釣りをするときの道具といえば釣り竿やルアーなどに注力しがちですが、釣り上げた魚を入れておくための「クーラーボックス」も重要なアイテム。鮮度を保ったまま魚を持ち帰るためにも、保冷性に優れたモノを用意しておきたいところです。

そこで今回は、釣り用クーラーボックスのおすすめモデルをご紹介します。あわせて選び方ついても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

釣り用クーラーボックスの選び方

狙う獲物に合わせて容量を選ぶ

By: amazon.co.jp

釣り用のクーラーボックスは、狙う獲物に合わせてサイズを選ぶのがポイントです。例えば、堤防で小型の魚を釣りたい方は、20L未満の小型モデルがおすすめ。軽量なモデルが多く、持ち運びしやすいのも魅力です。

また、初めてクーラーボックスを購入する方は、使い勝手がよい20~39Lの中型のモデルがおすすめ。アジやメバルなど小型の魚から、シーバスやヒラメなど中型の魚まで入れられます。

さらに、船で沖に出て大物を狙いたい方は、40L以上の大型モデルがおすすめ。キャスター付きのモデルも多いので、携帯性に優れたモデルを探している方にも適しています。狙う魚のサイズによっては、80Lや100Lクラスなど、大きめのモデルを用意しておくと便利です。

断熱材の種類で選ぶ

真空断熱パネル

By: shimano.co.jp

釣り用クーラーボックスで保冷性の高さを重視するのであれば、真空断熱パネルを採用しているモデルがおすすめ。その名の通り、パネル内部を真空状態にすることで、外からの熱を伝わりにくくします。価格が高いというデメリットはありますが、釣りを長時間楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

発泡ウレタン

By: amazon.co.jp

発泡ウレタンを採用している釣り用クーラーボックスは種類の豊富さが魅力です。真空断熱パネルを採用した釣り用クーラーボックスと比べてリーズナブルながら、保冷性が安定しているため手軽に使えます。

釣り用クーラーボックスを初めて購入する方や、どれにしようか悩んでいる方は発泡ウレタンのモデルを選ぶのがおすすめです。

発泡スチロール

By: captainstag.net

安い釣り用クーラーボックスを探している方には発泡スチロール製のモデルがおすすめです。真空断熱パネルや発泡ウレタンのモデルと比べると保冷性は低いことが欠点ですが、安くて軽いのが魅力。近場で釣りを楽しみたい方に適しています。

また、保冷剤を上手く活用すれば保冷性の低さをカバーできるため、ぜひ試してみてください。

持ち運びやすさで選ぶ

By: shimano.co.jp

釣り用クーラーボックスを選ぶ際は、持ち運びやすさも重要なポイント。魚を入れるとそのぶん重くなるので、長時間の釣りなどたくさんの魚を入れたい場合は、キャスターが付属したモデルを選んでみてください。

また、キャスターが付いていない釣り用クーラーボックスのなかにも、ハンドルに柔らかい素材を用いているモノなど、工夫が施されているモデルも存在します。場所によってはキャスターが使いにくい場面もあるので、用途にあわせて使い分けるのもおすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

釣り用クーラーボックスにあると便利なのが排水機能。片手でラクに排水ができるモデルなら、魚を入れるときに溜まってしまった水や氷溶け水をスムーズに抜けます。これにより使用後のお手入れをしやすいのが特徴です。

また、水洗いのしやすさを重視するのであれば、両開きでフタを丸ごと外せる釣り用クーラーボックスもおすすめ。保冷性や持ち運びやすさだけではなく、必ずお手入れのしやすさもチェックしましょう。

釣り用クーラーボックスのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

ダイワは、東京都東久留米市に本社を置く「グローブライド株式会社」が展開する釣り用品ブランド。ライフジャケットやリールなど、高品質な釣り用品を多数発売しており、釣り愛好家から人気を集めています。

また、ダイワが提供する製品は、臓器や血液などを運搬する医療目的にも使用されているほど高い性能を有しているのがポイント。特に、保冷力が高いクーラーボックスを探している方におすすめのメーカーです。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

シマノは、日本の大手釣具メーカーで、さまざまなジャンルの釣具を手がけています。シマノのクーラーボックスは、椅子として使用できるモデルから、6面すべての面で真空パネルを使用した保冷力が高いモデルまで、さまざまなモデルがラインナップされています。

使用用途に応じて最適なモデルを購入したい方は、シマノのクーラーボックスも選択肢のひとつとして押さえておきましょう。

釣り用クーラーボックスのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) トランクマスターHD S 6000

容量60L、内寸85cmのロングボディなので、大型の青物を収納したい方におすすめの釣り用クーラーボックスです。断熱材には発泡スチロールを使用。コストを抑えたい方にも最適です。保冷剤を活用することで、保冷力を高く保てます。

また、大型静音キャスターを搭載しているので、移動しやすいのもポイント。側面のハンドルを持てば、一人でも楽に運べます。サイドロックが付いているため、水漏れしにくいのも魅力です。

さらに、摘むだけで開けられる開閉ワンタッチ水栓が付いていたり、上フタが丸ごと取り外せたりするので、手入れしやすいのもポイント。本体内部には抗菌剤や消臭剤を配合しているので、クーラーボックスを清潔に保ちたい方にも人気のモデルです。

ダイワ(Daiwa) プロバイザーHD ZSS 2700

保冷性が高く、清潔に保ちやすい27Lの釣り用クーラーボックスです。断熱材には6面真空パネル・発泡ウレタンを採用。氷が完全に溶けるまでの時間は約100時間と謳っており、泊まりでの釣りや連泊でのキャンプなどにも適しています。

また、クーラー全体に消臭剤が練りこまれているので、魚独特の生臭さを軽減可能。水栓はワンタッチで開け閉めできるので、手が汚れるのを防ぎます。

さらに、フタは両開きタイプなので、狭い場所でも快適に使用可能。天面のレバーに指を掛けるだけで開け閉めできる「リフトアップオープンシステム」を採用しているため、利便性に優れているのも魅力です。

そのほか、椅子としても使用できるのもポイント。底面には滑り止めラバーが付いており、丈夫で変形しにくい「マッスルボディ」を採用しているので、高い安定性を誇ります。

ダイワ(Daiwa) RX SU 2600X

底面に真空パネルを配置しているため、床面からの熱伝導を防げる釣り用クーラーボックスです。断熱材にはノンフロンウレタンを使用しており、氷が完全に溶けるまでの時間は約90時間と、保冷力に優れています。

また、投入口を設けているのも魅力のひとつ。魚やペットボトルを入れる際に、フタを全開する必要がなく便利です。さらに、小分け収納に便利なトレーが付いているのも魅力のひとつ。中身をトレーで仕分けられるため、クーラーボックス1つでも、スペースを有効に使えます。

そのほか、底に滑り止めラバー「ふんばるマン」が付いているので、移動の際にも安定しやすいのもポイント。肩ベルトが底に接触しない仕様のため、地面が濡れていてもベルトを濡らさずに済みます。容量は26Lなので、小〜中型の魚を収納したい方におすすめのクーラーボックスです。

ダイワ(Daiwa) スノーライン S1200

容量12Lと小型の釣り用クーラーボックスです。断熱材に発泡スチロールを使用しており、重量2.1kgと軽量なのが特徴。ほかのモデルと比べて価格が安いのも魅力です。

また、ハンドルが付いていたり、肩がけベルトが付いていたりするので、持ち運びしやすいのもポイント。さらに、背面中央に水栓が付いているため、フタを開けずに水抜きできます。

底面はスノコ一体型構造なので、溶けた水が魚に接触しにくく新鮮な状態をキープしやすいのも魅力のひとつです。そのほか、500mlのペットボトルであれば約10本縦置き可能。釣り以外に、海・川・山のアウトドアレジャーやフェスなどのイベントでも使用できます。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 60L スペーザ ホエール リミテッド HC-060I

内寸幅80cm、容量60Lと大型の釣り用クーラーボックスです。斜め置きすれば90cmクラスの魚も収納できます。一体型3面真空パネルを採用しており、クーラー底部にバルジ形状を施し断熱材を増量しているため、保冷力に優れているのが魅力です。

また、本体を地面から浮き上げさせたアーチ形状なのも特徴。地熱の伝導を軽減させ、通気性も確保しています。夏の熱い地面の上でも保冷力を維持できるのもポイントです。

さらに、本体インナー部に抗菌樹脂を採用しているため、クーラーボックスを清潔に保ちたい方にも適しています。ボディ内部の底面に凹凸を設けた一体型スノコ構造により、溶けた水が魚に接触しにくく新鮮な状態をキープできるのも魅力のひとつです。

なお、大型キャスターとハンドルが付いているので、持ち運びに便利。移動時はメインロックとサイドロックを利用すれば、水漏れを防げます。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 45L スペーザ ホエール ベイシス UC-045L

使用用途が幅広い釣り用クーラーボックスです。容量は45Lと大きく、最大70cmまでの魚であれば、まっすぐ入ります。オキアミや板氷を入れても十分なスペースを確保可能です。

また、500mlのペットボトルであれば、40本収納できます。大勢でのバーベキューやイベントなど、たくさんの飲み物を冷やしておきたいときにも便利。さらに、フタの内部にはハードスチロールを内蔵しているため、大人2人が座れるタフさも魅力です。

なお、フタは取り外しできるので、手入れしやすいのもポイント。水栓は片手で簡単に開けられるので、手を汚すことなく水抜きできます。クーラーボックスを清潔に保ちたい方にもおすすめのモデルです。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 35L スペーザ プレミアム ZC-135M

簡単に開閉できる「ラックトップレバー」を採用しているので、ロック操作が不要なのが特徴のシマノの釣り用クーラーボックスです。フタは両開きできる仕様で、左右どちらからでも開閉できます。大型キャスターとハンドルも搭載されているので、使い勝手に優れたモデルとしておすすめです。

また、内寸幅は約60cm、容量は35Lと中型モデルなので、初めてクーラーボックスを購入する方や、小〜中型の魚を収納したい方にも最適です。断熱材には、発泡ポリスチレンと6面真空パネルを採用。溶けた水と魚が接触しにくいスノコ構造なので、31℃の環境下でも氷を65時間保冷しておけます。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 30L フィクセル ウルトラプレミアム ZF-530R

保冷性が高いクーラーボックスを探している方におすすめのモデルです。上面・側面・底面の6面に極厚真空パネルを配置し、フタの断熱材には発泡ウレタンを使用しているので、容量の20%の氷を110時間キープできると謳っています。

容量は30Lと中型なので、小〜中型の魚を収納したい方や、初めてクーラーボックスを買う方にもおすすめです。また、フタは両面開きなので、狭い場所で快適に使用できるのも魅力。手を放すだけで閉まる便利な自動ロック機構を採用しているため、釣った魚をスムーズに収納できます。

さらに、フタは取り外しできるので、メンテナンスしやすい仕様です。抗菌剤「ノバロンR」入りのプラスチックを使用しているため、クーラーボックスを清潔に保てるのも魅力のひとつ。高級感のあるデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 25L スペーザ リミテッド キャスター HC-125P

釣った魚を傷つけにくい釣り用クーラーボックス。ラックアップハンドルが付いているので中の魚を大きく傾けることなく持ち運べます。また、簡単にフタを開閉できるラックトップレバーを搭載しており、左右どちらからも開けられるので、狭い場所でも快適に使用可能です。

さらに、天面の左右レバーを同時に上げればフタが外れるので、手入れしやすいのも魅力のひとつ。片手で水抜きできるうえ、樹脂に抗菌剤「ノバロン」を使用しているので、クーラーボックスを清潔に保ち続けたい方にもおすすめです。

そのほか、椅子として使用できる堅牢さもポイント。底面4箇所にハイグリップラバー素材を使用しているので、船・磯・防波堤の上に置いても滑りにくい仕様です。側面と底面に一体型の真空パネルを配置しているため、地面からの熱を効果的に遮断可能。保冷性にも優れています。

フィールドア(FIELDOOR) クーラーボックス 100L

大容量の釣り用クーラーボックスを探している方におすすめのモデルです。容量は100Lで、大型の魚を収納したい方に適しています。2Lのペットボトルが約21本入るほか、フタにはドリンクホルダーが4つ付いているので、釣り以外にも、キャンプやBBQなどのアウトドアシーンで使用可能です。

また、ハンドルやキャスターが付いているので、持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。水栓が付いているので、手入れしやすい仕様です。さらに、本体の外側にポリエチレン、内側にポリプロピレン、断熱材にポリウレタンを採用しており、3層構造で高い保冷力を実現しています。

伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー48H

耐久性の高い釣り用クーラーボックスを探している方におすすめのモデル。容量は48L、内寸幅は65cmで、中型の魚を収納するのに最適です。一つひとつ手作業で仕上げられており、ビスには錆びにくいステンレスを使用していたり、破損を避けるためにフラットな蝶番を使用していたりしています。

また、投入口が付いており、フタを全開にしなくても魚を入れられるので、冷気が逃げるのを避けられるのもポイント。さらに、サイドハンドルとキャスターが付いているため、持ち運びしやすいのも魅力です。

秀和(SHU-WA) フィッシングクーラー ウレタンクーラー UL2500LH

リーズナブルながら、保冷性が安定している釣り用のクーラーボックス。6面すべてに発泡ウレタンを使用しており、高い保冷性を実現しています。

また、フタには変形しにくいABS樹脂を使用し、本体には耐衝撃性が高いPP樹脂を使用しているため、耐久性に優れているのも魅力です。容量は、25Lのほかに10.4Lや37Lから選べるので、収納したい魚のサイズに合ったモデルが選べます。

アステージ(Astage) クーラーボックス

利便性に優れた釣り用クーラーボックスです。収納ポシェットが付いており、側面にはジェット天秤をはじめ、こまごまとしたアイテムを収納できます。また、背面にはバンドが付いており、竿を固定すれば持ち運びに便利です。大型ポケットには、ロープやハサミなども収納できます。

また、フタにウキやオモリを収納できる小物ケースが付いているのも魅力のひとつ。さらに、投入口が付いているので、フタを開けなくても魚を収納できます。断熱材には発泡スチロールを採用しており、容量は12Lで重量は2.2kgです。

スタンレー(STANLEY) クーラーボックス

コスパに優れている釣り用クーラーボックスです。フタ部分にも断熱材が使われており、パッキンが付いているので、高い保冷力を実現しています。

また、椅子としても使用できるのもポイント。耐荷重は約130kgです。さらに、付属のロープを使用すれば、ボトルなどを挟んで携帯することも可能。ハンドルが付いているので、持ち運びにも便利です。容量6.6Lで取り回しが利きやすいので、堤防で小型の魚を釣りたい方に適しています。

イグルー(igloo) クーラーボックス MARINE ULTRA 36

価格の安さを重視する方におすすめのクーラーボックスです。容量約36Lと中型モデルのなかでも、買い求めやすいのが魅力。断熱材には超高密度ウレタンフォームを使用しており、小〜中型の魚を収納したい方に適しています。

また、本体内部にワイヤーがついているので、適度な角度でフタが止まるのもポイントです。さらに、350ml缶が約56本収まるのも魅力。釣りのほかにも、キャンプやBBQで活躍します。