「タモジョイント」は、ランディングネットとシャフトを繋ぐアイテム。ジョイント部分で折り畳みができ、スムーズなポイント移動をサポートします。製品ごとに素材や機能が異なるため、自分の釣りスタイルに合ったモデルを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、タモジョイントの選び方やおすすめモデルをご紹介。各モデルの詳細も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

タモジョイントとは?

By: amazon.co.jp

釣った魚の取り込みに使用するタモ(玉網)を、玉の柄(タモの柄)に取り付けるパーツがタモジョイントです。手荷物が多い釣りシーンで、玉網を取り付けた玉の柄を使用する場合は持ち運びが大変。しかし、タモジョイントで連結すれば折り畳みが可能になり、携帯しやすくなるのがメリットです。

ジョイント部分でコンパクトに折り畳めるので、ポイントを移動しながらの釣りなどで便利。ただし、タモジョイントの素材や機能などによって使い勝手は異なるため、それぞれの特徴をしっかりとチェックして選びましょう。また、使用しているタモと合うタイプかどうかの確認も必要です。

タモジョイントの選び方

素材をチェック

アルミ

By: amazon.co.jp

耐食性と軽さや強度のバランスに優れているのが、アルミ製のタモジョイント。アルミはサビにくく加工しやすいので、リールのボディをはじめフィッシングプライヤーやロッドスタンドなど、さまざまな釣り用品の素材に使われています。

タモジョイントに使われる素材としては、軽量で強度も高いのがメリットです。釣り場から離れた水面での操作がしやすく、大型の魚でもしっかりと掬い上げられます。

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスは耐食性・軽さ・強度・加工のしやすさといった、性能のバランスがよい金属素材です。サビにくいので、水に濡れることが多いタモジョイントの素材としても手入れしやすいのが魅力。

また、耐食性や強度が高いため長持ちしやすく、ランニングコストが抑えられます。長く愛用したい方にもぴったり。さらに、ステンレス製のタモジョイントは非常に軽量で操作性に優れ、取り扱いがしやすいのもメリットです。

樹脂系

By: amazon.co.jp

プラスチックやガラスなどの合成繊維を用いた樹脂系の素材は、非常に軽量で耐食性に優れているのが特徴。強度はアルミやステンレスに劣るものの、操作がしやすいうえ、金属と違ってサビが生じる心配がないのもメリットです。

腐食による劣化が気になる海や川でも安心して使用でき、メンテナンスがしやすいのも魅力。また、価格も比較的安い製品が多いため、手軽に使いたい方にもおすすめです。

ネジ径をチェック

By: amazon.co.jp

タモジョイントを選ぶ際には、玉網や玉の柄と合うサイズのネジ径かどうかをチェックするのも重要。ネジ径のサイズが合わなければ取り付けができないので、購入前にしっかりとサイズを確認してみてください。

ネジ径はJIS規格によりサイズが定められており、タモジョイントでは「W1/2」が主流。しかし、製品によっては違う規格サイズのタイプもあるため留意しておきましょう。

ロック機能の有無をチェック

By: siyouei.co.jp

折り畳んでポイント移動などをする際、タモを安定させるロック機能が搭載されていると便利です。ロック機能が付いていないタイプでは、持ち運んでいるときに玉網が安定せず、揺れて携帯しにくいことがあります。

ただし、釣った魚を取り込む場合にはロックの解除が必要。解除が難しいモデルは、慣れていない方にとってスムーズに操作できないこともあるため、ロックの解除方法をチェックするのも大切です。

タモジョイントのおすすめ

昌栄(SIYOUEI) フレックスアームVer.II ロックタイプ

操作が簡単なロック機能を搭載したタモジョイント。ポイント移動が多いフィッシングスタイルにおすすめです。ロックはレバーをプッシュすると解除できる構造。片手でもスムーズにセッティングできるうえ、持ち運びにも便利です。

重量は89gと軽量なので、釣った魚の取り込み時の負担を軽減できます。また、ネジ径のサイズはW1/2のため、幅広いタイプのタモに使用しやすいのも特徴です。

ベルモント(Belmont) 玉枠用ラック式ジョイント MR-045

ラック機能の搭載により、0~210°の8段階に角度調節ができるタモジョイント。水平な振り出しや、高所などの釣り場によって魚を掬い上げにくい角度からでもスムーズな取り込みが行えます。

素材には、ラック部にステンレス、ネジ部にはアルミを採用。ネジ部のアルミにはアルマイト加工が施されており、耐食性や耐摩耗性を高めています。また、重量は80gと非常に軽量で使いやすいのも特徴です。

ネジ径は、汎用性の高いW1/2。使い勝手のよいタモジョイントを使用して、ストレスを感じず釣りを楽しみたい方におすすめのモデルです。

ダイワ(Daiwa) FLジョイント レッド 285025

ロック解除リングをスライドさせるだけで簡単に操作できる、ロック機能付きのタモジョイント。風の抵抗による玉網の揺れやバタつきを抑えてコンパクトにまとめられる「0リング」も付いており、ポイント移動時などにスムーズな持ち運びをサポートします。

また、ネジの緩みを防ぐパッキンも2個付属。ガタツキを軽減しながら、安定して使えるのがポイントです。ネジ径はW1/2サイズなので、多くの玉網や玉の柄に利用できます。光沢感のあるレッドカラーがスタイリッシュで、おしゃれにこだわる方にもおすすめのタモジョイントです。

メジャークラフト(Major Craft) ランディングアーム ブルー

玉の柄を振り出して解除できるロック機能を搭載したタモジョイント。釣った魚の取り込みから、玉網の収納までがスムーズにできる便利なモデルです。折り畳みやロックの解除も、軽い力で行えます。

また、ナットを使用した「タモ枠方向調整構造」により、ジョイント部を固定可能。グラツキを軽減して、安定した操作がしやすいのも特徴です。開閉しにくい場合にはナットを緩めたり、締めてランディング時の安定感を高めたりといった調節もできます。

取り扱いがしやすく、スムーズに操作できるタモジョイントを探している方におすすめです。

プロックス(PROX) タモジョイント PX864

素材に「ガラス繊維強化プラスチック」を採用した、樹脂製のタモジョイント。サビによる劣化の心配がなく、手入れしやすいのも魅力です。また、重量が75gと非常に軽量なので使いやすさも良好。

また、玉網のガタツキを軽減できるのもポイントです。ランディング時の操作やポイント移動をスムーズにするロック機能も搭載しており、携帯性にも優れています。カラーは、ブラック・レッド・ブルーを展開。好みやタモの色に合わせて選べます。

手軽さと使い勝手のよさを重視する方におすすめのタモジョイントです。

アルファタックル(alpha tackle) ランディングギア ジョイント

耐食性や強度の高い、アルミとステンレスを素材に採用したタモジョイントです。アルマイト加工も施されているため、サビに強いのが特徴。また、高級感のある美しい質感を備えています。

ネジ経は幅広いタモに使えるW1/2で、汎用性の高さも魅力。さらに、カラーはブラック・ブルー・レッド・チタンを展開しており、好みに合わせて選べます。丈夫で長く愛用でき、おしゃれなデザインにこだわる方にもおすすめのタモジョイントです。

サンライク(SANLIKE) タモジョイント

重量76gと、非常に軽量でコンパクトな設計のタモジョイント。取り扱いがしやすいのはもちろん、タモ取り付け時以外の携帯にも便利なモデルです。ポイント移動の際に持ち運びやすい、ロック機能も搭載。ワンプッシュでロック解除ができるので、操作しやすいのも特徴です。

素材には航空アルミを採用。サビや腐食に強く高強度で、耐久性にも優れています。価格も比較的安いため、手軽に使用しやすいのも魅力。コスパの高さを求める方におすすめです。

サンライク(SANLIKE) タモジョイント 進化版

航空アルミ合金とステンレス鋼の素材で構成されたタモジョイント。高い強度を備えているほか、サビや腐食にも強く耐久性に優れているのが特徴です。ポイント移動に便利なロック機能も搭載しており、ワンプッシュで簡単に解除できます。

本体のサイズは幅5.4×長さ8.4cmとコンパクトなので、収納や持ち運びにも便利です。カラー展開が豊富なのも魅力。耐久性や使いやすさなど、バランスのよさを求める方にぴったりのタモジョイントです。

HUAYICUN タモジョイント

全長9.6cmのコンパクト設計で取り扱いがしやすく、片手で簡単に操作ができるタモジョイント。ロック機能も搭載しているので、ランガンスタイルのフィッシングでポイント移動がスムーズに行えます。

素材はステンレス鋼と航空アルミ合金を採用しており、海水に強いのも特徴です。さらに、耐久性が高いため、ランディング時の衝撃で割れにくく、長く愛用したい方にも適しています。ネジ径は12mmで、一般的な玉網や玉の柄にマッチするタイプ。幅広く取り付けられます。

カラーは、グレー・ブルー・レッドが展開されており、色の好みで選びたい方にもおすすめのタモジョイントです。