耐水性に優れた「防水リュック」。天候に左右されやすいアウトドアシーンはもちろん、通勤や通学の際にも便利です。また、防水リュックを扱っているブランドのなかには、スタイリッシュでおしゃれなモデルも数多くラインナップされています。

そこで今回は、機能性やデザイン性の高いおすすめの防水リュックをご紹介。選び方のポイントなども解説するので、ぜひチェックしてみてください。

防水リュックとは?

By: rakuten.co.jp

防水リュックとは、雨や雪から荷物を保護する耐水性に優れたリュックを指します。リュック内部への浸水を防ぐ素材や製法を採用し、雨天時での使用にも耐えられる設計です。しかし、ひと口に防水リュックといっても防水性能は製品によって異なるので注意しておきましょう。

生地の防水性能

By: rakuten.co.jp

リュックに用いられる生地の防水性能には、大きく分けて「防水」「撥水」「耐水」の3つがあります。防水とは生地のなかに水が浸入しないモノを指し、撥水とは生地の表面で水が弾かれるという意味です。耐水はあくまでも水を通しにくいという意味で、防水・撥水に比べると性能としては低くなります。

そのため、アウトドアシーンや雨天時でも活躍できるモデルが欲しい方は、防水性と撥水性を確認しておきましょう。

防水と完全防水の違い

防水とは?

By: amazon.co.jp

防水モデルのリュックは撥水素材が採用されていたり、生地に撥水コーティングが施されていたりします。また、縫い目を熱と圧力で貼りつける「シームシーリング加工」が施されているモノであれば、縫い目から水の侵入を防ぐことが可能です。

防水リュックは、激しい雨に長時間さらされるシーンには不向きですが、小雨程度であれば内容物を保護できる性能が備えられています。そのため、通勤や通学の際に傘をさしたり、屋根のある場所を中心に歩いたりする方におすすめ。さまざまなアイテムが発売しているので、自分好みのデザインを見つけやすいのも魅力です。

完全防水とは?

By: amazon.co.jp

完全防水モデルのリュックは「ターポリン」などの水に強い素材を採用し、縫い目を溶接するなどの特殊な処理を施して隙間を作らないように設計されているのが特徴。開口部は、フラップやロールトップを採用することで、ファスナーを採用した防水モデルよりも優れた耐水性を備えています。

水のなかに長時間沈めたり、長時間水にさらし続けたりしなければ浸水のリスクが低いのもメリット。そのため、アウトドアシーンや自転車での通勤・通学の際にもおすすめです。

防水リュックの選び方

採用している生地をチェック

By: rakuten.co.jp

防水リュックは、生地に採用されている素材や製法によって防水性能が異なります。ハードな使い方をするなら「ターポリン」や「バリスティックナイロン」がおすすめですが、生活防水レベルであればポリエステルやナイロンでも十分です。

なお、撥水加工が施されている製品はより耐水性が高いですが、使用年数が長いと効果が弱くなってしまうので注意しておきましょう。

リュックの容量をチェック

By: amazon.co.jp

防水リュックは、通常のリュックと同様に容量のバリエーションがいくつかあります。通常サイズは20L程度、大容量サイズは30L以上が目安です。

一般的なサイズである20L程度は、通勤や通学の荷物などもひと通り収まります。容量が大きいと便利ですが、その分製品自体が重くなる傾向にあるため、入れたい荷物に合わせて容量を検討してみてください。

開口部の形状をチェック

By: rakuten.co.jp

防水リュックの開口部は、大きく分けて3つのタイプに分類できます。1つ目は開口部を巻いて閉めるロールトップタイプ、2つ目はジッパーで開閉するジッパータイプ、3つ目はリュックの上部にフタが付いたフラップタイプです。

ロールトップタイプは開口部を内側に丸めて隙間をなくすことで、雨の侵入を防げます。また、荷物の量に合わせて収納スペースを調節できるのも魅力です。

ジッパータイプの防水リュックには、閉めるとテープ部分が密着して隙間がなくなる止水ファスナーが使われています。

さらに、フラップタイプの防水リュックは、開口部をフタで覆うことにより雨の侵入を防げるのが特徴。止水ファスナーと組み合わせることで防水性を高めたリュックもラインナップされています。

ポケットの数をチェック

By: rakuten.co.jp

多くの荷物を持ち運ぶ方は、内側のポケットが充実している防水リュックがおすすめ。ノートパソコンやモバイルバッテリーなど、外出時に必要なモノをアイテム別に収納できることがメリットです。

外側のポケットが充実している防水リュックは、地面に降ろすことなくポケットにアクセスできるので便利。Suicaなどの交通系ICカードやペットボトルなどを素早く取り出せるため、おすすめです。

防水リュックのおすすめモデル|通勤向けの20L前後タイプ

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リュック シャトルデイパック

アメリカの人気アウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」のビジネスリュックです。素材には撥水性・耐久性に優れたバリスティックナイロンを採用。シンプルなスクエア型のフォルムは、スーツとの相性も良好です。

容量は通勤用にぴったりな25L。内側はメイン収納に加え、15インチのノートPC・タブレット用の収納スペースも備えています。

フロントポケットは上下に分かれており、スマホや財布、定期入れなどの収納に便利。タウンユースや通勤・通学用の防水リュックを探している方におすすめです。

オルトリーブ(ORTLIEB) ヴェロシティ 23L

防水リュックを豊富に扱うドイツのメーカー「オルトリーブ」のリュックです。独自の3D溶接とコーティングを施した生地を使い、高い防水性を実現。開口部は雨が侵入しにくいロールトップタイプです。

容量は23L。内側にはノートPCも入る取り外し可能なオーガナイザーが付いています。さらに、外側にはヘルメットやリアライトを取り付けられるスロットを備えているため、自転車やバイクでの移動時にもおすすめです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ターポリンデイパック DBT420-BK

人気のアウトドアブランド「ドッペルギャンガー」のロールトップ防水リュックです。素材には水に強いターポリンを採用。フロントポケットは完全防水ではないものの、止水ファスナーを使っているので急な悪天候でも安心して使えます。

容量は普段使いしやすい20L。ショルダーベルトは着脱可能で、バイクに乗る際にはシートに固定して使うシートバッグとしても活躍します。

バッグ内部の余分な空気を外に出せるエアバルブを搭載しているのも嬉しいポイント。自転車・バイクで通勤している方や、川や海辺などの濡れやすいアウトドアシーン用の防水リュックを探している方におすすめです。

ポーター(PORTER) ハイブリッド バックパック 737-17819

日本発の人気バッグブランド「ポーター」の防水リュックです。素材には高い防水性・強度を誇るX-PACコーデュラナイロンを採用。上部には開口部を覆うフラップが付いているため、少々雨に濡れても安心です。

背面下部に、スマホや音楽プレイヤーの収納に便利なファスナークッションポケットを備えているのも特徴。さらに、フロントには大きなファスナーポケット、両サイドには折りたたみ傘や500mlペットボトルも入るメッシュポケットが付いています。

メイン収納内にはノートPCを保護しながら持ち歩けるクッションポケットを配置。プライベートからビジネスシーンまで、幅広く活躍するおすすめの防水リュックです。

ジェリー(GERRY) リュック シームデイパック GE2010

容量11Lのコンパクトな防水リュックです。素材には撥水加工した高密度ナイロン生地を採用。さらに、縫い目から水が侵入するのを防ぐシームテープ加工を施すことで、防水性能を高めています。

フロントには斜めにカットされたファスナーポケットを配置。内側はメイン収納1つのシンプルな構造で、小物収納用のポケットも1つ備えています。

カラーバリエーションはブラックとベージュの2色展開です。軽量でおしゃれな防水リュックを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ピラルク(PIRARUCU) バックパック 25L GP-011

日本の老舗レインウェアメーカーが運営する「ピラルク」の防水リュックです。ロールトップ式の開口部と、スタイリッシュなスクエア型フォルムが特徴。空気を抜きサイズの調節ができるエアバルブも搭載しています。

ボディの素材には高い防水性能を誇るターポリンを採用。また、生地を圧着して縫い目をなくしているため、雨に濡れても浸水しにくいのが魅力です。

背中に触れる背面パネルには凹凸のあるクッションパッドが付いており、汗をたくさんかいても蒸れにくく快適。カラーバリエーションも豊富なので、コーデのアクセントになるおしゃれな防水リュックを探している方におすすめです。

レインズ(RAINS) バックパック 1220

デンマーク生まれのファッションブランド「レインズ」の防水リュックです。素材にはレインウェアと同じポリウレタン生地を採用。光沢を抑えたマットな質感で、落ち着いたデザインに仕上がっています。

背面にはスマホや貴重品の収納に便利なファスナーポケットを配置。メイン収納はA4サイズ対応で、メイン収納内にもオープンポケットやファスナーポケットを備えています。

余計な装飾を省いたミニマルなデザインは、スーツやジャケット中心のきれいめコーデとも好相性。オン・オフを問わず活躍する、おしゃれな防水リュックを求めている方におすすめです。

クローム(CHROME) アーバン EX ガスキャン バックパック BG254GYBK

昔のガソリン缶をモチーフにデザインされた、個性的な防水リュックです。糸を使わずに生地同士を接着するナールドウェルデッド技術により、完全防水を実現。開口部は水平ファスナーで開閉するフラップタイプです。

内側は1気室のシンプルな構造。スマホや財布などのよく使う小物類は、取り外し可能なオーガナイゼーションパネルで整理して収納できます。

容量は約22Lで、A4サイズに対応。防水性や収納力はもちろん、デザイン性を重視したい方におすすめの防水リュックです。

コロンビア(Columbia) STAR RANGE SLIM EVAP BACKPACK PU8399

登山用ウェアなど、高機能なアウトドア用品を取り扱う人気ブランド「コロンビア」の防水リュックです。ナイロン生地に独自の撥水機能「オムニシールド」テクノロジーを施すことで、防水性能を高めています。

メイン収納はB4サイズ対応。内側にはノートPCやタブレットを外部の衝撃から守れるパッド入りポケットを備えているほか、小物の収納に便利なオーガナイザーポケットも搭載しています。

背面パネルはメッシュ構造になっており、背負い心地も良好。内ポケットが充実した防水リュックを探している方におすすめです。

グレゴリー(GREGORY) ビジネスリュック カバートミッションデイ GM74676

人気リュックブランド「グレゴリー」のビジネスリュックです。光沢を抑えた深みのあるブラックカラーが高級感を演出。素材には高耐久・撥水性に優れたバリスティックナイロンを採用しており、少々の雨なら気にせず持ち歩けます。

メイン収納はA4サイズに対応。内側にはビジネスツールを整理するのに便利なオーガナイザーポケット・ノートPC用の保護ポケットを備えています。さらに、コンパクトなポーチが付属しており、モバイルバッテリーや電源コードの収納に便利です。

重量は1kg以下と軽いのもポイント。長く愛用できる防水リュックを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アディダス(adidas) ボックス型リュックサック 61092

ドイツ生まれの人気スポーツブランド「アディダス」の防水リュックです。フロントにあしらわれた大きなブランドロゴが特徴。素材には撥水加工を施したポリエステルを採用しています。

容量は23Lで、メイン収納はB4サイズに対応。フラップ・フロント・サイドのそれぞれにポケットが付いているため、メイン収納を開閉しなくても小物類をサッと取り出せます。

また、重量が約620gと軽いのも魅力。荷物が多い学生の方や、いつものコーディネートにアクセントを加えられるスポーティーな防水リュックを探している方におすすめです。

防水リュックのおすすめモデル|30L以上の大容量タイプ

ミズノ(MIZUNO) ターポリンバックパック 33JD8030

フロント中央にあしらわれたミズノのブランドロゴがポイントの防水リュックです。素材は丈夫で水に強いターポリンを採用。マチ幅が広めで、床に置くとしっかりと自立するのもポイントです。

容量は約30L。仕切りのない1気室タイプなので、着替えなど大きめの荷物もスムーズに出し入れできます。また、フラップやメイン収納内には複数のポケットを備えており、定期入れやスマホなどを整理したいときに便利です。

スタイリッシュなスクエア型のフォルムは、幅広いコーデに合わせやすいのが魅力。仕事のあとにジム通いをしている方や、1泊2日程度の旅行用防水リュックを探している方におすすめです。

ラドウェザー(LAD WEATHER) 防水リュックサック 40L

アメリカと日本の共同開発によって誕生したアウトドアブランド「ラドウェザー」の防水リュックです。容量は40L。内側は仕切りのないシンプルな設計で、キャンプ用品や2泊3日分の着替えなど、かさばる荷物もスムーズに収納できます。

登山などの過酷な状況を想定した高い防水性能も魅力です。生地には、軽量で耐水性に優れた「PVCターポリン」を使用。縫い目をなくす圧着加工やロールトップ式の開口部などを採用し、雨から荷物を守れるよう配慮されています。

イエローやレッドなど、鮮やかなカラーが選べるのが嬉しいポイント。大容量でおしゃれな防水リュックを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

オルトリーブ(ORTLIEB) メッセンジャーバッグ 39L

自転車に乗ることを想定して設計されたロールトップ防水リュックです。容量は39Lと、大きめサイズ。同ブランド独自の防水生地と3D溶接加工によって、高い耐久性と防水性能を発揮します。

メイン収納はA3サイズに対応。背面には立体的なクッションパッドを配置し、リュックと背中の間に風の通り道を作ることで高い通気性を確保しています。

カラーバリエーションは全4色。普段から自転車で通勤・通学している方や、休日にサイクリングを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

シマノ(SHIMANO) XEFO ロックトラバース ドライパック DP-245Q

釣具や自転車用品で高い人気を誇る「シマノ」の防水リュックです。岩の多い磯に置いても破れないよう、底部に二重補強を施しているのが特徴。また、縫い目を溶接することによって、雨や波しぶきがかかっても浸水しにくいよう配慮されています。

容量は約30L。立体的な独自の背面パッドによって通気性を高めると同時に、ベストを着たまま背負ってもリュックがズレにくくなっているのもポイントです。

タウンユースでも使いやすいおしゃれなデザインも魅力。釣りや水辺のアウトドアシーンなどで活躍するおすすめの防水リュックです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リュック ジーアールバックパック NM61817

防水透湿素材「ゴアファブリック」を使用した防水リュックです。生地の縫い目にはシームシーリング加工を採用。さらに、メイン収納やポケットの開口部には全て止水ファスナーを使用しています。

雨に濡れやすいトップ部分には、取り外し可能な雨蓋を設置。サイドやフロントにはファスナーポケットやフラップ付きポケットが付いており、使い勝手も良好です。

メイン収納の容量は30L。フィット感を高めるよう設計されているので、ハイキングやキャンプなど、アウトドア用の防水リュックを探している方におすすめです。

クローム(CHROME) YALTA 3.0 バックパック

3層構造のナイロン生地を使った防水仕様のリュックです。容量は最大35L。トートバッグとしても使える、取り外し可能なライナーを搭載しているのが特徴です。

サイドにはメイン収納にアクセスできるファスナーを配置。フロントやサイドには止水ファスナー付きポケットを備えており、使用頻度の高い小物の収納に便利です。

大容量ながら本体重量は1kg以下と軽いのも嬉しいポイント。荷物の量やシーンに合わせて自由度の高い使い方ができる、おすすめの防水リュックです。

コロンビア(Columbia) スクエアリュック 30L PU8020

A3サイズの書類も収納可能なスクエア型の防水リュックです。ポリエステル製のボディに独自の撥水機能「オムニシールド」テクノロジーを施すことで、撥水性を向上。フロントには大きめのファスナーポケットを備えています。

メイン収納は上下に分かれた2層式。広い上段には書類・パソコンなどの荷物、下段には靴や汚れ物を収納するなど、シーンに合わせて自由に使い分けられます。

カラーバリエーションは全4色。デザインと機能性を兼ね備えたおすすめの防水リュックです。

フィラ(FILA) リュック シグナルシリーズ 30L 7577

イタリアのスポーツブランド「フィラ」のスクエア型防水リュックです。サイズは縦47×横33×マチ18cm。ボディの素材にはTPU加工で撥水性を高めたナイロンを採用しています。

フロントにはL字に大きく開くファスナーポケットを配置。トップにもファスナーポケットが付いているので、よく使う小物も整理して収納できます。また、内側にはクッション入りポケットを備えているため、普段からノートPCを持ち歩く方にもぴったりです。

サイドファスナーからメイン収納にアクセスできるのも嬉しいポイント。シンプルなカラーから個性的なカラーまでラインナップされているので、好みに合わせて選んでみてください。

コールマン(Coleman) リュックサック ウォーカー33

撥水加工を施したナイロンツイル生地を使った容量33Lのリュックです。フロントポケットのファスナー部分には、雨よけ用のフラップを設置。サイドにはトレッキングポールを固定するためのアタッチメントや、折りたたみ傘も入るメッシュポケットが付いています。

内側はメイン収納とサブ収納の2気室タイプ。サブ収納内には小物収納に便利なオーガナイザーポケットやキーフックが付いています。メイン収納はお弁当箱や水筒などの大きめの荷物を入れるのに便利です。

体への負担を軽減するためのチェストストラップやウエストベルトを備えているのもポイント。防水性能は生活防水レベルなので、タウンユースで使うのがおすすめです。

ミレー(Millet) リュック サース フェー 40+5

フランス生まれの老舗アウトドアブランド「ミレー」の防水リュックです。背面パネルにあしらわれた立体網目構造のクッション材が特徴。背中にやわらかくフィットする構造ながらも通気性がよく、汗をたくさんかいてもドライな状態をキープできます。

小物をスムーズに取り出せるポケットを多数備えているのも嬉しいポイント。背負ったままドリンクボトルを出し入れできるサイドメッシュポケットやスマホを収納できるヒップベルトも付いているため、使い勝手も良好です。

専用のレインカバーが付属しているので、悪天候時にも安心。登山やキャンプなど、本格的なアウトドアシーンで活躍するおすすめの防水リュックです。