旅行に持っていくと便利な「リュックサック(バックパック)」。国内旅行なら、身軽に動けるリュックサックがおすすめです。両手が空くので快適に観光できます。せっかくなら、使いやすく身体への負担も少ないリュックサックを選びたいもの。

そこで今回は、旅行に適したリュックサックをご紹介します。選ぶ際のポイントも合わせて解説するので、気になる方はチェックして見てください。

国内旅行向けリュックサック(バックパック )の選び方

容量で選ぶ

1泊の場合

1泊旅行の場合は、荷物がそれほど多くないので、20Lのリュックサックがおすすめ。お土産をたくさん買う予定なら、あえてやや大きめのリュックサック視野に入れましょう。

2〜3泊の場合

2~3泊の旅行プランを考えている場合は、30Lのリュックサックがおすすめ。1泊旅行と違って、2~3泊旅行は着替えの衣類が増えるため荷物がかさばりますが、このくらいの容量があればすっきり収納できます。

3泊以上の場合

3泊以上の長期旅行の場合は、衣類を洗濯して使用することを想定すると30Lでも対応可能。しかし、予備の着替えや、アウトドアグッズなどを持っていきたいなど、余裕が欲しい方には40~50Lのリュックサックがおすすめです。

また、夏季に比べて冬季は厚めの衣類が多い上、アイテム数も増えるため、荷物がかさばりがち。旅行に行く季節や、洗濯の可否を考慮してリュックサックのサイズを検討しましょう。

重量で選ぶ

重さは10kgが目安

徒歩で旅行する場合、リュックサックはキャリーケースなどと違って、常に背負った状態なので、重すぎると身体に負担がかかってしまいます。荷物の重量は、女性なら10kg前後、男性でも12kg前後を目安にしましょう。

飛行機で旅行する場合は、リュックサックが機内に持ち込めるサイズかどうかが重要です。機内に持ち込めれば、荷物を預ける際の手数料が節約できたり、ロストバゲージの心配がなかったりと多くのメリットがあります。

機内に持ち込める荷物のサイズは、航空会社によっても多少異なりますが、縦・横・高さの合計が115cm以内に収まるのが目安です。この目安を考慮してリュックサックを選ぶと、スムーズに旅行を進められます。

国内線の重量制限に注意

機内に荷物を持ち込む際に、見落としがちなのが重量規定です。LCCでは7kgまでと制限されているところもあるので、重さも確認しておきましょう。

リュックサック自体が軽ければ、その分荷物を多く詰められるほか、身体への負担も少なく済みます。リュックサックを選ぶなら、なるべく軽量のものがおすすめです。

その他機能で選ぶ

防水

旅行にて釣りやサーフィンなど、水に濡れる可能性の高いアクティビティを予定している場合や、徒歩や自転車での移動を考えている場合は、防水機能つきのリュックサックがおすすめです。中の荷物が濡れてしまう心配なく、安心して旅行を楽しめます。

なお、防水機能は大きく分けて、表面に撥水コーティングなどを施した「生活防水」タイプと、ターポリンなどの水に強い素材の使用に加え、特殊な防水処理を施した「完全防水」タイプがあります。

小雨や水はね程度の水濡れに対応したいなら、生活防水タイプで十分。アウトドアシーンでの激しい水濡れにも対応したいなら、完全防水タイプのリュックサックをおすすめします。

2WAY・3WAY

By: amazon.co.jp

リュックサックとしてだけでなく、他の使い方もできる2WAY・3WAYタイプのリュックサックもあります。ベルトをつけるだけでショルダーバッグになったり、搭載されているハンドルを伸ばせばキャリーバッグになったりとマルチに使えて便利です。

お財布などをサッと出したいショッピングの時にはショルダーバッグ型がおすすめ。リュックを長時間背負って身体が疲れてきたらキャリーバッグ型にすれば、身体の負担も軽減できます。

なお、キャリーバッグ型は舗装された道路などの滑らかな路面の移動に向いています。長時間街歩きをする旅行にはこのタイプのリュックサックを検討してみてはいかがでしょうか。

ポケット

By: amazon.co.jp

使いやすいリュックサックを選ぶ上で大事なポイントは、ポケットがたくさんついているかどうかです。大きなスペースが1つしかないようなリュックサックは、小さな荷物が底の方に埋もれてしまい、なかなか取り出せなくなってしまいます。

ポケットがたくさんついていれば、イヤホンやペンなど細かいものもすっきり収納できる上、モノの出し入れもスムーズです。また、切符などを一時的に入れておくポケットを決めておけば紛失するトラブルも防げます。

ポケットや仕切りが多くあるリュックサックは、パッキングもしやすいので旅行の準備が不慣れな方にもおすすめ。快適な旅行を楽しむためにも、ポケットが多くついた機能的なリュックサックを選ぶようにしましょう。

国内旅行向けリュックサックのおすすめブランド

グレゴリー(GREGORY)

By: gregory.jp

1977年、サンディエゴにて設立されたグレゴリー。顧客のニーズを反映させながら、日々快適に使用できるバックパック作りに取り組んでいます。人間工学に基づいたデザインと、品質のよさが特徴。その快適な背負い心地や高い耐久性は世界中にいる多くのファンを魅了し続けています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: rakuten.co.jp

1968年、サンフランシスコにて設立されたザ・ノース・フェイス。バックパックだけでなく、ウェアやシューズ、テント、寝袋など、アウトドアシーンを快適に過ごすためのさまざまなアイテムが充実しています。

機能性はもちろん、デザインのよさからファッションアイテムとしても重宝されているブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年、辰野勇ら3人が設立したモンベル。バックパックをはじめ、テントや寝袋など、登山やアウトドアに適したアイテムを取り扱うブランドです。

「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」がコンセプト。リーズナブルで使いやすい商品をリリースしています。

ミレー(Millet)

By: rakuten.co.jp

1921年、フランスにてキャンバストートバッグの工房として始まったミレー。高山用のバックパックの生産を始めたのを皮切りに、クライミング用のウェアやブーツなど、さまざまなアウトドアアイテムの開発に取り組んでいます。

機能面はもちろんのこと、デザイン性が高くファッショナブルなのがミレーの魅力です。

国内旅行向けリュックサックのおすすめアイテム

グレゴリー(GREGORY) バックパック オールデイ

グレゴリーのシンプルなバックパック。容量は、22Lで1泊旅行にぴったりのサイズです。重量は760gととても軽量で、身体への負担が少ないのも嬉しいポイント。

内部にはメッシュポケットとスリーブポケットがついており、荷物をスマートに詰められます。また、フロントには縦型のジッパーポケットがあり、頻繁に出し入れするものも手に取りやすく便利です。

カーブのついたショルダーストラップは、肩にぴったりフィット。クッション性のあるEVAが内蔵されているので、長時間背負っても肩に食い込まず、快適な背負い心地です。

ミレー(Millet) リュック KULA30

すっきりとシンプルなルックスが目を引くリュックサック。余分な装飾がないのでどんなスタイルにもなじみ、アウトドアだけでなく街を観光するときにも違和感なく背負えるのが魅力です。

容量は30Lとサイズが大きく、2~3泊旅行にも対応できます。小物を入れられるメッシュポケットや荷物を分けて収納できるジップポケットなどがついており、荷物が詰めやすいのも嬉しいポイント。

急な雨にも対応できるレインカバーや鍵がつけられるジッパーなど、細かなところまで配慮されている便利なリュックサックです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) リュック BC Fuse Box II

ザ・ノース・フェイスの大きなロゴがインパクトのあるリュックサック。スクエアデザインはスマートな印象で、街歩きにもぴったりです。30Lの大容量で、2~3泊旅行の予定がある方におすすめします。

フロントには縦型ジッパーつきポケットがあり、荷物の出し入れもスムーズ。サイドにはフラップつきのポケットがついており、タオルやペットボトルなどを入れておくと手に取りやすく便利です。

内部には、鍵など小さなものもすぐに見つけられる仕切りポケットが搭載されています。機能的なリュックサックを探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) ガレナパック 20

鮮やかなカラーリングが魅力のリュックサック。容量20Lで大きすぎず、アクティブに動けるサイズ感です。ショルダーベルトや背面パネルには、通気性のよい素材を使用することで長時間背負っていても蒸れることなく、快適に使えます。

本体とフロントポケットの間には、ウインドブレーカーなどをちょっと挟んでおけるコンプレッションポケットのほか、サイドやウエスト部分に背負ったままでも使いやすいポケットが搭載されています。

さらに、チェストサポートとウエストベルトがついているため、長時間背負っても疲れにくいのがポイントです。

グリフィンランド(GRIFFINLAND) 2WAY キャリーバッグ リュック

リュックサックとキャリーケースで2通りの使い方ができる便利な2WAYリュックサック。自転車に乗ったり、階段の上り下りをしたりする際はリュックサックとして背負えば移動もスムーズです。

身体が疲れてきたら、バーを伸ばしてキャリーケースとして使うと身体の負担も少なく済みます。バーは3段階で調節でき、快適な長さで使えるのもポイントです。さらに、大きなキャスターが2個ついているため、移動も快適。

6つのポケットつきでパッキングしやすいほか、40Lと大容量なので、3泊以上の長期旅行におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) VAULT

シンプルなデザインで大人の雰囲気を演出するリュックサック。定番のブラックをはじめ、シックで使いやすいカラーリングが揃っているのが魅力です。

容量は27Lとたっぷりサイズで、2~3泊旅行にぴったり。内部にはオープンポケットやジップポケットが充実していて、荷物の出し入れがしやすく便利です。PC用スリーブポケットもあり、旅先でタブレットを持ち歩きたい方にもおすすめ。

クッション性に優れたショルダーベルトで長時間背負っても身体に負担がかかりにくいおすすめのアイテムです。

グレゴリー(GREGORY) マルチデイ

持ち手がついてトートバッグとしても使える2WAYリュックサック。容量は18Lとコンパクトながらも、上部が巾着状なので、多少荷物が多くなってしまってもカバーしてくれます。

内部には細かいものも分けて収納できるメッシュ状のジップポケットは、なかのものが見えて便利です。長時間背負っても疲れにくい、グレゴリー独自のEVA内蔵ショルダーベルトも魅力。

きれいなカラーや個性的な柄が選べるので、おしゃれなリュックサックを探している方におすすめです。

カリマー(karrimor) リッジ40タイプ1

登山などハードなアウトドアにも耐えられるリュックサック。背面には、背中にぴったりフィットするPEプレートを採用。荷物が重くても身体に負担がかかりにくく、安定感のある背負い心地が味わえます。

40Lと大容量なので、3泊以上の旅行にも対応可能です。また、機能性に優れており、サイドやウエストベルト部分など小さなポケットがたくさんあるので細かいものも取り出しやすいのが魅力。

レインカバーが標準装備されているので、急に雨が降っても安心です。

コールマン(Coleman) リュック アトラス 30L

立体的なフォルムが印象的なリュックサック。ワントーンカラーが潔く、街を観光する際にもおしゃれに背負えます。メインスペースにはたっぷりマチがあるので収納性が高く、たくさんの荷物をコンパクトに詰められます。

背面スペースはフルオープン仕様。PCやタブレットを収納できるため、出し入れもスムーズです。フロントには、背負ったままでも開けやすい縦ジッパーポケットが採用されています。機能性に優れたおしゃれなリュックを探している方におすすめです。

コロンビア(Columbia) ワンダーウェスト 30L

スタイリッシュなフロントデザインで、おしゃれに背負えるリュックサック。背中部分には通気性のよいメッシュ素材のクッションを使用しているため、長時間背負っても蒸れず、快適な背負い心地です。

内部には、PCやタブレットなどを収納できるスリーブポケットに加え、メモやペン類、ガイドブック、スマホなどの細かいものを見やすく整理できるオーガナイザーつきで、必要なモノをすぐに取り出せて便利です。

また、チェストベルトとウエストベルトを採用しているため、重い荷物も快適に背負えます。アクティブに動けるリュックサックを探している方におすすめです。

アディダス(adidas) スクエアリュック EPS

合宿・遠征・旅行用に開発されたEPSシリーズのリュックサック。容量は30Lで荷物がたっぷり入ります。消臭効果のあるデオドラントネームを採用しているため、汗などのニオイが気になりません。

メインスペースは、コの字型に大きく開き、モノの出し入れがしやすく便利。背面にはポケットがあり、ガイドブックなどの小物を収納できます。また、モノが飛び出さないよう入口にマジックテープがついているのも嬉しいポイント。

衝撃を吸収し、身体への負担を軽減するロードスプリングのショルダーストラップで、重い荷物もラクに背負えます。

コロンビア(Columbia) リュックサック 30L PU2506

スポーティながらも、シンプルで大人っぽいデザインが特徴のリュックサックです。撥水性に優れたオムニシールドを使用しているため、小雨や砂などがつきにくくアウトドアシーンにぴったり。濡れてもすぐに乾くのも嬉しいポイントです。

容量が30Lと大きいのに560gと非常に軽量なのが特徴。荷物をたくさん詰められる上、長時間背負っても苦になりません。フロントに3つ、サイドに2つ、内部に2つのポケットがあるため、荷物がサッと取り出せて便利。

落ち着いたカラーで、男女問わずスタイリッシュに背負えるリュックサックです。

カリマー(karrimor) エアポートプロ40

リュックサックの他に、キャリーバッグとしても使える2WAYリュックサック。大容量の40Lで、長期旅行にも対応できます。機内に持ち込めるサイズで、飛行機での旅行にもぴったりです。

キャリーバッグ型は、持ちやすくしっかりしたハンドルと大きくて安定感のあるタイヤを採用しているため、段差などがあっても快適に使えるのが魅力。デイパックを分離できるので、貴重品だけを身につけてアクティブに動けるアイテムです。

アディダス(adidas) OPSバックパック SHIELD 30L

スクエアデザインがスタイリッシュな雰囲気のリュックサック。表地には耐久性や防水性に優れたターポリン生地を使用しているため、アウトドアにもぴったりです。

フロントやサイドにジップポケットがあるので、小さなモノを入れてもなくす心配がなく安心です。また、メインスペースにはPC用のパッドつきポケットがあるので、タブレットなどを持ち歩きたい方にもおすすめ。

背面には、通気性のよいクライマクールを使用し、長時間背負っても蒸れずに快適です。衝撃吸収に優れたショルダーベルトで、身体への負担を軽減します。

コールマン(Coleman) トレックモーション30

スポーティなルックスで、アウトドアシーンにぴったりなリュックサック。30Lのゆったりサイズながら、重量860gで荷物をたくさん詰めても身体への負担が軽減できます。

フロント部分には、スマホやペンなど細かなモノを分けて収納できるオーガナイザーを採用。また、レインカバーが付属しており、急な雨にも荷物が濡れてしまうのを防ぎます。

グレゴリー(GREGORY) クロスオーバーダッフル

リュックサックやボストンバッグとして使える2WAYリュックサック。大容量の40Lで、荷物の多くなりがちな冬場の旅行にもおすすめです。リュック専用のベルトは、背面に収納されているので、見た目にもスマート。

メインスペースは、ダブルファスナーで大きく開くので荷物が詰めやすく、出し入れもスムーズ。外側にはジッパーポケットもついているので、頻繁に出し入れするものを入れておくと便利です。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) リュック

オールブラックに赤いロゴがスタイリッシュなリュックサック。シンプルでおしゃれなデザインは、街歩きにもぴったりです。また、耐久性に優れたコーデュラナイロンを使用しているため、長く愛用したい方におすすめ。

メインスペースはA4サイズも入る大容量なサイズに加え、ファスナーが背面についているため、背負ったままでも簡単にモノを取り出せます。さらに、外側にはアウトポケットが多数あるので、荷物を分けて収納できるのがポイント。

クッション材入りのリュックストラップで長時間背負ってても身体に負担がかかりにくいおすすめのアイテムです。