水辺のレジャーシーンに欠かせない「ライフジャケット」。フローティングベストとも呼ばれることもあり、誤って海や川などに落ちた場合でも着用者を水上に浮かせるアイテムです。

さまざまな装着方法のモノが展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのライフジャケットをご紹介。選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ライフジャケットの選び方

装着方法で選ぶ

ベストタイプ

By: amazon.co.jp

ベストタイプのライフジャケットは浮力体式を採用しており、幅広い価格帯の製品がラインナップされています。水に浮かぶための操作が不要なので子供用としてもおすすめです。

発泡プラスチックなどの浮力体を内蔵しているため、ライフジャケットのサイズが大きくなりやすいのがデメリット。なお、高価なモデルを中心に肩を動かしやすい製品も展開されているので、動きやすさを重視する場合はぜひチェックしてみてください。

腰巻タイプ

By: amazon.co.jp

腰巻タイプのライフジャケットは船釣りで使われる場合が多く、腰に巻いておくだけなので動きやすいのが魅力です。ベストタイプなどと比べて目立ちにくいため、初めての方も気軽に装着できます。

腰まわりで浮き輪のように膨らむので、ある程度自身でバランスを取って浮かぶ必要がある点には注意が必要。ベストタイプや肩掛けタイプのように上体が自然と浮かび上がる訳ではないため、体力や泳ぎに自信のある方におすすめです。

肩掛けタイプ

By: amazon.co.jp

肩掛けタイプのライフジャケットは主に膨張式を採用しており、コンパクトかつ軽量で動きやすいのがメリット。ベストタイプのように水中で上体が浮かび上がるため、安定した浮き姿勢を取りやすいのも魅力です。

デメリットは肩や首まわりに広く接するので、腰巻タイプやポーチタイプと比べて作業中に気になりやすい点。動作の際にずれたり動きの邪魔をしたりといった恐れがあります。しかし、接触面が大きい分いざというときに安定して浮かびやすいため、安全性の高いライフジャケットを探している方におすすめです。

固定式か膨張式かで選ぶ

安全性を重視するなら「固定式」がおすすめ

By: amazon.co.jp

固定式のライフジャケットは、発泡材など浮力の高いモノを利用して浮かぶ方式のライフジャケットを指します。正しく着用していれば浮力に優れているため、子供でも安心して使えます。

ただし、浮力材はかさばりやすく、暑さや動きにくさを感じやすい点に注意が必要。できるだけ通気性の良いモデルを使用したり、動きやすい設計のモノを購入したりするのがおすすめです。

動きやすさを重視するなら「膨張式」

By: rakuten.co.jp

膨張式のライフジャケットは、面積が小さく着用したままでも動きやすいのがメリット。通常の状態だと浮力はありませんが、水を感知すると内蔵されたボンベで浮き輪のように気室が膨らみ、自動で飛び出します。

膨張式のなかには、自分でボンベを作動させる手動式のモノもラインナップ。気室を膨らますには、自分で紐を引いてボンベを作動させる必要があります。自動で動作しないので、泳ぎに自信のある方などにおすすめです。

膨張式は、気室が岩などにこすれて破損してしまうと浮力を失う可能性がある点に注意。波が激しくぶつかる岩礁帯などで使用する場合は、固定式のライフジャケットを選ぶと安心です。

桜マークの有無チェックしよう

By: shimano.com

国が安全性を確認した製品には「桜マーク」が刻印されています。2018年から小型船舶の乗船者は桜マークが付いたライフジャケットの着用が義務化されました。

桜マークには「Type A」「Type D」「Type F」「Type D」など、さまざまなモノがラインナップ。「Type A」のライフジャケットであれば、すべての航行区域に対応しているので安心です。

カラーにも注目

By: rakuten.co.jp

ライフジャケットを購入する際は、カラーもチェックしておきたいポイントです。沖に流されてしまったときに、目立つカラーでないと認識できない可能性があります。そのため、岸から離れて遊ぶときは黄色やオレンジなどの視認性の高いカラーを選ぶのがおすすめです。

また、夜間や早朝などの暗い時間帯では、カラーが派手でも視認しにくいので注意。反射材が付いている製品なら、ライトに反射して見つけやすいため、反射材の有無についても確認しておきましょう。

ライフジャケットのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: amazon.co.jp

「ダイワ」は、東京都東久留米市にある釣り具の総合メーカー。初心者から上級者まで、幅広い釣具を取り扱っています。

ダイワのライフジャケットは、ベストタイプや腰巻、肩掛けなどさまざまな形状のモノをラインナップ。また、国土交通省に認められた船釣り対応のアイテムも展開しているので、ぜひチェックしてみてください。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

「シマノ」は1、大阪府に本社を構えるアウトドアメーカーです。主に自転車と釣具を製造しており、釣具の分野ではガラス繊維製釣竿やクーラーボックス、ライフジャケットなどを扱っています。

シマノのライフジャケットは、浮力材とベストが一体化しているフローティングベストタイプが多いのが特徴。そのほか、肩掛けタイプやポーチタイプのアイテムも展開しています。

ライフジャケットのおすすめ|ベストタイプ

ダイワ(DAIWA) ベンチクールゲームベストV DF-6122

「エアスルーパッド構造」を採用しており、通気性が高いライフジャケットです。背面のパッド中央に設けられた溝が、背中の蒸れを軽減するのが特徴。夏場のウェーディングなど、蒸れやすい環境下での使用におすすめです。

「ランバーサポートベルト」を搭載しているのもポイント。肩だけで負担していた荷重を腰ベルトで分散できるため、シンカーやランディングネットなどの重い道具を持ち運ぶのにも適しています。

ダイワ(DAIWA) フロートゲームベスト DF-6206

肩ベルトの一部を衝撃吸収材に切り替えることで、身体にかかる負担を軽減できるライフジャケットです。ズレを防止して衝撃を緩和する「サスペンション機能」も搭載しています。

防水ターポリンポーチやプライヤーホルダー、ドリンクホルダーなどを備えているのも嬉しいポイント。取り外しやすいため、自分好みのセッティングに調節できます。

浮力材にはポリエチレン独立発泡剤を使用し、浮力は7.5kg/24時間を確保。さらに、破損に強いため岩礁帯などで釣りをする方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) ゲームベスト VF-024U

収納力に優れているライフジャケットです。ルアーボックスが入る大ポケットや小物類を入れる小ポケットなどを搭載しているのが特徴。また、荷物を分けて収納できるため、スムーズに取り出しやすいのもメリットです。

浮力は7.5kg以上を採用。さらに、表面は水を弾いて生地内部へ浸水を軽減する撥水加工が施されているのもおすすめポイントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) HULAフローティングベスト大人用 US-3010

コンパクトに折りたたみ可能なライフジャケットです。畳んで収納することで持ち運びやすいのが特徴。反射布を搭載して視認性を高めており、夜間でも見つけやすいように工夫しています。

表面の生地は速乾性のあるポリエステル100%を採用。浮力材には、高浮力のポリエチレンフォームを使用しています。おしゃれなデザインのライフジャケットを探している方におすすめです。

オーシャンライフ(ocean life) ライフジャケット C-II型

オレンジ色のカラーが目を引くライフジャケット。視認性に優れているため、岸から離れて遊ぶときなどにおすすめのアイテムです。

重量が430gと軽量なのも嬉しいポイント。また、軽量ながら浮力8.7kgを有しており、日本小型船舶検査機構に認定されています。視認性と軽量性を重視する方は、ぜひチェックしてみてください。

ライフジャケットのおすすめ|腰巻タイプ

ダイワ(DAIWA) コンパクトライフジャケット DF-2220

軽量かつコンパクトなライフジャケットです。「レールシステム」を採用しており、落水時にベルトに沿って気室が自動膨張するのが特徴。浮き輪のように体を支えられるため、泳ぎが苦手な方でも安心です。

サイズはフリーでウエスト70〜100cmに対応。また、余ったベルトを巻いてベルクロで固定できるため、動きを妨げにくいのもおすすめポイントです。

ダイワ(DAIWA) インフレータブルライフジャケット DF-2709

カラーバリエーションが豊富な自動膨張式のライフジャケット。10種類のカラーを展開しているため、好みのカラーを選びやすいのが魅力です。

適応するウエストサイズは55〜140cmと幅広く、さまざまな体型の方にフィットしやすいのもメリット。加えて、腰まわりにしっかりとフィットする立体裁断設計を採用しています。

国土交通省に承認を受けた桜マーク「Type A」を採用しているのもポイント。膨張時の浮力は7.5kg/24時間以上を達成しており、泳ぎが苦手な方にもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) ラフトエアジャケット VF-053U

コンパクトで釣りの動きを妨げにくい、腰巻タイプのライフジャケット。船上などで移動するときの引っかかりなどを軽減できるのもメリットです。

ウエスト幅は70〜100cmと余裕を持った設計を採用しているのもポイント。さらに、ベルトをまとめて閉じる面ファスナーを搭載しており、バタつきを抑えられます。

国土交通省に承認を受けた桜マーク「Type A」を取得しているため、さまざまな環境に対応できるのも魅力。動きやすさを重視する方におすすめのライフジャケットです。

ジェスバサロ(JES-BASARO) ライフジャケット 手動膨張式

比較的リーズナブルな価格で購入できる手動膨張式のライフジャケットです。ナイロンのオックスフォード素材を使用しているので、摩耗や破れに強く耐久性が高いのが特徴。さらに、110kgの浮力を有しているのもメリットです。

カラーバリエーションも豊富で、選択肢が多いのも嬉しいポイント。コスパを重視する方におすすめのライフジャケットです。

ブルーストーム(Bluestorm) モーゲットウエスト BSJ-9320RS II

耐摩耗性に優れたコンパクトな自動膨張式ライフジャケットです。素材に「CORDURAナイロン」を使用しており、傷や破れに強いのが特徴。また、カバー上部には汚れに強いPVCターポリン生地を採用しています。

特許技術「レールシステム」を採用しているため、高い浮遊性能を有しているのもメリット。初期浮力は9kgあり、桜マークの「Type A」を取得しています。耐久性と汎用性を兼ね揃えたライフジャケットを求めている方におすすめです。

ライフジャケットのおすすめ|肩掛けタイプ

ダイワ(DAIWA) ウォッシャブルライフジャケット DF-2021

「脇ベルトアジャスト」を採用しており、フィット感を調節できる自動膨張式のライフジャケット。身長に合わせて調節可能な「背面アジャスト機能」も搭載しているため、圧迫感を軽減できるのもメリットです。

小型船舶での釣りなどに対応できる桜マーク「Type A」を承認されているのもポイント。船の釣りにはもちろん、足場のよい釣り場など動きやすさを重視する方におすすめのライフジャケットです。

ダイワ(DAIWA) インフレータブルライフジャケット DF-2608

立体裁断設計で動きやすい自動膨張式ライフジャケット。首まわりにフィットしやすく、ゴワつきによる不快感などを軽減できるのが特徴です。

背面にアジャストベルトを搭載しており、ウエストサイズ55〜140cmと幅広く対応できるのもメリット。加えて、表地にはナイロン素材を使用しているため、摩耗に強いのもおすすめポイントです。

シマノ(SHIMANO) ラフトエアジャケット VF-051K

汚れても洗濯できる自動膨張式ライフジャケットです。表面に施された撥水加工が水や汚れを弾き、生地へ浸透を軽減するのが特徴。汚れてしまった場合は気室を取り外してカバーを丸洗いできるため、ニオイが付きやすいエサ釣りなどにもおすすめです。

桜マーク「Type A」が承認されているので、船釣りでも使用できるのがポイント。また、落水センサーが水分に反応して自動膨張するため、水が苦手な方でも安心して使用できます。

ブルーストーム(Bluestorm) モーゲット BSJ-8320RS II

ベルトに沿って気室が膨らむ「レールシステム」を搭載した、自動膨張式のライフジャケットです。コンパクトかつ軽量に設計されているのが特徴。小さくまとめやすいため、携帯性を重視する方におすすめです。

レール部分はメッシュ構造を採用し、通気性がよいので、夏場の釣りなどにもぴったり。生地に耐久性に優れるCORDURA素材を使用しており、耐久性が高いのもメリットです。

ジャッカル(JACKALL) 自動膨張式ライフジャケット JK2520RS

バス釣りなどのゲームフィッシングで人気の「ジャッカル」が手掛ける自動膨張式ライフジャケットです。小型船舶にも対応する桜マーク「Type A」を取得しているのが特徴。さまざま用途で使用できるのがおすすめポイントです。

ジャッカルのメーカーロゴをあしらっているのがデザインのアクセントに。また、カバーは汚れても外して丸洗いできるため、清潔な状態をキープしやすいのがメリットです。

気室に18gの炭酸ガスボンベを使用しており、7.5kg/24時間以上の浮力を確保しているのも魅力。さらに、ガスの接続状況がひと目で分かるインジケーター窓を備えているので、安心して使用できます。

ライフジャケットのおすすめ|子供用

ダイワ(DAIWA) チャイルドフローティングベスト DF-3921

目立つオレンジのカラーを採用し、胸元のリボンがアクセントのおしゃれなライフジャケット。視認性の高い高反射リフレクターを搭載しているので、夜間の使用でも安心です。

脱着しやすいバックル式を採用しているうえ、幅の調節はベルトで簡単に行なえます。また、すり抜けを軽減する股紐を搭載しているため、水に浸かりながらのアクティビティなどにもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) キッズボートベスト VF-099V

桜マーク「Type A」を取得した固定式のライフジャケット。国土交通省型式承認品のため、ボートフィッシングやオフショアの釣りにも使用できるのが特徴です。

レッドやイエローなど視認性の高いカラーリングを採用しているため、遠くからでも視認しやすいのがメリット。さらに、暗いときでも存在をアピールできるホイッスルや反射材も搭載しています。

調節や着付けが簡単に行えるフロントバックルを採用。使い勝手のよいライフジャケットを求めている方におすすめです。

ファインジャパン(FINE JAPAN) ジュニアフローティングベスト FV-6116

比較的安い価格で購入できるジュニア用ライフジャケットです。サイズはS〜LLサイズまでラインナップし、身長90〜150cm、体重は約20〜50kgまでの子供に対応できます。

視認性の高いカラーリングを採用しているのもポイント。さらに、反射板も搭載しているため、遠くからでも認識しやすいのが特徴です。

ジャケットの内側はメッシュ加工が施されており、通気性に優れているのもメリット。リーズナブルな価格のライフジャケットを探している方におすすめです。

EYSON ライフジャケット フローティングベスト SM80A

自動膨張式で安心して使える肩掛け用のライフジャケット。センサーが水を感知することで自動で気室が膨らむので安心して使用できます。

落水したときのずり上がりや抜けを軽減する、股ベルトを採用しているのもポイント。また、夜間の使用に適した反射テープやホイッスルも付属しています。動きやすい子供用のライフジャケットを探している方におすすめです。

エーキューエー(AQA) ライフジャケットキッズ3 KA-9021

ボーダーデザインがかわいいベストタイプのライフジャケットです。ウエストベルトと腰ベルトを搭載しており、体型にあわせてフィットしやすいのが特徴。また、股掛けベルトを備えているので、ライフジャケットがすり抜けるのを軽減できます。

本体の裏側にメッシュ素材を使用しており、通気性を備えているのも嬉しいポイント。また、比較的リーズナブルな価格で購入できるため、コスパを重視する方にもおすすめです。

ライフジャケットの売れ筋ランキングをチェック

ライフジャケットのランキングをチェックしたい方はこちら。