米軍の特殊部隊にも採用されているバックパックブランド「ミステリーランチ」。その機能性のよさや、丈夫さを兼ね備えているところから「究極」のバックパックと称されることもあります。

そこで今回は、ミステリーランチのバックパック中でも人気のリュックをピックアップ。また、ミステリーランチのリュックを取り入れたコーディネートもご紹介します。

ミステリーランチについて

header_history

By: mysteryranch.jp

ミステリーランチのルーツは1978年。現在のオーナーであるデイナ・グリーソンがクレッターワークスを立ち上げ、のちにビジネスパートナーとなるレネー・シペルベイカーを雇ったところから始まります。

1985年にはデイナデザインを立ち上げ、リュックのように荷物を入れるアイテムのカテゴリーで業界の基準となるほどの評価を獲得。1990年代前半には「背負いやすくて高品質である」という評判が定着しました。

2004年になるとミリタリー業界との親交が深まり、そこでのノウハウをミステリーランチのバックパックに反映。さらに、森林消防隊や登山家などアウトドアの最高レベルの顧客と関わる機会も得たことで、機能面などが改良され、究極のバックパックとしてさらなる人気を得るようになりました。

ミステリーランチの特徴

By: amazon.co.jp

500デニールのコーデュラナイロン生地

生地には主にコーデュラナイロンが使われています。繊維の太さはほど500デニール。1000デニールという極太の生地もありますが、これほどの太さの生地を導入してしまうとリュック自体が重くなってしまうため、500デニールのリュックが多いのも特長です。

耐久性と耐水性のある二重生地

ほぼ全てのモデルで底面が二重生地になっていて、耐久性と耐水性が高いのが特長です。リュックのフレームには軽量で、強度の高いグラスファイバーとリサイクルペットボトルの合成素材を採用。また、通気性などに配慮したウレタンフォームも使われています。

そして、ミステリーランチの規定のもと生涯保証が約束されているのも魅力。経年変化や過失による破損、洗濯などによるダメージも修理をしてくれます。また、全米の消防士による特別組織である“ホットショット”と呼ばれるチームもミステリーランチのバックパックを採用し、消防士の方たちからも高い人気を得ています。

ミステリーランチのリュック人気モデルおすすめ

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) URBAN ASSAULT

ミステリーランチの定番人気リュックである「URBAN ASSAULT」です。軽量でありながらも耐久性・防水性の高い、500デニールコーデュラナイロンが用いられたアイテム。サイズは、約53×29×18cmの21Lデイパックリュックで、日常使いにおすすめです。

内部にはノートパソコンや書類を収納できるスリーブのほか、複数のポケットが設けられており、収納物の整理に便利。上部が緩やかにカーブしたスクエアシルエットとY字型の3ジップ仕様という、ベーシックなデザインで幅広いスタイルに合わせやすいリュックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) 1 DAY ASSAULT

普段使いに人気のリュック「1 DAY ASSAULT」です。軽量・高耐久・高撥水の500デニールコーデュラナイロンが使われているアイテム。サイズは約46×30×15cm、約18Lのデイパック仕様です。

背負う人の背面長に合わせた無段階調節が可能な「フューチュラヨーク」が採用されており、身体への高いフィット感があるのが魅力。内部のノートパソコン用スリーブや、前面Y字部分と最上部分の3ジップデザインなどにより、収納物の素早い出し入れができるリュックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) BOOTY BAG RIPSTOP

トートバックとしても使えるリュック「BOOTY BAG RIPSTOP」。広い開口部にハンドルが設けられたトートバッグのようなデザインが人気です。素材には、軽量性・撥水性の高い、500デニールリップストップナイロンを採用。

約43×26×16cmというコンパクトな16Lデイパック仕様です。収納物へのアクセスが容易で、背負った時に開口部が自然に閉じる設計であるのもポイント。軽やかなデザインで、カジュアルスタイルにおすすめのリュックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) GLACIER

収納可能容量が約70Lと大容量サイズが人気のマウンテンラインリュック「GLACIER」。サイズは約86×38×38cm。リュックの素材には、高耐久・高撥水の500デニール軽量コーデュラナイロンが使われています。

収納は上下やサイド部分などに細かに区分けされており、小物を細かく整理して収納できるのがポイント。スムーズな開閉ができるスピードジップが採用されており、荷物を取り出しやすいのも魅力です。軽量性と利便性が兼ね備えられた、トレッキングや小旅行におすすめのリュックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) STREET FIGHTER

容量約20Lとデイリー使で人気のリュック「STREET FIGHTER」。サイズは約48×25×15cm。大きく開く開口部や、内部に設けられた複数のポケットなどがあるので、細かい荷物を収納するのにも便利なリュックです。

耐久性・撥水性・軽量性に富んだ500デニールコーデュラナイロンを使用。また、ペットボトルなどの収納に便利なサイドポケットにより、利便性が高いのも魅力です。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) SWEET PEA

ミステリーランチの特長である3ジップデザインが初めて採用された人気リュック「SWEET PEA」。高耐久・高撥水の軽量な500デニールコーデュラナイロンが用いられたアイテムせです。

サイズは約45×28×20cmという、容量が大きめの33Lデイパックリュック。開口部が広く荷物を取り出しやすいところや、フューチュラヨークによるフィット感などが魅力。さまざまなスタイルに合わせやすいシンプルなデザインなので、日常的に使えるおすすめのリュックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) Frazier

軽量でコンパクトなデザインが特長のハイキングリュック「Frazier」。サイズは約51×28×25cmで、高撥水の軽量420デニールリップストップナイロンが用いられたアイテムです。

フラップ状に大きく開く開口部やフロント部分・ウエストベルト部分のポケット、両サイドに設けられたボトルポケットなどがあり、収納性が高いのが魅力。高い収納性能と軽量でコンパクトなルックスとデザインでスマートなコーディネートに合うリュックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) Slick

スッキリした見た目が特長のリュック「Slick」です。サイズは約46×30.5×25cmという、比較的豊富な容量の23Lデイパック仕様です。

仕切りやノートパソコン用スリーブ、ドキュメントスリーブなどにより、小物などを整理して収納できるように設計されているのがポイント。アシンメトリーな開口部も人気で、収納物にアクセスしやすいように設計されています。シンプルでモダンなデザインで、幅広いスタイルに合うおすすめのリュックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) FRONT

19Lとスマートサイズのデイハンティングリュック「FRONT」。3ジップデザインによる収納物へのアクセス性やフロント部分のデイジーチェーン、ストレッチ性のあるサイドポケットなど、高い機能性も特長です。

クラシックなデザインながら、緩やかに丸みを帯びたスマートでモダンなデザインが魅力で、都会的なカジュアルスタイルができる人気のリュックです。

高撥水性と高耐久性があり、500デニールの軽量コーデュラナイロンが用いられたアイテム。サイズは約56×32×23cmです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) SPHINX

耐久性が高くアウトドアでの利用におすすめのリュック「SPHINX」。堅牢で軽量なフレームや豊富なポケット、コンパクトなボトルポケットなどなどが魅力です。軽量性と耐摩耗性の高い、「420デニールロビックナイロン」と「210デニールロビックハニカムナイロン」が使われているのもポイント。

サイズは約97×44×30cm、65Lマウンテンラインリュックです。センタージッパーにより、全ての収納物をひと目で確認できる仕様も人気のポイントです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) RIP RUCK

ミリタリー向けに開発されたデザインを踏襲したリュック「RIP RUCK」。サイズは約49.5×36×32cmという、日常使いに便利な22Lデイパック仕様です。

3つのジップポケットがあり、コンパクトなルックスが特長。内部には仕切りやノートパソコン用スリーブ、2層の書類ポケットなどが施されていて、都会的な使用にも便利なディテールです。スタイリッシュなデザインのリュックなので、プライベートからビジネスまで幅広いスタイリングにおすすめです。

ミステリーランチのバックパックを使ったおしゃれコーデ

モノトーンのアーバンアサルトコーデ

20151110170004941_500

By: zozo.jp

フード付きのレザージャケットにニット帽を合わせ、黒いボトムスに黒ブーツで、全身を黒でまとめたモノトーンコーデです。ミステリーランチのアーバンアサルトも黒のタイプをチョイスしています。

モノトーンコーデの場合、単調になりすぎないためには素材やテイストを変えることでまとまり感が出ます。ニット素材、革、デニム生地、そしてアーバンアサルトのコーデュラナイロン。スポーティーさとクールさの演出に黒のアーバンアサルトはぴったりです。

カラフルな差し色アーバンアサルトコーデ

20160620000506612_500

By: wear.jp

カラフルな色使いのアーバンアサルト。ジップの鮮やかなオレンジのラインとシックなブルーが可愛らしい雰囲気を出します。

また、このコーデはスニーカーとバックパック以外がシンプルな色使いですが、バックパックとスニーカーを鮮やかにすることで、華やかさが出ています。

スニーカーやバックパックだけだと浮いてしまうので、そこをうまく拾ったコーデができており、全体的にまとまっているのが魅力です。

花柄パーカとアースカラーのアーバンアサルトコーデ

20160326011015029_500

By: zozo.jp

地味な色のアーバンアサルトです。キャップにメガネ、マウンテンパーカにデニム、スニーカーにバックパックという人気ストリートスタイル。

バックパックの色が地味な場合は、パーカにカラフルな柄モノを持ってきて、スニーカーも紐の色など鮮やかなカラーにするのがおすすめです。地味な色味に、アクセントのあるアイテムやカラーを使うとおしゃれな印象になります。

きれいめブーティーバッグコーデ

20151106174143855_500

By: zozo.jp

ブーティーバッグのコーデ。ライトグレーのウィンドーペンのアウターに中は白シャツ、ボトムスに少し濃いめのグレーのスラックス、足元は黒の革靴というクリーンなカジュアルスタイルです。

コテコテのカジュアルスタイルにも合いますが、人気のきれい目なスタイルにこのブーティーバッグの黒はピッタリ。また、黒というカラーは何にでも合わせやすいので、迷っている方にもおすすめのカラーです。

ミリタリーカラーのブーティーバッグコーデ

20160804144251735_500

By: zozo.jp

迷彩柄のブーティーバッグを使ったコーデです。ハットにカーキのオーバーサイズなビッグTシャツ、黒スキニーにローゲージの白靴下をサンダルに合わせています。

迷彩柄のブーティーバッグは他の色のブーティーバッグとは違い、生地が強めにできているのが特長。人気の迷彩柄をトップスのカーキが拾っており、統一感があるのも魅力的です。