ウィンタースポーツのなかでも特に人気が高い 「スノーボード」。雪山を快適に楽しむためには、防寒性に優れたウェアが欠かせません。最近のスノーボードウェアはデザインやカラーバリエーションが豊富で、板やブーツなどのギア類と合わせてコーディネートを楽しむ方も多くいます。

そこで今回は、スノーボードウェアのおすすめブランドをご紹介。人気ブランドをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

スノーボードウェアの選び方

耐水圧・透湿性の数値を確認

By: rakuten.co.jp

スノーボードウェアを選ぶ際に必ず確認したいのが、耐水圧と透湿性です。耐水圧とは、雨や雪などの水分が生地に浸透しようとする力を防ぐ数値を示します。透湿性は、ウェア内部の湿気を外に逃がす機能を数値化したものです。

一般的には耐水圧が10000mm、透湿性は5000~10000g程度あるとよいといわれているので、購入する際はタグ表示などをチェックしてみてください。

パウダーガードやベンチレーションの有無

By: amazon.co.jp

スノーボードウェアには、ウィンタースポーツを快適に楽しむための工夫が多くされています。なかでもあると安心なのが「ベンチレーション」機能と「パウダーガード」です。

ベンチレーションとは、わきや太ももの内側に備え付けられているチャック式の通気口のことで、ウェア内にこもりやすい熱や湿気を外に排出できる機能。パウダーガードは、ジャケットやパンツの裾に備え付けられており、内側を二重構造にすることでウェア内への雪の侵入を防げます。

フード・ポケット・袖口などの細かな部分までチェック

By: rakuten.co.jp

必須機能でありませんが、より防寒性を高めたいなら風や雨雪から首や頭を守ってくれるフード付きのウェアを選ぶのがおすすめです。取り外しができるモノや被った際のフィット感を調節できるモノなど、使い勝手のよさにこだわった製品がたくさんあります。

また、ポケットがたくさんあればスマホや財布などの小物を収納できて便利。ファスナータイプのポケットは、ボタンや面テープタイプよりも滑走時に中身が落ちにくくなります。さらに、快適にスノーボードを楽しみたいなら、ジャケットの袖口に雪の侵入を防ぐ「パウダーカフ」を備えたウェアを選ぶのがおすすめです。

普段着用する服よりも大きめサイズがおすすめ

By: rakuten.co.jp

アクティブな動きをするスノーボードでは、動きやすいウェアを選ぶことが重要。その際にポイントとなるのがサイズ感です。スノーボードウェアは、基本的に普段着よりも少し大きめの作りになっているのが大きな特徴。

スノーボードでは膝を曲げ、腰を落とす姿勢になることが多いため、ジャストサイズを選んでしまうと窮屈で動きにくいと感じる場合があります。また、プロテクターやインナーを着用することも考慮してサイズを選ぶのがおすすめです。

スノーボードウェアのおすすめブランド

バートン(BURTON)

バートンは、1977年にアメリカ・バーモント州でジェイク・バートンが立ち上げたスノーボードブランド。バーモント州以外にもカリフォルニアに拠点を持っており、オーストリアや日本など海外にもオフィスがあります。

スノーボードチームを持っており、オリンピック2大会連続銀メダリストの平野歩夢選手をはじめとする数多くのトップアスリートが所属。バートンの名前を冠する大会を開催するなど、スノーボード業界の発展に貢献しています。

初心者向けのアイテムもラインナップされているため、幅広いスノーボーダーから支持されているのもポイント。機能性・素材・ディティールを追求したアイテムを世界的に展開しているブランドです。

バートン(BURTON) ak GORE‑TEX Cyclic Jacket

バートン(BURTON) Men's Burton ak GORE‑TEX Cyclic Jacket

動きやすいスノーボードウェアを探している方におすすめのモデルです。人間構造に合うようにテールを長めに設定しているため、スノーボード中にウェアがズレるのを防ぎます。また、サイズの種類が豊富なので、幅広い体型に対応しているのもポイントです。

さらに、ジップハンドウォーマーポケット・胸のジップポケット・上腕のジップパスポケットなど多くのポケットが付いているのも魅力。スマホや小物などを収納できます。

なお、全ての縫い目にシームテープ加工がされているため、防水性・防寒性を高めたい方にもおすすめ。機能性・動作性ともに優れているスノーボードウェアです。

アナログ(Analog)

アナログは、BURTONが運営するブランドのひとつ。雪山での機能的かつスタイリッシュなファッションを提案することをコンセプトに、2001年に発足しました。落ち着いたデザインと最先端テクノロジーのバランスが、スノーボーダーから人気を集めています。

世界中のトップライダーを数多くサポートしており、そのライダーからの意見を盛り込んでいるので、高い性能を有しているブランドです。

アナログ(Analog) Chainlink Anorak Jacket

アナログ(Analog) Chainlink Anorak Jacket

機能性・デザイン性に優れているスノーボードウェアです。少量でも優れた保温性を発揮する素材を使用しており、耐水圧は10000mm 、透湿性は10000g。生地表面が身体の熱を奪う水分の蒸発を促すため、保温性に優れているのが特徴です。

また、脇にはベンチレーションが付いており、ウェア内にこもりやすい熱や湿気を外に排出できるのも魅力。ポケットが多数付いているため、スマホや財布などの収納性にも優れています。

さらに、合成繊維をブレンドして作られているタフライナーを採用しているのもポイント。独特な手触りと光沢がある素材で、高級感を演出できるため、スタイリッシュなスノーボードウェアを探している方におすすめです。

ボルコム(VOLCOM)

ボルコムは、1991年に立ち上げられたアメリカのブランド。創業当初は「Youth Against Establishment(権威主義と戦う若者たち)」をコンセプトとしており、自由で革新的な挑戦を行っていました。

現在のブランドコンセプトは「真剣に打ち込むこと」。スノーボード・スケートボード・サーフィンの「3S」を軸にスポーツシーンにおけるファッションに力を入れており、独自の世界観を展開しています。

ブランドコンセプトを軸にアート・音楽・映像にも力を入れており、その分野で活躍するクリエイターやアーティストをサポート。表現や活躍の場を提供しています。活動が多岐に渡るものの、コンセプトから逸脱することなく成長し続けているブランドです。

ボルコム(VOLCOM) SCORTCH JACKET BLACK PRINT

ボルコム(VOLCOM) SCORTCH JACKET BLACK PRINT

ウェア内に雪の侵入を防ぐ独自機能「Zip Tech」を採用した、防寒性に優れたスノーボードウェア。ジャケットのパウダースカートとパンツのベルトループにジッパーが付いており、ウェア上下をつなぎ合わせられるのが特徴です。

また、ウェア内の蒸れた空気を喚起するベンチレーションが付いていたり、前後に調節可能なドローコードをフードに内蔵していたりと、使い勝手のよさもポイント。さらに、チンガードや笛付きジッパープルタブも付いているため、安全性が高いのも魅力のウェアです。

ボルコム(VOLCOM) D.S. LONG JACKET BLACK

ボルコム(VOLCOM) D.S. LONG JACKET BLACK

ゆったりとスノーボードウェアを着こなしたい方におすすめのモデル。丈とリブを長めに設定しているのが特徴で、レギュラー〜太めのパンツを合わせるのがおすすめです。

また、防寒性が高いのもポイント。フード前後にドローコードが付いており、サイズを調節できるため、シーンに応じて使い分けられます。さらに、雪の侵入予防として、伸縮性のあるパウダースカートを採用しているのも魅力です。

なお、ポケットに保温性に優れた起毛素材を使用していたり、アゴ擦れを防ぐためにスウェード生地を採用していたりするなど、機能性にも優れています。見た目にこだわりつつ、快適な着心地を維持できるモデルを探している方はぜひ検討してみてください。

シックスエイトシックス(686)

シックスエイトシックスは、1992年にアメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルスで、マイケル・アキラ・ウェスト氏が立ち上げたブランド。ブランドネームである「686」は、創業者の記念日を組み合わせた数字が由来です。

機能的なデザインはコアユーザーからエンドユーザーまで幅広い層から支持されています。多くのスノーボーダーのニーズに応え、ハイクオリティなウェアを提供し続けているブランドです。

シックスエイトシックス(686) CATCHIT ANORAK JK

シックスエイトシックス(686) CATCHIT ANORAK JK

有名スノーボーダーであるフォレストベイリーとのコラボで生まれたスノーボードウェアです。プルオーバータイプでやや太身のシルエットが特徴。サイドジップが付いているため着脱しやすいのが魅力です。

また、透湿性は約10000gあるため、湿気がこもりにくいのもポイント。スノーボードにはもちろん、登山やキャンプなどほかのアウトドアレジャーでも使用できます。

さらに、機能性が充実しているのも魅力です。パウダーガードがジャケットの裾に備え付けられており、内側を二重構造にすることでウェア内への雪の侵入を防ぎます。なお、フロントポケット・内側のスマホポケット・ゴーグルポケットなど、多数のポケットが付いているため、収納力に優れているのも人気の理由です。

シックスエイトシックス(686) メンズ ブレンド 断熱ジャケット

シックスエイトシックス(686) メンズ ブレンド 断熱ジャケット

防寒性・機能性に優れたシックスエイトシックスのスノーボードウェアです。パンツとジャケット部分を繋げられるため、雪がウェア内に侵入してくるのを防ぎます。透湿性は約10000gのため、ウェア内にこもった熱や湿気を喚起できるのもポイントです。

また、動きやすいのも魅力。スノーボード独特の動きを考慮して設計されているため、快適なフィット感を維持できます。さらに、ゴーグルポケットや内側親指グリップ、スナップオフロードが付いており、使い勝手がよいのも魅力のひとつです。

なお、カラーはブラック・カーキ・レッドの3色展開。シンプルなデザインのため、真冬のタウンユースや登山など幅広く活用できます。

アールイーダブリュー(REW)

雨や吹雪でも、晴れた日でも、どんなコンディションでも快適にスノーボードができれば上達できるという考えのもと、さまざまな機能性のあるスノーボードウェアを提供し続けているブランドがアールイーダブリューです。

「REWのウェアを着れば、もっとスノーボードが上手くなる」をブランドコンセプトとしており、軽量で動きやすく、寒さなどを感じにくいアイテムを多数ラインナップしています。世界的な評価を受けている日本のブランドです。

アールイーダブリュー(REW) KAMIKAZE JKT

アールイーダブリュー(REW) KAMIKAZE JKT

機能性・快適性に優れたスノーボードウェアを探している方におすすめのモデルです。雪の侵入を防ぐためのパウダーブロックやパウダーカフには、使用時のストレスを軽減するためにストレッチ素材を使用。フードを固定するためのフードフックが付いているため、フィット感を維持しやすいのが特徴です。

また、「ビスロンジッパー」を採用しているため、防風・防水性に優れているのも魅力。さらに、ハンドゲーターが付いていることで袖から雪が入るのを防ぎ、保温性を維持できるのもポイントです。

なお、ポケットも多数付いており、収納性にも優れています。スマートフォン用のポケットは紛失防止のため、ストラップが付いているのも魅力のひとつです。

アールイーダブリュー(REW) REALITY JACKET GORE-TEX

アールイーダブリュー(REW) REALITY JACKET GORE-TEX

動きやすさを重視して設計されたアールイーダブリューのスノーボードウェア。「サスペンションショルダーV2」を搭載しており、肩周りの動きの制約を少なくしているのが特徴です。

また、肘から手首までを立体裁断しているのもポイント。スノーボード独特の動きを考慮してデザインされているため、1日中着ていてもズレることなく快適な着心地を維持できるのが魅力です。

さらに、裾の広さが調節可能なロックジッパーや踏み込み防止ストラップ、パスケースなどが付いているため、使い勝手がよいのも魅力のひとつ。なお、色はブラック・レッド・パープル・ネイビーレッド・チャコールパープルの5色展開です。

ビラボン(BILLABONG)

ビラボンは、1973年にオーストラリア・ゴールドコーストでゴードン・マーチャントが立ち上げたファッションブランドです。主にサーファー向けのウェアやアイテムを手掛けており、ユーザーに対してブランドコンセプトを打ち出す形式をいち早くとった企業としても知られています。

オーストラリアをはじめ、アメリカ・ニュージーランド・ヨーロッパへと広まり、サーフブランドとして世界的な地位を獲得。日本でも多くのサーファーからの支持を集めており、愛用者も多く見受けられます。

サーフブランドとして有名な同ブランドですが、現在はスノーボードウェアやアパレルラインなど事業を幅広く展開。アーティストやミュージシャンへの支援やコラボレーションも行っています。

ビラボン(BILLABONG) メンズスノージャケット AI01M752

ビラボン(BILLABONG) メンズスノージャケット AI01M752

ファッション性に優れたスノーボードウェアです。左腕の虎のアイコンがアクセントとなっており、おしゃれな見た目から、スノーボード以外にも登山やキャンプなど、さまざまなアウドドアシーンで使用できます。また、耐水圧は10000mm、透湿性が10000gあるため、雪が浸透しにくく湿気を外に逃がしやすいのも魅力です。

さらに、キークリップ・ゴーグルのレンズワイパー・音楽機器を入れるポケット・パスポケットなどが付いているのもポイント。機能性の高さを重視したい方はぜひ検討してみてください。

ビラボン(BILLABONG) ADVERSARY

ビラボン(BILLABONG) ADVERSARY

保温性を重視したい方におすすめのスノーボードウェアです。裏地の素材には柔らかいトリコットを採用しています。また、断熱材にプリマロフトを採用しているため、身体の熱を逃さないのが特徴。ウェアとパンツを繋げられるため、隙間から雪が侵入するのを防げます。

さらに、ベンチレーション機能付きでウェア内の湿気や熱を外に逃がせるため、快適な着心地を維持できるのもポイント。なお、メディアポケットやゴーグルメッシュポケットが付いているため、使い勝手がよいモデルです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノース・フェイスは、1966年にアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコでダグラス・トンプキンスと妻のスージー・トンプキンスによって立ち上げられたアウトドアメーカー。登るのが難しい山岳の北側、ノース・フェイスが名前の由来です。

創業当初は小さなメーカーであったものの、1975年に世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」を発表したことや、最低温度規格表示をどのメーカーよりも先に明記したことで高い信頼を獲得。世界的なメーカーへと成長しました。

同メーカーが製造しているウェアはアウトドアやスポーツ、タウンユースと幅広く着用できるモノが多いのが特徴。「真の機能性の追求と自然との共存」をコンセプトに、機能的なアイテムを数多くラインナップしているブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) A-CAD JACKET

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) A-CAD JACKET

ライダーからの要望を受け、フリーライディング向けに作られたスノーボードウェアです。ザ・ノース・フェイスが独自に開発した、ナノフィルム状の防水透湿素材「FUTURELIGHTTM」を使用しているのが特徴。汗をかいてもウェア内を快適な環境に保てます。

また、裏地にはトリコットを使用しているので、保温性に優れているのもポイント。さらに、人間工学に基づいた3D設計によって作られているため、動きが制限されないのも魅力のひとつです。グラトリやジブにチャレンジする方はぜひ購入を検討してみてください。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) FREETHINKER JACKET

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) FREETHINKER JACKET

ザ・ノース・フェイスが独自で開発した「FUTURE LIGHT」を採用しているのが特徴のスノーボードウェアです。3D設計を用いて製造されたため、通気性・ストレッチ性が高く、動きが制限されないのも魅力。初心者から上級者まで幅広いスノーボーダーにおすすめです。

また、ゴーグルクリーナー付ICリストポケットや、パンツに連結できるスノーカフが付いているので利便性に優れているのもポイント。さらに、シンプルな見た目から、登山やキャンプなど、さまざまなアウトドアシーンで使用できるのも魅力のひとつです。

エアボーン(ARBN)

エアボーンは、スポーツウェアやカジュアルウェアを中心に輸出入を行っている貿易会社「ニッカ工業株式会社」が手掛けている日本のスノーボードウェアブランド。スノーボードには必ずエアリアルがあり、テクニックの重要な要素にもエアリアルがあるという思いから生まれました。

ブランドネームである「ARBN」は造語であり、「空から生まれる」という意味の「BORNE TO AIR」、空挺部隊や空軍爆撃機という意味がある「AIRBORNE」の2つの言葉を組み合わせた名前です。

スノーボードウェアのほかにも手袋やニット帽などウィンターアイテムも扱っているほか、タウンユースに着用しやすいボトムスなども手掛けています。

エアボーン(ARBN) ビッグロゴプリントジャケット ABJ8101

エアボーン(ARBN) ビッグロゴプリントジャケット ABJ8101

おしゃれなスノーボードウェアを探している方におすすめのモデルです。インパクトのあるコスモプリント生地と、さりげなくおしゃれをアピールできる無地の2タイプ展開。袖部分に大きなロゴがプリントされているのも特徴です。

また、インナーカフやウエストゲーターが付いているため、雪の侵入を防ぐのもポイント。ベンチレーションも付いているため、ウェアの中の湿気を排気でき、快適な着心地を保てます。

さらに、パスケースやインナーポケット、ICチップポケットが付いているため、利便性が高いのも人気の理由です。

ホールデン(HOLDEN)

ホールデンは、2002年にプロスノーボーダーのマイキー・ルブランとデザイナーのスコット・ゼルゲベルの2人によって立ち上げられたファッションブランド。冒険家やスノーボーダーをはじめ、多くのニーズに応え続けています。

「高いフィット感と、機能的なプロダクトを作り出す」「アウターウェアの自然な秩序を再定義する」をミッションとしており、型にはまらないアイテム作りをコンセプトとしています。ファッション性と機能性を併せ持ち、環境にも優しいアウターを製造しているブランドです。

ホールデン(HOLDEN) SANDERS JACKET メンズ

ホールデン(HOLDEN) SANDERS JACKET メンズ

裏地に、省エネな製法で糸にコーヒーの粉を含ませる「S.CAFE」を使用しているモデルです。抗菌力・UVカット効果が高く、コットンに比べて速乾性に優れているのが魅力。洗濯しにくいスノーボードウェアの清潔感が気になる方におすすめです。

また、ハンドゲーター・パウダーガード・ベンチレーションが付いており、耐水圧が20000mm、透湿性20000gあるのも特徴。ほかのモデルに比べて雪や雨が染み込みにくく、熱を放出しやすいのも魅力です。

なお、カラーはブラック・ナチュラルチョコレートチップカモ・ストーングリーンレインドロップカモの3色展開。どれもおしゃれなデザインなため、スノーボードにはもちろん、さまざまなアウトドアシーンで使用できます。

ディーシーシューズ(DC SHOES)

ディーシーシューズは、1994年にデイモン・ウェイやケン・ブロックらによって立ち上げられたアメリカのスポーツ用品メーカー。「Eightball」や「Droors Clothing Footwear」などの伝統的なブランドから影響を受けており、ブランド名の「DC」は「DROORS CLOTHING」の頭文字から名付けられています。

ブランド発足直後からウィンタースポーツ業界に大きな話題を提供。なかでもデイモン・ウェイの弟で、世界的に有名なプロスケーターのダニー・ウェイと開発したシューズは機能性やデザイン性で大いに優れており、後の多くのシューズに大きな影響を与えました。

現在はスケートシューズ以外にも、スノーボードやサーフィン、モトクロスなど幅広く展開しています。 固定観念に縛られず、革新的なアイテムを製造し続けているブランドです。

ディーシーシューズ(DC SHOES) COMMAND JKT 2019-2020

ディーシーシューズ(DC SHOES) COMMAND JKT 2019-2020

グラトリやジブなど、運動量が多い方におすすめのスノーボードウェアです。透湿性が25000gあるため、汗を外に逃がしドライな状態を維持しつつ、高い保温性を発揮するのが特徴です。

また、人間工学に基づいて、立体裁断されているのも魅力。動きに制限がかかりにくく、トリックを決めやすいのも人気の理由です。さらに、パッカブル仕様のため、持ち運びやすいのもポイント。なお、シンプルなデザインかつ、パウダースカートを取り外しできるので、普段使いできるのも魅力のひとつです。

ボンファイア(BONFIRE)

ボンファイアは、1989年にプロスノーボーダーでカメラマンのブラッド・スチュワードによって立ち上げられたアメリカのスノーボードブランド。「BONFIRE」は、「来シーズンも雪に恵まれるように」と古いボードを燃やして焚火をしたことに由来しています。

創業当初からスノーボードスタイルにこだわりを持っているのが特徴。サーフィンやスケートボードなどのスポーツカルチャーから一線を画すデザインや機能性が、多くのスノーボーダーの共感を集めたことで有名になりました。

シンプルさ・パフォーマンスの高さ・革新的さの3つをブランドの軸としており、どんなシーンでも最大限のパフォーマンスが発揮できるウェアを数多くラインナップしています。2019年にはキャンプラインをスタートさせるなど、新しいことにチャレンジしているブランドです。

ボンファイア(BONFIRE) VECTOR SHELL JACKET

ボンファイア(BONFIRE) VECTOR SHELL JACKET

ボンファイアのメンズ用スノーボードウェアです。パウダーガード、ベンチレーションが付いており、耐水圧は15000mm、透湿性は10000g。雪の侵入や染み込みを防ぎつつ、ウェア内の熱を逃がせるため、快適な着心地を得られます。

また、ICチップ入れやメディアポケット、ゴーグルポケットが付いているので、利便性が高いのも魅力。さらに、シンプルなデザインのため、スノーボード以外のアウトドアシーンでも使用できます。

ダブルエーハードウェア(AA HARDWEAR)

ダブルエーハードウェアは独特のスタンスを持つ国内ブランドで、スノーボードウェアは強烈なインパクトのあるデザインのモノが多いのが特徴です。ファッション性はもちろん、充実した機能性を誇り、品質の高い製品を世に送り出しています。

特に、ほかのスノーボーダーと同じウェアを着たくない方や、個性的な着こなしをしたい方におすすめです。

ダブルエーハードウェア(AA HARDWEAR) コーチジャケット

ダブルエーハードウェア(AA HARDWEAR) コーチジャケット

ダブルエーハードウェアのアイテムのなかでも、高い人気を有するパーカーを取り外しできるため、個性的なスノーボードウェアを探している方におすすめです。

また、3レイヤーで中綿入りなので、保温性が高いのもポイント。さらに、耐水圧は15000mm、透湿度は8000gのため、雨や雪が染み込みにくく、ウェア内部の湿気が外に逃げやすいのも魅力のひとつです。

ネフ(NEFF)

ネフは、へッドウェアブランドとしてアメリカの南カリフォルニアで設立されたブランドです。スケートボード、サーフィン、 スノーボードなどのファッションアイテムを多くラインナップしています。

特徴的なイラストが描かれたモノからカラフルな色使いのモノまで、個性的な製品を扱っているのが特徴です。特に、若者から支持を集めており、スノーボードウェアも個性的なモノが多い傾向があります。また、他ブランドよりも手頃な価格なのも魅力のひとつです。

ネフ(NEFF) NEFF TRIPLE JKT

ネフ(NEFF) NEFF TRIPLE JKT

カラフルな見た目が特徴的なスノーボードウェアです。個性的なデザインのモデルを探している方におすすめ。縫い目にはシームテープ加工がされているため、防風性が高いのも特徴です。また、耐水圧が10000mm、透湿性が10000gあるため、雪や水が染み込みにくいのもポイント。ウェア内の湿気を外に排出しやすい構造も魅力です。

さらに、メディアプレーヤーポケットや、ハンドウォーマーポケットが付いているため、利便性が高いのも魅力のひとつ。一般的なスノーボードウェアに比べて安いため、買い求めやすいのも人気の理由です。