「ダナー」はアウトドアブーツの代名詞的ブランド。こだわりのあるアイテム作りで、長きにわたって愛され続けています。

そこで今回は、多種多様なブーツを展開するダナーから、特におすすめの人気モデルをピックアップ。アウトドアテイストが好みの方はぜひチェックしてみてください。

ダナーとは?

By: danner.com

ダナーは80年以上もの歴史を持つ、アメリカの老舗ブーツブランド。1950年代にアメリカで初めて登山靴に「ビブラムソール」を使用すると、1979年開発の「ダナーライト」には高機能素材・ゴアテックスを取り入れるなど、革新的なアイテム作りが特徴です。

軽やかな履き心地を誇るダナーのブーツは、1足1足が丹念な手作業によって仕上げられています。

ダナーのブーツが人気の理由

By: danner.com

ダナーのブーツの魅力は、何と言ってもその実用性の高さ。イタリアのソール専門会社「ビブラム」が展開する、グリップ力と耐久性を併せ持ったビブラムソールを搭載しており、悪路に強い作りが特徴です。

また、ファブリックには防水性、透湿性に優れた高機能素材・ゴアテックスを採用。外からの泥や水の侵入を防ぎ、靴内部の湿気を逃がすことで、快適な履き心地を実現しています。

ダナーならではの足馴染みのよさを支えているのは、アッパーの端を表底に縫い付けるステッジダウン製法。253もの工程に及ぶ手作業で組み立てられたブーツは、4種類の品質チェックのクリア後に出荷されるので、クオリティーには信頼が置けます。

ダナーのブーツのサイズ感

By: danner.com

一般的なマウンテンブーツと極端なサイズ感の違いはないと言われるダナーのブーツ。足長はもちろん、足囲(ワイズ)をしっかりチェックしてから選ぶのがおすすめです。サイズに迷った場合は、ハーフサイズ上を選択してからインソールで調節することも検討してみてください。

ダナーのブーツおすすめシリーズ

ダナーライト

By: amazon.co.jp

ダナーライトは誕生から30年以上が経過しても絶大な人気を誇る、ダナーの看板アイテムです。優れた排水性能によってブーツ内に水が溜まりにくいため、アウトドアシーンでの実用性はバッチリ。また、洗練されたデザインで日常のコーディネートにもすんなり馴染んでくれます。

マウンテンライト

By: amazon.co.jp

ダナーライトと人気を二分するのが「マウンテンライト」。アッパーは1種類の素材で仕上げられており、クラシカルで重厚感のあるデザインが魅力です。防水性、透湿性の高いゴアテックスを使用しているので、悪天候時を含む幅広いシーンで快適に着用できます。

フレッド

By: amazon.co.jp

「フレッド」は寒冷地を想定して開発されたダナーのスノーブーツ。軽量ながらも、防水性、保温性を兼ね揃えた完成度の高いアイテムです。グリップ力に優れたビブラムソールを採用しているので、山道でも安心。ハイカットに加えて、着脱しやすいミドルカットも展開されています。

ダナーのブーツおすすめ人気モデル

ダナー(Danner) ダナーライト 30440 KHAKI

ブラウンの防水レザーとカーキのナイロンのコンビネーションによるアッパーが印象的なアウトドアブーツ。マウンテンパーカーやクライミングパンツを合わせれば、本格的なアウトドアコーデが楽しめます。

足を包み込むインナーは防水性、透湿性に優れたゴアテックスなので、長時間履き続けても快適。靴底にはグリップ力の高いビブラムソールを採用しています。

ダナー(Danner) ダナーライト 30465 BLACK

アッパーからアウトソールまでをオールブラックで統一したダナーライト。オイルドレザーにナイロン、ラバーといった異素材を組み合わせることで、黒一色ながらも表情豊かなルックスが完成しています。

ハンドメイドによるステッチダウン製法で仕上げられた頑丈な作りがポイント。排水性能に優れているため、悪天候時にも活躍が期待できます。

ダナー(Danner) ダナーライト 30473 DRYDEN

アッパーの素材に撥水性の高いヌバックを採用したダナーライト。ライトグレーとネイビーによるカラーコンビネーションが美しく、スタイリングにアクセントを加えたい場合に重宝します。

グリップ力に優れたビブラムソールは悪路でも安定した歩行をサポート。袋状のゴアテックスブーティーを搭載しており、ブーツ内が蒸れにくい仕様です。

ダナー(Danner) エクスプローラー 33802 GREEN

ダナーライトの後継モデルとして登場した「エクスプローラー」。象徴的なデザインはそのままに、サイドパネルの素材をコーデュラナイロンからスエードに変更し、重厚感のある雰囲気を演出しています。

アウトドアユースはもちろん、ジャケットスタイルをはじめとするフォーマルなコーディネートに取り入れてもおもしろいアイテムです。

ダナー(Danner) マウンテンライト 30866 BROWN

ダークブラウンのレザーが重厚感を漂わせるマウンテンライト。特徴的な意匠のシューレースホールやカラフルな靴紐がデザインのアクセントになっています。

ダナーライト同様、ハンドメイドによるステッチダウン製法で組み立てられており、頑丈さに加えて水捌けのよさがポイント。防水性、透湿性に優れたゴアテックスブーティーが靴内部を快適に保ちます。

ダナー(Danner) マウンテンライト 31532 IVORY

撥水性の高いオイルドスエードを使用したマウンテンライト。アッパーの通気性がよく、長時間履きやすいブーツです。

靴底には悪路に強いビブラムソールを搭載しているので、釣りやキャンプといったアウドトドアシーンにおすすめ。アイボリーの美しい色合いは、秋冬のコーディネートによく馴染みます。

ダナー(Danner) マウンテンライトカスケード 31528 CLOVIS

映画『わたしに会うまでの1600キロ』の主人公が着用していたブーツを元にして誕生したのが「マウンテンライトカスケード」。ブラウンレザーと鮮やかなレッドのシューレースは相性抜群です。

ダナーならではの軽い履き心地、足馴染みのよさもしっかり確保。アウトドアブーツとしての機能性とアーバンシーンにおけるファッション性を兼ね揃えたアイテムです。

ダナー(Danner) ダナーフィールド D121003 TAN/D.BROWN

優れたコストパフォーマンスを誇る「ダナーフィールド」。ダナーライト同様、防水性と透湿性を兼ね揃えたゴアテックスを使用しており、悪天候に強いスペックが魅力です。

シューレースホールはすべてループ仕様で、靴紐の調整がスムーズ。中敷きにはクッション性の高さが魅力の「オーソライト」社のカップインソールを搭載しています。

ダナー(Danner) トレイルフィールド D121005 D.BROWN

マウンテンライトのデザインを受け継いだ「トレイルフィールド」。防水性や透湿性はもちろん、グリップ力に優れているのでアウトドアシーンでも頼りになるアイテムです。

オーソライト社のカップインソールを採用することによって心地よいクッショニングを実現。オリーブやカーキのミリタリーパンツと合わせたコーディネートがおすすめです。

ダナー(Danner) コンバットハイカー6 31411 BLACK

米軍の山岳部隊のために開発された「コンバットハイカー」。不安定な足場にも耐えられる実用性の高いブーツとして、大きな支持を集めています。

防水性、透湿性に優れたゴアテックスブーティー、悪路に強いビブラムソールといったダナーを象徴するパーツを余さず採用。つま先の近くまで靴紐を調節できるので、抜群のフィット感を楽しめます。

ダナー(Danner) ワークロメオ D212102 BROWN

1950年代の労働者に親しまれていたワークブーツを元にして誕生したのが「ワークロメオ」。履き心地のよいカップインソールを搭載したコンフォータブルな1足です。

靴底のビブラムソールにはコルクを混入し、防滑性、耐久性をアップ。幅広いコーディネートに取り入れやすいシンプルなデザインが魅力です。

ダナー(Danner) ポストマンシューズ D214300 BLACK

郵便配達員のためにデザインされた「ポストマン」は30年以上愛され続けるダナーのベストセラー。滑りにくく、衝撃吸収に優れたオリジナルソールが長時間の歩行をサポートします。

アッパーにはフォーマルな場面でも頼りになる、クラシカルなガラスレザーを採用。ジャケットスタイルでも着用できるブーツを探している方におすすめです。

ダナー(Danner) マウンテン600 チェルシー 36229 BLACK

スニーカーのようなモダンなデザインが特徴的なチェルシーブーツ。伸縮性に優れたアリアプレンの履き口がスムーズな着脱を可能にしています。

アッパーにウォータープルーフスエード、ライニングには「ダナードライメンブレン」と防水性の高い素材を使用し、悪天候に対応。アウトドアシーンはもちろんシティーユースにもピッタリな、汎用性抜群のアイテムです。

ダナー(Danner) ジャグウール 32227 SMOKE GRAY

80〜90年代のレトロハイカースタイルをデザインソースにした「ジャグウール」。クッション性に優れたオーソライトインソールを搭載しているので快適な履き心地が楽しめます。

また、サイドパネルにウールを使用することで温かみのあるルックスが完成。秋冬らしい季節感を選出したい場合におすすめのアウトドアブーツです。

ダナー(Danner) マウンテン600 ウェザーライズド 62141 CEDAR

寒冷地での使用を想定し、アッパー内部に保温性の高い次世代中綿素材プリマロフトを搭載した「マウンテン600 ウェザーライズド」。かかと部分がセパレートになったビブラムソールは下り坂でも優れたグリップ力を発揮します。

絶妙なボリューム感で日常のスタイリングに取り入れやすく、特に寒い季節には重宝するアイテムです。

ダナー(Danner) トラムライン917 32533 GRAY

「都市冒険のための理想的なモダナイズドブーツ」というコンセプトの「トラムライン917」。スニーカーのように気軽に着用できるスタイリッシュなデザインが魅力です。

防水性、透湿性に優れたゴアテックスブーティーを採用しているので、雨の日でも安心。接地面の広い「ビブラム917ソール」は滑りにくく、優れたクッション性が魅力です。

ダナー(Danner) フレッド B200 D120030 KHAKI

「フレッド B200」は寒冷地仕様のスノーブーツ。保温性と防水性に優れており、冬場のアウトドアで頼りになるアイテムです。遠目からでもわかりやすいように、ロゴやドローコードには反射材を採用しています。

アウトソールに搭載したのは、スノースポーツ用に開発された「ビブラムサンダー」。足入れのよさ、軽やかな履き心地はダナーならではの魅力です。

ダナー(Danner) フレッド ミドル B200 D120035 KHAKI

フレッドB200の保温性、防水性はそのままに、「止水ジッパー」の開閉で簡単に着脱できるように作られたミドルカットタイプ。反射材を使用したロゴは夜間に役立ちます。

また、スノースポーツ用アウトソールのビブラムサンダーは優れたグリップ力が魅力。アーバンシーンにおいても、雨や雪をはじめとする悪天候時に活躍します。

ダナー(Danner) フレッド ミドル B200 PF D120025 YELLOW

柔らかいアッパー素材を使用し、フィット感や足当たりが向上したフレッド B200のパフモデル。防水性と保温性を兼ね揃えた、冬のアウトドアシーンにもってこいの高機能シューズです。

ポイントはデイリーユースしやすいシンプルなデザイン。アッパーがポップなカラーリングで仕上げられているので、コーディネートのアクセントとしてもおすすめです。

ダナー(Danner) LATOURELL DNB 0025 D123025 CHARCOAL

雨天時はもちろん、キャンプやフェスといった幅広いシーンで活躍が期待できるダナーのレインブーツ。丸めて付属のバッグに収納できるので持ち運びに便利です。

特殊配合のラバーアッパーは軽量で、折れ曲りにくく耐久性も抜群。インナーにはポロシャツでお馴染みのカノコ生地を採用しており、足当たりが良好なのも魅力です。

ダナー(Danner) ジャングルブーツ6 36710 OLIVE/BLACK

イギリスのファッションブランド「ナイジェル・ケーボン」とのコラボレーションアイテム。厚みのある牛革、高密度のコットンといったタフな素材を使用し、ベトナム戦争時に戦士が履いていた「ナムブーツ」を現代風に再現しています。

アウトソールには警察や消防などの過酷な環境を想定して開発された、ビブラム社の「1276 SIERRA」を採用。本格的なミリタリーコーデを楽しみたい方におすすめのハイスペックシューズです。

番外編|ダナーのブーツのメンズ着こなし術

足元がスッキリして見えるクロップドパンツやジョガーパンツでこなれた雰囲気を演出

By: wear.jp

ボリューミーなモデルが多いダナーのブーツには、クロップドパンツやジョガーパンツといった足元がスッキリして見えるボトムスを合わせるのがおすすめ。シルエットのメリハリでコーディネートが引き締まり、こなれた雰囲気が演出できます。

マウンテンパーカーやクライミングパンツを合わせてアウトドアコーデを楽しむ

By: rakuten.co.jp

ダナーのブーツをマウンテンパーカーやクライミングパンツなどのアウトドアテイストのアイテムと合わせれば、コーディネートに統一感が生まれます。ただし、本格的すぎると街着としては浮いてしまうため、シューズ以外ではトップスやボトムス、アクセサリーの1点のみに絞るのがおすすめです。

番外編|ダナーのブーツのお手入れ方法

まずはブラッシング

By: amazon.co.jp

ダナーのブーツを長持ちさせるコツは、第一にブラッシング。靴用ブラシを用いて、革に付着した汚れやほこりをしっかり取り除いてみてください。ブラッシングをするだけで効果があるのはもちろん、日々の手入れを重ねるごとにブーツに愛着が湧くことも期待できます。

オイルで保湿する

By: amazon.co.jp

革にとっての大敵である乾燥、ひび割れを防いでくれるのが保湿オイル。ブラッシング後に、人差し指ですくえるほどのオイルをクロスなどで薄くのばして塗り込んでいきます。ダナーからもメンテナンス用オイル「ブーツドレッシング」が用意されているので、チェックしてみてください。

保管時はシューキーパーを使う

By: amazon.co.jp

シューキーパーはブラッシング、保湿を済ませたダナーのブーツを保管する際に活躍するアイテム。型崩れを防ぎ、余分な湿気を吸いとってくれる、靴を長持ちさせる上での必需品です。レザーブーツは1日履いたら1日休ませることも心がけてみてください。