます。

オッターボックス(OtterBox) TROOPER SOFT COOLER LT 30 OTB-001

ショルダーバッグとしてだけでなく、バックパックとしても持ち運びができるソフトタイプクーラーボックス。取り出し口にコンパウンドラッチを採用しており、片手でも簡単に開閉できます。さらに、開口部が広く出し入れもスムーズなのも魅力です。

氷を3日間保存できる高い保冷力に加え、とことどころに防水処理がされているのもポイント。幅広いシチュエーションでの活躍が期待できます。さらに、底面が頑丈な作りで地面に置いたときの摩耗を軽減可能です。

また、おしゃれなデザインで、男女問わず使いやすいのも特徴。おしゃれで保冷力の高いクーラーボックスを探している方はチェックしてみてください。

クーラーボックスの売れ筋ランキングをチェック

クーラーボックスのランキングをチェックしたい方はこちら。