釣具の大手メーカーとして知られるダイワでは、さまざまタイプの「クーラーボックス」を発売しています。釣った魚を新鮮な状態で保存することを目的に開発されているため、優れた保冷力が魅力。また、使い勝手に配慮された機能も搭載しており、釣り以外にキャンプやイベントなど多くのシーンで活躍します。

そこで今回は、ダイワのおすすめクーラーボックスをご紹介。選び方もあわせて解説するので、購入する際の参考にしてみてください。

ダイワとは?

By: daiwa.com

ダイワは、釣り用品の製造や販売を手がけている「グローブライド株式会社」の釣具ブランド。釣具単体では、日本最大レベルの規模で展開しています。また、「BE EARTH-FRIENDLY」を行動規範にかかげ、さまざまな企業活動を推進。釣り場のゴミ拾いや釣り教室など、社会貢献活動を積極的におこなっています。

釣具においては、独自のテクノロジーを取り入れた製品をラインナップ。汎用品からジャンル専用モデルまで幅広く対応しており、高品質な製品は日本国内ではもちろん、海外においても高く評価されています。

ダイワのクーラーボックスの魅力

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスは、釣った魚を新鮮に持ち帰るために設計されています。保冷力の高いモデルが多く、なかでも、断熱材に「6面真空パネル」を搭載したモデルは特に高性能。魚の保存のほか、アウトドアでの食材や飲み物の保存にも活躍します。

簡単に持ち運べる小型モデルから、大物の魚を収納できる大型モデルまで、さまざまサイズがラインナップされているのも特徴。大型モデルにキャスターを搭載したモデルも発売されており、持ち運びに便利です。

また、本体素材に抗菌剤や消臭剤を練り込んだモデルも要チェック。消臭力が持続し、気になるニオイを対策しながら清潔に使えます。

ダイワのクーラーボックスの選び方

用途で選ぶ

釣り用

By: daiwa.com

クーラーボックスを釣り用として使用する場合は、対象の魚のサイズを確認しておきましょう。ダイワのクーラーボックスでは大型魚向けからワカサギ釣り用まで、さまざまなモデルからターゲットに最適なサイズを選択できます。

サーフ用など特定の釣りジャンルに特化したモデルもあり、快適に釣りを楽しめる機能が充実。椅子代わりとして使える頑丈なモノもおすすめです。フタ部に魚の投入口を設けているかどうかも要チェック。フタを開閉せずに魚を収納できて手返しよく釣りを展開できるほか、冷気を逃さずに保冷力を維持できます。

船釣りで荷物が多く駐車場から船着き場まで距離がある場合は、キャリー付きモデルが持ち運びやすく便利です。手を濡らさずに溶けた水を排出できる水栓付きのモノもおすすめ。釣った魚を新鮮な状態に保つため、すばやく排水したいときに役立ちます。

キャンプ・アウトドア用

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスをキャンプ・アウトドアに使用する場合は保冷力をチェック。特に、連泊のキャンプで飲み物や食材を冷たいまま保存したい場合は、真空パネルやウレタン断熱材を搭載した保冷力に優れているモデルがおすすめです。

保冷剤に軽量なスチロールを採用したモデルは持ち運びしやすく、日帰りのアウトドアレジャーに最適。特に、500mlペットボトルを縦置きで収納できるモデルがアウトドアシーンでは便利です。

サイズで選ぶ

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスにはさまざまサイズのモデルがラインナップされており、ターゲットの魚や飲み物、食材の量などによって適したサイズが異なります。

例えば、全長の長い魚を収納したい場合には、幅のある横長タイプが便利。魚を折りたたまずに保存できます。また、複数人釣りをする際に1台のクーラーボックスを使用するのであれば、大きめのモデルを選ぶのがおすすめです。

飲み物を保存したい場合は、ペットボトルを何本収納できるかの表記をチェック。「500mlペットボトル15本」「500mlペットボトル11本+板氷1枚」など、具体的な数字を参考にしてみてください。

キャンプなどで食材や飲み物を保存する目的で使う場合は、人数の確認が重要。1泊2日のキャンプで、2人なら25~30L、4人なら50L程度が目安です。なお、ダイワのクーラーボックスは最大80Lモデルまで販売されています。イベントなどで使用する大容量のクーラーボックスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

保冷時間「KEEP」で選ぶ

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスの保冷力は独自の指標「KEEP」で表記されています。外気温40℃の室内で、クーラーボックスに本体容量の25%に当たる角氷を入れて放置。8時間後の氷残存率から、製品のKEEP数値を算出します。たとえば「KEEP50」と表記されていれば、50時間後に氷がゼロになるという意味です。

ただし、数値はあくまでも目安。外気温や氷の状態、フタの開閉頻度など、さまざまな条件で異なる点には注意が必要です。また、優れた断熱材を採用したモデルほど保冷力は高いものの、価格も高くなる傾向にあります。

日帰りの釣りや連泊のキャンプなど、使用するシーンを想定して適切なモデルを選ぶことが重要です。

オプションで選ぶ

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスには、優れた保冷機能のほかに、便利なオプション機能が搭載されたモデルも多く存在します。例えば、独自の滑り止めラバー「ふんばるマン」が備わったモノは安定性が高く、イスとして活用したいときに便利。船釣りや堤防など、滑りやすい場所での使用にもおすすめです。

また、エサ箱やロッドキーパー、小物入れなどのパーツでカスタマイズできるのも釣り専用クーラーボックスならでは。なお、ショルダーベルトなどの汎用品もラインナップされていますが、対応製品が限定されるオプションも多いため、確認が必要です。

ダイワのクーラーボックスおすすめ|大型

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス ビッグトランクII SU-8000

80cm級の青物を折りたたまずに収納できる容量80Lのクーラーボックスです。青物を中心とした船釣りにおすすめのモデル。2Lペットボトルを縦置きで16本収納できるため、大勢でのBBQやイベントなどでも活躍します。

大型キャスターが付いており、持ち運びに便利。両側に備えた取っ手は2人で持ち運ぶ際に役立ちます。上フタを除く5面に真空パネルを搭載した、KEEP82もの高い保冷力も魅力。上フタ4ヵ所のロック機構と内側のパッキンにより、冷気を逃がしにくい構造になっています。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス トランクマスターHD TSS 6000 S

内寸85cm、容量60Lで青物など大型魚を収納しやすいクーラーボックスです。大型静音キャスター付きで、側面のハンドルを持てば1人でも運搬可能。駐車場から船着き場やキャンプサイトまで距離がある場合に重宝するおすすめモデルです。

リフトアップオープンシステムを採用したフタは、左右のどちらからでも開閉できるのが特徴。丸ごと取り外せるため、使用後の水洗いで便利です。頑丈マッスルボディで椅子代わりとして使用できるほか、底部の滑り止めラバー「大型ふんばるマン」で滑りやすい場所での安定性にも優れています。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス トランク大将II SU 5000X

底面に真空パネルを搭載した容量50Lのクーラーボックスです。横長モデルで船釣りや遠征釣行に最適。サイドハンドルと静音キャスターの搭載により、1人でも楽に持ち運びできます。フタは2分割タイプで使い勝手がよいのも特徴。座りながら片方を開閉できるため便利です。

KEEP105の優れた保冷力で、連泊のキャンプで飲み物や食材を長時間冷やしておきたい場合にもおすすめ。フタは取り外して丸洗いできるほか、本体内部は抗菌剤配合で清潔に使えるのも魅力の1台です。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス プロバイザートランクHD ZSS 3500

内寸55cm、容量35Lのクーラーボックス。中型から大型魚まで幅広く対応できるほか、キャンプなどアウトドアでも使いやすいモデルです。6面真空パネルを採用した、KEEP127もの圧倒的な保冷力が魅力。長時間氷が溶けない優れた保冷力を重視したい方におすすめです。

内部にぴったりとフィットする「防水プルーフケース」が付属しているのも便利。氷に直接触れさせたくないモノを収納したい場合に役立ちます。下部に設けた水栓で手を濡らさずにスムーズに排水できるため、こまめに溶けた水を捨てたいときに便利です。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス NSトランク大将II 3500WD

500mlペットボトルを29本収納できる容量35Lのクーラーボックスです。余裕の収納力で船釣りのほか、キャンプやBBQ、イベントなどの使用にもおすすめ。大型投入口によりフタ全部を開閉する必要がなく、冷気を逃がしにくい構造で飲み物や食材もしっかりと保冷できます。

滑り止めラバー「ふんばるマン」を搭載しており、濡れた船上や磯場など滑りやすい場所でも安心。上フタはフリージョイント式で完全に取り外せるため、お手入れの際に便利です。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス RX SU X 3200X

By: daiwa.com

底面に真空パネルを配置したクーラーボックス。夏場の防波堤や磯場など地熱による保冷力低下を防げるおすすめモデルです。容量32Lで500mlペットボトルを縦置きで24本、2Lペットボトルは8本も収納可能。釣りはもちろん、キャンプやBBQで食材をたっぷり収納したい場合にも活躍します。

小物の小分け収納に便利なトレーが付属しているのもおすすめポイント。濡らしたくないモノなどを分けて収納できます。ショルダーベルトは底に接触しないよう工夫されており、地面が濡れている場所でも安心です。

ダイワのクーラーボックスおすすめ|小型

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス プロバイザーHD SU 2700

容量27Lで釣りやアウトドアなど、あらゆるシーンで使いやすい手頃なサイズのクーラーボックスです。底面1面真空パネルとスチロールの組み合わせで優れた保冷力を実現。500mlペットボトルを縦置きで24本収納可能です。

フタは天面に指を掛けるだけで開閉できる「リフトアップオープンシステム」を採用。左右のどちらからでも開閉できる両開きタイプで、取り外して水洗いできます。フタを開けずに排水できる水栓を備えているなど、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス シークールキャリーII SU 2500

キャリーハンドルとキャスターを搭載したクーラーボックス。釣り場までの移動に便利なモデルを探している方におすすめです。キャリーハンドルは伸縮式で最大約87cmまで伸びる構造。使用しないときはコンパクトに収納できるため便利です。

キャスターは静音タイプで、早朝や深夜など周囲への音が気になる状況でも安心。駅の改札口を通れる設計になっており、電車釣行用としても最適です。別売りのCPラゲッジネットを利用すれば、たくさんの荷物を重ねて固定可能。濡らしたくないモノを分けて収納できるプルーフケースやスノコトレーをセットできるなど、自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス プロバイザーHD ZSS 2100X

6面すべてに真空パネルを搭載したクーラーボックスです。ウレタン断熱材との組み合わせにより、KEEP80もの保冷力を実現しています。容量21Lで500mlペットボトルを20本収納可能。手頃なサイズで釣りやキャンプなど、あらゆるアウトドアシーンで活躍するおすすめモデルです。

頑丈な造りの「マッスルボディ」で椅子代わりとして使えるのも便利。ぶつかりやすい角を保護するプロテクターも搭載しています。両開きフタや釣った魚の収納に便利なワンプッシュ投入口を備えているなど、使い勝手にも優れた1台です。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールラインキャリー GU1500

キャリーハンドルと大型静音キャスターを搭載しているクーラーボックス。容量15Lのコンパクトサイズで、駅の改札口を通れるように設計されており、電車釣行向きのモデルを探している方におすすめです。

キャリーハンドルはコンパクトに収納できるため、車載や自宅での保管に便利。背面に小物入れを備えており、500mlペットボトルを入れられます。ウレタン断熱材の採用により、KEEP40の優れた保冷力も魅力。付属のショルダーベルトは引っ張って固定できる仕様で、荷物を重ねて移動したいときに役立ちます。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス スノーライン S1200

容量12Lのコンパクトなクーラーボックスで、500mlペットボトルを縦置きで10本収納できます。断熱材に軽量なスチロールを採用しており、重さ2.1kgで持ち運びも簡単。手頃なサイズでハンドルとショルダーベルトも備えているなど、あらゆる日帰りレジャーで使いやすいおすすめモデルです。

フタを開けずに溶けた水を捨てられる水栓を背面中央に配置。手を濡らさずにすばやく排水できます。超小型の2.9Lから24Lモデルまで幅広いサイズがラインナップされており、用途に合わせて選べるのもおすすめポイントです。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールラインα GU1000X ライトソルト

ロッドスタンドと小物入れが付属したソルトウォーターライトゲーム用のクーラーボックス。堤防や港周りで移動しながらのアジングやエギングにおすすめのモデルです。容量10Lの小型サイズで500mlペットボトルを縦置きで8本収納できます。

断熱材にウレタンを採用しており、KEEP35の保冷力を確保。フタは両開きタイプで取り外しできるほか、冷気を逃さずに魚を入れられる投入口も備えているなど使い勝手にも優れています。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クリスティア CLα S1000X

容量10Lのワカサギ釣り用としておすすめのクーラーボックスです。ワカサギ釣りの電動リールを置ける「叩き用マット」を配置。マットは衝撃吸収タイプで好みの大きさにカットできるため便利です。釣ったワカサギを入れやすい投入口にはビニール袋を取り付けられ、ニオイや汚れの付着を防げます。

小物トレー付きでエサと小物を分けて収納可能。頑丈ボディで椅子代わりとしても使用できます。断熱材には軽量なスチロールを採用しており、本体重量2.1kgで持ち運びも楽々です。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールライン SU 800X SURF

サーフでの投げ釣り用として開発されたクーラーボックス。エサを付ける際に便利なロッドスタンドやテンビンを3本収納できるシンカーホルダーを備えています。小物収納で役立つ「CPサイドボックスハード」も付属しているなど、快適なサーフフィッシングをサポートするおすすめモデルです。

ロータリーベイトやエサ箱を掛けられるフック受けを設けているのも便利。底1面真空パネルとウレタン断熱材の組み合わせにより、優れた保冷力を発揮するのも注目ポイントです。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス SU 700

本体サイズ19.5×38×32.5cm、容量7Lの小型クーラーボックスです。堤防での小アジ釣りや川での鮎釣り、渓流釣りでの使用におすすめ。車内のちょっとしたスペースに保管できるコンパクト設計で、なるべく荷物を少なくしたい場合にも適しています。

底面真空パネルとノンフロンHPウレタン断熱材により、従来モデルより約2.3倍もの保冷力を実現。釣った魚を新鮮な状態で持ち帰れます。ハンドルとベルト付きで持ち運びしやすく、ピクニックや部活の応援、フェスなど冷たい飲み物を持ち歩きたいシーンにも最適な1台です。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス クールライン GU 600X

容量6Lのコンパクトなサイズが特徴のクーラーボックス。小物釣りや公園でのレジャーなどアウトドアでの使用のほか、ランチボックスとしても使いやすいおすすめモデルです。持ちやすいロングハンドルの搭載で持ち運びも楽々。ベルトも付属しており、肩がけも可能です。

小型モデルながらウレタン断熱材の採用により、優れた保冷力を発揮するのも魅力。上フタは取り外してお手入れできるなど、使い勝手にも優れています。

ダイワのクーラーボックスの楽天市場ランキングをチェック

ダイワのクーラーボックスの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。