磯や堤防、サーフでのフィッシングを楽しむ際に着用する「フローティングベスト」。浮力があり、万が一落水したときの安全性を確保します。機能性の高いモデルもラインナップしており、釣りを快適に楽しむ工夫がつまったウェアです。

今回は、おすすめのフローティングベストをご紹介。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

フローティングベストとライフジャケットの違い

By: shimano.co.jp

フローティングベストとは釣りを楽しむ際に着用する浮力のあるベスト。誤って川や海に落ちてしまったときの安全性を確保するほか、釣りに使用するさまざまな小物を収納できるのが特徴です。

シーバスフィッシングなどで立ちこんで釣る際に着用するタイプは、ウェーディングベストとも呼ばれており、ロッドの操作性やキャストしやすさを考慮して設計されています。

一方、ライフジャケットは浮力のある点は同じながら、ポケットなどはなくシンプルな構造のベストです。船釣りのほか、カヌーやラフティングなど水辺のアクティビティで使用されます。救命胴衣である小型船舶法定備品として採用されているタイプは、黄色やオレンジなど発見されやすい色を採用しているのが特徴です。

フローティングベストの選び方

安全性を確保するための浮力は要チェック

By: shimano.co.jp

釣りを楽しむ際は安全の確保が第一です。フローティングベストを選ぶ際は、万が一落水したときに充分な浮力があるのかを確認しておきましょう。釣りをするシチュエーションにもよりますが、浮力7.5以上のモデルが安心です。モデルによっては適正体重を定めているので、自分の体重と照らし合わせて体型に適合したモデルを選択しましょう。

ちなみに、船釣りでは国土交通省の定める安全基準をクリアしている必要がありますが、堤防や磯での釣りや立ち込んで釣りをする場合に規則は定められていません。ただし、落水したら大変危険なため、浮力の優れたフローティングベストを着用するよう心がけましょう。

ルアーケースが入る収納力のモノを

By: amazon.co.jp

フローティングベストの最大の魅力は、たくさんの小物を収納できること。ルアーケースなど、かさばるモノをどれだけ収納できるかをチェックしておきましょう。シーバスフィッシングやサーフで大型魚を狙う際は使用するルアーも大きくなるため、大きめのルアーケースを収納できるモデルがおすすめです。

船釣りでは荷物を持ち込める一方、立ちこみでは荷物をすべてフローティングベストに収納しなければなりません。ルアーケースや予備のライン、フック、スプールなどの釣具のほか、財布や車のキーなど貴重品も収納する必要があります。

ただし、大きなポケットを搭載したモデルほど前面部の出っ張りが気になるため、注意が必要です。釣りのジャンルやポイントなどを考慮して、適した収納力のモデルをチェックしてみてください。

アクセサリーが多いと便利

By: amazon.co.jp

フローティングベストは、モデルによって便利なアクセサリーを付属しているので要チェック。とくに、ペットボトルを収納できるポケットや、カラビナで吊り下げられるホルダーを搭載しているかを確認しておきましょう。

魚の口からフックを外すプライヤーホルダーもあると便利。魚の口をつかむフィッシュグリップもかさばるため、収納するホルダーがあると役立ちます。また、ルアー交換や仕掛けの補修を頻繁に行う際は、ロッドホルダーがあると両手を使えるので便利です。

着心地も大事なチェックポイント

By: amazon.co.jp

釣りの最中、フローティングベストは常に身につけるため、着心地は重要なポイントです。とくに、キャストを繰り返すルアーフィッシングでは、あまり窮屈だと快適に釣りができないので要注意。ランガンスタイルで積極的に移動を繰り返して釣りをする場合も、着心地に余裕がないと水辺を歩く際に危険なので注意しましょう。

モデルによっては、ベルトのズレを軽減するサスペンション機能を搭載したタイプもあるため要チェック。長時間着用する際の身体への負担を和らげます。また、暑い季節の釣りで重宝するのがメッシュ生地を採用したモデル。身体のムレを軽減でき、快適に釣りを楽しむことが可能です。

そのほか、肩への負担を軽減する工夫をこらしたモデルや軽量化を図ったタイプなど、さまざまなフローティングベストがあるのでチェックしてみてください。

フローティングベストのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

釣具を製造している「グローブライド株式会社」の釣具ブランド。釣具部門単体では国内最大級の規模を有しています。

さまざまなジャンルの釣具を扱っており、フローティングベストも使い勝手に優れたモデルを豊富にラインナップ。背面のパッド中央に溝を設けたエアスルーパッド構造のモノなら、通気性に優れているので蒸れにくいためおすすめです。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

自転車部品の世界的企業として知られているシマノは釣具にも力を注いでいます。ジャンル別の専用品から汎用品まで、さまざまな製品を豊富に取り扱っているのが特徴です。

フローティングベストにおいては、ダイヤルを回すだけで締め具合を調節できる「Boaシステム」を搭載したモデルが便利。ベストが身体に密着するため、キャスティングなど釣りの動作をやりやすく着用時のストレスも軽減できます。

パズデザイン(Pazdesign)

By: amazon.co.jp

創業1994年で埼玉県川口市に本社をかまえている釣具関連アパレル・アクセサリーメーカー。ベストやレインウェア、ウェーダー、シューズ、バッグなどを手がけています。フローティングベストにおいては、ソルト用やバスフィッシング用などを多数ラインナップ。安全性と快適性の両立を追求したモデルを発売しています。

なかでも、ビーズ状の浮力材「ビーズフロートシステム」を採用したモデルに注目。着用時の当たりがソフトで変形するため、長時間の着用時に与える身体への負担を大幅に軽減しています。

また、ナイロンより高強度な「リップストップナイロン」を採用したモデルは耐久性に優れているのが特徴。藪こぎなど過酷な状況下で活躍します。

マズメ(mazume)

By: amazon.co.jp

「マズメ」は、フィッシングアパレルメーカーである「株式会社オレンジブルー」が手がけているブランドです。レインウェアやシューズ、ライフジャケットなど、さまざまなアウトドアアイテムを手がけています。

マズメのフローティングベストは、独自の「ウエストハーネスシステム」を搭載しているのが特徴。高いフィット感を味わえます。また、耐久性の高い素材を採用しており、長く愛用できるモデルが多いのも魅力です。

フローティングベストのおすすめ

ダイワ(Daiwa) フローティングベスト レッド DF-3420

小型船舶用救命胴衣TYPE-Aを取得しているフローティングベスト。船釣りや磯釣りでの着用におすすめです。表地の素材にはナイロンを採用。耐摩耗性に優れ破れにくく、長く愛用できるのがポイントです。

ボディ前面には2つの胸ポケットと2つのフロントポケットを搭載。小物を整理して収納できます。また、メッシュが採用されているので通気性も良好。さまざまなシチュエーションで活躍するアイテムです。

ダイワ(Daiwa) ベンチクールゲームベストIV DF-6109

背面のパッド中央に溝を設けたエアスルーパッド構造のフローティングベスト。高い通気性が備わっており、肩から背中にかけての蒸れや不快感を覚えにくいのが魅力です。夏場のウェーディングなどに適しています。

取り付け位置が調節可能なアジャスタブルポーチを搭載。左右どちらのベルトにも固定できます。また、メインポケットのほかにボトルホルダーやプライヤーホルダーなどが備わり、多くのアイテムを携行できるのもポイントです。

ショルダーベルトにヘッドライトが装着できるヘッドライトホルダーを搭載。ベルトループ幅が20mm以上のモデルに対応しています。ソルトアングラーにおすすめのアイテムです。

ダイワ(Daiwa) フロートゲームベスト DF-6206

肩ベルトの一部に衝撃吸収材が用いられているフローティングベスト。実釣中や移動中に生じる衝撃を吸収し、身体への負担を低減します。魚がいるポイントを見定め、移動しながら獲物を狙うアングラーにおすすめです。

サスペンション機能が備わっており、身体に合わせてフィット感を調節できるのが特徴。また、使い方に合わせてセッティングできるプライヤーホルダーやドリンクホルダーが搭載されているなど、機能面も充実しています。

浮力材には、7.5kgの浮力が24時間以上持続するポリエチレン独立発泡を採用。ショアジギング時の着用におすすめのアイテムです。

ダイワ(Daiwa) ライトフロートゲームベスト DF-6406

本体重量が0.8kgと軽量で、高い機動性が備わっているフローティングベスト。マチ幅が約5cmと薄型のフロントポケットを採用しているので、足元が視認しやすいのが魅力です。

7.5kgの浮力が24時間以上続くポリエチレン独立発泡を採用。リフレキプリント仕様のロゴマークが備わっているなど高い安全性が備わっています。また、フロント脇のロッドホルダーやプライヤーホルダーなど、収納性も良好です。

浅瀬に入っても水が浸かりにくいショート丈仕様。素材には、撥水加工が施されたポリエステルを採用しています。立ちこみからナイトゲームまで、あらゆるシチュエーションで活躍するアイテムです。

シマノ(SHIMANO) ゲームベストライト VF-068T

本体重量は約1kgと軽量で、高い機動性を備えているフローティングベスト。ランガンしながらポイントを探すサーフフィッシングにおすすめです。雨や波しぶきを弾く撥水仕様で、立ちこみにも適しています。

ハリコシと通気性を両立した「PowerHoldingSystem」を採用。ホールド感が高く、ロックショアゲームでの着用にも適しています。

ルアーケースが入れられるフロントポケットが2つ搭載されているなど、軽量ながらも高い収納性を備えているのもポイント。シンプルなデザインで、使い勝手のよいアイテムです。

シマノ(SHIMANO) XEFO・トリッパーゲームベスト VF-275R

立体設計の「COREACT」を採用しており、腕周りの可動域が広いフローティングベスト。リトリーブやシャクリなど、さまざまな動きに対応しています。イカ釣りの仕掛け時など、腕を高く大きく挙げる動きもスムーズに行えるのが魅力です。

ダイヤルを回すだけでフィット感が調節できる「Boaシステム」を搭載。身体全体をホールドするのでズレにくく、ランガン時の負荷を抑えます。また、ロッドワーク時のストレスも低減されるのがポイントです。

背面ポケットや腰ポケット、プライヤーホルダーなど高い収納性が備わっています。さらに、底面にはターポリンが使用されているため、汚れを簡単に拭き取ることが可能。機動性が高く、お手入れしやすいアイテムです。

パズデザイン(Pazdesign) COMPLETE IV SLV-020

本体生地にコーデュラリップストップナイロンが採用されているフローティングベスト。軽量性に優れており、身体への負荷が感じにくいので長時間の着用におすすめです。

胸部にはダブルファスナー仕様のポケットを搭載。小物を整理して入れておくのに適しています。また、2つのフロントポケットや取り外し可能なプライヤーホルダーが備わっているなど、高い収納性を持っているのもポイントです。

背中にはリフレクタープリントが施されているので、ナイト釣行も楽しめます。さらに、股ベルトが標準装備されているため、万が一落水しても抜け落ちないのがポイント。機能性・収納性・安全性の3つを兼ね備えたおすすめアイテムです。

パズデザイン(Pazdesign) SUPER LIGHT VEST SLV-024

素材にパラシュートクロスが採用されているフローティングベスト。軽量性と耐久性を同時に実現しており、長時間の着用に適しています。浮力体には身体にフィットする「ビーズフロートシステム」を採用。着用時の違和感を覚えにくいのがポイントです。

レインジャケットなどの大きなモノも収納できるバックスルーポケットや胸ポケットなどが備わっており、収納性も良好。また、胸ポケット内にはレスキューホイッスルを備えているので、有事の際にはすぐに助けが呼べます。

パズデザイン(Pazdesign) ULTIMATE V-Ⅳ SLV-029

浮力材にビーズフロートシステムを採用したフローティングベスト。ボディラインに合わせて変形するため、着用ストレスを感じにくいのがポイントです。肩部分にはクロロプレンショルダーパッドが備わり、柔らかな着心地が体感できます。

レスキューホイッスルと股ベルトを備えているのもポイント。また、ルアーケースが収納可能なフロントポケットやチェストポーチなどが付属しており、高い収納力が備わっているのも魅力です。

マズメ(mazume) MZX タイドマニアライフジャケット MZXLJ-074

股紐のないウエストハーネスシステムを採用しているフローティングベスト。ストラップを引っぱるだけで簡単にフィット感が調節できます。また、わきの下にあるハーネスを引くことで荷重が分散し、肩への負担が低減されます。

フィッシュグリップホルダーやプライヤーホルダーを備えているなど、多くのアクセサリーが備わっているのもポイント。ドリンクホルダーも搭載されており、長時間釣りができる要素が揃っています。

マズメ(mazume) レッドムーンライフジャケット VIII MZLJ-402

深型タイプのルアーケースが2つ入れられる、バックパックを搭載したフローティングベスト。2つのフロントポケットやモバイルケース、取り外しが可能なプライヤーホルダーも備わっており、多くの小物が携行できます。

ウエストハーネスが本体から分離しているのがポイント。調節がしやすく、高いフィット感が得られます。また、フロントのバックルがロッドホルダーになるなど利便性に優れているのも魅力。素早く装着できるフローティングベストを探している方におすすめです。

マズメ(mazume) レッドムーンライフジャケット ロックショアSP II MZLJ-442

トリプルループ仕様のウエストハーネスシステムを搭載しているフローティングベスト。身体にしっかりとフィットし、ズレにくいのが特徴です。また、フロントに薄型のポケットを採用しているので、足元をしっかりと視認できます。

ウエストハーネスシステムとクッション性の高い肩パッドを採用。着用時の負荷が低減でき、ランガンなどにもおすすめです。さらに、ルアーケースが収納できるバックポケットやフロントポケットが備わっており、高い収納性を有しています。

プロックス(PROX) フローティングゲームベスト PX399

インナー浮力材を取り外しできるのが特徴のフローティングベスト。お手入れが楽に行えるのがポイントです。また、グローブを装着したままでも開閉しやすいジッパータブが搭載されているなど、利便性にも優れています。

背面にはレインウェアなどが収納可能な大容量ポケットを搭載。ドリンクホルダーやプライヤーホルダーも備わっています。価格が安く、コストパフォーマンスに優れたおすすめアイテムです。

プロックス(PROX) フローティングベスト PX975

ハリスやガン玉ケースなど、収納可能な大型フロントポケットを2つ搭載しているフローティングベスト。くわえて、2つのピンオンリールホルダーやプライヤーホルダーなど、さまざまなアクセサリーが備わっています。

落水時の抜け落ちを防ぐ股ベルトや、ナイトゲーム時に便利な反射ワッペンを搭載するなど安全性も良好。また、取り外して丸洗い可能なインナー浮力材を採用しているので、お手入れも楽に行えます。

フローティングベストのAmazonランキングをチェック

フローティングベストのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。