「玉の柄」は「タモの柄」とも呼ばれる、釣り場から魚を取り込むのに必須のアイテム。製品ごとにサイズや素材といった特徴が異なるため、環境や狙う魚の大きさに適したモデルを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、玉の柄の選び方やおすすめモデルをご紹介します。性能や特徴も詳しく解説するので、自分のスタイルに合ったアイテムを選ぶための参考にしてみてください。

玉の柄とは?

By: daiwa.com

玉の柄またはタモの柄とは、釣った魚を掬い上げる際に使う玉網(タモ網)を取り付けるポールのこと。釣り場から水面まで釣り上げた魚をキャッチするために使います。釣り竿で持ち上げた際にラインが切れたり竿が折れたりするリスクを軽減でき、釣った魚をスムーズに回収できるのがメリットです。

玉の柄は、釣り場の環境や魚の大きさに合わせて、長さ・素材・硬さといった特徴をチェックして選ぶのがポイント。

また、玉網だけでなく、イカ釣りなどで使用する「ギャフ」との連結が可能なタイプもあります。ジョイントパーツを用いて連結すれば、玉網やギャフの折り畳みも可能となり、ポイントを移動する際の持ち運びにも便利です。

玉の柄の選び方

長さで選ぶ

玉の柄を選ぶ際は、堤防や磯などの釣り場の高さに合わせて、本体の長さをチェックすることが重要。足場から水面の距離に応じて、余裕を持って使えるモデルを選びましょう。

玉の柄の長さは2~6m以上と幅広く、シーンによって使い分けられます。堤防や磯などの釣り場に応じた一般的な玉の柄の長さは、5~6mが目安。さらに高さのある堤防などで使用する場合には、7m以上のタイプが便利です。

素材で選ぶ

By: daiwa.com

玉の柄は、採用されている素材によっても特徴が異なります。主にグラスやカーボンが素材に使用されているモデルが多く、使いやすさや価格などをチェックして選ぶのもポイントです。

グラス製の玉の柄は粘り強さに優れているのが特徴で、価格が安い製品も多く展開されています。

カーボン製の玉の柄は、軽量で高い耐久性を備えているのが魅力。グラス製モデルよりも高価なモデルが多いものの、より使いやすいのがメリットです。

硬さで選ぶ

By: siyouei.co.jp

使いやすさにこだわる場合には、本体の硬さをチェックして選ぶのもポイント。柔らかいタイプの玉の柄で魚を掬い上げると、重さで曲がりが生じやすく、操作しにくい場合もあります。

ある程度の硬さがあれば、玉網に魚を入れた状態でも、玉の柄を縮めて取り込みやすく便利。しなりすぎず、ハリを感じる程度の、一定の硬さを備えた玉の柄を選ぶのがおすすめです。

仕舞寸法で選ぶ

By: shimano.co.jp

仕舞寸法も玉の柄選びで大切な要素。縮めて畳んだときの長さは携帯性に影響するため、用途に応じて表記されている仕舞寸法をチェックしてみてください。

荷物を減らしたい方やポイント移動が多い釣りシーンで使いたい方には、コンパクトなモデルが適しています。また、コンパクトでショルダーベルトが付いているモデルや、身に付けて携帯できるモデルもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

玉の柄のおすすめ

ダイワ(Daiwa) ブラックジャックスナイパー 玉の柄 60・Q

本格的な釣りを楽しめるハイスペックモデル

カーボン含有率98%の「高密度HVFカーボン」を素材に採用し、優れた粘りや力強さを備えた玉の柄です。また、取り込み時のネジレを軽減し、高い弾性でハイパワーなパフォーマンスを発揮する「X45」を搭載。操作性や感度に優れているのも特徴です。

使用時の全長は5.97mで、水面まで5m程度の距離が離れた釣り場で使用可能。仕舞寸法は78cmで重量は496gと、比較的コンパクトで軽量なうえ、ショルダーベルトも付属しているため持ち運びにも便利です。

上部と下部のグリップ部分には滑り止めの加工も施されており、スムーズな魚の取り込みをサポート。さらに、「固着防止リング」も付いているので、ジョイント部分の固着を軽減します。ハイスペックなモデルで、本格的な釣りを楽しみたい方におすすめの玉の柄です。

ダイワ(Daiwa) ランディングポールII

ポイント移動での持ち運びがしやすい

性能やサイズのバランスがよく、シーンやターゲットを選ばず使いやすい玉の柄。素材のカーボン含有率は53%で、耐久性に優れたモデルです。また、滑りにくくデザインもおしゃれな平織りカーボンクロスを採用。水に濡れた際の滑りを抑えるラバー製のグリップも搭載しています。

先端の接合部分はネジ切り接着方式で脱落しにくく、玉網とギャフにも対応可能。全長は5.06mで、仕舞寸法は70.5cmです。

さらに、着脱が簡単なベルクロ式のショルダーベルトも付属。大型の魚でもしっかりと体で支えて取り込めます。ポイント移動での持ち運びのしやすさにこだわる方にもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) ボーダレス ランディングシャフト 550

ストレスなくスムーズに釣りを楽しみたい方に

高い剛性を備えた設計により、魚の取り込み時の操作性に優れた玉の柄です。全長は5.49mで仕舞寸法は72.5cm、重量416g。足場が高い環境など、水面が遠い釣り場にも対応します。

仕舞寸法が短く軽量なので、携帯性も良好。スムーズに釣った魚が取り込めて、ストレスも少なく釣りを楽しみたい方におすすめの玉の柄です。

なお、本製品のほかに全長4.51mのモデルや、比較的水面が近い環境で使いやすい全長2.12mのモデル、全長3.11mのモデルもラインナップ。シーンに適した幅広いタイプが展開されています。

テイルウォーク(Tailwalk) CATCHBAR 改 450

重量475gで仕舞寸法68cmと、軽量でコンパクトな玉の柄。使いやすく、携帯に便利なのが特徴のモデルです。ベルトハンガーも付属しているため、身に付けて持ち運べます。使用時の長さは4.5mです。

グリップ部分には「ウーブン加工」が施されているので、滑りが軽減され、操作をしやすいのも特徴。また、「オリクロス加工」により、優れたハリと硬さも備えています。さらに、イカギャフの取り付けも可能です。

使い勝手がよくコンパクトで持ち運びやすいため、ポイント移動を繰り返しながら釣りをする場合に適しています。

遠里釣具(ORI TSURIGU) 小継玉の柄 BLUE LARCAL 550

素材にカーボン65%を使用した玉の柄。重量728gと軽量なうえ、耐久性にも優れています。防波堤や磯からの餌釣りをはじめ、ポイント移動をしながらのルアーフィッシングなどにも幅広く使いやすいのが特徴です。

使用時の全長は5.5mで汎用性が高く、仕舞寸法は63cmとコンパクト。ショルダーベルトも付いているので、肩に掛けて便利に持ち運べます。携帯性にも優れた、使い勝手のよいおすすめの玉の柄です。

昌栄(SIYOUEI) アルミ 玉の柄 180001

全長が8mと短く重量も410gと軽量な、手軽に使いやすい玉の柄。船釣りなどの水面が近い釣り場での使用に適しています。仕舞寸法は96cmで、2本継タイプのモデルです。

素材にはアルミが採用されており、高い強度を備えているのが特徴。頑丈なので、大型の魚にも対応します。また、シンプルでスッキリとしたデザインで、取り扱いのしやすさも良好。価格も比較的安く、コスパが高いのも魅力です。

プロックス(PROX) ホルダーアームTE 600 HAT600

タモホルダーを搭載し、ベストやベルトなどに引っ掛けて持ち運べる玉の柄。ギャフの取り付けも可能で、ポイント移動が多い釣りやエギングなど幅広い釣りシーンに対応できるモデルです。

素材に採用しているカーボンの含有率は92%と高く、耐久性も良好。ハリのあるしっかりとした硬さも備えています。また、グリップエンドに搭載された、振り出しのしやすさをサポートする「エアーホールシステム」により、魚の取り込み作業がスムーズに行えるのも魅力です。

全長は6mあり、比較的遠距離からの使用も可能。仕舞寸法は69cmとコンパクトで、重量も578gと軽量なので手軽に持ち運べます。使いやすさや携帯性に優れたおすすめの玉の柄です。

プロックス(PROX) 磯玉の柄剛剣 ITGK90

耐久性が高いカーボンを55%使用し、硬さも備えた玉の柄。丈夫なうえ使いやすく、バランスのよさが特徴のモデルです。全長は8.9mで、水面までの距離が遠い釣り場にも対応します。

太さは、先経15.9mmで元経39.8mmの細身設計。ロングタイプながら持ち重り感が少なく、取り込み時の操作がしやすいのも特徴です。そのほか、持ち運びがしやすいショルダーベルトも付属しています。

操作性と汎用性の高さを兼ね備えたハイスペックモデルで、遠距離でも使用したい方におすすめの玉の柄です。

ソルフィエスタ(SOLFIESTA) グラス玉の柄 RUN GUN STICK 250 solf-061262

仕舞寸法54cmで重量が230gと、コンパクトで軽量なのが魅力のグラス製玉の柄。簡単に操作できて携帯性にも優れているため、初心者の方やポイント移動が多い釣りで使いたい方に適しています。全長は2.5mと短めで、水面が近い釣り場で使いやすいタイプです。

ボディにはカラビナも搭載しており、ベルトなどに取り付けて便利に持ち運べるのも特徴。また、グラス製で価格も比較的安いので、手軽に使える玉の柄を探している方におすすめです。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 たもの柄 GRIII 5.0m

素材のカーボン含有率が99.9%、グラス含有率は0.1%の、高い耐久性と強度を備えた玉の柄。硬さに優れ、ハリがあるため、釣った魚を掬い上げやすいのが特徴です。振り出しもスムーズで、釣った魚をしっかりと取り込めます。

全長は5mで重量は385g、仕舞寸法は123.5cm。幅広いシーンで使いやすい適度な長さがあり、非常に軽量で取り扱いがしやすいのも魅力です。使いやすさと操作性の高さにこだわる方に適しています。

アルファタックル(alpha tackle) ランディングギア シャフト 550

高性能で幅広い釣り用品を手掛ける、人気の釣り具ブランド「アルファタックル」の玉の柄。長さは、シーンに応じて堤防や磯など幅広いシーンで使いやすい5.5mです。

仕舞寸法は66cmでコンパクトなうえ、ベルトハンガーも搭載しているため便利に持ち運べます。また、ハイスペックなモデルとしてはリーズナブルで、コスパの高さを重視する方にもおすすめの玉の柄です。

なお、本モデルのほかに、高さのある堤防や水面までの距離がある釣り場に適した6mのモデルもラインナップされています。

玉の柄のAmazonランキングをチェック

玉の柄のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。