人気のウィンタースポーツ「スノーボード」。片足で滑るときの安定感が向上するスノーボード用デッキパッドがあると、より快適にスノーボードを楽しめます。自分専用のスノーボードを所有している方は、スノーボード用デッキパッドを搭載しておきたいところです。

そこで今回は、スノーボード用デッキパッドの選び方とおすすめアイテムをご紹介します。興味のある方はぜひチェックしてみてください。

スノーボード用デッキパッドの必要性

By: amazon.co.jp

スノーボード用デッキパッドとは、左右の足を固定する「ビンディング」の間に貼り付ける滑り止めのことです。スノーボード用デッキパッドがあると、ビンディングに固定していない足を置くことで、安定して滑走できます。リフトの乗り降りをする際など片足で滑走するときに便利です。

特に、スノーボード初心者の方はリフトを降りる際に転倒しやすいため、スノーボード用デッキパッドを付けておくのがおすすめ。片足で滑るのに不安がある方も、スノーボード用デッキパッドを用意しておくようにしましょう。

スノーボード用デッキパッドの選び方

サイズと形状をチェック

By: amazon.co.jp

スノーボード用デッキパッドは、モデルによりサイズや形状が大きく異なるので、目的に合ったモノを選ぶようにしましょう。例えば1枚で広い面積をカバーできるモノから、分割タイプで自分の好みに合わせてパッドを貼り付けられるモノなどがあります。

スノーボード初心者なら、グリップ性を有しながら足が置きやすい、大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。広い範囲をカバーすることで、足の置き場所がバラバラでも滑り止め機能を活かせます。

分割タイプのモデルは、足の置き場所に合わせて好みの位置に貼り付けられるため、柔軟な使い方が可能です。素材はシリコン製だけでなく、金属製の鋲を採用しているモノもあります。ただし分割タイプは、滑走中に剥がれてしまうことがあるので注意しましょう。

スクレイパーの有無をチェック

By: amazon.co.jp

スクレイパー付きのスノーボード用デッキパッドは、足裏に付着した雪を取り除くのに便利。スクレイパーとは表面を削るモノの総称で、スノーボード用デッキパッドにおいては、ブーツに付いた雪や氷を取り除き、より安全に滑り止め機能を活用できるのが魅力です。

スクレイパーの機能を活用したい方は、なるべく凹凸のあるモノを選ぶのがおすすめ。仮にブーツに異物が付着したままだと、ビンディングにブーツを装着しにくくなったり、パッドの上に足を置いても滑ってしまったりする場合もあります。安全面を考慮したい方は、スクレイパーの有無もチェックしましょう。

デザインをチェック

By: volcom.jp

スノーボード用デッキパッドは、モデルによってデザインが大きく異なるので、自身のスノーボードにマッチしたデザインのモノを探してみてください。例えば、スノーボードのデザインを見せたい方は、無色透明のパッドを付けるのがおすすめです。

また、スノーボードのデザインと組み合わせておしゃれを楽しみたい方は、イラストやカラーの付いたモデルがぴったり。自分好みのデザインにアレンジしたい場合は、複数のパッドが付属しているタイプを検討してみてください。

スノーボード用デッキパッドのおすすめ

バートン(BURTON) SPLIT MAT

2つに分割された、カスタマイズ性のあるスノーボード用デッキパッドです。「バートン」はアメリカのスノーボード用品ブランドで、日本でも多くの人気を集めています。本製品は、パッドを2ピース付属。普段足を置く位置や、足のサイズに合わせて貼り付けられます。

それぞれのピースにはスタッズが付いているので、ソールに付いた雪や氷が付いているときでも高いグリップ力を発揮。さらに、1枚あたりの面積が広いため、剥がれにくく、足をセットしやすいのも魅力です。

バートン(BURTON) MED SPIKE MAT W22JP-108121

スパイク付きでしっかりと足を固定するスノーボード用デッキパッドです。計6つのスパイクを搭載しており、ソールに雪が付いた状態でも引っかかりやすいのが特徴。クリアカラーには、アルミニウム製スパイクを搭載しているので、より高いグリップ力が期待できます。

パッドのサイズは縦15×横8cm。取り付け方法は、フィルムを剥がしてボードに貼り付けるだけなので、簡単にセッティングできます。

バートン(BURTON) ALUMINUM STUD MATS W22JP-107981

特殊なアルミニウム素材を使用したスタッドタイプのスノーボード用デッキパッドです。本製品は防錆力に優れた航空機仕様のアルミニウム素材を採用。サビにくく、長期間の使用でもグリップ力が期待できます。また、足裏に付いた雪や氷を取り除くのも簡単です。

パッドは6個入りで好みの位置に貼り付け可能。また、形状は円形なので、配置の向きを考慮する必要がありません。カラーはブラックとゴールドの2種類が展開されています。

サロモン(SALOMON) STOMP PADS UF 2 L41123800

小さめのサイズでスノーボードのデザインを損ないにくいモデルです。ウィンタースポーツ用品で人気のブランド「サロモン」が展開するスノーボード用デッキパッド。サイズが縦13.6×横9cmと小さめで、中央にサロモンのロゴマークが配置されたシンプルなデザインです。

また、カラーはクリアとブラックを展開。スノーボードのデザインを邪魔しにくい仕様も魅力のひとつです。さらに、パッドには突起を多く設けているため、グリップ性も良好。快適な滑走をサポートします。

ユニックス(UNIX) O-BANパッド クロスモデル SB20988

コスパに優れたスノーボード用デッキパッド。比較的価格が安く、予算を抑えたい方や、お試しでスノーボード用デッキパッドを装着したい方におすすめです。リーズナブルながら、表面にスクレイパーとして機能する突起を備えており、ブーツの雪を落とすのに役立ちます。

本製品は透明なので、ボードのデザインを邪魔しないのも魅力。また、同シリーズで形状の異なるモデルもラインナップしており、自身のスノーボードのデザインに合わせたパッドを選びやすいのがポイントです。

VEROMAN デッキパッド Aタイプ

スノーボードのデザインにこだわりたい方におすすめのモデルです。本体色が無色透明なので、さまざまなスノーボードのデザインに合わせやすく、外観をそのまま見せたい方にぴったりです。

サイズは直径10×高さ1cmとやや小さめ。ブランドロゴなどの表記もないシンプルな設計です。本体の外周部にはスクレイパーを搭載。ブーツに付いた雪を落として、快適にスノーボードを楽しめます。

クラブグラブ(CRAB GRAB) CRAB TRAP

ハチの巣のような六角形の穴を設けた形状が特徴的なスノーボード用デッキパッドです。サイズが縦17.8×横18.5cmと大きく、足を乗せやすい設計で、スノーボード初心者におすすめ。パッドは一体型で剥がれにくく、ソールの雪を落とすのにも便利です。

また、優れたグリップ力を有しているので、より安全にスノーボードを楽しめます。特徴的なデザインのため、ステッカー感覚でスノーボードをおしゃれに彩りたい方にもぴったり。複数のカラーバリエーションをラインナップし、スノーボード本体の色合いに合ったモデルを選びやすいのもポイントです。

ノースピーク(north peak) デッキパッド NP-3255

分割タイプで、ブーツのサイズを問わず使いやすいスノーボード用デッキパッドです。本製品はL字型のパッドを2枚付属。お互いの貼る位置を調節することで、ブーツのサイズに合った配置にできます。

色はほとんど無色透明なのもポイント。矢印を表示しているので、足の置き場をチェックしやすい設計です。表面は粒状の凹凸を設けており、十分なグリップ性も有しています。1枚あたりの面積も広めで、パッドが剥がれにくいのも魅力です。

XCMAN Snowboard Round Stomp Pad

隆起した形状とアルミニウム素材による、優れたグリップ性を実現したスノーボード用デッキパッドです。段付きのツメ構造を採用しており、ブーツに引っかかりやすいのが特徴です。サイズは直径20×高さ8mm。9個のパッドを好みの位置に貼り付けられます。

また、パッドの表面はアルマイト処理が施されているため、耐久性も良好。さらに、3M接着剤を採用しているのもポイントです。強力な接着力でボードに貼り付けられます。ベーシックなカラー複数を展開しており、ボードのデザインに合わせやすいのがメリットです。

エビス(EBS) クリア・ダイアモンド

日本ブランドで、お手頃な価格のスノーボード用デッキパッドです。「エビス」は「日本人に合う商品を適正価格で作りたい」という理念をもつ、日本のスノーボード用品ブランド。本製品は値段が比較的安く、予算をなるべく抑えたい方におすすめです。

ひとつあたりのサイズは縦29×横17mm。ダイヤモンドの形状を採用した分割タイプのモデルで、自分の好みに合った配置にパッドを貼り付けられます。シールは強い粘着力があり、簡単に貼り付けられるのが魅力です。

ボルコム(VOLCOM) STONE STUDS STOMP K6752100

分割タイプのおしゃれなスノーボード用デッキパッドです。「ボルコム」はスノーボード・サーフボード・スケートボードなどのスポーツ用品を展開するブランド。ボルコムの製品は、機能性とデザイン性に優れているのが特徴です。

本製品は、ひし形状のパッドを6つ搭載し、好みの位置に貼りつけられます。デザインは全て同じではなく、ブランドのロゴやマークなどが配置されているのもポイントです。また、ひとつひとつのパッドの色が違うカラフルなタイプもラインナップしています。