キャンプ、釣りなどのアウトドアやスポーツの際に活躍する「クーラーボックス」。暑い時期には、ドリンクや食べものを保冷するのに欠かせないアイテムです。しかし、製品によって素材やサイズはさまざまなのでどれを選べばいいか悩んでしまいがち。

そこで今回は、クーラーボックスの選び方をはじめ、おすすめメーカーと製品をご紹介します。用途に分けて紹介しているので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

クーラーボックスの種類

ハードクーラー

By: amazon.co.jp

ハードクーラーは、ボディが硬く頑丈につくられているので、密閉性と保冷力に優れているのが特徴です。キャンプや釣りなど、自然の中である程度耐久性が求められるという場面で使用する際に適しています。ただし、折りたたんでコンパクトにまとめられないため、収納や移動時に場所をとることを念頭に置いておきましょう。

ソフトクーラー

By: amazon.co.jp

ソフトクーラーとは、やわらかめの素材でできたクーラーボックスのこと。ほとんどのソフトクーラーは折りたためるので、収納時に場所をとらないのがメリットです。ただし、ハードクーラーより密閉性が劣るため、保冷力も弱まります。スポーツや買い物用のクーラーボックスとして、またはハードクーラーのサブとして利用するのがおすすめです。

クーラーボックスの選び方

素材で選ぶ

発泡ウレタン

By: daiwa.com

発泡ウレタンは、住宅や建設業界でも採用されている断熱材。クーラーボックスの断熱材としても定番で、保冷力や耐久性に優れているのが特徴です。発泡ウレタンの素材が厚くなるほど、保冷力は高まります。

価格も手頃なモノが多いので、キャンプなどのアウトドアや釣りの際の利用であれば、発泡ウレタンのクーラーボックスを選ぶのがおすすめです。

発泡スチロール

By: amazon.co.jp

発泡スチロールのメリットは、最も軽くてリーズナブルな点です。ただし、その分密閉性や保冷力は低いのがデメリット。繰り返し使うと壊れる場合があるため、使い捨てのクーラーボックスと割り切って使用するのがおすすめです。

ちなみに、フタをガムテープで巻きつければ、密閉性や保冷性を高められます。使い捨てでもよいから安く済ませたいという方や、ドリンクを手軽に保冷したい方におすすめです。

真空断熱パネル

By: daiwa.com

熱を通しにくい真空断熱パネルを採用しているクーラーボックスは、保冷力が高く、保冷剤の持ちもよくなるという傾向にあります。ただし、価格が高めなのがデメリット。キャンプや釣りなどで、生肉や鮮魚の劣化をなるべく抑えたいという方におすすめです。

なお、破損すると真空構造ではなくなるため、保冷機能が低下してしまいます。壊れるリスクがある山や川に持ち出すときは特に注意しましょう。

用途で選ぶ

デイキャンプ・日帰りバーべキュー

By: rakuten.co.jp

日帰りのバーベキューやデイキャンプで便利なのが小型のソフトクーラーボックス。食材や飲料を運んで使い切ってしまえば、帰りは折りたたんで収納できます。4名ぐらいのデイキャンプでは15Lの容量を目安にしましょう。

保冷材とソフトクーラーの組み合わせで保冷時間は約3時間ですが、食材の運搬と日中の保冷のみと割り切れば十分な保冷力です。しかし、暑い炎天下ではより保冷力の高いハードクーラーボックスもあるとさらに便利。持ち運びに支障がなければ併用することをおすすめします。

また、事前にバーベキュー場の売店や近くにコンビニがあるかなどを下調べしてうまく利用しましょう。必要最低限のものを小型のクーラーボックスにまとめておくことで、余計な準備をせずに済み、帰りの荷物もコンパクトにまとまります。

宿泊をともなうキャンプ

3〜5人で1泊のキャンプで使用するなら50L前後サイズの発泡ウレタンを使用したハードクーラーボックスがおすすめです。高すぎず手ごろな価格の製品が豊富で、十分な保冷力があります。

50L前後のクーラーボックスは2Lのペットボトルを立てて収納できるなど大容量が魅力です。ただし、あまり詰め込みすぎると重くなり、取り扱いにくくなってしまいます。そのため食料や飲料に分けて20Lや30Lぐらいのコンパクトなクーラーボックスを複数使用するのも便利です。

また、キャスター付きのクーラーボックスなら大容量でもカートのように運搬できるのでおすすめ。ただし、砂浜や草原など整地されていない場所には向かず、逆に運びにくくなる場合もあるため注意しましょう。

2泊以上のキャンプとなる場合は、ハードクーラーボックスとソフトクーラーを組み合わせもおすすめです。より多くの食材や飲料をかさばらずにストックできます。

釣り

釣りで使用するクーラーボックスで、重視すべきなのは収納力と形です。横長サイズのクーラーボックスなら長寸の魚も折り曲げずに持ち帰れます。

魚の鮮度を保つための保冷機能にも注目しましょう。真空断熱パネルを採用したクーラーボックスなら保冷力が非常に高く、真夏の車中や炎天下でも魚を熱からしっかり守り、鮮度をあまり落とさずに保存できます。

また、上部に座ることを前提として作られたクーラーボックスなら椅子代わりとして代用も可能です。帰りには釣った魚で重くなるので、できるだけ軽量のクーラーボックスを選びましょう。

フェス・スポーツ

フェスやスポーツでは主に飲料や軽食の保冷が目的です。そのため、電車やバスでも邪魔になりにくい軽量で小型のクーラーボックスをおすすめします。また、折りたためるソフトクーラーであればコンパクトに折りたためるので便利です。

加えて、おしゃれなデザインなら気分も上がります。保冷力の高さはそれほど重視する必要はありませんが、炎天下での使用で保冷力に不安を感じるなら保冷材を併用しましょう。

容量・サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

出かける日数や人数によって選ぶクーラーボックスの大きさは変わります。目安として、大人1人が1泊するために必要な量の食料・飲み物は15Lです。子ども用であれば、大人より少ない10Lを目安にするのがおすすめ。そのため、大人2人と子ども2人の4人家族で1泊する場合は、だいたい50Lの容量があると安心です。

保冷日数で選ぶ

By: amazon.co.jp

保冷力の日数表記は各メーカーによって異なるので注意が必要です。例えば、アメリカのアウトドアメーカー「コールマン」では、気温32℃前後、湿度30%の室内でクーラーボックスに氷を入れてフタをし、温度がマイナス12℃から10℃まで上昇する時間で保冷力を計測しています。

一方で、日本の釣り具などのメーカー「シマノ」では「I-CE」という独自の基準を設定し、31℃の室内でクーラーボックスに対して容量20%の氷をキープできる時間を計測しています。

実際は、室内でなく外で使用することが多く、クーラーボックスを開閉したり、太陽の光で保冷性が弱まったりすることが想定されます。そのため、記載されている6割くらいの保冷日数を目安にするのがおすすめです。

持ち運びやすさで選ぶ

キャスター付き

By: daiwa.com

キャスター付きのクーラーボックスは中身をたくさん入れて重くなった場合にも、持ち上げずにカートのように転がして運べます。大量のペットボトルやロックアイスを入れても楽に運べるのが魅力です。大容量のクーラーボックスなら便利に使えます。

また、キャスター付きのクーラーボックスの上にさらに荷物を載せてカートのように使用できる点も見逃せません。クーラーボックスと合わせて一度に多くの荷物を運びたい場合にもおすすめです。

ただし、舗装された道や整地されている場所では便利ですが、草むらや砂利などの悪路では進みにくくなってしまいます。未舗装の場所でも使いたいなら、キャスターが大きく丈夫なものを選びましょう。

サイドハンドル

By: rakuten.co.jp

サイドハンドル付きのクーラーボックスは2人で運びやすいのが特徴です。両サイドに持ち手が付いており、荷重がかたよりにくいためクーラーボックスが重くなっても2人で持ち上げて運べます。

ただし、一人で運ぶ際には片手で持つことができないため、両手がふさがってしまうというデメリットがあります。

なお、キャスターやハンドルを内蔵していない分、内部に余計な凹凸がなくすっきりとしており、中身が収納しやすい点も魅力です。

ベイルハンドル

By: daiwa.com

ベイルハンドルはバケツのような大きなハンドルが両サイドから続いています。シンプルなハンドルなので片手で持っても運びやすい形状です。ハンドルが大きいため、重量が重いときには二人で一つのハンドルを持って運べます。

しかし、中身が重くなりすぎると負荷がかかり、持ちにくくなってしまうため、容量の大きいクーラーボックスにはあまり向いていません。

ショルダーストラップ

By: amazon.co.jp

釣りやスポーツ観戦など、一人で使用する機会が多いならショルダーストラップ付きのクーラーボックスもおすすめです。ハードクーラー・ソフトクーラーどちらにもショルダーストラップ付クーラーボックスのラインナップは豊富にあります。

また、肩にクーラーボックスをかけることで両手を自由に使えるため、ほかの荷物を持ったり、作業をしたりすることも可能です。

さらに、15kg以上と重量がかなり重くなった場合にもショルダーストラップで肩にかければ、手で持つよりも負荷を感じにくく楽に運べます。

クーラーボックスのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

「コールマン」は、アメリカの総合アウトドアメーカー。ウィリアム・コフィン・コールマンが1900年、のちのコールマン社となる「ハイドロカーボン・ライト・カンパニー」を設立したことが始まりです。当初は貸ランプ業を行っていましたが、1905年には自社生産を始めランプメーカーへと生まれ変わります。

その後、1960年代にはアウトドア用品全般を扱うメーカーに方向転換し、1976年に日本へ進出。現在まで、アウトドアを快適に楽しめる製品を提供し続け、アメリカはもちろん日本でも親しまれています。

コールマンのクーラーボックスは、キャンプを快適に過ごすさまざまな工夫が加えられているのが特徴です。コンパクトなタイプから大容量までバリエーション豊富にラインナップしており、キャンプ初心者から上級者まで使いやすいクーラーボックスが揃っています。

ダイワ(Daiwa)

By: amazon.co.jp

「ダイワ」は、1958年に創業した日本の釣り具総合メーカー。アメリカやヨーロッパ、ロシアやオーストラリアなど海外にも多くの拠点を持ち、日本発のグローバルな釣り具メーカーとして世界にその名を轟かせています。

ロッド・ウェア・ルアー・エサなど、釣りにまつわる幅広い製品を展開。その中でもクーラーボックスは、通常のモデルから投げ釣り専用、エビエサ専用のモデルまで、釣り愛好者への細かい配慮がなされたクーラーボックスをラインナップしています。役立つ機能が満載なので、釣り用としてはもちろんキャンプ向けとしてもおすすめです。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

「シマノ」は、1921年に大阪府堺市で創業した釣り具や自転車部品などを展開しているメーカー。アメリカや東南アジアにも多くの拠点を持ち、釣りイベントも盛んに開催し、釣り愛好家には馴染みが深いメーカーです。

シマノのクーラーボックスの多くは、白を基調としたシンプルなデザインが特徴。真空断熱パネルを採用したクーラーボックスを多くラインナップしており、本格的に釣りを楽しみたい方におすすめのメーカーです。

クーラーボックスのおすすめ|日帰りバーベキュー用

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラー

ロゴス(LOGOS) ハイパー氷点下クーラー

おしゃれなメタリックカラーで人気が高いクーラーボックス。使い勝手と保冷力を求めている方におすすめです。ソフトクーラーとして折りたたみができてコンパクトに持ち運べながらも、ハードクーラー並みの高い保冷力を誇ります。

サイズは12LのMサイズ、20LのLサイズ、40LのXLサイズから選択可能。太陽の光を反射するメタリックカラーにより外気温の影響を受けにくくなっています。専用の保冷材「氷点下パック」と併用すればアイスクリームを約11時間保存できる高い保冷力が特徴のおすすめソフトクーラーです。

コールマン(Coleman) クーラー デイリークーラー 30L 2000027234

コールマン(Coleman) クーラー デイリークーラー 30L 2000027234

日帰りバーベキューの食材を入れるほか、運動会・毎日の買い物と幅広い用途で使いたい方におすすめです。半日程度の保冷が可能でアウトドアに持ち込んでもしっかり保冷できます。加えて、容量は約30Lあるため、2Lペットボトルなら6本、350ccペットボトルを40本収納可能です。

コンパクトに折りたためるのでハードクーラーボックスと併用しても便利。バッグの中に入れておけば旅先やレジャー、買い物など、あらゆるシーンで活躍すること間違いなしです。

コールマン(Coleman) クーラーボックス アルティメイトアイスクーラー2 25L 2000027239

コールマン(Coleman) クーラーボックス アルティメイトアイスクーラー2 25L 2000027239

鮮やかな色使いのおしゃれなデザインと本格的な保冷力が魅力のソフトクーラーです。容量は25Lで500mlのペットボトルを20本収納できます。食材をたっぷり入れても、持ち運びやすい大きさです。中には取り外しができるライナーがあり、丸洗いもOKなので衛生面が気になる方にもおすすめです。

また、最大49時間保冷可能と優秀で、キャンプやアウトドアにも最適の保冷力を有しています。フタ部分には小窓があり、冷気を逃さずに中身の出し入れが可能。面ファスナーで固定するだけで簡単に折りたためる手軽さも魅力です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 発泡クーラーボックス18L M-8170

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 発泡クーラーボックス18L M-8170

使い捨て感覚で使えて、1つあればなにかと便利な発泡スチロールのクーラーボックス。本製品は幅47×奥行33×高さ25cmと、500mlの缶やペットボトルを立てて入れられる実用的なサイズです。

低価格でありながら、高い保冷力で食材や飲料を熱からしっかり守ります。ガムテープでフタを密閉すれば、さらに保冷効果がアップ。軽量でシンプルなボディに紐がついており、運びやすさも十分です。見た目以上の使いやすさを実感できます。

クーラーボックスのおすすめ|キャンプ用

イグルー(igloo) マックスコールド ラチチュード 62QT

イグルー(igloo) マックスコールド ラチチュード 62QT

イグルーはアメリカの代表的なクーラーボックスブランドです。本製品は大きいキャスターとキャリーバーが付いておりカートのよう使えるため、飲料を詰め込んでも楽に持ち運べます。また、両サイドにハンドルを備えているため、持ち上げても運びやすいのが特徴です。

本体以外のフタ部分にも断熱材を使用しており、保冷期間5日間という高い保冷能力を備えています。フタにはドリンクホルダーが4個あり、簡易テーブルとしても使用できます。また、1万円前後という手ごろな価格帯でコストパフォーマンスのよさも魅力です。

350ml缶なら最大95本収納可能な58Lの大容量。大人数のバーベキューから本格的なキャンプまで、これ一つあれば安心して楽しめるおすすめモデルです。

ロゴス(LOGOS) クーラーボックス アクションクーラー50

ロゴス(LOGOS) クーラーボックス アクションクーラー50

前面にロックが2か所あり、外の熱をしっかりさえぎります。また、フタには小窓が付いており、最低限の開閉で出し入れできるため、中の冷気を逃しにくい仕様です。フタの取り外しも可能で掃除しやすいのが特徴。加えて、中にたまった水を簡単に抜くことができる水抜き栓もあります。

50Lの大容量ながらもリーズナブルな価格も魅力です。キャンプサイトの邪魔にならないシンプルでシックなデザイン。景色としっくり調和するグレーとホワイトの2色から選べます。

コールマン(Coleman) クーラーボックス スチールベルトクーラー 54QT

コールマン(Coleman) クーラーボックス スチールベルトクーラー 54QT

キャンプ愛好家から長年愛され続けるコールマンを代表するクーラーボックスです。キャンパーからは「スチベル」という愛称で呼ばれるほどで人気の高さがうかがえます。スチール製の外観で衝撃に強く、厚さ3cmの断熱材とロック機能付きで高い保冷力も特徴。2Lペットボトルを12本立てて収納できる51Lの大容量でキャンプの食材の保管にも最適です。

アメリカンビンテージスタイルのおしゃれなデザインも人気の秘密。コールマン60周年のアニバーサリーロゴとフタ上部にあるダイヤモンドエンボスのマークがスタイリッシュな外観を引き立てています。サイドハンドル付きで持ち運びにも便利なおすすめモデルです。

コールマン(Coleman) エクストリームホイールクーラー 50QT 2000031628

コールマン(Coleman) エクストリームホイールクーラー 50QT 2000031628

重い飲料を満載しても運びやすいキャスターとハンドルが付いているクーラーボックスです。容量47Lで500mlペットボトルなら23本収納可能で、2Lのペットボトルも立てて収納できます。4名程度の1泊キャンプにちょうどよいサイズです。

最大5日間という高い保冷性能は、実際のキャンプでも3日間氷を保存できます。フタにはカップホルダーがついており、テーブルとして使用しても便利。底には水抜き栓があるので、掃除も簡単です。

シンプルで飽きがこないデザインなので、長く使用できます。キャンプ用のクーラーボックスを初めて購入する方にもおすすめです。

クーラーボックスのおすすめ|釣り用

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス ライトトランク4 GU3000RJ

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス ライトトランク4 GU3000RJ

30Lの大容量で重さは5.3kgほどと軽さを追求した釣り用のクーラーボックスです。発泡ウレタンを断熱材に使用した高い保冷力で釣った魚を新鮮に保存できます。底面には開け閉めが簡単な水栓があり、中の水を簡単に捨てられます。

さらに、大型の滑り止めを底面に配置することで、揺れる船上でも横滑りを防ぐことが可能です。また、磯や船での受け渡しにも便利なロングハンドルを採用しています。

内寸は23cm×52.5cm×24.5cmと横長で、長物を釣っても余裕で収納可能です。また、使い勝手のよい両開きのフタで、左右どちらからも開閉できます。釣りはもちろん、さまざまなアウトドアシーンで活躍すること間違いなしのおすすめクーラーボックスです。

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り トランク大将II TSS5000X

ダイワ(Daiwa) クーラーボックス 釣り トランク大将II TSS5000X

大型ロングボディで大容量なので、船で大物を狙うときや、遠征釣行のときにおすすめのクーラーボックスです。本体内側に抗菌剤と消臭剤を配合しており、常に清潔さを保てます。

フタは両開きで左右どちらからでも片手でらくらく開閉可能です。また大型の投入口を装備しており冷気を逃さずに出し入れできます。3面に真空断熱パネルを採用しており、高い保冷力も特徴です。長時間に及ぶ釣行でも、魚の鮮度をしっかり保ちます。

早朝や深夜にも音を気にすることなく楽に運べる静音キャスター付きです。また、ショルダーベルトもついており肩にかけて運ぶこともできます。

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 大型 スペーザ ホエール ライト キャスター付 600LC-060I

シマノ(SHIMANO) クーラーボックス 大型 スペーザ ホエール ライト キャスター付 600LC-060I

長物狙いの方や、大容量のクーラーボックスを探している方におすすめのアイテムです。内寸は幅80×奥行31×高さ24cmなので、斜めにすれば約90cmぐらいまでの魚を折り曲げずに収納できます。

また、遠征時のオキアミや食料の保管も安心できる余裕の収納力です。タフで軽量なボディが特徴で、上に載っても壊れにくく、大人ふたりが掛けられる椅子代わりとしても使用できます。底面には大型の滑り止めゴムがあり、船の上でも安定性抜群です。

ほかにも3面真空パネルの高い保冷力で、魚を新鮮においしく持って帰ることが可能です。大型ハンドルとキャスターが付いており、低い段差なら容易に乗り越えられます。

クーラーボックスのおすすめ|フェス・スポーツ用

サーモス(THERMOS) ソフト クーラー 10L REI-010

サーモス(THERMOS) ソフト クーラー 10L REI-010

5層断熱構造で保冷力抜群のソフトクーラーです。容量は5Lで重量0.3kgと非常に軽量かつ小型。飲み物や軽食などを入れるのにちょうどよく便利に使えます。

ブラックとブルーの2色から選べて、スポーツシーンにもぴったりなおしゃれなデザイン。ショルダーストラップは長さを調整でき、ショルダーバッグの感覚で使用できます。

中身が入っていないときには折りたたんでコンパクトに収納できるためかさばりません。スポーツシーンやフェスなどの熱中症対策におすすめです。

イグルー(igloo) プレイメイト ミニ #12424

イグルー(igloo) プレイメイト ミニ #12424

容量は3Lで350mlの缶なら9本、500mlのペットボトルは4本収納可能なハンディクーラーです。軽食や飲み物を入れたりランチボックスとしてもおすすめ。横のプッシュボタンでフタの開閉を行います。

イグルーらしいおしゃれでアメリカンなデザインが目を引きます。アメリカンなテイストが好きなら、一度は使ってほしいハンディクーラーです。

コールマン(Coleman) クーラーボックス テイク6 2000033009

コールマン(Coleman) クーラーボックス テイク6 2000033009

容量4.7L、重量800gの小型のクーラーボックスです。350ml缶がちょうど6本入ります。発泡ウレタン製の断熱材を使用しており保冷力の高さが特徴。スポーツ観戦などで飲料を冷やしておきたい方にピッタリです。

また、小型で邪魔にならないので、車に積んでおけば、いざというときにも便利。片手で気軽に運べるベイルハンドル付きです。フタを裏返せばドリンクホルダーやミニテーブルになり便利に使えます。