淡水海水を問わず、水辺のレジャーに欠かせない「ライフジャケット」。フローティングベストとも呼ばれることがありますが、いわゆる救命胴衣のことで、誤って水面に落ちた場合でも着用者を水上に浮かせるアイテムです。

釣りの場合、レンタルボート屋が隣接している湖や管理が行き届いている海釣り施設などであれば、ライフジャケットの貸し出しを行っている場合もありますが、より安全性を考慮すると個別に持ち合わせていたいもの。そこで今回は、おすすめのライフジャケットをご紹介します。

ライフジャケットの種類

浮力体式

By: shimano.co.jp

浮力体式はライフジャケットのなかでもメジャーなタイプで、発泡プラスチックなどの浮力体を内蔵しています。川や海などに落ちてもすぐに浮くので安全性に優れており、パニックになりにくいため小さな子供にもおすすめです。

使用中に濡れても問題なく利用でき、水洗いによるお手入れが可能なのもポイント。波を被りやすい磯釣りや、川や海に立ち込むウェーディングにもおすすめです。

また、ポケットを多く搭載しているのも魅力。釣具などの荷物を近くに置けない場所でも、ポケットに道具を収納して快適に釣りを行えます。

膨張式

By: rakuten.co.jp

膨張式は炭酸ガスなどを浮力体として利用するタイプです。通常時は浮力体式よりも薄くコンパクトで、緊急時にライフジャケット内へ炭酸ガスが充満して膨らみ、水に浮かびます。そのため、釣りなどの作業中に動きやすいのが魅力です。

膨張式は膨張方法によって自動式と手動式の2種類に分けられます。それぞれメリットとデメリットが存在するので、用途に適したタイプをチェックしてみてください。

自動式

自動式は水に落ちるとセンサーが感知し、自動で炭酸ガスがライフジャケット内に充満する方式です。パニックに陥っても自動で作動するため安心感があり、泳ぎに自信のない方にもおすすめ。状況に応じて手動で作動できるのも魅力です。

デメリットはセンサーが水に濡れると作動する仕組みなので、雨や波、保管時の湿気で膨張する場合がある点。誤作動が起こりにくい水圧感知に対応したモデルも存在しますが、価格は高めです。そのため、水に濡れにくい場所での釣り用に検討してみてください。

手動式

手動式はライフジャケットに搭載された紐を引くと内部に炭酸ガスが充満する方式です。水に濡れても作動しないので、雨や波に濡れるような状況下での釣りにもおすすめ。誤作動による手間がかからず、装置を外さずに洗えるためお手入れを容易に行えるのが魅力です。

また、価格が比較的リーズナブルなのもメリット。デメリットは水に落ちても自動で作動しないので、自身でしっかりと紐を引いて作動させる必要がある点です。いざというときパニックにならないよう、前もって動作を確認しておきましょう。

ライフジャケットの選び方

装着方法で選ぶ

ベストタイプ

By: rakuten.co.jp

ベストタイプのライフジャケットは基本的に浮力体式を採用しており、幅広い価格帯の製品が販売されています。水に浮かぶための操作が不要なので子供用におすすめで、水に濡れやすいウェーディングにも人気です。

デメリットは、発泡プラスチックなどの浮力体を内蔵しているためサイズが大きく重い点。高価なモデルを中心に肩を動かしやすい製品も開発されているので、作業のしやすさを重視する場合はぜひチェックしてみてください。

腰巻タイプ

By: rakuten.co.jp

腰巻タイプのライフジャケットは船釣りで使われる場合が多く、腰に巻いておくだけなので動きやすいのが魅力です。ベストタイプなどと比べて目立ちにくいため、初めての方も気軽に装着できます。

デメリットは、腰まわりで浮き輪のように膨らむので、ある程度自身でバランスを取って浮かぶ必要がある点。ベストタイプや肩掛けタイプのように上体が自然と浮かび上がる訳ではないため、体力や泳ぎに自信のある方向けです。万が一に備えてあらかじめ使用時の動作を確認しておきましょう。

肩掛けタイプ

By: amazon.co.jp

肩掛けタイプのライフジャケットは主に膨張式を採用しており、コンパクトかつ軽量で動きやすいのがメリット。ベストタイプのように水中で上体が浮かび上がるため、安定した浮き姿勢を取りやすいのも魅力です。

デメリットは肩や首周りに広く接するので、腰巻タイプやポーチタイプと比べて作業中に気になりやすい点。動作の際にずれたり動きの邪魔をしたりといった恐れがあります。しかし、接触面が大きい分いざというときに安定して浮かびやすいため、安全性の高いライフジャケットを探している方におすすめです。

ポーチタイプ

By: amazon.co.jp

ポーチタイプのライフジャケットは、コンパクトで動作の邪魔をしないのが魅力。ほかの人が落水した際に投げて救命道具としても活用できるため、複数人で釣りに行くときに用意するのもおすすめです。

デメリットは、ポーチに入っているのでほかのタイプよりも膨張までやや時間がかかる点。また、ベストタイプや肩掛けタイプのように体へフィットする訳ではないため、水に落ちた際は自身でバランスを取る必要があります。波の穏やかな場所や人気の多い堤防などで釣りを行う際におすすめです。

安全基準は必ずチェックしよう

船釣り

船釣りを行う場合は、「桜マーク」が付いたライフジャケットをチェックしましょう。桜マークは国土交通省が定めた型式承認を通過した製品につけられ、法改正により平成30年2月から小型船舶の乗船者はこのライフジャケットを着用するよう義務づけられています。

違反すると船長に違反点数や再教育講習などが課せられるので、小型船舶で船釣りを行う方は必ず桜マークが付いたライフジャケットを用意してください。また、桜マークにはA・D・F・Gという4つのグレードが存在し、航行区域によって適したグレードの製品を選ぶ必要があります。

このうち「タイプA」のライフジャケットはすべての航行区域に適用しているため、迷った場合はタイプAの製品を選ぶのがおすすめ。しっかりと基準に適合したライフジャケットを入手し、安全に船釣りを楽しんでみてください。

子供用

子供用のライフジャケットは、国土交通省によって浮力の安全基準が定められています。体重15kg未満は浮力4kg以上、体重15kg以上40kg未満は浮力5kg以上、体重40kg以上は浮力7.5kg以上の性能を備えた製品をチェックしましょう。

子供用のライフジャケットは、釣りだけでなく川遊びや海水浴にもおすすめ。子供の体重に適した製品かどうかしっかりと確認し、安全に使用しましょう。

ライフジャケットのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: rakuten.co.jp

「ダイワ」は、1945年に立ち上げられた東京都東久留米市にある釣り用具販売会社。北は北海道から南は福岡県まで全国に9カ所の直営店を構えており、映画化「釣りバカ日誌」の撮影に釣具を提供していることでも有名です。

ダイワにはベストタイプや腰巻、肩掛けなど、さまざまな形状のライフジャケットが用意されています。また、国土交通省に認められた船釣り対応のアイテムもラインナップされているのが魅力です。

シマノ(SHIMANO)

By: rakuten.co.jp

「シマノ」は1921年に大阪府堺市で立ち上げられたアウトドアメーカー。主に自転車と釣具を製造しており、釣具の分野ではガラス繊維製釣竿やクーラーボックス、ライフジャケットをメインで扱っています。

シマノのライフジャケットは、浮力材とベストが一体化しているフローティングベストタイプが多いのが特徴。そのほか肩掛けタイプやポーチタイプのアイテムも取り扱っています。

ライフジャケットのおすすめ人気モデル

ダイワ(Daiwa) トーナメントバリアテック枕つきサイバーフロート DF-3108T

本体の両サイドに取り付けられた「ダイレクトダイヤルシステム」で、ウエスト周りを瞬時に調節できるライフジャケット。フィット感に優れているのが魅力です。また、胸ポケットとアウトポケット、インナーポケットが搭載されているなど収納性に優れ、さまざまな小物を入れておけます。

首元には枕付きの浮力材を搭載。誤って水の中に落ちてしまっても顔を水面からしっかり出せるのが魅力です。また、枕が首元にあることで防寒性もプラスされているのがポイント。機能性と安全性の両面を併せ持っているアイテムです。

シマノ(SHIMANO) XEFO・トリッパーゲームベスト VF-275R

ダイヤルを回すだけでボディラインに密着する「Boaフィットシステム」を採用しているベストタイプのライフジャケット。フィット性に優れているので動きやすく、ロッドワークに集中できるのが魅力です。フロントの浮力材を7分割した3D形状で、動作時の負担を低減する仕様になっています。

D環を11個搭載しているほか、ボディ前面や背面にも複数のポケットが備え付けられており、あらゆる道具や小物を携行できるのがポイント。また、背面の収納スペースは上下2方向からアプローチできるので、欲しいモノがすぐに取り出せます。幅広いフィールドに対応するアイテムです。

プロックス(PROX) フローティングゲームベスト PX399SPKK

ウエストベルトタイプのサポーターが付属しているベストタイプのライフジャケット。フィット性が高く、荷重が分散される仕様になっているのが特徴です。また、サポーターは着脱式なので、状況に応じて取り外せます。

背面に搭載された大型ポケットのほか、前面にはプライヤーホルダーやドリンクホルダーが備わっているなど、収納性も良好。また、インナーにある浮力材は取り外し可能で、手入れしやすいのもポイントです。

ブルーストーム(Bluestorm) ライフジャケット アクアバレット BSJ-28RS

平水区域や2時間限定沿海区域、沿岸区域を航行範囲とする小型船舶での釣りに適したTYPE-F規格のライフジャケット。1680デニールの生地を使用しているほか、200kg以上の荷重テストをパスしているなど、耐久性に優れます。

背面と胸部をスリムにすることで機動性を向上させているのもポイント。キャストを快適に行えます。また、フィッシュグリップホルダーやプライヤーホルダーなど、さまざまなアクセサリーを携行しやすい仕様なのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) ウォッシャブルライフジャケット DF-2207

水に落ちるとセンサーが反応し、自動でガスが充満する腰巻タイプのライフジャケット。状況に応じて手動でも膨らませます。膨張時には7.5kgの浮力が発生し、24時間以上持続するのが魅力です。

国土交通省基準対応モデルで、船釣りに着用できるのもポイント。気室表示欄の近くに桜のマークが押されています。また、ウエストベルトは55〜140cmの間で無段階に調節可能。さまざまな体型に対応したおすすめのアイテムです。

シマノ(SHIMANO) ラフトエアジャケット VF-052K

ウエストベルトにテンションゴムが備わっており、身体にフィットするのが特徴である腰巻タイプのライフジャケット。腰まわりは60〜105cmまで無段階に調節できます。ボディの内側にはクッション性と通気性に富むメッシュを採用しており、夏場でも快適に着用できるのが魅力です。

気室は落水すると膨らむ自動膨張式で、引き手を引っ張ることで手動でも膨らませられます。また、浮力材を取り外して洗えるウォッシャブルタイプであることや、使わないときには折り畳んで収納できるなど、利便性に優れるのもポイントです。

ダイワ(Daiwa) ウォッシャブルライフジャケット DF-2007

肩部が3つに分かれた立体裁断設計を採用することで、フィット感を向上させている肩掛けタイプのライフジャケット。55〜150cmの間で調節できるウエストベルトと背面のアジャストベルトで、さまざまな体型に対応しています。

左のベルトにはインジケーターが搭載されており、ボンベとカートリッジの状態が視認可能。また、耐久性の高い国土交通省基準モデルで、船釣りに着用できるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) ショートライフジャケット DF-2520

小型船舶や水上オートバイ搭乗時に着用できるTYPE-G規格のショートライフジャケット。手動膨脹式を採用しています。

着用が簡単に行えるバックル仕様で、邪魔になりにくく釣りに集中できるのが魅力。ウエストサイズは120cmまで無段階に調節できます。また、気室が首部分に搭載されているので、水に落ちたときに水面から顔を上げやすいのもおすすめのポイントです。

シマノ(SHIMANO) ラフトエアジャケット VF-051K

水に濡れるとセンサーが反応し、自動で膨張する肩掛けタイプのライフジャケット。状況に応じて手動でも膨らませます。カバーを開いたところには国土交通省基準の証である桜マークが押印されており、船釣りで着用できるのが特徴です。

セット状態を視認できるインジケーターが付いているほか、ホイッスルが付属しており、安全面に優れます。また、首まわりに揮発通気性の高いメッシュを採用しているほか、フィット性の高い立体裁断方式を採用するなど、着心地もよいおすすめアイテムです。

オーシャンライフ(OCEANLIFE) RE-5型 UMK-A17G

水を検知するとガスがライフジャケット内に充填される自動膨張式のライフジャケット。状況に応じて手動でも膨らませることが可能です。すべての航行区域に対応したTYPE-A規格で、船釣りに適しています。

肩掛けタイプなので、軽量かつコンパクトで動きやすいのが特徴。また、カバーは取り外して洗えるウォッシャブル仕様で、簡単に手入れできるのも魅力です。

ブルーストーム(Bluestorm) 膨脹式ライフジャケット BSJ-4320RSE

By: amazon.co.jp

膨張時に7.5kgの浮力が24時間以上持続するポーチ式のライフジャケット。落水時に水を感知して膨らむ自動モデルです。すべての航行区域に対応したTYPE-A規格なので、船釣りにも着用できます。

2つのインジケーターが搭載されており、使用状態が一目で視認できるのもポイント。また、腰部の素材に通気性のよいメッシュを採用しているので、夏などの汗ばむ時期に快適に着用できるのも魅力です。

子供用ライフジャケットのおすすめモデル

ブルーストーム(Bluestorm) 小児用ライフジャケット BSJ-210C

国土交通省から承認された、TYPE-F規格の子供用ライフジャケット。釣りや川遊びはもちろん、一定の諸条件を満たした小型船舶乗船時に着用できます。カラーは視認しやすいイエローで、視認性が高いのが特徴です。

浮力は6.7kgあり、身長100〜120cm、体重15〜20kgまでの子供に対応。股ベルトが付いているので、水中で脱げてしまうこともありません。また、バックルとベルトを締めるだけなので、簡単に着せられるのも魅力です。

ファインジャパン(FINE JAPAN) ジュニアフローティングベスト FV-6116

両肩に反射板やカラーリングが施されており、視認性に優れているジュニアモデルのフローティングベスト。

胸部に固定用のバックルが付いているほか、股下にベルトが搭載されているなど、水中で外れない仕様になっているのが魅力です。背部にはレスキューハンドルが付いているので、落水しても引っ張り上げられます。

ビビッドなカラーを採用したポップなデザインも魅力です。

ヘリーハンセン(HELLY HANSEN) ライフジャケット HJ81640

国土交通省が承認したTYPE-D規格のジュニアライフジャケット。25〜40kgまでの体重に対応しています。生地には400デニールのポリエステルオックスを採用。バックルやファスナーの強度も高く、耐久性に優れています。

肩にはリフレクターが施されており、視認性を向上させているのもポイント。股下にベルトが通されているので、水中で外れにくいのもおすすめです。

エーキューエー(AQA) 子供用マリンスポーツライフジャケットキッズ3 KA-9021

川の指導者を育成する国認定のNPO法人「川に学ぶ体験活動協議会」が認定しているキッズライフジャケット。5.6kgの浮力があり、15〜40kgまでの子供に対応しています。

水中で外れないように股掛けベルトが施されているなど安心の設計が魅力。また、伸縮性やフィット性に富む素材を使用しており、動きやすいのも特徴です。

ロゴス(LOGOS) フローティングベスト子供用 M-AI

7.7kgの浮力が24時間持続する子供用のフローティングベスト。140〜160cmまでの子供に対応しています。表地はブルー、裏地はイエローグリーンで、見つけやすいカラーなのが特徴です。

背面にはレスキューポケットが搭載されているので、水の中に落ちても引っ張り上げやすいのが魅力。また、セーフティーベルトが股下に備わっています。機能性とデザイン性を併せ持つおすすめアイテムです。