淡水海水を問わず、水辺のレジャーに欠かせない「ライフジャケット」。フローティングベストとも呼ばれることありますが、いわゆる救命胴衣のことで、誤って水面に落ちた場合でも着用者を水上に浮かせることができるアイテムです。

釣りの場合、レンタルボート屋が隣接している湖や管理が行き届いている海釣り施設などであればライフジャケットの貸し出しを行なっている場合もありますが、より安全性を考慮すると個別に持ち合わせていたいもの。そこで今回は、おすすめのライフジャケットをご紹介します。

ライフジャケットって必要?

By: mlit.go.jp

ライフジャケットには、水中で浮き上がる力が7.5kg以上あること、顔を水面上に維持できることなど、さまざまな安全基準が定められています。ちなみに、同省が試験を行って安全基準への適合を確認したライフジャケットには、 桜マーク(型式承認試験及び検定への合格の印)が付いているので、購入する前に確認しておきましょう。

なお、海事を管理する国土交通省では、平成30年(2018年)2月からすべての小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用を義務化。これまで以上に注意が必要となるので、留意しておきましょう。

ライフジャケットの選び方

ライフジャケット(救命胴衣)には、膨脹式の首かけ式やベルト式、従来から普及している固定式(浮力体式)などがあります。なお、小児用は体型にあったものが必要となるので、子どもの成長に合わせたアイテムを用意しましょう。

ライフジャケットの種類

By: amazon.co.jp

ライフジャケットの種類は大き分けると普段はスリムな形状ながら緊急時に膨らむ「膨張式」と従来からある程度の浮力が確保された「浮力体式」と2種類に分かれます。

膨張式は、ボンベから炭酸ガスを噴出し浮き袋を膨らませて浮力を得るタイプ。浮力体式と違い浮力材の厚みがなく、軽くて動きやすいことが特長。さらにスタイル別に分かれ、首掛け式とベルト式とがあります。

首掛け式はライフジャケットに腕を通し、前側のバックルで留めるタイプ。手動の場合は紐を引いて膨脹させます。なお、膨らみが足りない場合は、息を吹き込んでさらに膨らませることができるアイテムもあります。ベルト式は腰回りに巻きつけるタイプです。

浮力体式は主にベスト型で浮力体が縫い込まれているタイプ。確実に浮力が得られるのが特長ですが、デメリットとして持ち運びや身に付け続ける際にはややストレスを感じます。

ライフジャケットのタイプ

ライフジャケットのタイプは「TYPE A」から 「TYPE G」にクラス分けされており、浮力や色の指定、反射材や笛の有無、航行区域等などが定められています。なお、小児用ライフジャケト(1才以上12才未満)は3種類あり、体重が15kg未満(浮力4.0kg以上)、体重が15kg以上40kg未満(浮力5.0kg以上)、体重が40kg以上(浮力7.5kgのもの)と、子どもの体格に合わせることが重要です。

ライフジャケットのおすすめメーカー

ダイワ(グローブライド)

By: daiwa.com

東京に本社を構えており、主として「ダイワ」をブランド名とする釣具を取り扱っています。なお、かつての社名は「ダイワ精工」でしたが、2009年より現在の社名「グローブライド」に変更。国内外で知名度の高い総合釣り具メーカーです。

シマノ

By: shimano.co.jp

大阪に拠点を置く、自転車部品と釣具の製造を主要な事業とするメーカー。釣り具は世界的に展開しており、品質の高さには国内外から高い評価を得ています。

ライフジャケットのおすすめ人気モデル

ダイワ(Daiwa) 枕付き バリアテックフロートベスト DF-3506

収納性に優れたダイワの浮力体式ライフジャケット。背中のムレを軽減するため、サーモハッチバックシステムを搭載しているのが特長です。

また、弾力性のある浮力材を採用しており、安全性に配慮。カラーはブラック、レッド、ライトグレーの3色をラインナップしています。

ダイワ(Daiwa) ライフジャケット ウォッシャブル ウエストタイプ手動・自動膨脹式 DF-2207

強度と耐久性に優れた国土交通省基準対応モデルの自動膨張式ライフジャケット。立体裁断設計により、細身のウエストラインにもフィットするのがポイントです。

ボンベとカートリッジの状態をひと目で分かるダブルインジゲーターを搭載しており、使い勝手も良好。汎用性の高いおすすめの製品です。

ダイワ(Daiwa) ライフジャケット ウォッシャブル 肩掛けタイプ手動・自動膨脹式 DF-2007

強度と耐久性に優れた国土交通省基準対応の膨張式ライフジャケット。肩部分のパーツを3分割することにより、気軽に身に付けられるのが特長です。

また、背面アジャストベルトを採用することにより、さまざまな体型のユーザーに合わせてれるのもポイント。ボンベとカートリッジがひと目で分かるダブルインジゲーターが搭載されており、釣りでの使用のほか、カヌーなどのアクティブなレジャーでの使用にもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) ラフトエアジャケット(ウエストタイプ・膨脹式救命具) VF-052K

自動膨張式タイプのライフジャケット。セット状態を視認できるインジケーター付きガス充填装置を搭載しているのが特長です。

着脱可能な気室や幅広いサイズに対応できるアジャスト機能など、使いやすさを追求しているのもポイント。また、外カバーが脱着できるので、お手入れも簡単です。

シマノ(SHIMANO) XEFO・タックルフロートジャケット (ベーシック) VF-272N

浮力体式のライフジャケット。重量を分散し肩への負担を軽減するパワーポールディングシステムを搭載しており、長時間釣りを行う方におすすめのモデルです。

ポケットにも充実しており、効率的な収納が可能。また、肩と胸ポケットにもしっかりと浮力材が配置されており、体のフィット感にもこだわっています。

シマノ(SHIMANO) NEXUS・フローティングベスト XT VF-122Q

肩部の内外両面を特殊の滑り止めでガッチリサポートできる浮力体式ライフジャケット。背中の通気性を確保する2WAYシステムを採用しているほか、体にフィットするためストレスなく装着できるのが魅力です。

軽量かつ収納ポケットも多いため、フックケースなどの釣りに関する小物の取り出しがスマートにできるのもポイント。製品価格はやや高価ではありますが、長く使い続けられるライフジャケットを探している方におすすめです。

プロックス(PROX) フローティングゲームベスト PX399

浮力体式ライフジャケット。胸元には取り外し可能なポーチ、横にはドリンクホルダーを搭載しているのが特長です。背面のポケットにはレインウェアを収納可能な大型ポケットを配置し、機能性も良好。また、浮力材の取り外しも可能でお手入れが簡単なのもポイントです。

フォックスファイヤー(Foxfire) ウエストライフセーバー

釣り具メーカーのティムコのアウトドアブランドである「フォックスファイヤー(Foxfire)のアイテム。国土交通省基準対応の自動膨張式ライフジャケットで、ボンベとカートリッジの状態をひと目で分かるダブルインジゲーター搭載しているのが特長です。

スリムなウエストタイプで、重量も530gと軽量。フットワークが重要となる陸っぱりからの釣りで使い勝手のよい製品なので、ルアーで狙うバス釣りや餌木でイカを釣るエギングをする際におすすめです。

番外編:子ども用のライフジャケットおすすめモデル

オーシャンライフ(ocean life) 国土交通省型式承認ライフジャケット 小型船舶小児用救命胴衣 Jr-1s型

強度と安全性に優れた国土交通省基準対応の子供用ライフジャケット。カラーも視認性の高い蛍光色を採用しているのが特長です。

釣りはもちろん、カヌーや最近流行りのパドルボートでも活用できるので、水辺のレジャーを頻繁に楽しむファミリーの方は子ども用としてぜひ用意しておきたいアイテムです。

ウォーターロックス(Water Rocks) ライフベストKids

体にフィットするようバックルが腰部に装備され、フロントポケットに笛が取り付けられてた子ども用のライフジャケット。カラーラインナップが豊富で、ノーマルカラーはネイビーやピンクなど5色、ポップバーションはカモやボーダーなど6色と、計11色を取り揃えています。