リュックは、登山の基本にして最重要ともいうべきアイテムです。重い荷物を背負って長時間歩くときにリュックが身体に合っていないと、余分に体力を消耗してしまいます。

とはいえ、近年は素材やデザインがますます進化しており、丈夫で軽く身体にもフィットする高機能な登山リュックが数多くリリースされています。そこで、今回は登山リュックの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

登山用リュックの選び方

容量を決める

登山リュックを選ぶ際、まず考えるべきは「容量」です。単位はリットル(L)で表され、登山シーンによって適切な容量が異なります。もちろん日程によっても適切な容量は変わってきますが、目安は以下の通りです。

・15~30L:近場のハイキング、日帰り登山、荷物少なめの山小屋1泊
・30~50L:防寒着など荷物多めの山小屋泊、テント泊
・50L~:長期間の縦走、遠征など

これから登山を始めようと思っている方には30L以下のリュックがおすすめ。日帰りならば20L前後でも十分です。スポーツ用品などのレジャーグッズをたくさん持って行きたいという場合は30Lぐらいの登山リュックを選びましょう。

フィット感をチェック

登山リュック選びで大切なのは身体へのフィット感をチェックすること。事前にユーザーの「背面長」を測り、リュックのサイズを確認しておきましょう。

ちなみに、背面長とは首の後ろの飛び出している第7脛骨から腰骨の最上部までの長さを示しており、例えば、グレゴリー社のサイズ(男女共通)を参照すると、XSサイズが36cm~41cm、Sサイズが41cm~46cm、Mサイズが46cm~51cm、Lサイズが51cm~56cmとなっています。

また、肩・背中・腰とリュックに隙間が空いていると重さがうまく分散されずに、疲れやすくなってしまうので要注意。快適に登山するためにも、リュックは慎重に選びましょう。

登山用リュックのおすすめブランド

日本のブランドでおすすめなのが「モンベル」。アウトドア総合メーカーであり、リュックの質が高いのはもちろん、大型サイズ・レディース・子供用など、さまざまなリュックが取り揃えられています。また、カラーやデザインも豊富なので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

海外メーカーでおすすめなのは、アメリカ・カリフォルニアの登山用バックパックメーカー「グレゴリー」。人間工学に基づいて考え抜かれたデザインが特長で、さらに耐久性と機能性も良好。デザインもおしゃれで、タウンユースとして使うことも可能です。

登山用リュックのおすすめ|日帰り

モンベル(mont-bell) ガレナパック 20L

「モンベル」の20L登山リュック。通気性に優れたショルダーハーネスと背面パネルを採用しているため、蒸れが少なく、快適な背負い心地となっています。

外側に6つ、内側に2つと合わせて8つのポケットがあり、収納性能も良好。サイドポケットやウエストポケットは担いだままでも取り出しやすい位置にあるので、とても便利です。レインカバーもついているのもポイント。突然の雨にも対応できるおすすめの登山リュックです。

グレゴリー(GREGORY) バックパック シトロ 25L

「グレゴリー」の25L登山リュック。吸湿発散性の高い素材を採用することで、背部が蒸れにくいように工夫されています。腰の部分にはソフトなクッションが使われているため、長時間の登山も快適です。

また、独自の統合型3D給水リザーバーを搭載しているのもポイント。リュックから水筒を出さずに、簡単に給水することができます。日射病や脱水症状のリスクが高いサマーシーズンおすすめ。デザインもおしゃれなため、トレッキングはもちろん、タウンユースにもおすすめの登山リュックです。

ミレー(MILLET) デイパック マルシェ 20L

フランスの老舗アウトドアブランド「ミレー」の20L登山リュックです。日帰り登山やハイキングに最適なコンパクトサイズ。バックパネルは通気性に優れたメッシュ仕様で、湿気や熱を逃がしてくれます。

また、現在のリュックでは省略されていることが多い「ハンドレスト」が付いているのもポイントです。腕を一時的に休められるだけでなく、重心のブレが少なくなるので体力の消費も抑えることが可能。いざというときに便利なホイッスルも付いているため、初心者の方におすすめの登山リュックです。

コロンビア(Columbia) イーティーオーピーク 22L

アメリカの人気アウトドアブランド「コロンビア」の22L登山リュックです。背面には弾力性や通気性に優れた素材を使用。軽量でフィット感のあるショルダーストラップによって、背負い心地も快適です。また、フロント部分には大型ファスナーポケットがあり、小物の収納に便利。ポールホルダーも付いているので、さまざまな登山ルートに対応できます。日帰り登山におすすめのリュックです。

マムート(MAMMUT) Xeron Element 22L

スイスのアウトドア用品メーカー「マムート」の22L登山リュックです。縦方向のジッパー付きフロントをはじめ、メッシュのサイドポケット、A4サイズの内ポケットなど、収納性の高さが特長。反射材が縫われているため、夜間の視認性が高いのもポイントです。

また、ラップトップPC用の収納スペースもあります。アウトドアシーンはもちろん、プライベートでも使えるおすすめ登山リュックです。

パタゴニア(patagonia) ライトウェイトブラックホールパック 26L

アメリカのアウトドアブランド「パタゴニア」の軽くて丈夫な小型登山リュックです。メッシュ製のショルダーストラップとバックパネルを採用して、通気性を高めているのが特長。フロントにあるジッパー式の大型ポケットには、スマートフォンや財布、鍵などの小物類を収納するのに便利です。

素材には、耐久性撥水加工済みのリップストップ・ナイロンを使用。天候が変わりがちに登山シーンにピッタリ。突然の雨から荷物を守ってくれます。雨に強いだけでなく、耐摩耗性も良好のため、頑丈な登山リュックを探している方にもおすすめです。

登山用リュックのおすすめ|1泊2日

ドイター(deuter) フューチュラ 32L

世界的に人気があるドイツの老舗メーカー「ドイター」の40Lまで収納可能な登山リュック。背中に面する部分にはメッシュが張られていて、左右から空気が入り込むように工夫が施されています。背中に熱がこもりにくいので、夏場の登山も快適です。

ボトム部分にレインカバーが収納されており、急な雨にも対応できます。テント泊や山小屋泊などにおすすめです。また、アイスアックス用のループも備えているため、冬用の登山リュックとしても使うこともできます。

オスプレー(OSPREY) ストラトス 36L

アメリカのアウトドアブランド「オスプレー」の中型登山リュックです。蒸れにくいバックパネルで熱がこもらずに快適。フロント前面を大きく開けられるので、バッグの下の方に収納したモノも簡単に取り出せます。

また、レインカバーも標準装備。トレッキングポールを収納するアタッチメントも付いています。ワンディの登山やハイキングにおすすめ登山リュックです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) テルス 33L

人気ブランド「ザ・ノース・フェイス」。33Lまで入る中型の登山リュックで、素材には高強度のナイロン素材を採用。各ポケットには撥水ファスナーが使用されているため、隙間からの水の侵入を防いでくれます。

ヒップハーネスはフィット感が良好なうえ、小物の出し入れに便利なポケット付き。コンデジや、高カロリーの行動食などを入れておくのに役立ちます。ビギナーからベテランまでおすすめの登山リュックです。

マックパック(macpac) ゲッコ クラシック 35L

ニュージーランドのアウトドアブランド「マックパック」。定番バックパックの「ゲッコ」は、クラシカルなデザインと背負いやすさを両立したモデルです。チェストとウェストのストラップは可動式のため、身体にジャストフィットさせやすいのもポイントといえるでしょう。

雨蓋が付いているトップローディング型で荷物の出し入れが簡単。35Lの容量があり、低山トレッキングや山小屋泊の登山などに最適です。

クロスタードラゴン(croster dragon) アルティマツーリー 50L

日本の老舗アウトドアブランド「クロスタードラゴン」の50L登山リュック。本体生地裏にはポリカーボネート加工が施されているのが特長で、一般的なPUポリウレタンと比べて高い耐水圧性を誇ります。

日本人の体形に合ったデザインを採用しているのでフィット感も良好。また、背面調整機能もあり、身長150cmから185cmの方まで、幅広く対応できます。長く使えるおすすめ登山リュックです。

登山用リュックのおすすめ|2泊3日~

カリマー(karrimor) ジャガー 60+10L

イギリスの老舗メーカー「カリマー」の大型リュックです。独自のセルフアジャスト機能で、背負ったままでも背面の長さを調整可能。身長や体形、また荷重に合わせてリュックを身体にフィットさせられるのが特長です。

また、アルミのチューブとバーを組み合わせた「ハイブリッドフレーム」を採用することで、登山リュックの形が崩れにくくなり、安定性を高めています。長期のトレッキングや、難易度の高いルートを選ぶ方にもおすすめです。

グレゴリー(Gregory) バルトロ 75L

細身のデザインが特徴的な「グレゴリー」の人気モデルです。バルトロシリーズには、レスポンスA3サスペンションが搭載されており、体型に合わせて自動で角度調節してくれます。さまざまな気候・地形・コンディションでも重心が安定するので、歩きやすくて疲れにくいと評判です。

荷重が大きい登山リュックほど、重心がブレやすくなります。体力の消費を抑えるためにも、フィット感の高いバルトロシリーズがおすすめです。

オスプレー(OSPREY) アトモスAG 65L

「オスプレー」の人気大型リュックです。独自のベンチレーション背面システムにより効率よく蒸れを逃がします。また、背面、腰、ヒップベルトまで施されたシームレスメッシュで快適にバランスよく荷重を分散。体を優しく包み込むようにフィットします。「背負う」のではなく、「着る」ような登山リュックです。

ホグロフス(HAGLOFS) バックパック NEJD 55L

スウェーデンの老舗メーカー「ホグロフス」の大型登山リュックです。独自に開発したInstant+サスペンションシステムでフィット感が高く、長距離の登山でも疲れにくいようになっています。

また、内外あわせて12個のポケットで小物類の整理や出し入れが簡単。ロングトレイルにもおすすめの登山リュックです。

モンベル(mont-bell) スーパーエクスペディションパック 90L

「モンベル」の大型登山リュックシリーズ「スーパーエクスペディション」シリーズの90Lタイプ。高さを抑えつつも、収納性が充実しているのが特長です。

フロントパネルにU字ファスナーがついているため収納物を素早く取り出すことが可能。また、背中の曲線にしっかりとフィットするアルミニウム製「3Dフィット・ステー」を採用しており、歩行時の安定性は良好です。なお、大型リュックとしてはリーズナブルな価格も魅力。コスパにも優れているおすすめモデルです。