海や川、湖などの水面をクルーズできるカヤック。今やウォータースポーツの定番として知られており、いつでも手軽に自然を楽しめることから、自分でカヤックを用意する方が増えてきています。一方で、カヤックには、インフレータブルカヤック・シットオントップカヤックなどさまざまな種類があるので、初心者ほど選ぶのが難しいアイテムです。

そこで今回は、カヤックの選び方を解説したうえで、おすすめの製品をご紹介します。自分に合うカヤックを購入するためにも、ぜひ参考にしてみてください。

カヤックとは?

カヤックとはカヌーの一種で、波や流れに強く、船体の大部分が閉じていてコックピットの部分だけが開いているのが特徴。転覆しても水が入りにくい構造のモノが主流です。昔から人の移動や輸送の道具として、生活を支えてきたアイテムでもあります。

カヤックにはさまざまな種類があり、使用する目的によって最適なモノが異なります。自分に合うカヤックを用意できれば、アクティビティをより楽しむことが可能です。

カヤックの選び方

種類で選ぶ

インフレータブルカヤック

By: amazon.co.jp

インフレータブルカヤックは、空気を入れて膨らませるタイプのカヤック。ほかのカヤックとは異なり、空気を抜くことでコンパクトに折りたためるので、持ち運びしやすいタイプです。

また、安定性に優れているので、初心者でも扱いやすいのも魅力。さらに、比較的安価なモノが多いことから、コスパを重視したい方にもおすすめです。

なお、急流や岩場で使用するのには適していないので、注意が必要。主に中流から下流域の川、流れの穏やかな湖や海での使用するタイプです。

シットオントップカヤック

シットオントップカヤックは、カヤックの上に座って漕ぐタイプです。カヤック自体が密閉構造となっていることが多く、水が浸入することを防ぐので、転覆したり、沈んだりしにくいのが特徴。初心者が扱いやすいのも魅力です。

水面の穏やかな湖や海での使用に適しており、フィッシング用としても利用されます。なお、船体は一体型のモノが主流ですが、持ち運びのしやすさを重視したい場合は、2~3分割したパートを組み合わせるモデルもあるのでぜひ検討してみてください。

フォールディングカヤック

フォールディングカヤックは、折りたたみできるのが特徴のカヤックです。コンパクトに収納できるので、手軽に持ち運びできます。アルミ製のフレームに船体布を被せて組み立てるのが主流で、慣れれば簡単に使用可能。初心者にもおすすめのタイプです。

一方で、ほかのタイプよりも強度に劣るのがデメリット。流れが急な場所での使用は避け、中流から下流域の川や湖、水上が穏やかな海で使用しましょう。

フィッシングカヤック

川や海などで釣りを楽しみたい方におすすめなのが、フィッシングカヤックです。水上の好きなポイントで釣りを楽しめるのがメリット。舟を漕ぐ楽しさと、魚を釣る楽しさを同時に味わえます。

また、釣り竿や大型のトランクを収納できる機能が備わっているモノが多いのも特徴です。なかには、魚群探知機や小型の作業台などを追加で取り付けられるタイプのフィッシングカヤックもあります。

シーカヤック

シーカヤックは、海で使用するのにおすすめのタイプです。船体が細長く、スピードを出しやすいのが特徴。また、船内に水が入らないよう、座る部分以外はデッキで覆われています。海の上を長時間漕いで海面散歩したり、島から島へ移動したりと、本格的にカヤックを楽しみたい方に最適です。

リバーカヤック

リバーカヤックは、その名の通り川での使用に適したカヤックです。楽しみ方に合わせて、ダウンリバーカヤック・フリースタイルカヤック・クリ―キングカヤックとスタイルが分かれています。

激流の中でも俊敏に対応できるよう、船体は短く、機動力があり、ほかのタイプよりも頑丈に作られているのが特徴です。一方、リバーカヤックは船底が丸く、安定性に欠けるので中〜上級者におすすめ。初心者が乗りこなすのには時間がかかるタイプです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

カヤックはモデルによって長さが異なります。カヤックの長さは、3mを基準として、長短を判断するのがおすすめです。全長が長くなるほど直進性が増しますが、回転性が低くなる傾向があります。逆に、全長が短いモデルほどスピードを出しにくい反面、回転性は高いのが魅力。ただし、安定性が低くなるので、注意が必要です。

したがって、海や湖など、広い場所でまっすぐ進みたい場合には長いモデルを選び、小回りを利かせたい場合には、短いモデルを選びましょう。

また、カヤック本体の幅の広さをチェックするのも重要です。カヤックの幅は75cmを目安に、広いか狭いかを判断しましょう。なお、幅が広いモノほど安定感がありますが、水の抵抗が高くなる傾向にあります。使用目的やシーンに適したサイズのモノを選びましょう。

フィールドに合わせて素材を選ぶ

カヤックに使われている素材は、ゴムやFRP(繊維強化プラスチック)、ポリエチレンなどさまざまなモノがあるので、フィールドに合わせて選ぶようにしましょう。素材にゴムが使われているカヤックは2気室に分かれている船体が多いため、不沈構造のモノが多く、転覆しにくい特徴があります。耐久性が高く、ぶつかった時の衝撃を緩めることも可能なので、ラフティングに最適です。

一方、FRPやポリエチレン素材のモノは、岩の角や川底に擦れると割れたり穴が空いたりするのが難点。さらに、水が溜まると沈みやすいのも注意が必要です。ただし、その反面、ゴム製のカヤックより準備が楽なので、水場に着いたらすぐに遊べるのがメリット。それぞれの特徴を踏まえたうえで、使用目的に合う素材のモデルを選びましょう。

価格で選ぶ

カヤックの価格は一般的に5〜10万円が相場といわれています。高いカヤックほど、強化素材や最新の素材が使われていますが、用途によっては持て余す場合もあるので注意が必要です。

特に、初心者の場合は、複数のモデルを比較検討したうえで、予算に収まる程度のモノを購入しましょう。まずは、価格が安いモデルを選び、カヤックに慣れることから始めるのもおすすめです。

保管場所と携帯性をチェック

カヤックは、全長5mを超えるモノもあるため、あらかじめ保管場所や持ち運びやすさを確認しておく必要があります。家で保管する場合には、劣化を防ぐためにも、直射日光を避けられる場所を選びましょう。自宅で保管できない方は、レンタル倉庫の利用を検討するのもおすすめです。

なお、カヤックのなかでも、フォールディングタイプやインフレータブルタイプであれば、携帯性に優れているので便利。それ以外のタイプについては、持ち運ぶ際に破損したり周囲に迷惑がかかったりしないよう注意が必要です。

特に、車のルーフキャリアを付けてカヤックを運ぶ場合は、車の長さの1.1倍までという積載制限を守る必要があります。長さが超える場合は許可申請が必要なので、留意しておきましょう。

カヤックのおすすめ

セビラー(Sevylor) カヤック ユーコン

2人用のインフレータブルカヤックです。空気で膨らませるタイプなので、持ち運びしやすく、自宅で保管する際も場所を取らないのが特徴。安定性に優れているため、カヤックに乗るのが慣れていない方でも楽しめるモデルです。

サイズは全長388cm、幅は89cmです。直進性が高いので、水面が穏やかな海・川・湖での使用がおすすめ。重量は17kgで、収納時のサイズは約52×26×79cmです。

また、ストレージスペーズが豊富なのもおすすめポイント。ストレージバッグやバックパック収納ケースが付いています。さらに、あると便利な圧力計や、リペアキットも付属しているのもポイント。初めてカヤックを買う方に最適です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カヤック ラグーン2

穏やかな水面を水上散歩するのに最適なカヤックです。インフレータブルタイプのため、付属の空気ポンプで膨らませるだけで使用可能。付属のキャリーバッグにしまうことで95×65×20cmの大きさに収まるので、携帯性に優れているのも魅力です。

また、底部分にランディングスティックやスケグが付いているため、安定感があり、初心者でも操作しやすいのもおすすめポイント。フロア部分にはフォームマットを採用しているので、穴あきによる空気漏れの心配もいりません。さらに、足元にスペースを確保しているため、座り心地がよいのも人気の理由です。

なお、キャリーハンドルや荷物を留めるバンジーコード、メッシュポケットなど、荷物の積載ができるのも魅力のひとつ。高品質かつ気軽にカヤックを楽しめるモデルを探している方におすすめです。素材はポリエステルなので、水面が穏やかな海や湖で使用しましょう。

インテックス(Intex) エクスプローラー K2 カヤック

インフレータブルカヤックのなかでも、より安心して使用できるのが特徴のモデルです。空気室が左・右・底面とそれぞれ独立しているので、いずれか1ヶ所が破損しても、船体の空気が全て抜けるのを防げます。

また、フィンスタビライザーも付いているため、より安定感を得られるのもおすすめポイント。ほかのモデルに比べて価格も安いので、初めてカヤックを購入する方におすすめです。

さらに、収納しやすいのも特徴で、弁を開放することで空気を抜き、付属のキャリーバッグにしまえば68.5×45.7×28cmとコンパクトサイズに収まります。車への積載がしやすいのはもちろん、家で保管しておく際に場所を取らないのも魅力です。

なお、本製品のサイズは全長312×幅91cmで2人用ですが、フィッシングカヤックとしても使用できます。オールと座席が2つ付属しているので、本製品を購入すれば、すぐにカヤックを楽しむことが可能です。

インテックス(Intex) チャレンジャーK2 カヤック

コスパに優れているのが魅力のカヤックです。シットオントップカヤックなので、転覆したり、沈んだりしにくいのが特徴。2人乗り用で、耐荷重は約180kgです。オールと座席が2つ付属しているため、本製品を購入すれば、すぐにカヤックを楽しめます。

また、フィンスタビライザーも付いているので、初めてカヤックに乗る方でも安定感を得やすいのも魅力。さらに、空気を入れて膨らませるタイプのため、持ち運びしやすいのもおすすめポイントです。

なお、素材はポリ塩化ビニルなので、流れが激しい川での使用には向いていません。水面が穏やかな海や湖での使用がおすすめです。サイズは全長351×幅71×高さ38cm。まずは気軽にカヤックを楽しみたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

雑貨の国のアリス カヤック

シーカヤックと、フォールディングカヤックを兼ね備えたモデルです。付属のキャリーバッグに収納すれば、86×74×34cmの大きさに収まるため、未使用時に保管場所を取らないのが特徴。組み立てや折りたたみ方法も簡単なので、使い勝手がよいモデルです。

また、漕ぎ手が座る部分以外覆われているので、船内に水が入りにくいのも特徴。全長は約390cmで、幅は約60cmなので、直進性に優れています。特に、海の上を長時間漕いで海面散歩したり、島から島へ移動したりと、本格的にカヤックを楽しみたい方におすすめです。

さらに、座椅子やパドル・ドリンクホルダーがセットになっているのもおすすめポイント。なお、重量は約19kgで耐荷重は90kgです。

ストリームジャーニー(STREAM JOURNEY) BARRACUDA

1人用のシットオントップカヤックを探している方におすすめのモデルです。耐荷重は135kgですが、重量はわずか22kgと軽量なので、持ち運びしやすいのが最大の特徴。カートップへの積み下ろし作業が楽に済みます。

また、全長295×幅78cmとコンパクトサイズなため、乗り出しがスムーズで小回りが利きやすいのも魅力です。さらに、フラッシュロッドホルダーが4か所に搭載されているので、フィッシングカヤックとして使用できるのもおすすめポイント。シーンに応じて使い分けられるため、初心者から上級者まで幅広い層に最適なモデルです。

なお、本製品にはデラックスシートと2ピースアルミパドルが1点ずつ付属します。そのほか、バンジーコードや、ドリンクホルダー・前後のキャリーグリップが標準で付属しているなど、利便性に優れているのも魅力です。

ストリームジャーニー(STREAM JOURNEY) フィッシングカヤック CONDUCTOR10

フィッシングカヤックを探している方におすすめのモデルです。センターコンソールにはメジャー付収納ボックスが、後方部にはバンジーコードスペースがあるので、ルアーをはじめとしたフィッシングツールの収納に最適。全長は約310cm、幅は約76cmと平均的で、安定感もあります。耐荷重は最大170kgです。

また、進行方向を足でコントロールできるラダーが標準搭載されているため、操作性に優れているのも魅力。ラダーはサイドのロープで上げ下げが可能です。さらに、アルミパドル・デラックスシートが1セット付属するので、購入後すぐに使用できます。

なお、レッド×ブラックのおしゃれな見た目もおすすめポイント。機能性だけでなく、見た目にこだわりたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ストリームジャーニー(STREAM JOURNEY) カヤック G-T

家族で楽しめるカヤックを探している方におすすめのモデルです。シートやパドルが付属するので、購入後すぐに使用可能。全長は370cm、幅は86cmあり、最大で大人2人子ども1人で使用できます。

また、本製品はシットオントップタイプのため、カヤック自体が密閉構造となっており、水が浸入することを防ぐのも魅力です。安定感もあるので、初心者にも人気があります。

さらに、さまざまなシーンで使用できるのもおすすめポイント。シートをセンターポジションにセットすることにより1人用になるため、広いスペースを活かしてフィッシングカヤックとしても利用できます。

なお、後部にフラッシュロッドホルダーが付いていたり、後部にバンジーコードが付いていたりと利便性に優れているのも魅力のひとつ。おしゃれなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ベストウェイ(Bestway) カヤック 65115

全長275cmと比較的短めなので、回転性に優れているカヤックです。小回りが利きやすいため、マングローブでのクルージングや、ラフティングに最適。素材には耐久性に優れたポリ塩化ビニルが使われているので、障害物にぶつかっても衝撃を緩められます。

また、船体が3気室に分かれているため、安定性が高いのもおすすめポイント。付属のフィンを取り付ければ、進行方向をコントロールしやすくなります。さらに、前後にはバンジーコードが付いており、荷物の積載も可能です。ただし、定員は1名で最大積載量は最大約100kgなので注意しましょう。

なお、パドル・空気入れが付属するので、購入後すぐに使用できるモデルを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

Sarada リバーカヤック

川下りに最適な、リバーカヤックです。全長が約184cmと短く、曲線を描く独特な船底デザインによって、回転性に優れているのが特徴。川の流れに乗りやすく、スムーズな回転が可能です。

また、コックピットが包み込まれているように設計されているのもおすすめポイント。側面に大きな波を受けても、体勢を維持しやすく、付属の防水カバーを装着すれば船内に水が侵入するのを防げます。

さらに、重量がわずか15kgと軽量なのも魅力のひとつ。持ち運びしやすいモデルとしても人気があります。なお、素材にはポリエチレンが使用されているので、水場に着いたらすぐに使用できるモデルを探している方にもおすすめです。保管する際は、直射日光を避けられる場所を選びましょう。