ファッションアイテムのなかでも選ぶ楽しさがある「スニーカー」。老若男女問わず幅広い世代から支持されているため、ロングセラーモデルから卓越した機能を要するアイテムまで、さまざまな製品がリリースされています。

そこで今回はスニーカーのおすすめブランドをご紹介。長年ひとつのアイテムを買い続けている方はもちろん、これまでとは異なるスニーカーを履いてみたいと思っている方もぜひチェックしてみてください。

スニーカーの選び方

スニーカーのサイズをチェック

スニーカー選びにおいて重要なのは、当然ながらサイズを把握することです。各メーカーによって同サイズであっても微妙に異なるので、縦の長さ、甲の高さ、横幅を事前に計測しておきましょう。

サイズ選びのときにもっともポイントとなる「縦の長さ」は、素足の長さより1~1.5cmほどの余裕を持たせておくのもアリ。これは「捨て寸」と呼び名が付いており、歩きやすさを考えた理想的なサイズ選びの目安とされています。

なんとなくスニーカーを選んでしまうと足に負荷がかかるほか、靴ズレなどに悩まされることもあるので、安易なサイズ選びは要注意。試す際は履いている靴下の厚みにも考慮しましょう。

スニーカーのタイプをチェック

スニーカーのタイプは主にローテクスニーカーとハイテクスニーカーの2パターンに分けられます。一概には言えませんが、例えば80年代のスケーターの世界観が好きな方は前者を、90年代のポップなカラーや存在感のある厚底を好む方は後者を選ぶように、趣向に合わせてアイテムをチョイスしましょう。

ローテクスニーカー

By: amazon.co.jp

ローテクスニーカーは、クラシカルで主張が少ないシンプルなデザインが特徴。カジュアルからトラッドまで幅広いファッションに対応できるのもポイントです。

流行り廃りに影響されにくいため、時代を超えて人気を集めているスニーカーも多くあります。さまざまなファッションに使いまわしたい方におすすめのスニーカーです。

ハイテクスニーカー

By: amazon.co.jp

ハイテクスニーカーは、目を引く個性的なデザインと優れた機能性が特徴。1990年代に爆発的なブームを生み、それ以降もアイコニックなファッションアイテムとして多くのファンから支持されています。

ハイテクスニーカーの個性的なデザインは、シンプルなファッションのワンポイントとしておすすめ。ちなみに、最近はダッド(親父)・スニーカーとも呼ばれることもあります。

スニーカーに使用されている素材をチェック

スエードやメッシュ、レザーなどスニーカーに使用される素材はさまざま。購入前には見た目の印象だけでなく、使用素材までしっかりとチェックしておきましょう。

なお、コラボレーションモデルや発売された年代が違うと素材が定番モデルとは異なるケースがあるので、注意してください。

ファッションとの色の相性をチェック

スニーカーにはさまざまなカラーがラインナップしているのは周知の通り。ご自身のファッションスタイルに合わせるのはもちろんですが、存在感を出すのか、主張を控えめにするのはコーディネートする際に気をつけましょう。

なお、最近はネオンカラーをミックスした90年代感をプラスしたアイテムを取り入れたり、都会的にモノトーンにまとめたモノが数多くラインナップしていたりと、ブランドによって傾向が異なるので、しっかりとチェックするのがおすすめです。

スニーカーのおすすめブランド

ナイキ(NIKE)

 

世界的に有名なアメリカのスポーツブランド「ナイキ」。本体の軽量化と優れた衝撃吸収性を兼ね備えたエアクッショニングシステムは業界にセンセーショナルを巻き起こし、特に「エアマックス」はハイテクスニーカーを世に広めた存在として知られています。

先進的でスタイリッシュなデザインのアイテムが揃うため、ファッションブランドとしても多大な影響力を持っているおすすめのブランドです。

ナイキ(NIKE) AIR MAX 95 OG

1995年に誕生したナイキを代表するハイテクスニーカー「エアマックス95」の復刻モデル。解剖学からインスピレーションを得た個性的なデザインや美しいグラデーションカラーが目を引きます。

かかと部分に搭載された「ビジブルエア」が優れたクッション性を発揮。見た目のおしゃれさはもちろん、履き心地のよさにも定評があるおすすめスニーカーです。

ナイキ(NIKE) AIR FORCE 1 LOW

1982年にバスケットボールシューズとしてリリースされた名作スニーカー「エアフォース1」。内部に空気を閉じ込めることでクッション性を高めており、それまで硬いソールばかりだったバスケット用シューズに革命を起こしました。

トレンドに左右されないシンプルなシルエットで、さまざまなテイストのファッションに合わせられるおすすめの1足です。

ナイキ(NIKE) AIR JORDAN 1 RETRO HIGH OG “Yin-Yang”

「エアジョーダン1」はバスケットボールの神様と称されるマイケル・ジョーダンの初代シグニチャーモデル。本製品は1985年に発売されたオリジナル版を再現したモデルです。万物は陰と陽のふたつの面を持つという思想をモチーフとしています。

アッパー部分はモノトーンのオールレザー。アクセントとなっているレッドカラーのシュータンには、ナイキのスウォッシュロゴが採用されています。

アディダス(adidas)

スリーストライプのロゴが有名なヨーロッパを代表するドイツ生まれのスポーツブランド「アディダス」。創業者であるアドルフ・ダスラーはスポーツに特化した靴を開発した人物として知られています。

同社のスニーカーはデザイン性の高さから今ではファッションアイテムとして定着。世界中の著名なクリエイターやデザイナーなどとコラボレーションした製品も多く発売しています。

アディダス(adidas) スタンスミス BD7436

洗練されたデザインやカラーリングが魅力の定番モデル「スタンスミス」。シュータンには、アメリカの名テニスプレイヤーであるスタン・スミスの似顔絵とサインがデザインされており、同スニーカーのアイコンとして親しまれています。

柔らかで上質なレザー素材を用いており、履き心地は快適。清潔感のあるデザインで、どんなコーデにも馴染む汎用性の高さが魅力のおすすめスニーカーです。

アディダス(adidas) スーパースター SS 80s

ラバーシェルトゥのデザインとかかとの三つ葉ロゴが印象的な「スーパースター」。もともとはバスケットボールの競技用シューズとして登場しましたが、履き心地のよさが評判となり、今なお多くのユーザから愛させるロングセラーモデルとして知られています。

ソールにはグリップ力の強いヘリンボーンパターンを採用。柔らかなレザー素材を使用しており快適な履き心地を実現します。

アディダス(adidas) ガゼル BB5478

ブランドを象徴するスリーストライプスが目を引く「ガゼル」。さり気なくプリントされたゴールドカラーのネーミングがアクセントになっています。アッパー部分にはスエード素材を採用。あたたかみのある雰囲気に仕上がっています。

シャープなシルエットでボリュームのあるスニーカーが苦手な方におすすめ。足元を大人っぽくコーディネートできるオーソドックスな1足です。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)

「オニツカタイガー」は日本生まれの老舗ブランド。斬新なアイデアと確かな技術に定評があり、さまざまなスポーツシューズをリリースしています。同ブランドは1949年に鬼塚喜八郎が前身となる「鬼塚商会」を創業。のちに社名を「アシックス」に変更し、現在では総合スポーツメーカーとしてさまざまな製品を展開しています。

ファッションアイテムとして愛されるスポーツシューズを生み出すブランドとして一目置かれているのもポイント。クラシカルなデザインで、カジュアルだけどさまざまなファッションに馴染みます。日本だけでなく世界からも注目されているおすすめのブランドです。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger) Mexico 66

同社スニーカーの特徴であるスリムなシルエットとレトロな雰囲気を湛えたカラーが魅力の「メキシコ66」。1960年代にリリースされたトレーニングシューズ「リンバーアップ」と「リンバー」を掛け合わせてデザインされたスニーカーです。

かかと部分に施されたクロス補強やヒールフラップが特徴。スマートな印象が漂うおすすめの1足です。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger) SERRANO

陸上競技用スパイクシューズに影響を受け、軽量で薄いソールを採用している「セラーノ」。アウターソールの前部分はやや上に反り上がっており、歩行時の足指への負担を軽減します。クッション性に優れているため、長時間着用しても疲れにくい1足です。

カラーバリエーションが豊富なため、好みや気分に合わせて選べるのも魅力。ほかの人気モデルに比べてリーズナブルな価格で購入できるため、シーンや気分で履き分けるのもおすすめです。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger) California 78 EX

従来モデルの「カリフォルニア78」をベースに、70年代にトレンドとなった厚みのあるシャークソールやクッション性が持続するオーソライトインソールを採用したスニーカー。レトロな雰囲気にアレンジを加えたデザインが魅力のアイテムです。

かかと部分にはリフレクターが施されており、夜間歩行時の視認性を高めてくれます。ファッション性と機能性を兼ね備えたおすすめのスニーカーです。

ニューバランス(new balance)

矯正靴メーカーとして誕生した「ニューバランス」。同ブランドのスニーカーは解剖学や運動生理学に基づいて設計されており、のちに靴ひもを甲周りで結ぶ「インステップレーシング」という独自技術を生み出したことでも知られています。

アッパー部分にレザーを使用したスニーカーはファッション界でも注目を集め、現在では伝統的な技術と先進的なテクノロジーを融合させた製品開発に力を入れています。

ニューバランス(new balance) MRL996

ブランドを象徴するクラッシックなデザインとスマートなフォルムで、男女問わず多くのユーザーから支持されている大人気モデル「MRL996」。軽量化とクッション性の向上を叶えるミッドソール素材「レブライト」を採用しており、足への負担が少ないのが特徴です。

ソフトな履き心地で長時間履いても疲れにくく、履き込むほどに自分の足に馴染みます。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのスニーカーです。

ニューバランス(new balance) M1400

すっきりとしたシルエットと履き心地のよさが魅力の「M1400」。本製品はアメリカ製のためアジア生産の廉価版モデルと比較すると高額ですが、ファッション感度の高いユーザーから支持されています。

一体感型ミッドソールによってクッション性が高く、歩行が安定しているのもポイント。落ち着いたデザインに仕上がっているので、幅広い世代におすすめできる1足です。

ニューバランス(new balance) ML574

丸みのあるシルエットでレトロな雰囲気に仕上がっている「ML574」。1988年にオフロードランニング用シューズとして登場した「M576」の廉価版として知られているモデルです。

硬めのソールを採用することによって足にかかる負担を軽減できるのが特徴。さらにソールに凹凸を施すことで、足場の悪い場所でも歩きやすいように配慮されています。

同ブランドのスニーカーのなかでも低価格なので、コスパ重視でスニーカーと選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

バンズ(VANS)

1966年にアメリカ・南カルフォルニアで誕生した「バンズ」。シンプルで使い勝手のよいアイテムが揃うスニーカーブランドです。本体とソールを強力に接着する伝統的な「バルカナイズ製法」で作られたスニーカーは耐久性に優れており、世界中に愛用者がいます。

さまざまなブランドと積極的にコラボレーションを行なっているのも特徴。新たなプロダクトを続々と世に発信しています。

バンズ(VANS) authentic

レトロな雰囲気が漂うバンズの人気モデル「オーセンティック」。ブランド創業とともに販売された長い歴史を持つ定番シューズです。丸みがかったシルエットが特徴で、コーディネートに優しい雰囲気をプラスしてくれます。

発売当初とほとんど変わらないクラシカルなデザインを継承しているのもポイント。ナチュラルなテイストの服装を好む方におすすめの1足です。

バンズ(VANS) BASIC Era

プロスケーターのトニー・アルバやステイシー・ペラルタなどのアイデアを反映して作られた「エラ」。オーセンティックを原型に、足首を保護する履き口のパッドや、グリップ力とクッション性に優れたワッフルソールなどを取り入れた名作スケートシューズです。

オーセンティックと比較するとややボリュームのあるシルエットが特徴。ストリート感のある着こなしを好む方におすすめのスニーカーです。

VANS(バンズ) OLD SKOOL

レザーをアッパーに組み込むことで耐久性を高めた「オールドスクール」。通称「ジャズ」と呼ばれ、スケーターを中心とした多くのユーザーに愛されています。

落書きから偶然生まれたといわれているサイドストライプがポイント。クッション性の高いソールを使用しており、履き心地は快適です。程よいボリューム感があるため、ベーシックながらコーディネートのアクセントとしても活躍。気兼ねなくは履き倒せるスニーカーを探している方におすすめです。

コンバース(CONVERSE)

アメリカのマサチューセッツ州で創業された老舗シューズメーカー。降雪量や湿地帯の多い地域性に着目し、ラバーシューズを製造したのがブランドの始まりとされています。

「オールスター」や「ジャックパーセル」といったベーシックなデザインのスニーカーが人気を博しており、世界中に多くのファンがいるのも特徴。スニーカーの王道ブランドです。

コンバース(CONVERSE) キャンバス オールスター HI

丈夫なキャンバス素材を採用したブランドの代名詞的モデル「オールスター」のハイカットタイプ。使う人やシーンを選ばないベーシックなデザインで、幅広い世代から愛されているスニーカーです。

カラーバリエーションが豊富なため、さまざまなコーデに合わせやすいのも特徴。ローカットタイプにはない星マーク入りのアンクルパッチが施されているのもポイントです。カジュアルコーデはもちろん、きれい目スタイルの外しとしても活用してみてください。

コンバース(CONVERSE) ジャックパーセル

もともとはバトミントンシューズとして誕生した「ジャックパーセル」。オールスターと人気を二分する勢いでファンが多く、ローテクスニーカーの代名詞的存在として知られています。

「スマイル」と呼ばれるつま先のラインや「ヒゲ」と呼ばれるヒールのラベルなどが特徴。トレンドに左右されないシンプルなデザインで、長く履き続けられるおすすめの1足です。

コンバース(CONVERSE) ONE STAR

バスケットボール用シューズとして開発された「ワンスター」。ブランドを象徴するスターマークが目を引きます。アッパーには上質なガラスレザーを採用。履き込むほどに足に馴染むのが魅力です。

カジュアルさがありながらもしっかりと存在感があるので、大人の着こなしにもしっかりとマッチします。コーデにさり気ないアクセントをプラスしてくれる便利な1足です。

リーボック(Reebok)

90年代のハイテクスニーカーブームを牽引した「インスタポンプフューリー」が有名なイギリスのブランド「リーボック」。2005年にはアディダスと合併。スポーツ用品開発以外にも、フィットネスシーンを盛り上げるプログラムの提供や消費者参加型イベントなどを積極的に行っています。

リーボック(Reebok) INSTA PUMPFURY OG

近未来的なデザインとボリュームのあるシルエットが特徴のハイテクスニーカー「インスタポンプフューリー」。アッパー部分のボタンを押して本体に空気を送り込むことで足へのフィット感を高めるポンプシステムを搭載しており、スムーズに脱着できるのが特徴です。

カラーやデザインバリエーションが豊富で、黒や白などの単色からビビッドな配色のモデルまで揃っているのも魅力。同ブランドを象徴するアイテムとして時代を超えて愛され続けているロングセラーモデルです。

リーボック(Reebok) FURYLITE

インスタポンプフューリーをベースに作られたスリッポンタイプの「フューリーライト」。甲部分に通気性のよいメッシュ素材を採用しており、長時間履いても蒸れにくく快適に過ごせます。

また、ミッドソールとアウトソールが一体となった「3D ウルトラライトソール」を搭載。軽量化に着手しつつも、クッション性や耐久性を向上させているのも注目ポイントです。

スペルガ(SUPERGA)

テニスシューズブランドとして設立されたイタリアのブランド「スペルガ」。同ブランドのスニーカーは、現在は希少となった「バルカナイズ製法」によって作られているため、耐久性が高いのが特徴です。

カジュアルだけど上品なデザインのアイテムをラインナップしているのが魅力。モナコやカプリといったヨーロッパのリゾート地でよく見かけるスニーカーブランドとしても知られています。

スペルガ(SUPERGA) 2750-COTU CLASSIC

飽きのこないベーシックなデザインで年齢問わず人気の高い定番モデル。クッション性が高い厚みのあるソールを採用しており、長時間履き続けても疲れにくいのが魅力です。

カジュアルな印象を与えるキャンバス素材を採用しており、コーデにヌケ感をプラスしてくれるのが特徴。汎用性の高い1足を探している方におすすめのスニーカーです。

スペルガ(SUPERGA) 2311-COTU

脱ぎ履きしやすいスリッポンタイプのキャンバススニーカー「2311」。余分な装飾を省いたシンプルデザインで、幅広いコーデに取り入れられます。かかと部分のラバーパッチやピスタグがさり気ないポイント。

伸縮性の高いクッションソールを採用しており、実用性にも優れています。カラー展開が豊富なので色違いで複数購入するのもおすすめです。

プーマ(PUMA)

ドイツを拠点とするスポーツブランド。ルドルフとアドルフのダスラー兄弟が設立した「ダスラー兄弟商会」が前身で、現在は前者がプーマ、後者がアディダスをそれぞれ展開しています。

シューズやスポーツウェア、ファッションアイテムなど幅広いジャンルのアイテムを製造・販売。近年はさまざまなファッションブランドと積極的にコラボレーションを行っています。

プーマ(PUMA) SUEDE CLASSIC

柔らかな風合いと独特の光沢感が魅力のスエード素材を使用したクラシカルデザインのローテクスニーカー。スニーカー側面に施されたプーマの代名詞である「フォームストライプ」が存在を引き立てます。

ファッションブランドとのコラボレーションを活発に行っており、マンネリ化することなく旬のテイストを楽しめるのも魅力のひとつ。1968年の発売以来、長期間にわたって人気を集めるモデルです。

プーマ(PUMA) DISC BLAZE ELECTRIC

ダイヤルを回してワイヤーを巻き上げ、履き心地を調節する「ディスクシステム」を搭載した先進的なデザインのハイテクスニーカー。ソールにはブランド独自のクッショニング技術「トライノミックシステム」を採用しており、歩行時における足の負担を軽減してくれます。

存在感のあるスタイリッシュなデザインでコーデの外しとして活躍するおすすめのスニーカーです。

サッカニー(Saucony)

アメリカ発のブランド「サッカニー」。創業してしばらくは室内シューズを展開していましたが、のちにスポーツシューズの生産に着手し、現在ではスニーカーブランドとして広く認知されています。

サッカニーのスニーカーは存在感のあるボリュームと軽さ、クッション性の高さが魅力。レトロムード漂うデザインで、こなれ感のある足元を演出してくれます。

サッカニー(Saucony) Jazz Original

同ブランドを象徴する人気モデル。波型のサイドラインが印象的なほか、ソールには前に進む力をサポートする立体的な三角形のパターンを配置しています。

トレンドに左右されない普遍的なデザインであらゆるファッションに取り入れやすいのもポイント。汎用性の高いスニーカーを探している方におすすめです。

アドミラル(Admiral)

当初はイギリス海軍の制服を作るブランドとしてスタートした「アドミラル」。現在では40ヶ国で展開するイギリス発の世界的なスポーツブランドです。歴史や伝統を受け継いだレトロなデザインが魅力。履き込むほどに味が出る素材を採用しており、長く愛用できます。

アドミラル(Admiral) INOMER

型崩れしにくい「バルカナイズ製法」によって作られており、足馴染みがよく屈曲性に優れたブランドの定番モデル。キャンバスとスエードの絶妙な異素材コンビでシーズン問わず履けるのもポイントです。

インソールにはランニングシューズなどにも用いられるファイロン樹脂素材を採用。クッション性・耐久性に優れたおすすめモデルです。

ムーンスター(MoonStar)

ゴム産業の町として知られる福岡県久留米市に本社を置くシューズメーカー。職人がひとつひとつ手作業で成型する「バルカナイズ製法」を採用したスニーカーを筆頭に、ウォーキングシューズや学校の上履きなど、さまざまな製品を手がけています。

国産ブランドならではの知識や経験を活かした日本人の足に馴染むスニーカーが手に入るおすすめブランドです。

ムーンスター(MoonStar) GYM CLASSIC

「ジムクラシック」は1960年代のトレーニングシューズをベースに、履き心地とシルエットを現代的にアップデートしたスニーカーです。履き口やパイピングなど、手間のかかるディテールも復刻。ソールにベージュのゴムを採用するなど、発売当時の雰囲気をよく再現しています。

熟練した技術を持つ職人によって1足ずつ丁寧に作られており、量産品とは異なる美しい仕上がりが魅力のおすすめアイテムです。

スニーカーのおすすめメンズコーデ

男らしさを引き立てるならカラーは黒

By: wear.jp

上下ともに黒いアイテムを身に付けた、無骨で男らしいカジュアルコーデ。カラースニーカーで外した組み合わせが多いなか、あえて黒を選ぶことで周囲と差別化できます。

黒スニーカーはどのようなファッションにも合わせられるため、1足あると便利です。

白スニーカーはヌケ感をつくる定番アイテム

By: wear.jp

モノトーンを基調とした大人っぽいジャケットスタイル。硬い印象のあるメンズコーデには白いスニーカーをプラスすると簡単にヌケ感がつくれます。

スタンスミスの定番はグリーンですが、このコーデでは服装にあわせてグレーを選択。細かい部分までこだわりが見えるハイセンスなコーディネートです。

モード感のあるハイテクスニーカーでカジュアルを格上げ

By: wear.jp

カジュアルコーデの足元に独特なデザインとボリューム感が魅力のポンプフューリーを配することでこなれ感を演出。アウターとのバランスもよく、野暮ったさを感じないコーディネートに仕上げています。

同色コーデも素材感でアクセント付け

By: wear.jp

ネイビーのシャツにブルーのセットアップを合わせた同色コーデ。一見すると落ち着いた組み合わせですが、ブルーが鮮やかなニューバランスの「MRL996」の素材感がポイントです。

セットアップがやや艶のある素材であるのに対し、スニーカーはナチュラル感のあるスエード生地で素材の違いが心地よい違和感を生み、インパクトが薄れがちな足元のアクセントになります。

ローテクスニーカーも色味次第でファッショナブルに

By: wear.jp

トップスとスニーカーを暗めのピンクで合わせることで、全体的にモード感を強調。シンプルな印象の強いコンバースのスニーカーも、コーディネートや色の選び方次第でインパクトのあるアイテムになります。