旅行に持っていくと便利な「リュックサック(バックパック)」。国内旅行なら、身軽に動けるリュックサックがおすすめです。しかし、ラインナップされている種類が多いため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、旅行に適したリュックサックをご紹介します。選ぶ際のポイントも解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

国内旅行向けリュックサック(バックパック )の選び方

容量で選ぶ

1泊ならコンパクトな20L前後

By: zozo.jp

リュックサックひとつで出かける1泊旅行の場合は、着替えなどの量が少なくて済むため、20L前後の容量があれば十分。必要以上に大きいモノを選んでしまうと動きにくくなることもあるので、普段使いできるコンパクトなリュックサックを選ぶのがおすすめです。

ただし、冬場の国内旅行は着替えも厚手の洋服が多くなり、かさばりやすいため注意が必要。通常よりも少し大きめサイズを選んでおくと安心です。

2〜3泊なら20~30L

By: zozo.jp

2~3泊の国内旅行に持っていくリュックサックの容量の目安は20~30L。行き先や目的にもよりますが、30Lの容量があればスッキリ収まる場合が多いので、ひとつの基準にして選んでみてください。

20~30Lサイズのリュックサックは、各ブランドから多数ラインナップされています。機能性に優れたモデルも豊富に展開されているのでおすすめです。

3泊以上なら40~50Lを目安に

By: zozo.jp

3泊以上の場合は、泊数分の着替えなどをしっかり収納できる大きめのリュックサックが必要です。

荷物が少ない方は30Lサイズのリュックサックでも収まる場合がありますが、余裕をもってパッキングしたいなら40~50Lあると安心。容量に余裕がある状態で出発すれば、現地で購入したお土産などもリュックサックに詰め込めます。

重量で選ぶ

重さは10kgが目安

By: amazon.co.jp

両手がフリーになり、軽快に動けるのがリュックサックの魅力。しかし、必要以上の荷物を詰め込んで重くなりすぎると、動きにくくなってしまうので注意が必要です。

そのため、重量を意識したパッキングをすることはもちろん、リュックサック自体の重さにも注目。なかには、容量が大きくても素材や作りを工夫して軽量に作られたモデルも展開されています。

旅を快適に楽しむための重量の目安は約10kg。15kgになると重く感じやすいため、荷物が多くなりそうな場合も13kg程度までに収めるのがおすすめです。ただし、適した重量は個人差があるので、自分が快適に持ち歩ける重さかどうか出発前に確認しておきましょう。

国内線の重量制限に注意

国内旅行で飛行機に乗る際に、リュックサックを機内に持ち込む場合はサイズに加えて重量制限にも注意が必要です。

例えば、ANAの国内線の場合、持ち込める手荷物の総重量は身の回り品を含めて10kg。規定重量を超えると、追加で料金が発生することもあります。各航空会社によってサイズや重量の制限は異なるため、事前にチェックしておくと安心です。

その他機能で選ぶ

防水

By: amazon.co.jp

旅行先で急な雨に見舞われた場合に備えて、防水機能もしっかりチェックしておきましょう。特に自然の風景を楽しむようなアクティブな国内旅行の場合は、防水性に優れたリュックサックを選ぶのがおすすめです。

防水機能をチェックする際は、ボディに用いられている素材はもちろん、止水ファスナーを備えているかどうかも重要なポイント。また、リュックサック自体に防水機能がなくても、付属のレインカバーで雨への対策ができるアイテムも展開されています。

2WAY・3WAY

By: zozo.jp

最近では、さまざまな旅のスタイルに対応できる2WAY・3WAYアイテムも数多く展開されています。例えば、キャリーケースの機能も備えた2WAYのアイテムは荷物が重くなった場合でも対応しやすくて便利。悪路との相性が悪いキャリーケースのデメリットも補えます。

また、手持ち・ショルダー・リュックサックの3WAYで使える製品もおすすめ。特にリュックサック用のショルダーストラップが収納できるアイテムは、スッキリと持ち運べるなど、汎用性に優れています。

ポケット

By: amazon.co.jp

ポケットの数や位置も、国内旅行用のリュックサックを選ぶうえで重要なポイントです。スマホやカメラなど、旅先で頻繁に使う小物をスムーズに出し入れできるポケットがあれば、リュックサックを下ろさずに済むので快適。また、長時間歩くアクティブな旅には、ペットボトル用のサイドポケットを備えているアイテムが便利です。

ほかにも、旅行先にノートPCやタブレットを持っていく場合は、内装にクッション材などを採用した電子機器用のポケットがあるかどうかも要チェック。モバイルバッテリーなど細々とした周辺機器を収納できるポケットもあれば、より便利に使えます。

国内旅行向けリュックサックのおすすめブランド

グレゴリー(GREGORY)

By: zozo.jp

1977年、サンディエゴにて設立された「グレゴリー」。顧客のニーズを反映させながら、日々快適に使用できるバックパック作りに取り組んでいます。

グレゴリーのリュックサックは人間工学に基づいたデザインと、品質のよさが特徴。快適な背負い心地や高い耐久性を備えたアイテムを多数ラインナップしています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: zozo.jp

1968年、サンフランシスコにて設立された「ザ・ノース・フェイス」。バックパックだけでなく、ウェア・シューズ・テント・寝袋などアウトドアシーンを快適に過ごすためのさまざまなアイテムが充実しています。

機能性はもちろん、デザインのよさからファッションアイテムとして活用しやすいのもメリット。おしゃれなリュックサックを探している方は、チェックしてみてください。

モンベル(mont-bell)

By: rakuten.co.jp

大阪で誕生したアウトドアブランド「モンベル」。バックパック・テント・寝袋など、登山やトレッキングに適したアイテムを取り扱うブランドです。

「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」がコンセプト。比較的リーズナブルで使いやすい製品を展開しており、コスパを重視している方におすすめです。

ミレー(Millet)

By: zozo.jp

1921年、フランスにてキャンバストートバッグの工房として始まった「ミレー」。高山用のバックパックの生産を始めたのを皮切りに、クライミング用のウェアやブーツなど、さまざまなアウトドアアイテムの開発に取り組んでいます。

機能面はもちろんのこと、デザイン性が高くファッショナブルなのが魅力。機能性とデザイン性を兼ね備えたリュックサックを求めている方は、チェックしてみてください。

国内旅行向けリュックサックのおすすめ|1泊向け

グレゴリー(GREGORY) ファインデイ V2

グレゴリー(GREGORY) ファインデイ V2

容量18Lとサイズがコンパクトで、1泊程度の国内旅行で重宝するリュックサック。メインコンパートメント内にポケットが充実しており、小物を仕分けて収納しやすいリュックサックを探している方におすすめです。

斜めに配したファスナーで開くフロントポケットは、使用頻度の高い荷物を入れるのに便利。また、フロントにあしらわれた大きなブランドロゴがデザインのアクセントとして効いています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) BOZER BACK PACK

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) BOZER BACK PACK

撥水加工が施されており、雨の日にも使いやすい国内旅行向けリュック。ドローコードが仕込まれたフロントポケットやサイドポケットを備えており、コンパクトサイズながらも収納力に優れています。

フロントにブランドロゴを縦向きに配して、デザインにアクセントを加えているのがポイント。実用性はもちろん、見た目のおしゃれさにもこだわりたい方におすすめのリュックサックです。

モンベル(mont-bell) ポケッタブル ライトパック 18

モンベル(mont-bell) ポケッタブル ライトパック 18

コンパクトにまとまるパッカブル仕様で、持ち運びに便利なリュックサック。1泊程度の国内旅行で活躍するのはもちろん、長期の旅行の際にはサブバッグとして使いやすいアイテムです。

軽量な素材で仕立てられているため、体への負担になりにくいのがポイント。また、メインコンパートメントの内外にポケットを備えており、小物を仕分けて収納できます。装飾はフロントに配したブランドロゴのみで、シンプルなデザインを好む方におすすめのリュックサックです。

ミレー(Millet) EXP 20+

ミレー(Millet) EXP 20+

スリムな設計で、電車などに乗った際に邪魔になりにくいリュックサック。ジッパー使って容量を20Lから28Lに拡張可能で、旅先で荷物が増えてしまっても安心です。

素材はコーデュラナイロンで、耐久性に優れたリュックサックを探している方におすすめ。また、17インチのノートPCが入るパッド付きスリーブや、小物の整理に便利なオーガナイザーを備えており、荷物を仕分けて収納しやすいリュックサックです。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) AGS TRIP BACKPACK

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS) AGS TRIP BACKPACK

スッキリとした印象のスクエア型で、国内旅行はもちろん出張の際にも重宝するリュックサック。重力に応じてショルダーストラップの付け根部分が伸縮するため、肩や腰に負担がかかりにくいのが特徴です。

本体内にジャストフィットする4つのポーチが付いており、荷物を整理しやすいリュックサックを探している方におすすめ。また、メインコンパートメントの外部には、A4サイズに対応したフロントポケットや貴重品を入れるのに便利な背面ポケットを備えています。

ケルティ(KELTY) デイパック

ケルティ(KELTY) デイパック

底部のマチを広めにとった三角形型のフォルムが特徴で、たくさんの荷物を入れてもスッキリとして見えるリュックサック。引き裂き強度や耐摩耗性が高いコーデュラナイロンを使用しており、長く使い続けられるリュックサックを探している方におすすめです。

生地の裏面にコーティングが施されているため、内部に水が浸み込みにくいのがポイント。また、デザインはシンプルで、国内旅行で重宝するのはもちろん、普段使いにも適したリュックサックです。

リーボック(Reebok) クラシックス プレミアム バックパック

リーボック(Reebok) クラシックス プレミアム バックパック

装飾は本体と同色のブランドロゴの刺繍のみで、シンプルなデザインが魅力のリュックサック。リサイクルポリエステルから作られたジャカード生地を使用しており、高級感があります。

フロントには取り出す頻度の高い小物を入れるのに適したファスナーポケットを搭載。また、容量は20Lで、1泊程度の国内旅行用としておすすめのリュックサックです。

エース(ACE) ミルフューズ リュック

エース(ACE) ミルフューズ リュック

耐久性のあるコーデュラバリスティックで仕立てられているため、アクティブな国内旅行用としておすすめのリュックサック。背負った際の蒸れが軽減されるように、背面やショルダーパッドにはエアメッシュ素材を採用しています。

メインコンパートメントは2気室に分かれた設計で、荷物を仕分けて収納できるのがポイント。オーガナイザー仕様のフロントポケットを筆頭に、外部にも収納スペースが充実しています。また、落ち着きのあるデザインが特徴で、ビジネスシーンでも使いやすいリュックサックです。

エース(ACE) ホバーライト クラシック

エース(ACE) ホバーライト クラシック

ブリーフケースやショルダーバッグとしても使える、3WAYタイプのアイテム。シンプルで洗練されたデザインが特徴で、国内旅行の際はもちろん出張時にも重宝するアイテムです。

メインコンパートメント内にポケットが充実しているため、荷物を整理しやすいモノを探している方におすすめ。フロントには使用頻度の高い小物を入れるのに便利なファスナーポケットを備えています。また、背面のベルトを利用すれば、キャリーケースへのセットアップが可能です。

国内旅行向けリュックサックのおすすめ|2~3泊向け

グレゴリー(GREGORY) ジャーニーマン

グレゴリー(GREGORY) ジャーニーマン

30Lの大容量仕様で、2~3泊の国内旅行の際の荷物を余裕を持って収納可能なリュックサック。メインコンパートメントが二枚貝のように大きく開くため、荷物を整理しやすいのが魅力です。PC用のコンパートメントを筆頭に収納スペースが充実しており、収納力の高さを重視する方におすすめです。

フィット感を高めたい場面で重宝するチェストストラップが付属。おしゃれで使いやすいリュックサックです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) BCヒューズボックス2

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) BCヒューズボックス2

フロントに配した大きなブランドロゴが目を引く、インパクトのあるデザインのリュックサック。ラミネート加工が施された、水濡れや汚れに強いナイロン素材を使用しています。耐摩耗性が高く、重たい荷物を気兼ねなく入れられるリュックサックを探している方におすすめです。

容量は30Lで、荷物が増えがちな2~3泊の国内旅行でも活躍するのが特徴。また、メインコンパートメントの内部には小物の整理に便利なオーガナイザーや、デジタルデバイスを安心して収納可能なパッド付きスリーブを備えています。

ミレー(Millet) クーラ 30

ミレー(Millet) クーラ 30

本体をすっぽりと覆えるレインカバーが付いているため、悪天候に対応できるリュックサック。2つのフロントポケットを筆頭に、メインコンパートメントの外部に収納スペースが充実しています。

背面パネルとショルダーストラップの安定感や快適性が高く、背負い心地のよさを重視する方にもおすすめ。また、アウトドアでも活躍するような実用性に加えて、国内旅行での街歩きで使いやすい、洗練されたデザインが魅力のリュックサックです。

アークテリクス(ARC’TERYX) マンティス 26 バックパック

アークテリクス(ARC'TERYX) マンティス 26 バックパック

シンプルなデザインが特徴で、フロントのブランドロゴがアクセントとして効いているリュックサック。リサイクルポリエステル製の生地には撥水加工が施されているため、悪天候の際にも重宝するアイテムです。

バックパネルにパッドが入っており、背負い心地の快適さを重視する方にもおすすめ。また、ノートPCを入れるのに適したスリーブを筆頭に収納スペースの数が多く、荷物を整理しやすいリュックサックです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ラージキャパシティー デイリーバックパック

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ラージキャパシティー デイリーバックパック

ミニマムなデザインが特徴で、2~3泊程度の国内旅行の際はもちろん通勤・通学時にも使いやすいリュックサック。撥水素材や止水ファスナーを採用しており、雨の日にも活躍するリュックサックを探している方におすすめです。

荷物を整理してスマートに収納可能。また、フロントに配した2つのファスナーポケットを筆頭に、メインコンパートメントの外部に多くのポケットを備えています。

コロンビア(Columbia) キャッスルロック25Lバックパック

コロンビア(Columbia) キャッスルロック25Lバックパック

容量が25Lで、2~3泊の国内旅行用としておすすめのリュックサック。本体下部に収納可能なレインカバーを装着すれば、突然の雨にも対応できます。国内旅行の際はもちろん、ハイキングでも重宝するアイテムです。

背面中央部に通気路を設けているため、背中が蒸れにくく長時間快適に背負い続けられるのがポイント。また、使用頻度の高い小物を入れるのに便利なフロントポケットのファスナーが、デザインのアクセントとしても効いています。

バートン(BURTON) Multipath 27L トラベルパック

バートン(BURTON) Multipath 27L トラベルパック

機内持ち込みサイズを考慮した設計で、飛行機を利用する国内旅行の際に重宝するリュックサック。メインコンパートメントが本のように開く仕様で、使い勝手は良好です。収納部が2つに分かれているため、荷物を仕分けて収納できます。

耐久性と撥水性を兼ね備えた素材を使用しており、アクティブな国内旅行用のリュックサックを探している方におすすめ。また、背負い心地がよくなるように、エアメッシュタイプのバックパネルを採用しています。

ユニバーサルオーバーオール(UNIVERSAL OVERALL) Storage BIG リュック

ユニバーサルオーバーオール(UNIVERSAL OVERALL) Storage BIG リュック

2~3泊の国内旅行の荷物を収納できる、容量30Lのリュックサック。洗練されたデザインが特徴で、通勤・通学時にも使いやすいリュックサックを探している方におすすめです。鮮やかなオレンジで仕上げた、フロントのネームタグがアクセントとして効いています。

メインコンパートメントは2層式。1層目はマチ幅が広く、収納力に優れているのが魅力です。内部にクッションポケットを備えているため、デジタルデバイスを安心して収納可能。また、2層目は薄マチ設計で、雑誌などを収納するのに適しています。

バイシクロンバイバッグジャック(BAICYCLON by Bagjack) BACKPACK

バイシクロンバイバッグジャック(BAICYCLON by Bagjack) BACKPACK

バックルで開閉する仕様のフロントポケットが目を引く、おしゃれなデザインのリュックサック。生地の表面に撥水加工、裏地の裏面にはコーティングが施されており、雨に強いリュックサックを探している方におすすめです。

容量は約26Lで、2~3泊程度の国内旅行の際に活躍するだけでなく、デイリーユースしやすいのがポイント。また、内部にはデジタルデバイスを収納するのに適したクッション入りコンパートメントや、中身をチェックしやすいメッシュポケットを備えています。

アディダス(adidas) リュックサック

アディダス(adidas) リュックサック

スッキリとした印象のスクエア型で、国内旅行の際はもちろん通勤時にも重宝するリュックサック。環境への配慮として、外側と内装の両方にリサイクル素材を採用しています。生地の撥水性が高く、悪天候の際にも使いやすいのが魅力です。

PCポケットには本体内からだけでなく側面のファスナーからもアクセス可能で、使い勝手は良好。また、背面やショルダーストラップはエアメッシュ仕様で、蒸れにくさを重視する方におすすめのリュックサックです。

国内旅行向けリュックサックのおすすめ|3泊以上

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) シャトルダッフル

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) シャトルダッフル

本体内に収納可能なショルダーストラップを備えており、リュックサックとしても使えるダッフルバッグ。41Lの大容量仕様で、長期間の国内旅行で活躍します。メインの素材は強度の高いバリスティックナイロンで、耐久性を重視する方にもおすすめです。

開口部に止水ファスナーを取り付けるなど、防水性を意識した作りが特徴。また、メインコンパートメント内がメッシュパネルで仕切られているため、荷物を整理しやすいリュックサックです。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) ミッションスタッフル 45

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) ミッションスタッフル 45

コンパクトにまとまるパッカブル仕様で、容量44Lと大型ながらも携帯性に優れたリュックサック。キャリーケースに入れておいても邪魔になりにくいため、国内旅行で荷物が増えた際に使うサブバッグとしてもおすすめです。

底部にブーツコンパートメントを備えており、汚れた衣類などを仕分けて収納可能。また、付属のショルダーストラップを取り外せば、側面のハンドルを使って持ち運ぶ際にスマートさを演出できます。

アディダス(adidas) イーピーエス バックパック40

アディダス(adidas) イーピーエス バックパック40

リサイクルポリエステルから作られたコーデュラファブリックを使用しており、耐久性に優れたリュックサック。コンパートメントがトップ・メイン・ボトムの3つに分かれているため、荷物を仕分けやすいのが魅力です。

背面の通気性、ショルダーストラップの衝撃吸収性が高く、背負い心地のよさを重視する方におすすめ。また、フロントに配した、ブランドお馴染みのスリーストライプスがデザインのアクセントとして効いています。

バッハ(BACH) TRAVELSTAR40

バッハ(BACH) TRAVELSTAR40

容量が40Lで、3泊以上の国内旅行で重宝するリュックサック。トップと両サイドにパッドが付いており、型崩れしにくいのが特徴です。パッドには世界の都市のシルエットをプリントするなど、ディテールにまでこだわっています。

外部から直接アクセスできるポケットを4つ備えているため、荷物の取り出しやすさを重視する方にもおすすめ。また、パッド入りの背面ポケットを利用すれば、デジタルデバイスを安心して収納できます。

ストレームトレイル(Stream Trail) ドライタンクD2

ストレームトレイル(Stream Trail) ドライタンクD2

水濡れに強いターポリン素材で仕立てられたリュックサックです。メインコンパートメントの開口部はロールダウン仕様で、内部に水が入りにくいのが特徴。悪天候の際にも頼りになるリュックサックを探している方におすすめです。

容量は40Lで、かさばりやすい着替えなども余裕を持って収納可能。鮮やかなブルーやイエローを含んだ、豊富なカラーバリエーションが用意されています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) P600D 2WAY キャリーリュック

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) P600D 2WAY キャリーリュック

底面にキャスターが付いており、キャリーバッグとしても持ち運べる2WAY仕様のリュックサック。約33Lと大容量で、3泊以上の国内旅行で活躍するリュックサックを探している方におすすめです。旅先で荷物が増えた際に重宝する、マチ幅拡張機能を備えています。

メインコンパートメントがダブルジップで大きく開くため、荷物を出し入れしやすいのがポイント。また、小物の整理に便利なフロントポケットや、ペッドボトルが入るサイドポケットなど、収納スペースが充実しています。