ちょっとしたピクニックや買い物など、食材を保冷したい場面で活躍する「クーラーボックス」。しかし、しっかりしたクーラーボックスは場所を取るため、収納に困ることもあります。折りたたみクーラーボックスなら、必要に応じて収納・使用が自由自在です。

そこで今回は、保冷力と携行性に優れた折りたたみクーラーボックスのおすすめの製品をご紹介。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

折りたたみクーラーボックスのメリット

By: amazon.co.jp

一般的なハードタイプのクーラーボックスは保冷力に優れていますが、収納場所に困る場合があります。折りたたみ式のクーラーボックスはコンパクトにたためるので、収納スペースを気にせず、保冷が必要な場面ですぐに使用できるのが魅力。

折りたたみクーラーボックスは、普段の買い物でも生鮮食品などの簡易的な保冷に役立つため、車に常備しておくと重宝します。

また、ハードタイプのクーラーボックスに比べて保冷力は劣りますが、片道移動の間など短時間の保冷であれば効果は十分。手軽さを重視したい場面におすすめのアイテムです。

折りたたみクーラーボックスの選び方

保冷力をチェック

By: amazon.co.jp

折りたたみクーラーボックスを選ぶ際に重視したいのが保冷力。キャンプやBBQなどのアウトドアシーンでは、直射日光に当たったり開閉時にあたたかい空気が内部に侵入したりする場合があるので、できるだけ保冷力が高い製品を選ぶようにしましょう。

使われている素材や厚み、密閉性などによって保冷力は異なりますが、目安となるのが保冷日数。室内が20℃前後の環境で、クーラーボックスに入れた氷が溶け切らずに残っている日数を表しています。

しかし、実際は使用環境や開閉回数などによって保冷日数は変動するので、表記されている日数の50~60%と考えて選ぶのがおすすめ。保冷日数5日間であれば2~3日程度と考えておきましょう。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

折りたたみクーラーボックスは、用途によって必要な容量を調節すると効率的に使用できます。必要量に対して本体が大きすぎると隙間ができ、外気が混ざりやすくなるため、保冷力があまり発揮できません。

キャンプなど多くの飲料や食材を用意するシーンでは、ハードクーラーの補助として用意するのがおすすめ。例えば、飲み物と食材で使い分けると効率よく使用できます。人数にもよりますが、基本的には35L以上の大型タイプを選びましょう。

BBQなどの日帰りシーンでは携行性を重視したほうがよいため、20L以下のタイプを選んでおくと食材をすぐに取り出せるのでおすすめです。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

折りたたみクーラーボックスは、柔軟性のある素材を使用している場合がほとんどです。なかでも柔軟性と弾力性を併せ持つ「PEVA素材」を使用した製品は、耐久力が高く長期間の繰り返し使用が可能。

製品によっては、日光を反射させて紫外線の侵入を防ぐために、表面にアルミなどを蒸着させたモノもあります。

また、断熱材も柔軟性と断熱性を併せ持つ「ポリエチレンフォーム(PEフォーム)」を使用したモノを選ぶのがおすすめです。適切なサイズの製品を使用すれば、長時間の保冷が可能となります。

折りたたみクーラーボックスのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

コールマンは、アメリカ発祥のアウトドア用品メーカー。テント・ファニチャー・調理器具・ランタンといった幅広い製品をラインナップしています。

コールマンの折りたたみクーラーボックスは、小窓から中身を取り出せる「エクストリームアイスクーラー」「アルティメイトアイスクーラーII」が人気です。冷気の漏れを最小限に抑えるので、保冷効果が高く、欲しいモノをすぐに取り出せます。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

ロゴスは日本発祥のアウトドア総合ブランド。「海辺5メートルから標高800メートルまで」をブランドポリシーとして掲げており、キャンプや登山用品だけでなく、ビーチで使えるアイテムなども取り扱っています。

ロゴスでは広々としたテントに加え、贅沢な家具や寝具を楽しむ「グランピング」事業を展開。アウトドアを好む方々にグランピングを楽しんでもらえるよう、キャンプ場やリゾート施設向けレンタルサービスも実施しています。

ロゴスの折りたたみクーラーボックスは、前後がシェル構造になっており、中身を保護する「ハイパー氷点下クーラー」が人気。衝撃に弱いビン類などでも、安心して持ち運びが可能です。保冷力にも優れており、ロゴスの「氷点下パック」と併用すれば、さらに高い効果が期待できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

キャプテンスタッグは、日本発祥のアウトドア総合ブランド。ブランドマークである牡鹿のような、「大自然の中で頼りになる存在」として設立されました。使いやすさと購入しやすさを第一に考えており、コスパに優れた製品を多くラインナップしています。

キャンプ用品に限らず、カヌーやサイクリング用品を手掛けるほど、取り扱う製品は豊富。アウトドア用品をすべて同メーカーの製品で揃えることも可能です。

キャプテンスタッグの折りたたみクーラーボックスは、簡易的なテーブルとして機能するモノや、小窓付きで中身を取り出しやすいモデルをラインナップ。機能性に富んでいるため、アウトドアシーンで重宝します。

折りたたみクーラーボックスのおすすめ

コールマン(Coleman) エクストリームアイスクーラー 15L 2000022212

容量が約15Lの折りたたみクーラーボックスです。500mlのペットボトルを13本収納可能。小窓付きで、冷気の漏れを抑えながらペットボトルなどを取り出せます。保冷力が約1日持続するため、BBQなどの日帰りレジャーにぴったりです。

フタの裏側にはネットが付いており、保冷剤を収容可能。本体側面にはメッシュポケットを搭載しているので、タオルなどの小物類を収納できて便利です。PETアルミニウム製のライナーは取り外せるため、簡単にお手入れできます。

使用時のサイズは、約幅30×奥行き25×高さ25cm。折りたたむと高さ12cmまでコンパクトになるため、使用後はラクに持ち運びできます。

コールマン(Coleman) アルティメイトアイスクーラーII 35L 2000027238

容量が約35Lの折りたたみクーラーボックスです。2Lのペットボトルを12本収納可能。ソフトタイプのクーラーボックスながら、保冷力が約49時間持続します。小窓が付いており、中身をすぐに取り出せるのも便利です。

使用時のサイズは、約幅42×奥行き32×高さ38cm。折りたたむと、約幅42×奥行き38×高さ16cmまでコンパクトになります。ライナーにはPEVA素材を採用しており、耐久性に優れているのもメリットです。

コールマン(Coleman) デイリークーラー 30L 2000027235

カラフルなデザインがおしゃれな折りたたみクーラーボックスです。容量は30Lで、2Lのペットボトルを8本収納可能。保冷力が約半日持続するため、買い物などのデイリー使いにおすすめです。

ショルダーベルト付きなので、持ち運びに便利。フロントにはジッパーポケットを搭載しており、財布やスマホを収納できます。使用時のサイズは、約幅34×奥行き24×高さ33cm。収納時には、約幅38×奥行き8×高さ33cmとスリムに折りたためます。

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラーM 81670070

容量12Lの折りたたみクーラーボックスです。ロゴスの「氷点下パックGT-16℃」と併用すれば、アイスクリームを約13時間保存できると謳われています。ハードクーラー並みの高い保冷力があるため、キャンプなどのアウトドアシーンにおすすめです。

シェルを広げて使用する仕組みで、ジッパーを閉じるとコンパクトに収納可能。また、シェルプロテクト構造を採用しており、外部からの衝撃に強いのも魅力です。

ロゴス(LOGOS) デザインクーラー25 81670705

かわいいストライプ柄の折りたたみクーラーボックスです。厚さ10mmの断熱材を採用し、保冷力を高めています。フタのジッパー裏面にも断熱材を搭載しているため、冷気の流出を抑えることが可能。フタの裏面にメッシュポケットを備えており、保冷剤を収容できます。

使用時のサイズは、約幅36×奥行き28.5×高さ33cm。折りたたむと、約幅37×奥行き34×高さ8cmまでコンパクトになります。重量約900gと軽量で持ち運びしやすいため、買い物などの普段使いにおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スーパーコールドクーラーバッグ25L UE-577

容量25Lの折りたたみクーラーボックスです。本体内部の側面に補強板を搭載しており、簡易テーブルとしても使えます。フタには2つのくぼみを設けているため、ドリンクを安定して置けるのも便利。本体内部にはメッシュポケットを備えており、保冷剤を収容できます。

使用時のサイズは、約幅38×奥行29×高さ29cm。収納時には、高さ約11.5cmまでコンパクトに折りたためます。ショルダーベルト付きなので、ラクに持ち運びできるのもメリットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スーパークールソフトクーラー 20L UE-568

容量20Lの折りたたみクーラーボックスです。断熱材に厚手のポリエチレンフォームを使用することで、高い保冷力を実現。フタには小窓を設けているため、中身をすぐに取り出せます。

前面・サイドにはポケットを搭載しており、財布やタオルなどの小物類を収納可能。使用後には本体をテープで固定して、コンパクトに保管できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) デリス シルバーソフトクーラーバッグ30L UE-501

容量30Lの折りたたみクーラーボックスです。断熱材に厚さ6mmのポリエチレンフォームを採用しており、保冷力に優れているのが特徴。本体内部には、保冷剤を入れられるメッシュポケットが付いています。

使用時のサイズは、約幅38×奥行き27.5×高さ33cm。折りたたむと、高さ約6cmまでスリムになります。重量約560gと軽量で、ショルダーベルトの長さを調節できるため、持ち運びしやすいのがメリットです。

サーモス(THERMOS) ソフトクーラー RFD-020

容量約20Lの折りたたみクーラーボックスです。500mlのペットボトルを19本、2Lなら6本収納できます。素材には「アイソテック2」を採用。外生地・ポリウレタン・発泡ポリエチレン・ポリプロピレン不織布・内生地の5層断熱構造により、高い保冷力を持続できる仕組みです。

内生地には、PEVA素材を使用。汚れをふき取りやすく耐久性が高いため、長期間愛用できます。底びょう付きで、地面に置いても汚れにくいのがメリット。背面のスリットにキャリーカートのハンドルを通すと、クーラーボックスを固定して重い荷物でもスムーズに持ち運びできます。

ダイワ(Daiwa) ソフトクールEX 4500

フィッシング用品のメーカーとして人気の「ダイワ」が手掛ける折りたたみクーラーボックス。45Lの大容量で、2Lのペットボトルを12本収納できます。釣りはもちろん、大人数でのBBQやキャンプなどのアウトドアシーンにもおすすめです。

7層断熱構造を採用しており、保冷力に優れているのが特徴。底面には3cmの断熱材を使用することで、保冷力を高めています。また、「Z冷却」により、収納物を上下から効率よく冷やせるのもメリット。底面にはPVC素材を使用しており、吸水しないため魚や氷をそのまま入れられます。

ディーオーディー(DOD) SOFT KURAZO 46 CL5-789

使いやすさにこだわった折りたたみクーラーボックス。46Lの大容量で、ファミリーやグループでのアウトドアシーンにおすすめです。パーテーションが2枚付属するため、内部を仕切って食材ごとに収納できます。

断熱材には、厚めの発泡ポリエチレンフォームを採用。保冷性が高く、氷を56時間残存できると謳われています。柔軟性があるため、ギアボックスとして使用できるのも便利です。

バンドック(BUNDOK) クーラーバック 20L BD-749BE

容量約20Lの折りたたみクーラーボックスです。2Lのペットボトルを縦に6本収納できます。使用時のサイズは、約幅34x奥行き23x高さ31cm。折りたたむと、高さ約6cmまでコンパクトになります。

重量は約530gと軽量なので、買い物などの日常使いにもおすすめ。ショルダーベルト付きで、持ち運びもラクにできます。

エーオークーラーズ(AO Coolers) 12パック キャンバス ソフトクーラー

業務用のメーカーとして誕生した「エーオークーラーズ」が手掛ける折りたたみクーラーボックスです。容量は11Lで、350ml缶を12本と氷2.2kgほどを収納できます。

断熱材には、厚さ1.9cmの独立気泡フォームを採用。5層構造になっており、外気35℃でも氷を約27時間残存できると謳われています。また、水で丸洗いできるため、清潔な状態を維持できるのも魅力です。

シアトルスポーツ(SEATTLE SPORTS) フロストパック25QT

容量約23.6Lの折りたたみクーラーボックスです。2Lのペットボトル4本に加えて、350ml缶を15本ほど収納できます。浅型タイプなので、中身が見やすく取り出しやすいのがメリットです。

空気孔が付いた二重アルミ製特殊断熱層を採用。熱の侵入を防止して冷気を閉じ込めることにより、高い保冷力を実現しています。

フリップボックス(Flip-Box) フリップボックスプレミアム 25L size

保温容器としても使えるクーラーボックスです。-20℃~100℃までの耐熱温度を備えているため、あたたかいモノはあたたかく、冷たいモノは冷たいまま保存できます。素材には、発泡ポリプロピレンを採用。重量が約520gと軽量なので、持ち運びやすいのがメリットです。

外寸は、幅42×奥行き42×高さ24cm。折りたたむと、高さ11.5cmまでコンパクトになります。スタッキングできるので、数箱揃えて大人数でのキャンプ時に使用するのもおすすめです。