ウィンタースポーツのなかでも人気が高い「スノーボード」。上手く滑れたときの爽快感は格別ですが、人との接触や転倒によるケガのリスクも付きまといます。しかし、プロテクターを装備しておけば、ダメージを最小限に抑えられます。安全にスノーボードを楽しむためにも準備しておきたいアイテムです。

とはいえ、プロテクターには部位毎に種類分けされており、何から揃えればいいかわからない方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、スノーボード用プロテクターの選び方とおすすめ品をご紹介します。これからプロテクターを揃える方は、ぜひ参考にしてみてください。

スノーボード用プロテクターの選び方

守りたい部位にあわせて選ぶ

スノボ初心者はヒッププロテクターをチェック

By: amazon.co.jp

これからスノーボードを始める方は、初めにヒッププロテクターをチェックしてみてください。スノーボード初心者はお尻をついて転ぶことが多いもの。また、ボードの装着に時間がかかったり、休憩を多くとったりと、雪の上に座る時間も長くなりがちです。

転んだ際にお尻の衝撃を和らげるためには、ヒッププロテクターは欠かせません。雪の上に長い時間座っていると、雪が硬くてお尻を痛めてしまったり冷えてしまったりするのを、最小限に抑えることが可能です。

滑りが安定するまでは膝や手首のプロテクターがあると安心

By: amazon.co.jp

滑りが安定しないうちは、体の正面から転ぶこともあるので、膝や手首のプロテクターを装備しておくのがおすすめです。手や膝をつく回数はお尻をつく回数よりも少ないものの、激しく転ぶとお尻よりもケガしやすい部位のため、注意が必要です。

特にアイスバーンのような硬い場所に打ち付けてしまうと、大ケガの元となります。しかし、ケガを恐れていると腰が引けてしまい、正しいフォームで滑れません。上手く滑れないうちは、正面から転んでも安心できるよう、膝や手首のプロテクターも検討してみてください。

大技を練習する方には上半身用のプロテクターがおすすめ

By: amazon.co.jp

大技を練習したい方は、上半身用のプロテクターを装備するのがおすすめです。上半身用のプロテクターは、背中やお腹、あばら骨などを守るのに効果的。

キッカーやハーフパイプなど、自由にジャンプアクションを楽しめる場所では、背中から地面に落ちてしまう場合もあります。このような場所で大技を練習する場合は、ケガをするリスクも高くなるので、プロテクターが必要です。大技の技術を磨きたい方は、ケガを防ぐために上半身や下半身を守るプロテクターも検討してみてください。

素材をチェック

ナイロン・ポリエステル

By: amazon.co.jp

スノーボード用プロテクターは、主にナイロン・ポリエステル素材が採用されています。ナイロンやポリエステル製は、石油や石炭などを原料とした合成繊維。耐衝撃性・耐摩擦性・耐久性に優れており、転んだ場合でも素材へのダメージを抑えやすい材質です。

初心者から上級者問わず、素材に迷ったらナイロン・ポリエステル製のプロテクターを選びましょう。ただし、値段は高価なモノも多いため、予算と相談して選ぶようにしてみてください。

スポンジ素材

By: amazon.co.jp

転ぶ回数が少なくなってきた方は、スポンジ素材を採用するのもおすすめです。スポンジ素材は、ナイロン・ポリエステル製に比べて、耐衝撃性や耐久性は落ちるものの、部分的な保護や防寒に役立ちます。

また、軽量かつ通気性に優れており、汗をかいても快適に使用可能。値段も安く設定されているモノが多く、手に入れやすい点も魅力です。

蒸れにくい通気孔付きやメッシュ加工素材もおすすめ

By: amazon.co.jp

寒いゲレンデでも、動いていると汗をかきます。プロテクターを装備することで、必要以上に暑くなったり、蒸れたりするのを避けたい方は、通気孔付きやメッシュ加工素材を採用したモデルを選びましょう。

お尻・腰・上半身用などのプロテクターは、身体から発する熱を逃がすための工夫が凝らしてある製品が多くあります。快適性を重視したい方は、通気孔付きのモデルやメッシュ加工タイプであるかをチェックしてみてください。

ヘルメットがあるとより安全

プロテクターは上半身や下半身を守るために装備しますが、ヘルメットを被って頭を守ることも大切です。ヘルメットは、ニット帽よりもケガのリスクを軽減できるほか、寒さに強いのも特徴。

利用者の多いゲレンデでは接触事故のほか、障害物などによる転倒も考えられます。プロテクターで身体を保護していても、頭を打ってしまうと大ケガになりかねません。より安全にスノーボードを楽しむためにも、プロテクターとヘルメットの両方を装備しておくことをおすすめします。

スノーボード用ヘルメットについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

スノーボード用プロテクターのおすすめメーカー

鎧武者(YOROI MUSHA)

By: amazon.co.jp

鎧武者は、エビスニットが運営するプロテクター専門のブランドです。同ブランドではハイエンドモデルのプロテクターを取り扱い、高品質かつ機能性に優れた製品を展開しています。

同ブランドの「XRD」モデルは、衝撃時に分子が結合し、衝撃の吸収力を高める素材を採用。使用しているパッドも2層式プロテクションを採用し、衝撃吸収のほかに弾力性・軽量性・柔軟性を有しています。

「TOUGH TECH SERIES」モデルは、XRDモデルの機能に加えて、優れた耐摩擦性・耐切創性を搭載。いずれも高い性能を有しているため、道具に妥協したくない方におすすめです。

エビス(eb’s)

By: rakuten.co.jp

エビスは1994年に生まれたスノーボード用品全般を扱うブランドです。まだスノーボードの認知度が少ない時代、同ブランドはスノーボードの魅力を伝えるために、ツアー・スクール・大会などを頻繁に行い、業界に貢献した実績があります。

ブランド名は、東京の街「恵比寿」から命名。輸入物に頼らず、日本人が装備するのにマッチした製品を、適正な価格で作りたいという考えのもとで運営しています。コスパに優れ、デザイン性も良好なモデルを多くラインナップしているのが特徴です。

スノーボード用プロテクターのおすすめ|ヒッププロテクター

鎧武者(YOROI MUSHA) ヒッププロテクター YM-1751

高い引っ張り強度を有した、ハイスペックのヒッププロテクターです。本製品は、衝撃に強いXRD素材を採用。普段は柔軟かつ軽量な素材ですが、衝撃を感知した瞬間に分子構造を変え硬化し、衝撃を緩和します。

XRD素材の下には、ゴム素材のNBRパッドと3Dメッシュの2層を搭載。衝撃を点ではなく、面で受け止めることで、ダメージを軽減します。メッシュ構造になっているため、ムレを防ぎ快適に使用できるのもポイントです。

また、耐熱性・耐摩擦性にも優れており、打ち身だけでなく、摩擦などからも身体を保護します。切創にも強く、切り傷が付きにくく、摩耗しにくいのも特徴です。

ノースピーク(north peak) ヒッププロテクター NP-1191

フィット感と高い耐衝撃性を両立させたヒッププロテクター。着用してもプロテクターが目立ちにくいスリムなシルエットを実現しています。ワイドウエスト仕様のため、圧迫感が少なく着用できる点も魅力です。

素材はナイロンおよびポリウレタンを採用。ノースピーク製のプロテクターのなかでも、優れた性能を有する「3LAYER PROTECTOR」を搭載しています。硬質PEプレートにより、衝撃を全体で受け止められるほか、パッドにはEVA+NBRボンディングフォームを採用し、反発力と柔軟性も高いモデルです。

メッシュ層には、伸縮性や吸汗速乾性に優れた素材を使用しているため、着用時のストレスの少なさも特徴。インナータイツと併用したい方にもおすすめのアイテムです。

バックスポット(VAXPOT) ヒッププロテクター VA-3012

自然なシルエットで装着できるヒッププロテクター。伸縮性のある素材かつスリムなシルエットで、見た目を気にする方におすすめの製品です。パッドは複数に分かれておらず、1枚で構成。隙間がないためズレにくく、安心感があります。

パッドは身体の形状に合わせてカットしてあり、激しい運動でもしっかりフィット。パッドの出し入れも可能で、洗濯するのもラクラクです。ウエスト部分には幅広のゴムを採用し、装着時の締め付け感を軽減。快適な使用感を実現しています。

パッドには特殊発泡スポンジ「NBRフォーム」を採用。クッション性や断熱性に優れています。ヘタリにくく、長時間の使用でも安心。値段も安価のため、予算を抑えたい方にも適しています。

エビス(eb’s) スリムプロテクト・ロングXRD #3900347

厚み最大18mmのパッドと、優れた衝撃吸収力を有する素材を採用した下半身用のプロテクター。本製品はXRD素材を採用し、衝撃を最小限に抑えるほか、耐久性と通気性にも優れています。抗菌・防臭・防カビ加工も施しており、快適に使えるのも特徴です。

パッドは保護する部位を確実に守れるよう、ズレにくいように設計されているのもポイント。伸縮性の高い生地により、フィット感も良好です。細身のウェアと合わせて使用するのにもおすすめ。ウエスト部にはドローコードを搭載し、調節も簡単に行えます。

ノースピーク(north peak) ヒッププロテクター ロングタイプ NP-1193

最大3層のレイヤーと厚み20mmのパッドを搭載した、下半身用のプロテクターです。部位によってレイヤーと厚みを変えることで、高いフィット感と耐衝撃性を実現。尾てい骨の箇所にはPEフォームを配置し、衝撃を最小限に抑えます。

素材は、ナイロンおよびポリウレタンを採用。伸縮性と速乾性に優れています。また、随所に3Dエアメッシュを使用しており、ムレを軽減。長時間の運動でも快適に使用できます。

本製品はスリムなシルエットのため、ウェアの下に穿いていても目立ちにくいモデル。ワイドウエスト設計で、着用時のストレスが少ないのもポイントです。

エイアールケイ(ARK) LS HIP PROTECTOR Long AR2603

耐衝撃性・運動性・装着感を備えた下半身用のプロテクター。1~5層のパッドを適所に配置し、耐衝撃性を向上。使用箇所に応じたパッド形状かつ、優れた伸縮性により、動きを妨げにくい構造です。

パッドには、3D Air Mesh・EVAフォーム・PF-04素材を採用。3D Air Meshは軽量かつ反発力に優れ、運動時に出た汗も素早く蒸発します。EVAフォームは、反発・吸収・分散の性能を持ち、プロテクト効果に優れた素材。PF-04はゴム系の素材で引き裂きに強く、保温・耐衝撃性などを有しています。

本製品はロングタイプで、お尻・腰回り・膝・脚のあらゆる箇所にパッドを搭載。下半身全体を守ります。カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイントです。

スノーボード用プロテクターのおすすめ|膝用プロテクター

エビス(eb’s) ニー・パッド XRD #3900972

衝撃を受けた瞬間に硬化する「XRDパッド」を使用した膝用プロテクターです。高い衝撃吸収能力を持ち、衝撃の約90%を遮断する効果があると謳われています。軽量で柔らかく、通気性も備えているので、使用感も良好。伸縮素材を使用しているため、装着時に動きを妨げにくいのも魅力のひとつです。

また、抗菌・防臭・防カビ効果が期待できる「Microban加工」を採用。洗濯も可能で、清潔に使いたい方にもおすすめです。

バートン(BURTON) ベーシックニーパッド W21JP-102891

コスパに優れた膝用プロテクター。値段が安く、スノーボード用プロテクターのエントリーモデルとしてもおすすめです。軽量なEVA素材を採用しており、初級者から上級者まで使えます。

また、スリップオン設計により薄型ですっきりとしたデザイン。細身のパンツでも穿きやすく、インナータイツの上から装着するのも簡単。洗濯機で洗えるので、清潔に使い続けられる点も魅力です。

ARYEE 膝パッド ARY-HM

転ぶ回数が少なくなってきた方に適したスポンジタイプの膝用プロテクターです。スポンジパッドは、適度な硬さと弾力を持ち、膝を地面についたときや、転んだときの衝撃を緩和します。

シリコンテープによる滑り止め効果により、装着後にプロテクターがズレにくい点も安心。装着方法はベルクロによる固定のため、脚の太さに関わらず取り付けが可能です。また、本製品は通気孔を搭載。汗をかいてもすぐに換気し、快適な使用感を実現しています。

スノーボード用プロテクターのおすすめ|手首用プロテクター

バートン(BURTON) インパクトリストガード W21JP-103471

快適な使用感を実現している手首用プロテクターです。手のひら側にソフトなパッドを内蔵し、しっかりと手首を保護。素材は耐久性に優れたポリエステルを採用し、外傷や衝撃から身を守ります。

本製品はベルクロアジャスターによって、手首を固定するタイプ。使う人を選ばずにサイズ調節できます。流線形かつコンパクトなデザインにより、グローブをはめやすく、目立たないのもポイントです。

エイアールケイ(ARK) WRIST GUARD AR3601

3分割されたプレートにより、手首の負担を軽減するプロテクター。包み込むようにして手首をカバーするため、フィット感を向上しています。

手のひら部分にはラバー素材を採用。柔軟性のある素材で、手のひらにかかる衝撃を抑えます。ラバー素材も2分割されており、手の動きを妨げにくいのも魅力。しっかりと手首を保護したい方におすすめの製品です。

バックスポット(VAXPOT) リストガード VA-3160

手のひら側の内部にあるプラスチックプレートとネオプレーン素材により、衝撃を緩和できるプロテクターです。弾力性のあるネオプレーン素材でプラスチックプレートを挟み込み、高いクッション性を実現。勢いよく地面に手をついてしまったときのダメージを軽減しやすいモデルです。

手の甲側には、通気性に優れたストレッチメッシュを搭載。伸縮性があるので、フィット感に優れています。また、スリムなデザインのため、グローブをはめても目立ちにくい手首用プロテクターです。

スノーボード用プロテクターのおすすめ|上半身用プロテクター

鎧武者(YOROI MUSHA) ボディプロテクター YM-1750

XRD素材による、高い衝撃吸収性と耐摩擦性に優れた、強靭な上半身用プロテクター。同ブランドのハイエンドモデル「TOUGH TECH SERIES」の製品で、ケガのリスクを最小限に抑えたい方におすすめです。

XRDは、通常時は柔らかい素材であるものの、衝撃を受けた際に分子が結合し高い衝撃吸収性を発揮します。衝撃を吸収したあとは、すぐに分子が元通りになるため、パフォーマンスを邪魔しにくいのも魅力。

また、高い引っ張り強度を有しているので、素材が切れにくいのもポイントです。その上、軽くて電気も通しにくい特性もあり、ハードな環境で活躍します。パッドの下には3Dメッシュも搭載し、快適な着心地を実現。汗を気にせず、スノーボードに没頭できます。

各所のパッドには、ズレを防止するためのサポートベルトも搭載。衝撃を受けた際、しっかりと身体を保護します。

エイアールケイ(ARK) SS BODY PROTECTOR AR1802

軽くて動きやすく、快適性に優れた上半身用プロテクターです。パッドが身体に当たる部分には、「3D Air Mesh」を採用し、通気性を向上しています。

また、特殊ゴム「PF-04」により衝撃を分散・吸収。断熱性にも優れており、保温効果が高く、低温でも素材が硬くなることがありません。グリップ性もあるので、パッドのズレがないのもポイントです。

一部のパッドは内側のポケットから着脱が可能。必要な箇所だけパッドを搭載すれば、パフォーマンスを損なうことなくプロテクターを装着できます。

また、伸縮性の高い素材を使用しているため、身体にフィットしやすく、激しい動きにも対応可能。スノーボード中のダメージを軽減しつつ、パフォーマンスも維持したい方におすすめのアイテムです。

バックスポット(VAXPOT) ボディープロテクター VA-3002

パッドに複雑な分割構造を持たせることで、激しい動きにも対応できる上半身用プロテクター。本製品は、NBR製の10mm厚パッドを搭載しています。パッド内に無数の気泡が含まれており、衝撃が加わると気泡が圧縮。これにより、圧力が緩和されやすくなるほか、断熱性の効果も期待できます。

両脇や胴回りにはストレッチ生地を採用し、パッドのズレを軽減。各部位をしっかりと保護し、フィット感も良好です。全体にメッシュ生地も採用しているため、蒸れが少ないのもポイント。スリムシルエットなので、ウェアの下に着用しても違和感なく使用できます。

値段も安く設定されており、上半身用プロテクターのなかでもコスパに優れた製品。着用時のシルエットを損ないたくない方にもおすすめです。

スノーボード用プロテクターのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

スノーボード用プロテクターのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。