シーバス(スズキ)ゲームはさまざまなフィールドで楽しめ、そのゲーム性の高さから若い釣り人を中心に人気があります。どうしてもルアーのチョイスに力を入れがちですが、ロッドの選択も重要。フィールドに適した選択が必要であり、本命の魚に出会うためには欠かせない要素です。

そこで今回はおすすめの「シーバスロッド」をご紹介。あわせて、利用シーンやロッドの調子、硬さなどの選び方を解説するので、ロッドを購入する際の参考にしてみてください。

シーバスロッドの選び方

硬さをチェック

ライトタックル

By: rakuten.co.jp

一般的にルアーロッドには、もっとも柔らかいUL(ウルトラライト)から硬いXH(エクストラヘビー)までパワーが設定されています。ライトタックルはL(ライト)~ML(ミディアムライト)のパワーで、軽めのルアーに対応する硬さです。

軽いルアーをロングキャストしやすい一方、重たいルアーは竿が負けてしまってキャストしにくいほか、リーリング時も抵抗に負けて操作しにくいので要注意。適合ルアー重量は、同じ硬さでも長さやテーパーなどによって異なり、4g前後から20g以上のルアーをキャストできるタイプもあります。

イソメやゴカイが産卵行動のため砂から出てくる「バチ抜け」パターンでワームを使用する場合は、ライトタックルが活躍する場面です。また、産卵後のシーバスが小さめのベイトを捕食する時期を狙って小型ルアーを使用したい場合も、柔らかいロッドが適しています。

そのほか、セイゴサイズの小さいシーバスを手軽に狙いたいときにも、ライトタックルがおすすめです。

ヘビータックル

By: rakuten.co.jp

シーバスロッドでのヘビータックルとは、M(ミディアム)からH(ヘビー)クラスのパワーを備えている硬さのロッドです。30gの大型ルアーから40~60g程度のメタルジグを使った釣りができるのもポイント。重たいルアーの使用に適している一方、軽いルアーではロッドの反発力を活かせずロングキャストしにくいため注意が必要です。

ヘビータックルは大物狙いや、磯でヒラスズキを狙う際にも最適。強烈な引きのヒラスズキを狙う場合、根に走られてしまうのを防ぐため、一気に寄せるパワーが要求されます。大型河川で大型ルアーを遠投したい場合も、バットにパワーのあるヘビータックルがおすすめです。

長さをチェック

長さは操作性やキャスト性能などに影響する部分なので、しっかりとチェックしておきましょう。シーバスロッドの長さはft(フィート)か、m(メートル)で表示されています。

ボートでシーバスゲームを楽しむ場合は、6~7ft程度の短めのロッドが最適。ボート上では大きく振りかぶれないほか、波で揺れてキャストしにくいため短めのほうが有利です。とくに、ボートシーバスでは堤防周りや橋桁周りなどで手返しよく打ち込む必要があり、優れたキャスト性能が要求されます。

7~8.6ftのロッドはもっともオールラウンドに使いやすい長さです。キャストしやすく魚とのやり取りもしやすいため、初心者にも最適。手返しのよさと操作性を重視したい場合にもおすすめです。

大型河川や磯場などで大型ルアーをロングキャストしたい場合は、9~11ftのロングロッドを要チェック。適合ルアー重量にもよりますが、長いほど竿の反発力を活かしたロングキャストが可能です。

テーパー(調子)をチェック

By: daiwa.com

ロッドのテーパーとは、竿のどの部分から大きく曲がるかを表しています。穂先に近い部分から7:3の割合で曲がるのがファーストテーパー(先調子)。シャンとした調子で感度がよく、正確なキャスティングが可能です。ただし、大型のシーバスとのやり取りが、やや難しくなるので要注意。張りがあるため、シーバスのショーバイトを弾いてしまうケースもあります。

竿の真ん中付近で曲がるタイプがスローテーパー(胴調子)。大型魚の強い引きに対して大きな曲がりでパワーを吸収します。しなやかに曲がるためシーバスがルアーをくわえたときの食い込みがよく、バラシにくいのも特徴です。

6:4の割合で曲がるのがレギュラーテーパー。ファーストテーパーとスローテーパーの中間的な調子でキャスト性、操作性などバランスに優れています。汎用性の高い調子なので、迷った場合はレギュラーテーパーや先調子ぎみのレギュラーファーストテーパーのモデルがおすすめです。

シーバスロッドのおすすめメーカー

シマノ(SHIMANO)

By: shimano.co.jp

自転車部品の世界的メーカーであるシマノは、釣り具にも力を入れています。同社のシーバスロッドは、「エクスセンス」と呼ばれる高級シリーズをはじめ、ミドルモデルの「ディアルーナ」、エントリーモデルの「ソルティーアドバンス」など、豊富にラインナップされているのが特徴です。

ダイワ(Daiwa)

By: amazon.co.jp

ダイワは釣り具メーカーの最大手であり、日本のみならず世界中の釣り人に支持されているメーカーです。シーバスロッドでは、フラッグシップモデルである「モアザン」シリーズ、ミドルクラスの「ラブラックス」、豊富なラインラップの「ラテオ」、初心者向けの「レイジー」「シーバスハンターX」など、ベテランから初心者まであらゆるレベルに対応したシーバスロッドが揃っています。

シーバスロッドのおすすめランキング

第1位 シマノ(SHIMANO) ルアーマチック S86ML

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック S86ML

さまざまな魚種に対応する「ルアーマチック」シリーズのモデルです。リーズナブルな価格で初心者におすすめ。シーバスロッドとしてもっとも使いやすい長さ8.6ft、硬さMLのライトタックルでさまざまなシーンに対応できるオールラウンダーです。

適合ルアー重量6~28gと、軽いルアーからヘビールアーまでロングキャスト可能。シーバスゲーム以外にエギングやタチウオ、トラウトまで適応できる対応力の高さも注目ポイントです。

第2位 シマノ(SHIMANO) ソルティーアドバンス ショアジギング S96M

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ソルティーアドバンス ショアジギング S96M

リーズナブルな価格ながらキャスト・フッキング・ランディングの基本性能に優れたシーバスロッド。長さ9.6ft、硬さMLのハードタックルで、河川や湾港狙いにおすすめのモデルです。リーズナブルな価格ながらシャープさとパワーに優れており、シーバスゲームをはじめてみたい方の最初の1本としても適しています。

シマノソルトウォーターロッドのベーシックモデルであり、豊富なラインナップにも注目。10魚種、28本のアイテムを用意しているので、気になる方はチェックしてみてください。

第3位 シマノ(SHIMANO) ディアルーナ ベイトモデル B106M

シマノ(SHIMANO) ディアルーナ ベイトモデル B106M

10.6ftのロングロッドで、サーフや大規模河川などロングキャストしたいシチュエーションにおすすめのシーバスロッド。独自のロッドテクノロジー「スパイラルX」や「ハイパワーX」により、従来モデルと比較して約14%もの軽量化を実現しています。

7~12cmクラスのミノーやシンキングペンシルなどをロングキャストしやすく、優れたパワーと手返しのよさを発揮。ベイトリールを使用するタイプで初心者にはやや操作が難しく、中級者以上におすすめのモデルです。

第4位 ダイワ(Daiwa) ラテオ モバイル 86ML-4

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド ラテオ モバイル 86ML-4

移動や収納に便利な4ピースタイプのシーバスロッド。電車やバスなど公共交通機関を利用して釣り場に向かう場合や、旅行先で手軽に釣りを楽しみたいときにおすすめのモデルです。モバイルロッドながら高性能なのが特徴で、ブランクスには軽量・高感度のHVFカーボンを採用。さらに、リールシートにはハイエンドモデルに採用されているカーボン製リールシート「エアセンサーシート」を搭載しています。

4ピースとは思えないスムーズできれいな曲がりも魅力。独自のバイアス構造「Vジョイント」によるしなやかさで、安心してシーバスとのやり取りを楽しめます。

第5位 ダイワ(Daiwa) スピニング ラブラックス AGS 106M

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド スピニング ラブラックス AGS 106M

圧倒的な軽さと感度を追求したエアガイドシステム「AGS」を搭載したシーバスロッド。高密度カーボン「HVFカーボン」やネジレを抑制してパワーと操作性を向上させる「X45」などを採用している、ハイグレードモデルです。

全長10.6ftで堤防やサーフでロングキャストして狙いたいシチュエーションにおすすめ。スリムで軽量なブランクスにより、今まで攻められなかったポイントにルアーを打ち込めます。硬さMのハードタックルでパワーもあり、ヒラメゲームやライトショアジギングにも対応可能です。

第6位 メジャークラフト(Major Craft) スピニング ファーストキャスト FCS-1002M

メジャークラフト(Major Craft) シーバスロッド スピニング ファーストキャスト FCS-1002M

手軽にシーバスフィッシングを楽しめるように開発された、シーバスロッドのエントリーモデル。無駄を省いた設計により、初心者はもちろん中級者や上級者のサブロッドとしてもおすすめです。10ftのレギュラーファーストテーパーで、20~40gのルアーのキャストに適しています。

ロッド全体のバランスを考慮して開発されたEVA製グリップにより、握り心地のよさもおすすめポイント。接合部がズレにくい「マットフィニッシュジョイント」を採用しており、つなぎ目を感じさせないスムーズな曲がりも魅力です。

第7位 シマノ(SHIMANO) ムーンショット S906M

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ムーンショット シーバス S906M

独自のブランクス構造「マッスルループ」を採用したシーバスロッドです。ブランクスの最外層を「インフィニティカーボンテープ」で密巻きしてブランクスの真円性を高めており、強度の安定化を実現しています。

長さ9.06ftのセミロングロッドで遠投性と操作性のバランスに優れた仕様。硬さMのハードタックルで適合ルアー重量8~42gと幅広く、さまざまなタイプのルアーに対応できるモデルを探している方におすすめです。

第8位 ダイワ(Daiwa) リバティクラブ 86ML

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド スピニング リバティクラブ シーバス 86ML

釣り人それぞれのスタイルで、手軽にシーバスフィッシングを楽しむことを目的として開発されたシーバスロッド。カーボン含有率67%に抑えることで低価格を実現しており、リーズナブルでコスパに優れた入門用ロッドとしておすすめのモデルです。

全長8.6ftで硬さMLのライトタックルで、オールラウンドに使えるスペック。シーバスゲームはもちろんワカシやメッキ、サバなどライトショアジギングを楽しみたいときにも最適です。

第9位 アブガルシア(Abu Garcia) ソルティーステージ KR-X SBC-632ML-KR

アブガルシア(Abu Garcia) シーバス ロッド ベイト ソルティーステージ KR-X SBC-632ML-KR

全長6.3ftのボートシーバスゲームにおすすめのシーバスロッドです。ショートロッドでボート上での操作性に優れており、堤防周りや橋桁周りをミノーでピンポイントを狙いたいときに活躍します。硬さMLで適合ルアー重量5~28gと、さまざまなルアーサイズに対応可能です。

グリップの長さを短めに設計しており、トゥイッチやジャークなどテクニカルな操作がしやすいのも特徴。ベイトリールを使用するタイプで、手返しよくランガンスタイルでポイントを撃っていく際に適しています。

第10位 メジャークラフト(Major Craft) ファーストキャスト FCS-902ML

メジャークラフト(Major Craft) シーバスロッド スピニング ファーストキャスト シーバスFCS-902ML

中弾性カーボンをブランクスに採用したシーバスロッド。無駄を徹底的に省くことでリーズナブルな価格を実現しており、手軽にシーバスフィッシングを楽しみたい方におすすめのモデルです。全長9ft、硬さMLのライトタックルでオールラウンドに使いやすいタイプ。河川やベイエリア、サーフなどポイントを選ばず使えます。

重量10~30gのルアーの使用に適しており、ライトショアジギングでカマス・サバ狙いやジグヘッドを使った根魚狙いでも使えるオールラウンダーです。

第11位 アブガルシア(Abu Garcia) クロスフィールド XRFS-902ML

アブガルシア(Abu Garcia) スピニング ロッド クロスフィールド XRFS-902ML

あらゆるフィールドに対応できる万能モデルとして開発されたシーバスロッド。シーバスフィッシングはもちろん、バスやトラウトなど海・川問わずさまざまな釣りを楽しんでみたい方におすすめのオールラウンドモデルです。

ブランクスにカーボンテープを斜め方向からラッピングして、ネジレを抑制。トルクも向上しており、シーバスの強い引きにも耐えられます。全長9ft、硬さMLのライトタックルでさまざまなポイントやルアーに対応可能。アンサンドフィニッシュ加工により、低価格モデルながら軽く感度にも優れています。

第12位 ダイワ(Daiwa) モアザン スピニング EX 93ML/M

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド モアザン スピニング EX 93ML/M

余計な装飾を排除し、高品質なブランクスやパーツを採用したシーバスロッドです。リールシートには軽量かつ高感度なエアセンサースリムシートを採用。ガイドにはチタン製を採用しているほか、リングには摩擦抵抗の少ない「SiCリング」を搭載しているなど、ハイグレードなモデルを求めている方におすすめです。

全長9.3ftのセミロングモデルなので、港湾や河川などさまざまなポイントに対応可能。トップ部ML、パッド部Mパワーのファーストテーパー設計により、軽いルアーから重たいルアーまでキャストしやすいバーサタイルロッドです。トップのMLのしなやかさで、低活性時のショートバイトも確実に捉えるフッキング性能を発揮します。

第13位 メジャークラフト(Major Craft) ソルパラ X シーバス SPX 862ML

メジャークラフト(Major Craft) 2代目ソルパラ X シーバス SPX 862ML

気軽に本格的な釣りを楽しめるシリーズとして人気の「ソルパラ」のシーバスロッドです。感度に優れたカーボン素材や持ちやすいグリップ形状、糸絡みしにくいガイドを搭載。初心者はもちろん、力の弱い女性や子供用としてもおすすめのモデルです。

全長8.6ft、硬さMLのライトタックルで、シーバスロッドとしてもっともスタンダードなスペックを採用。レギュラーファーストアクションの張りのある調子により、ストラクチャーへのピンポイントなアプローチを可能にします。

第14位 ダイワ(Daiwa) レイジー スピニングモデル 106ML

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド スピニング レイジー スピニングモデル 106ML

遠投性能とルアーの食い込みにこだわって設計されているシーバスロッドです。HVFカーボンを採用した軽量かつ高感度なブランクスを、ネジレに強い構造「X45」で強化。10.6ftのロングロッドにより、バイブレーションや120mmミノーなどをロングキャストできる操作性を実現しています。

硬さはMLで、しなやかなティップがシーバスの口にしっかりと食い込んでバラシにくいのも特徴。高性能ロッドながら飾り気を排除することで低価格を実現した、コスパのよさも魅力です。

第15位 アブガルシア(Abu Garcia) ソルティースタイル トリプルコンセプト SSTS-882MLT-KR

アブガルシア(Abu Garcia) ソルティースタイル トリプルコンセプト SSTS-882MLT-KR

1本のロッドでシーバス・エギング・ライトショアジギングの3つの釣りスタイルを楽しめる「トリプルコンセプト」のシーバスロッド。シーバスゲームのみならず、さまざまなソルトルアーフィッシングを楽しみたい方におすすめのモデルです。

全長8.8ft、硬さMLのライトタックルでポイントやルアーを選ばないオールラウンドな仕様。小口径ガイドの搭載により軽量化と感度が向上しているほか、ライントラブルも軽減しているのも魅力です。

第16位 シマノ(SHIMANO) エクスセンス ジェノス S96M/R

シマノ(SHIMANO) エクスセンス ジェノス S96M/R

独自設計・製造方法による曲げ・ネジレ・つぶれに強い構造「スパイラルXコア」を採用したシーバスロッド。段差を少なくして糸絡みを軽減する「Xガイド」やカーボン強化構造「ハイパワーX」などを採用した、ハイグレードなモデルです。

カーボン一体成型グリップ「カーボンモノコック」により、直接ブランクスに触れているような圧倒的な感度と操作性を実現しています。全長9.6ft、硬さMのハードタックルで、シャープなティップと粘り強いバットを搭載。風や波、流れが強い状況でもルアーを正確に操作できるなど、タフなシチュエーションに強いロッドを探している方におすすめです。

第17位 ダイワ(Daiwa) スピニング ハンターX 96M

ダイワ(Daiwa) シーバスロッド スピニング ハンターX 96M

ブランクスの最外層をカーボンテープでX状に締め上げる強化構造「ブレイディングX」を搭載したシーバスロッドです。リールシート部から元ガイドにかけてブランクスのネジレを抑えており、重量級ルアーをフルキャストできるパワーを備えています。

全長9.6ft、硬さMのハードタックルにより、磯場でヒラスズキを狙いたいときにもおすすめ。ガイドリングはオールSiCリング仕様に従来モデルから変更されており、PEラインも安心して使えるスペックにバージョンアップしています。