登山に欠かせないアイテムの1つである「登山リュック」。重い荷物を背負い長時間歩き続ける登山において、リュック選びは重要です。身体にフィットしているかどうかという点だけでも、登山が過酷にも快適にも変わり得ます。

とはいえ、各ブランドから多種多様な登山リュックがリリースされているため、自分に合うモノを探すのは大変です。そこで今回は、おすすめの登山リュックを容量別にご紹介します。登山を安全・快適にしたい方は要チェックです。

登山リュックとは?

By: mammut.jp

登山リュックとは、登山を快適にするための機能が備わったリュックです。通常のリュックとは異なり、荷物を最小限の負担で運べるように設計されています。他にも、登山リュックには肩にかかる荷重を腰に分散させる「ウエストベルト」や、体の負担を軽減する「背面パッド」が付いているのが特徴です。

クッション性の高い「肩ベルト」、中の荷物が動かないように固定できる「コンプレッションベルト」など、機能性に優れたベルトが多く付属しているモデルも多くラインナップされています。さらに、ポケットが多く必要なモノが取り出しやすいように配置されているのも登山リュックの特徴の1つです。

また、登山リュックは体へのフィット感が重要なため、サイズ展開が豊富。身長や体型・性別に合わせて選べるようになっており、背面の長さを調整できるモデルも多く存在します。

登山リュックの選び方

自分の体型に合ったサイズを選ぶ

By: karrimor.jp

登山リュックは自分の体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。サイズ選びの基本となるのが「背面長」。首の後ろの突起した骨(第7頸椎)から背骨に沿って垂直に下り、両腰骨の上端部分を結ぶ線と交差する部分までの長さです。この背面の長さからリュックのサイズを選びます。

41cm以下ならXSサイズ、41~46cmならSサイズ、46~51cmならMサイズ、51cm以上ならLサイズというのがひとつの目安です。背面長の長さが合っていないと、摩擦で擦れたり疲れやすくなったりします。登山リュックの性能を最大限に引き出すためにも、自分の体型に合ったモノを選びましょう。

また、登山用リュックには、肩に掛かる荷重を腰に分散させるための「ウエストベルト」が付いています。短くてきついモノや長くて緩いモノはNGです。長さが合っていても、硬い・細い・薄いなど違和感があるモノは避けましょう。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

登山といっても日帰りや宿泊、遠征など日程によって荷物の量が異なります。また、防寒対策が必要な地域や季節によっても荷物の量は変わるので、シーンに適した容量の登山リュックを選びましょう。

容量の目安としては、10~20Lが軽いハイキングや日帰り登山、普段使いに適したサイズ。20~35Lは、日帰り登山・荷物が少ない山小屋1~2泊に適しています。35~50Lは、山小屋泊や荷物が少ないテント泊に対応。50~80Lは、冬の登山やテント泊、20kg以上の荷物を持っていく際におすすめです。100L以上の容量は、海外遠征や国内の長期縦走など長期間の滞在にも対応します。

シーンによって適したサイズは異なりますが、汎用性があり人気が高いのは35L前後です。荷物が少ない山小屋泊まで対応しています。サイドのコンプレッションベルトを締めれば容量が潰せるので、日帰り登山でも使いやすくおすすめ。軽いハイキングがメインの方は、普段使いも可能な20L以下の登山リュックを選ぶとよいでしょう。

機能で選ぶ

By: karrimor.jp

登山リュックには、登山を快適にするための機能が備わっています。便利であるほど負担が減らせるので、パッキングや荷物の取り出しやすさなども考慮して選びましょう。

トップリッド(天蓋)は付いているか

By: rakuten.co.jp

メイン気室の上に蓋をするように被さっているのがトップリッド(天蓋)です。トップリッドはファスナーから雨が侵入するのを防ぎ、中の荷物を守ります。収納スペースがあり、出し入れしやすいため登山に必要な小物類を入れておくのに便利です。

また、モデルによっては着脱式になっており、ヒップバッグとして利用できます。トップリッドは登山リュックのほとんどのモデルに付いていますが、軽量化のため付いていないモデルも存在するため、しっかりチェックしておきましょう。

1気室か2気室か

By: mountainhardwear.jp

登山リュックには、内部が仕切りで上下に分かれている2気室と、仕切りのない1気室があります。2気室は用途別にパッキングしておけるので、必要な道具にアクセスしやすく便利です。

ただし、人によっては2気室が扱いにくいと感じる場合もあります。多くのモデルは仕切りがジッパー式になっているため、2気室・1気室の切り替えが可能です。用途に合わせて使い分けもできます。

各種ポケットをチェック

By: millet.jp

登山リュックには、トップ・フロント・サイド・ウエストポケットなど、収納スペースが豊富にあります。モデルによって深さや広さが異なるのでチェックしておきましょう。サイドポケットは水筒やトレッキングポールなど頻繁に出し入れするモノを入れることが多いので、歩きながら取り出せる作りであるとラクです。

ウエストポケットは行動食を入れておくと、歩きながら摂取できます。ゼリー飲料などかさばるモノを入れる場合は、大きめのポケットであると便利です。何をどこに入れるかある程度決めておくと選びやすいでしょう。

登山リュックのおすすめブランド

グレゴリー(GREGORY)

By: amazon.co.jp

タウンユース向けのバックパックで広く認知されている「グレゴリー」。人間工学に基づいたデザインと品質の高さで登山者からも人気を集めています。グレゴリーの登山リュックは背負い心地のよさに注力した開発を行っているのが特徴です。

背面はグレゴリー独自の技術により、安定した歩行と通気性を実現しています。人間工学に基づいて設計されているため、さまざまな体型にフィットしやすく、登山リュックを着ているような感覚で背負えるのが魅力です。

コロンビア(Columbia)

By: amazon.co.jp

幅広い世代から支持されているアメリカのアウトドアブランド「コロンビア」。デザイン性の高さに定評があり、アパレルブランドの1つとして地位を確立しています。アウトドア向けに製造されているため機能性・耐久性も抜群です。

登山リュックは中型サイズを豊富に展開しており、普段使いにも適しています。また、コロンビアは「適正な価格」を大きなテーマとしているため、リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

カリマー(karrimor)

By: amazon.co.jp

初心者からプロの登山家まで高い信頼を得ているイギリス発のアウトドアブランド「カリマー」。プロの登山家や冒険家のフィードバックを元に開発を続けているため、デザイン性・機能性に優れているのが特徴です。

1990年の登場以来ロングセラーとなっている「リッジ」は、背負いやすく疲れにくいと人気を集めています。3タイプの背面長をラインナップしており、自分の体にフィットしやすいリュックが選べるのも魅力です。国内でリリースされているモデルは、日本人の体型に合わせて設計されています。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

アウトドア派の間で知名度が高い日本発のアウトドアブランド「モンベル」。国内生産にこだわって製造しているため登山者から高い信頼を得てます。日本製だけあって品質がよく、機能性・耐久性・防水性に優れているのが特徴です。

また、従来のナイロンよりも強度が高いモンベル独自の「バリスティックナイロン」を採用しているのもポイント。さらに、防水性の高い「ハイドロプロコーティング加工」を施しているため、天候を気にせず使用できるのが魅力です。

メンズ・レディースはもちろん、キッズサイズや本格的な大型リュックまで豊富にラインナップされています。日本人の体型にフィットしやすい設計なので、肩や背中が疲れにくいのも魅力の1つです。

オスプレー(OSPREY)

By: amazon.co.jp

登山やトレッキングで人気の「オスプレー」。小型から大型まで幅広く展開し、多様な目的に合わせた高性能登山リュックを製造しています。オスプレーのリュックは背面が4タイプに分類されており、好みやシーンに合わせて選べるのが特徴です。背面長が調節できるモデルもリリースしています。

また、コンパートメントに素早くアクセスできるサイドファスナーや、リュックを背負ったままトレッキングポールが着脱できるなど、本格的な登山にも十分な機能を備えているのが魅力です。

登山リュックのおすすめモデル|30L

グレゴリー(GREGORY) スタウト30

背負い心地に力を入れているグレゴリーならではの登山リュック。背中を囲むようにワイヤーフレームを配置することで、リュックの荷重を腰に分散し、通気性を確保しています。背面長は身長や体型、荷重に合わせて調節が可能。より高いフィット感が得られます。

トップリッドは大容量のポケットになっており、大きく開くので使いやすく便利。ウエストベルトのポケットも余裕のある大きさに作られています。フロントにはメッシュの大型ポケットを配置するなど、シンプルながら収納力も抜群。日帰り旅行からロングトレイルまで幅広いシーンにおすすめです。

コロンビア(Columbia) バークマウンテン30LバックパックII

登山に必要な機能を備えたベーシックな登山リュック。背面に内蔵されたシングルアルミステイにより、背面の形状を確保し荷重をサポート。素材には通気性に優れたメッシュを採用しています。フロントはメインコンパートメントに直接アクセスできるファスナー付きです。

リュックのサイドやトップリッドの外側・内側、ウエストベルト、メインルーム内のそれぞれにポケットを装備。トレッキングポールが掛けられるホルダーも付いています。ハイキングから登山、ロングトレイルまで活躍するおすすめの登山リュックです。

カリマー(karrimor) リッジ 30 タイプ2

多くの登山者やトレッカーから支持されている登山リュックです。「背負いやすく、疲れにくい」をコンセプトに、快適性・疲労軽減を追及して開発されています。人間工学に基づいて設計したハーネスにより、荷重を肩と腰に分散。スカピュラパッドが肩甲骨の不快な当たりを軽減します。

ウエストベルトは荷物が重いときなど、きつめに締めても腰骨などへの当たりが少ない快適な着用感です。素材には軽量かつ強度の高い「タスランナイロン」を採用。耐久性が高くハードに使用しても壊れにくく、長く使えます。気軽なハイキングから本格的な山行までカバーするおすすめの登山リュックです。

モンベル(mont-bell) チャチャパック 30

安定したフィット感で定評のあるモンベルの登山リュックです。自分の背中に合わせて微調整ができる「3Dフィット・ステー」を搭載。歩行時にはステーが上体の動作に追随し、安定感のある快適な背負い心地を実現します。

ウエストベルトは腰を包み込むように密着しリュックの荷重を分散。スタビライザーテープでフィット感の調整が可能です。フロント下半分が大きくU字型に開き、荷物の出し入れがスムーズ。底面にはレインカバーを内蔵し、使用時にはショルダーハーネスに固定できるので背面に雨が入りにくくなっています。

2方向からアクセスできるサイドポケットやハイドレーションシステム対応など、多彩な機能を備えたおすすめの登山リュックです。

ドイター(deuter) フューチュラ 30

100以上の歴史を誇るドイツの老舗ブランド「ドイター」の登山リュックです。背面には最大約25%もの発汗を抑制すると謳う「エアコンフォートシステム」を搭載。荷重の影響を受けることなく背面の空間を維持することで、左右・下の3方向から熱を排出し、新鮮な空気を取り入れます。

また、背面に柔軟性のあるラウンドフレームを内蔵することで、歩行時の体の動作に対応。リュックの荷重を腰に分散し、理想的な荷重バランスを実現しています。

内部はジッパー式の仕切りを採用しているため、2気室にも1気室にも切り替えが可能。1480gとやや重みはありますが、登山に必要な機能と頑丈さは備えているのでおすすめです。

クレッタルムーセン(KLATTERMUSEN) ラタトスク バックパック 30

スウェーデンのアウトドアブランド「クレッタルムーセン」の登山リュック。ロールトップタイプで容量に応じてサイズが調節でき、口が大きく開くので荷物の出し入れがスムーズです。素材には機能性の高いリサイクルナイロンを採用。軽量性・耐久性・防水性に優れています。

肩ベルトは人間工学に基づた形状で肩の負担を軽減。ウエストベルトは体型に応じてフィット感の調整が可能です。用途に合わせて取り外しもできます。普段使いからアウトドアまで幅広く活躍するおすすめの登山リュックです。

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear) スクランブラー30 アウトドライ

ハイキングからアルパイン、山小屋泊登山まで多様なシーンで活躍する登山リュック。生地に直接防水皮膜を接合することで防水性を高めています。さらに、シームを防水皮膜でラミネートし、水分をシャットアウト。リュックの内部をドライに保ち、中の荷物をしっかり保護します。

表地は高強度の400デニールナイロンを採用しているため岩場でも安心です。背面には背中とウエストの形に合わせてカーブする波型プレートを内蔵。荷重を分散させて背中の負担を軽減します。770gと軽く、耐久性・防水性にも優れたおすすめの登山リュックです。

ミレー(Millet) サースフェー 30+5

登山やトレッキングの定番として人気が高いミレーの登山リュックです。背面長はS(43cm)、M(48cm)、L(51cm)の3サイズ展開。身長や体型に応じて選べるのは嬉しいポイントです。

背面のクッション材に立体網目構造を持った「フィルターフォーム」を採用。ベッドマットレスに使用される素材で、水はけ・当たり心地がよいのが特徴です。本体には耐引き裂き・耐摩耗に優れた420デニールのナイロン、サイドには軽量性を配慮して300デニールのナイロンを採用しています。

ウエストベルトには大型のポケットが付いており、使わないときは折り畳んで固定できるので邪魔になりません。内部の仕切りはファスナー付きで1気室としても2気室としても使用できるので、初心者の方でもパッキングしやすくおすすめです。

登山リュックのおすすめモデル|40L

カリマー(karrimor) イントレピッド40 タイプ2

デイハイクから山小屋泊まで活躍する登山リュックです。カリマー独自の「エアスペースシステム」により、背面の通気を確保して汗や蒸れを軽減します。ウエストベルトにPEプレートを内蔵することで、効率よく荷重を腰へ分散。どんな体型にもフィットしやすい構造です。

ヘッドクリアランスはウェビングベルトで頭の可動域に合わせて調整できます。ヘルメット着用時などに便利です。トップ・フロント・サイドのポケットは余裕のある大きさで収納力も抜群。生地は耐久性にも優れています。初心者から上級者までおすすめの登山リュックです。

モンベル(mont-bell) キトラパック 40

スタイリッシュかつスリムなボディが魅力の登山リュック。収納スペースが多く、荷物を小分けにして入れられます。トップリッドは取り外してウエストバッグとしても使用が可能。内部は1気室と2気室に切り替えられます。

日本人向けに製造されているためフィット感は抜群。スタビライザーテープでフィット感の調整をすることも可能です。トップリッドは荷物の量に合わせて高さの調節ができます。多彩な機能を備え、軽量性・耐久性にも優れたおすすめの登山リュックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) ホバーパック 40

通気性と背負い心地に特化した登山リュック。背中のベンチレーションシステムによりリュックと体の接地面を最小限に抑え、通気性を確保しています。まるでリュックが浮いているような感覚も特徴のひとつ。ヒップベルトと組み合わせることで、抜群の背負い心地を実現しています。

開口部が大きく開く左右非対称の3ジップデザインを採用。メインコンパートメントの隅々まで手が届きます。夏の炎天下や湿度の高い場所での登山におすすめです。

バーグハウス(Berghaus) エクスプローラー II 40L

イギリスのアウトドアブランド「バーグハウス」の登山リュックです。メーカー独自機能の「バイオフィット」を搭載しているため、背負ったままでも無段階で背面長の調節が可能。これにより心地よいフィット感が得られます。

背面パネルの中央に隙間を作り空気の通り道を確保。通気性がよく蒸れにくいため快適な背負い心地をキープします。ベーシックかつ汎用性に富んだおすすめの登山リュックです。

マムート(MAMMUT) クレオン プロ 40L

150年以上の歴史を誇るスイスのクライミングブランド「マムート」の登山リュックです。人間工学に基づいた形状により快適な背負い心地を実現。背面長は体型に応じて3段階で調節できます。荷重調整やトップリッドの高さ調節も可能です。

butterflyフレームにより、体の動きにフィットし上体が自由に動きます。内部は1気室にも2気室にも切り替えが可能。サイドのジッパーから荷室にアクセスできます。背面は4方向から通気を確保しているため、通気性は抜群。夏の登山やロングトレイルにおすすめです。

登山リュックのおすすめモデル|50L

オスプレー(OSPREY) ストラトス 50

多くの登山者やハイカーから人気を集めるオスプレーの登山リュック。サイズはS/M、M/Lの2種類あり、身長に応じて背面長の調節が可能です。肩ベルトは体の形状に合わせてカーブしており快適な山行を実現しています。

背面はウエストベルトまでメッシュ素材のため通気性がよく、立体的に貼られているのでフィット感が抜群です。50Lの大容量ながら1.6kgと軽いのも魅力。可動式のトップポケットや着脱可能なスリーピングパッドストラップなど、多彩な機能が充実しています。2~3日のバックパッキングからデイハイキングまで幅広く活躍するおすすめの登山リュックです。

アークテリクス(ARC’TERYX) ボラ AR 50 バックパック

カナダのアウトドアブランド「アークテリクス」の登山リュックです。本製品の最大の特徴はウエストベルト。本体と別構造になっており、横に回転し、上下に可動させることで、摩擦による不快感を軽減して自然な歩行を実現しています。

また、肩ベルトは高さと幅の調節が可能。体に正確に合わせることで、より快適なフィット感が得られます。アークテリクス独自の防水構造「AC2繊維」を採用し、高い耐候性を備えるなど、機能性に優れたおすすめのハイテクリュックです。テント泊や数日に渡るトレッキングなどに適しています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) カイルス50

マウンテンパーカーやダウンジャケットで人気の高い「ザ・ノース・フェイス」の登山リュックです。快適な背負い心地が特徴の本モデルは、背面パネルに柔らかいトランポリン構造を採用しています。背中が密着しないように空間を確保しているため通気性は抜群です。

本体に70デニールのジオリップストップナイロン、ボトム部分には軽量ながら高強度な210デニールのリップストップナイロンを採用。50Lの大容量ながら1140gと軽量のため、長時間背負っていてもストレスがありません。ファストパッキングや山小屋泊におすすめの登山リュックです。

ドイター(deuter) エアコンタクト ライト 50+10

多くの登山家に長年愛され続けているドイターの登山リュック。本体にX型の補強用フレームを内蔵することでリュックの剛性を高め、なおかつ荷重を腰へ分散しています。「バリクイックシステム」により背面長の調節が可能です。

背面には空気を通しやすい素材を採用したパッドを配置し、通気性を確保しています。ウエストベルトはクッション性のあるパッド入りで、荷重を受け止め長時間の歩行をサポート。エアコンタクトシリーズの中でも軽量性に優れているので、縦走やテント泊におすすめです。

登山リュックのAmazonランキングをチェック

登山リュックのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。