ルアーをはじめ、さまざまな小物アイテムを収納できる「タックルボックス」。釣りで使用する多種多様な小物類を整理でき、必要なモノをすばやく取り出せるのが魅力です。

しかし、種類やサイズ、使い勝手の異なるモデルが販売されており、はじめて購入する場合は迷ってしまうことも。そこで今回は、タイプ別におすすめのタックルボックスをご紹介。選び方も解説するのでぜひチェックしてみてください。

タックルボックスとは?

タックルボックスとはルアーや小物を収納する道具箱のことで、釣り具の整理に欠かせないアイテムです。ルアーを種類やカラー別に分けて収納できるなど、使うモノをすばやく取り出したいときに役立ちます。

さまざまな種類やサイズがあり、釣りのジャンルやスタイルに合わせて選択することが重要。陸釣りかボート釣りかによっても最適なモデルが異なります。ロッドホルダーが標準で付属していたりカスタマイズできたりと、使い勝手に優れたモデルが販売されているのでチェックしてみてください。

タックルボックスの選び方

種類で選ぶ

アタッシュケース型

By: rakuten.co.jp

持ち手が付いており、持ち運びやすい手頃な大きさのタックルボックスがアタッシュケース型です。2~3段式のタイプが主流で、仕切り板を使って収納スペースを自分好みに調節できるモデルが多く販売されています。ルアーやワームを整理しやすく、クリアなフタを採用したモデルなら開けずに中を確認できるため便利です。

サイズが豊富なのも魅力で、携帯しながらの釣りに最適な大きさを選択可能。なかには、ボート上など滑りやすい場所で役立つ滑り止めラバーを備えているモデルもあります。釣りのスタイルやボートの大きさによっては大きすぎると使いにくいため、シーンに合った適切なサイズを選ぶことが重要です。

多段型

By: amazon.co.jp

複数の階層に分けて小物を収納できるタックルボックスが多段型です。大きく分けて、引き出し式と専用トレイをセットするタイプがあります。より小分けに整理しやすく、さまざまな種類のルアーを収納する際に便利。サイズやカラーなどタイプ別に分けておけば、ルアーチェンジをすばやくスムーズにおこなえます。

たくさんのルアーを収納できるモデルほど、本体サイズが大きくなるため要注意。陸釣りかボート釣りかなど、釣り場やスタイルを考慮して選択する必要があります。

バケット型

By: amazon.co.jp

収納力に優れており、自分好みの自由な使い方が可能なタックルボックスがバケット型です。仕切りのないモデルもあり、収納するモノの大きさや形状を気にせずに使いやすいのが特徴。強度に優れた頑丈なつくりのモデルも販売されています。

手持ちのトレイを収納する際、サイズによっては入らない場合があるため要注意。モデルによっては推奨のトレイが指定されているほか、標準で付属している場合もあるのでチェックしてみてください。

釣りのスタイルで選ぶ

ボートから釣りをする場合

ボートでの釣りでは多くの荷物を積み込めます。とくに、大型ボートならタックルボックスのサイズを気にする必要がありません。1つで足りなければ、2つ目を購入するのもおすすめです。ルアー収納用に多段型、その他のアイテム用としてバケット型を用意しておくなど、タイプの異なるモデルを使い分けるのも方法のひとつです。

水をかぶる可能性があるため、防水性や密閉性に優れているかをチェック。座りながら釣りたい場合には、強度や耐久性も重要です。また、すべりやすい場所に置く場合があるため、底部に滑り止め加工を施しているモデルをチェックしてみてください。

陸から釣りをする場合

陸から釣りを楽しむ際には、収納力と持ち運びやすさを兼ね備えたタックルボックスがおすすめです。頻繁に移動しながら釣りたい場合には、コンパクトなアタッシュケース型が便利。小型ながら3段式トレイを採用しているなど、たっぷりとルアーを収納できるモデルも販売されています。

駐車場から釣り場まで距離のある場合は軽量コンパクトなモデルが便利。持ち運びしやすくコンパクトな多段型モデルも販売されています。堤防釣りや管理釣り場など、あまり移動しない場合には大きめのモデルをチェックしてみてください。

ロッドホルダー付きが便利

By: shimano.co.jp

ロッドホルダーを標準で備えたタックルボックスが販売されているので、チェックしておきましょう。管理釣り場やアジング、バスフィッシングなど複数のロッドを使い分けたいときに便利です。ルアーチェンジや仕掛けをセットする際に、両手をフリーにできるため重宝します。

休憩時にロッドを地面に置かずにすむのもメリット。堤防や岩場で直にロッドを置いてしまうと、傷をつけてしまうため注意が必要です。なかには、ロッドホルダーを後付けできるカスタマイズ可能なモデルも販売されているのでチェックしてみてください。

タックルボックスのおすすめメーカー

メイホウ(MEIHO)

By: rakuten.co.jp

フィッシングや工具、ボックスなどプラスチック成形メーカー「明邦化学工業」が手掛けているブランド。豊富なラインナップと耐久性に優れた高品質なモデルは高い評価を受けています。

アタッシュケース型をはじめ、多段型やバケット型を展開。なかでも、「バーサスシリーズ」は機能性に優れているとして人気です。カスタマイズしやすいバケット型モデルもおすすめ。ドリンクホルダーやロッドホルダーをオプションで取り付けできるため便利です。

ダイワ(Daiwa)

By: rakuten.co.jp

日本の大手釣り具総合メーカーです。タックルボックスにおいてはバケット型を中心に、使い勝手に優れたモデルをラインナップしています。なかでも、フタを開けてハンドルを立てればトレイスタンドとして使えるモデルに注目。ちょっとした作業時に小物を置けるため便利です。

また、耐久性が高いのもポイント。特にソルトウォーター専用モデルは素材に耐衝撃性ポリプロピレンを採用するなど頑丈につくられています。別売りのロッドスタンドを両サイドに設置できるモデルなら、ロッドを状況によって使い分けたいときに役立ちます。

シマノ(SHIMANO)

By: rakuten.co.jp

日本の大手釣り具メーカー。自転車部品の世界的企業としても知られています。タックルボックスは軽量で柔軟性のあるEVA樹脂を使用したモデルを展開。軽量で持ち運びやすく、足場の悪いポイントや駐車場から距離がある場合に便利です。

ツールを仮置きしやすい凹型天面や水が溜まりにくいよう傾斜を設けた設計など、釣り具メーカーならではの工夫をこらしている点にも注目してみてください。

タックルボックスのおすすめ|アタッシュケース型

メイホウ(MEIHO) タックルボックス バーサス VS-3080

2段式でたっぷりとルアーや小物を収納できるアタッシュケース型のタックルボックスです。上段は仕切り板でスペースを調節できるため、ルアーの大きさに合わせたい場合に便利。下段にはトレイを収納できるほか、スピナーベイトやバズベイトなどを掛けるスペースを備えています。

トップパネルは肉厚設計で、素材に耐衝撃性コーポリマーを採用。底部の4隅に滑り止めラバーを搭載し、滑りやすいボート上で安心して使えるおすすめモデルです。フィールドに溶け込みやすい、マットグリーンの落ちついたカラーを採用しています。

メイホウ(MEIHO) タックルボックス バーサス VS-7010 801331

本体サイズ284×180×112mmのコンパクトなアタッシュケース型タックルボックスです。2段式スライドトレイを採用し、小型ながらたっぷりとルアーを収納できるのが魅力。小型ボートのほか、陸釣りで持ち運びながらの釣りでも使いやすいおすすめモデルです。

収納スペースにはスリットを設けており、仕切り板で好みの大きさにスペースを調節できるのも便利。下段の仕切りにはスピナーベイトやバズベイトを掛けられるようになっています。

メイホウ(MEIHO) タックルボックス バーサス VS-3078

本体サイズ430×295×186mmと、ボート釣り用に手頃な大きさのアタッシュケース型タックルボックス。レンタルボートなど、スペースの少ない場所で使いやすいおすすめモデルです。2段式で上段には細かくスリットを設けており、ルアーサイズに合わせてスペースを調節すれば大型ルアーを収納できます。

下段にはトレイを収められるスペースにくわえて、スピナーベイトラックも搭載。底部には滑り止めラバーを備えているため、滑りやすいボード上でも安心してセッティングできます。

メイホウ(MEIHO) タックルボックス バーサス VS-7020

片面スライド式のアタッシュケース型タックルボックスです。本体サイズ310×214×132mmのコンパクトモデルながら収納性を重視した深型設計で、ベイトリールを下段に収納可能。持ち運びやすい大きさでオカッパリや管理釣り場など、移動しながらの釣りにおすすめのモデルです。

上下段のトレイの仕切り板は取り外しできるため、大きめのルアーを収納したい場合に便利。下段のスピナーベイトラックにはスプーンやスピナーなども引っ掛けられます。

メイホウ(MEIHO) タックルボックス バーサス VS-7040

3段スライド式のアタッシュケース型タックルボックスです。上段は細かく仕切られており、シンカーやスピーンなど小物の収納に便利。2段目と3段目には大型ルアーを収納可能です。可変仕切り板が18枚付属し、自分好みにスペースを調節可能。フタ部分にも収納スペースを設けているなど、機能性に優れたおすすめモデルです。

下段にはスピナーベイトやバズベイトを掛けられるラックを2個搭載。底部の中央に大きなスペースがあり、ツールケースを収納できるほか、替えスプールなどかさばりやすい小物を入れられるなど、汎用性の高さが魅力です。

プラノ(PLANO) タックルボックス BEIGE

タックルボックスをはじめ、タックルケースやバッグなど釣り用アクセサリーを展開している「プラノ」のモデルです。2段式のアタッシュケース型で上段にルアー、下段に専用タックルケースを収納できる仕様で、スピナーベイトラックを2個設けています。

サイズ44.8×18.6×31.1cmの手頃な大きさで、ボート釣りと陸釣りのどちらにも対応可能。シースルーカバーを採用しており、中身を外から確認しやすいのも便利です。仕切り板を豊富に付属しているため、ルアーサイズに合わせて細かくスペースを調節できます。

タックルボックスのおすすめ|多段型

メイホウ(MEIHO) タックルボックス バーサス VS-8050

引き出し式4段トレイを備えた多段型タックルボックスです。たっぷりとルアーや小物を釣り場に持ち込みたいシチュエーションに適しています。とくに、バスボートなど大型フィッシングボートでの釣りにおすすめです。

引き出しトレイを同社のツールケースと差し替えできる点が魅力。システム的に収納するなど、自分好みのカスタマイズに対応します。トップパネルとフロントカバーにポリカーボネートを採用し、サイドをアルミで補強しているのもポイントです。

2段ロック構造により、突然の衝撃で扉が開いてしまうトラブルも回避。さらに、中のトレイはセミロック構造でフタを開けて飛び出さないなど安全性に優れています。

メイホウ(MEIHO) タックルボックス バーサス VS-8010

引き出し式4段トレイを備えている多段型タックルボックスです。大型タイプで、さまざまな状況に対応すべく多種多様なルアーを釣り場に持っていきたい方におすすめ。とくに、大型のボートへ持ち込む際に適しています。

素材に耐衝撃性ポリプロピレンを採用した頑丈な仕様も魅力。ワームプルーフトレイを備えているほか、上段のスピナーベイトラックは8枚の仕切りで最大108個のワイヤーベイトを掛けられるため便利です。

メイホウ(MEIHO) タックルボックス トレンディー NO.8200

3段式引き出しトレイ採用の多段型タックルボックスです。12コンパートメントと、シンプルな仕様ならではの低価格が魅力のモデル。本体サイズ420×245×326mmのたっぷりとルアーや小物を収納できる仕様で、設置スペースに余裕のあるボートでの釣りにおすすめです。

本体・フタ・仕切り板・ハンドルに耐衝撃性コーポリマーを採用した頑丈なつくりが特徴。ハードな釣り場でも安心して使えるほどの耐久性を備えています。

アイアールシー(IRC) タックルボックス

専用の整理トレイが付属した多段型タックルボックス。4段式で多くのルアーやジグを整理しながら収納できるおすすめモデルです。1つのトレイに仕切り板を8枚付属し、サイズや種類別に細かく分けて収納できます。

素材にはポリプロピレンを採用し、耐荷重は100kg。上部の収納スペースには水抜き穴を設けており、濡れたグローブやタオルなどを入れておく際にも重宝します。

オルルド釣具 タックルボックス

取り出しできる収納トレイが付属している4段式の多段型タックルボックスです。収納トレイは単体でも使えるため、一部だけバッグに入れて持ち歩きたいシチュエーションにおすすめ。自宅で整理する際にも便利です。

仕切るスペースは細かく調節できるため、ルアー以外にシンカーやジグ、フックなどをサイズ別に分けたいときに活躍。上部には広い収納スペースを設けており、ラインや替えスプールなどかさばりやすいモノの収納に役立ちます。持ち運びやすいコンパクトサイズのほか、整理しやすいのも魅力です。

プラノ(PLANO) タックルボックス1362-00

2段ラック採用の多段型タックルボックスです。同社のタックルケース「3650ユーティリティボックス」が2個付属。シンプルな仕様で、管理釣り場や堤防釣りなど陸釣りにおすすめのモデルです。上部には広いオープンスペースを設けており、さまざまな小物アイテムを収納できます。

トップにはラインやフック、シンカーなどの消耗品ほか、ラインカッター、パッケージ入りのソフトベイトなど、現場で使うモノを入れると便利。下段の2ケースはハードベイトやプラグをジャンル別、サイズ別、ウエイト別に分けて収納するのがおすすめです。

タックルボックスのおすすめ|バケット型

ダイワ(Daiwa) タックルボックス TB4000

さまざまな使いやすい工夫をこらしているバケット型タックルボックスです。フタを開けてハンドルを立てればトレイスタンドとして使用可能。ルアーチェンジや仕掛けを手直しする際に役立ちます。プライヤーなど小物を置いておけるインナートレイを備えているなど、使い勝手を重視したい方におすすめのモデルです。

同社のマルチケース205シリーズ4個を縦置きで収納でき、スペースを無駄にしたくない場合に便利。素材に耐衝撃性ポリプロピレンを採用した頑丈なつくりも魅力です。別売りのロッドスタンドを両サイドに設置できるため、ロッドを状況に合わせて使い分けたい場合にも適しています。

メイホウ(MEIHO) タックルボックス バーサス VS-7080N

オカッパリのバスフィッシングや管理釣り場で使いやすいバケット型のタックルボックス。持ち運ぶ際の重量バランスの偏りを軽減して傾くのを防止する「ハンドルストッパー」を搭載しているのが特徴です。

ワンタッチ開閉バックルや滑り止めゴムを搭載しているなど、使い勝手を追求している点にも注目。中皿は水抜きダクトありとなしの2枚を付属しており、濡れモノを分けて収納したいときに便利です。

メイホウ(MEIHO) バケットマウス BM-5000

容量20Lの収納力を備えたバケット型タックルボックスです。強度に優れているほか、ルアーや釣り具をたっぷりと収納できるのが特徴で、耐久性と収納力があるのがおすすめモデルです。

ドリンクホルダーやパーツケース、ロッドホルダーなどのオプションパーツで自分好みにカスタマイズできるのも魅力。ボート釣りのほか、管理釣り場や堤防釣りなど移動の少ない陸釣り用として適しています。

メイホウ(MEIHO) ランガンシステムボックス VS-7055

バスフィッシングのオカッパリ用としておすすめのバケット型タックルボックス。持ち運びやすいサイズに設計されており、移動に配慮しているのが特徴です。

フタを開けてハンドルを立てれば上段をトレイスタンドとして使用できるなど、使い勝手のよさも魅力。上段4枚、下段1枚の可変式仕切りで自分好みにスペースを調節できます。滑り止めラバーグリップが付属し、滑りやすい場所に置く際にも安心です。

シマノ(SHIMANO) ロッドレスト タックルバッグ BK-007T

容量32Lの収納力が魅力のタックルボックスです。軽量で柔軟性のあるEVA樹脂を使用し、大容量ながら持ち運びやすいのが特徴。磯場など足場の悪いポイントや駐車場から距離がある場合など、機動力を重視したいシーンにおすすめのモデルです。

フタには雨や水しぶきに強いハード成型フタを採用。ツールを仮置きしやすい凹型天面で、水が溜まりにくいよう傾斜を設けています。タックルの仕分けに便利なインナーケースが付属しているほか、同社のシステムケースを収納しやすいシステマチック設計を採用。安定感に優れたロッドレストを2個備えているのもおすすめポイントです。

タナハシ 1612 カスタムスタンド evo

「プラノ1612」をベースに、機能性を重視してカスタマイズしたモデルです。なかでも、上下のスライドと回転できる「ジョイントホルダーEVO」がポイント。高さを調節できるほか、リールスリット位置を自在に変更でき便利です。複数のロッドを使い分けたい場合にリールの干渉を防げるなど、ハイグレードな仕様となっています。

ロッドを立てた際に風でボックスが倒れるのを防ぐ「ホールドアーム」を搭載しているのもポイント。使用しないときは内側に収納できるため、車載時はコンパクトな状態で積み込めます。フタを開けた際にトレイとして利用できる「トレイスタンド」も便利。頻繁に使用するアイテムの仮置き場として役立ちます。

サポートグリップの採用により、ロッドをセットした状態でバランスよく安定しやすいのも特徴。重装備をするアングラーにおすすめアイテムです。

タックルボックスのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

タックルボックスのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。