釣具の大手メーカーとして知られるダイワでは、さまざまタイプの「クーラーボックス」を販売しています。釣った魚を新鮮な状態で保存することを目的に開発されているため、優れた保冷力が魅力。また、使い勝手に優れた機能も搭載しており、釣り以外にキャンプやイベントなど多くのシーンで活躍します。

そこで今回は、ダイワのおすすめクーラーボックスをご紹介。選び方もあわせて解説するので、購入する際の参考にしてみてください。

釣具メーカー「ダイワ(Daiwa)」とは?

By: daiwa.com

ダイワは、釣り用品の製造や販売を手がけている「グローブライド株式会社」の釣具ブランド。釣具単体では、日本最大レベルの規模で展開しています。また、「BE EARTH-FRIENDLY」を行動規範にかかげ、さまざまな企業活動を推進。釣り場のゴミ拾いや釣り教室など、社会貢献活動を積極的におこなっています。

釣具においては、独自のテクノロジーを取り入れた製品をラインナップ。汎用品からジャンル専用モデルまで幅広く対応しており、高品質な製品は日本国内ではもちろん、海外においても高く評価されています。

ダイワ(Daiwa)のクーラーボックスの魅力

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスは、釣った魚を新鮮に持ち帰るために設計されています。保冷力の高いモデルが多く、なかでも、断熱材に「6面真空パネル」を搭載したモデルは特に高性能。魚の保存のほか、アウトドアでの食材や飲み物の保存にも活躍します。

簡単に持ち運べる小型モデルから、大物の魚を収納できる大型モデルまで、さまざまサイズをがラインナップされているのも特徴。大型モデルにキャスターを搭載したモデルも発売されており、持ち運びに便利です。

また、本体素材に抗菌剤や消臭剤を練り込んだモデルも要チェック。消臭力が持続し、気になるニオイを対策しながら清潔に使えます。

ダイワ(Daiwa)のクーラーボックスの選び方

サイズで選ぶ

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスにはさまざまサイズのモデルがラインナップされており、ターゲットの魚や飲み物、食材の量などによって適したサイズが異なります。

例えば、全長の長い魚を収納したい場合には、幅のある横長タイプが便利。魚を折りたたまずに保存できます。また、複数人釣りをする際に1台のクーラーボックスを使用するのであれば、大きめのモデルを選ぶのがおすすめです。

飲み物を保存したい場合は、ペットボトルを何本収納できるかの表記をチェック。「500mlペットボトル15本」「500mlペットボトル11本+板氷1枚」など、具体的な数字を参考にしてみてください。

キャンプなどで食材や飲み物を保存する目的で使う場合は、人数の確認が重要。1泊2日のキャンプで、2人なら25~30L、4人なら50L程度が目安です。

なお、ダイワのクーラーボックスは最大80Lモデルまで販売されています。イベントなどで使用する大容量のクーラーボックスを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

保冷時間「KEEP」で選ぶ

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスの保冷力は独自の指標「KEEP」で表記されています。外気温40℃の室内で、クーラーボックスに本体容量の25%に当たる角氷を入れて放置。8時間後の氷残存率から、製品のKEEP数値を算出します。たとえば「KEEP50」と表記されていれば、50時間後に氷がゼロになるという意味です。

ただし、数値はあくまでも目安。外気温や氷の状態、フタの開閉頻度など、さまざまな条件で異なる点には注意が必要です。また、優れた断熱材を採用したモデルほど保冷力は高いものの、価格も高くなる傾向にあります。

日帰りの釣りや連泊のキャンプなど、使用するシーンを想定して適切なモデルを選ぶことが重要です。

オプションで選ぶ

By: daiwa.com

ダイワのクーラーボックスには、優れた保冷機能のほかに、便利なオプション機能が搭載されたモデルも多く存在します。例えば、独自の滑り止めラバー「ふんばるマン」が備わったモノは安定性が高く、イスとして活用したいときに便利。船釣りや堤防など、滑りやすい場所での使用にもおすすめです。

また、エサ箱やロッドキーパー、小物入れなどのパーツでカスタマイズできるのも釣り専用クーラーボックスならでは。なお、ショルダーベルトなどの汎用品もラインナップされていますが、対応機種が限定されるオプションも多いため、確認が必要です。

ダイワ(Daiwa)のクーラーボックスおすすめ

ダイワ(Daiwa) RX SU 2600X

ダイワ(Daiwa) RX SU 2600X

断熱材にノンフロンウレタンを採用し、同社の従来モデルと比較して約2.3倍の保冷力を実現したクーラーボックス。底面に搭載した真空パネルの効果と相まって、KEEP90の保冷力を発揮します。また、500mlペットボトル18本を縦置きで収納可能。釣りはもちろん、2人程度のキャンプでも活躍します。

便利な大型投入口を搭載しているのもポイント。魚やペットボトルを投入する際に、フタ全体を開閉する必要がなく便利です。さらに、水抜き栓や、小物を分類して収納できるトレーを備えているなど、使い勝手に優れています。

そのほか、滑り止めラバー「ふんばるマン」も搭載しており、イス代わりとして使用したい方にもおすすめ。なお、本製品は26Lモデルですが、12・18・32Lの別サイズもラインナップされています。

ダイワ(Daiwa) クールラインαII S 2500

ダイワ(Daiwa) クールラインαII S 2500

リブ補強を施した、剛性ボディが特徴のクーラーボックス。変形による保冷力低下を対策でき、長く愛用したい方におすすめです。別売りのプルーフケースを2個取り付ければ小物を収納できるので、釣りにもぴったり。容量は25Lで500mlペットボトルを19本収納でき、キャンプなどアウトドアでの使用にも適しています。

本体の上フタが左右どちらからも開閉できるため、狭い場所での出し入れやメンテナンス時に便利。片手で簡単に開閉できる「ワンアクションフロントロック」により、力を入れずに扱いやすいのもポイントです。

ダイワ(Daiwa) クールラインα GU1000X ライトソルト

ダイワ(Daiwa) クールラインα GU1000X ライトソルト

竿立てと小物入れが付属した、容量10Lの小型クーラーボックス。持ち運びやすく、堤防などで移動しながら釣りをしたい方におすすめです。竿立てと小物入れは好みの位置に装着できるほか、取り外しても使用可能。容量は、500mlペットボトルを8本収納できる大きさです。

上フタが左右開閉対応で取り外せるため、お手入れも簡単。釣った魚をすばやく収納できる投入口も備えており、庫内の冷気を逃しにくいのも嬉しいポイントです。

ダイワ(Daiwa) シークールキャリーII S 2500

ダイワ(Daiwa) シークールキャリーII S 2500

キャスターとハンドルを搭載したクーラーボックスです。駐車場から、釣り場やキャンプ場まで距離があるときに便利なほか、ほかの荷物を一緒に乗せられ、一度にたくさんの持ち運びが可能。一般的な駅の改札口を通れるサイズに設計されており、電車で釣行したい場合にもおすすめです。

また、荷物が多いときは別売りのラゲッジネットを使用すれば、荷崩れを心配せずに移動可能。さらに、小物収納に便利なプルーフケースやボトルホルダーも揃えれば、使い勝手が向上します。

ダイワ(Daiwa) スノーライン S1200

ダイワ(Daiwa) スノーライン S1200

断熱材にスチロールを採用した、リーズナブルな価格のクーラーボックスです。容量は24Lで、500mlペットボトルを縦置きで約17本収納可能。日帰りの釣りやバーベーキュー用食材の保存におすすめのモデルです。

持ち運びに便利なハンドルを搭載しているほか、ショルダーベルトが付属しているのも特徴。肩掛けして持ち運べるため、楽に移動できます。また、底面一体型スノコや水抜き栓を備えているなど、魚を新鮮な状態で持ち帰るための工夫も魅力です。なお、本モデルは24Lですが、3・12・18Lのサイズもラインナップされています。

ダイワ(Daiwa) プロバイザーHD ZSS 2700

ダイワ(Daiwa) プロバイザーHD ZSS 2700

全面に断熱性を搭載した「6面真空パネル」のクーラーボックスです。KEEP100の高い保冷力を実現しており、泊まりでの釣りや連泊でのキャンプなどにおすすめ。また、「リフトアップオープンシステム」を採用しているため、天面レバーに指を掛けるだけと開閉も簡単です。

クーラー本体に消臭剤を練り込んでおり、ニオイを軽減できるのもポイント。丈夫で変形しにくい「マッスルボディ」の採用に加え、ふんばるマンと滑り止めシートによる高い安定性で、安心して座れます。

ダイワ(Daiwa) プロバイザーHD ZSS2700EX

ダイワ(Daiwa) プロバイザーHD ZSS2700EX

厚みのある「極厚6面真空パネル」を採用したクーラーボックス。KEEP120の高い保冷力が特徴です。容量は27Lで、500mlペットボトルを縦置きで24本収納可能。釣りのほか、キャンプやバーベーキューなどでも活躍します。

ホロシルバーをあしらった、高級感のある外観も魅力。また、低重心で幅広の大型ふんばるマンを搭載しているほか、座っても変形しにくマッスルボディにより、安定感も良好です。

本製品は、真空パネル収納部に充分なスペースを設けているため、オプションパーツの取り付けでビスを打つことが可能。自分好みにカスタマイズしやすいクーラーボックスです。

ダイワ(Daiwa) クールラインα S1000X SURF

ダイワ(Daiwa) クールラインα S1000X SURF

サーフでの投げ釣り用に特化したクーラーボックス。小物収納に便利なサイドボックスやロッドスタンド、エサ箱を掛けられるフック受けなど、使い勝手に優れた機能が満載のおすすめモデルです。容量は10Lで、エサパックや小物収納に便利なトレーを内蔵しているため、ビニール袋などを使用すれば魚を仕分けられます。

断熱材にスチロールを採用しており、重さは2.3kgと軽量。持ち運びながら釣りをしても、負担になりにくいのが魅力です。

ダイワ(Daiwa) クールライン S800X

ダイワ(Daiwa) クールライン S800X

容量8Lの小型モデルで、日帰りの釣りや少人数でのアウトドアにおすすめのクーラーボックス。ハンドルのほかショルダーベルトも付属しているので、肩掛けで持ち運べて便利です。

本体の断熱材にスチロールを採用しており、リーズナブルな価格も魅力。また、開閉の際に冷気を逃しにくい魚投入口が備わっているほか、上フタを取り外せるお手入れのしやすさも嬉しいポイントです。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス ZS 700

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス ZS 700

容量7Lの小型ながら、機能性に優れたクーラーボックスです。すべての面に真空パネルを配置した「6面真空パネル」を採用。HPウレタン断熱材とのダブル構造により、高い保冷力を発揮します。

重さは2.7kgと軽量で、持ち運びも簡単。釣りはもちろん、ピクニックやフェスなどで、冷たい飲み物やお弁当を保存しておくのにもおすすめです。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス トランクマスターHD TSS 4800

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス トランクマスターHD TSS 4800

内寸幅75cm、容量48Lの大型クーラーボックス。ロングボディにより、大型青物も折りたたまずに収納できます。3面真空パネルとスチロールによる断熱構造で、KEEP122の高い保冷力を発揮。釣った魚を、できるだけ新鮮な状態で持ち帰りたい方におすすめです。

本体は9.7kgと重めですが、大型静音キャスター付きなので移動が簡単。また、大型ふんばるマンの搭載で安定性にも優れています。本体素材に抗菌剤と消臭剤を配合しており、清潔な状態で使用したい方にもぴったりです。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス トランク大将II GU 5000X

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス トランク大将II GU 5000X

開閉時に冷気を逃しにくい、大容量のクーラーボックス。左右のフタを別々に開閉でき、使い勝手に優れています。容量は50Lで、500mlペットボトルを44本収納可能。釣りはもちろん、連泊でのキャンプなどで食材をたっぷり保存したい場合にもおすすめです。

本体底面には、滑り止めラバーのx大型ふんばるマンを4個備えています。揺れる船上でも、優れた安定性を発揮。また、静音キャスターで移動が楽なほか、早朝や深夜など周囲に気をつかうシーンでも重宝します。

ダイワ(Daiwa) ビッグトランクII SU 8000

ダイワ(Daiwa) ビッグトランクII SU 8000

容量80L、内寸79.5cmの、ダイワ製品のなかでも最大サイズのクーラーボックス。ブリやヒラマサなどの大型青物などが数多く釣れるシーンでおすすめです。2Lペットボトルを縦置きで収納できるほか、500mlペットボトルを58本も入れられる収納力が魅力。キャンプやイベントなど、飲み物や食材をたっぷり保存したい場合にも適しています。

5面真空パネルとスチロールの断熱材で、KEEP82の保冷力を発揮するのも特徴。また、ウインチで引き上げる際に便利なベルトや、移動の際に活躍する大型キャスターを搭載しているなど、使い勝手にも優れています。

ダイワのクーラーボックスの楽天市場ランキングをチェック

ダイワのクーラーボックスの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。