自転車やバイク、徒歩や電車などで通勤しているメンズに、おすすめなのがビジネスリュックです。移動中も重い荷物を手に提げる必要がなく、両手が空くのでスマホも扱いやすくなります。

リュックにはカジュアルなイメージがありますが、ビジネスシーンにおすすめの高級感があるビジネスリュックも展開されているので、今回は、人気ブランドのなかでも、おしゃれなメンズにおすすめのビジネスリュックを厳選。

ビジネスリュックの選び方

ビジネスリュックの容量をチェック

By: amazon.co.jp

ビジネスリュックを選ぶ際に、まずチェックすべきは容量とサイズです。「大は小を兼ねる」と必要以上に大きなビジネスリュックを選んでしまうと、重すぎたり邪魔になったりして、逆に使い勝手が悪くなります。

ビジネスリュックを購入する場合、最低限おさえたいのが、A4サイズのファイルを収納できること。ビジネスではA4サイズが主流となっているため、少なくともA4サイズのファイルや書類がスッポリ収まるビジネスリュックを選びましょう。

お弁当派なら奥行きもチェック

By: amazon.co.jp

お弁当を持参しているメンズなら、縦横のサイズだけでなく奥行きも確認しておきましょう。お弁当を水平の状態でビジネスリュックに収納できるかどうかは、大切なチェックポイントです。

PCを収納できるかどうか確認しよう

By: rakuten.co.jp

日常的にノートPCやタブレットを使用しているなら、ビジネスリュックに収納できるかをチェックするのも重要です。見ためでは確実に判断できないため、自分のPCやタブレットの大きさを確認して、収納可能かどうかきちんとチェックしましょう。

繊細な機器を保護できるように、PCやタブレット専用の収納スペースがあるビジネスリュックを選ぶのがおすすめです。

内ポケットと外ポケットを確認しよう

By: amazon.co.jp

ビジネスリュックの容量やサイズが決まったら、次にチェックすべきは内側と外側のポケットです。特にチェックすべきは、内側のポケット。大ぶりのポケットだとゴチャゴチャしてしまうため、小分け収納ができる内ポケットつきのビジネスリュックがおすすめです。

財布やスマホ、手帳や充電器を収納できるビジネスリュックを選べば、ビジネスに必要なアイテムをほぼ網羅できます。忘れものが多い方も、ビジネスリュックに必要なモノをすべて収納できるという嬉しいメリットも。

また、外側にもポケットがあるビジネスリュックなら、背負ったままでカギなどを取り出すことも可能。内側だけでなく、外側にもポケットがついたビジネスリュックなら、便利さが格段にアップします。

ビジネスリュックの防水性能をチェック

By: zozo.jp

自転車やバイク通勤の方は、ビジネスリュックの防水性能をチェックすることも大切です。通勤中に突然の雨に見舞われて、大切なPCや書類がダメになってしまうという最悪の事態は、ビジネスマンなら避けたいところ。

通勤中だけでなく営業などの業務中に利用する場合も、防水機能があるビジネスリュックを選ぶのがおすすめです。

ビジネスリュックの素材をチェック

By: rakuten.co.jp

ビジネスリュックといっても、革やナイロン、ポリエステルなどさまざまな素材があります。軽さなどの機能性を重視するなら、ナイロンやポリエステル素材のビジネスリュックがおすすめです。業務中に使用するなど、高級感を重視するのなら、革のビジネスリュックを選択するのもおすすめ。

ビジネスリュックは背負うという性質上、背中が蒸れたり、スーツが擦れたりしやすいのがデメリット。蒸れや擦れを和らげたいなら、クッション性のある素材で背面を仕上げたビジネスリュックや、通気性のよいメッシュ素材のビジネスリュックを選ぶのがおすすめです。

ビジネスリュックの形状をチェック

通常のリュックタイプ

By: zozo.jp

ビジネスリュックには、大きく分けて3つのタイプあります。主に通勤用としてビジネスリュックを利用するメンズは、オーソドックスなリュックタイプでも大丈夫です。自転車やバイク通勤なら、ショルダーストラップつきのビジネスリュックを選ぶと安定感がグンとアップします。

2WAYのリュックタイプ

By: zozo.jp

業務中にもビジネスリュックを利用するのなら、持ち手のついた2WAYや3WAYタイプのビジネスリュックがおすすめです。

2WAYのビジネスリュックなら、リュックとカバンの2つを使いわけられます。通勤や移動中にはリュックとして背負い、お得意先ではカバンとして持てるため、ビジネスマンにとって便利なアイテムです。

3WAYのリュックタイプ

By: rakuten.co.jp

3WAYのビジネスリュックなら、2WAYの使い方に加えて、ショルダーとしても利用可能。シーンに応じて幅広く使いわけできるため、ひとつ持っておくと重宝します。

カバンとして持ったときにカジュアルになりすぎないよう、高級感がある3WAYのビジネスリュックを選ぶと安心です。

PCも入る大容量ビジネスリュックのおすすめブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) Access 22

「ザ・ノース・フェイス」は、1966年に創業したアメリカのアウトドアブランドです。登山用品などを製作しているだけあって、丈夫で機能性に優れたビジネスリュックを展開しています。

本製品は22Lのビジネスリュックで、背面には15インチまでのPCを収納できる専用ポケットを備えているのが魅力。ポケットには「イジェクター」というパーツが付いていて、これを持ち上げるだけでPCを簡単に引き出せます。

フロントには2つの縦型ジッパーポケット、サイドにはボトルポケットが付いており、収納力も抜群。背面にはクッション性や通気性、防臭性に優れた素材を使用していて、背負い心地がよく蒸れにくいのもおすすめのポイントです。

アークテリクス(ARC’TERYX)ブレード20バックパック

「アークテリクス」は、1989年にカナダで設立されたアウトドア用品など扱うブランドです。ミニマルでスタイリッシュなビジネスリュックが展開されているので、シンプル派の方におすすめ。

本製品は、15インチまでのPCだけでなく、お弁当やジャケット、小さな電気製品まで収納できる20Lのビジネスリュック。PCを収納する専用のスペースには、パットが入っていて繊細な機器をきちんと保護できます。リュックをワイドに全開できるので、荷物を取り入れしやすいのもおすすめのポイント。

ショルダーストラップには高密度のクッションを使用していて、長時間背負っていても疲れにくいのも嬉しいメリットです。自転車や徒歩での通勤はもちろん、出張用のビジネスリュックとしても人気があります。

サムソナイト(SAMSONITE)Torus Laptop Backpack VII

「サムソナイト」は、1910年にアメリカで設立されたスーツケースやバッグ類のブランドです。 「Life’s a Journey-人生は旅」をコンセプトに、シンプルかつ高品質なアイテムを展開しています。

本製品は、26Lという大容量のビジネスリュック。収納部分が2つに分かれている「2気室タイプ」のビジネスリュックで、PCのサイズに合わせてサイズを調整できる「アジャスタブル・ラップトッププロテクション」を採用しています。

内側には9つ、外側には5つのポケットがあり、ペンホルダーまで付いているという機能性の高さも魅力。スーツケースのハンドルにセットアップできるため、出張が多いメンズにもおすすめです。

マムート(MAMMUT)Seon Transporter

「マムート」は、1862年にスイスでスタートしたクライミング用品などを手がけるブランドです。機能性が高く実用的なビジネスリュックを展開しています。

本製品は、26Lというビッグサイズのビジネスリュック。リュックの中は「ワーク」と「クライム」の2つに仕切られていて、ワークコンパートメントにはPCや書類、クライムコンパートメントにはアフター5用のジムで使うアイテムを収納できるよう設計されています。

ワークコンパートメントは耐水性が高いパットで囲まれていて、PCを取り入れしやすい設計。見ためがスタイリッシュでおしゃれなので、流行に敏感な方にもおすすめのポイントです。

インケース(Incase)Icon Pack Nylon

「インケース」は、1997年にアメリカ・サンフランシスコで創業したバッグやiPhoneケースなどを手がけるブランドです。アップル社が公認しているバッグ&ケースブランドなだけあって、品質や機能性の高さが魅力。

本製品は、メインとサブの2気室構造で、メインコンパートメントには15インチまでのPCを収納できます。起毛した裏地が施されているので、PCを大切に保護できるのもおすすめのポイント。

サイドポケットにはポータブル電源やオーディオも収納できるので、流行の最先端を行くデジタル派の方におすすめのビジネスリュックです。

防水ビジネスリュックのおすすめブランド

サンワダイレクト スクエアリュック

「サンワダイレクト」は、PC周辺機器などを製造している「サンワサプライ」直営の通販サイトです。サンワサプライは1951年に設立された老舗のメーカーで、岡山県に本社を構えています。

本製品はネーミングの通り、雑誌なども収納しやすいスクエア型のビジネスリュック。製造はミリタリーブランドとして有名な、アメリカの「アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)」が担当。

22Lという大容量なのでPCも収納でき、10個のポケットが付いています。リュックの上部やフロントには「カーボンPUコーティング」が施されていて、防水性が高いのも大きな魅力です。お値段がリーズナブルなのも、おすすめのポイント。

ホグロフス(Haglöfs)SALG MEDIUM

「ホグロフス」は、1914年に設立されたスウェーデンのアウトドアブランドです。高品質でおしゃれなアイテムを手がけているため、ヨーロッパだけでなく世界中で人気があります。

本製品は、容量約16Lとデイリー使いにおすすめのサイズ感が魅力。15インチPC用の中敷きやペンホルダー、カードポケットも備えているため、ビジネス上で必要なアイテムをほぼすべて収納できます。

耐久はっ水加工(DWR)が施されているので、水の侵入を防ぎやすいのも魅力。さらに、キーホルダーが付いていて、カギも収納できるという細やかな気配りもポイント。モノを失くしやすい方にも、おすすめのビジネスリュックです。

インビクタ(invicta)ビジネス対応リュックサック

「インビクタ」は、1906年にイタリア・トリノで誕生したブランドです。イタリアでは広く親しまれているブランドで、大人から子供まで幅広く愛用されています。

本製品は、1気室15Lと通勤におすすめサイズのビジネスリュック。13インチ以下までのPCを収納できるスペースが設けられていて、PVC加工を施したポリエステルを使用しているため、水や汚れに強いのが特徴です。

背面にはメッシュ素材が使用されているため、背中が蒸れにくいのもおすすめポイント。シンプルなビジネスリュックなので、オンからオフまで幅広く利用できます。

丈夫で壊れにくいビジネスリュックのおすすめブランド

エース(ace.)デュラテクト リュックタイプのビジネスバッグB4収納1気室

「エース」は、1940年に大阪市で創業したバッグなどを手がけるブランドです。「すべての移動を旅と捉え、その移動を快適にする最適なカタチを提供する。」をコンセプトに、日本ならではの自然や造形美などをモチーフにした美しいフォルムのカバンを展開しています。

本モデルは、コーデュラナイロンなどの丈夫で耐久性がある素材を使用していて、傷が付きにくく汚れにくいエースの人気シリーズです。

「B4収納1気室」のビジネスリュックは17Lの容量で、メインポケットにPCやタブレット用の収納スペースが設けられています。奥行きが15cmと厚めなので、お弁当派の方にもおすすめです。ファスナーが大きく開くフロントのポケットには、ペンホルダーなどの収納スペースも備わっています。

ゼロハリバートン(ZEROHALLIBURTON)PRF3.0 Backpack

「ゼロハリバートン」は、1938年にアメリカ・カリフォルニア州で誕生したアタッシェケースなどを手がけるブランドです。1969年にはNASAの依頼によって、アポロ11号の「月面採取標本格納器」と呼ばれるケースを製造しています。

本製品は、耐久性に優れた高密度ナイロンを使用しているビジネスリュック。メイン収納部は2気室に分かれていて、それぞれ13インチまでのPCやタブレットを収納可能。内側にはクリアファイルなどを収納でき、外側にはペンホルダーなどが付いたポケットを完備しています。

ショルダーベルトがついているため、安定感も抜群です。背面がメッシュ素材なので、自転車や徒歩通勤にもおすすめ。スーツケースにセットアップできるので、出張用としてもおすすめのビジネスリュックです。

3Wayビジネスリュックのおすすめブランド

ノーマディック(NOMADIC) 3wayバッグ WV-03

「ノーマディック」は、「移動」をテーマとして1979年に東京で設立されたブランドです。全国の有名な百貨店などで取り扱われていて、ファッショナブルな見ためからおしゃれなメンズに人気があります。

本製品は、A4の書類などを収納できるビジネスリュック。メインスペースはファスナーで大きく開くため、書類などを出し入れしやすいのもおすすめのポイントです。

ファスナーを開くことでマチが5cm拡張される機能がついており、出張の際の大荷物にも対応。シンプルかつおしゃれなデザインなので、オンからオフまで幅広く活用できます。

マンハッタンパッセージ(MANHATTAN PASSAGE)デザインソリューション“3Way ノースウエストパッセージ 2”

「マンハッタンパッセージ」は、1974年に東京で設立されたビジネスバッグなどのブランドです。マンハッタン号にアメリカの都市・マンハッタンをかけて、「耐久性」「丁寧な物づくり」「パイオニア」「使いやすさ」をテーマにしたマンハッタンパッセージが誕生しました。

本製品は、19Lの3WAYビジネスリュックで、PCを収納できる取り外し可能なポケットが付いています。ポケットにはカラーテープが採用されていて、整理が苦手な方でも中身が一目瞭然。黒い本体に赤いステッチが効いているので、おしゃれ度もばっちりです。

グレゴリー(GREGORY)COVERT MISSION

「グレゴリー」は、1977年にアメリカ・南カリフォルニアで設立されたバックパック専門のブランドです。背負い心地やフィット感、耐久性などを追求していて、デイリーで使いやすいビジネスリュックを展開しています。

本製品は、「カバート・クラシック・シリーズ」の3WAYビジネスリュック。同シリーズではビジネスリュックに見えない、おしゃれなリュックを展開しています。

18Lというスリムなサイズなので、手提げカバンとして使用しても違和感がないのもおすすめです。コンパクトながら、保護パットが付いたPC用スペースや、脱着可能なマルチケースを完備しています。

革素材を使ったビジネスリュックのおすすめブランド

マスターピース(master-piece)Density 2WAYバックパック

「マスターピース」は、1994年に誕生した日本のバッグブランドです。メンズバッグをファッションのひとつとして捉え、おしゃれな人気シリーズを展開しています。

本製品は、ナイロンやレザー、スエード素材を使用した贅沢なビジネスリュックで、高級感のある上品な仕上がりです。

背面側にはPCを収納できるポケット、メイン収納内にはたくさんのファスナーポケットが付いています。背面のポケットにはショルダーストラップを収納できるので、ブリーフケースとしても違和感なく利用可能。

土屋鞄製造所OTONA RANDSEL(大人ランドセル)

By: tsuchiya-kaban.jp

「土屋鞄製造所」は、1965年に創業したカバンなどを手がける日本のブランドです。ランドセルからモノづくりを始めて、「工房からメイド・イン・ジャパンを届ける」べく、長く愛用できるカバンを丁寧に製作しています。

「大人ランドセル」は、童心に返れる遊び心たっぷりなビジネスリュック。ランドセルのようにシンプルなデザインでありながら、ヌメ革を贅沢に使用しているので、高級感のあるデザインに仕上がっています。コンパクトなビジネスリュックながら、13インチまでのPCを持ち運び可能。

使えば使うほどヌメ革が馴染んでくるため、オンリーワンのビジネスリュックを手に入れられます。他人と同じモノを持ちたくない方におすすめのビジネスリュックです。

ヘルツ(HERZ) ガロンリュック

By: herz-bag.jp

「ヘルツ」は、1973年に誕生した日本の革鞄工房です。ヘルツが提供している製品は、注文を受けてからひとつひとつ丁寧につくられています。世界にひとつだけのオンリーワンのカバンが手に入るのが魅力。

本製品は、ヘルツが誇るベストセラーのひとつ。PCやA4サイズのファイルを収納できる実用性に加え、革ならではのフォーマル感があるので、ビジネスリュックとして長く愛用できるモデルです。

ナイロン素材を使ったビジネスリュックのおすすめブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) Shuttle Daypack

1050デニールのコーデュラナイロンを使用した、ザ・ノース・フェイスのビジネスリュック。高級感があって、強度が高いのがおすすめのポイントです。26Lという大容量のビジネスリュックでありながら、シンプルなデザインなのでスーツにもぴったりマッチします。

メインコンパートメントは使いやすいつくりで、PCやタブレット専用のオーガナイザーを装備。セカンドポケットの上部には、スマホ用ポケットとキークリップ付きジッパーポケットを備えていて、スマホやカギをサっと取り出せます。

2本のハンドルを装備しているので、背負うだけでなく手で持ちやすいのもメリットです。

マッキントッシュ フィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)トロッターバッグ

「マッキントッシュ フィロソフィー」は、イギリスを代表する老舗アウターウェアブランド「マッキントッシュ」のセカンドラインとして誕生したブランドです。マッキントッシュならではの上質なモノづくりと、クラシックなデザインを受け継いでいます。

本製品は、3WAYのビジネスリュク。厚めのナイロン生地をベースにPVCコーティングが施されていて、上品な仕上がりです。B4ファイルを収納できるビッグサイズで、PCやタブレット用にクッションを使用したスペースがあるのも魅力です。

表面がコーティングされているため、雨や汚れをケアしやすく、「止水ファスナー」によって水の浸入を防ぎます。カバンとして持ってもスーツに似合うため、外回りなどの仕事をしている方にもおすすめです。

ブリーフィング(BRIEFING)SQパック

「ブリーフィング」は、セレクトショップ向けのバッグなどを企画している日本の企業「セルツリミテッド」が手がけるブランドです。真の「ミリタリズム」を追求し、1998年に誕生しました。MADE IN USAにこだわり、ほとんどのバッグをアメリカで製造しています。

本製品は、1050デニールのバリスティックナイロンでつくられた強靭なビジネスリュック。ブリーフィング製品のメイン素材として利用されていて、ガンケースにも使われるほどの耐久性があるのが特徴。

ブリーフィングの象徴であるラインテープもデザインされていて、丈夫なだけでなくデザイン性も兼ね備えています。ミリタリー系ファッション好きはもちろん、見ためにこだわる方にもおすすめのビジネスリュックです。

デザイン性の高いビジネスリュックのおすすめブランド

コートエシエル(Cote&Ciel)ISAR L EcoYarn

「コートエシエル」は、2008年にフランス・パリで設立されたブランドです。実用性がありながら、斬新でおしゃれなアイテムを展開しています。

本製品は、コートエシエルならではの独特なデザインが光るビジネスリュックです。背面には15インチPCを収納できるパット付きのポケットや、メッシュポケットが付いています。

「EcoYarn」という特殊な素材を使用しているため、使用の前には防水スプレーを使って汚れや水対策をしておくのがおすすめです。

エックスディーデザイン(XD Design)Bobbyコンパクト

「エックスディーデザイン」は、30年以上の歴史があるオランダのデザインブランドです。「Bobby」は、スリ防止を主な目的として考案されたビジネスリュックで、隠しジッパーや隠しポケットなど、さまざまな仕掛けが施されています。

本製品は、2017年から販売を開始した新しいシリーズ。カラーバリエーションが豊富なので、メンズだけでなくレディースやキッズ用としてもおすすめです。

反射板がついているため、自転車やバイク通勤、帰りが遅い方にも適しています。ポケットもたくさん装備しているので、ビジネスリュックとしての機能性もばっちりです。

シュピゲン(Spigen)New Coated 2 Plus バックパック

「シュピゲン」は2004年に発足した、アメリカに本社があるモバイルアクセサリーなどを手がけるブランドです。主にiPhoneやiPadケースを販売していますが、機能性が高いビジネスリュックも扱っています。

本製品は、15インチ以下のPCやタブレット、マウスなどの周辺機器を収納できるビジネスリュック。PC収納部は2重のクッション構造で、11個のポケットが付いているため、荷物が多い方にもおすすめです。

撥水加工が施されているので雨にも強く、背面はメッシュ素材のため蒸れにくいのが特徴。自転車通勤の方にも、ぴったりのビジネスリュックです。

高級ビジネスリュックのおすすめブランド

トゥミ(TUMI)ALPHA2T-Pass ビジネス・クラス・ブリーフパック

「トゥミ」は、1975年にアメリカで設立されたカバンを手がけるブランドです。スーツにマッチしたデザインと機能性の高さから、世界中のビジネスマンに愛されています。

本製品は、耐久性のある「HTLSポリエステル」でつくられたビジネスリュックで、PC用の収納スペースには取り外し可能なパットを採用。

キャリーハンドルは型押ししたレザー製なので、高級感があり、手に馴染みやすく外回りにもおすすめ。ショルダーベルトは特許を取得しおり、肩への負担を軽減しズリ落ちを防ぐ仕組みです。

アニアリ(aniary)01-05000バックパック

By: aniary.com

「アニアリ」は、2008年に日本で設立されたブランドで、主にレザーバッグなどを手がけています。すべてオリジナルの素材を使用していて、メイド・イン・ジャパンにこだわり抜いているのが特徴です。

本製品は、牛皮でできた大人のためのビジネスリュック。ドレッシーなデザインで、使い勝手も考慮されています。機能性に優れているため、上質なビジネスリュックを長く愛用したいメンズにおすすめです。

ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)Capitano CA203-リュック型ブリーフバッグ

「ペッレモルビダ」は、2012年に設立されたバッグなどを手がける日本のブランドです。細部までこだわったハイクオリティなアイテムを展開しています。

本製品は、オリジナルの型押しレザーでつくられた3WAYのビジネスリュック。クッションポケットにはウレタンが使用されていて、PCやタブレットも安心して収納できます。

ラグジュアリーな雰囲気に満ちあふれているため、大切な商談日のビジネスリュックとしてもおすすめです。

軽量ビジネスリュックのおすすめブランド

ポーター(PORTER)DAY PACK

「ポーター」は、1906年に創業した日本のカバンメーカー「吉田カバン」が手がけるブランドです。1962年に誕生して以来、おしゃれなデザインと機能性の高さで、男性だけでなく女性にも親しまれています。

本製品は「コーデュラナイロンツイル生地」を使用していて丈夫でありながら、重さは約780gと軽量なのも嬉しいポイント。表面には撥水・防汚加工が施されているので、自転車通勤の方にもおすすめです。

おしゃれでありながらPCやA4サイズの書類を収納できるので、プライベートからビジネスまで幅広く活用できます。

ミレー(MILLET) リュック ヴァリエ MIS0582

「ミレー」は、1921年に創業したフランスのアウトドア用品ブランドです。主に登山用のアイテムを展開しているため、丈夫で機能性に優れたビジネスリュックが揃っています。

本製品は、22Lの容量があり、さらにジッパーを開けば5L拡張可能です。15インチまでのPCを収納できるのも魅力の1つ。重量約940gと軽量なので、ビジネス利用はもちろん街歩きやアウトドアにもおすすめです。

本体上部には帯電防止仕様のポケットがついており、カメラやスマートフォンなどのガジェットの収納も可能。ショルダー部分のベルトは取り外してリュックに収納できるので、シーンに応じて使いわけられます。

サムソナイト(SAMSONITE)Vigonラップトップバックパック

サムソナイトの「ヴァイゴン」は、フォーマルなスタイルを好む方におすすめです。本製品は、実用的でトラディショナルなデザインが魅力。PCやタブレットを収納できる19Lの容量がありながら、なんと約800gと軽量なのもおすすめのポイントです。

背面にはメッシュ素材を採用しているので、蒸れにくいのもメリット。

ビジネスリュックのAmazonランキングをチェック

ビジネスリュックのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。