シーバス(スズキ)ゲームはさまざまなフィールドで楽しめ、そのゲーム性の高さから若い釣り人を中心に人気があります。どうしてもルアーのチョイスに力を入れがちですが、ロッドの選択も重要。フィールドに適した選択が必要であり、本命の魚に出会うためには欠かせない要素です。

この記事では「シーバスロッド」のおすすめ商品を紹介するとともに、利用シーンやロッドの調子、硬さなどの選び方を解説するので、ロッドを購入する際の参考にしてください。

シーバスロッドの選び方

利用するシーンをチェック

港湾・小型河川

湾港や小型河川では、キャスト(投げ)する際にバックスペースがあまり取れなかったり、ストラクチャー(障害物)が多かったりと、狭いポイントならではの困難な状況があります。ベイトフィッシュ(小魚)を狙っているシーバスはピンポイントに潜んでいることも多く、キャストの正確性が求められます。

港湾や小型河川などの狭い場所では、取り回しのよさも重要視すべきポイント。ポイントによっては、あまりに長いロッドではキャストがしづらかったり、ランディング(取り込み)がしづらかったりするので、長すぎない2.44~2.74m(8~9ft.)クラスのシーバスロッドがおすすめです。

大型河川

大型河川でもっとも重要すべきは飛距離。とても対岸まで届きそうにない広大なフィールドなので、シーバスがいるポイントも絞りづらいため、ロングキャストで幅広く探っていく必要があります。基本的にロッドは、長いほど竿の反発力を活かせるため飛距離が出るロングロッドがおすすめ。

また、大型河川ではキャストするバックスペースも広く取れてピンポイントを狙ってキャストすることも少ないため、ロングロッドは理にかなっています。飛距離を重視する際におすすめの長さは2.74~3.35m(9~11ft.)のロングロッド。飛距離を稼げるヘビーウエイトルアーでも難なくキャストできます。

磯場で手前に根が大きく張り出しているようなポイントでは、リーリング中(リールでラインを巻き取る動作)にラインが根に触れ、切れてしまう可能性があります。手前の根を避けるためにはある程度の長さがあるシーバスロッドがおすすめ。長さとしては2.74~3.35m(9~11ft.)前後のシーバスロッドが最適です。

ボート

ボードでシーバスを狙う場合、湾港の堤防周りや橋脚周りなどのピンスポットを狙い撃ちします。ポイントまである程度近づいてキャストするので、あまり長いシーバスロッドは必要ありません。また、近距離を移動しながらどんどん打ち込んでいく「ランガンスタイル」の釣りになるので、手返しを重視した操作性がポイント。

長さとしては、1.96~2.44m(6.5~8ft.)クラスのショートロッドが取り回しに優れているのでおすすめです。

硬さをチェック

ライト(L)

By: amazon.co.jp

ライトクラスのロッドは、シーバスロッドのなかではもっとも柔らかく、軽量なルアーをキャストしたい場合に最適です。特に10g以下の軽量ミノー・シンキングペンシル・トップウォータープラグをキャストしたい際におすすめ。

なお、15g以上のルアーではロッドが重さに負けてしまい、弾力を活かすことができずに飛距離が出ないので注意が必要です。

ミディアムライト(ML)

By: amazon.co.jp

ミディアムライトクラスのシーバスロッドは、重量級ミノーやバイブレーションなど15~20g程度のルアーを使用する際におすすめの硬さです。逆に、それ以下の軽いルアーではロッドの反発力を活かせず遠くへは飛ばせません。

シーバスロッドとしては中間的な硬さので、柔らかめか硬めかで悩んだ場合にチョイスしましょう。また、もっともバランスのよい硬さなので初心者にも扱いやすくおすすめです。

ミディアム(M)

By: amazon.co.jp

ミディアムクラスのルアーは、30g前後のルアーも難なくフルキャストするパワーがあります。また、大型のシーバスとのファイトでもアドバンテージが得られる硬さです。ミディアムライトクラスのロッドに慣れて、少し硬めのシーバスロッドを検討している方におすすめします。

ミディアムヘビー(MH)

By: amazon.co.jp

ミディアムヘビークラスのシーバスロッドは、一般的にシーバスロッドで使用される硬さのなかではもっとも硬いタイプです。大型サイズのシーバスとの強引なファイトが可能で、磯場で一気にヒラスズキを浮かせて取り込めるパワーがあります。

ただ、軽いルアーをキャストしたい場合には向いていません。また、シーバスの活性が低くショートバイト(ルアーをくわえてもすぐ離すこと)のような状況ではバイトを弾いてしまったり、バラシが多発したりするので注意しましょう。

長さをチェック

1.96~2.44m(6.5~8ft.)クラス

シーバスロッドのなかではもっとも短いクラスのロッドで、ボートゲームにおすすめの長さです。ボートゲームでは、ポイントに近づいてピンポイントを狙い撃ちする釣り方なので遠投性能は必要ありません。手返しよくキャストを繰り返すためには、なるべく短いロッドがおすすめです。

また、短いほど取り回しがよいため、キャスト時にバックスペースを取りにくい場所やランディングがしにくいポイントでは役立ちます。

2.44~2.74m(8~9ft.)クラス

シーバスロッドのなかでは中間的な長さで、湾港や河川、サーフなどオールラウンドに活躍します。広い場所をロングキャストで狙うことはもちろん、ピンスポット狙いでも使いやすい長さです。また、短すぎず長すぎないので初心者が最初に購入する長さとしておすすめします。

2.74~3.35m(9~11ft.)クラス

大河川やサーフ、磯などではロングロッドがおすすめです。飛距離が期待できる重量級ルアーをキャストする場合は、ロッドの反発力が活かせるロングロッドでなければ難しくなります。また、ロングロッドは広い場所で威力を発揮するため、長いロッドを振り回してもトラブルにならない場所での使用がおすすめです。

テーパーをチェック

ファストテーパーの特徴

ロッドのテーパーとは「調子」のことで、ロッドがどの部分からよく曲がるかを表しています。ファストテーパーは「先調子」とも呼ばれ、穂先部分が柔らかく曲がる調子です。操作性がよいのが特徴で、ピンスポットへ正確にルアーをキャストするのに適しています。

また、ファストテーパーは感度がよいのも特徴。シーバスのショートバイトに対応できます。その反面、シーバスも違和感からルアーを吸い込みにくいことも。また、溜めが効きにくいために状況によってはバラシやすい調子でもあります。

レギュラーテーパーの特徴

レギュラーテーパーは、穂先側より少し胴に乗ったあたりから曲がる調子。ファストテーバーよりシーバスの食い込みがよく針にかかった魚を逃してしまう「バラし」も発生しにくいのが特徴です。各テーパーの中では中間的な調子であり操作性もよいので、初心者の最初の1本におすすめします。

スローテーパーの特徴

スローテーパーは「胴調子」とも呼ばれ、ロッドの胴部分を中心に曲がる調子です。ロッド全体がしなやかに曲がるため、シーバスがバイトしたときの食い込みがよく、激しいファイトにも耐えられバラシも軽減できます。

メーカーをチェック

ダイワ

By: daiwa.com

ダイワは釣り具メーカー最大手であり、日本のみならず世界中の釣り人に支持されているメーカーです。シーバスロッドでは、フラッグシップモデルである「モアザン」シリーズ・ミドルクラスの「ラブラックス」・豊富なラインラップの「ラテオ」・初心者向けの「レイジー」・「シーバスハンターX」など、ベテランから初心者まであらゆるレベルに対応したシーバスロッドが揃っています。

シマノ

By: amazon.co.jp

自転車部品の世界的メーカーであるシマノは、釣り具にも大変力を入れておりダイワと双璧をなす存在です。シーバスロッドでは最高級シリーズの「エクスセンス」シリーズをはじめ、ミドルモデル「ディアルーナ」、エントリーモデルの「ソルティーアドバンス」など充実のラインナップを誇ります。

シーバスロッドのおすすめ|DAIWA

第1位 ダイワ(DAIWA) シーバスロッド モアザン スピニング EX 87ML 2019モデル

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド モアザン スピニング EX 87ML 2019モデル

余計な飾りを排したシックなデザインが特徴で、軽量・高感度をコンセプトに開発されたシーバスロッド。長さ2.62m、硬さはミディアムライトとバランスの取れた扱いやすいモデルです。ロッド本体にはやや柔らかめの素材を採用しているため投げやすく、曲げれば曲げるほど粘り強さを発揮するテーパーに仕上がっており、よりシーバスとのファイトを楽しめます。

また、ダイワのテクノロジーもふんだんに盛り込まれており、竿に負荷がかかった際に起こりがちなネジレを防止する「X45」や革新的ロッド設計システム「ESS」を採用。さらに、リールシート部には軽量・高感度・高強度が特徴のカーボンファイバー入り「エアセンサーシート」も搭載しており、操作性を高めることに成功しています。

第2位 ダイワ(DAIWA) シーバスロッド モアザン ワイズメン T150M-5 平狂

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド モアザン ワイズメン T150M-5 平狂

ダイワ所属の村越正海氏によって監修された超ロングシーバスロッドです。磯場のヒラスズキにターゲットを絞ったモデルで、4.57mもの長いロッドにかかわらず、硬めの素材が使われているのが特徴。根の際に潜んでいるヒラスズキのポイントへと正確にキャストし、自由自在にコントロールできる操作性で誘い出せます。

硬さはミディアム。しかし、ミディアムクラス以上のパワー感があるロッドで掛けてからも魚を楽々いなします。最後にランディングするまで魚に主導権を渡すことなくアングラーの思いのままに操れるポテンシャルが魅力。リールシート・カーボンスペーサー・オリジナルのアルミナットなどに最高峰の素材とダイワのテクノロジーをつぎ込んだ傑作です。

第3位 ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング モアザン インターラインモデル 910ML

ダイワ(DAIWA)  シーバスロッド スピニング モアザン インターラインモデル 910ML

シーバスゲーム用に設計された「インターラインルアーロッドシステム」を採用したシーバスロッドです。インターラインとは、ライン(糸)を通すガイドがないロッドシステムのこと。ロッドの中にラインを通す仕組みで、ガイドがないため強風時にラインのバタつきがなくルアーを安定してキャストできます。

当モデルは長さ3.0mで硬さはミディアムライト。12~14cmクラスの重量級ミノーや鉄板バイブレーション、ジグなどを思いっきり飛ばせるロングキャストモデルで、遠投性を最重要視したいサーフや大河川で威力を発揮するおすすめロッドです。

第4位 ダイワ(DAIWA) シーバスロッド モアザン モバイル 87MLS-5

ダイワ(DAIWA)  シーバスロッド モアザン モバイル 87MLS-5

最高級クラスの性能と携帯性を両立させたロッドで、どこへでも持ち運べる「モバイルシーバスロッド」のフラッグシップモデルです。5本継で、仕舞寸法はわずか58cm。持ち運びが簡単なので電車釣行や旅行先、仕事帰りにちょっと竿を出したいときなどに便利です。

長さは2.61mで湾港や小河川での使用に最適。硬さはミディアムライトで軽めのルアーも投げやすいのが魅力です。また、握りが従来タイプよりひと回り細くなっており、握ったときのホールド感も向上しています。より快適な操作が可能になったおすすめシーバスロッドです。

第5位 ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング ラブラックス AGS 106M

ダイワ(DAIWA)  シーバスロッド スピニング ラブラックス AGS 106M

「ラブラックス」は、ダイワのシーバスロッドのなかではミドルクラスに位置づけられていながらも最上級クラスに匹敵する機能を搭載したシリーズ。ロッドのネジレを防止する「X45」や握りやすい「軽量オーバルリールシート」、無塗装で軽量化・高感度実現した「アンサンドマイクロピッチブランク」などを採用しており、機能性に優れています。

長さは3.2mで、長さを活かしたロングキャストなので、飛距離が必要なサーフ・大河川などでおすすめのロッドです。また、硬さはミディアム。大型ミノーや1ozクラスのバイブレーションやメタルジグも楽々キャスト可能で、ランカーシーバスとのファイトも余裕でこなせます。

第6位 ダイワ (DAIWA) シーバスロッド ソルティスト MB SB 65ML-4

ダイワ (DAIWA)  シーバスロッド ソルティスト MB SB 65ML-4

4本継のモバイルパックシーバスロッド。都心部では車より電車やバイク、自転車のほうがアクセス性に優れ手軽に釣り場にアプローチできますが、仕舞寸法の長い2ピースロッドでは邪魔になることも。そんなシチュエーションで活躍するのが仕舞寸法の短いモバイルロッドです。

全長は1.96mと、シーバスロッドのなかでは短めのタイプ。湾港・橋脚周り・小河川など、キャストの際にバックスペースが取れないポイントで活躍します。また、取り回しのよさからボートゲームでも便利。軽めのルアーから重めのバイブレーションまで扱えるおすすめロッドです。

第7位 ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング ラテオ 96ML・Q

ダイワ(DAIWA)  シーバスロッド スピニング ラテオ 96ML・Q

サーフや大河川、大型堤防などで遠投性が必要なポイントでおすすめのロングシーバスロッドです。対応可能ルアーは7~35g。重量級ミノーや大型バイブレーション、ジグなどを思いっきり飛ばしたい釣り人におすすめです。

また、ロッドの性能を左右するカーボンシートは、従来のカーボン素材よりカーボン繊維料を多くすることで高密度を実現。同じ太さのロッドより強度に優れており、パワー・粘り・タメなど、シーバスフィッシングで欠かせない要素を備えたロッドです。

第8位 ダイワ(DAIWA) シーバスロッド レイジー スピニングモデル 90ML

ダイワ(DAIWA)  シーバスロッド  レイジー スピニングモデル 90ML

軽量で高感度ながらも低価格のため、コストパフォーマンスに優れたシーバスロッドです。余分な装飾を省くことで軽量性を実現。ネジレに強い「X45」構造を採用した竿本体なので、ルアーを飛ばしたり、アクションを与えたりといった基本動作を難なくこなすモデルです。

長さはシーバスロッドとしてスタンダードな長さの2.74m。硬さはミディアムライトなので15~20g程度のミノーやバイブレーション、シンキングペンシルなどをキャストしやすいのが特徴です。また、柔らかめなテーパーを採用しているので、キャストに慣れていない初心者におすすめします。

第9位 ダイワ(DAIWA) シーバスロッド スピニング ハンターX 100MH

ダイワ(DAIWA)  シーバスロッド スピニング ハンターX 100MH

ロッドのネジレを抑える強化構造「ブレーディングX」を搭載しており、キャストやファイト時のパワーロスを抑えることに成功したシーバスロッドです。全ガイドに放熱性に優れた「sicリング」を装備。シーバスの強烈なファイトやランディングの際の糸切れを未然に防ぎます。

長さは3.05mで遠投性に優れており、60gもの重量ルアーもキャスト可能です。硬さはミディアムヘビーと、ハイパワーなので強引なファイトで一気に大型魚を浮かしてランディングできます。

第10位 ダイワ (DAIWA) シーバスロッド スピニング リバティクラブ シーバス 80L

ダイワ (DAIWA) シーバスロッド スピニング リバティクラブ シーバス 80L

気軽に楽しくシーバスフィッシングを楽しんでもらいたいという想いから開発されたモデルで、同社のシーバスロッドのラインナップではもっとも低価格なクラスのロッドです。長さは2.44mで湾内や小河川のランガンスタイルに最適。取り回しがよいので、初心者にも扱いやすくおすすめです。

低価格モデルながらもダイワのテクノロジーが搭載された本格ロッドであり、高感度の穂先やフィットして扱いやすいオリジナルリールシートを装備しています。また、セパレートグリップを採用しており、キャストがしやすく操作性に優れているのもポイントです。

シーバスロッドのおすすめ|SHIMANO

第1位 シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド NEW エクスセンス S1010-1110M/RF-T

シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド NEW エクスセンス S1010-1110M/RF-T

シマノの最上級シーバスロッド。3.61mのロングロッドなので、大型湾港やサーフなどでロングキャストしたい場合におすすめです。しなやかなブランクが特徴でシーバスを無駄に暴れさせることなくランディングでき、バラシも極限レベルにまで減らすことに成功しています。

さらに、やわらかい調子はラインを瞬時に送り出せるレバーブレーキリールとの相性もよく、微妙なラインテンションのコントロールが可能です。また、シマノ製シーバスロッドのなかでは初の30cmズームロッドであるのもポイント。足場の低い場所や操作性が求められる状況で、瞬時にロッドを短くして対応可能です。

第2位 シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ S100M

シマノ(SHIMANO)  シーバス ロッド 18 ディアルーナ S100M

「より軽く、より強く」をキーワードに開発されたシーバスロッドで、購入しやすいミドルクラスながらシマノのテクノロジー満載のおすすめモデルです。カーボンテープの巻き方を工夫することでネジレやつぶれを克服した「スパイラルX」や、フードとシートの間に段差がなく握りやすい「パーフェクションシート」を採用しています。

長さは3.05mで30g前後のミノーやジグヘッドを軸に、50gほどのメタルジグもキャストできます。硬さはミディアムのため、ハイパワーなのが特徴。サーフをメインとして、磯でのヒラスズキとのファイトにも真っ向勝負できるパワーロッドです。

第3位 シマノ(SHIMANO) シーバスロッド 13 ソルティーアドバンス S900ML

シマノ(SHIMANO)  シーバスロッド 13 ソルティーアドバンス S900ML

シーバスはもちろん、タチウオ・アオリイカ・アジなどさまざまな魚種に対応可能なシーバスロッド。価格帯のロッドながら、上級モデルに搭載されていることが多く放熱性に優れた「ステンレスsicガイド」を全ガイドに搭載するなど、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

長さはオールラウンドな2.74m。港湾部・小~中河川・干潟ウェーディング・サーフなどさまざまなポイントに対応します。硬さはミディアムライトで適合ルアーは6~28g。小型ミノーからバイブレーションまで幅広いルアーに対応できるおすすめの1本です。

第4位 シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ムーンショット S900L 9フィート

シマノ(SHIMANO)  スピニングロッド ムーンショット  S900L 9フィート

シマノの製品の中ではベーシックなタイプのシーバスロッドでありながら、全ガイドにsicガイドを採用し、握りやすい段差を排除したグリップの搭載など、クラスを超えた性能をもったモデルです。長さは扱いやすい2.74mで、しなやかなブランクによってシーバスの弱いアタリにもしっかりと食い込みます。

硬さはライトで適合ルアーは5〜21g。やわらかい調子なので、小型のミノーやバイブレーション、シンキングペンシルなどをロングキャストしやすく初心者にもおすすめのロッドです。

第5位 シマノ(SHIMANO) ロッド ルナミス B706MH

シマノ(SHIMANO)  ロッド ルナミス B706MH

「ベイトキャスティングリール」を使用するシーバスロッドです。ベイトキャスティングリールの特徴はパワーと手返しのよさ。使いこなせれば強力な武器になりますが、スピニングリールとは構造が異なりキャストにコツが必要なのでベテラン向きです。

長さは2.29mのショートロッド。障害物の多い小河川やボートゲームで使いやすい長さです。硬さはミディアムヘビーで2オンスクラスのビッグベイトもフルキャストできるパワーがありながらも、穂先には柔軟性があるのでショートバイトも弾きません。

シーバスロッドのおすすめ|Gamakatsu

第1位 がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ リフレックス ティガロ 90ML-ソリッド

がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ リフレックス ティガロ 90ML-ソリッド

高感度で操作性に優れたファストテーパーのシーバスロッド。穂先には軟らかく高感度な「カーボンソリッド穂先」を採用しており、ショートバイトが連続するようなタフなコンディション下で威力を発揮します。ティップはしなやかながらも適度な張りがあるので、繊細なルアー操作も可能です。

長さは2.74mで硬さはミディアムライト。適合ルアーは5~20gと、小型ミノーやジグヘッドなどの軽量ルアー、中型バイブレーションをキャストする際におすすめのロッドです。

第2位 がまかつ(Gamakatsu) ラグゼ リフレックス ティガロ 98M

がまかつ(Gamakatsu)  ラグゼ リフレックス ティガロ 98M

長さ2.95mでミディアムの硬さを採用したシーバスロッドです。パワーがあり、シーバスが掛かってからの強烈なファイトを楽にいなせて無駄に暴れさせないため、バラシも軽減します。また、しっかりとしたブランクは流れのある河川でも威力を発揮。

大型ルアーでも流れの抵抗に負けず、流れに乗って下るシーバスのパワーを受け止めることが可能です。適合ルアーは7~35g。小型ミノー・中型ミノー・鉄板ブレード系の重たいルアーも思い通りに操作できるロッドです。