アメリカを代表するアウトドアブーツブランドの「ダナー」。近年はマウンテンブーツとして機能性を受け継ぎながらも、タウンユースを意識したカジュアルなモデルもリリースしており、注目を集めています。

そこで今回はダナーの人気ブーツとコーデをご紹介。気になっている方はもちろん、なんとなくブランド名だけでも聞いたことがあるユーザーもちょっとチェックしてみてください。

ダナー(Danner)

By: zozo.jp

ダナーは1932年からアウトドアブーツを作り続けるアメリカの老舗メーカーです。脈々と受け継がれた職人技と最新の技術の融合が特長。履く人の業種や用途を考えて製作しているブーツは、現在も世界中で人気を誇っています。

ソールを専門に扱うイタリアのメーカー、ビブラムのソールを1959年にアメリカではじめて採用。グリップのあるビブラムソールを搭載したブーツはバックパッカーたちに高く評価されました。

1979年には高い防水性能と透湿性能を誇るゴアテックス素材を靴の内部に採用した、ダナーライトを開発。雨に濡れても快適な履き心地を実現するダナーライトは現在も定番の人気ブーツです。

ダナーのブーツが人気の秘密

By: zozo.jp

第一にアウトドアブーツとしての性能の高さが人気の要因です。ゴアテックスによる快適な履き心地とビブラムソールによるグリップの高さにより、さまざまなシーンでの活躍が期待できます。人気モデルのダナーライトの名が示すよう、軽量さも魅力のひとつ。長時間着用しても疲れにくいブーツです。

同時に見逃せないのが、目立つヒモ部分と独特のデザイン。レザーとナイロンの切り返しが印象的なダナーライトをはじめとして、街中での着用が可能なほど洗練されています。ファッションブランドとのコラボも含めて、さまざまなモデルのブーツを発売しているのも人気の秘訣でしょう。

ダナーのブーツのサイズ感

By: amazon.co.jp/

ダナーのブーツは大きめの作りであると言われています。スニーカーのサイズからハーフ〜ワンサイズ落として選ぶのが賢明。純正インナーでサイズを調節することもできます。

ダナーのブーツおすすめ人気モデル

ダナー(Danner) DANNER LIGHT KHAKI 30440

ダナーの定番ブーツであるダナーライト。レザーとナイロンの切り返しにビビッドな靴ひもを組み合わせたインパクトのあるルックスが特長。雨の日のシティユースから、足場の悪い場所でのアウトドアブーツとしてまで、幅広い用途で活躍します。

現在もアメリカのポートランドでハンドメイドによって製作されているのも魅力。軽い履き心地のステッチダウン製法を採用。ゴアテックスにより水に濡れても靴内部の快適さを保持します。

ダナー(Danner) MOUNTAIN BROWN 30866

ダナーの人気ブーツであるマウンテンライト。全体が革張りなので、ハードな印象が強いブーツです。ビビッドな靴ひもが程よいアクセントに。金属製のシューホールのデザインのよさも所有欲をそそります。

見た目通りの堅牢性と、ステッチダウン製法による足馴染みのよい履き心地が人気の秘訣。ゴアテックスを搭載しているので、雨の日や水場にも強いおすすめのブーツです。

ダナー(Danner) EXPLORER GREEN 33802

ラバーとの切り返しにスエードが使用されているのがエクスプローラー。スエードと同色の靴ひもがデザインを引き締めています。重厚感のあるデザインのブーツをお探しの方におすすめのモデルです。

ダナー(Danner) KEVLAR LIGHT Ⅱ M.BLACK 33852

ヌバックレザーの柔らかい雰囲気が印象的なケブラーライトⅡ。耐摩耗性・伸縮性・通気性などに優れた「ケプロテック」という高強度素材と、防水ヌバックレザーを組み合わせたアッパーが特長。実用性が高いブーツで、ワントーンのカラーリングによる落ち着いたルックスも魅力です。

ダナー(Danner) COMBAT HIKER 6 BROWN 31413

アフガニスタンに派兵された米軍のために共同開発されたというコンバットハイカーです。トレッキング用ブーツとしての実用性は折り紙付き。ブラウンとブラックの切り返しになったデザイン性の高さも魅力です。

クッション性があり軽量なソールが使われ、長時間使用した際の足への負担を軽減。上品な見た目も魅力的なおすすめのブーツです。

ダナー(Danner) D-4302 POSTMAN BOOTS

郵便配達員が履いていた靴のデザインを元に作られたブーツ。ダナーのロングセラーモデルです。上品な見た目のレザーが仕上げになっているため、ビジネスシーンでも活躍。また、クッション性があり軽量なソールが使われており、長時間使用する際に足への負担を軽減できるおすすめのブーツです。

ダナーのブーツのコーデ

ミリタリーパンツに合わせる

By: zozo.jp

ダナーのブーツはミリタリーパンツとの相性が抜群。アウターとブーツにボリュームがあるので、タイトめなフィッティングのボトムスで調節しているのがポイントです。

モッズコートに合わせる

By: zozo.jp

ミリタリー色の強いモッズコートとダナーのブーツを組み合わせたコーデです。半端丈のパンツでブーツのボリュームを強調しています。コートを含めてジャストサイズを選択すれば、街中でも浮くことがありません。

モノトーンコーデに合わせる

By: zozo.jp

全身をモノトーンでまとめたコーデの足元にダナーのブーツを選択。レザージャケットやパーカーなどの普段使いのアイテムに、ブーツがしっかり馴染んでいます。スマートな印象が魅力的です。

ショートパンツに合わせる

By: wear.jp

ショートパンツでブーツのボリューム感を強調したコーデ。絶妙な長さのソックスを合わせているところがポイントです。バラバラな印象になりがちな主張の強いアイテムたちを、色味を統一することでまとめ上げています。全体的にアースカラーでまとめられているので、カジュアルな印象になります。

オールブラックコーデのアクセントに

By: wear.jp

全身をブラックでまとめたコーデにダナーのエクスプローラーを合わせています。スエードの切り返しが差し色になるので、足元にボリューム感だけでなくワンアクセントが欲しいときにおすすめのコーデ。足元にアクセントがあるので、シンプルなファッションにも味がでるのが魅力です。

ダナーのブーツのお手入れ方法

ダナーのブーツは高品質であるとともに高価なので、レザーの経年変化を楽しみつつ長く着用したいものです。ブーツを長持ちさせるには何と言っても適切なお手入れが肝心。ここではブーツのお手入れ方法をご紹介します。

まず、ヒモをはずしてからしっかりとブラッシング。革に付着した汚れやほこりを取り除きます。それからレザークリーナーで古くなった油を取り除いてください。

そしてオイルを塗りこんでいきます。少量ずつスポンジや布にとって薄くのばしていくのがポイントです。最後に仕上げのブラッシングをして、オイルをレザーの奥まで馴染ませていきます。

ブラッシングを行うだけでも効果があるので、ぜひ試してください。お手入れを重ねるごとにブーツに愛着が湧いていくはずです。また、ダナーのブーツはソールの交換ができるので、すり減りが気になったらリペアに出すことをおすすめします。