シーバス(スズキ)ゲームはさまざまなフィールドで楽しめ、そのゲーム性の高さから若い釣り人を中心に人気があります。どうしてもルアーのチョイスに力を入れがちですが、ロッドの選択も重要。フィールドに適した選択が必要であり、本命の魚に出会うためには欠かせない要素です。

そこで今回は、おすすめの「シーバスロッド」をご紹介。あわせて、利用シーンやロッドの調子、硬さなどの選び方を解説するので、ロッドを購入する際の参考にしてみてください。

シーバスロッドの選び方

硬さをチェック

ライトタックル

By: rakuten.co.jp

一般的にルアーロッドには、もっとも柔らかいUL(ウルトラライト)から硬いXH(エクストラヘビー)までパワーが設定されています。ライトタックルはL(ライト)~ML(ミディアムライト)のパワーで、軽めのルアーに対応する硬さです。

軽いルアーをロングキャストしやすい一方、重たいルアーは竿が負けてしまってキャストしにくいほか、リーリング時も抵抗に負けて操作しにくいので要注意。適合ルアー重量は、同じ硬さでも長さやテーパーなどによって異なり、4g前後から20g以上のルアーをキャストできるタイプもあります。

イソメやゴカイが産卵行動のため砂から出てくる「バチ抜け」パターンでワームを使用する場合は、ライトタックルが活躍する場面です。また、産卵後のシーバスが小さめのベイトを捕食する時期を狙って小型ルアーを使用したい場合も、柔らかいロッドが適しています。

そのほか、セイゴサイズの小さいシーバスを手軽に狙いたいときにも、ライトタックルがおすすめです。

ヘビータックル

By: amazon.co.jp

シーバスロッドでのヘビータックルとは、M(ミディアム)からH(ヘビー)クラスのパワーを備えている硬さのロッドです。30gの大型ルアーから40~60g程度のメタルジグを使った釣りができるのもポイント。重たいルアーの使用に適している一方、軽いルアーではロッドの反発力を活かせずロングキャストしにくいため注意が必要です。

ヘビータックルは大物狙いや、磯でヒラスズキを狙う際にも最適。強烈な引きのヒラスズキを狙う場合、根に走られてしまうのを防ぐので、一気に寄せるパワーが要求されます。大型河川で大型ルアーを遠投したい場合も、バットにパワーのあるヘビータックルがおすすめです。

長さをチェック

長さは操作性やキャスト性能などに影響する部分なので、しっかりとチェックしておきましょう。シーバスロッドの長さはft(フィート)か、m(メートル)で表示されています。

ボートでシーバスゲームを楽しむ場合は、6~7ft程度の短めのロッドがおすすめ。ボート上では大きく振りかぶれないほか、波で揺れてキャストしにくいため短めのほうが有利です。とくに、ボートシーバスでは堤防周りや橋桁周りなどで手返しよく打ち込む必要があり、優れたキャスト性能が要求されます。

7~8.6ftのロッドはもっともオールラウンドに使いやすい長さです。キャストしやすく魚とのやり取りもしやすいので、初心者にも適しています。手返しのよさと操作性を重視したい場合にもおすすめです。

大型河川や磯場などで大型ルアーをロングキャストしたい場合は、9~11ftのロングロッドを要チェック。適合ルアー重量にもよりますが、長いほど竿の反発力を活かしたロングキャストが可能です。

テーパー(調子)をチェック

By: daiwa.com

ロッドのテーパーとは、竿のどの部分から大きく曲がるかを表しています。穂先に近い部分から7:3の割合で曲がるのがファーストテーパー(先調子)。シャンとした調子で感度がよく、正確なキャスティングが可能です。ただし、大型のシーバスとのやり取りが、やや難しくなるので要注意。張りがあるため、シーバスのショーバイトを弾いてしまうケースもあります。

竿の真ん中付近で曲がるタイプがスローテーパー(胴調子)。大型魚の強い引きに対して大きな曲がりでパワーを吸収します。しなやかに曲がるためシーバスがルアーをくわえたときの食い込みがよく、バラシにくいのも特徴です。

6:4の割合で曲がるのがレギュラーテーパー。ファーストテーパーとスローテーパーの中間的な調子でキャスト性、操作性などバランスに優れています。汎用性の高い調子なので、迷った場合はレギュラーテーパーや先調子ぎみのレギュラーファーストテーパーのモデルがおすすめです。

グリップをチェック

コルクグリップ

By: amazon.co.jp

ワイン栓でおなじみの素材がコルクです。「コルクガシ」樹皮の組織を剥離して加工した素材で、弾力性に優れているのが特徴。空気や水分を含みやすく、やわらかい握り心地が特徴です。トラウト系ロッドやフライロッドで多く採用されているものの、シーバスロッドでは少数派になります。独特の触り心地とコルクの雰囲気を好む方におすすめです。

EVAグリップ

By: amazon.co.jp

「EVA」とは「エチレン・ビニールアセタート・コポリマー」の略称で、エチレンと酢酸ビニルを共重合体させた合成樹脂です。日用品ではマットやスリッパの底などに使用されています。釣り具ではシーバスロッドをはじめ、さまざまなジャンルのロッドのグリップに採用。リールのハンドルノブにも使用されています。

EVAグリップは軽量で柔軟性と弾力性に富んでいるほか、耐久性に優れているのが特徴。撥水性が高く、水に立ち込む機会が多いシーバスロッドのグリップでは主流のタイプです。なお、使い込むにつれてテカリが出てくるため、使用後はよく水洗いしておきましょう。

シーバスロッドのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

自転車部品の世界的メーカーであるシマノは、釣り具にも力を入れています。同社のシーバスロッドは、「エクスセンス」と呼ばれる高級シリーズをはじめ、ミドルモデルの「ディアルーナ」、エントリーモデルの「ソルティーアドバンス」など、豊富にラインナップされているのが特徴です。

ダイワ(Daiwa)

By: amazon.co.jp

ダイワは釣り具メーカーの最大手であり、日本のみならず世界中の釣り人に支持されているメーカーです。シーバスロッドでは、フラッグシップモデルである「モアザン」シリーズ、ミドルクラスの「ラブラックス」、豊富なラインラップの「ラテオ」、初心者向けの「シーバスハンターX」など、幅広い方に対応したシーバスロッドが揃っています。

シーバスロッドのおすすめランキング

第1位 ダイワ(Daiwa) シーバスロッド リバティークラブシーバス 86L

全長2.59mのオールラウンドに使いやすいシーバスロッドです。硬さLでライトタックルに適しており、適合ルアー重量は5~28g。買い求めやすいリーズナブルな価格で、はじめて購入する1本としておすすめのモデルです。

継ぎ部にはロッドの粘りとパワーをサポートしやすい「逆並継」を採用。ファイト時にきれいなカーブを描き、大物とのやり取りがしやすいのもポイントです。

グリップ部は操作性とデザイン性を両立させたセパレート仕様。リールシートには、手にフィットしやすいオリジナルリールシートを採用しています。

第2位 シマノ(SHIMANO) シーバスロッド ルアーマチック MB S90ML-4

4ピース仕様のシーバスロッド。全長2.74mのセミロングロッドながら仕舞寸法73.7cmを実現しており、持ち運びや保管しやすさを重視したい方に適したモデルです。硬さはMLで、オールラウンドに使いやすい仕様。適合ルアー重量6~32gと、さまざまなタイプのルアーに対応可能です。

長めのレングスを活かしてロングキャストで狙いたいときにおすすめ。タチウオやロックフィッシュ、ライトショアジギングにも対応可能なパワーを備えています。

第3位 メジャークラフト(Major Craft) トリプルクロスシーバスモデル TCX-962M

高品質ながらリーズナブル価格のモデルを展開しているゲームフィッシングメーカー「メジャークラフト」のシーバスロッドです。全長9.6ftのロングロッドで、遠投して狙いたいシチュエーションにおすすめ。中・高弾性カーボンの採用により、シャープな振り抜き性能を備えています。

ガイドに軽量な「SiC-S」リングを搭載した、信頼性の高いガイドシステムでトラブルを軽減。快適なキャスト性能を実現しています。グリップには操作性を重視した「VSSシート」を採用。グリップには握り心地のよさが特徴の高密度・高強度EVAを使用しています。

第4位 シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ディアルーナ MB S900ML-4

4ピースのモバイルタイプシーバスロッドです。全長2.74mのセミロングロッドながら、仕舞寸法72.8cmを実現。持ち運びやすさを重視したい方におすすめのモデルです。

ブランクスには独自のロッドテクノロジー「スパイラルX」と「ハイパワーX」を採用。ネジレを抑えてブレのない、シャープなキャスト性能と操作性を可能にしています。

リールシートにカーボン強化素材「CI4+」を採用してグリップを軽量化。20g前後のバイブレーションやブレードベイトに対応しており、オールラウンドに使えるサブロッドとしても適しています。

第5位 ダイワ(Daiwa) シーバスロッド モアザン エキスパート AGS 93ML

ダイワのシーバスロッドのハイエンドシリーズ「モアザン」の最高峰モデル。ガイドリングに軽量・高感度の「AGS」やブランクスに最高峰カーボン「SVFコンパイルXナノプラス」を採用するなど、最高クラスの1本を求めている方におすすめです。

ブランクスにはネジレを防止する独自ロッドテクノロジー「X45」を採用。継ぎ部の曲がりと硬さを最適化した「Vジョイント」搭載によるスムーズな曲がりで、飛距離アップとキャスト精度が向上しています。また、グリップ上部にルアーフックをかけられる「フックキーパー」を搭載しているのもポイントです。

第6位 シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ソルティーアドバンス シーバス S96M

さまざまなジャンルに対応する全28アイテムを揃えているシリーズ「ソルティーアンドバンス」のシーバスロッドです。リーズナブルな価格ながら、上位機種クラスに匹敵する性能の高さが魅力。ガイドには「ステンレスフレームKガイド」を採用しているほか、グリップ部にはシマノオリジナルリールシートを備えています。

全長2.9mのロングロッドで、適合ルアー重量は8~45g。硬さはMで、大型ルアーをロングキャストしてランカーシーバスを狙いたいシチュエーションにおすすめのモデルです。

第7位 ダイワ(Daiwa) シーバスロッド スピニング ラテオ 90ML

ネジレに強いロッドテクノロジー「X45」搭載のシーバスロッド。カーボンを45°のバイアクロスで巻きつけることで徹底的にネジレを防止し、操作性・パワー・安定性に優れているモデルです。

上位機種に採用している「アンサンドマイクロピッチブランク」により、全長2.74mながら自重133gの軽量化を実現。無塗装・無研磨でブランクス本来の性能を発揮します。高品質ながらリーズナブルな価格で、安価ロッドからの買い替えにもおすすめです。

第8位 メジャークラフト(Major Craft) 2代目ソルパラ X シーバス SPX 862ML

気軽に楽しむをコンセプトに開発されているシリーズ「ソルパラ」のシーバスロッド。グリップ形状はロッド全体のバランスを考慮して設計されており、素材には高密度・高密度EVAを採用。軽快な操作性と握り心地で、快適な釣りをサポートします。

全長は8.6ft、硬さはMLでオールラウンドに使いやすいスペック。スレたフィールドでストラクチャーをタイトに攻めたいときに活躍します。

第9位 ダイワ(Daiwa) シーバスロッド LAZY 90ML

装飾をシンプルにしてコスパのよさを実現しているシーバスロッドです。手頃な価格ながら2.74mで自重130gの軽さが魅力。ネジレに強い独自構造「X45」採用のブランクスにより、しっかりとルアーを飛ばせるキャスト性を備えています。

硬さMLのオールラウンドに使いやすい仕様で、湾口部から河川まで幅広いフィールドに対応できるおすすめのモデル。適合ルアー重量7~35gと、ミノーや遠投系ペンシルベイト、メタル系ルアーなどさまざまタイプのルアーに対応します。強いパット部によって、引き抵抗の強いルアーも安定させて操作可能です。

第10位 シマノ(SHIMANO) シーバスロッド エクスセンス ジェノス S90MH/R

軽量・高感度な「カーボンモノコックグリップ」採用のシーバスロッド。軽く強い独自設計・製造方法「スパイラルXコア」の採用と相まって、最上級なキャスト性と操作性を実現しているおすすめのモデルです。

パットガイドにラインへのダメージを軽減する「Xガイド・エアロチタン」を搭載しており、飛距離も向上。また、硬さMHのパワフルなブランクスで、掛けたシーバスに対して常にアドバンテージを得られるパワーを発揮する1本です。

第11位 シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド エクスセンス インフィニティ S900ML/RF

リールシートにカーボン繊維の独自素材「CI4+」を採用しているシーバスロッドです。樹脂製と比較して軽く強度に優れており、ロッド全体の軽量化に貢献。グリップに独自設計の「カーボンモノコックグリップ」を採用しているなど、高感度と優れた操作性を実現しているおすすめのモデルです。

全長2.74mのセミロングロッドながら自重122gと、扱いやすいのも魅力。ベイエリアや河川、干潟ウェーディングゲームなど遠投性と操作性を求められるシーンで活躍します。また、30gまでのバイブレーションやブレードバイトに対応可能です。

第12位 ダイワ(Daiwa) シーバスロッド LAZY T96M-6

全長2.9mのロングロッドながら仕舞寸法61cmと、携帯性に優れているシーバスロッド。6本継ぎ仕様でコンパクトに仕舞えるため、電車や自転車での釣行や旅先で釣りを手軽に楽しみたい場合に重宝するおすすめのモデルです。

モバイルロッドながらネジレに強いロッド構造「X45」を採用しているなど、基本性能が充実しているのもポイント。装飾を減らしたデザインにより、手頃な価格を実現しているのも魅力です。堤防でのライトショアジギングに対応し、車載しておけばいつでも釣りを楽しめます。

第13位 ダイワ(Daiwa) シーバスロッド ラブラックスAGS 96ML

独自テクノロジーによって開発されたガイドシステム「AGS」搭載のシーバスロッドです。上位機種に採用されている「アンサンドマイクロピッチブランク」や軽量オーバルリールシートにより、軽量化と高感度を実現。ワンランク上を目指す初心者から中級者におすすめのモデルです。

全長2.89mのロングロッドで大河川の河口や大型堤防、サーフで重量級ルアーをフルキャストするシーンに適しています。スローテーパーぎみの調子で、硬さMLながら強烈なシーバスの引きに耐えられるパワーを備えているのも魅力です。

第14位 シマノ(SHIMANO) パックロッド トラスティック S810ML

コルクグリップを採用しているシーバスロッド。コルクならではの握り心地と、味わい深さを楽しみたい方に適したモデルです。全長8.1ftのショートロッドでピンポイントを正確にキャストしたいシーンに適しています。

4本継ぎのモバイルロッドで携帯性に優れているのも魅力。電車や自転車で釣行したい場合に重宝します。上から3継ぎ目のピースを2ピース用意しているのもポイント。状況に合わせて全長を1ft調節できるため便利です。

第15位 ダイワ(Daiwa) シーバスロッド MORETHAN BRANZINO 1010M/MH

ダイワシーバスロッドのフラッグシップシリーズ「モアザン」のパワーモデルです。全長3.3mのロングロッドで硬さはMH。パワー重視の大物狙いや重量級ルアーをロングキャストして狙いたいシーンに適しています。ファーストテーパー仕様でティップ部にはMパワーを採用しており、ショートバイトを弾きにくいのもポイントです。

強力なパワーを発揮する頑強な仕様により、流れの速い河口部や大河川にもおすすめ。波消しブロックや杭など、ストラクチャーをかわしながらファイトするようなシチュエーションにも適しています。

第16位 アブガルシア(Abu Garcia) シーバス ロッド ソルティーステージ KR-X SXSC-71M-GJ-KR

ベイトリールをセットするタイプのシーバスロッド。ベールのないベイトリールならではの手返しの速い釣りを展開したい方におすすめのモデルです。シーバスの強烈な引きに耐えられるブランクスを採用。Xテープで補強し、ネジレと破損を防止しています。

富士工業製のKRガイドにより、キャスト時やフッキング時のトラブルを軽減。高感度も実現しており、ショートバイトが多発する低活性時の釣りをサポートします。全長7.1ftのショートロッドで岸際につくシーバスを狙いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

第17位 ダイワ(Daiwa) シーバスロッド シーバスハンターX 90L

カーボンテープをX状に締め上げてネジレを防ぐ強化構造「ブレーディングX」搭載のシーバスロッドです。クラス以上のパワーを発揮するモデルで、硬さLのやわらかめのブランクスによって5~28gの軽めのルアーに適しています。

Kガイドを搭載しており、糸絡みが軽減。オールSiCリング仕様により、PEライン使用時に快適な操作性を実現します。グリップにレッド×ゴールドのアルマイトをあしらっているなど、デザイン性のよさも魅力です。

第18位 メジャークラフト(Major Craft) スピニングロッド ファーストキャスト FCS-962ML

誰もが手軽に楽しめる「心地よい使用感」をコンセプトに開発されているシリーズ「ファーストキャスト」のシーバスロッドです。徹底的に無駄を省いて低価格を実現しています。中弾性カーボンの採用により、ロングロッドに慣れていない方にも扱いやすい仕様です。

10~30gのルアーをロングキャストで狙いたいシチュエーションにおすすめ。河川やサーフなどフラットなポイントでの釣りに適しています。

シーバスロッドのAmazonランキングをチェック

シーバスロッドのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。