数ある冬のアクティビティのなかでも人気なのがスノーボード。特にウェアはスタイルのかっこよさはもちろん、スノボならではのカラフルなデザインも魅力です。

“ゲレンデマジック”という言葉もあるように、雪山ではウェアの着こなしが重要なポイント。そこで今回は、スノボウェアのおすすめ人気ブランドと選び方のポイントをご紹介します。

そもそも、スキーウェアとスノボウェアって違うの?

スキーとスノボ、どちらも雪山で楽しむスポーツですが、そのスタイルは大きく異なります。スキーは、ストックと2枚のスキー板で雪の上を滑るスピード感が特徴、スノボは1枚の板のみで体のバランスを利用してトリックやジャンプなどを楽しむスポーツです。

以前はスキーウェアというと細身のシルエット、スノボウェアは全体的にルーズなシルエットと、見た目に大きな違いがありました。しかし、スノボウェアの最近のトレンドとして細めのパンツが多くなり、見た目には大きな違いがなくなってきています。

ただし、見た目には大きな違いがありませんが、機能面では違いがあります。スキーウェアには、板のエッジでパンツの裾を切らないために、パンツの内側にエッジガードが付いています。また、ジャケット・パンツともに丈がやや短めなところもスキーウェアの特徴です。

一方、スノボウェアにはエッジガードがなく、その代わりに転んだ時に雪が入らないようにするパウダーガードがジャケット、パンツの両方につけられています。ジャケット・パンツともに丈にスキーウェアに比べて長めなところも特徴です。

初心者必見!スノボウェアの選び方

By: amazon.co.jp

防水性・透湿性で選ぶ

雪山で激しい動きをするスノボは、雪にお尻をついたり転んだりした時のことを考慮し、防水性の高い素材を採用した動きやすいデザインのものがおすすめ。特に防水性が高く透湿性に優れた「ゴアテックス」と呼ばれる素材を採用しているスノボウェアがおすすめです。

なお、スノボウェアの防水性は「耐水圧」という言葉で表されます。これは、生地がどのくらいの水圧に耐えられるかを表す数値で、テントなどとも同様の表記です。スノボウェアは、耐水圧が1万mm以上あれば十分だと言われています。

また、スノボウェアの内側から汗を外側に排出する機能が透湿性です。外側からの水分は遮断しながら内側の水蒸気は外に排出する機能を兼ね備えている素材がスノボウェアにおすすめです。

少し大きめなサイズ感で選ぶ

スノボはアグレッシブな動きをするスポーツのため、ジャストサイズではなく少し大きめなサイズで選ぶのがおすすめ。また、フード・ウェア内部の熱や湿気を逃すベンチレーション機能、パウダーガード機能が付いているウェアがおすすめです。

ヒトコトでスノボウェアと言ってもさまざまなタイプがあります。特にジャケットはダウン・プルオーバー・重ね着・スタジャンスタイルとデザインも豊富なので、自分の好みのスタイルを選びましょう。

また、パンツもオーバーオールタイプとスキニータイプの2タイプがあります。スノボウェアの選び方として、ジャケット・パンツのデザイン・カラーが揃っているものがおすすめです。

スノボウェアのおすすめ人気ブランド

バートン(BURTON)

スノボウェアはもちろんのこと、スノボギアからコンテストの開催まで、スノーボード業界を牽引してきたブランドです。1977年にアメリカ人トップスノーボーダーだったジェイク・バートン氏によって設立され、多くのスノーボーダーから高い支持を得ています。

バートン(BURTON) ak Gore-Tex 2L Boom Jacket

バートンの中でもトップレベルの機能性を持つakシリーズモデル。防水性と透湿性に優れたゴアテックス素材を採用しています。さらに、全ての縫い目にシームテープ加工を施し、防水性をさらに向上させた本格派スノボウェアです。

立体裁断による動きやすさ重視のデザインで着心地も良好。わき下ベンチレーションや微調節可能なフードなど、機能性に優れたおすすめモデルです。

バートン(BURTON) Gore-Tex Radial Shell Jacket

バートンで人気の迷彩柄ジャケット。すべての縫い目にシームテープ加工を施し、パフォーマンスを重視した薄手のゴアテックス素材を採用しているため、悪天候にも対応します。

調節可能なフードに加え、パウダーガードは取り外し可能と自由度も高いモデル。パフォーマンス重視のスノーボーダーにもおすすめです。

ボルコム(Volcom)

ハイセンスなデザインが人気のボルコムは、スノーボード・スケートボード・サーフィンというアメリカの“横乗り系スポーツ”を代表するファッションブランド。同ブランドのスノボウェアはスリムなラインが特徴で、おしゃれに敏感な多くのボーダーたちに愛用されています。

ボルコム(Volcom) ALTERNATE JACKET G0651811

ゆったり系の多いスノボウェアの中で、目をひくタイトなシルエットが特徴のモデル。タウンユースとしても着られるシンプルなデザインで、周囲と差をつけたいボーダーにおすすめです。

メイン素材にはポリエステルを採用。カラーバリエーションも豊富なので、デザインで選びたい方にもおすすめのモデルです。

ボルコム(Volcom) L INSULATED GORE-TEX JACKET G0451801

アグレッシプなパフォーマンスを可能にしてくれるゴアテックス採用のジャケット。バッドコンディションでも常にウェアの内部をドライにキープし、快適さを追求するスノーボーダーにおすすめの1着です。デザイン自体はシンプルですが、カラーバリエーションは豊富。

シックスエイトシックス(686)

アメリカでも人気のブランドで、あらゆるスノーボードスタイルを網羅するハイクオリティなウェアを生産し、熱狂的なファンに支持されています。ルーズフィットウェアの代表格として、日本のスノーボードシーンでも人気を博すブランドです。

近年ではタイトなシルエットのスノボウェアも豊富にラインナップし、おしゃれボーダーから再注目されているLA生まれのブランドです。

シックスエイトシックス(686) Hydra Thermagraph Jacket L7W104

シックスエイトシックスらしい色使いとアンシメトリーデザインが特徴的なハイエンドジャケット。口元にジップが当たらないため、ライディング中にストレスを感じにくい設計です。

耐水圧は2万mmと十分。スノボ初心者でもゲレンデでカッコよく決まるおすすめのスノボウェアです。

シックスエイトシックス(686) Cult Insulated Jacket L7W108

スカルのバックプリントが印象的なカルトシリーズモデル。長めのレングスとタイトめなデザインが特徴的なマウンテンパーカータイプです。着る人を選ばないデザインはスノボ初心者にもおすすめの1枚。耐水圧1万mmと実用性も十分です。

インハビタント(inhabitant)

スキーウェアをはじめとした各種スポーツウェアをリリースする日本発のブランド。多くのスノーボーダーから信頼される機能性と、アメカジをテーマにしたカジュアルラインが人気です。

インハビタント(inhabitant) LONG JACKET IH672OT06

長めの丈が特徴のシンプルなスノボウェア。ウェアの外側には用途別ポケットが多数備えられています。雪山に映えるカラー展開は初心者スノーボーダーにもおすすめ。耐水圧2万mm以上と機能性も十分で、カラーバリエーションはグリーン・レッド・ホワイトの3色から選べます。

インハビタント(inhabitant) COACH JACKET IH672OT10

耐水圧2万mm以上と防水性に優れた人気のカジュアルなスノボウェア。取り外し可能なフードと豊富なポケットを備え、カジュアルスタイルを好むスノーボーダーにおすすめです。内側にはモバイル端末を入れるポケットがあるので、音楽を聴きながら滑りたい方の需要にも応えます。