海のルアー釣りにおいて人気のシーバス(スズキ)。郊外はもちろん、都心のベイエリアでも釣れるので、活性が高い朝夕のフィーディングタイムに竿を出し、気軽に楽しむことができます。

そこで今回はおすすめの「シーバスルアー」をご紹介。定番のミノーやバイブレーションから、シンキングペンシル、さらには大物狙いに適したビッグベイトもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

シーバスルアーの選び方

飛距離で選ぶ

シーバスルアーは遠投して、できるだけ長くシーバスに見せることが重要です。魚への警戒心(プレッシャー)をできるだけ与えず、違和感なくバイトに持ち込む必要があります。なお、ルアーを遠くに飛ばすにはある程度の重さが必要です。さらに、あまり空気抵抗を受けないモノのほうがストレスなくキャストできます。

また、ルアーを飛距離で選ぶ際には内部構造の違いも要チェック。重心が固定されているタイプと重心が移動するタイプがあります。前者は遠投しにくいものの、泳ぎが秀逸なタイプ。後者は構造上、動き出しに難があるものの、投げた時によく飛ぶタイプです。どちらもメリット・デメリットがあるので、ぜひ確認しておきましょう。

ベイト(エサ)の大きさで選ぶ

By: daiwa.com

シーバスが捕食するベイト(エサ)は季節や釣り場によってさまざま。シーバスルアーを選ぶ際には、時期や場所ごとのベイトにあわせてサイズやカラーをマッチさせるのがポイントです。例えば、時期は春から秋、場所は漁港や河口であれば「イワシ」、やボラの幼魚である「イナッコ」が対象。冬から春にかけては寿司の「コハダ」という名で知られる「コノシロ」がベイトです。

また、シーバスは魚以外も捕食しており、例えば時期は春先、場所は都心の湾奥であれば、エサはゴカイ類やイソメ類などの「バチ」を食べにボイルしています。ぜひ事前に調べてシーバスルアーを選択する際の参考としましょう。

ルアーの種類で選ぶ

ミノー

By: amazon.co.jp

ミノーとは魚を模したルアーのこと。本体サイズはさまざまなショートからロングまであり、ショートであればフックは2本、ロングであれば3本のフックが付きます。

ミノーは大きく分けて3種類。浮力の高いフローティング(F)と中層で止まるサスペンド(SP)、自重で沈むシンキング(S)などがあります。

また、シーバス釣りにおけるミノーはさらに細分化。アゴにリップが付いた通常タイプと、アゴがしゃくれたリップレスタイプがあります。いずれにしてもこの水の抵抗を受ける部分がルアーの潜行深度と関わり、ラインアイの位置によって違いはありますが、総じてリップが短いほうが浅く潜り、長いほうが深く潜って行きます。リップの長さや形状は潜行深度の目安となるので、ぜひチェックしておきましょう。

バイブレーション

By: amazon.co.jp

バイブレーションとはその名の通り小刻みに「震える」ルアーのこと。細身のミノーよりも体高があり、やや平べったい形状をしているのが特徴です。

タイプとしては大きく分けてプラスチックと金属の2種類。特に後者は区別する上で「メタルバイブ」とも呼びます。なお、プラスチックタイプは構造上ボディに厚みがあるので、内部にラトルを入れて音が出るバーションとラトルを入れないバーションがあるのもポイント。シーバスへのアピール度合いに違いがあるので、確認しておきましょう。

なお、ミノーとは異なり、潜行深度を決めるリップは付いていません。そのため、ルアー自体をどれくらい沈めるかによってトレースするコースが決まります。使い方としては投げて巻くだけなので、操作が簡単なのも魅力です。

シンキングペンシル

By: rakuten.co.jp

シンキングペンシルとは、水面に浮くトップウォータールアー「ペンシルベイト」と同様にリップのない棒状のルアーですが、水面直下に沈むのが特徴。ミノーがバイブレーションのように巻くだけではそれほど激しい動きはぜず、ナチュラルに泳ぐタイプのルアーです。

なお、ただ巻きで誘うのもアリですが、トゥイッチやジャークなどのロッドアクションを加えることによって、ルアーの動きに変化をつけられるのもポイント。不規則にダートさせることで魚の捕食スイッチを入れることができます。ぜひ試してみてください。

ルアーカラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

シーバスは捕食するベイトが多様なので、カラーもそれに合わせるのがポイント。一方で、存在するベイトとは似ても似つかないカラーもありますが、アピール度が高いため、魚に興味を持たせるきっかけになります。ナチュラル系がいいか、アピール系がいいかは、時と場合によって異なるので、ぜひどちらも用意しておきましょう。

シーバスルアーにおけるナチュラルカラーと言えば、イワシやボラ(イナッコ)が代表的。一方、アピール系ではカラフルなコットンキャンディーや色鮮やかなチャートが候補となります。また、レッドヘッドはシーバスルアーの王道。さらにブラックは水中でシルエットがはっきりしているので有効な場合もあります。

なお、どのカラーが最適かどうかは魚に聞いてみないとわからないのが正直なところ。釣り人の心理としてはルアーを信じて投げ続けられるかがキモになります。ぜひお気に入りのカラーを見つけて、釣果に結びつけてください。

シーバスルアーのおすすめメーカー

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

ダイワは国内大手の釣り具メーカー。ルアーはもちろん、ロッドやリールなどのタックル開発からラインやウエアまで、さまざまなアイテムをリリースしています。シーバスルアーに関してはトップウォーターからミノー、バイブレーション、シンキングペンシル、メタルジグまで揃っており、シリーズとしては「モアザン」がメイン。また、ロングセラーモデルとして「ショアラインシャイナー」も有名です。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

シマノは世界的に知られている日本の大手釣り具メーカーです。リール開発に定評があるほか、ロッドやルアーなど幅広いジャンルのフィッシングアイテムを展開しているのが魅力。シーバスルアーに関しては「エクスセンス」シリーズで統一され、さまざまなタイプ・大きさのルアーがラインナップされています。

メガバス(Megabass)

By: amazon.co.jp

もともと淡水のバスフィッシングで知名度が高い「メガバス」。ルアーのクオリティの高さは釣りのジャンルを超えて評価されており、シーバスなどのソルトウォーターにも精通しています。美しいフォルムと鮮やかで繊細なカラーリングも支持されているポイント。魚はもちろん、釣り人をもバイトさせて物欲を刺激するメーカーです。

シーバスルアーのおすすめ|ミノー

ダイワ(Daiwa) ショアラインシャイナーZ バーティス 120F

ダイワ(Daiwa) ショアラインシャイナーZ バーティス 120F

ダイワを代表する「ショアラインシャイナー」シリーズのフローティングミノー。サイズは120mm、重さは19g、潜行深度は約30~120cmで表層ラインをトレースできるおすすめのシーバスルアーです。

HGS(ホールドグラビティシステム)を搭載しており、ストレスなく遠投できるのが特徴。内部のワイヤーに乗ってタングステンウエイトが後端まで移動し、キャスト時にしっかりと遠心力が働きます。

また、着水後にリトリーブを開始するとメインウエイトは前方へ移動し、前端部にホールド。潮流が強い状況下においてもしっかりとアクションしてくれるのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) エクスセンス ゴリアテ Hi

シマノ(SHIMANO) エクスセンス ゴリアテ Hi

シマノのリップレスミノー。フローティングタイプで潜行深度は20〜50cm、サイズは95mm・12gの「95F」と125mm・17gの「125F」の2タイプをラインナップしています。

本製品はカラーリングが秀逸で「狂鱗ホログラム」を採用しているのが特徴。また、物理的にスプリングの力でウエイトを制御させる「AR-C重心移動(PAT)」に加え、浮力の高い「AR-C SHELL」を搭載することで、ルアーのキャスタビリティとアクションが安定しているのも魅力のひとつです。

メガバス(Megabass) X-80SW

メガバス(Megabass) X-80SW

見た目の艶かしいフォルムはもちろん、アクションにも定評があるメガバスの対シーバス用スローシンキングミノー。卓越したローリングアクションでバイトを誘発するのが特徴です。

サイズは80.5mm、重さは11g。ボディ前部は低重心高比重ウエイト、重心移動時のボディ後部はタングステンウエイトのセッティングによって、逆風でもしっかりとキャストできるのもポイントです。

メガバス(Megabass) X-120SW

メガバス(Megabass) X-120SW

空気抵抗を抑えたスリムボディに、高比重タングステンの重心移動システムを搭載したフローティングミノー。「チップビル」と呼ばれる小さなリップを採用することで、潜行深度は40cmと水面直下を引けるのが特徴です。

サイズは121.5mmで、重さは12g。サーフから河口、干潟までさまざまなシーンに対応できるのもおすすめポイント。飛距離をしっかと稼げるシーバスルアーを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ブルーブルー(Blue Blue) ブローウィン!125F-Slim

ブルーブルー(Blue Blue) ブローウィン!125F-Slim

遠投性を重視したい方におすすめのフローティングミノー。サイズは125mm、重さ14gで、シーバスルアーとしてはスタンダードなアイテムです。

アクションは高速巻きからスローリトリーブまで対応でき、きっちり泳ぐのが特徴。3フック仕様でランカークラスの大型シーバスもしっかりと仕留めることができます。

デュエル(DUEL) ハードコア シャローランナー

デュエル(DUEL) ハードコア シャローランナー

しっかり飛んで、しっかり泳ぐフローティングタイプのリップレスミノー。サイズは90mm・10gと120mm・17gと120mm・21gの3タイプをラインナップしています。

潜行深度はいずれも10〜60cmで水深2mまでのシャローレンジをカバー。磁着タングステンボールとニューマグネット重心移動システムを採用することにより、遠投性とスイム姿勢の安定性を両立させているのも魅力です。

アムズデザイン(AMS Design) アイマ sasuke 120 裂波

アムズデザイン(AMS Design) アイマ sasuke 120 裂波

多くのシーバスアングラーから支持されているロングセラーモデルのリップレスフローティングミノー。サイズは120mm、重さは17gで、潜行深度は70〜90cmと表層をトレースする際に活躍してくれます。

河口などのオープンウォーターはもちろん、橋脚周りや湾奥の岸壁沿いなど、飛距離を求められる場所でも使いやすいのが特徴。カラーラインナップも王道のレッドヘッドからアピール系、ナチュラル系まで揃っています。ぜひ色違いを複数用意して、ルアーローテーションするのがおすすめです。

バレーヒル(ValleyHill) 邪道 ヤルキ スパークリング スーサン

バレーヒル(ValleyHill) 邪道 ヤルキ スパークリング スーサン

コンパクト仕様のリップレスミノー。タイプとしてはスローシンキングで、水面直下50cm程度を攻略する際におすすめです。

サイズは75mmで、重さは7g。泳ぎはルアーが左右に揺れる「ウォブリング」が控えめのハイピッチローリングアクションで、小型ながらしっかりとアピールしてくれます。なかなかバイトが出ないシーンでも活躍が期待できるので、タフコンディション下でもしっかりとシーバスをキャッチしたい方はぜひ試してみてください。

ラパラ(Rapala) X-RAP

ラパラ(Rapala) X-RAP

海外メーカー「ラパラ」のミノー。本製品の「X-RAP」はサスペンドタイプで、淡水・海水を問わずさまざまな魚を魅了するのが特徴です。

ラインナップはサイズ別にXR4・XR6・XR8・XR10の4種類。使い方としてはジャークを入れて左右へしっかとダートさせるのがコツです。なお、ロッドワーク次第では急上昇アクションも可能。逃げ惑う小魚を演出することで、スレているシーバスにも思わず口を使わせることができます。汎用性の高いおすすめルアーです。

シーバスルアーのおすすめ|バイブレーション

ダイワ(Daiwa) モアザン ソルトバイブ

ダイワ(Daiwa) モアザン ソルトバイブ

不朽の名作として知られる「TDバイブ」のソルトバーション。フラッシングでしっかりとアピールしてくれるので、投げて巻くだけで釣れるのが特徴です。

ラインナップは3種類で、60mm・12.5gのモデルのほか、72mm・15gと80mm・21gを用意。カラーも豊富で、ギラギラと輝く銀粉風ラメのSG(シルバーグリッター)カラーや乱反射で高いアピール力を有する立体ウロコ模様の3Dカラーなど、製品によって仕様が異なっているのもポイントです。

マリア(Maria) スライス

マリア(Maria) スライス

By: yamaria.co.jp

フォールでもバイトを誘発できるシンキングバイブレーション。スイム姿勢が安定しているので、高速巻きからデッドスローでもきっちり泳いでくれるのが特徴です。

サイズは55mm・10gと70mm・15gの2種類。カラーはアピール系からナチュラル系まで揃っているので、その日の反応によって使い分けるのがおすすめです。

バスデイ(Bassday) レンジバイブ

バスデイ(Bassday) レンジバイブ

ベストセラーとして知られるバスデイの「レンジバイブ」。サイズラインナップは6種類あり、小刻みに震えるコンパクトタイプから存在感のある大型モデルまで揃っているのが特徴です。

カラーラインナップも豊富で、ナチュラル系ではイワシ、コノシロ、キビナゴなど、マッチザベイトを意識できるほか、アピール系ではホロ仕様やアワビ仕様なども揃っています。ぜひ気になる方はさまざまなタイプをタックルボックスに入れておいて、あらゆる状況に対応できるようにしましょう。

コアマン(COREMAN) IP-13 アイアンプレート

コアマン(COREMAN)  IP-13 アイアンプレー

いわゆる「鉄板系」と呼ばれるメタルバイブレーション。キャスト時の空気抵抗が少ないので、しっかりと飛距離を稼げるのが特徴です。

サイズは60mmで、重さは13g。キビキビとした泳ぎでシーバスにアピールしてくれます。また、フックは信頼度が高いメーカー「がまかつ」の特注品を使用。浅いバイトでもガッチリとフッキングすることができます。ぜひ投げ倒してルアーのポテンシャルを肌で感じてください。

ベイトブレス(Bait Breath) 湾ベイト

ベイトブレス(Bait Breath)   湾ベイト

コンパクトな魚体にブレードが付属したテイルスピンジグ。フラッシングによって集魚効果が期待できるのが特徴です。ウエイトは15・29・40gの3種類で、カラーはそれぞれ12色をラインナップ。基本的に操作は投げて巻くだけなので、リトリーブスピードに変化をつけるのがコツです。ぜひタックルボックスの中に忍ばせておきましょう。

シーバスルアーのおすすめ|シンキングペンシル

ラッキークラフト(Lucky Craft) ワンダー

ラッキークラフト(Lucky Craft) ワンダー

シンキングペンシルを代表するルアーとして知名度の高い「ワンダー」。ナチュラルなローリングアクションによってシーバスに口を使わせたい際に有効です。

サイズは45・60・80・95の4種類。カラーライナップが膨大に揃っているのも特徴で、ナチュラル系だけをとってみても、イワシ・キビナゴ・コノシロ・アジ・サヨリ・ボラ・シラスなどかなりの種類があり、なかでもイワシカラーはさらに細分化されています。シーバスルアーを語る上では外せない王道のおすすめアイテムです。

ジャクソン(Jackson) にょろにょろ

ジャクソン(Jackson) にょろにょろ

ゴカイ類やイソメ類などをシーバスが捕食する「バチ抜け」時に活躍が期待できるシンキングペンシル。極端に細身のシルエットが特徴で、ローリングアクションとヘッドを支点にした緩やかなウォブリングアクションがミックスしているのも魅力です。

トゥイッチやジャークなどのロッドワークで逃げ惑うシーンを演出できるのもポイント。見た目に違わず、ポテンシャルを秘めているおすすめのシーバスルアーです。

ダイワ(Daiwa) モアザン ガルバ

ダイワ(Daiwa) モアザン ガルバ

極小のリップが搭載された固定重心仕様のシンキングペンシル。サイズは73mm・12.8gと87mm・19.3gの2種類で、いずれもカバーするレンジは水面直下から20cm程度と、表層付近をトレースできるのが特徴です。

細身タイプが多いシンキングペンシルにおいて、本製品はややファットなボディを採用。内部構造に余裕を持たせることで、スローリトリーブであってもきっちりと引けるのが魅力です。

ストーム(STORM) フラッター スティック マッド フラッシュ

ストーム(STORM) フラッター スティック マッド フラッシュ

バイトを誘発してくれるシンキングペンシル。トゥイッチやジャークなどさまざまなロッドアクションを加えることで、トリッキーなスライドや平打ちを演出できるのが特徴です。

また、フォール時は水平姿勢を保ちつつもフラフラと揺れながらアピールするのもポイント。サイズは10cm、重さは20gと十分な大きさがあるので、しっかりと飛距離を稼げるのも魅力です。

シーバスルアーのおすすめ|その他

ダイワ(Daiwa) モアザン ソルトペンシル-F

ダイワ(Daiwa) モアザン ソルトペンシル-F

水面を逃げ惑うベイトフィッシュを演出できるトップウォータータイプのペンシルベイト。エラを模した「ウォータースルーギル」構造によりスプラッシュとポップサウンドを発するのが特徴です。

サイズは4種類で、重さは4.7〜22g。ラインナップはノンラトル仕様がメインですが、ラトルサウンドでアピールするラトリンカラータイプもおすすめです。ぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) ガンクラフト 鮎邪 ジョインテッドクロー

ダイワ(Daiwa)×ガンクラフト(GAN CRAFT)   鮎邪 ジョインテッドクロー

大手ルアーメーカーの「ダイワ」と、ビッグベイトで有名な「ガンクラフト」のコラボモデルです。本製品の「ジョインテッドクロー」はもともとブラックバス用に開発されたルアーですが、ただ巻きで大きなS字の軌道を描くS字アクションはシーバスにも効果的。特に大型のコノシロを捕食しているランカーサイズを仕留める際に有効です。

タイプとしてはフローティングとシンキングの2種類があり、重さはそれぞれ56gと62gとへビーな仕様。シーバス釣りでメインとなるスピニンタックルよりも、より重量級のルアーを操作しやすいベイトタックルで扱うのがおすすめです。