アウトドアシーンで秋から冬、さらには春にかけて活躍してくれるスノーブーツ。防寒・防水性能に優れているので、寒い時期には重宝するアイテムです。

特に冬のキャンプなど冷え込む場面では必須といってもよい備品。そこで今回は、アウトドアシーンにもタウンユースにも使えるおすすめのスノーブーツをご紹介します。

スノーブーツとは?

スノーブーツは、雪道を安全に歩くための靴のことを指します。そのためスノーブーツは防寒・防水性能に加えて、滑りにくさを考慮するのがポイントです。

暖かさをキープするために保温性の高い素材を用いていたり、滑りにくさを向上させるために靴底がデコボコしていたりと、さまざまな工夫が施されているアイテムです。

スノーブーツの選び方

スノーブーツを選ぶときにチェックしたい点は、気温の低い夜でも耐えられる「防寒性」、雨や雪の日でも浸水しない「防水性」、そして本体が重すぎず素材が固くないといった「履き心地」、さらにサイズ選びも重要です。

防寒性で選ぶ

スノーブーツは、インナーの素材で暖かさが決まります。高品質の素材や独自開発の素材を採用するなど、そのブランドごとにさまざまな工夫を施しているのがポイント。さらに、足の蒸れを防ぐ透湿性の高いアイテムを選べば、1日中履いていても快適に過ごせます。

防水性で選ぶ

防水性の高さもスノーブーツの特長のひとつです。選ぶときは、防水加工が施されている素材かどうかをしっかりとチェックしましょう。なお、デザインを重視しているスノーブーツの場合、生活防水程度の性能しかないモデルもあるので注意が必要です。

滑りにくさと履き心地で選ぶ

雨や雪の日でも滑らない高いグリップ性が魅力のスノーブーツ。製品によってさまざまな靴底を採用していますが、グリップ性を最重視するのであれば、靴底がデコボコしているモノを選ぶとよいでしょう。

また、どんなに防水性やグリップ性がよくても履き心地が悪いと長時間使用できません。スノーブーツはその構造上、どうしても重くなりがちなアイテムですが、使い勝手を考慮するとできるだけ軽量な製品を選ぶのがおすすめです。

サイズで選ぶ

スノーブーツを選ぶときはサイズ選びにも注意。厚手のソックスを履く場合や海外ブランドのスノーブーツの場合は、通常の靴よりもワンサイズ上を選ぶのがおすすめです。サイズ以外にも、アッパーの太さや靴幅の広さをチェックしておきましょう。

スノーブーツのおすすめブランド

By: amazon.co.jp

ザ・ノースフェイス

「ザ・ノースフェイス」は、旅行からキャンプまであらゆるシーンに適したアイテムを手がけているアメリカのアウトドアブランド。同ブランドが作るスノーブーツは、機能性に優れていることで人気があります。

ソレル

カナダで誕生したブランド「ソレル」。"暖かく、ドライで、快適"というコンセプトのもとでさまざまな製品をリリースしており、機能性・デザイン性ともに人気の高いブランドです。

ダナー

「ゴアテックス」と呼ばれる防水透湿性素材をブーツに初めて採用したシューズブランドの「ダナー」。1足1足を丁寧に手作業で仕上げており、厳選された素材を使うことで多くのアウトドアユーザーに愛されています。

スノーブーツのおすすめ

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) Nuptse Bootie WP

ナイロンのアッパー素材に撥水加工を施していてしっかりと水を弾いてくれるスノーブーツ。急な雨が心配なアウトドアシーンでも安心して使えます。「プリマロフト」と呼ばれる保温材を本体に採用しており、寒い季節でも暖かいです。

日本人の足に合う形で作られているほか、低い気温でも硬くならない靴底「ウィンターグリップソールラバー」を用いているため、履き心地は良好。スノーブーツにありがちな"ゴツさ"があまりないので、タウンユースにもおすすめです。

ソレル(SOREL) Caribou

ソレルの代名詞ともいえるカリブーシリーズ。アウトドアシーンで活躍するのはもちろん、ジーンズとの相性がよいのでファッションアイテムとしても人気を集めています。

-40℃の耐寒性を誇り、真冬のキャンプでも使用可能。靴底のデコボコが多いので雪が降っていてもしっかり地面をグリップしてくれます。

ダナー(Danner) RIDGE TOP

防寒性の高いスノーブーツを探している方におすすめのアイテム。-40℃の低温でも使えるため、寒い季節のアウトドアシーンで便利に使えます。

レザーとラバーのコンビネーションを採用したそのデザインは、ダナーのワークブーツを彷彿とさせておしゃれ。履き口からのぞく取り外し可能なボア素材がポイントです。

ゴールデンレトリバー(GOLDEN RETRIEVER) スノーブーツ

ブラック・レッド・ネイビー・カモフラージュ柄とバリエーションが豊富でデザイン性の高いスノーブーツ。足元の暖かさとおしゃれを両立させたい方におすすめです。内側の素材がフリースのように足を包み込んで寒さから守ってくれます。

靴底のゴム部分に防水加工を施しており、多少の雨や雪なら安心。ただし、長時間使用する場合や靴底の上まで水が浸る場合は、内側まで染みてしまう場合があるのでご注意ください。

厚さのあるインナーを使用しているので、足の幅が広い方はワンサイズ上を選ぶのがおすすめです。履くときはフロント部分の紐を調整すれば、しっかりフィットさせることができます。

スポルディング(SPALDING) スノーシューズ

防水性の高いスノーシューズを探している方におすすめのアイテム。接地している面から4cmまでを対象とした耐水テストに6時間クリアしており、水に浸る環境でも安心して使用可能で、雪が積もる真冬のキャンプなどでも活躍してくれます。

重量は約340g(25cm)と比較的軽量なので、長時間履いていても疲れにくいのもポイント。インソールには衝撃吸収材が内蔵されているため、歩くときの振動を抑えてくれます。

かかとに反射材を用いており、夜道を歩く場合も安心。シンプルなブラックとカモフラージュ柄の2種類が用意されているので、普段使いにもおすすめです。

スノーブーツの洗い方

アッパー部分の素材がラバーの場合は水洗いができます。汚れや泥をサッと落としたら、直射日光を避けて自然乾燥させましょう。仕上げにラバー専用のメンテナンススプレーを使用すれば、ひび割れから保護して弾力性をキープできます。

レザー素材を採用しているスノーブーツの場合は、靴専用のブラシで汚れを落としましょう。頑固な汚れがあるのであれば、レザー専用の洗剤を使用するのがおすすめ。風通しのよい日陰で乾燥させれば完了です。素材に合わせた最適な洗い方を確認しておきましょう。