「エギ(餌木)」とは、防波堤や磯で、アオリイカやヤリイカなどを釣る際に使用するルアーのことをいいます。時期や時間帯、天気に合わせて最適なエギを選ぶことで、よりエギングを楽しめますが、製品によってタイプ・色・サイズはさまざま。

初心者ほど、どれを選べばよいか迷ってしまう釣りアイテムです。そこで今回は、エギの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。

エギの選び方

タイプで選ぶ

スタンダードタイプ

By: amazon.co.jp

エギのタイプのなかで最も使用頻度が高いのが、スタンダードタイプです。沈む速度が3〜4秒/mと平均的で、浅瀬から水深が深い場所までさまざまなシーンで使用できるのが特徴。特に、初めてエギングをする方におすすめです。

また、風向きや水深、潮の流れなど、その日の海の状況を知るために投げるパイロットとしても使用できます。なお、スタンダードタイプのエギは、パッケージに特になにも表記がないモノや、「ベーシック」「スタンダード」と記載があるモノが該当します。購入前に確認しておきましょう。

シャロータイプ

By: yamaria.co.jp

シャロータイプのエギは、水深1〜2m未満の浅瀬でエギングをする際におすすめです。沈下速度は約6秒/m。イカがエギを抱くのに十分時間が取れないような場所で活躍します。また、根掛かりするリスクを避けられるので、海藻が多い場所でも使用可能です。

さらに、イカの様子を見ながら行うサイトエギングにも使用でき、初心者でも扱いやすいタイプ。なお、シャロータイプのなかにもスーパーシャローと呼ばれるタイプも存在します。パッケージには「シャロータイプ(S)」「スーパーシャロータイプ(SS)」と記載されているのが一般的です。

ディープタイプ

By: amazon.co.jp

水深10〜15m以上の深場に最適なのが、ディープタイプのエギです。沈下速度が約2秒/mと速いのが特徴。スタンダード、シャロータイプに比べて重量が重いので遠投しやすく、沖を攻めたい方におすすめです。

また、重たい分素早くボトムに到着するため、潮の流れに影響されないという魅力もあります。ターゲットのアオリイカが、深場の海底付近に潜んでいることが多い冬〜早春シーズンに使用するのもおすすめです。なお、パッケージには「D」や「FS」といった表記がされています。

カラーで選ぶ

By: duel.co.jp

イカは目で餌を判断しているといわれているため、エギの色選びは特に重要。時期や時間帯、天気などに合わせて最適なカラーのモデルを選ぶのがポイントです。

ボディーカラーが、オレンジやピンクなど派手な色のエギは、水中が濁っているときや天気の悪い日、夜などに使用するのがおすすめです。一方、イカの警戒が強いときや昼間は、黒・茶などのダーク系、青・緑などのナチュラル系を使用しましょう。

また、日中紫外線に当てることで光る「ケイムラ系」や、ナイトエギングに適した夜間でも光に当たると発光する「夜光系」と呼ばれるタイプのモノもあります。できるだけ多様なカラーのエギを揃えておくのがおすすめですが、最低でも派手なモノとナチュラル系のモノを1色ずつ持っておけば、天候や海の状況によって使い分けできます。

サイズで選ぶ

By: duel.co.jp

エギを選ぶ際は、イカのサイズに合わせて最適なサイズのモノを選ぶのもポイント。例えば、産卵を控えた大きいサイズのイカが釣れるシーズンである春に1kg以上の獲物を狙う場合は、4号のモデルが最適です。

また、春に生まれた小イカが成長する秋のシーズンは、イカのサイズが小さめなので、イカが捕食する小魚と同等サイズの2.5号のエギを使いましょう。なお、初心者の場合には、最も平均的な3.5号のエギを購入しておくのがおすすめです。エギングに慣れてきたら、サイズに合った号数のモデルを買い足していきましょう。

エギのおすすめモデル

ダイワ(DAIWA)エメラルダス ラトル TYPE S

ダイワ(DAIWA)エメラルダス ラトル TYPE S

沈下速度が6秒/mとゆっくりフォールしていくのが特徴のエギです。テンションフォールでも後方部分が下がらず、水中では頭下がりの態勢でフォールします。本体内部にはガラスボール6個を内蔵。振動するたびにエビが逃げる際に出る音を鳴らし、イカを誘います。

また、イカに噛みつかれても破れにくい布を使用しているのもポイント。さらに、よりイカを捕えやすいよう、カンナに段差がつけられています。シャロータイプに近いため、浅瀬やイカの姿を見ながら釣るサイトエギングに使用するのもおすすめです。

ダイワ(DAIWA)エメラルダス ダートII

ダイワ(DAIWA)エメラルダス ダートII

よりイカを捕えやすいように設計されたカンナが使われているエギです。イカが接触した際に刺さりやすいよう、カンナの先鋭にはフッ素加工が施されています。

また、船舶力学を応用してデザインされたハイキュードシンカーが搭載されているのもポイント。低重心化を実現しているので、飛距離を出しやすく、水中でのフォール姿勢も安定します。さらに、細身のボディも相まってよりリアルな動きを演出できるのも魅力です。

ヨーヅリ(YO-ZURI) パタパタQ ラトル

ヨーヅリ(YO-ZURI) パタパタQ ラトル

光と音でイカをおびき寄せるのが特徴のエギです。振動すると、エビが逃げる際に似た音が出るので、より確実にイカをおびき寄せることが可能。また、パタパタと呼ばれる発光するフィンスリムがついており、前後左右どの角度からでも、イカにアピールできます。

さらに、シンカーの後方部分がフラットな仕様なので、 キャスト時に風の抵抗を受けても飛行姿勢を水平に保てます。飛距離が出やすいため、沖を攻める際にも最適です。

なお、サイズは2.5・3.0・3.5号から選べます。沈下スピードはそれぞれ3.2・3.5・5.0秒/mです。カラーは青系やピンク系など数種類から選べます。

ヨーヅリ(YO-ZURI) アオリーQ RS

ヨーヅリ(YO-ZURI) アオリーQ RS

本物の餌に似た自然な揺らめきを演出できるのが魅力のエギです。鼻カンが回転する仕様なので、初心者でも巻くだけでイカをおびき寄せることが可能。カラーは、日中のエギングに最適なケイムラ系と、夜のエギングに適した夜行系から選べます。

小さめのサイズながら、シンカー前方部がフラットな形状なのもポイント。水の抵抗を受けやすいので、引きが手元によく伝わります。

デュエル(DUEL) EZ-Q ダートマスター

デュエル(DUEL) EZ-Q ダートマスター

ボディ部分に凹凸があるのが特徴のエギです。シャクリ・タダ巻きするだけで本物の餌のような動きをし、イカを誘えます。飛距離を出しやすいのも魅力です。

また、シャクリ抵抗を抑え、糸オモリも巻ける形状スナッグレスシンカーや、針が適度に伸びるトリックフックを採用しているのもポイント。根掛かりを軽減できるため、初心者が扱いやすいモデルでもあります。

色は、ピンクやオレンジをはじめとした派手なモノから、青や緑といったナチュラル系まで、幅広く選択可能。買い求めやすい価格なのも人気の理由です。

デュエル(DUEL) EZ-Q キャスト ラトル

デュエル(DUEL)EZ-Q キャスト ラトル

スタンダードタイプかつ、巻くだけで本物に近い動きを演出できるので、初心者におすすめのエギです。サイズは3.5号で、沈下速度は3.2秒/mと平均的。シャクったりタダ巻きしたりすると水の抵抗を受け、ゆらゆらと揺れてイカにアピールします。

また、本体内部にはラトルが入っているため、エビが泳ぐ際に出る音を海中で鳴らせるのもポイント。さらに、鉛やボディを保護するスナッグレスバンパーを採用しているので、変形や根がかりを予防します。着底を感知しやすいのも魅力です。

なお、派手な色からダーク系・ケイムラ系・夜行系までカラーの種類が豊富なので、エギングする時期によって最適な色を選びましょう。

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K ベーシック

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K ベーシック 3.5号

安定してフォールするエギを探している方におすすめのモデルです。サイズは3.5号で沈下速度は3.0秒/m。フォール時のブレを軽減するハイドロフィンが装着されているうえに、シンカーには大きなフラット面が作られているのが特徴です。

エギ本体のブレを軽減し効率よく水を受け流すので、潮の流れが強い日や、強風・高波でラインが流されやすい日でも、海中でエギの態勢が崩れるのを防ぎます。また、段差フックが装着されているのもポイント。獲物をより確実に捕えられます。

スタンダードタイプなので、特に初心者におすすめです。

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K スーパーシャロー 3.5号

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ エギ王 K スーパーシャロー 3.5号

サイズは3.5号と平均的ですが、1m沈下するのに8秒かかるのが特徴。シャロータイプのエギなので、水深1〜2m未満の浅瀬でエギングをする際におすすめです。

また、アクティブバランサーを採用しているため、安定感のあるフォール姿勢を保てます。ゆっくりとフォールしながらも、水中でキレのある動きをするのもポイントです。

なお、シャローエリアでの視認性が高いので、イカを見ながら釣るサイトエギングをする方も、ぜひ検討してみてください。

エバーグリーン(EVERGREEN) エギ番長XD エクストラファストシンキング

エバーグリーン(EVERGREEN) エギ番長XD エクストラファストシンキング

サイズは3.5号ですが、重量が28gとディープタイプなので10〜15mの水深でエギングをする際に最適。潮の流れが速い場所でも、狙ったポイントに一気に落とし込めます。素材にはABSを使用しているため、長期間使用しても劣化しにくいのもポイントです。

本物の餌のような動きを演出できるので、よりイカにアピールできます。さらに、シンカーに鉛を使用し低重心化を図っているのも魅力。水中で安定感のある動きをしつつ、シンカー部分が底に触れることで、底質の変化を感じ取ることも可能です。