近年持ち歩くユーザーが増えている「ビジネスリュック」。もはや仕事に欠かせないアイテムとなったノートパソコンやタブレットをしっかり収納できるのはもちろん、両手が自由に使えるため、スマホ片手に移動する際もストレスにならないのが支持されている所以です。

そこで今回はビジネスリュックのおすすめモデルをピックアップ。購入を検討している方はぜひベストバイアイテムを見つけてください。

ビジネスリュックの選び方

容量とサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ビジネスリュックを選ぶ際に、まずチェックすべきは容量とサイズです。必要以上に大きなビジネスリュックを選んでしまうとストレスになるほか、フットワークにも影響してくるので注意が必要です。

ビジネスリュックを購入する場合、最低限おさえたいのが、A4サイズのファイルを収納できること。ビジネスではA4サイズが主流となっているため、少なくともA4サイズのファイルや書類がスッポリ収まるビジネスリュックを選びましょう。

奥行きで選ぶ

By: amazon.co.jp

ビジネスリュックのサイズについては縦横の幅や高さだけでなく、奥行きもしっかりチェックすべきポイント。厚みのあるビジネスリュックであれば、ペットボトルや折り畳み傘が収納しやすいほか取り出しも容易です。使い勝手に差が出てくる部分なので、ぜひ確認しておきましょう。

PC収納の有無で選ぶ

By: rakuten.co.jp

日常的にノートパソコンやタブレットを持ち歩くのであれば、それらが収納しやすいか否かはしっかり確認すべきポイント。周辺機器が入れられるスペースが確保されているかはもちろん、採用されているクッション素材や開閉するチェックの仕様なども購入する前に把握しておきましょう。

ポケットで選ぶ

By: amazon.co.jp

リュックを購入する際は容量やサイズが重要ですが、ビジネス用途での使用を考えるのであれば、内外問わずポケットの数もポイントです。

内側のポケットはアイテムを小分けして収納できるか否かを確認。外側のポケットは、チェックが開けやすいか、大きさはどれくらいか、モノの取り出しはスムーズにできるのかなどは使い勝手に関わってくる部分なので、使うシーンをしっかりと想定してから購入に踏み切りましょう。

防水性で選ぶ

By: zozo.jp

ビジネスリュックは防水性能がしっかりしているかを確認することも大切。電子機器のパソコンやタブレットを収納するのはもちろん、重要書類を持ち運ぶことも考えられるので、防水レベルを確認しておくことは重要です。

またビジネスリュックは背負って持ち歩くことが多いので、雨天時に濡れてしまうことが考えられます。傘ではカバーできないことも考慮して、ぜひ防水性の高いアイテムを選ぶのがおすすめです。

素材で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ビジネスリュックといっても、革やナイロン、ポリエステルなどさまざまな素材があります。軽さなどの機能性を重視するなら、ナイロンやポリエステル素材のビジネスリュックがおすすめ。見映え重視や高級感のあるモデルを持ち歩きたいのであれば、革のビジネスリュックを選択するのもアリです。

また機能面の充実も重要。ビジネスリュックは通勤時を考慮する必要があるので、クッション性のある素材で背面を仕上げたタイプや通気性のよいメッシュ素材を採用しているモデルの方が使い勝手は良好です。

ビジネスリュックの種類

通常のリュックタイプ

By: zozo.jp

ビジネスリュックには大きく分けて3つのタイプあります。色は黒かグレーがベース。ロゴは小さめが理想で、主張を抑えたシンプルなショルダーパットを採用したビジネスリュックを選ぶようにしましょう。

2WAYのリュックタイプ

By: zozo.jp

2WAYのビジネスリュックは、リュックと手持ちカバンの2タイプを使い分けられるのが特徴。通勤や移動中にはリュックとして背負い、お得意先ではカバンとして持てるため、見映えに配慮したいビジネスマンにとって便利なアイテムです。

3WAYのリュックタイプ

By: rakuten.co.jp

3WAYのビジネスリュックは2WAYの使い方に加えて、肩掛けができるのがポイント。サイドポケットをうまく活用したい方やシーンに応じて幅広く使い分けができるタイプを求めている方はしっかりとチェックしておきましょう。

ビジネスリュックのおすすめブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: rakuten.co.jp

日本でも高い人気を誇るアウトドアブランドの「ザ・ノース・フェイス」。最近はスポーツの分野やファッション業界においても存在感があり、ビジネスリュックにおいても機能性に優れた製品を続々リリースしています。

サムソナイト(Samsonite)

By: rakuten.co.jp

「Life’s a Journey―人生は旅」をコンセプトに掲げる「サムソナイト」。旅における利便性を追求したカバンや高機能なビジネスバッグをリリースしています。なお、デザイン性にもこだわりたい方は、よりスタイリッシュなアイテムが揃う「サムソナイトブラックレーベル」も要チェックです。

ポーター(PORTER)

By: amazon.co.jp

「ポーター」は日本の吉田カバンが展開しているブランド。熟練された職人による丁寧な裁縫が魅力的です。耐久性に優れた素材を採用している製品が多く、ラフに使っても長く使い続けられるのがポイント。ビジネスリュックに関しては豊富なバリエーションが揃っています。

グレゴリー(Gregory)

By: amazon.co.jp

「グレゴリー」はアメリカを代表するバックパックブランド。アウトドア向きのカジュアルなアイテムからビジネスにも使えるリュックまで幅広いラインナップを取り揃えているのが特徴です。これまで培われた技術によってクオリティの高いバッグを作り続けているのも魅力。セレクトショップでの取り扱いも多いブランドです。

エース(ace)

By: amazon.co.jp

国産スーツケース「デボネア」やマジソンバッグなど、便利なアイテムを数多く生み出してきた「エース」。1998年には「エース ジーンレーベル」を立ち上げ、ビジネスバッグの分野でも高い評価を受けるブランドへと進化しました。機能面が充実しているビジネスリュックを取り揃えているのが特徴です。

トゥミ(TUMI)

By: amazon.co.jp

「トゥミ」はアメリカ生まれのバッグブランド。機能性にとことんこだわり、タフさも兼ね備えたアイテムは多くのビジネスマンから支持を得ています。長く愛用できる、ハイエンドクラスのビジネスリュックを探している方におすすめのブランドです。

マスターピース(master-piece)

By: mspc-product.com

「マスターピース」はメイドインジャパンにこだわる日本発のバッグブランドです。異素材を組み合わせたアイテムやコントラストを意識したデザイン性の高いモノ、おしゃれ心をくすぐるディテールを採用するなど、ファッション性にこだわりがあるのが特徴です。

ブリーフィング(BRIEFING)

By: rakuten.co.jp

1998年に設立された「ブリーフィング」。企画は日本で行い、生産はアメリカで行なっています。展開している製品は米軍規格に適合したミリタリー仕様。カジュアルなイメージの強いブランドですが、ビジネスユースに向けた「ブラックライン」も展開しています。

アニアリ(aniary)

By: rakuten.co.jp

「アニアリ」は日本のバッグブランド。製品に採用される革は、選定だけでなく加工や染色にも徹底してこだわっており、仕上がりは良好です。革ならではの風合いを活かした大人っぽいビジネスリュックは、通勤時や出張時のスタイリングを格上げしてくれます。

モーブス(mobus)

By: amazon.co.jp

「モーブス」は陸上競技用のスパイク製造からブランドがスタート。その後は幅広いスポーツのシューズを手がけて人気を確立しました。現在はシューズのほか、バッグやアパレルなども展開。バリエーションはカジュアルからビジネスまで幅広く、コストパフォーマンスに優れたビジネスバッグを数多くリリースしています。

アークテリクス(ARC’TERYX)

By: rakuten.co.jp

「アークテリクス」はカナダのアウトドアブランド。製品は過酷な環境下でテストされており、耐久性や実用性が充実しているのが特徴です。品質やデザイン、縫製の細部にまで配慮しているのがウリ。撥水や防水性に優れているモデルを取り揃えているのもポイントです。

マキャベリック(MAKAVELIC)

By: makavelic-store.com

東京発のバッグブランド、「マキャベリック」。バックパックやデイパック、トートバッグなど幅広いラインナップを取り揃えているほか、総じてタウンユースに適したスタイリッシュなデザインのアイテムが多いのが特徴です。

ゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON)

By: amazon.co.jp

「ゼロハリバートン」の設立は1938年。同ブランドのアタッシュケースは、アポロ11号計画の際に月の石を持ち帰るために使われたことでも知られています。ビジネスリュックに関しては耐久性に優れたアイテムを数多く展開しているほか、機能性が充実しているところもポイントです。

PCも入る大容量ビジネスリュックのおすすめモデル

グレゴリー(Gregory) カバートソリッドデイ

ビジネスシーンにぴったりのシンプルデザインが魅力のアイテム。カラーもオールブラックでスッキリとまとめられており、長く愛用できるのが特徴です。

容量は24Lと荷物の多い方でも安心。チェストストラップが付いているため、自転車通勤の方にも便利です。ちょっとした旅行など幅広く使える優れモノなので、汎用性の高いビジネスリュックを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

モーブス(mobus) MBX505N

縦長のスクエアフォルムに、荷物をたっぷり詰め込める大容量ビジネスリュックです。B4サイズ対応で、容量は27L。バッグ内側にクッション性の高いウレタンパッドを搭載しているのも特徴で、ノートパソコンを収納する際も安心です。

バッグ外側のポケットも充実。使いやすいファスナーポケット、メッシュポケットが設けられており、スマホや充電器、定期など細々したアイテムの収納もスムーズなほか、サイドポケットからメインルームに直接アクセスできるのも便利です。

防水ビジネスリュックのおすすめモデル

モーブス(mobus) スクエアバックパック

防水性の高い素材として知られる「ターポリン」を採用したビジネスリュックです。止水ファスナーも採用しており、リュックの内部に水が入りにくい仕様になっているのも特徴です。

容量は16Lで、B4サイズに対応。メッシュのサイドポケットはペットボトルを入れるのに最適です。価格が1万円以下なのもポイント。比較的安価なビジネスリュックを購入したい方にとっては候補となるアイテムです。

アークテリクス(ARC’TERYX) グランヴィル バックパック

「高性能コンポジット構造」により、防水性を高めたビジネスリュック。フラップ付きで、リュック上部から雨が侵入しにくい作りに仕上がっています。また、フラップ裏には小物収納用のファスナーポケットを搭載。必要なモノをサッと取り出せて便利です。

メインルームは中身を視認しやすい広々とした作りで、ストレスなく荷物を取り出せます。パッド付きのスリーブもあり、ノートパソコンの収納に便利。収納を内側に集中させた構造で、外観がとてもスッキリしたデザインに仕上がっているのも魅力です。

丈夫で壊れにくいビジネスリュックのおすすめモデル

ブリーフィング(BRIEFING) SQ PACK

高い強度を誇る「バリスティックナイロン」を採用したビジネスリュック。ラフに扱ってもへこたれず、耐久性が高いのが特徴です。長く愛用できるビジネスリュックを求めている方におすすめです。

ビジネススタイルと相性のよい縦長フォルムは、ノートパソコンや書類を入れるのにも適しています。メインルームはA4サイズの書類も収納可能。気兼ねなく使えるビジネスリュックを探している方はぜひチェックしておくべきアイテムです。

マキャベリック(MAKAVELIC) RECTANGLE DAYPACK

スタイリッシュさと頑丈さを兼ね備えたおすすめビジネスリュック。採用されている素材は「Cordura EcoMade Canvas」で、摩擦に強く、タウンユースで使いやすいのが特徴です。

ノートパソコンを収納するスペースは背面に配置。サイドのファスナーを開ければ、すぐアイテムが取り出せて便利です。メインルーム内にもタブレットなどがすっぽりと入るポケットがあり、数多くのガジェットを持ち歩く方に配慮。タフなビジネスリュックを探している方はぜひチェックしてみてください。

3Wayビジネスリュックのおすすめモデル

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) シャトル3WAYデイパック

リュックのほか、ショルダーバッグ、手提げバッグとしても使える3WAYバッグ。ショルダーストラップは取り外し可能で、ショルダーハーネスは収納できるため、どの使い方をした時でもスッキリと持ち歩くことができます。

容量は、デイリーユースに便利な25Lサイズ。シンプルな構造のメインルームと、ポケットや仕切りが充実した前面、背面の収納部のバランスがよく、使い勝手は良好です。通勤や出張など幅広いビジネスシーンに対応できるアイテムを探している方はぜひ候補として検討してみてください。

ポーター(PORTER) TANKER 3WAY BRIEFCASE

ポーターの人気シリーズ「TANKER」のビジネスリュック。ビジネス向きのデザインを保ちながらも、素材感やオレンジカラーの裏地など、ミリタリーテイストが随所に垣間見られるのが特徴です。

メインルームはA3も収納可能な広々サイズ。衣類をキレイに収納できるホルダーも備えているため、出張にも重宝します。メインルーム以外の収納部もポケット4つにペンホルダー2つと充実しており、細々とした荷物が多い方でも安心して使えるビジネスリュックです。

トゥミ(TUMI) ALPHA 2 スリーウェイ・ブリーフ

ビジネスバッグの分野で高い評価を得る同ブランドのなかでも、人気の高い3WAYアイテム。ビジネスリュックのほか、メッセンジャーバッグ、ブリーフケースとして使えます。

メインルームは奥行きのある作りで、荷物のパッキングも簡単。かさばりがちな書類もしっかり収納できます。防水ポケットやセットアップ用のスリーブを備えるなど、機能面も充実しているおすすめビジネスリュックです。

革素材を使ったビジネスリュックのおすすめモデル

ポーター(PORTER) PORTER TIME BLACK DAYPACK

オールブラック×レザーの組み合わせで、大人の雰囲気があるビジネスリュックです。採用されている革は耐久性の高い「ステア」。革製品ながら、撥水、撥油加工が施されているため、お手入れが容易なのがポイントです。

メイン収納部は使いやすい2ルーム仕様。フロント部分には細々としたモノもスッキリ収納できるポケットを配置するなど、通勤時の使い勝手にも配慮しています。デザインはもちろん、機能面も優秀なおすすめアイテムです。

アニアリ(aniary) リュック アンティークレザー

おしゃれなレザー仕様のビジネスリュック。ややラフな雰囲気のビジネスカジュアルに合わせるのがおすすめです。革はソフトな質感と優しい表情が特徴の「ステア」が採用されています。

洗練されたスマートなフォルムはもちろん、細めのストラップを採用しているのもポイント。光沢のあるおしゃれなアイテムを求めている方や高級感のあるビジネスリュックを探している方におすすめの逸品です。

ナイロン素材を使ったビジネスリュックのおすすめモデル

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) シャトルデイパックスリム

同ブランドのなかでも人気の高いおすすめモデル。素材には、丈夫さに定評のある「コーデュラナイロン」を採用しているほか、容量は19Lと毎日の通勤にぴったりのビジネスリュックです。

スタイリッシュなフォルムのほか、安定感のあるショルダーハーネスでデザイン面もビジネススタイルにぴったり。ノートパソコンや小物の収納にも困らない充実した収納性を備えている万能なビジネスリュックです。

サムソナイト(Samsonite) Debonair IV Backpack

ボディの素材に軽量で撥水性に優れたナイロンを採用した高機能ビジネスリュック。スーツケースにセットできるスマートスリーブを採用しているなど、機能面が充実しているのが特徴です。

リュックのフロント下部に設けられたポケットもおすすめポイント。内側はビニール貼りされており、濡れた折りたたみ傘など他の荷物と別に収納したいモノを入れておくのに最適なスペースです。他にも、13インチ対応のPCポケットや小物収納に適したオーガナイザーなど実用的な機能を豊富に備えています。

ブリーフィング(BRIEFING) VERTICAL PACK MW

「スマート収納」をコンセプトにしたシリーズのアイテムです。メインルームは大きく開くフルオープン仕様で、荷物をスッキリ分けられるファスナーポケットも搭載。スリムなボディとは裏腹に、ビジネスに必要なモノがしっかり入る収納性を備えています。

素材にはキズが広がりにくい「リップストップナイロン」を採用。チェストストラップが付いているため自転車に乗る際にも使い勝手は良好です。ビジネス、カジュアル問わず使えるので、汎用性の高いアイテムを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

デザイン性の高いビジネスリュックのおすすめモデル

マスターピース(master-piece) Density 2wayバックパック

ナイロン×レザーのコントラストが美しいビジネスリュック。リュック上部だけでなく、サイドにもハンドルが付いているので、手持ちバッグとしても使用することが可能なモデルです。

フロント部分のポケットは、向きを変えて配置することでリュック、ブリーフケースどちらで使う場合にも快適に使えるよう配慮。おしゃれな上に、ビジネスシーンで使いやすい機能も整っているおすすめのアイテムです。

マキャベリック(MAKAVELIC) BOX-LOGO UNIVERSE DAYPACK

スタイリッシュなフォルムに、大きなボックスロゴが映えるおしゃれなアイテム。汚れにくいPUフィルムでコーティングされた独特の質感を持つボディが、クールなデザインをより際立たせています。

デザイン性だけでなく、タフさを兼ね備えているのも魅力。通勤時のビジネススタイルにはもちろん、きれいめなスタイルにも合わせやすいおすすめのモデルです。

高級ビジネスリュックのおすすめモデル

サムソナイトブラックレーベル(Samsonite Black Label) Luxtec Backpack

同社のラグジュアリーブランドである「サムソナイトブラックレーベル」からリリースされている高級感溢れるビジネスリュック。牛革と高強度素材の「ケブラー」を組み合わせており、上品さと耐久性を兼ね備えた逸品に仕上がっています。

かっちりとした見た目とは裏腹に、普段の使い勝手を追求した機能を備えている点も魅力。メインルーム内にはペットボトルホルダーがあり、フロント部分にはスマホなどをサッと取り出せるクイックアクセスポケットを搭載しているのもポイントです。

トゥミ(TUMI) HARRISON ベイツ バックパック

モダンな雰囲気のおしゃれビジネスリュック。シボ感が特徴の「ペブルレザー」をメイン素材に採用しています。ビジネスシーンでもファッション性を重視したいという方には、特におすすめのアイテムです。

ノートパソコン収納部には、クッション性の高いキルティング生地を採用。スーツケースへのキャリーオン機能も搭載しており、実用性も良好です。ハイエンドクラスのビジネスリュックを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ゼロハリバートン(ZERO HALLIBURTON) PRF3.0 Backpack

By: zerohalliburton.jp

高級感漂う「PRF3.0」シリーズのビジネスリュック。ブラックでまとめられたスリムなボディは、メンズのスーツ姿をよりシュッと見せてくれます。フロント部分の大胆なポケットの配置も、デザイン性を高めているポイントです。

メインルームは大きく開く仕様で視認性も良好。ノートパソコンやタブレットなどが収納しやすいポケットを備え、ビジネスシーンでの使いやすさは良好です。

軽量ビジネスリュックのおすすめモデル

ポーター(PORTER) PORTER LIFT DAYPACK

ナイロンツイル生地を採用した軽量なビジネスリュックです。重さは770g。シンプルなデザインながら、エンボス仕様のブランドロゴや、フロントにあしらわれた斜めのジッパーなどちょっとしたおしゃれな仕様もポイントです。

薄型のスッキリとしたフォルムに仕上がっているのも魅力。B4サイズ対応し、容量は14Lと普段使いに最適なサイズもおすすめポイントです。ビジネスだけでなく、プライベートでも使えるアイテムを探している方はぜひ確認しておきましょう。

エース ジーンレーベル(ace. GENE LABEL) ace.ホバーライトWR

同ブランドのビジネスラインである「ジーンレーベル」からリリースされた軽量ビジネスリュック。重量は610g。容量12Lのコンパクトサイズで、フットワーク重視のビジネススタイルの方におすすめです。

背面部分はメッシュ仕様になっているほか、チェストストラップ付きで自転車通勤にも配慮。キャリーオン機能も搭載しているので、スーツケースを持ち歩くような長期出張時にも重宝します。クセのないデザインに仕上がっているので、「とりあえずシンプルなビジネスリュックが欲しい」という方におすすめです。

アークテリクス(ARC’TERYX) ブレード6バックパック

軽さとコンパクトを追求したビジネスリュック。容量はミニマルな6Lで、ちょっとした書類をスマートに持ち歩きたいという方にぴったりのアイテムです。

混み合う電車内でも快適に持ち運べるのもポイント。背面の隠しポケットは貴重品を入れるのに便利なほか、メインルーム内には充電ケーブルを通せるクイックスタッシュポケットを備え、電子機器を持ち歩く方にはとても使い勝手のよい構造に仕上がっています。

ビジネスリュックのAmazonランキングをチェック

ビジネスリュックのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。