磯釣りや堤防釣りなど、足場の高い場所で魚を取り込む際に使用する「ランディングシャフト」。ネットを取り付けるほか、大型魚の取り込みではギャフをセットする場合もあります。ただし、長さや重さ、仕舞寸法などがモデルによって異なるため、どれを選べばよいか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのランディングシャフトをピックアップしてご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

ランディングシャフトとは?

By: amazon.co.jp

ランディングシャフトとは、玉網やランディングネットの柄の部分です。「ランディングポール」「玉の柄」とも呼ばれています。好みのネットを取り付けたり、状況によって使い分けたりと魚の取り込みをサポートするアイテム。ネットに入らない大型魚の取り込みで便利なギャフを装着できるモデルもあります。

振り出し竿のように伸縮するのが特徴で、継ぎ数や全長はモデルによってさまざまです。高い場所で伸ばして魚を取り込んだら、縮ませながら引き寄せます。なお、釣り場によって適した長さが異なるほか、装着するネットやギャフのネジ径が合わないと取り付けできないため注意が必要です。

ランディングシャフトの選び方

釣り場所に合わせた長さを選ぶ

By: amazon.co.jp

ランディングシャフトはさまざまな長さのモデルが販売されており、足場から水面までの高さに合わせてチョイスする必要があります。潮の満ち引きや波の高さ、うねりなどを考慮して、実際の高さより0.5〜1mほど余裕のあるモデルを選びましょう。磯釣りや堤防釣りでもっともスタンダードとされているのが5mです。

漁港内など水面までの高さが低い場合には、全長2~3mの長さが扱いやすくおすすめ。少し高さのある堤防や磯場では4mほどのモデルが適しています。

また、高さのある磯場や沖堤防では5m以上のモデルを要チェック。離島の磯場でうねりがあって高い場所に陣取る場合には、7m以上のロングタイプが活躍します。

重量をチェック

By: daiwa.com

全長の長いランディングシャフトほど高さのあるポイントに対応できるものの、重量が増えて扱いにくくなります。とくに長さの必要なポイントでは、持ち重りの少ない軽量なモデルが操作性しやすくおすすめです。

ランディングシャフトの重さを決めるうえで大きな割合を占めるのが素材。もっとも一般的に多く採用されているのがカーボンで、軽さと強度が両立されているのが特徴です。ただし、カーボンの含有率やグレードによって重さや価格が異なるため要注意。カーボンの含有率が高いモデルほど、価格が高くなる傾向にあります。

ネジのサイズをチェック

By: daiwa.com

ランディングシャフトにネットやギャフをつなげる際、ネジ径が適合していないと取り付けできません。手持ちのネットで使用できるか、購入予定のネットに取り付けできるのかを確認しておきましょう。

一般的に、山の角度が55°の「ウイットネジ」が採用されており、「1/2-12」などと表示。1/2がインチで、12が1インチあたりの山数を表しています。モデルによっては、ミリ規格で表示されている場合もあるのでチェックしてみてください。

仕舞寸法をチェック

By: amazon.co.jp

ランディングシャフトはモデルや長さによって、継ぎ数や仕舞寸法が異なります。持ち運びや保管のしやすさを重視したいなら、継ぎ数が多く仕舞寸法の短いモデルがおすすめ。足場の悪い場所や駐車場からポイントまで距離がある場合など、持ち運ぶ際に便利です。

ショルダーベルトを備えたモデルなら、機動力を活かしたランガンスタイルで活躍します。ただし、継ぎ数の多いとランディングや引き寄せにやや時間のかかるのがデメリット。よく行く釣り場での持ち運びやすさや操作性を考慮して、仕舞寸法をチェックしてみてください。

ランディングシャフトのおすすめモデル

ダイワ(Daiwa) ランディングポール2 600

全長約6mのランディングシャフトです。ネットはもちろん、ギャフも取り付け可能。ポールとの接合部には、脱落しにくいネジ接巻方式を採用しています。着脱可能な最大長約1mのベルクロ式ショルダーベルト付きで持ち運びが簡単。磯場や波止場など、シーンを選ばず使いやすいおすすめのモデルです。

グリップはゴム製で、濡れた手で滑りにくいのが特徴。レザーサテン塗装を施した竿尻部には真鍮製竿尻を採用しており、海水が入っても錆びにくくなっています。カーボン含有率60%の9本継ぎで重さ695g、仕舞寸法は81cmです。

ダイワ(Daiwa) ランディングシャフト ブラックジャックスナイパー 600Q

優れた操作性とコンパクトな小継仕様が特徴の防波堤用ランディングシャフトです。カーボン含有率98%で、重さ496gと軽量なのが魅力。ネジレに強い独自のカーボン強化構造「X45」を採用しているなど、大物を安心して取り込めるおすすめのモデルです。

柄の上部と下部に滑り止め加工を施し、取り込み時のストレスを軽減。固着して仕舞えないトラブルを防ぐ固着防止リングも付いています。さらに、携帯に便利な肩掛けベルトが付属しているため、持ち運びも簡単です。

ダイワ(Daiwa) ランディングシャフト トーナメントISO 玉の柄 競技 55・J

高密度・高強度カーボン「SVFナノプラス」採用のランディングシャフト。カーボン繊維を接着させるレジンの量を極限までに減らして密度を高めており、カーボン含有率99%を実現しています。

全長5.5mの重さ420gで操作性に優れているほか、ロッド強化構造「X45」や、スムーズな曲がりを可能にする「V-JOINT」などのロッドテクノロジーを採用。高さのある磯場で安心して魚を取り込めるおすすめのモデルです。また、節落ちや固着を防ぐ「節落ち・食いつき防止合わせ」も搭載しています。

ダイワ(Daiwa) モアザン ランディングポール 50

ハイグレードカーボン「高密度HVFカーボン」採用のランディングシャフトです。ロッド強化構造「X45」を搭載し、強い流れや波に負けない張りを実現。青物の取り込みや磯場でのヒラスズキ狙いにおすすめのモデルです。

外節をカラークロスで補強した、高級感のある外観も魅力。また、持ち運びに便利なショルダーベルトも付属しています。

ダイワ(Daiwa) ランディングシャフト メガディス 玉の柄 60

高弾性カーボン「HVFナノプラス」をブランクスに採用しているランディングシャフト。重さ520gと軽量で、安定したランディングが可能なおすすめのモデルです。

ネジレに強い独自構造「X45」の効果により、予測できない魚の動きに対応しやすいのもポイント。全長5.97mで、離島の足場が高い場所で威力を発揮します。

シマノ(SHIMANO) ランディングシャフト ファイアブラッド 750

固着の原因になる継ぎ目の出過ぎを抑える「アンチロックジョイント」を採用したランディングシャフトです。無抵抗感覚で瞬時に伸びる「エアアシスト尻栓」の採用と相まって、すばやいランディングを実現。固着を気にせずストレスなく使えるモデルです。

独自のロッド基本構造「スパイラルXコア」の採用により、曲げやネジレに強いのが特徴。全長7.5mで、大きなうねりの入る離島の磯場など高い場所に陣取る際におすすめです。また、高強度材使用のカーボンスリットテープを採用しており、高い場所からでも安心して大物を取り込めます。

シマノ(SHIMANO) ボーダレス ランディングシャフト 310

ジャンルやスタイルを問わないオールラウンドなシリーズ「ボーダレス」のランディングシャフト。3本継ぎの全長3.11mで、高さのない釣り場でおすすめのモデルです。また、本製品以外に全長1.1~5.49mまで5アイテムをラインナップしています。

「しっとりグリップ」の採用で濡れた手で握りやすく、操作性に優れているのが特徴。全節に継ぎ目の負担を減らす「Gクロスプロテクター」を採用しており、破損のリスクを大幅に軽減しています。さらに、インチ規格からミリ規格へ変換できる高耐久替えネジが付属しているのもポイントです。

シマノ(SHIMANO) 鱗夕彩 小継 玉の柄 500

堤防でのチヌ釣り用ランディングシャフト。全長5m、8本継ぎの小継モデルで仕舞寸法73.5cmと、機動力を活かした釣りをサポートする仕様。チヌの落とし込みや前打ち、ヘチ釣りでの使用におすすめのモデルです。

元竿と玉口には「Gクロスプロテクター」で補強して負担を軽減。伸ばしやすいエアアシスト尻栓と、固着のトラブルを防ぐ全節固着防止構造を採用しています。ネジレを抑え込む独自強化構造「ハイパワーX」により、安心して良型を取り込めるパワーも魅力です。

メジャークラフト(Major Craft) ソルパラ ランディングシャフト LS-500SP

リーズナブルで高品質な製品が人気のソルトウォーターシリーズ「ソルパラ」のランディングシャフトです。リーズナブルな価格を実現しながら、持ち重り感やブレを軽減している品質の高さが魅力。なるべく低予算で購入できる、本格的なモデルを探している方におすすめです。

長さはオールラウンドに使える5mで、磯場や堤防などさまざまなシチュエーションで活躍。エギングやシーバスフィッシング、アジングなどのソルトウォーターゲーム用として適しています。

メジャークラフト(Major Craft) ランディングシャフト LS-600

高弾性カーボンを採用しているランディングシャフト。弾力のあるブランクスにより、ランディング時のブレを軽減してスムーズな取り込みを可能にしています。全長6mで高い場所でのランディングに適しているほか、仕舞寸法が約66cmとコンパクトで持ち運びが簡単です。

伸縮性ベルトが付属しており、次々とポイントを撃っていくランガンスタイルにおすすめのモデル。エギングやシーバスフィッシング、ショアジギングなどに対応します。

プロックス(Prox) AX攻技競技 玉ノ柄TE 600

高弾性カーボンを採用し、競技用として開発されたランディングシャフトです。持ち重り感のない軽量設計で、各節の周りにカーボンクロスを巻いた仕様。強度を向上させていると同時に、カーボンらしい高級感ある外観を実現しているおすすめのモデルです。

シャッキっとした張りのあるブランクスにより、タワミを抑えた操作性のよさがポイント。すばやく確実なランディングを求められる競技会で威力を発揮します。

プロックス(Prox) 磯玉の柄剛剣 ITGK90 900

高さのある磯場や沖堤防などで活躍する、全長8.9mのランディングシャフトです。ロングモデルながら、細身設計によって持ち重りを軽減。高さのあるポイントでスムーズな取り込みを可能にするおすすめのモデルです。

買い求めやすい低価格を実現しながら、基本性能の充実したコスパのよさが魅力。なお、同社のランディングシャフトは外径12.7mmサイズのネジ穴を採用しており、他社のネットを取り付けできない場合がある点には留意しておきましょう。

サンライク(SANLIKE) ランディングポール SD-129

全長3mのランディングシャフト。港周りなど、高さのない場所のライトソルトウォーターゲームで使いやすいモデルです。9本継ぎで仕舞寸法41cmと、コンパクトに収納できます。ショルダーベルトが付属しており、機動力を活かした釣りを展開したいシーンにおすすめです。

安価ながらカーボン含有率90%の軽量設計で、長時間の携帯や使用で疲れにくいのもポイント。平織りカーボン仕様で滑りにくいほか、カーボンならではの高級感のある外観が魅力の1本です。

テイルウォーク(tailwalk) ランディングシャフト CATCHBAR 改 MICRO 420 16948

11本継ぎの小継タイプランディングシャフトです。全長4.2mで仕舞寸法50cmと、コンパクトに収納可能。柔らかい素材で肩に負担をかけないネオプレーンベルトを標準装備しているなど、ランガンスタイルで釣りを楽しみたい方におすすめのモデルです。

トップセレクションは糸巻きを施さないオリクロス加工を採用し、軽量化と高強度を実現。グリップはサテン加工で滑りにくくしているなど、操作性にも優れています。イカギャフの装着を可能にするEVA付きです。

JINKING ランディングポール

全長3m、仕様寸法43cmのコンパクトなランディングシャフト。ショルダーベルトが付属しており、持ち運びのしやすさに優れたおすすめのモデルです。低価格ながら、カーボン含有率90%で強度と軽さを両立しています。

柄のナット部に銅合金を採用しているのもポイント。一般的なアルミナットよりも強度と耐食性に優れており、海釣りで安心して使えます。