旅行に持っていくと便利な「リュックサック(バックパック)」。国内旅行なら、身軽に動けるリュックサックがおすすめです。しかし、ラインナップされている種類が多いため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、旅行に適したリュックサックをご紹介します。選ぶ際のポイントもあわせて解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

国内旅行向けリュックサック(バックパック )の選び方

容量で選ぶ

1泊の場合

By: rakuten.co.jp

リュックサックひとつでフラッと気軽に出かける1泊旅行の場合は、着替えなどの量が少なくて済むため20L前後の容量があれば十分。必要以上に大きいモノを選んでしまうと機動性が損なわれるので、普段使いできるほどのコンパクトなリュックサックを選ぶのがおすすめです。

ただし、冬場の国内旅行は着替えも厚手の洋服が多くなりかさばりやすいので注意が必要。通常よりも少し大きめサイズを選んでおくと安心です。

2〜3泊の場合

By: rakuten.co.jp

2~3泊の国内旅行に持っていくリュックサックの容量の目安は20~30L。行き先や目的にもよりますが、30Lの容量があればスッキリ収まる場合が多いのでひとつの基準にして選んでみてください。20~30Lサイズのリュックサックは各ブランドから数多く展開されており、選べるバリエーションも豊富です。

3泊以上の場合

By: rakuten.co.jp

3泊以上の場合は、泊数分の着替えなどをしっかり収納できる大きめのリュックサックが必要になります。荷物が少ない方は30Lサイズのリュックサックでも収まる場合がありますが、余裕をもってパッキングしたいなら40~50Lあると安心。容量に余裕がある状態で出発すれば、現地で購入したお土産などもリュックサックに詰め込めます。

重量で選ぶ

重さは10kgが目安

By: amazon.co.jp

両手がフリーになり、軽快に動けるのがリュックサックの利点。しかし、必要以上の荷物を詰め込んで重くなりすぎるとメリットが失われてしまいます。

そのため、重量を意識したパッキングをすることはもちろん、リュックサック自体の重さにも目を向けてみましょう。容量が大きくても、素材や作りを工夫して軽量に作られたモデルもあるので要チェックです。

旅を快適に楽しむための重量の目安は10kg。15kgになるとかなり重さを感じるため、荷物が多くなりそうな場合も13kg程度までに収めるのがおすすめです。ただし、最適な重量には個人差があるので、自分がストレスなく持ち歩ける重さかどうか出発前に確認しておきましょう。

国内線の重量制限に注意

国内旅行で飛行機に乗る際に、リュックサックを機内に持ち込む場合はサイズに加えて重量制限にも注意が必要です。例えば、ANAの国内線の場合、持ち込める手荷物の総重量は身の回り品を含めて10kg。各航空会社によってサイズや重量の制限が異なるため、事前にチェックしておくと安心です。

その他機能で選ぶ

防水

旅行先での散策中に急な雨に見舞われることはよくあるので、防水機能もしっかりチェックしておきましょう。特に自然の風景を楽しむようなアクティブな国内旅行の場合は、少しぐらい雨に濡れても気にならない、防水性に優れたリュックサックを選ぶのがおすすめです。

防水機能をチェックする際は、ボディに用いられている素材はもちろん、止水ファスナーを備えているかどうかも重要なポイント。また、リュックサック自体に防水機能がなくても、付属のレインカバーで雨への対策ができるアイテムもあるため要チェックです。

2WAY・3WAY

By: rakuten.co.jp

最近では、さまざまな旅のスタイルに対応できる2WAY、3WAYアイテムも数多く展開されています。例えば、キャリーケースの機能も備えた2WAYリュックサックは荷物が重くなった場合でも対応しやすく便利。悪路との相性が悪いキャリーケースのデメリットも補える優れモノです。

また、手持ち・ショルダー・リュックサックの3WAYで使えるモノも人気。特にリュックサック用のショルダーストラップが収納できるアイテムは、持ち方を変えてもスッキリとした状態で持ち歩けるのでおすすめです。

ポケット

By: rakuten.co.jp

ポケットの数や位置も、国内旅行用のリュックサックを選ぶうえで重要なポイントです。スマホやカメラなど、旅先で頻繁に使う小物をスムーズに出し入れできるポケットがあればいちいちリュックサックを下ろさずに済むので快適。また、長時間歩くアクティブな旅には、ペットボトル用のサイドポケットを備えているモノが便利です。

旅行先にノートPCやタブレットを持っていく場合は、内装にクッション材などを採用した電子機器用のポケットがあるかどうかも要チェック。モバイルバッテリーなど細々とした周辺機器を収納できるポケットもあればより便利です。

国内旅行向けリュックサックのおすすめブランド

グレゴリー(GREGORY)

By: rakuten.co.jp

1977年、サンディエゴにて設立されたグレゴリー。顧客のニーズを反映させながら、日々快適に使用できるバックパック作りに取り組んでいます。人間工学に基づいたデザインと、品質のよさが特徴。その快適な背負い心地や高い耐久性で、世界中に人気を集めています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

1968年、サンフランシスコにて設立されたザ・ノース・フェイス。バックパックだけでなく、ウェアやシューズ、テント、寝袋など、アウトドアシーンを快適に過ごすためのさまざまなアイテムが充実しています。機能性はもちろん、デザインのよさからファッションアイテムとしても重宝されているブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年、辰野勇ら3人が設立したモンベル。バックパックをはじめ、テントや寝袋など、登山やアウトドアに適したアイテムを取り扱うブランドです。「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」がコンセプト。リーズナブルで使いやすい商品を展開しています。

ミレー(Millet)

By: amazon.co.jp

1921年、フランスにてキャンバストートバッグの工房として始まったミレー。高山用のバックパックの生産を始めたのを皮切りに、クライミング用のウェアやブーツなど、さまざまなアウトドアアイテムの開発に取り組んでいます。機能面はもちろんのこと、デザイン性が高くファッショナブルなのが魅力です。

国内旅行向けリュックサックのおすすめアイテム

グレゴリー(GREGORY) デイパック マルチカム

1977年の発売以来、長きにわたり愛され続けている人気リュックサック。クラシックな外観はそのままに、少しずつアップデートを行うことで時代に合った快適な利便性を実現しています。

容量は26Lで、1~2泊程度の国内旅行におすすめです。普段使いもしやすいサイズ感なので、マルチに使えるモノを探している方にも適しています。また、小物をサッと取り出せる斜めジッパーのフロントポケットや視認性の高いメッシュポケット、PC収納用スリーブなど便利な収納も満載です。

グレゴリー(GREGORY) バージ トラベルデイ

2020年に登場した新シリーズ「バージ」のおすすめリュックサックです。黒一色のクールなカラーリングとシンプルかつミニマルなデザインが魅力で、旅行先での街中の散策にぴったり。アウトドア感が強すぎず、おしゃれに持ち歩けます。

容量は24Lで、日帰り~1泊程度の国内旅行におすすめ。小物収納用ポケットが多く、背面側にはPC、タブレットの専用収納スペースも設けられています。止水ファスナーを採用しており、雨に強いのも嬉しいポイントです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) グラムバックパック

外側に3つの大きなメッシュポケットを備えたバックパック。マップやタオル、ペットボトルなど旅先で頻繁に使うモノを取り出しやすい位置に収納できるのが魅力です。メイン収納部はポケットや仕切りがなく広々としており、かさばる着替えも楽に収納できます。

2~3泊の国内旅行に対応できる28Lの容量がありながら、パッカブル仕様でコンパクトに収納できるのも嬉しいポイント。メイン使いはもちろん、長期旅行のサブバッグとしても活躍します。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ビッグショット クラシック

背負い心地にこだわる方におすすめのリュックサックです。背面にパッドが付いており、体に優しくフィット。背骨への負担を軽減する「スパインチャンネル構造」を採用しているほか、ウエストベルトも備えているため、重くなったときも楽に背負えます。

底面には、1680デニールのバックセイバーボトムを用いて耐久性を強化。どこでも気軽にリュックを下ろして地面に置けるので、自然を楽しむアクティブな国内旅行にもおすすめです。内側には小物収納に便利なオーガナイザーやPC、タブレット用スリーブを備えており、収納性も良好です。

モンベル(mont-bell) ガルワール パック 20

汎用性に優れたシンプルなデザインのリュックサック。やや小ぶりな20Lサイズでゴツすぎず、街中の散策時にも違和感なく使えます。チェストベルトは高さ調節が可能で、自分の体に合わせた使い方ができるのもポイントです。

素材にはブランドオリジナルのバリスティックナイロンを採用し、軽量性と耐久性を両立。リュックサックを覆うパックカバーが付属しているため、急な雨にも対応できます。背面部分は通気性の高い作りで、夏場の国内旅行でもムレにくく快適です。

モンベル(mont-bell) レラパック 30

動きやすい、かつ荷物をしっかり収納できる容量30Lのリュックサックです。通気性に優れた「ベンチレーション・バックパネルシステム」を搭載しており、快適な背負い心地を実現。バックパネルがしっかりと体にフィットするため、安定感もあります。

登山などのアウトドアにも対応できるアイテムなので、タフさを重視する方にもぴったり。リュックサックを雨から守るパックカバーも付属しています。たくさん歩くアクティブな旅の心強い相棒として活躍するおすすめリュックサックです。

ミレー(Millet) EXP 35

快適に使える機能性とタフさ、スタイリッシュなデザインを兼ね備えたおすすめリュックサックです。メインコンパートメントはスーツケースのように大きく開く仕様で、荷物の出し入れがスムーズ。上下2気室構造になっており、ボトムスペースにはシューズを収納できます。

また、デジタルデバイスの収納も充実。17インチ対応のPC用ポケットのほか、ショルダーベルトに取り付け可能なスマホポケットも備えています。スマホポケットにはケーブルを通せる穴があり、充電しながらの携帯も可能です。

ミレー(Millet) クーラ 40

無駄のないミニマルなデザインが目を引く人気リュックサック。スッキリとしたルックスながら、至るところにポケットが設けられており、収納力に優れています。40Lの大容量サイズで、荷物が多くなる3泊以上の国内旅行にも対応可能です。

メインコンパートメントは上下に分かれた2気室構造。ジッパーは鍵を取り付けられる形状になっており、防犯面にも配慮されています。さらに、背面下部にはレインカバーを搭載。自然を楽しむアクティブな旅から街中の散策まで、幅広くカバーできるおすすめアイテムです。

ポーター(PORTER) FLYING ACE BACKPACK

アメリカ空軍の飛行服をモチーフに作られたミリタリー感あふれるバックパック。フライングスーツから着想を得て開発したオリジナル生地を採用しており、独特の光沢感と耐摩耗性の高さが特徴です。

容量は20Lと大きすぎず、旅先でも軽快な移動が可能。スマホなどの小物収納に便利なフロントポケットのほか、サイドにはユニークな作りのホック式サイドポケットを配置。カラーはブラックとオリーブドラブの2色展開です。

ポーター(PORTER) TERRA BACKPACK

普段使いから旅行まで幅広く使える便利なバックパックです。軽量性を重視した作りで、24Lの容量がありながら本体重量はわずか445g。体に優しくフィットするソフトな生地感も魅力です。マチ幅を絞れるサイドベルトが付いており、荷物が少ないときはよりコンパクトなフォルムで持ち歩けます。

メインコンパートメントの開口部は大きく開く巾着式で、ドローコードを絞ったあとにバックルで留める仕様。メイン収納部に直接アクセスできるサイドジップがあるため、素早く荷物を取り出したいときもスムーズです。

インケース(INCASE) VIA Backpack

デジタルデバイスの収納に便利なアイテムを数多く展開する人気ブランド「インケース」のリュックサックです。スッキリとしたスクエア型フォルムと無駄のないデザインがスマートな印象を与えます。内側に起毛素材を採用したPC用コンパートメントが設けられているのもポイントです。

メインコンパートメントはスーツケースのように大きく広げてパッキングできるフルオープン仕様。エキスパンダブル機能を備えており、荷物が多いときはマチを8cm拡張できます。バリスティックナイロンを採用していて丈夫なのもポイントです。

インケース(INCASE) EO Travel Backpack

プライベートな旅行と出張の両方で使えるおすすめリュックサック。メインコンパートメントはバタフライオープン式で、エキスパンダブル機能により収納量を約35%増やすことが可能。また、多くの飛行機で持ち込みが可能なサイズに設計されているのもポイントです。

フロント上部のポケットにはオーガナイザーパネルが設けられており、モバイルバッテリーなどのスマホ周辺機器をスッキリ整頓できます。人間工学に基づいたショルダーストラップの設計により肩への負担が軽減され、背負い心地も快適です。

ブリーフィング(BRIEFING) JET TRIP 2WAY CARRY

リュックサックとキャリーケースの2WAYで使えるおすすめアイテム。荷物が重いときはキャリーケース、路面状況が悪いときはリュックサックと、シーンに応じた使い分けができるため便利です。ショルダーストラップとキャリーハンドルはどちらも収納できるので、常にスッキリとした状態で持ち歩けます。

メイン収納部は縦に大きく開く仕様で荷物の出し入れがしやすく、小物収納に便利なポケットも充実。また、素材にはエアバリスティックナイロンを採用することで、旅行に必要なタフさに加えて軽量性も実現しています。

ブリーフィング(BRIEFING) JET TRIP 3WAY M

旅のスタイルに合わせてフレキシブルに使い方を変えられる3WAYリュックサック。ショルダーに変更できるだけでなく、トップやサイドにハンドルが付いており、空港の荷物検査などの際も楽に動かせます。

パッキングを意識した使い勝手のよいメイン収納部の作りもポイント。観音開き式で両面に収納スペースがあり、無駄なく荷物を詰め込めます。また、視認性に優れたメッシュジップポケットを複数搭載しているため、荷物の位置が把握しやすいのもメリットです。さらに、背面部分にはPC用収納スペースも備えています。

アネロ(anello) TRACK 多機能スクエアリュック

スマートなスクエア型フォルムが目を引くおしゃれなリュックサックです。ミニマルなデザインながら20ものポケットを備えており、細々とした荷物をスッキリと収納可能。フロントポケットの内側にあるポーチは取り外しが可能で、付属のショルダーベルトを取り付ければサコッシュとして使える優れモノです。

容量は22L。1泊分程度の荷物を収納でき、旅先での散策にも使いやすいサイズです。また、背面にはベルトが付いていてスーツケースにセットできるので、長期旅行のサブバッグとしても活躍します。

アネロ(anello) M.F BETA 多機能バックパック

日帰り~1泊程度の気軽な国内旅行におすすめのバックパックです。ポケットは全部で9つ。ペットボトル収納にぴったりのサイドポケット、マップやパンフレットがすっぽり収まる縦長のフロントポケットなど、旅に便利な収納が満載です。

素材には上品な光沢感のあるポリエステルを採用しており、スッキリとしたフォルムも相まってきれいめな印象を与えます。街中でも使いやすいデザインなので、旅行だけでなくデイリーユースにも適しています。背面とショルダーベルト裏にはクッション素材が用いられており、背負い心地も良好です。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) Deco BackPack

都会的でスタイリッシュなバッグを展開する「マンハッタンポーテージ」のリュックサック。アウトドアに対応できる高い機能を備えながらも、スマートなルックスに仕上げられているのが魅力です。

荷物をたっぷり収納できる縦長のメインコンパートメント内には、小物収納に便利なジップポケットを配置。開口部はドローコードとダブルバックルによる開閉で、セキュリティに配慮した作りになっています。メイン収納部に直接アクセスできるサイドファスナーを備えているため、サッと荷物を取り出したいときもスムーズです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) Metal Parts Dakota Backpack

大人の旅行スタイルを格上げするおしゃれなリュックサック。シックなカラーのボディにゴールドのバックルとジッパーが映え、リッチな印象です。同ブランドのシンボルである赤いタグがデザインのワンポイントになっています。

メイン収納部は引き紐で巾着型の間口を絞り、さらにフラップをバックルで留める仕様。コンパクトな外観ながらもマチがしっかり取られており、1泊分程度の荷物がすっぽりと収まります。素材にコーデュラナイロンを採用しており、耐久性に優れているのも魅力です。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) ミッションローバー

荷物をたっぷり収納できる大容量の3WAYリュックサックです。シーンに合わせて手持ち、ショルダーに変更可能。43Lの容量がありながらもスッキリとした外観に仕上げられており、デザインにこだわる方にもおすすめです。

メイン収納部は180°開く作りで、スーツケースと同じ感覚でパッキングできます。さらに、PC用ポケットやシューズを入れるのに便利なボトムポケット、ペンや小物をスッキリ整頓できるオーガナイザーなど収納力に優れたおすすめアイテムです。

カリマー(karrimor) tribute 40

40Lの大容量で、荷物の整頓に役立つ機能がギュッと詰め込まれたおすすめリュックサック。コンパートメントは衣類などかさばる荷物がスッキリ収まる広めのスペースと、PCやタブレット、ガイドブックなどの収納に適したスペースに分かれた2気室構造です。

また、フロント上部のポケットは、小分けポケットやペンホルダーを内蔵しており小物収納にぴったり。サイドには傘やペットボトルを入れるのに便利なポケットも備えています。さらに、専用のレインカバーも付属しており、急な雨が降った際も安心です。

コールマン(Coleman) ウォーカー33

さまざまなシーンでマルチに使えるおすすめのリュックサック。フロントのロゴがワンポイントになったシンプルなデザインを採用しています。容量は33Lで、幅広い泊数に対応可能です。

チェストストラップとウエストベルトが付いているため、荷物が重くなっても安定感があるのもポイント。また、ウエストベルトが不要な場合は底部に固定できるので、邪魔になりにくい仕様です。

さらに、無地から柄物までカラーバリエーションが豊富なのもポイント。服との相性を考慮しながら、好みのモノが見つかりやすいおすすめアイテムです。

ハンター(HUNTER) オリジナル ラージ トップクリップ バックパック

スタイリッシュなレインブーツで有名な「ハンター」の防水リュックサックです。ラバーコーティングが施されたレザーは独特のマットな質感が特徴。雨に濡れても拭き取るだけでよいので、使い勝手に優れています。

水が侵入しやすいジップ部分には止水ファスナーを用いることでより防水性がアップ。容量は20.6Lで、1泊程度の国内旅行や普段使いにおすすめです。大人っぽく、かつモダンなデザインも魅力でおしゃれな装いにも難なくマッチします。