ウィンタースポーツのなかでも特に人気が高い 「スノーボード」。雪山を快適に楽しむためには、防寒性に優れたウェアが欠かせません。最近のスノーボードウェアはデザインやカラーバリエーションが豊富で、板やブーツなどのギア類と合わせてコーディネートを楽しむ方も多くいます。

そこで今回は、スノーボードウェアのおすすめブランドをご紹介。人気ブランドをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

スノーボードウェアの選び方

耐水圧・透湿性の数値を確認

スノーボードウェアを選ぶ際に必ず確認したいのが、耐水圧と透湿性です。耐水圧とは、雨や雪などの水分が生地に浸透しようとする力を防ぐ数値を示します。透湿性は、ウェア内部の湿気を外に逃がす機能を数値化したもの。

一般的には耐水圧が10000mm、透湿性は5000~10000g程度あるとよいといわれているので、購入する際はタグ表示などをチェックしてみてください。

パウダーガードやベンチレーションの有無

By: amazon.co.jp

スノーボードウェアには、ウィンタースポーツを快適に楽しむための工夫が多くされています。なかでもあると安心なのが「ベンチレーション」機能と「パウダーガード」です。

ベンチレーションとは、わきや太ももの内側に備え付けられているチャック式の通気口のことで、ウェア内にこもりやすい熱や湿気を外に排出できる機能。パウダーガードは、ジャケットやパンツの裾に備え付けられており、内側を二重構造にすることでウェア内への雪の侵入を防いでくれます。

フード・ポケット・袖口などの細かな部分までチェック

By: rakuten.co.jp

必須機能でありませんが、より防寒性を高めたいなら風や雨雪から首や頭を守ってくれるフード付きのウェアを選ぶのがおすすめです。取り外しができるモノや被った際のフィット感を調節できるモノなど、使い勝手のよさにこだわった製品がたくさんあります。

また、ポケットがたくさんあればスマホや財布などの小物を収納できて便利。ファスナータイプのポケットは、ボタンや面テープタイプよりも滑走時に中身が落ちにくくなります。さらに、快適にスノーボードを楽しみたいなら、ジャケットの袖口に雪の侵入を防ぐ「パウダーカフ」を備えたウェアを選ぶのがおすすめです。

普段着用する服よりも大きめサイズがおすすめ

By: amazon.co.jp

アクティブな動きをするスノーボードでは、動きやすいウェアを選ぶことが重要。その際にポイントとなるのがサイズ感です。スノーボードウェアは、基本的に普段着よりも少し大きめの作りになっているのが大きな特徴。

スノーボードでは膝を曲げ、腰を落とす姿勢になることが多いため、ジャストサイズを選んでしまうと窮屈で動きにくいと感じる場合があります。また、プロテクターやインナーを着用することも考慮してサイズを選ぶのがおすすめです。

スノーボードウェアのおすすめブランド

バートン(BURTON)

バートンは、1977年にアメリカ・バーモント州でジェイク・バートンが立ち上げたスノーボードブランド。バーモント州以外にもカリフォルニアに拠点を持っており、オーストリアや日本など海外にもオフィスがあります。

スノーボードチームを持っており、オリンピック2大会連続銀メダリストの平野歩夢選手をはじめとする数多くのトップアスリートが所属。バートンの名前を冠する大会を開催するなど、スノーボード業界の発展に貢献しています。

初心者向けのアイテムもラインナップされているため、幅広いスノーボーダーから支持されているのもポイント。機能性・素材・ディティールを追求したアイテムを世界的に展開しているブランドです。

バートン(BURTON) AK457 Guide Jacket

バートン(Burton) Men’s AK457 Guide Jacket

By: amazon.co.jp

防水透湿機能をもつ「ゴアテックス」を採用した、本格的なスノーボードウェア。スノーボードをはじめ、ウィンタースポーツを楽しむすべての方向けに開発されたアイテムです。

あしらわれている縫い目すべてにシームテープ加工が施されているのが特徴のひとつ。ウェア内に水が入り込むのを防げるので、雨や雪にも対応できます。袖口は開閉可能で、防風性に優れているのもポイントです。

カラーはブラック・ブルー・ピンクの3色で、デザイン性も良好。無線機やゴーグルが入れられる複数のポケットが設けられているほか、視界を遮られることなく被れるフードが備わっています。さまざまな機能を搭載している一着です。

バートン(BURTON) ak GORE‑TEX Cyclic Jacket

バートン(Burton) AK CYCLIC JACKET

真冬から春先まで、幅広い天候に対応できるスノーボードウェア。シンプルで着こなしやすいデザインながら、さまざまな機能を搭載しています。カラーは全部で10色あり、コーディネートに応じて選べるのもポイントです。

メイン素材には表面に無数の小さな気孔が開けられたゴアテックスメンブレンを採用。気孔は水滴を通さないものの水蒸気を通す仕様で、防水性と透湿性を同時に実現しています。

腰周りには、人間工学に基づいて設計された、撥水性に優れるウエストゲーターを搭載。冷たい風や雪がウェア内に入り込まないので、体温の低下を防ぎます。身体にフィットするため動きやすく、快適にウィンタースポーツが楽しめるアイテムです。

ボルコム(VOLCOM)

ボルコムは、1991年にリチャード・ウールコットとタッカー・ホールの2人によって立ち上げられたアメリカのブランド。創業当初は「Youth Against Establishment(権威主義と戦う若者たち)」をコンセプトとしており、自由で革新的な挑戦を行っていました。

現在のブランドコンセプトは「真剣に打ち込むこと」。スノーボード・スケートボード・サーフィンの「3S」を軸にスポーツシーンにおけるファッションに力を入れており、独自の世界観を展開しています。

ブランドコンセプトを軸にアート・音楽・映像にも力を入れており、その分野で活躍するクリエイターやアーティストをサポート。表現や活躍の場を提供しています。活動が多岐に渡るものの、コンセプトから逸脱することなく成長し続けているブランドです。

ボルコム(VOLCOM) SCORTCH JACKET

ボルコム(VOLCOM) SCORTCH JACKET

太すぎず、ゆったりと着用できるスノーボードウェア。ストレッチ性のある素材を採用しているので動きやすく、サイズの調節も行えます。腰部にはボルコムの代名詞でもある「ジップテック」を搭載。専用のパンツと併せて着用することで、雪の侵入をシャットアウトします。

ボディサイドにはジッパーによる開閉式のベンチレーションシステムを搭載。ウェア内の蒸れた空気を換気でき、寒いときには締められるなど温度や湿気の調節が容易に行えます。

キーチェーンなどをかけられるリングやゴーグルが収納できるポケットが備え付けられているなど収納力も十分。笛が付いたプルタブもあり、有事の際に助けを求めることもできます。さまざまな機能を備えており、安全性にも優れている一着です。

ボルコム(VOLCOM) CREEDLE2STONE JACKET

ボルコム(VOLCOM) CREEDLE2STONE JACKET

シンチストラップ付きのフードが搭載されたスノーボードウェア。フードは人間工学に基づいて設計されているのが特徴。サイズ調節が可能なので、大きなフードで視界が遮られることがありません。

ウェア内に雪が入り込むのを防ぐパウダーガードを搭載。身体から熱が奪われるのを予防します。保温性の高いハンドゲーターやハンドウォーマーポケットを搭載しているのも魅力のひとつです。

胸部のポケットにはイヤホンコードが通せる穴が空いているので、音楽を聴きながらスノーボードを楽しめます。4つのカラーがあり、タウンユースとしてさまざまなコーディネートと合わせることもできるアイテムです。

シックスエイトシックス(686)

シックスエイトシックスは、1992年にアメリカ・カリフォルニア州のロサンゼルスで、マイケル・アキラ・ウェスト氏が立ち上げたブランド。ブランドネームである「686」は、創業者の記念日を組み合わせた数字が由来です。

機能的なデザインはコアユーザーからエンドユーザーまで幅広い層から支持されています。多くのスノーボーダーのニーズに応え、ハイクオリティなウェアを提供し続けているブランドです。

シックスエイトシックス(686) Eclipse Jacket

シックスエイトシックス(686) Eclipse Jacket

丈が長く、ややルーズに仕上げられたスノーボードウェア。動きが制限されることがなく、ダイナミックなランディングが楽しめます。登山やアウトドアといったアクティブなシーンやタウンユースにも着用可能です。

関節部には人間工学に基づいたカットが施されており、膝や肘の屈曲・伸展を邪魔しないように設計されているのがポイント。透明のスマートフォンポケットやゴーグル用のポケットが設けられているなど収納力もあります。

リストゲーターや調節機能のある袖、パウダーガードが備え付けられており、雪の侵入をしっかりとシャットアウト。腕の下にはベンチレーションシステムが搭載されており、温度や湿度の調節も行えます。高機能で、快適に着用できるウェアです。

シックスエイトシックス(686) SMARTY 3-in-1 Form Jacket

シックスエイトシックス(686) SMARTY 3-in-1 Form Jacket

冬の天候下で、汎用性を発揮するようにデザインされたスノーボードウェア。ゲレンデだけでなく、レジャーやタウンユースなど、幅広いシーンで活躍します。カラーラインナップは4色で展開。さまざまなボトムスと合わせられるデザイン性を持っています。

脇の下にあたる部位にはベンチレーションシステムを搭載。ウェア内にこもった湿気を素早く放出し、寒くなったら閉めるなど体温調節が行えます。片手で開閉しやすく、生地が引っかからないような仕様になっているのも魅力のひとつです。

腰部には雪の侵入を防ぐパウダーガードを搭載。タッチパネルに対応したスマートフォン用のポケットやパスポケットなど、収納力にも優れています。耐水圧が20000mmあり、防水性に優れているのもポイントです。

ビラボン(BILLABONG)

ビラボンは、1973年にオーストラリア・ゴールドコーストでゴードン・マーチャントが立ち上げたファッションブランドです。主にサーファー向けのウェアやアイテムを手掛けており、ユーザーに対してブランドコンセプトを打ち出すという形式をいち早くとった企業としても知られています。

オーストラリアをはじめ、アメリカ・ニュージーランド・ヨーロッパへと広まり、サーフブランドとして世界的な地位を獲得。日本でも多くのサーファーからの支持を集めており、愛用者も多く見受けられます。

サーフブランドとして有名な同ブランドですが、現在はスノーボードウェアやアパレルラインなど事業を幅広く展開。アーティストやミュージシャンへの支援やコラボレーションも行っています。

ビラボン(BILLABONG) LIGHT SHELL HOODIE AJ01M-762

ビラボン(BILLABONG) LIGHT SHELL HOODIE AJ01M-762

パーカーを着用するようにラフに着こなせるスノーボードウェアです。タウンユースとして、カジュアルなコーディネートに合わせられる一着。ボディ側面にはサイドジップが施されており、サイドが大きく開くので楽に着脱ができます。

素材にはポリエステルを採用。伸縮性や軽量性があるので、スムーズに動けます。また、耐衝撃性があるので転倒しても破れにくく、速乾性があるので仮に雪が入り込んでも濡れたままになりにくいのがメリットのひとつです。

内側にはパスポケットが付いており、リフト券やICカードを入れておけます。透明なのでリフト乗り場で焦ることもありません。ボディにはフロントジップポケットがついており、ちょっとした小物を入れることも可能です。

ビラボン(BILLABONG) スノーボードウェア AI01M756

ビラボン(BILLABONG) LIGHT SHELL HOODIE AJ01M-762

耐水圧が10000mmの撥水PUコーティングが施されているスノーボードウェア。急な雨にも対応できます。透湿性は10000gあり、長時間着用してもウェア内が蒸れにくいのが魅力のひとつです。

脇の下にはベンチレーションシステムが搭載されており、温度や湿度の調節が行えるのもポイント。また、パウダーガードが施されており、ウェア内に雪が侵入するのを予防します。

内側にはファスナー付きのポケットが付いており、リフト券などを落とすことなく収納可能。迷彩柄で、タウンユースとしても着用できるアイテムです。

アールイーダブリュー(REW)

雨や吹雪でも、晴れた日でも、どんなコンディションでも快適にスノーボードができれば上達できるという考えのもと、さまざまな機能性のあるスノーボードウェアを提供し続けているブランドがアールイーダブリューです。

「REWのウェアを着れば、もっとスノーボードが上手くなる」をブランドコンセプトとしており、軽量で動きやすく、寒さなどを感じにくいアイテムを多数ラインナップしています。世界的な評価を受けている日本のブランドです。

アールイーダブリュー(REW) THE KAMIKAZE F+LIGHT JACKET

アールイーダブリュー(REW) THE KAMIKAZE F+LIGHT JACKET

少し大きめに作られた被りやすいフードが搭載されているスノーボードウェア。立ち上がり部分にドローコード用の穴をあえて設けていないことが特徴。首元から水や雪が入り込みにくい仕様になっているのが魅力のひとつです。

ファスナーにはYKK Aqua Guardジッパーを採用。防風性や防水性に優れており、デザイン性も兼ね備えています。手首から肘にかけて立体的な作りになっており、スノーボーダーの動きに合わせてデザインされているのもポイントです。

雪の侵入を防ぐため手首に施されたシンプルゲーターや、ウェア内にこもった湿気を素早く換気できるベンチレーションシステムなど機能性も十分。ゲレンデだけでなくストリートやタウンユースなど、幅広いシーンにマッチする一着です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノース・フェイスは、1966年にアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコでダグラス・トンプキンスと妻のスージー・トンプキンスによって立ち上げられたアウトドアメーカー。登るのが難しい山岳の北側、ノース・フェイスが名前の由来です。

創業当初は小さなメーカーであったものの、1975年に世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」を発表したことや、最低温度規格表示をどのメーカーよりも先に明記したことで高い信頼を獲得。世界的なメーカーへと成長しました。

同メーカーが製造しているウェアはアウトドアやスポーツ、タウンユースと幅広く着用できるモノが多いのが特徴。「真の機能性の追求と自然との共存」をコンセプトに、機能的なアイテムを数多くラインナップしているブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) FL ピューリストジャケット

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) FL ピューリストジャケット

ザ・ノース・フェイスが独自に開発した素材であるFUTURE LIGHTを採用したスノーボードウェア。通気性に優れ、ウェアの中に湿気がこもりにくいので、汗をかきやすいシーンに適しています。また、防水性に優れているのもポイントです。

スノーボーダーの動きに沿った3D設計になっており、なめらかでダイナミックな動きを実現しやすくなっているのも魅力のひとつ。ストレッチ性に優れ、大きく動いても型くずれしにくくなっています。

胸に施されているポケットはベンチレーションに対応しており、ウェア内の温度や湿度を簡単に調節可能。内側に直接アクセスできるジッパーなど機能性にも優れているので、ストレスなく着用できるアイテムです。

エアボーン(ARBN)

エアボーンは、スポーツウェアやカジュアルウェアを中心に輸出入を行っている貿易会社「ニッカ工業株式会社」が手掛けている日本のスノーボードウェアブランド。スノーボードには必ずエアリアルがあり、テクニックの重要な要素にもエアリアルがあるという思いから生まれました。

ブランドネームである「ARBN」は造語であり、「空から生まれる」という意味の「BORNE TO AIR」、空挺部隊や空軍爆撃機という意味がある「AIRBORNE」の2つの言葉を組み合わせた名前です。

スノーボードウェアのほかにも手袋やニット帽などウィンターアイテムも扱っているほか、タウンユースに着用しやすいボトムスなども手掛けています。

エアボーン(ARBN) スノーボードウェア ABJ9103

エアボーン(ARBN) スノーボードウェア ABJ9103

シックなカラーリングで、ユーザーを飽きさせないスノーボードウェア。ファスナーや背中部にはブランドロゴが施されているほか、胸部にはブランドを現す「A」のアルファベットがあしらわれています。

耐水圧が10000mmあり、雪や水がウェア内に浸透しにくいのも魅力のひとつ。透湿性が5000gあるほか、脇の下にベンチレーションシステムが施されているので、ウェアの中に湿気がこもりにくくなっています。温度の調節も可能です。

メディアポケット やゴーグルポケット 、ICチップ入れやパスポケットなど、収納力も十分にあります。デザイン性と機能性を兼ね備えており、幅広いシーンに着用できるアイテムです。

ホールデン(HOLDEN)

ホールデンは、2002年にプロスノーボーダーのマイキー・ルブランとデザイナーのスコット・ゼルゲベルの2人によって立ち上げられたファッションブランド。冒険家やスノーボーダーをはじめ、多くのニーズに応え続けています。

「高いフィット感と、機能的なプロダクトを作り出す」「アウターウェアの自然な秩序を再定義する」をミッションとしており、型にはまらないアイテム作りをコンセプトとしています。ファッション性と機能性を併せ持ち、環境にも優しいアウターを製造しているブランドです。

ホールデン(HOLDEN) M51 3layer FISHTAIL jacket

ホールデン(HOLDEN) M51 3layer FISHTAIL jacket

裾の後ろが燕尾状に先割れしている「フィッシュテール」が特徴的なスノーボードウェア。アメリカのクラシックスタイルをスノーボードウェアに用いたアイテムです。ストリートでカジュアルなデザインが目を引きます。

20000mmと高い耐水圧を誇るほか、フルシームテープ加工が施されおり、水の浸透を限りなく低減しています。また、パウダーガードも搭載しており、雪の侵入をシャットアウトする仕様になっているのも魅力のひとつです。

透湿性は20000g。脇の下にはベンチレーションシステムが搭載されており、ウェア内に湿気がこもりにくくなっています。シンプルで落ち着いたデザインなので、タウンユースとしても活躍する1着です。

ディーシーシューズ(DC SHOES)

ディーシーシューズは、1994年にデイモン・ウェイやケン・ブロックらによって立ち上げられたアメリカのスポーツ用品メーカー。「Eightball」や「Droors Clothing Footwear」などの伝統的なブランドから影響を受けており、ブランド名の「DC」は「DROORS CLOTHING」の頭文字から名付けられています。

ブランド発足直後からウィンタースポーツ業界に大きな話題を提供。なかでもデイモン・ウェイの弟で、世界的に有名なプロスケーターのダニー・ウェイと開発したシューズは機能性やデザイン性で大いに優れており、後の多くのシューズに大きな影響を与えました。

現在はスケートシューズ以外にも、スノーボードやサーフィン、モトクロスなど幅広く展開しています。 固定観念に縛られず、革新的なアイテムを製造し続けているブランドです。

ディーシーシューズ(DC SHOES) スノーボードウェア EDYTJ03073

ディーシーシューズ(DC SHOES) スノーボードウェア EDYTJ03073

ツートーンカラーで、ストリート感のあるデザインが目を引くメンズスノーボードウェア。カラーはオレンジ・ブラック・ブルーの3色あり、ボディ側面には「DCSHOESUSA」のブランドロゴがあしらわれています。

脇の下にはベンチレーションシステムを搭載。ウェア内にこもった熱を素早く放出してくれます。そのほか雪の侵入をシャットアウトし保温効果も期待できる パウダーガードや髪の毛の巻き込みを防いでくれるチンストラップが施されています。

スマートフォンやiPodなどが入れておけるメディアポケットやゴーグルポケット、袖元に取り付けられたICチップ入れなど収納力は十分。耐水圧は10000mmあり、撥水性にも優れています。クールに着こなせて、機能性も兼ね備えているアイテムです。

ボンファイア(BONFIRE)

ボンファイアは、1989年にプロスノーボーダーでカメラマンのブラッド・スチュワードによって立ち上げられたアメリカのスノーボードブランド。「BONFIRE」は、「来シーズンも雪に恵まれるように」と古いボードを燃やして焚火をしたことに由来しています。

創業当初からスノーボードスタイルにこだわりを持っているのが特徴。サーフィンやスケートボードなどのスポーツカルチャーから一線を画すデザインや機能性が、多くのスノーボーダーの共感を集めたことで有名になりました。

シンプルさ・パフォーマンスの高さ・革新的さの3つをブランドの軸としており、どんなシーンでも最大限のパフォーマンスが発揮できるウェアを数多くラインナップしています。2019年にはキャンプラインをスタートさせるなど、新しいことにチャレンジしているブランドです。

ボンファイア(BONFIRE) ANCHOR SHELL JKT

ボンファイア(BONFIRE) ANCHOR SHELL JKT

絶妙なカラーリングの配色が魅力的なメンズスノージャケット。汎用性に優れ、ウィンタースポーツのみならずタウンユースとしてなど、幅広いシーンに着用できる一着です。

表地にポリエステル100%、裏地にナイロン100%を採用しており、耐久性に優れ型くずれしにくいのがポイント。耐水圧は10000mm、透湿性は10000gあり、湿気がこもりにくく、急な雨にも対応できます。

ウェア内の温度や湿度の調節が行えるベンチレーションシステムや、雪の侵入を防ぐパウダーガードが搭載されており機能性は良好。ゴーグルポケットやメディアポケットなど収納力もあります。カッコよくキメたいときにおすすめのウェアです。