渓流や湖、サーフなど水に立ち込む釣りに欠かせない「ウェーダー」。一口にウェーダーといっても形状や生地の材質、ソールの種類など多種多様で、どれを選んだらよいのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのウェーダーをピックアップしてご紹介。あわせて、選び方も解説するので購入を検討している方はチェックしてみてください。

ウェーダーとは?

By: shimano.co.jp

ウェーダーとは河川や湖、サーフなどで水に立ち込んで釣りをする際に履く胴長靴です。多くのモデルが防水性に優れた素材を採用しており、水に入っても身体が濡れないのが特徴。寒い時期の釣りや水の冷たい渓流釣りでの保温アイテムとしても活用されます。

タイプによって身体のどこまでをカバーできるかが異なるため要チェック。腰部や胸、股下まで覆うタイプなど、釣りのジャンルやポイントによって選択する必要があります。多くのモデルがブーツ一体型で滑りにくいソールを搭載していますが、好みのウェーディングシューズを別途購入して履くタイプもあるのでチェックしてみてください。

ウェーダーの選び方

形状をチェック

ヒップウェーダー

By: rakuten.co.jp

膝程度の水深に立ち込むのに最適なのがヒップウェーダーです。股下までを覆うタイプで、おもに深く立ち込む必要のない小規模河川や浅いポイントで着用します。潮干狩りなど釣り以外でも活躍するなど、ゴム長靴の代わりとしても便利です。

腰や胸まで覆うモデルより生地が少ない分、価格が安いのも魅力。ただし、湖でのルアーフィッシングや河口部・サーフのソルトルアーフィッシングなど、水深のある場所では濡れてしまう場合があるため、着用は控えましょう。

ウエストハイウェーダー

By: daiwa.com

ウエストハイウェーダーは、腰あたりまでカバーするタイプで、太ももあたりまでの水深で着用するのに適しています。胸部まで覆うタイプより圧迫感がなく、ズボンのような感覚で履けるのが特徴。なるべく通気性を確保したいときにも適しています。

動きやすいため、機動力を活かした釣りを展開したい場合にも最適。河川の本流域や渓流域、サーフなど移動距離が長い釣りでおすすめのタイプです。ただし、湖や波の強い場所など腰より高い位置まで水に浸かる可能性がある場合は要注意。ウェーダー内に水が侵入すると動きにくくなるので危険です。

チェストハイウェーダー

By: amazon.co.jp

胸程度まで覆うタイプがチェストハイウェーダー。湖や河川、河口部など深く立ち込む釣りで活躍するほか、浮き輪の要領で湖や沼で釣りをするフロートチューブを使用する場合にも着用します。ウェーダーのなかでは、もっとも水の侵入を防げるタイプです。

身体の多くを覆うため、保温性に優れているのも特徴。長時間のウェーディングで身体が冷えるときや、夏でも涼しい源流域の渓流釣りでもおすすめです。ただし、身体を覆う部分が多いので、通気性にやや難があるのがデメリット。暑い日中の釣りでの着用は注意が必要です。

ストッキングウェーダー

By: amazon.co.jp

ブーツを搭載しておらず、ソックスのような形状なのがストッキングウェーダーです。別途好みのウェーディングシューズを購入するのが特徴。ソールの形状や好みのシューズを使い分けしたい場合に便利です。ソールがすり減って交換したい場合も、ウェーダーを丸ごと店に預ける必要がありません。

足部にネオプレーンなど厚手の生地を使って保温性に優れているため、足の冷えが気になる場合にも最適。ブーツ一体型タイプよりウェーディングシューズのほうが機敏に動きやすいので、渓流釣りなど機動力を重視する場合にもおすすめです。別途ウェーディングシューズを購入する際は、ソックス部の厚みを考慮して選ぶ必要があるので注意しましょう。

使われている生地をチェック

ナイロン生地

By: daiwa.com

ナイロン生地は、安価なウェーダーに採用されている生地。使用頻度が少ない方や初心者におすすめです。擦れに強く耐久性に優れている反面、透湿性に難があるのが特徴。汗をかきやすい時期の釣りで着用すると蒸れやすく不快です。

寒い時期や長時間の立ち込みでは身体が冷えてしまうため、春や秋など過ごしやすい季節の着用に最適。モデルによっては、ナイロン生地に防水透湿生地を重ね合わせた高機能モデルもあるのでチェックしてみてください。

防水透湿生地

By: daiwa.com

防水性と透湿性に優れた生地が防水透湿生地。各メーカーによる独自素材もありますが、よく知られているのが「ゴアテックス」です。ウェーダーのほか、釣り用レインウェアやベストにも採用されています。

通気性に優れており、汗や熱による蒸れを防げるのが最大のメリット。夏場の釣りで快適性を重視したい場合におすすめです。防水性にも優れているため、濡れやすいシーンでも活躍します。機能性のよさが魅力の一方で、価格が高いので注意しましょう。

ネオプレーン

By: amazon.co.jp

保温性に優れており、寒い時期や長時間ウェーディングする際におすすめの素材です。伸縮性があって防水性も高く、水を含んでも高い保温効果を発揮するのが特徴。バイクのグローブやスキューバダイバーのウェットスーツなどにも採用されています。

長年使用すると経年劣化でしなやかさが失われて、ヒビ割れすることもありますが、伸縮性がよくフィット感にも優れ、着ぶくれしにくい着心地も魅力です。

ゴム引き生地

生地表面をゴムでコーティングしているタイプがゴム引き生地です。漁師が履いている胴長に採用されていることで知られています。伸縮性に優れており、着心地のよさが特徴。保温性もあるため、寒い時期の使用に適しています。

ナイロンと同じく透湿性は期待できないので、夏場での使用は蒸れに注意が必要。快適性を重視したい場合は不向きであり、一般的に釣り具メーカーでは販売されていないので留意しておきましょう。

ソールの素材をチェック

ラジアルソール

By: daiwa.com

ゴム素材で溝になっているタイプがラジアルソールです。汎用性はあるものの、ややグリップ力に難があるのが特徴。濡れた岩場やコンクリートなど滑りやすい場所には不向きで、サーフや泥地などでの釣りに適しています。苔の生えた滑りやすい場所で使用すると、ケガをする危険があるため注意が必要です。

ソールはよほどハードな使い方をしない限り急激には減らないものの、年数が経過すると交換が必要な場合も。通常、交換する際は修理対応となり、自分でソールを手軽に交換したい場合は注意しましょう。

フェルトソール

By: daiwa.com

厚みのあるフェルト生地を使用しているのがフェルトソールで、釣り用ウェーダーでもっとも採用されているタイプです。グリップ力に優れており、ツルツルした岩場や苔の生えた場所など滑りやすい場所での使用に最適。石や岩場を歩く河川や渓流、磯場での釣りで活躍します。

使用頻度にもよりますが、年間釣行回数が多い場合はすり減るのが早いため注意が必要。メンテナンスは水で洗い流しますが、砂地を歩いた場合は繊維に砂が入り込むので掃除がやや面倒です。

ラジアルピンソール

ラジアルソールにスパイクピンを埋め込んであるのがラジアルピンソールです。スパイクピンが滑りやすい場所でグリップし、滑りやすいラジアルソールの弱点をカバーしています。スパイクピンなしのラジアルソールでは不向きな磯場や石の多いポイントでも使用可能です。

ただし、スパイクピンを装着している分やや価格は高めなほか、種類も多くありません。よく行く釣り場の状況を考慮して選択することが重要です。

フェルトピンソール

By: daiwa.com

フェルトソールにスパイクピンを埋め込んだタイプがフェルトピンソールです。ウェーダーのソールのなかでは、もっともグリップ力に優れています。ツルツルした岩場や苔の多い場所でも安心。高価ですが、安全性を重視したい場合におすすめです。コンクリート上など滑らない場所を歩く際は効果を発揮しないため、釣りジャンルやポイントと価格のバランスを考慮して選択しましょう。

スパイクピンは金属であり、コンクリートや石の上を歩くとカチャカチャ音が気になる場合も。釣り人のなかには、警戒心の強い魚に対しては音がデメリットになると敬遠する方もいるので、参考にしてみてください。

ウェーダーのおすすめメーカー

マズメ(MAZUME)

By: mazume.co.jp

釣り用のウェーダーやレインジャケット、ライフジャケット、シューズ、関連アクセサリーなどを取り扱っているメーカーです。快適に釣りを楽しむべく開発された、機能性や使い勝手のよいアイテムを豊富に展開しています。

ウェーダーにおいては、チェストハイウェーダーを中心にラインナップ。なかでも、砂浜の上を歩きやすい独自のサンドパターンソールを採用したモデルが魅力です。砂をしっかりと噛んでサーフで歩きやすくなっており、フェルトソールでは滑ってしまうと悩んでいる方に適しています。

女性や子供向けに開発されたモデルも要チェック。大人用のSサイズでも大きく、ヒップ周りがだぶついてカッコ悪いと感じている方におすすめのモデルも販売しています。

ダイワ(Daiwa)

By: daiwa.com

日本の釣り具最大手メーカーであり、あらゆる釣りジャンルや道具を手掛けています。ウェーダーにおいても、さまざまなタイプをラインナップ。チェストハイウェーダー・ウエストハイウェーダー・ヒップウェーダー・ストッキングウェーダーと、幅広く展開しています。

なかでも、優れた機能を発揮するハイテク素材を使用したモデルに注目です。独自のウェーダー専用4層構造防水透湿素材「ブレスアーマー」は、ナイロン生地に特殊な防水透湿素材を重ねた構造で湿気を放出して快適。耐久性にも優れており、藪こぎで空いた穴を、時間の経過とともに水滴以下の大きさまで復元する機能も持ち合わせているハイテク素材です。

シマノ(SHIMANO)

By: shimano.co.jp

自転車部品の世界的企業として知られるシマノですが、フィッシング分野でも幅広く製品を展開。最大手メーカーダイワと人気を2分する存在です。ウェーダーにもおいても、さまざまな釣りジャンルに対応するモデルを幅広くラインナップ。なかでも、ルアーフィッシング専門シリーズ「XEFO」のモデルは高い機能性を発揮するとして人気です。

防水透湿性素材「ドライシールド」を採用したモデルをチェック。雨や水しぶきを予防すると同時に汗による水蒸気を外へ放出し、汗によるベタつきが気になるシーンでも快適に釣りを楽しめます。

ウェーダーのおすすめ

マズメ(MAZUME) ゲームウェイダー サーフスペシャル MZBF-404-03

独自のサンドパターンソールを搭載したチェストハイウェーダーです。砂をしっかりと噛んで歩きやすいタイプで、サーフでのルアーフィッシングに最適。フェルトソールでは砂の上で滑ってしまうと悩んでいる方におすすめのモデルです。

オリジナルの立体裁断を採用しており、内側に縫い目がないのもポイント。もっとも擦れやすい太もも内側の耐久性が向上しているほか、膝の曲げやすさも確保しています。PVCの裏地が身体に接しないよう内側にメッシュを入れているのも特徴で、ベタつきを防ぎ、脱ぎ履きしやすく便利です。

マズメ(MAZUME) ウェーダー ブーツフットゲームウェイダー MZBF-423

軽量で高強度なナイロン素材「リップストップ」生地を採用したチェストハイウェーダーです。水の抵抗を減らすスリムなデザインながら、オリジナルの裁断方法で膝を曲げやすいのが特徴。内股部分に縫製部分がない縦方向のみの立体裁断を採用しており、足さばきも向上しています。

胸ポケットには止水ファスナーを搭載しており、小物の収納に便利。腰程度まで立ち込む湖のウェーディングゲームにおすすめのモデルです。ソールにはスパイクピンを搭載したフェルトピンソールを採用。先端のピンを長めに設定しているので、より滑りにくい工夫をこらしています。

マズメ(MAZUME) ウェーダー MZX ネオプレーンウェイダー MZXBF-015-01

高い保温性を発揮するネオプレーン製のチェストハイウェーダー。河川や河口部で長時間ウェーディングする際や、夜間の冷える時間帯のシーバスフィッシングなどでの着用におすすめのモデルです。

ブーツは表面部分にPVC、インナーにネオプレーンを採用した仕様。ブーツのつま先が水圧によって変形しにくく、長時間のウェーディングにも耐えられます。フェルトピンソールの先端部のみ長めに設定しているのもポイント。引っ掛かり感がアップしており、滑りやすい場所でも歩きやすく釣りに集中できます。

マズメ(MAZUME) ブーツフットゲームウェイダー MZBF-359

小柄な体型の方向けに開発されたチェストハイウェーダーです。ヒップ周りがだぶつかない設計で、大人のSサイズでも大きくカッコ悪いと感じている方におすすめ。身長150~160cm、体重40~55kgの方を想定したサイズです。

内側はメッシュ仕様で汗をかいたときにベタつきにくく快適な着心地で、脱ぎ履きしやすいのも特徴。ソールはスパイクピンを埋め込んだフェルトピンソールで、滑りやすい釣り場でもグリップ力を確保できます。

ダイワ(Daiwa) タイトフィットソルトブレスウェーダー SW-4501B-T

裏地のナイロントリコットに特殊な素材を重ね合わせた、4層構造防水透湿素材「ブレスアーマー」を採用しているチェストハイウェーダー。不快なムレの原因となる湿気を身体の外に放出し、暑い時期の釣りでも快適な着心地を実現するおすすめモデルです。

水の侵入を防ぐ波よけ機構の採用で、突然の高い波でも安心。フロント部にはファスナー付きポケットを搭載しており、ちょっとした小物の収納に便利です。ブーツ部はショート丈で機動性が向上しているほか、かかと部は脱ぎ履きしやすいキックオフ仕様を採用しています。

ソールはスパイクピンを装着したフェルトピンソールを採用。グリップ性に優れ、切れ目を設けたセンサーソールで歩きやすいのもおすすめポイントです。

ダイワ(Daiwa) タイトフィットラジアルウェーダー RW-4301R-T

汎用性が高いラジアルソールを搭載したチェストハイウェーダー。砂地や泥地など、滑りにくい場所におすすめのモデルです。水流抵抗の少ないタイトフィットデザインながら、立体裁断の採用で歩きやすいのが特徴。ショート丈ブーツで機動性も向上しています。

生地はタフな使用にも耐えられるリップストップナイロンを採用。軽快な履き心地で、春や秋など過ごしやすい時期の使用に適しています。内側に貴重品などの小物を収納できるポケットを備えているのも便利です。

ダイワ(Daiwa) ゴアテックスウェーダー GW-3211R

優れた防水透湿性をもつ素材「ゴアテックス」を採用したウエストハイウェーダーです。高い耐久性も特徴で、藪こぎや岩との擦れが気になる釣り場での使用におすすめのモデル。超極細繊維を超高密度に織り込んでいるほか、特殊なラミネート加工によりイバラやトゲが刺さり込むのを防ぎます。

ソールは機動力を重視したフラットフェルト仕様で、付属のカップインソールをセットすれば、フィット感やクッション性がアップ。突き上げ感も軽減できるため、源流域や本流など石がゴロゴロしたポイントでの歩きやすさも実現しています。

ダイワ(Daiwa) スーパーブレスウェーダー SBW-3205R

4層構造の防水透湿性素材「ブレスアーマー」を採用しているウエストハイウェーダーです。裏地がナイロンながら、重ね合わせた特殊な生地の効果で湿気を外へ放出。トゲやイバラが刺さっても時間が経つにつれ、空いた穴が水滴以下の大きさまで復元する性質を有しています。

立体裁断で動きやすいほか、PVC一体成型ブーツで軽く屈曲性に優れているのもポイント。ショート丈の採用で機動性にも優れています。ソールにはフェルソールの「スーパーキュービックセンサーソール」を採用。切れ目が入れた部分で曲がる仕様で、歩きやすく疲れも軽減できます。

ダイワ(Daiwa) ブレスラジアルウェーダー RW-4351B

独自のパターンを採用した、オリジナルラジアルソールを搭載しているチェストハイウェーダー。ラジアルソールながら高いグリップ力を発揮し、ショート丈ブーツの採用と相まって高い機動性を実現しています。

防水透湿性に優れた4層構造素材「ブレスアーマー」により、暑い時期の釣りでも快適。人間工学に基づいた立体裁断で歩きやすく、移動距離が長い釣り場での着用におすすめのモデルです。フロント部にちょっとした小物を収納できるポケットを備えています。

ダイワ(Daiwa) ラジアルウェーダー RW-1301

耐久性に優れたリップストップナイロン生地を採用したヒップウェーダーです。股下までの装着で、身体に負担をかけないタイプ。膝下程度の浅場で活躍するおすすめモデルです。ナイロン部は折りたたんでコンパクトになるため収納や持ち運びも簡単。なるべく荷物を少なくしたい場合に便利です。

ブーツはショート丈タイプで歩きやすく、ソールには高いグリップ力を発揮するオリジナルラジアルソールを搭載。かかと部にキックオフ機能を設けており、汗でベタつくときに脱ぎやすいのもおすすめポイントです。

ダイワ(Daiwa) タイトフィットソルトブレスストッキングウェーダー SW-4051BS-T

足部がソックスになっているストッキングウェーダー。好みのウェーディングシューズと合わせたい方におすすめのモデルです。シューレスフックを配置しているため、裾のずり上がりを抑えることが可能。かかと部には擦れに強い特殊加工を施しており、耐久性に優れています。

胸部まで覆うチェストハイタイプで、腰辺りまで立ち込む釣りに最適。不意の波で水の侵入を最低限に抑える波よけ機構を設けています。4層防水透湿性素材「ブレスアーマー」により、蒸し暑いときでも快適。フロントに止水ファスナー付きポケットやマルチフックを備えているほか、ウエストベルトやベルトループで装着感を調節しやすいのも便利です。

ダイワ(Daiwa) スーパーブレスストッキングウェーダー SBW-3002S

ストッキングタイプのウエストハイウェーダーです。警戒心の強い渓流魚に対応しやすい「タン」カラーを採用。不快なムレを低減する4層防水透湿性素材「ブレスアーマー」や、動きやすい立体裁断を採用しているなど、軽快に渓流域を釣り上がるスタイルにおすすめのモデルです。

ウエストサイズを調節しやすいウエストアジャスターを備えているほか、エアベンチレーションも搭載。ムレたときに内部の熱を放出できます。そのほか、フロント部にちょっとした小物を収納できる内ポケットを設けている点も便利です。

ダイワ(Daiwa) タイトフィットソルトクロロプレンウェーダー SW‐4501C-T

4.5mm厚クロロプレンを採用したチェストハイウェーダー。保温性・耐久性・クッション性に優れた生地で、冬場や長時間のウェーディングにおすすめのモデルです。肩ベルトには負担を軽減する3Dメッシュベルトを採用。着心地のよさと疲れにくさを実現しています。

ウエストベルトとベルトループを採用しており、身体にフィットさせやすいのもおすすめポイント。生地が余ってだぼつくのを防ぐので、キャスティングの動作を妨げません。ソールにはスパイクピンを内蔵したフェルトピンソール「キュービックセンサーソール」を採用。滑りやすいポイントでの安全性を確保できます。

シマノ(SHIMANO) XEFO サーフトリッパー ウェーダー WA-221R

サーフでの使用に特化した軽量ラバーソールを採用しているチェストハイウェーダーです。パンツの裾の内側は溶着仕様で砂の侵入を低減。釣り人の動きと実釣を科学の視点で測定・分析する「COREACT」を採用しているなど、サーフで機動力を活かした釣りを展開したい方におすすめのモデルです。

表地には防水透湿性素材「ドライシールド」を採用しており、蒸し暑い日でもムレにくく快適。通気性とクッション性に優れたWラッセルメッシュ採用のショルダーパット付きベルトで、肩の負担とズレを低減します。小物の収納に便利なチェストポケットを備えているほか、インソール付きで足部のフィット感を調節しやすいのも便利です。

シマノ(SHIMANO) ドライシールド ウェーダーXT WA-022Q

4層防水透湿素材「ドライシールド」を採用しているウエストハイウェーダー。通気性に優れているほか上半身を圧迫しないスタイルで、夏場の渓流でアクティブな釣りを展開したいときにおすすめです。フロント部で調節しやすいウエストベルトと、肩への負担を軽減する取り外し式ショルダーベルトを採用しています。

膝部にクロロプレンパッドを内蔵しており、石にぶつけた際のケガを予防できるのもポイント。尻部と膝部の生地は2重構造で耐久性にも優れています。ブーツ部は特殊PVC素材の採用で高剛性とソフトな履き心地を両立。足部のクロロプレンソックスでフィット感を高め、保温性も確保しています。

シマノ(SHIMANO) XEFO ドライシールド ストッキングウェーダー WA-224J

ルアーフィッシング専門シリーズ「XEFO」のストッキングウェーダーです。好みのウェーディングシューズを合わせたい方や、状況によってシューズを使い分けたい場合におすすめのモデル。表地に防水透湿素材「ドライシールド」を採用しており、快適に釣りを楽しめます。

ウェーダーとシューズのすき間から砂が侵入するのを防止する、グラベルガードを採用しているのもポイント。グラベルガードのダブつきやズリ上がりを防ぐジョイントタブも付属しています。ソックス部は3.5mmクロロプレン製で高い保温性も発揮し、寒い時期や水の冷たい渓流域で活躍します。

シマノ(SHIMANO) ハイパーウェーダー FF-055TM

擦れに強い素材「タスラン生地」を採用しているヒップウェーダー。内側はメッシュ仕様で、快適な履き心地を実現しています。股下まで覆うタイプで、浅場で気軽に釣りを楽しむシチュエーションにおすすめのモデルです。

ブーツ部には特殊PVC素材を採用し、しっかりとした造りとソフトな履き心地を両立。ソールかかと部は2重構造で耐久性に優れているほか、インソール付きでフィット感を調節できるのも便利です。

シマノ(SHIMANO) アドバンスウェーダー FF-045S

内側にメッシュ仕様を採用しているチェストハイウェーダーです。ドライ感と滑りのよさで、汗をかきやすい状況でも快適。ベタつきも防ぐため、脱ぎ履きしやすいモデルを探している方におすすめです。ストレッチウエストベルトの採用により、しゃがんだときの圧迫感を低減しています。

脱落防止ベルトによって、本体からベルトが脱落するのを予防できるのもポイント。ベルクロを外してもバックルが抜けない構造で、ベルトの紛失を防いでいます。ソールにはカット溝を設けた12mmフェルトピンソールを搭載。屈曲性とグリップ力に優れているほか、すり減りやすいかかと部を2重構造にしています。

プロックス(Prox) Pプルーフウェダー チェスト ラジアルソール PX341

汚れがつきにくく摩擦にも強い「Pプルーフ」素材を採用したチェストハイウェーダーです。汚れや水滴が染み込まないため、お手入れの簡単なモデルを求めている方におすすめ。ソールには汎用性の高いラジアルソールを採用しており、サーフを中心に滑りにくい場所に適しています。

7種類の豊富なサイズバリエーションもおすすめポイント。Sより小さい3S・SSモデルもラインナップしており、レディース用や子供用としても使用できます。

プロックス(Prox) ウェーダー ブリザテックポリカウェダー PX323L

腰までの丈を採用したウエストハイウェーダーです。太もも下程度の水深に対応しており、圧迫感を感じにくいのが特徴。動きやすいため、渓流釣りなど機動力を活かした釣りにおすすめのモデルです。ソールはフェルトソールで、苔で滑りやすい場所での使用に適しています。

生地には防水透湿機能を備えた「ブリザテックPC加工」を採用。特殊加工によって、加水分解による劣化を抑制しています。フロント部に小物を収納できる内ポケットを設けているのも便利です。

プロックス(Prox) ウェーダー テフロンポリエステルウェダー PX336M

汎用性の高いラジアルソールを搭載したヒップウェーダー。浅場での釣りや潮干狩りなど手軽に楽しみたいシーンにおすすめのモデルです。7種類の豊富なサイズバリエーションも特徴。5L・6Lの大柄な方からレディース用や子供に最適な3S・SSもラインナップしています。

生地には擦れに強いリップストップ生地を採用。水や油をはじくテフロン加工を施しており、撥水性に優れています。裏地も防水PVCコーティング加工で、水の侵入や汗に対応しやすいのもおすすめポイントです。

タカミヤ(TAKAMIYA) REALMETHOD チェストハイウェーダー

PVC一体成型ブーツにラジアルソールを搭載したチェストハイウェーダーです。サーフなど砂地や泥地におすすめのモデル。汎用性はあるものの、苔の多い滑りやすい場所では注意が必要です。購入しやすい低価格も魅力で、釣り以外に潮干狩りなどでも活躍します。

表地には撥水加工を施しているほか、裏地にメッシュ素材を採用して快適性を確保。左右非対称YKK製バックルでフィット感を簡単に調節できます。Dカンや内側にファスナーポケットを備えているなど、使い勝手にも優れた1着です。

リトルプレゼンツ(LITTLE PRESENTS) N3 チェストハイウェーダー

ルアーやフライフィッシング関連のアパレルやアクセサリー関連を扱っている「リトルプレゼンツ」のチェストハイウェーダーです。優れた耐久性と快適性を目指したモデルで、生地にはオリジナル3レイヤー透湿防水素材「LIPTEX-N3」を採用しています。

縫い目を内股からフロントに移動し、シーム自体にカーブをつけたオリジナルデザイン「カーブド・フロント・シーム」を採用しているのもポイント。つっぱり感のない高い運動性能を発揮します。ストッキングタイプで好みのウェーディングシューズを合わせたい方におすすめ。左右非対称3DソックスにはDSクロロプレンを採用しており、アクティブな動きに耐えられる強度を確保しています。

アングラーズデザイン(Anglers Design) トライアルブーツフットウェーダー ADW-11

藪こぎする際の擦れに強い420デニール生地を採用したチェストハイウェーダー。河川でのシーバスゲームや湖沼でのバスフィッシングのオカッパリで、藪こぎしてポイントに向かうようなシチュエーションでおすすめのモデルです。

機動力を発揮するショートブーツでランガンスタイルにも最適。インナーはメッシュ仕様で結露やベタつきを軽減します。フロントには止水ファスナーポケットを備えており、貴重品などの収納に便利です。

ブルーストーム(BLUESTORM) ネオプレンソックスウェーダー BSJ-SWD2

5mm厚両面ジャージネオプレーンソックスを採用したストッキングウェーダーです。両面シームテープ加工で補強しており、防水性を高めています。長時間のウェーディングや寒い時期の釣りで活躍するおすすめモデルです。

柔軟性のある3層生地で動きやすく、摩擦の多い部分にはコーデュラ補強を施しており、耐久性に優れています。腰部のコードアジャスターを備えているのも便利。フィット感を高められるほか、転倒時や波をかぶったときに内部へ水が侵入するのを軽減します。

リバレイ RV 55thウェーダー 5360

釣り具メーカー「双進」が展開しているブランド「リバレイ」のチェストハイウェーダーです。ソールはスパイクピンの付いたフェルトピンソールを採用。渓流や磯場など、滑りやすい場所での使用におすすめのモデルです。

購入しやすいリーズナブルな価格も魅力。使用頻度の少ない方や初心者にも適しています。生地には420デニールナイロンを採用しており、春や秋など過ごしやすい季節にぴったりの1着です。

パズデザイン(Pazdesign) BS ウエストハイウェーダー III PBW-509

好みのウェーディングシューズを合わせられるウエストハイウェーダーです。生地にはポリエステル100%の「プレシェード透湿防水加工3レイヤー」を採用。ソックスには4mm厚クロロプレンを採用しており、保温性に優れているおすすめモデルです。

3D立体裁断で足上げや歩行の可動性を確保しているのも魅力のひとつ。内足面の縫製を後ろにずらして股マチを配したパターンにより、擦れに強く耐久性にも優れています。

阪神素地 エントラントウエーダー SW-509

防水浸透性に優れた素材「エントラントG2」を採用したウエストハイウェーダー。高い撥水性を有しており、膝上程度まで濡れる可能性のある釣り場でおすすめのモデルです。魚に警戒心を与えないカラー「カーキ」を採用しており、渓流釣りにも適しています。

ちょっとした小物を収納できる内ポケットを備えているのも便利。高機能と使い勝手に優れながらリーズナブルな価格を実現している、コスパのよさも魅力の1着です。