耐水性に優れた防水リュックは、釣りやサーフィン、ツーリングなど、環境に左右されやすいアウトドアシーンはもちろん、通勤・通学の際にも便利です。

また、防水リュックを扱っているブランドの中には、スタイリッシュでおしゃれなモデルも数多くラインナップされています。そこで今回は、機能性やデザイン性の高いおすすめブランドの防水リュックをご紹介。「選び方のポイントなども解説するので、ぜひチェックしてみてください。

防水リュックとは?

By: amazon.co.jp

防水リュックとは、雨や雪から荷物を保護する耐水性に優れたリュックを指します。リュック内部への浸水を防ぐ素材や製法を採用し、雨天時での使用にも耐えうる設計です。ただし、ひと口に防水リュックと言ってもその防水性能は製品によって異なる点には注意しましょう。

生地の防水性能

リュックに用いられる生地の防水性能には、大きく分けて「防水」「撥水」「耐水」の3つがあります。防水とは生地の中に水が浸入しないモノを指す一方、撥水とは生地の表面で水が弾かれるという意味です。また、耐水とはあくまで水を通しにくいということで、防水・撥水に比べると防水性能としては低くなります。

防水と完全防水の違い

防水とは?

By: amazon.co.jp

防水モデルのリュックは撥水素材が採用されていたり、生地に撥水コーティングが施されていたりするリュックです。また、縫い目から水の侵入を防ぐ「シームシーリング加工」を施しているモノもあります。

激しい雨に長時間さらされるシーンには不向きですが、小雨程度であれば内容物を保護できる性能を持っています。通勤・通学の際に傘をさしたり、屋根のある場所を中心に歩いたりする方におすすめ。さまざまなブランドがリリースしているので、自分好みのデザインを見つけやすいのが魅力です。

完全防水とは?

By: amazon.co.jp

完全防水モデルのリュックは、ターポリンなどの水に強い素材を採用し、縫い目を溶接するなどの特殊な処理を施して隙間を作らないように設計されています。開口部の仕様は、フラップやロールトップを採用することで、ファスナーを採用した防水モデルよりも優れた耐水性を実現。

水の中に長時間沈めたり、長時間水にさらし続けたりしなければ浸水の心配はありません。そのため、アウトドアシーンや自転車での通勤・通学の際にもおすすめです。

防水リュックの選び方

採用している生地をチェック

防水リュックは生地に採用されている素材や製法によって防水性能が異なります。ハードな使い方をするなら「ターポリン」や「バリスティックナイロン」がおすすめですが、生活防水レベルであればポリエステルやナイロンでも十分。

なお、撥水加工が施されている製品はより耐水性が高められていますが、使用年数が長いと効果が弱くなってしまうので考慮しておきましょう。

リュックの容量をチェック

By: amazon.co.jp

防水リュックは、通常のリュックと同様にいくつか容量の基準があります。小さめサイズは15L程度、通常サイズは20L程度、大容量サイズは30L以上が目安です。

最も一般的なサイズは20L程度で、通勤・通学の荷物などもひと通り収まります。容量が大きいと便利ですが、その分重い製品もあるため、入れたい荷物に合わせて容量を検討してみてください。

ポケットの数をチェック

By: amazon.co.jp

多くの荷物を持ち運ぶ方は、内側のポケットが充実している防水リュックがおすすめ。ノートパソコンやモバイルバッテリーなど外出時に必要なものを、アイテム別に収納できることがメリットです。

外側のポケットが充実している防水リュックは、地面に降ろすことなくポケットにアクセスが可能。定期やICカード、ウォーターボトルなどをすばやく取り出せるメリットがあります。

ノートパソコンやタブレットを収納できるかチェック

By: rakuten.co.jp

ノートパソコンやタブレットは、オフィスやプライベートに関係なく持ち運びたいアイテム。専用の収納スペースが設けられている製品もあるので、普段使用するノートパソコンやタブレットのサイズに対応できるかもチェックしておきましょう。

また、ノートパソコンやタブレットを固定できる構造になっていたり、クッション性が高められていたりするモデルもあります。より安全に持ち運びたいとう方は、繊細な機器を保護できる設計になっている防水リュックがおすすめです。

防水リュックのおすすめモデル

アークテリクス(ARC’TERYX) ARRO 22 6029

止水性が高い「WaterTighTジッパー」を採用した防水リュック。生地には、通常のナイロンに比べて5倍の強度を有すると言われている「バリスティックナイロン」を採用しています。

シンプルで落ち着いたデザインなので、ビジネスシーンでの活用にもおすすめ。メインポケットにはA4ファイルや15インチのノートパソコンが収納できます。

アークテリクス(ARC’TERYX) GRANVILLE 18749

余計な装飾がない洗練されたディテールで、会社や学校にも背負っていけるシンプルなデザインが魅力。高次元複合構造「AC2技術」によって優れた防水性を実現しています。

内側には、衝撃から守るパッド入りのスリーブが備わっており、15インチのノートパソコンを安全に持ち運ぶことが可能です。フラップ部分にもポケットが搭載されているので、ICカードやスマホなど細々としたモノを収納するのに便利。さらに、自転車用のライトを取り付けられるクリップ付きなので、自転車で通勤・通学する方にもおすすめです。

コールマン(Coleman) リュック ウォーカー33 CBB4031

撥水加工を施したナイロンツイル素材採用の防水リュック。チェストストラップとウエストベルトを装着することで、身体にフィットして負担を軽減します。

バックパネルは通気性に優れたメッシュ素材で、長時間背負う際の蒸れを防止。短期間の旅行にも対応できる33Lの大容量で、外出時に荷物が多くなりがちな方におすすめの防水リュックです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) リュック BC FUSE BOX NM81630

アウトドアブランド「ザ・ノースフェイス」の人気モデル。メインの素材には耐摩耗性と耐水性が高い、TPEファブリックラミネートのポリエステル地を採用しています。

開口部が大きく、出し入れしやすいのが魅力。リュック側面に付いているストラップで、持ち運ぶ荷物に応じた容量の調整が可能です。また、アクティブなシーンではチェストベルトを装着して身体にしっかり固定できます。自転車のヘルメットやキーホルダーを取り付けられるデイジーチェーンも付いており、通勤・通学に自転車を利用する方におすすめです。

パタゴニア(patagonia) ブラックホールパック 25L 49296

軽量で防水性に優れたTPUに、撥水加工を施した防水リュック。フロント部分にあるデイジーチェーンには、自転車のライトやヘルメットを取り付けて持ち運ぶことが可能です。サイドポケットはストレッチ仕様のため、さまざまなサイズのウォーターボトルを収納できます。

メインポケットは15インチのノートパソコンを収納できるサイズで、複数の道具を持ち運ぶアウトドアシーンでも十分な大きさです。

グレゴリー(GREGORY) ピアポント

開口部は雨天に強いフラップを採用し、生地の裏側にTPE加工を施すことで耐水性を高めています。熱形成されたバックパネルは、フィット感があり通気性に優れた設計です。

内側にはノートパソコンやタブレットが入る専用スリーブがあり、デリケートな機器を衝撃から保護。外側にある3つのポケットは耐水性のあるファスナーを採用しているのもポイントです。

オルトリーブ(ORTLIEB) ヴェロシティ R4006

耐久性にこだわった製品を世に送る「オルトリーブ」。本製品は、ロングセラーモデルの防水リュックです。背面には通気性を確保するためのパッドが配置し、ショルダーとウエストのベルト部分は人間工学に基づいた設計なので快適に使えるのが魅力。

フロント部分にはスロットが付いており、リアライトやヘルメットが取り付けられます。内部のメイン収納部には、B4サイズの書類などをそのまま収納できるのもポイント。着脱可能なオーガナイザーも付属しているので、荷物を整理して入れられます。

クローム(CHROME) リュックサック YALTA2.0 BG188NITE

クロームの人気製品「YALTA2.0」のアップデートモデル。夜間の視認性を高めるため、リフレクターパネルを採用しているのが特徴です。ショルダーストラップの素材には、エアーメッシュを採用することで通気性を確保。開口部は、ロールトップ仕様で防水性が高いのも魅力です。

クローム(CHROME) バックパック RUBBERIZED BARRAGE BG163

フロント部分に格子状の「カーゴネット」を備えた防水リュック。ヘルメットやジャケットなどさまざまな荷物を収納することが可能です。メインポケットは容量の調節機能があり、荷物に応じて22〜34Lまで調節できます。

カーゴネットはモードな印象を与え、デザイン性と実用性が見事に調和されています。他の防水リュックにない独特なディテールで、周囲と違うアイテムを求める方におすすめです。

マスターピース(Master Piece) LIGHTNING 02116-EC

強度と防水性の高い「バリスティックナイロン」を採用した防水リュック。側面の片手で届く位置にジップポケットを備えており、背負ったまま収納したモノを出し入れできます。

内側のメイン収納部にはペンやメモ帳が入る小さなポケットと、さまざまな用途に使えるファスナータイプの大きなポケットを搭載。デザイン性が高く、収納力にも優れているのでビジネスシーンにおすすめの防水リュックです。

マスターピース(Master Piece) Density 2ウェイリュック 01389-CO

マスターピースの人気シリーズである、2ウェイリュック「Density」の特別モデル。生地にナイロンツイルを採用した、高級感のある落ち着いた光沢が魅力です。

メインポケットは大きく開くので視認性がよく、必要なアイテムに素早くアクセスできます。外装には2つのポケット、内装には3つのケットを配置。また、縦・横どちらからでも収納できる、便利なパソコンスリーブを備えているのもポイントです。

レインズ(Rains) Backpack 12200104

ポリエステル素材に、撥水性を高めるポリウレタンコーティングが施されています。開閉部にマグネット式フラップ、背面ポケットに止水ジッパーを採用。水の侵入を防ぎつつ、アクセスも簡単なのでスマホやICカードを収納しておくと便利。ミニマルなデザインも魅力。機能性とファッション性が高い防水リュックを探している方におすすめです。

アクアクエスト(Aqua Quest) Sport 30L 防水ドライバッグ 290

内側からコーティング加工された堅牢な防水布を採用。柔軟性があるため折れによってクセが付きにくいです。縫い目は防水テープで覆われているため、雨天でも安心して使用できます。メインポケットの開口部はマジックテープタイプになっており、ロールトップタイプに匹敵する優れた防水性能。

ショルダー・ウエストベルトはクッション性が高く、長時間背負ったままでも疲労が少ないです。また、パッド入りのバックパネルは優れた通気性で、背中の汗や蒸れを防ぐように設計されています。サイドのドリンクポケットはストラップで固定されており、激しいアウトドアシーンにもおすすめです。

ベルーフ(beruf) STROLL brf-CF14-HD

ベルーフがサイクリスト向けにリリースした、ロールトップ式の防水リュック。無駄が省かれたミニマルな外観と、機能的な内装でビジネスシーンにもおすすめ。15インチのノートパソコンが入るスリーブや、書類を折り曲げずに収納できる芯材を備えています。

生地に採用されている「コーデュラ66ナイロン」は、引き裂けや耐摩耗性が高い優秀な素材。ヘビーユースにおすすめの防水リュックです。

ピラルク(PIRARUCU) バックパック GP-002

素材に、防水性と耐久性に優れた「ターポリン」を採用した防水リュック。高周波で生地を溶着するウェルダー加工を採用、縫い目がないため浸水の心配がありません。また、ちょっとした汚れであれば、サッと拭くだけでキレイになります。

チェスト・ウエストストラップを装着することで、激しく動いてもぐらつきにくいのが魅力。内部にすばやくアクセスできる大きな開口部は、雨の侵入を防ぐ「ロールトップクロージャーシステム」を採用しています。空気が余分に入ってしまった場合は、フロントに搭載している「AIRバルブ」を使って空気を抜くことが可能です。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) CP Transfer 49430001

米軍のフライトジャケットを手掛ける「アルファインダストリーズ」の防水リュック。内装は視認性に優れたオレンジ色で、内容物をすばやく見つけられます。収納容量が大きいボックスタイプで使い勝手がよく、通学時に多くの荷物を入れたい学生におすすめ。収納ポケットは9つ用意されており、小物を整理して持ち運べます。

リーパー(Leaper) スクエア リュックサック LE9013

上部のフラップで、開口部のファスナーからの浸水を防ぎます。右側にはメインポケットにつながるファスナーが付いており、背負ったまま中身にアクセスできる便利な設計です。

外側は3つのファスナー付きポケットを備えており、スマホなどのよく使う小物を入れておくのに便利。また、両サイドにはペットボトルや折りたたみ傘を収納できるポケットを搭載しています。14インチまでのノートパソコンを収納できるのもポイントです。

オニール(O’NEILL) ウェットバック マリンバック GO-9450

アクティブスポーツ&ライフスタイルブランド「オニール」の防水リュック。素材はターポリンを採用しているため、耐水性と耐久性も優れています。

シンプルで普段使いに適したデザインながら55Lの大容量で、出張や一泊旅行におすすめ。また、サーフィンなどのマリンスポーツであれば、セミドライスーツやサーフブーツなどを収納することも可能です。