丈夫で収納力に優れた「ミリタリーリュック」は、キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、通勤や通学など普段使いでも活躍します。ミリタリーテイストが魅力の個性的なデザインは、おしゃれな着こなしにもマッチ。

そこで今回は、おすすめのミリタリーリュックをご紹介。選び方のポイントも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ミリタリーリュックの魅力

By: amazon.co.jp

ミリタリーリュックの魅力は、軽さと耐久性のバランスがよいところ。登山にも耐える防水性に優れたアイテムが多く、重い荷物を詰め込んでも壊れにくいので長く愛用できます。

また、外ポケットのサイズや配置に工夫を凝らしたモノが豊富。さらに、チェストベルトやウエストベルトなど、重い荷物を快適に持ち運ぶための機能が充実しているのも嬉しいポイントです。

デザイン性や収納力、背負い心地のよさを兼ね備えており、普段使いからアウトドアまで重宝します。

ミリタリーリュックの選び方

容量をチェック

By: amazon.co.jp

ミリタリーリュックは、15L程度の小さめサイズ、20~30Lの通常サイズ、40L以上の大容量サイズに分けられます。

もっとも一般的な容量は20~30Lで、2泊3日程度の着替えや食料などがひと通り収納可能。タウンユースにもアウトドアにも活用しやすいサイズなので、迷ったら20~30Lのミリタリーリュックを選んでみてください。

タウンユースをメインに使いたい場合は、15~20Lのミリタリーリュックがおすすめ。スマートなフォルムながらも小物収納の充実しているアイテムが多いため、普段使いにはぴったりです。

40L以上の大容量モデルは、本格的なアウトドアで使いたい方におすすめ。ただし、たくさんの荷物を快適に持ち運ぶためには、体にしっかり固定できるモノを選ぶ必要があります。ウエストベルトなどの固定するための機能を備えているか、必ず確認しましょう。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

ミリタリーリュックを選ぶ際には、リュック自体のデザインだけでなく普段のファッションとの相性や使うシーンを考慮しておくことが大切です。

ミリタリーリュックといえば迷彩柄ですが、通勤や通学など普段使いするならブラックやグレーなどのベーシックなカラーのリュックがおすすめ。特にブラックのミリタリーリュックは幅広いファッションと相性がよいので、ぜひチェックしてみてください。

一方、迷彩柄などの個性的なデザインのアイテムは、普段のファッションにアクセントを加えたい方におすすめ。存在感のあるミリタリーリュックはシンプルなコーディネートによく映えるため、手軽にワンランク上のおしゃれを楽しめます。

防水性能をチェック

By: karrimor.jp

防水性能を大きく左右するポイントは、素材と開口部の構造、ファスナーの3つです。まずはバリスティックナイロンなどの防水性に優れた素材を使っているかチェックしましょう。

大雨から荷物を守るためには、開口部からの水の侵入を防げることが重要。開口部をフラップでおおえるモノや、開口部を内側に丸めて隙間をなくせるロールトップ仕様のモノなら、ファスナーだけのリュックよりも高い防水性が期待できます。

また、外ポケットが多いリュックを選ぶ場合、外ポケットに止水ファスナーが使われているかも確認しておきましょう。止水ファスナーは閉めるとテープ部分が密着して隙間が少なくなるので、一般的なファスナーに比べて雨が侵入しにくくなります。

さらに、ミリタリーリュックのなかには縫い目を溶接するなど、特殊な処理を施して隙間をなくした完全防水モデルもあります。水中に長時間沈めたり、水にさらし続けたりしなければ浸水の心配がないため、登山などハードな環境での使用におすすめです。

ミリタリーリュックのおすすめブランド

カリマーエスエフ(karrimor SF)

By: rakuten.co.jp

カリマーはイギリス発祥のアウトドアブランド。登山用リュックをはじめとするアイテムが人気を集めています。

特に注目を浴びているのがミリタリーラインの「SF」。SFとはSpecial Force(特殊能力)の略。軍や特殊部隊のために開発された特別仕様モデルで、機能性や収納力が高いのが特徴です。

コンドル・アウトドア(CONDOR OUTDOOR)

By: amazon.co.jp

コンドル・アウトドアはアメリカ発のアウトドアブランドで、20年以上の実績を持つ老舗です。多くの製品が米軍でも使われる本格的なミリタリーメーカーながら、価格は比較的手ごろなリュックを扱っています。

ミリタリーリュックらしい、無骨でシンプルなデザインが魅力です。

ミステリーランチ(Mystery Ranch)

By: amazon.co.jp

2000年に創設されたアメリカのバックパックメーカー。軍や森林消防隊など、過酷な環境で危険な任務に当たるプロフェッショナルのために開発されたアイテムは、優れた耐久性と防水性を有しています。

開口部が広くて取り出しやすい独自の3ジップアクセスが特徴。シンプルなデザインで幅広い世代に人気です。

ミリタリーリュックのおすすめモデル

カリマーエスエフ(karrimor SF) SABRE 30

すっきりとした縦長フォルムのミリタリーリュックです。容量は2泊3日の旅行で重宝する30L。トップには大きな雨よけ用フラップが付いており、雨が開口部から侵入しにくいよう配慮されています。

両サイドとフラップには小物収納用ポケットを配置。背面パネルは通気性のよいメッシュ構造で、さらにパッド付きのウエストベルトやチェストベルトを備えているため、背負い心地も良好です。

カラーバリエーションはブラックやオリーブなど全5色。本格的なアウトドアでも使えるタフなミリタリーリュックを探している方におすすめです。

カリマーエスエフ(karrimor SF) SABRE DELTA 25

普段のコーディネートに取り入れやすいカジュアルなデザインが魅力のミリタリーリュックです。容量は普段使いしやすい25L。フロントにはウインドブレーカーなどを挟んで固定できるショックコードが付いています。

背面の立体的なメッシュパネルもポイント。リュックと背中の間に、風の通る空間ができるので、たくさん汗をかいても蒸れにくく長時間快適に背負えます。

開口部には止水ファスナーが使われており、防水性も良好。また、耐久性に優れたナイロン生地「KS100e」を採用しているため、長く愛用できるリュックを探している方におすすめです。

カリマーエスエフ(karrimor SF) Predator Patrol 45

重厚感のあるデザインが特徴のミリタリーリュックです。容量は45L。フロントにはポーチなどの小物が取り付けられるモールシステムを備えています。

素材には高い耐久性と防水性のあるナイロン生地「KS100e」を採用。内外に多数の収納ポケットを配置しているので、小物の収納場所に困りません。

人間工学に基づいたS字型ショルダーベルトで肩への負荷を分散できるのも嬉しいポイント。キャンプなどのアウトドアシーンで活躍する大容量のミリタリーリュックを探している方におすすめです。

カリマーエスエフ(karrimor SF) X-LITE 15

フィット感を重視して設計されたミリタリーリュックです。容量は15Lと、やや小さめ。収納ポケット付きのウエストベルトを備えており、小銭入れやスマホなど、よく出し入れする小物の収納に便利です。

メイン収納の開口部には止水ファスナーを採用。リュックの上下には、荷物の量に合わせてリュックの厚みを調節できるコンプレッションストラップが付いています。

使わないときには小さく折りたためるので、旅行先のサブバッグにもぴったり。幅広いシーンで活躍する汎用性の高いミリタリーリュックを探している方におすすめです。

コンドル(CONDOR) タクティカルギア 169 Convoy

5つの収納スペースを備えた機能的なミリタリーリュックです。容量は22L。メイン収納はA4サイズで、13~15インチのノートパソコンに対応したクッションパッド付きポケットも備えています。

フロントには小物収納に特化した収納スペースを確保。両サイドにも大きめのポケットが付いているので、小物をたくさん持ち歩きたいときに重宝します。

背中に触れる背面パネルは、通気性に優れたメッシュ構造。落ち着いたデザインのため、ビジネスシーンで使いたい方にもおすすめです。

コンドル・アウトドア(CONDOR OUTDOOR) Urban Go Pack

外側にポケットを多数備えたミリタリーリュックです。フロントの上下に並んだポケットは、頻繁に出し入れする小物の収納に便利。サイドには高さ約30cmのファスナーポケットを備えており、水筒などのかさばりがちな荷物も収納できます。

容量は約48L。メイン収納部にはノートパソコンを収納できるクッションパッド付きポケットや、リュックを背負ったまま水分補給できるハイドレーションシステム対応ポケットも備えています。

リュックの横揺れを防ぐウエストベルトやチェストベルトも付いているため、長時間歩くアウトドアシーンにもぴったり。旅行やキャンプなどでたくさんの荷物を整理して持ち歩きたい方におすすめです。

コンドル・アウトドア(CONDOR OUTDOOR) 160 Venture Pack

フロントやサイドにモールシステムを多数備えたミリタリーリュックです。メイン収納は衝撃を軽減するパッド付き。さらに、ノートパソコン用のポケットやタブレット用のメッシュポケットも備えています。

背面側にはハイドレーションシステム用の収納スペースを設置。フロントのオーガナイザーコンパートメントは、ビジネスツールなどの小物を整理するのに便利です。

背面パネルやショルダーベルトはメッシュ構造で、通気性も良好。デジタルデバイスを安全に持ち運べるミリタリーリュックを探している方におすすめです。

ミステリーランチ(Mystery Ranch) URBANASSAULT

3方向に大きく開く3ジップアクセスが特徴のミリタリーリュックです。ファスナーは雨が侵入しにくい止水ファスナー仕様。ボディの素材には耐久性や撥水性に優れた500Dコーデュラナイロンを採用しています。

内側はメイン収納1つのシンプルな構造で、B4サイズの書類を折りたたまずに収納可能。ポケットは外側のトップに1つ、内側に4つ備えています。

カラーバリエーションが豊富で、幅広いファッションに合わせやすいのが嬉しいポイント。普段のコーディネートにミリタリーテイストを取り入れたい方におすすめのミリタリーリュックです。

ミステリーランチ(Mystery Ranch) スーパーブーティー

防水性に優れたロールトップタイプのミリタリーリュックです。フロント上部にはおしゃれなブランドロゴをさり気なく配置。トップにはハンドルが付いており、リュックとトートバッグの2WAYで使えます。

フロント下部には大きめのファスナーポケットを配置。メイン収納はB4サイズ対応で、背面側には15インチのノートパソコンを保護しながら収納できる専用スリーブを備えています。

ブラックやダークカーキだけでなく、異なる3色を組み合わせたカラフルなモデルも人気。カジュアルときれいめ、どちらのファッションにもマッチするおすすめのミリタリーリュックです。

ミステリーランチ(Mystery Ranch) 2 DAY ASSAULT

2泊3日分の荷物をすっきりと収納できる容量27Lのミリタリーリュックです。開口部には同ブランドを象徴するY字型の3ジップアクセスを採用。カラーバリエーションはブラック・コヨーテ・フォリッジ・フォレストの4色です。

背面パネルのサイズは2種類から選択可能。さらに、ショルダーベルトの高さも自由に調節できるので、自分の体格に適したフィット感を実現できます。

メイン収納には背面のサイドファスナーからもアクセスできるため、荷物の出し入れもスムーズ。機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめのミリタリーリュックです。

ブリーフィング(BRIEFING) PROGRESSIVE HUGGER

ミリタリー仕様の耐久性と高いデザイン性で人気のブランド「ブリーフィング」のミリタリーリュックです。容量は小さめの約10.6Lで、マチ幅は約9cmとスリムなボディ。パネルカッティング仕様で背中に心地よくフィットします。

素材には、通常のナイロンの5倍もの強度を有するバリスティックナイロンを採用。防水性にも優れているため、多少の雨なら濡れるのを気にせず持ち歩けます。

メイン収納はB4サイズ対応。混雑した電車内でも気兼ねなく背負えるミリタリーリュックです。

ブリーフィング(BRIEFING) ATTACK PACK

通勤時やちょっとしたお出かけにぴったりな容量約17Lのミリタリーリュックです。素材には防弾チョッキにも使用されるバリスティックナイロンを採用。フロントには大きめのファスナーポケットを2つ備えています。

両サイドには大きめのオープンポケットを配置。折りたたみ傘や500mlのペットボトルなど、濡れやすい小物を収納するのに便利です。

シンプルかつスタイリッシュなデザインも魅力。タウンユースはもちろん、日帰りの登山などちょっとしたアウトドアシーンでも活躍するおすすめのミリタリーリュックです。

ハザード4(HAZARD4) Second Front rotatable backpack

軍事関係者を中心に高い人気を集めるブランド「ハザード4」のミリタリーリュックです。フロントには、スマホや定期入れなどの小物が整理できる大きなファスナーポケットを配置。素材には撥水加工を施したコーデュラナイロンを採用しています。

メイン収納はコの字ファスナーで大きく開くタイプ。荷物が多くてもどこに何が入っているのかひと目で分かります。また、背面側にはメイン収納から独立したパッド入り収納スペースを備えており、15インチのノートパソコンまで収納可能です。

カラーはブラックやコヨーテなど使いやすい色がラインナップされています。本格的な軍用品の雰囲気を楽しめるおすすめのミリタリーリュックです。

ハザード4(HAZARD4) Patrol Pack thermo cap daypack

ポケットや収納スペースを豊富に備えた機能的なミリタリーリュックです。フロント上部には衝撃に強いハードポケットを配置。サングラスやカメラレンズなどの割れやすい小物を収納できます。

容量は約40L。フロントやサイドにはモールシステムを豊富に備えているので、ポーチやライトなどを取り付けて自分好みにカスタマイズできます。

ボディの生地には防水加工が施されているため、本格的なアウトドアシーンにもぴったり。自由度の高い使い方ができるおすすめのミリタリーリュックです。

タスマニアンタイガー(TASMANIAN TIGER) エッセンシャルパック MK2

ミリタリーリュックを豊富に取り扱うドイツのブランド「タスマニアンタイガー」のリュックです。外側にはポケットがないものの、フロントやサイドにポーチなどが取り付けられるモールシステムを備えています。

容量は9Lと小さめサイズ。赤外線反射コーティング加工やハイドレーションシステムに対応しているなど、ミリタリーリュックならではの本格的な機能が充実しているのもポイントです。

重さは約500gと軽いので、自転車やバイクで通勤している方にもおすすめ。カラーはどんな服装でも合わせやすいブラックやネイビーに加え、おしゃれなカーボンカラーなども選べます。

ミリタリーリュックのおすすめコーデ

迷彩柄のミリタリーリュックを主役にしたカジュアルコーデ

By: wear.jp

迷彩柄のミリタリーリュックを取り入れたカジュアルコーデです。リュック以外のカラーを全てモノトーンでまとめているのがポイント。カラーのコントラストによって、リュックの存在感がさらに引き立ちます。

胸ポケットの迷彩柄もおしゃれポイント。迷彩柄のミリタリーリュックはコーデの印象をガラリと変えられるので、ぜひチャレンジしてみてください。

大容量ミリタリーリュックを使った夏のモノトーンコーデ

By: wear.jp

白Tシャツとイージーパンツを組み合わせたカジュアルなコーデです。Tシャツ以外のアイテムを黒やグレーなどのモノトーンカラーでまとめたことで、コーデ全体に統一感が生まれています。

ハットと大容量のミリタリーリュックを使って、シンプルなコーデにアクセントを加えているのもポイント。夏のコーデがワンパターンになりがちな方は、ぜひ参考にしてみてください。

色使いを工夫して個性的なTシャツを着こなしたおしゃれコーデ

By: wear.jp

ピンクとネイビーのボーダー柄Tシャツを主役にしたカジュアルコーデ。コーデに統一感を出すため、パンツのカラーをボーダー柄と同系色のネイビーで合わせているのがポイントです。

リュックにはシンプルな黒いミリタリーリュックをチョイス。さらに、きれいめデザインの黒いサンダルを合わせて、コーデをほどよく引き締めています。個性的なトップスでも色使いを工夫すれば着こなせるので、ぜひチャレンジしてみてください。

グレーのミリタリーリュックを使った秋冬コーデ

By: wear.jp

白いトップスとグレーのミリタリーリュックの対比を活かしたカジュアルなコーデです。黒パンツの裾をロールアップすることで、すっきりとした足元を演出。トップスとローファーのカラーを合わせて統一感を出しているのもポイントです。

首元にブラウン系のマフラーを加えることで、大人っぽい雰囲気をプラス。落ち着いた装いにミリタリーリュックのアクティブな要素をうまくマッチさせた、おすすめのコーデです。