釣りのなかでも荒々しいイメージのある磯の釣り。安全性が優先されるものの、波しぶきを間近に感じながら魚と対峙できるダイナミックさが魅力です。

そこで今回は、「磯竿」のおすすめモデルをご紹介。選び方とともにさまざまなタイプのロッドをピックアップしているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

磯竿とは?

By: daiwa.com

磯竿とは磯場に立ち込んで釣りをする際に使う竿のこと。ターゲットとしてはさまざまな魚種が対象となりますが、おもにメジナ(グレ)、クロダイ(チヌ)、イシダイなどが候補となります。

そもそも「磯竿」は言葉として広義で、タイプは多種多様。ロッドのジャンル分けはメーカーによって異なりますが、まずフカセ(上物)とウキフカセ(底物)とに分かれます。

「フカセ」の釣りはウキを使用せず、仕掛けは糸、ハリ、そしてエサのみ。海中に漂わせて(フカセて)魚を誘う釣り方で、撒き餌やコマセを使うのが特徴です。コマセは撒き餌のひとつで、小エビを冷凍して固めたモノを指します。

一方、「ウキフカセ」とはウキを使う釣りのこと。ウキ+フカセという意味で、漂わせることは同じです。なお、底ベタづけというわけではありませんが、より水深や棚を意識するのがフカセとの違い。底物とも呼ばれる所以はそこにあるので、違いは把握しておきましょう。

磯竿の選び方

号数で選ぶ

By: daiwa.com

釣り具の号数表記はオモリやハリスなどにも使われていますが、磯竿の品番にも使われる場合があります。記載されている場合は適合ハリスの中間が示されており、例えば竿の品番に1.5号とあれば適合ハリスは1~3号、品番に3号とあれば適合ハリスは2~5号が目安となります。

基本的に磯竿の品番はハリスの大きさに連動していることから、数字が小さければ小さいほど竿は柔らかく、大きければ大きいほど硬いことを指しているので、選ぶ際は確認しておきましょう。

遠投性能で選ぶ

By: shimano.co.jp

磯竿で遠投が必要かどうかは狙うターゲットによって異なります。クロダイ(チヌ)やイシダイ、メジナ(グレ)などは接岸する魚。岩場や藻場などが身を潜める場所となるので、キャストはある程度で十分です。

一方、真鯛やイサキ、ブリ、ヒラマサなどの青物狙いであれば遠投しやすい磯竿がおすすめ。回遊している沖までアプローチすることで、よりバイトチャンスを得られます。ロッドの性能から釣りたい魚を選ぶか、釣るターゲットをある程度決めてからロッドを選ぶかの判断となるため、その点は留意しておきましょう。

携帯性で選ぶ

By: daiwa.com

磯竿を選ぶ際は複雑に入り組んだ足場の悪さや、竿を振る立ち位置の高さなどを考慮して、持ち運び用途を検討する必要があります。タイプとしては大きく分けて継ぎタイプと振り出しタイプの2種類。それぞれ使い勝手に違いがあるので、整理しておきましょう。

継ぎタイプはワンピースほどではないですが、ロッドの曲がりがスムーズで、粘り強さやパワーがあるのがポイント。ただし、それぞれバラバラなモノを1本にするため、持ち運びや組み立てには手間がかかります。

一方、振り出しタイプは入れ子構造になっているので1本に集約できるのが特徴。ただし、ブランクス自体を薄く作らないと収納に支障が出るため、耐久性や感度は落ちてしまいます。選ぶ際は優先するポイントを判断材料としましょう。

ガイドの有無で選ぶ

By: shimano.co.jp

磯竿は基本的にリールを付けますが、ガイドが付いているかどうかでも分かれます。呼び方としてガイド付きはそのままですが、ガイドなしは「インターライン(中通し)」といわれることが多く、特に風の影響が受けやすい釣竿のラインナップに加わる傾向にあります。

ガイドを通す場合はよりキャスティング時の抵抗がかからず、水滴なども溜まりにくいのが特徴。インターライン(中通し)は風をカードする分、竿の中での詰まりが発生しやすくなります。

磯竿のおすすめ

シマノ(SHIMANO) 鱗海 スペシャル 0-530

軽量Xガイドを搭載した磯竿。シリーズ共通で、#1から#2までが柔らかく、喰わせ性能に長けているのが特徴です。さらに、ブランクスには耐久性に優れたスパイラルX構造を採用しており、操作性も良好です。

また、従来モデルと比べてパワーアップしているほか、粘り強さも向上。軽さに配慮しつつも、魚の引きをしっかりと竿で受け止められるのが魅力です。

本製品はラインナップのなかでも柔らかめの0号。掛けたら竿でいなしながらジワジワと寄せるのがポイントです。繊細なアタリを取り逃がしたくないアングラーは、ぜひチェックしてみてください。

シマノ(SHIMANO) BULL’S EYE 遠投 SI 2.5-520P

インナーラインタイプにおけるおすすめの磯竿。ロッド内面には撥水耐久性の高い処理「ハイパーリペル」を採用しており、雨風などの悪天候でもライントラブルを気にすることなく、釣りに集中できるのが特徴です。

また、飛距離がしっかりと出るほか、フリーテンション時も糸の放出がスムーズなのもポイント。ナチュラルにウキを流し、確実にメインとなるエサ(サシエ)を送り込めます。

シマノ(SHIMANO) HOLIDAY ISO 3号 350

豊富なラインナップが揃う磯竿。柔らかいモデルであれば1.5号から、硬めであればパイプシートかつ遠投用のテレスピンガイド付きの5号まで用意されているのが特徴です。

シリーズ共通で操作性は軽快。小物の五目釣りからやや大型の青物まで対応しているのも魅力です。本製品は全長3.5mの3号で、重さは135g。4本継ぎで、仕舞い寸法は101.5cmです。

ダイワ(Daiwa) トーナメント ISO AGS 競技1.5-51 SMT・R

ハイエンドクラスの磯竿です。本シリーズはメジナ(グレ)を狙うアングラーに開発されたロッドですが、なかでも本製品は20モデル。より魚の引きを受け止める曲がりと粘りにつながる強さを兼ね備えているのが特徴です。

また、弾性のチタン合金とそれを支えるカーボンチューブラーで構成されたハイブリッド穂先「SMT(スーパーメタルトップ)」を搭載しているのもポイント。ガイド径は従来タイプの真円ではなく、楕円形の『AGS』TYPE-0(ゼロ)をラインナップ共通で採用しており、よりスムーズなライン放出が可能です。

価格帯としては高めですが、玄人好みの1本に仕上がっているので、長く付き合っていける磯竿を求めている方はぜひおさえておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 制覇エアマスター AGS 1-53

フカセ・ウキフカセのいずれの釣りにも対応できるおすすめの磯竿。シリーズ共通で軽さと操作性のよさに秀でており、仕掛けを振り込みから、掛けて獲るまでの動作がスムーズにできるのが特徴です。

ブランクスには高強度かつ高弾性のカーボン「トレカM40X」を採用。リールをセットするシート部分は手にフィットする「エアセンサーシート」、ガイドは軽量で高感度の「NリングAGS」となっており、細部の使い勝手にも配慮しています。

ダイワ(Daiwa) オレガ 剛徹 MH-50・V

高密度かつ高強度のカーボン素材「SVFナノプラス」を採用したパワフルな磯竿。シリーズ共通で強靭さを備えているモデルで、強引なやり取りにも対応できるのが特徴です。

なかでも本製品は全長5mのミディアムヘビーパワー。取り回しのよいレングスと適度なパワーバランスによって、大物ともしっかり対峙できる仕様です。

もともとはウキ止めゴムを使用しない沖縄発祥の釣り「するするスルルー」のために開発された1本ですが、ロッドのポテンシャルは高め。ぜひ磯釣り全般で使ってみてください。

ダイワ(Daiwa) メガディス AGS 1.5号-53

繊細にメジナ(グレ)を狙いたい方におすすめの磯竿。より撒き餌の動きに連動させることによって違和感なく仕掛けを送り込み、シビアな状況にも対応できるのが特徴です。

一方で、魚の引きをしっかりと受け止められるのもポイント。ブランクス全体に柔軟さはありつつも、バット部分には粘りがあり、安心して勝負できるのも魅力です。

ラインナップとしては号数、全長、「SMT(スーパーメタルトップ)」の採用有無で分かれているので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 波濤 1.25-53

フカセ釣り(上物)で使うオーソドックス仕様の磯竿。テーパーとしては胴調子で、扱いやすい1本に仕上がっています。

また、シリーズとしてラインナップが豊富なのもおすすめポイント。ライトなモデル「1-53」はオモリ1〜3号・ハリス1〜2号から、ヘビーなモデル「3-53HR」はオモリ5〜10号・ハリス3〜7号まで対応します。

本製品はやや柔らかめの「1.25-53」で、全長5.30mの5本継ぎ。 仕舞い寸法は117cmで、重さは212g、オモリは1〜4号、ハリスは1.2〜2.5号が目安です。

ダイワ(Daiwa) トーナメント ISO 遠投 3-53

ハイエンドモデルの磯竿。EVAグリップや投竿用下栓を採用することによってキャスタビリティに配慮しているほか、シャープに振り抜けるのが特徴です。

ガイドの#1と#2には、キャスティング時のガイドズレを防ぐファインピッチガイドロックを搭載しているのもポイント。本製品は「3-53」、すなわち3号の5.30mで、真鯛やイサキ狙いに適した8~12号クラスのカゴを遠投するのにおすすめです。

ブランクスとしては張りがありながらも柔軟性をもたせており、強さをしなやかさを兼ね備えているのも魅力。タフコンディション時の繊細なアタリもしっかりと拾える1本です。

ダイワ(Daiwa) マークドライ 1.5号-52

磯竿のインターライン(中通し)モデルを求めている方におすすめの1本。悪天候に影響を受けにくい仕様ながらも、超撥水ドライ加工を採用しており、ストレスなくライン放出できるのが特徴です。

シリーズとしては魚種を問わず対応が可能。竿の号数がある程度の目安です。「1号-52」〜「1.75号-52」はフカセ釣りのクロダイ(チヌ)やメジナ(グレ)をはじめ、サビキ釣りのアジやイワシまでと五目釣りに適しています。

「2号-52HR」〜「3号-52HR」はややパワフルで大物狙い向き。また、「3号-52遠投」〜「5号-52遠投」は重い仕掛けを遠投するカゴ釣り対応モデルです。イサキや真鯛から、ワラサやブリ、ヒラマサ、カンパチ、シマアジといった大型回遊魚までカバーします。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 アルデナ 遠征S3号

トータルバランスに優れたおすすめの磯竿。引っ張り強度の高い炭素繊維「TORAYCA T1100G」をブランクスに採用することによって、軽さと粘り強さを兼ね備えているのが特徴です。

本モデルは「遠投S3号」で、真鯛やイサキ、メジナ(グレ)、メジロなどをターゲットとする際に適したモデル。確実に釣果を上げたいアングラーはぜひチェックしておきましょう。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 慶良間SPECIAL2 4.5号

沖縄の「慶良間(せるま)諸島」から名前を取ったおすすめの磯竿。沖縄発祥の「するするスルルー釣法」に適したシリーズで、しっかりとパワーが備わっているのが特徴です。

ウキ止めゴムを使用せず、キビナゴをエサとしますが、本モデルは5~10kgクラスがメインターゲット。軽快な操作性と大型まで攻略できるパワーを両立させたオールラウンド仕様です。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 ファルシオン 1.25号 5.0m

操作性のよさとクッション性を兼ね備えたおすすめの磯竿。張りをもたせつつも、やや胴調子とすることで、掛けてから獲るまでをスムーズに行えるのが特徴です。

強度の高いブランクス素材の「TORAYCA T1100G」とセパレートグリップを採用しているのもポイント。特に本製品の1.25号は相手の強烈な引きに対して粘り強く、安心してやり取りできるのが魅力です。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 チヌスペシャル 黒冴 1号 5.3m

きれいに曲がるクロダイ(チヌ)釣り用の磯竿。穂先部の軽量化を図った「スーパートップII」と「ナノアロイ技術」によって、テーパーとしては胴調子ながらも、ダルさのない仕上がりなのが特徴です。

なかでも本製品は十分なパワーを秘めた「1号」で、モンスタークラスとのやり取りも安心。主導権を与えず、ターゲットが潜む藻場や障害物からしっかりと引っ張り出せるのが魅力です。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 インテッサG-5 0.6号

豊富なラインナップが揃うハイエンドクラスの磯竿。シリーズ共通で継ぎ目の段差を減らして応力分散をスムーズにした「スーパーASD(アクティブサスデザイン)」、さらにはネジレに配慮した「PCS(パワークロスシステム)」を採用することによって、安心して釣りができるのが特徴です。

本製品はもっともライトなモデル。突っ込みや横っぱしりを制御し、うまくいなしながら取り込めます。満足度の高い1本に仕上がっているので、磯釣りを極めたい方におすすすめです。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 チヌ競技ペシャルⅢ 0号 5.3m

全体的に細身に仕上がっている磯竿。先調子のなかでもより先鋭された調子で、振り抜け重視の仕様となっているのが特徴です。

強風時でも竿のたわみが抑えられ、悪条件でもストレスなく振ることが可能。竿のコントロール性能と遠投力が高いのもポイントです。

本製品は軟調なロッドと思われやすい0号ですが、ダルさがなく、手返しの早い釣りもカバー。しなりがあるので、やり取りの際にタメが効き、魚を自然と浮かすことができます。柔らかい磯竿がほしい方におすすめのモデルです。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 アテンダーII 0.6号 5.3m

スムーズに曲がるおすすめの磯竿です。同社「がま磯」シリーズの特徴ともいえる粘り腰を向上させるために、シリーズ共通で継ぎ目の段差を減らした「スーパーASD(アクティブサスデザイン)」を採用。パワーロスをケアしているのが特徴です。

本製品は胴調子で柔らかめの0.6号。オモリは1~3号、ハリスは0.6~2号が目安です。汎用性があり、さまざまなサイズのクロダイ(チヌ)と対峙できるモデルを探している方はチェックしてみてください。

磯竿のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

磯竿のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。