淡水海水を問わず、水辺のレジャーに欠かせない「ライフジャケット」。フローティングベストとも呼ばれることありますが、いわゆる救命胴衣のことで、誤って水面に落ちた場合でも着用者を水上に浮かせることができるアイテムです。

釣りの場合、レンタルボート屋が隣接している湖や管理が行き届いている海釣り施設などであればライフジャケットの貸し出しを行なっている場合もありますが、より安全性を考慮すると個別に持ち合わせていたいもの。そこで今回は、おすすめのライフジャケットをご紹介します。

ライフジャケットの種類

浮力体式

By: amazon.co.jp

浮力体式はライフジャケットのなかでもメジャーなタイプで、発泡プラスチックなどの浮力体を内蔵しています。川や海などに落ちてもすぐに浮くので安全性に優れており、パニックになりにくいため小さな子どもにもおすすめです。

使用中に濡れても問題なく利用でき、水洗いによるお手入れが可能なのもポイント。波を被りやすい磯釣りや、川や海に立ち込むウェーディングにもおすすめです。

また、サイズが大きめなのでポケットを多く搭載しているのも魅力。釣具などの荷物を近くに置けない場所でも、ポケットに道具を収納して快適に釣りを行えます。

膨張式

By: rakuten.co.jp

膨張式は炭酸ガスなどを浮力体として利用するタイプです。通常時は浮力体式よりも薄くコンパクトで、緊急時にライフジャケット内へ炭酸ガスが充満して膨らみ、水に浮かびます。そのため、釣りなどの作業中に動きやすいのが魅力です。

膨張式は膨張方法によって自動式と手動式の2種類に分けられます。それぞれメリットとデメリットが存在するので、用途に適したタイプをチェックしてみてください。

自動式

自動式は水に落ちるとセンサーが感知し、自動で炭酸ガスがライフジャケット内に充満する方式です。パニックに陥っても自動で作動するため安心感があり、泳ぎに自信のない方にもおすすめ。状況に応じて手動で作動させられるのも魅力です。

デメリットはセンサーが水に濡れると作動する仕組みなので、雨や波、保管時の湿気で膨張する場合がある点。誤作動が起こりにくい水圧感知に対応したモデルも存在しますが、価格は高めです。そのため、水に濡れにくい場所での釣り用に検討してみてください。

手動式

手動式はライフジャケットに搭載された紐を引くと内部に炭酸ガスが充満する方式です。水に濡れても作動しないので、雨や波に濡れるような状況下での釣りにもおすすめ。誤作動による手間がかからず、装置を外さずに洗えるためお手入れを容易に行えるのが魅力です。

また、価格が比較的リーズナブルなのもメリット。デメリットは水に落ちても自動で作動しないので、自身でしっかりと紐を引いて作動させる必要がある点です。いざというときパニックにならないよう、前もって動作を確認しておきましょう。

ライフジャケットの選び方

装着方法で選ぶ

ベストタイプ

By: amazon.co.jp

ベストタイプのライフジャケットは基本的に浮力体式を採用しており、幅広い価格帯の製品が販売されています。水に浮かぶための操作が不要なので子ども用におすすめで、水に濡れやすいウェーディングにも人気です。

デメリットは、発泡プラスチックなどの浮力体を内蔵しているためサイズが大きく重い点。高価なモデルを中心に肩を動かしやすい製品も開発されているので、作業のしやすさを重視する場合はぜひチェックしてみてください。

ベルトタイプ

By: rakuten.co.jp

ベルトタイプのライフジャケットは船釣りで使われる場合が多く、腰に巻いておくだけなので動きやすいのが魅力です。ベストタイプなどと比べて目立ちにくいため、初めての方も気軽に装着できます。

デメリットは、腰まわりで浮き輪のように膨らむので、ある程度自身でバランスを取って浮かぶ必要がある点。ベストタイプや肩掛けタイプのように上体が自然と浮かび上がる訳ではないため、体力や泳ぎに自信のある方向けです。万が一に備えてあらかじめ使用時の動作を確認しておきましょう。

肩掛けタイプ

By: amazon.co.jp

肩掛けタイプのライフジャケットは主に膨張式を採用しており、コンパクトかつ軽量で動きやすいのがメリット。ベストタイプのように水中で上体が浮かび上がるため、安定した浮き姿勢を取りやすいのも魅力です。

デメリットは肩や首周りに広く接するので、ベルトタイプやポーチタイプと比べて作業中に気になりやすい点。動作の際にずれたり動きの邪魔をしたりといった恐れがあります。しかし、接触面が大きい分いざというときに安定して浮かびやすいため、安全性の高いライフジャケットを探している方におすすめです。

ポーチタイプ

By: amazon.co.jp

ポーチタイプのライフジャケットは、最もコンパクトで動作の邪魔をしないのが魅力。他の人が落水した際に投げて救命道具としても活用できるため、複数人で釣りに行くときに用意するのもおすすめです。

デメリットは、ポーチに入っているので他のタイプよりも膨張までやや時間がかかる点。また、ベストタイプや肩掛けタイプのように体へフィットする訳ではないため、水に落ちた際は自身でバランスを取る必要があります。波の穏やかな場所や人気の多い堤防などで釣りを行う際におすすめです。

安全基準は必ずチェックしよう

船釣り

船釣りを行う場合は、「桜マーク」がついたライフジャケットをチェックしましょう。桜マークは国土交通省が定めた型式承認を通過した製品につけられ、法改正により平成30年2月から小型船舶の乗船者はこのライフジャケットを着用するよう義務づけられています。

違反すると船長に違反点数や再教育講習などが課せられるので、小型船舶で船釣りを行う方は必ず桜マークがついたライフジャケットを用意してください。また、桜マークにはA・D・F・Gという4つのグレードが存在し、航行区域によって適したグレードの製品を選ぶ必要があります。

このうち「TYPE A」のライフジャケットは全ての航行区域に適用しているため、迷った場合はTYPE Aの製品を選ぶのがおすすめ。しっかりと基準に適合したライフジャケットを入手し、安全に船釣りを楽しんでください。

子ども用

子ども用のライフジャケットは、国土交通省によって浮力の安全基準が定められています。体重15kg未満は浮力4kg以上、体重15kg以上40kg未満は浮力5kg以上、体重40kg以上は浮力7.5kg以上の性能を備えた製品をチェックしましょう。

子ども用のライフジャケットは、釣りだけでなく川遊びや海水浴にもおすすめ。子どもの体重に適した製品かどうかしっかりと確認し、安全に使用してください。

ライフジャケットのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: rakuten.co.jp

東京に本社を構えており、主として「ダイワ」をブランド名とする釣具を取り扱っています。なお、かつての社名は「ダイワ精工」でしたが、2009年より現在の社名「グローブライド」に変更。国内外で知名度の高い総合釣り具メーカーです。

シマノ(SHIMANO)

シマノ(SHIMANO) XEFO フローティングベスト タックルフロートジャケット VF-272N

By: amazon.co.jp

大阪に拠点を置く、自転車部品と釣具の製造を主要な事業とするメーカー。釣り具は世界的に展開しており、品質の高さには国内外から高い評価を得ています。

ライフジャケットのおすすめ人気モデル

ダイワ(Daiwa) ライトフロートゲームベスト DF-6406

ダイワ(Daiwa) ライトフロートゲームベスト DF-6406

立ち込み時に水へ浸かりにくいショート丈のライフジャケットです。ポリエチレン独立発泡を内蔵した浮力体式で、浮力は7.5kg。川や海でのウェーディングにおすすめの製品です。

大型ポケットやスライドポケットなどを複数搭載しており、収納性に優れているのもポイント。背面の内側には股ベルトを内蔵しており、必要に応じて引き出して使えます。撥水加工が施された、シンプルで使いやすいライフジャケットです。

ダイワ(Daiwa) ウォッシャブルライフジャケット 肩掛けタイプ手動・自動膨脹式 DF-2007

ダイワ(Daiwa) ウォッシャブルライフジャケット 肩掛けタイプ手動・自動膨脹式 DF-2007

肩掛けタイプの自動膨張式ライフジャケットです。耐久性が向上したコンパクトな新型充気装置を搭載しており、7.5kgの浮力を備えています。TYPE Aの桜マークがついているので、航行区域によらず船釣りに使用できるのも魅力です。

ボンベとカートリッジの装着状態を簡単にチェックできる、ダブルインジケーターを搭載しているのもメリット。肩部分のパーツは3分割されており、立体裁断で首周りにフィットする設計です。

ウエストベルトは長さを55〜150cmまで調整でき、背面アジャストベルトと併せて調整することで幅広い体型に対応できます。動きやすく安全性に優れたライフジャケットとしておすすめです。

ダイワ(Daiwa) ウォッシャブルライフジャケット ウエストタイプ手動・自動膨脹式 DF-2207

ダイワ(Daiwa) ウォッシャブルライフジャケット ウエストタイプ手動・自動膨脹式 DF-2207

ベルトタイプのライフジャケットです。膨張式を採用しており、自動と手動の両方に対応した新型充気装置を搭載。使い勝手に応じて便利に作動させられ、7.5kgの浮力で落水時もしっかりと浮かぶことが可能です。

作業の邪魔にならないコンパクトなサイズでありながら、TYPE Aの桜マークがついておりさまざまな船釣りに使用できるのもメリット。ベルトの長さは調整可能で、55〜140cmの幅広いウエストサイズに対応できます。

ダブルインジケーターを搭載しており、ボンベとカートリッジの装着状態を簡単に確認できるのもポイント。装着感が少なく動きやすいおすすめのモデルです。

シマノ(SHIMANO) XEFO フローティングベスト タックルフロートジャケット VF-272N

シマノ(SHIMANO) XEFO フローティングベスト タックルフロートジャケット VF-272N

多数のポケットを搭載した収納性の高いライフジャケットです。ルアーケース用ポケットや小物ポケット、背面ポケットなどを活用し、釣りに必要な道具を効率よく収納できます。肩や腰に浮力体を内蔵しており、股ベルトつきで安全に使用できる製品です。

生地全体に撥水加工が施されているのもメリット。フロントと脇部分を左右それぞれ5分割し、加えて背中部分も5分割することで、体にフィットしやすく設計されています。ベーシックなベストタイプのおすすめモデルとして、ぜひチェックしてみてください。

EYSON ライフジャケット 手動膨張式

EYSON ライフジャケット 手動膨張式

お手頃価格の手動膨張式ライフジャケットです。肩掛けタイプなので着脱しやすく、作業時の動作もスムーズに行えるのが特徴。手動式のため誤作動による膨張が起こりにくく、雨天時や波に濡れやすい場所でも使えます。

浮力が16.5kgと大きく、体重150kgまで対応しているのもポイント。男女兼用のフリーサイズなので、家族で兼用することも可能です。また、緊急時に役立つ救助用ホイッスルも付属しています。手動膨張式の製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アクアテックス(AQUATEX) AIR ウエストポーチタイプ 自動膨張式ライフジャケット

アクアテックス(AQUATEX) AIR ウエストポーチタイプ 自動膨張式ライフジャケット

ポーチタイプの自動膨張式ライフジャケットです。撥水・防水性能を備えた生地と本体下部の排水口により、誤作動での膨張を防止しています。12.1kgの大きな浮力でしっかりと安定して水に浮かぶのも魅力です。

ウエストサイズは140cmまで調整可能で、幅広い体型に対応できます。着水時に膨張するC型形状の気室は、端部にバックルを搭載しているのもポイント。連結させて輪状にすることで掴みやすくなるため、より容易に水中で安定した姿勢を保てます。

子ども用ライフジャケットのおすすめモデル

リーフツアラー(ReefTourer) 子供用 シュノーケリングベスト SV-1500

リーフツアラー(ReefTourer) 子供用 シュノーケリングベスト SV-1500<

シュノーケリング向けの子ども用ライフジャケットです。Mサイズの浮力は5.4kgで、身長125〜165cmの子どもに適しています。国立室戸青少年自然の家と共同開発した製品で、水中で体の力を抜くと直立状態になり泳ぐ姿勢が取りやすく設計されているのが魅力です。

斜めがけ方式の股ベルトを搭載し、浮力でライフジャケットが脱げてしまうのを防止しているのもポイント。肩・脇・股下のベルトを調整すると、成長に伴う体格の変化に対応できて長く使えます。子どもでも着脱しやすい前面ジッパータイプのおすすめモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シーサイドフローティングベスト2 子供用 MC-2552

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シーサイドフローティングベスト2 子供用 MC-2552

人気アウトドアメーカーによる子ども用ライフジャケットです。シンプルなデザインで、3種類のカラーバリエーションから子どもの好みに合わせて選択できます。体重30〜45kg、身長130〜150cmの子どもに適しており、川や海などで水遊びをする際におすすめです。

浮力体式のライフジャケットで、股ベルトがついているため脱げにくいのもメリット。お手頃価格で気軽に入手できる人気モデルです。

東洋物産社 子ども用救命胴衣 TV-12c-L

東洋物産社 子ども用救命胴衣 TV-12c-L

小学校高学年以上の子どもにおすすめのライフジャケットです。浮力が8.3kgと大きく、身長140cm以上で体重40kg以上の子どもに適しています。特別な操作が不要な浮力体式を採用しており、股ベルトつきで落水時にも安定して水に浮かぶことが可能です。

桜マークつきでTYPE Aの基準を満たしているのもメリット。反射材やホイッスルも搭載しているため緊急時に位置がわかりやすく、より安全性に優れています。船釣りにも役立つおすすめの製品です。