冷えた飲み物を外に持ち歩く際に活躍するのが「保冷バッグ」。冷たい飲み物を保冷しながら持ち運べるアイテムです。登山やキャンプなどアウトドアが楽しい暑い季節に欠かせない、キンキンに冷えた飲み物を保存する際に重宝します。

飲み物だけではなく、お弁当などを入れる際にも便利。そこで今回は、おすすめの保冷バッグをご紹介します。

保冷バッグとクーラーボックスはどっちがいい?

クーラーボックスは、多めに用意した食材や飲み物を運べるのが特徴。キャンプやバーベキューなど複数人で長時間アウトドアを楽しむ場合は、保冷バッグではなくクーラーボックスを選ぶのがベストです。

一方、近場へのピクニックや少人数でのキャンプなど、荷物が比較的少なく済みそうな場合は保冷バッグがおすすめ。クーラーボックスほどかさばらないので、運搬時の負担が最小限に抑えられます。

また、小型車やバイクなどで日帰りのアウトドアに出かける際も、クーラーボックスではなく持ち運びやすい保冷バッグがおすすめです。シチュエーションに応じて使い分けましょう。

保冷バッグの選び方

折りたためるかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

保冷バッグは、使用しないときにはコンパクトに折りたためるのが便利なポイントです。たとえば、キャンプやバーベキューへ出かける際には食材を保冷バッグに入れて持っていき、帰りは折りたたんでしまえば荷物になりません。

また、コンパクトに折りたためるタイプの保冷バッグなら、アウトドアのみならず、買い物や出勤・通学時のお弁当入れに活用するなど、普段使いでも幅広いシーンで活躍するのでおすすめです。

サイズで選ぶ

By: chums.jp

保冷バッグを選ぶ際には、主にどんなシーンで使用するのかを想定してチョイスしましょう。500mlのペットボトルを持ち運ぶ場合は、比較的小さな5Lの保冷バッグであれば4本ほど、大きな35Lの保冷バッグであれば36本ほど収納できます。

また、大人数のキャンプやバーベキューなどでは、なるべく大きい保冷バッグがおすすめですが、たくさんのドリンクや食材を入れると重くなるので注意が必要です。そのほか、電車で出かける際にも必要以上に大きな保冷バッグは、移動の際に邪魔になることもあります。集まる人数や、移動手段、使用するシーンに合わせて適切なサイズの保冷バッグを選びましょう。

保冷効果で選ぶ

By: amazon.co.jp

保冷バッグの保冷力は、平均4~6時間ほどです。加えて、外気温や保管場所、製品の仕様、入れる内容物の状態(凍っているか)などの条件によって保冷力は前後します。

保冷剤や氷を入れた状態で保冷バッグの保冷力を最大限に活かすには、保冷剤を入れるのがポイント。保冷剤を収納するポケットを備えている保冷バッグであれば、中身を取り出す際に保冷剤が邪魔になりにくいのでおすすめです。

保冷バッグのおすすめ

スノーピーク(snow peak) ソフトクーラー18 FP118

スノーピーク(snow peak) ソフトクーラー18 FP118
国産の人気アウトドアブランド、スノーピークの保冷バッグです。肩掛けしやすい大きさで使い勝手がよく、500mlのペットボトルが15本ほど収納できます。

断熱材には軽量の「アルミコーティングシェル内層材」を、バッグ表面の素材には「PVCナイロン」を採用しているのもポイント。耐熱性が高く、衝撃に強いのが魅力です。また、「超音波溶着」で素材の接着を行い、溶接部分の水漏れを防いでいるので、内部が結露した際の水漏れも防げます。

そのほか、使用しないときは折りたたみが可能で、コンパクトに収納できるのも魅力。本アイテムのほか、11L、38Lのサイズがあり、用途に合わせた大きさを選択できます。

チャムス(CHUMS) ポーテージピクニッククーラー

チャムス(CHUMS) ポーテージピクニッククーラー
鮮やかなレッドカラーに「チャムス」のロゴが映える保冷バック。機能性だけでなく、デザインにもこだわりたい方におすすめのアイテムです。取り外しできるパット付きのショルダーベルトと、しっかりとした持ち手が付いており、シーンに合わせて使い分けられます。重量があっても持ち運びしやすいのが魅力です。

また、外側の前面には大きなポケットが、フタとなる部分の内側には、保冷剤が入るポケットが付いています。さらに、取り出し口がWファスナー仕様なので、左右半分のみの開閉が可能。冷気が逃げにくく、飲み物などを取り出しやすいのもポイントです。

コールマン(Coleman) デイリークーラー 30L

コールマン(Coleman) デイリークーラー 30L
キャンプ用品メーカーとして人気の高い「コールマン」の保冷バッグ。パッチワーク柄が目を引く可愛らしいデザインで、アウトドアはもちろん、普段の買い物にもおすすめです。短い持ち手のほか、肩掛けできるショルダーベルトも付いています。外側に付いているポケットにはファスナーがあり、小物の収納ができるのも魅力です。

また、使用しないときは折りたたみが可能。本体左右にあるマジックテープで固定すれば、コンパクトに収納できます。本シリーズには、2Lのペットボトルが約8本収納できる30Lサイズのほか、10L・20Lサイズがあり、さらにトートタイプの15L・25Lサイズが用意されているのもポイント。ピンクを基調としたカラーの「ピーチ」シリーズもあり、豊富なカラーバリエーションから選べるのも魅力です。

コールマン(Coleman) アルティメイトアイスクーラーⅡ 25L

コールマン(Coleman) アルティメイトアイスクーラーⅡ 25L
コールマンの保冷バッグのなかでも圧倒的な保冷力を有する「アルティメイトアイスクーラーⅡ」。25Lと35Lサイズがあり、家族でのキャンプやバーベキューにおすすめです。約30℃の室内で定められた量の氷が完全に溶けるまでの時間を測る「保冷性能実験」では、25Lで42時間、35Lで49時間に渡って氷をキープ。高い保冷性能が証明されています。

保冷バッグの上部には取り出し口があり、2Lのペットボトルを取り出す際も冷気が逃げにくいのが特徴です。また、ライナーと呼ばれるバッグの内側部分は取り外して丸洗いが可能。汚れやすいアウトドアでも安心して使えます。さらに、折りたたんでコンパクトに収納できるように、本体背面には固定するためのベルトが付いているなど、機能性を重視する方におすすめの保冷バッグです。

エーオークーラー(AO Coolers) 12パック キャンバス ソフトクーラー

エーオークーラー(AO Coolers) 12パック キャンバス ソフトクーラー
アメリカで人気のクーラーブランド「エーオークーラー」の保冷バッグです。本ブランドは、1990年、食肉や水産業界向けクーラーの販売からスタート。その優れた性能で、一般ユーザーからも高い評価を得ると、瞬く間に世界規模のクーラーメーカーへと成長を遂げました。

本アイテムは、表地に厚手のキャンパス生地を採用した定番シリーズ。カジュアルなデザインなので、普段使いにもおすすめです。両サイドのバックルを留めるとボックス型に、外すと背の高いトート型になるので、収納するモノの大きさに合わせられるのもポイント。また、本体の素材はブランド独自の5層構造を採用し、厚みのある断熱材が高い保冷力を維持しています。

Oittm ソフト クーラーボックス 30L

Oittm ソフト クーラーボックス 30L
耐久性・防水性に優れた、保冷・保温バッグ。丈夫なオックスフォード布を表面の素材に採用しているので、持ち運びに便利です。また、内側の生地は防水性の高いPEVA素材で、氷が直接入れられます。

さらに、バッグのフタ部分はダブルファスナーで、左右のどちらからでも開閉が可能。フタに付いているマジックテープ式の小窓は、飲み物などを取り出す際に冷気が逃げるのを防げます。

保冷バッグの前面にある大きなポケットはファスナー式なので、鍵や携帯電話などを入れられるのがポイント。また、両サイドのメッシュポケットは、ティッシュやお手拭きなどが収納できます。飽きのこないシンプルなデザインで、アウトドアはもちろん、運動会やスポーツ観戦など、さまざまなシーンで活用できるのも魅力です。

サーモス(THERMOS) ソフトクーラー REF-005

サーモス(THERMOS) ソフトクーラー REF-005
魔法びんのパイオニアとして有名な「サーモス」の保冷バッグ。500mlのペットボトルを4本収納できるコンパクトなサイズで、お弁当や果物などを入れるのにおすすめです。メーカー独自の複合断熱材「アイソテック5層構造」を採用した、高い保冷力も特徴。フタ内側のメッシュポケットに保冷剤を入れると、より一層保冷力が高まります。

取り外し可能な肩掛け用のベルトがあり、持ち運びしやすいのもポイント。また、使わないときはコンパクトに収納できるのも魅力です。5Lサイズの本アイテムのほか、15L・20Lサイズがラインナップされており、用途に合わせて最適な大きさのモノを選択できます。

サーモス(THERMOS) 保冷ショッピングバッグ RER-025

サーモス(THERMOS) 保冷ショッピングバッグ RER-025
500mlペットボトルが25本収納できる保冷バッグ。マチを折りたたみ、トートバッグのように使用することも可能なので、毎日の買い物からアウトドアまで、幅広く活用できます。持ち手は肩掛けできる長さがあり、本体重量は約300gと軽量。持ち運びやすいので、女性にもおすすめの保冷バッグです。

また、メーカー独自の断熱材「アイソテック4層構造」を採用することで、高い保冷力を発揮しています。そのほか、保冷バッグ前面には仕切りの付いたポケットがあり、小物類の収納に便利。ファスナー部分のカラーがアクセントの、スッキリとしたデザインも魅力です。

ロゴス(LOGOS) insul10 ソフトクーラー5

ロゴス(LOGOS) insul10 ソフトクーラー5
淡いグリーンを基調としたデザインがおしゃれなロゴスの保冷バッグです。厚さ約10mmの断熱材を採用した、保冷力の高さが特徴。ファスナー部分にも断熱材を使用し、冷気が逃げるのを防げます。短い持ち手のほか、斜めがけも可能なショルダーベルトが付いており、持ち運びやすいのも魅力です。

また、使わないときは、フタを開けて後ろへ倒し、折りたたんで収納できます。本アイテムは、350mlの缶が約6本入るコンパクトな5Lサイズですが、汎用性の高い15L、大容量の35Lもラインナップされています。日本を代表するキャンプ用品メーカーの保冷バッグで性能が高いので、キャンプなどの本格的なアウトドアにもおすすめのアイテムです。

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラーL

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラーL
存在感のあるメタルシルバーカラーで、スタイリッシュなデザインが目を引く保冷バッグ。ロゴスオリジナルの板状保冷剤「氷点下パック」専用のアイテムですが、一般の保冷剤も使用可能です。同社独自の実験では、「氷点下パック」を2枚併用すると、アイスクリームが最大11時間保存できることが証明されており、保冷力を重視する方におすすめです。

保冷バッグの前面と背面の素材はシェルプロテクト構造を採用。収納しているビン類などを、外部の衝撃から守ります。また、使用しないときは、左右の面を内側に折りたたみ、前後のシェルを合わせてジッパーを締めればコンパクトに収納可能。保冷バッグのインナーカバーは取り外して洗浄できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーロード クーラーバッグ 24L

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーロード クーラーバッグ 24L
レトロな色合いでアメリカンな柄が目を引くキャプテンスタッグの保冷バッグ。フタの内側には保冷剤を入れるメッシュポケットがあり、別売りの保冷剤と一緒に使用すると保冷力がアップします。また、保冷バッグ前面には小物入れに便利なポケットがあり、長さ調節が可能なショルダーベルトも付いているなど、使い勝手のよさも魅力です。

本シリーズにはボックスタイプとトートタイプがあり、サイズのバリエーションが豊富なのもポイント。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、機能的な保冷バッグを手軽に使いたい方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) デリス ソフトクーラーバッグ 15L

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) デリス ソフトクーラーバッグ 15L
表地にアルミ蒸着シートを使用した保冷バッグ。高い保冷力がありながら、比較的リーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。折りたたんで収納する際は、マジックテープでしっかり固定できるので、車などに常備しておくのもおすすめ。使い勝手のよいシンプルなデザインで、夏のお出かけからキャンプまで、幅広く活用できます。

また、本シリーズはサイズのバリエーションが豊富なのもポイント。4Lのランチバッグから大容量の35Lまで、6種類がラインナップされています。さらに、4Lと10Lの2種類のトートタイプもあり、好みや用途に合わせて選択できるのも魅力です。

シービージャパン(CB JAPAN) 保冷トートバッグ ボッカ

シービージャパン(CB JAPAN) 保冷トートバッグ ボッカ
丸みのあるおしゃれなデザインで、普段の買い物にもおすすめの保冷バッグ。落ち着いた色味で重量感がありますが、約500gと軽量なのが特徴です。アルミニウム製のスタイリッシュな持ち手には、手や腕の負担を軽減するクッションが付いているのもポイント。保冷バッグのファスナーは本体の中央よりやや上部にあるため、ファスナーを閉めた状態であれば、フタの上にも荷物が置けます。

広い間口と約25cmのたっぷりとしたマチで、荷物が収納しやすく取り出しやすいのも魅力。ただし、保冷できるのは、本体の半分程度である約15cmの高さまでなので、収納するモノによっては注意が必要です。本体の両サイドにはポケットが付いており、小物の収納が可能。カラーはシンプルなグレーとネイビーの2色がラインナップされています。