冬のアウトドアシーンで大活躍するスノーブーツ。各ブランドからさまざまなアイテムがリリースされており、製品によって素材や機能性は大きく異なります。なお、デザイン性に優れたモノも多く、タウンユースとしても重宝する便利なアイテムです。

そこで今回は、おすすめのスノーブーツをご紹介します。選び方も合わせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

スノーブーツとは?

By: amazon.co.jp

スノーブーツとは、転びやすい雪道を安全に歩くための靴のことを指します。寒さや水濡れから足元を守る防寒、防水性に優れ、滑りにくさにも考慮されているのが特徴です。

スパイク付きのソールで滑りにくさを向上させていたり、雪上だけではなく氷上でも滑りにくい仕様にしていたりと、各アイテムさまざまな工夫が施されています。選ぶアイテムによって性能は大きく異なるので、使用シーンを想定したうえで使いやすいモノを選んでみてください。

スノーブーツの選び方

サイズで選ぶ

快適にスノーブーツを使用するためには、正しいサイズ選びが欠かせません。ジャストサイズでも問題はありませんが、あまりにも足にフィットし過ぎていると外の冷気が伝わりやすいのに加え、厚手のソックスを着用した際にブーツ内部が窮屈になってしまうので、やや大きめのサイズを選んでおくと安心です。

なお、海外ブランドのスノーブーツは記載されているサイズの表記が日本と異なることもあるので要注意。アッパーの密着感や靴幅の広さをチェックするためにも、なるべく実際に試着をしたうえで、自分に適したサイズを選んでみてください。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

スノーブーツの機能性は、素材によって大きく異なります。保温性能を重視したい場合には、インナー素材を確認してみましょう。インナー素材には、ブーツ内部の暖かさを保つフリースやボア、起毛、ダウン素材などを使用しているモノがおすすめです。

なお、防水性能に大きく影響する表地の素材も要チェック。一般的な革やナイロン、ゴム素材などのほかに、防水透湿性に優れた高機能素材が使われているアイテムもあります。アイテムにより使用されている素材は異なるので、忘れずにチェックしてみてください。

防寒性・防水性で選ぶ

スノーブーツを快適に使用するためには、優れた防寒、防水性が必須です。防寒性を向上させるために各ブランドさまざまな工夫を施しており、一般的なボアやニット素材のほかにも、体の熱を反射させることで効率的に保温する「オムニヒート」や温度調整機能をもつ「アウトラスト」など、保温性に優れた新素材を積極的に採用しています。

また、ほとんどのスノーブーツは撥水加工や防水加工が施されていますが、撥水加工の効果は徐々に薄れてしまうので要注意です。なお、防水加工を施したアイテムでも「完全防水」と「日常生活防水」の2種類の防水レベルがあるのもポイント。「完全防水」はやや蒸れやすいのが難点ですが、川の中でも水が染み込まないほど高い防水レベルを誇ります。一方で、「日常生活防水」は防水レベルでやや劣りますが、雨や水溜まり程度であれば問題なく使えるのに加え、蒸れにくいのが魅力。ぜひ、シーンに合わせて使い分けてみてください。

ソールの形状やグリップ力で選ぶ

By: amazon.co.jp

多くのスノーブーツには、滑りにくく優れた耐久性を誇る「ラバーソール」が採用されています。なお、ソールの形状はアイテムによって異なり、ソールの溝が深いほうが雪や氷に食い込みやすくグリップ力が強いため、安定して歩けるのがポイント。しかしその反面、ソールの溝が深いモノは砂利道を歩く際に小石などが詰まりやすいので、注意が必要です。

また、路面が凍結しがちな寒冷地でスノーブーツを使用する際には、ソールに金属や樹脂のスパイクが埋め込まれているアイテムがおすすめ。転倒を防いで安全に雪道を歩けるように、各アイテムの防滑性もしっかり確認してみましょう。

重量やブーツ丈で選ぶ

By: amazon.co.jp

重量やブーツ丈も要チェックです。降雪量の多い地域で使用する場合には、高く積もった雪がブーツの中に入り込まないように長めのブーツ丈を選ぶのがおすすめ。しかし、丈が長いアイテムは構造上どうしても重くなりがちなので注意が必要です。

また、長時間履き続けることが多い場合には、足への負担を減らすためにもなるべく軽量性に優れたアイテムを選びましょう。なお、製品によっては高い機能性と軽量性を兼ね備えたアイテムもリリースされています。

履き心地のよさで選ぶ

スノーブーツは、履き心地のよさも大切です。軽量化されているモノや断熱性に優れているモノ、クッション性が高いモノなど各アイテムがそれぞれの角度から履き心地を追及していますが、アウトドアシーンとタウンユース、どちらのシーンで多用するのかによって重視するポイントが異なります。

キャンプシーンなどで何日間か履き続ける場合には、保温性や防水性が高く、かつ長時間履いていても蒸れを最小限に抑えるアイテムを選んでみてください。なお、タウンユースで多く使う場合には、軽量性やデザイン性に優れたモノがおすすめです。

スノーブーツのおすすめメーカー・ブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

アウトドア用品や衣服、登山用具を手がけるアメリカ発の人気ブランド「ザ・ノース・フェイス」。同メーカーのスノーブーツは、優れた機能性が特徴です。ブーツ内部の蒸れを排出しながら水の侵入を防ぐ素材や、濡れていても高い保温性を維持する素材など、高機能な素材が多数採用されています。

なお、ユニセックスデザインが多く、豊富なラインナップから好みに合わせて選べるほか、スタイリッシュなデザインでさまざまなコーディネートに取り入れやすいのも魅力。おしゃれで機能性の高いスノーブーツを探している方におすすめのブランドです。

ソレル(SOREL)

By: amazon.co.jp

1962年にカナダで立ち上げられたブランドの「SOREL」。ウインターブーツの原型を確立したことで知られており、高い機能性と街中で使えるデザイン性を兼ね備えたアイテムを続々とリリースしています。

特に、同ブランドの代表モデル「CARIBOU(カリブー)」は、40年以上変わらないクラシックなデザインと厳しい寒さから足を守る機能性で、世界中にファンを抱える人気アイテムです。

ダナー(Danner)

By: amazon.co.jp

アメリカ発の人気ブランド「ダナー」。アウトドアブーツの定番ブランドであり、優れた防水透湿性を誇る素材「ゴアテックス」を世界で初めてブーツに採用したことでも知られています。

時代の変化に柔軟に対応しながら高品質なアイテムを生み出し続けてきた同ブランドのスノーブーツは、1足1足丁寧に手作業で仕上げられているのが特徴。選び抜かれた素材と高い技術力が叶える快適な履き心地は、世界中のブーツファンを虜にしています。

なお、高い保温性と防水性、グリップ力をもちながら軽量性にも優れたモデルをリリースしているのもポイント。寒冷地での使用を想定している方は要チェックのブランドです。

コロンビア(Columbia)

By: amazon.co.jp

アメリカで1938年に創業した総合アウトドアスポーツウェアメーカー「コロンビアスポーツウェアカンパニー」。アウトドアシーンに適したスポーツウェアやバックパック、アクセサリーなどを数多くリリースしています。

同ブランドのスノーブーツは、機能性や耐久性に優れているのが特徴。熱反射保温テクノロジーを採用した素材「オムニヒート」を用いているモノや、雪が詰まりにくいソールを使ったアイテムなど、実用性を追求して作られています。また、デザインやカラーのバリエーションが多いのも魅力。豊富なラインナップから好みのモデルを選べる、おすすめのブランドです。

スノーキャラバン(SNOW CARAVAN)

By: amazon.co.jp

トレッキングシューズなどのスポーツ用品を手掛ける日本のメーカー「キャラバン」が、雪上のハイキングをコンセプトにして生み出したブランドが「スノーキャラバン」です。同ブランドのスノーブーツは、快適な履き心地を追求しているのが特徴。

保温性や防水性に優れているのに加え、雪面や氷上でのグリップ力を高めることにより積雪地での歩きやすさを実現しています。また、ラインナップが豊富なのでフィールドに合わせて最適なモデルを選べるのもポイント。長年登山靴の開発を続けてきた老舗ブランドならではの、抜群の使いやすさが魅力のブランドです。

スノーブーツのおすすめ

ソレル(SOREL) カリブー

本製品は、使用限界温度の目安が-40℃という圧倒的な防寒性を誇るスノーブーツです。つま先部分をしっかりと覆うラバーシェルが雨や雪の侵入を防いでくれるほか、インナー素材には厚さ9㎜のサーモプラスフェルト素材を採用しているため、冷気をシャットアウトして足元を効果的に暖めます。

なお、インナー素材は取り外せるのでお手入れしやすいのもポイント。また、表地にはヌバックレザーを使用しており高級感のある佇まいなので、アウトドアシーンのみならずタウンユースとしてもカジュアルに履きこなせます。さらに、作りがしっかりしているので長く愛用できるのも魅力。

優れた防水設計で足を守りながら快適に使用できる、おすすめのスノーブーツです。

ソレル(SOREL) 1964 パックナイロン

本製品は、ソレルのベストセラーシリーズ「1964」にナイロン素材を採用したことで、よりカジュアルに使えるのが特徴です。アッパーに使用されている防水ナイロンが、足をしっかりと雪や雨から守ります。

また、インナーには厚さ9mmのリサイクルフェルトを使用。着脱可能のウォッシャブルタイプなので、丸洗いして簡単にお手入れできるのもポイントです。

なお、アウトソールには丈夫な作りのバルカナイズドラバーを採用しているため、街中から雪山まで幅広く対応できます。使用限界温度の目安は-40℃と極寒の地でも活躍する、おすすめのスノーブーツです。

スノーキャラバン(SNOW CARAVAN) SHC_27W

本製品は、靴ヒモの先端を引っ張るだけで簡単に足にフィットさせられる、女性用のスノーブーツです。インソールには、マイクロカプセルの働きで快適な体感温度に調節する素材「アウトラスト」を採用しているほか、甲部と爪先には断熱、保温性に優れた中綿素材「シンサレート」を用いているので、快適な暖かさを発揮します。

また、高い防水透湿機能を誇る素材「エアリファインライト」を使用することで、雪や雨の侵入を防ぎながら汗などの湿気は通せるのもポイントです。なお、アウトソールには世界中の登山家から支持されているヴィブラム社製の「ICE TREKコンパウンド」を採用。氷雪面でのグリップ力を最大限に引き出すことで、安全に雪上を歩けます。付属のフルインソールでサイズの微調整もできる、おすすめのスノーブーツです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヌプシ ブーティーウール III

本製品は、冬の定番ブーツとして高い人気を誇る「ヌプシ」シリーズのユニセックスモデルです。アッパーには、撥水加工を施した圧縮ウール素材に、熱を閉じ込めて冷気を遮断する「プリマロフト インサレーション」を封入しており、快適な暖かさを実感できます。

また、アウトソールには低温下でも凝固しにくい「ウィンターグリップソールラバー」を採用しているほか、ソールセンターには高いグリップ力を発揮する「ウィンターアイスポッド」を配置しているため滑りにくいのも魅力。日本人の足にフィットする形状で作られた、抜群の履き心地を誇るおすすめのスノーブーツです。

コロンビア(Columbia) スノークロスミッドサーマルコイル BM1741

本製品は、ウォータープルーフのレザーで高い防水性を誇るおしゃれなスノーブーツです。縫い目を封じる「シームシール」も施されているので、雪や雨の侵入を軽減します。また、クッション性と軽量性に優れた「テックライトシェル」を採用しているのもポイント。快適な履き心地を叶えながら、しっかりと足を保護します。

なお、新テクノロジー「サーマルコイル」を使用しているため、体温を反射させることでブーツ内部の保温性を確保できるのも魅力。さらに、アウトソールには雪が詰まりにくいパターンを用いており、雪上でのグリップ力を高めて優れた防滑性を発揮します。機能性とデザイン性を兼ね備えた、おすすめのアイテムです。

コロンビア(Columbia) スピンリール ブーツ 2 WP オムニヒート YU3894

本製品は、優れた保温性を誇る熱反射保温テクノロジー「オムニヒート」を採用しているのが特徴。身体が発した熱を反射させてブーツ内に蓄えることで、暖かさをキープします。また、素材には撥水加工を施したポリエステルを使用しているほか、縫い目にはシームシール加工を施しているので防水性に優れているのもポイント。

なお、履き口とバック部分にあるドローコードを活用することで、足へのフィット感を調節しながら雪や冷気の侵入をしっかりと防げます。さらに、ミッドソールとアウトソールにはクッション性が高く軽量性に優れた「テックライト」を採用しているため、履き心地も抜群。寒冷地の雪道を快適に歩ける、おすすめのスノーブーツです。

ダナー(Danner) リッジトップ D140001

本製品は、-40℃まで対応可能な優れた防寒性を誇る、メンズ用のスノーブーツです。厚さ9mmのフェルトのカフが雪の浸入を防いでくれるのに加え、「ラディアンテックスライナー」がブーツ内部の保温性を高めながら、乾燥した状態を保つので快適な履き心地を実現します。

また、ラバーボトムには撥水加工を施したヌバックレザーを用いることで、高い防水性能を発揮するのも魅力。さらに、ソールの上部には歩行時の疲労軽減効果が期待できるアーチ状の「スチールシャンク」を採用しているため、足を保護しながら安定性を確保します。高級感のある優れたデザイン性と抜群の暖かさが魅力の、おすすめのアイテムです。

カミック(kamik) MOMENTUM

カナダで100年以上の歴史をほこり、独自性と耐久性、信頼性にこだわったアウトドア防寒ブーツを生み出し続けているブランドの「カミック」。本製品は、優れた伸縮性を誇る靴紐とコードロックによって、簡単に脱ぎ履きができるスノーブーツです。

なお、ソールは雪が目詰まりしにくい仕様になっているため、雪道でも安全に歩けます。さらに、優れた断熱性と保温性を誇る中わた素材「シンサレート」を採用することにより暖かく快適に使用できるほか、インソールには抗菌加工を施しているのでブーツ内部を清潔に保てるのも魅力。おしゃれなデザインで街中でも大活躍する、おすすめアイテムです。

Luerman ムートンブーツ

本製品は、優れた機能性と安い価格帯で抜群のコストパフォーマンスを誇るスノーブーツです。暖かくカジュアルなムートン素材のブーツは、タウンユースにぴったり。防水加工を施しているので、雪や雨に濡れても安心です。

また、インソールにはふわふわのボア素材を用いているため、冷気をシャットアウトして保温性を高めます。さらに、耐久性の高いゴム素材のソールには滑り止めの溝を施しているので、足を保護しながら雪道を安全に歩けるのもポイント。ショート丈で普段のコーディネートに取り入れやすい、おすすめのアイテムです。

スノーブーツのお手入れ方法

スノーブーツを長く使い続けるためには、正しい方法でお手入れをすることが大切です。汚れがついたまま保管するとニオイやカビが発生してしまうほか、レザーやラバーが乾燥で傷んでしまい、元のキレイな状態に戻らなくなってしまう可能性もあります。

ラバー素材の場合

ラバー素材の場合は、水洗いができます。落ちにくい汚れはブラシを使って丁寧に取り除いたうえで、乾いた布でしっかりと拭いて乾燥させてください。仕上げにラバー専用の保護剤をたっぷり塗り込めば、ひび割れや変色を防ぐことが可能です。

スムースレザー素材の場合

スムースレザー素材の場合は、馬毛などのブラシで表面のホコリを丁寧に落としたうえで、皮革用の洗剤をつけた布で撫でるように汚れを落としていきます。さらに、別の布で空拭きをした後に保革剤を塗り込み、再度きれいな布で磨いて防水スプレーをしておきましょう。

スエードやヌバック素材の場合

スエードやヌバック、フェイクムートン素材は、まず柔らかい毛質のブラシで表面のホコリなどを丁寧に落とします。頑固な汚れがある場合には、専用の洗剤を含ませた布でこすったあと、濡らして絞った布で洗剤をしっかり拭き取りましょう。風通しのよい日陰で乾燥させたら、専用の保革剤スプレーを使用します。最後にブラシで毛を整えて、防水スプレーを吹きかければ完成です。