登山に欠かせないアイテムのひとつである「登山リュック」。重い荷物を背負い長時間歩き続ける登山において、リュック選びは重要です。身体にフィットしているかどうかだけでも、快適さは変わります。

とはいえ、各ブランドから多種多様な登山リュックがリリースされているため、自分に合うモノを探すのは大変です。そこで今回は、おすすめの登山リュックを容量別にご紹介します。登山を安全・快適にしたい方は要チェックです。

登山リュックとは?

By: mammut.jp

登山リュックとは、登山を快適にするための機能が備わったリュックです。通常のリュックとは異なり、荷物を最小限の負担で運べるように設計されています。ほかにも、登山リュックには肩にかかる荷重を腰に分散させる「ウエストベルト」や、体の負担を軽減する「背面パッド」が付いているのが特徴です。

クッション性の高い「肩ベルト」、中の荷物が動かないように固定できる「コンプレッションベルト」など、機能性に優れたベルトが多く付属しているモデルも多くラインナップされています。さらに、ポケットが多く必要なモノが取り出しやすいように配置されているのも登山リュックの特徴のひとつです。

登山リュックは体へのフィット感が重要なため、サイズ展開が豊富。身長や体型・性別に合わせて選べるようになっており、背面の長さを調整できるモデルも多く存在します。

登山リュックの選び方

自分の体型に合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

登山リュックは自分の体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。サイズ選びの基本となるのが「背面長」。首の後ろの突起した骨(第7頸椎)から背骨に沿って垂直に下り、両腰骨の上端部分を結ぶ線と交差する部分までの長さです。この背面の長さからリュックのサイズを選びます。

41cm以下ならXSサイズ、41~46cmならSサイズ、46~51cmならMサイズ、51cm以上ならLサイズというのがひとつの目安です。背面長の長さが合っていないと、摩擦で擦れたり疲れやすくなったりします。登山リュックの性能を最大限に引き出すためにも、自分の体型に合ったモノを選びましょう。

また、登山用リュックには、肩に掛かる荷重を腰に分散させるための「ウエストベルト」が付いています。短くてきついモノや長くて緩いモノはNGです。長さが合っていても、硬い・細い・薄いなど違和感があるモノは避けましょう。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

登山といっても日帰りや宿泊、遠征など日程によって荷物の量が異なります。また、防寒対策が必要な地域や季節によっても荷物の量は変わるので、シーンに適した容量の登山リュックを選びましょう。

容量の目安としては、10~20Lが軽いハイキングや日帰り登山、普段使いに適したサイズ。20~35Lは、日帰り登山や荷物が少ない山小屋1~2泊に適しています。35~50Lは、山小屋泊や荷物が少ないテント泊に対応。50~80Lは、冬の登山やテント泊、20kg以上の荷物を持っていく際におすすめです。100L以上の容量は、海外遠征や国内の長期縦走など長期間の滞在にも対応します。

機能で選ぶ

トップリッド(天蓋)は付いているか

By: rakuten.co.jp

メイン気室の上に蓋をするように被さっているのがトップリッド(天蓋)です。トップリッドはファスナーから雨が侵入するのを防ぎ、中の荷物を守ります。収納スペースがあり、出し入れしやすいため登山に必要な小物類を入れておくのに便利です。

また、モデルによっては着脱式になっており、ヒップバッグとして利用できます。トップリッドは登山リュックのほとんどのモデルに付いていますが、軽量化のために付いていないモデルも存在するので、しっかりチェックしておきましょう。

1気室か2気室か

By: amazon.co.jp

登山リュックには、内部が仕切りで上下に分かれている2気室と、仕切りのない1気室があります。2気室は用途別にパッキングしておけるので、必要な道具にアクセスしやすく便利です。

ただし、人によっては2気室が扱いにくいと感じる場合もあります。多くのモデルは仕切りがジッパー式になっているため、2気室・1気室の切り替えが可能です。用途に合わせて使い分けもできます。

各種ポケットをチェック

By: millet.jp

登山リュックには、トップ・フロント・サイド・ウエストポケットなど、収納スペースが豊富にあります。モデルによって深さや広さが異なるのでチェックしておきましょう。サイドポケットは水筒やトレッキングポールなど頻繁に出し入れするモノを入れることが多いので、歩きながら取り出せる作りであるとラクです。

ウエストポケットは行動食を入れておくと、歩きながら摂取できます。ゼリー飲料などかさばるモノを入れる場合は、大きめのポケットであると便利です。何をどこに入れるかある程度決めておくと、選びやすいのでおすすめです。

登山リュックのおすすめブランド

グレゴリー(GREGORY)

By: amazon.co.jp

タウンユース向けのバックパックで広く認知されている「グレゴリー」。人間工学に基づいたデザインと品質の高さで登山者からも人気を集めています。グレゴリーの登山リュックは背負い心地のよさに注力した開発を行っているのが特徴です。

背面はグレゴリー独自の技術により、安定した歩行と通気性を実現しています。人間工学に基づいて設計されているため、さまざまな体型にフィットしやすく、登山リュックを着ているような感覚で背負えるのが魅力です。

コロンビア(Columbia)

By: amazon.co.jp

幅広い世代から支持されているアメリカのアウトドアブランド「コロンビア」。デザイン性の高さに定評があり、アパレルブランドのひとつとして地位を確立しています。アウトドア向けに製造されているため機能性・耐久性も抜群です。

登山リュックは中型サイズを豊富に展開しており、普段使いにも適しています。また、コロンビアは「適正な価格」を大きなテーマとしているため、リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

カリマー(karrimor)

By: rakuten.co.jp

初心者からプロの登山家まで高い信頼を得ているイギリス発のアウトドアブランド「カリマー」。プロの登山家や冒険家のフィードバックを元に開発を続けているため、デザイン性・機能性に優れているのが特徴です。

1990年の登場以来ロングセラーとなっている「リッジ」は、背負いやすく疲れにくいと人気を集めています。3タイプの背面長をラインナップしており、自分の体にフィットしやすいリュックが選べるのも魅力です。国内でリリースされているモデルは、日本人の体型に合わせて設計されています。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

アウトドア派の間で知名度が高い日本発のアウトドアブランド「モンベル」。国内生産にこだわって製造しているため登山者から高い信頼を得てます。日本製だけあって品質がよく、機能性・耐久性・防水性に優れているのが特徴です。

また、従来のナイロンよりも強度が高いモンベル独自の「バリスティックナイロン」を採用しているのもポイント。さらに、防水性の高い「ハイドロプロコーティング加工」を施しているため、天候を気にせず使用できるのが魅力です。

メンズ・レディースはもちろん、キッズサイズや本格的な大型リュックまで豊富にラインナップされています。日本人の体型にフィットしやすい設計なので、肩や背中が疲れにくいのも魅力のひとつです。

オスプレー(OSPREY)

By: amazon.co.jp

登山やトレッキングで人気の「オスプレー」。小型から大型まで幅広く展開し、多様な目的に合わせた高性能登山リュックを製造しています。オスプレーのリュックは背面が4タイプに分類されており、好みやシーンに合わせて選べるのが特徴です。背面長が調節できるモデルもリリースしています。

また、コンパートメントに素早くアクセスできるサイドファスナーや、リュックを背負ったままトレッキングポールが着脱できるなど、本格的な登山にも十分な機能を備えているのが魅力です。

登山リュックのおすすめモデル|30L

ミレー(Millet) サースフェー 30+5

ミレー(Millet) サースフェー 30+5

本製品は、ハイキング・トレッキング・登山・本格縦走など、幅広い用途に使用できる登山リュック。ショルダーとヒップ部にはクッション性の高いフォームを採用しており、長時間担いでも疲れにくくなっているのが魅力です。

耐久性が高いのもポイント。本体部分は、210デニールのコーデュラナイロンを採用しており、耐摩耗性に優れています。岩の多いガレ場などを通過する際にも安心です。

また、リュックと背中が接触する部分の「背面パット」は、水はけのよい素材を採用しています。そのため、汗をかいても蒸れにくく、ドライに保ってくれるので、快適な登山が可能です。

サイドメッシュポケットの開口部が2ヶ所あるため、リュックを背負ったままボトルの出し入れができるのも魅力。2気室構造でポケット数も多く設計されているので、初心者の方でもパッキングしやすくおすすめです。

ドイター(deuter) フォックス 30

ドイター(deuter) フォックス 30

コスパのよい登山リュックを探している方におすすめのモデル。「ドイター」は、創業100年以上になるドイツの老舗ブランドです。品質の高さに定評がありながら、お手頃価格で購入できるのでコスパに優れています。

人間工学に基づいて作られたバッククッションが魅力。背中にジャストフィットし、積まれた荷物の重さをうまく均等に分散させます。背中にかかる負担を軽減してくれるので、長時間の行程でも疲れにくいのがポイントです。

バッククッションのメッシュは通気性に優れており、汗をかいても背中が蒸れにくいのが特徴。快適に歩くことができ、ストレスを感じにくいのも魅力です。

収納部分は通常は1気室ですが、ジッパー式のセパレーターで2気室へと変更できます。自分が使いやすい方式でパッキング可能です。また、荷物の量に応じて切り替えることで、より効率のよいパッキング作業ができるようになります。

モンベル(mont-bell) チャチャパック 30

モンベル(mont-bell) チャチャパック 30

本製品は、機能性と快適性が高いことが特徴の登山リュックです。体にジャストフィットする「3Dフィット・ステー」が魅力。歩行で生じる上体の動きにステーが追随することで、常にフィットする高い安定感と快適性を実現しています。

また、ナイロンメッシュ素材の「エアスルー・バックパネル」によって、非常に優れた通気性能を実現しているのも特徴。蒸れずに快適な歩行ができます。さらに、面で背中にフィットすることで、安定した背負い心地を感じられるのもポイントです。

ウエストに付いたベルトは、腰を包むような形状で体にフィットします。密着度が高いことで、リュックの重みをうまく分散してくれるのがうれしいところ。スタビライザーテープで自分に合うように調節できて快適さが増します。

ペットボトルを2ヶ所から出し入れできるサイドポケットが付いているため、リュックを背負いながら飲むことも可能。利便性が高い登山リュックです。

コロンビア(Columbia) バークマウンテン 30L バックパックⅡ

コロンビア(Columbia) バークマウンテン 30L バックパックⅡ

本製品は、お手頃価格で購入でき、初心者の方におすすめできる登山リュックです。安い価格でありながら、ショルダーストラップ、ヒップベルト、その他の便利機能を有し、登山に必要な機能を揃えたベーシックモデル。

背面の内部に設計された「シングルアルミステー」によって、背面の形状を崩さず確保しており、ユーザーにかかる荷重をしっかりとサポートしてくれるのが魅力です。ハイキングだけでなく、本格的な登山でも負担を軽減してくれます。

リュックの正面には、収納部にアクセスできるファスナーが取り付けられ、荷物の出し入れも容易で手間取りません。両サイド・天蓋・ウエストパッドにポケットが付き、収納性も必要十分にあります。安価で利便性が高く、コスパも良好です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ウィメンズ テルス 30L NMW61810

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ウィメンズ テルス 30L NMW61810

女性の方におすすめの製品。レディースモデルとして製造されているため、女性の体型にフィットするのが魅力です。35Lほどの容量を持っており、日帰りや1泊2日程度の登山、ハイキングの使用におすすめ。

生地の強度は高めながらも軽量化に成功し、体への負担が少なくなっているのがうれしいポイントです。バックパネルとショルダー部分は高いフィット感を得られる成型で、歩きやすく荷重を分散させられるのが魅力。

また、スタビライザーと連動するヒップハーネスを採用することにより、荷重が体により近づいて登山リュックを背負いやすくなっています。バックパネルの通気性にも優れて蒸れにくく、長時間の行程でも快適に歩くことが可能です。

天蓋の容量を大きく設計していることで、すぐ取り出したいアイテムを多く入れることができるのも魅力。フロントにはレインカバー専用のポケットが付き、利便性の高い登山リュックです。

登山リュックのおすすめモデル|40L

グレゴリー (GREGORY) ズール 40

グレゴリー (GREGORY) ズール 40

高い快適性を実現しているのが特徴の製品。特に、フィット感と通気性を両立していることが大きな魅力です。「フリー・フロート・サスペンション」によって、背面長の調節ができるようになり、高いフィット感をもたらしてくれます。

また、速乾性に優れたパネルを採用しているため、蒸れにくいのもポイント。フィット感と通気性の両立により、ストレスを感じることなく歩き続けることが可能です。

さらに、歩行時に足を上げる動作に追従して、ヒップベルトが旋回して動く機構を備えています。それにより、腰回りにしっかりとフィットし、浮き上がるような感覚で歩行可能。歩きやすいため、登山に慣れていない初心者の方にもおすすめです。

カリマー(karrimor) イントレピッド 40 タイプ3 テラ 56792

カリマー(karrimor) イントレピッド 40 タイプ3 テラ 56792

本製品は、耐久性と快適性に優れているのが特徴です。「silvaguardファブリック」を採用することにより、コーティングの耐久性と生地の耐摩耗性に優れています。ハードな使用をする方におすすめです。

ベンチレーション効果を使って、背面部の通気性を高めた「エアスペースシステム」も本製品の魅力。背中が背面部に密着している状態であっても、通気性の高さで背中の汗を抑制し、蒸れずに快適な状態で歩けるのがうれしいポイントです。

ヒップパネルには「フィンパネル」を内蔵しており、登山リュックの重量を効率よく伝達します。その結果、荷重がしっかりと腰に乗ってくるので、肩や背中に余計な負担を負わせません。どんな体型の方にもフィットしやすく、利便性の高い製品です。

ドイター(deuter) フューチュラプロ 40

ドイター(deuter) フューチュラプロ 40

抜群の通気性を持っていることが特徴の登山リュック。「エアコンフォート・センシックプロ」のメッシュパネルは、非常に優れた背面通気性が魅力です。汗をかいても蒸れにくく、湿気の多い夏場には非常に重宝します。

また、軽量かつ柔軟性のあるフレームが内蔵されているのも特徴。これにより、登山リュック全体が安定し、ヒップベルトへと効率よく荷重を伝えることができます。荷重を効率よく腰に伝達することで、ほかの部位にかかる負担を減少できるのが魅力。

さらに、ユーザーの動きに合わせてヒップバンドも動くため、より高いフィット感を得られます。体に無駄な負担がかかりにくくて通気性もよいので、初心者の方からベテランまで幅広くおすすめできる製品です。

マムート(MAMMUT) クレオン プロ 40L

マムート(MAMMUT) クレオン プロ 40L

どんな体型の方にもジャストフィットするのが特徴の登山リュックです。人間工学に基づいた設計を行っており、体に無理なく快適に歩けるのが魅力。

ひねることが可能な「Butterflyフレーム」システムによって、上体が自由に動きます。体の動きが制限されにくく、ストレスを感じずに歩けるのがポイント。

全サイドに通気システムが設置され、蒸れずに快適に過ごせます。さらに、背面長が3段階に調節でき、トップリッドや荷重調節も可能です。どんな体型の方にも合わせやすいので、幅広い方におすすめできる登山リュックといえます。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) ホバーパック 40

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) ホバーパック 40

登山中の体の蒸れが気になる方におすすめの登山リュック。人間工学的に湾曲させたステーによって、バックパネルと背中の接地面を最小限に抑えています。それにより、抜群の通気性能を実現。蒸れずに快適な登山が可能です。

専用設計のフレームシステムによって、荷重を効率よくヒップベルトへと伝達してくれます。背中の快適性を保ちながらも、しっかりと荷重を分散させて快適に歩行できるのが大きな魅力です。

さらに、背面長を無段階に調節可能で、自分の体型に合わせられます。背面長を適切な位置に調節すると、登山リュックの湾曲とぴったり重なり、抜群のフィット感を得られるのも特徴。特に湿度の高い夏場に活躍する製品です。

登山リュックのおすすめモデル|50L

ドイター(deuter) エアコンタクトライト 50+10

ドイター(deuter) エアコンタクトライト 50+10

本製品は、ハードな使用や長距離を歩く方におすすめ。大容量の50Lでありながら、快適な背負い心地を得られるのが最大の魅力です。

バックパック内に「X型補強フレーム」を内蔵することにより、高い剛性で登山リュックが安定します。人間工学的に設計されたヒップバンドと相まって、安定して荷重を腰に伝えることが可能で、ユーザーの負担を軽減。

さらに、「エアコンタクトシステム」による高い通気性、軽量な素材による軽量化、背面長の調節など、快適性をアップさせる機能も十分に揃っています。ユーザーの負担が減る機能ばかりなので、上級者だけでなく初心者の方にもおすすめです。

オスプレー(OSPREY) アトモスAG 50 OS50191

オスプレー(OSPREY) アトモスAG 50 OS50191

背負い心地が抜群の登山リュック。「アンチグラビティーサスペンション」によって、登山リュック自体が体にくっ付いてくるような背負い心地が体感可能。

ガッチリと吊り下げられたショルダーベルトと、背面部からヒップベルトまで縫い目なくつながったメッシュの「立体構造」で、荷重がバランスよく分散されます。「無重力」という意味の名称通り、快適に背負うことが可能です。

また、背面部のメッシュは隙間が大きいため、通気性も良好。本体とメッシュの間に隙間があるので、さらに蒸れにくいのがポイントです。長距離を歩く方にもおすすめできる登山リュックといえます。

カリマー(karrimor) ストラータ 50 タイプ1 SW-GSBI-0206-04-Sea

カリマー(karrimor) ストラータ 50 タイプ1 SW-GSBI-0206-04-Sea

本製品は、軽量性と強度を両立していることが大きな魅力。ハードな使用や長時間の山行におすすめの登山リュックです。軽量性と耐久性を両立した生地を採用することにより、あらゆる山行にも耐えうる機能性を実現しています。

背面内部にある「3Dバックパネル」を背面の形状によって調節することによって、より高いフィット感を得ることが可能です。また、登山リュック正面から収納部へアクセスでき、天蓋を開けなくても素早く荷物を取り出せる利便性も備えています。

ハードな使用に耐えられるので、上級者の方におすすめ。また、耐久性があって長く使えるので、ひとつの登山リュックを愛用したい方もチェックしてみてください。

アークテリクス(ARC`TERYX) ボラ AR 50

アークテリクス(ARC`TERYX) ボラ AR 50

本製品は、ストレスを軽減して歩けるのが最大の魅力。なかでも特徴的なのが、自由自在に動くヒップベルトです。体の動きに合わせて横回転や上下に可動し、体にかかる摩擦を軽減してくれます。ストレスなく、より自然な歩行が可能です。

ショルダーベルトは、幅と高さを調整できます。これにより、自分の体型に合わせてジャストフィットさせることが可能です。自分の体型に合わせれば、適切な荷重の分散ができるようになり、負担や疲れも軽減できるのがポイント。

また、耐久性があるのも魅力のひとつです。ボディには高い耐久性がある「420d」と「630d」のナイロン素材を採用しています。雨や雪に当たる部分には、耐候性のある「AC2 繊維」を採用することにより、防水力があるのも特徴。

自分の都合のよいポジションにセッティングできるうえに、耐久性も持ち合わせているため、数日間にわたっての登山にもおすすめです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) スピード 50 BD54068

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) スピード 50 BD54068

軽量さが魅力の登山リュックです。機能性を充実させて重量を増やすのではなく、シンプルな背面システムによって軽量化を実現しています。また、ヒップベルト・背面フレーム・天蓋などを取り外せるため、基本の形状からより軽量化が可能なのが大きな魅力です。

さらに、ユーザーの上体や腕の動きに合わせて、ショルダーベルトが柔軟に可動するのもポイント。登山リュックが安定して動きやすいので、ストレスが軽減されます。山に登ってから、クライミングをするという方にもおすすめの登山リュックです。

マウンテントップ(Mountaintop) 登山リュック

マウンテントップ(Mountaintop) 登山リュック

50Lクラスで安い製品を探している方におすすめの登山リュック。素材には「1680Dナイロン」を採用しているため、軽量なうえに防水性・耐摩擦性を有しています。

また、背中と接触する部分をメッシュ素材にすることにより、蒸れにくく快適な歩行が可能です。さらに、背面長の調節ができるので、自分の体型にフィットするのもうれしいポイント。

収納部は、仕切りによって1気室や2気室に変更可能で、使い勝手もよくなっています。安価で使い勝手もよいのでコスパに優れており、初心者の方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ウィメンズ バンチー 50

ノースフェイス (THE NORTH FACE) ウィメンズ バンチー 50

女性の方におすすめなの登山リュック。人間工学に基づいて設計が行われた「アルミフレーム」によって、背中と登山リュックの余分な隙間をなくすことに成功しています。

隙間がなくなることにより、腰部分への高いフィット性を実現し、高い安定性を得られるのが魅力です。荷重もしっかりと腰部分で受け止められるので、疲れが軽減するのもうれしいポイント。

さらに、軽量性にもこだわって設計されており、女性の方が歩きやすいように作られています。背面パネルのメッシュに換気のための空間が生まれ、長時間歩いても蒸れにくくなっているのも魅力です。

登山リュックのAmazonランキングをチェック

登山リュックのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。