旅行に持っていくと便利な「リュックサック(バックパック)」。国内旅行なら、身軽に動けるリュックサックがおすすめです。しかし、ラインナップされている種類が多いため、どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、旅行に適したリュックサックをご紹介します。選ぶ際のポイントもあわせて解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

国内旅行向けリュックサック(バックパック )の選び方

容量で選ぶ

1泊の場合

By: rakuten.co.jp

リュックサックひとつでフラッと気軽に出かける1泊旅行の場合は、着替えなどの量が少なくて済むため20L前後の容量があれば十分。必要以上に大きいモノを選んでしまうと機動性が損なわれるので、普段使いできるほどのコンパクトなリュックサックを選ぶのがおすすめです。

ただし、冬場の国内旅行は着替えも厚手の洋服が多くなり、かさばりやすいので注意が必要。通常よりも少し大きめサイズを選んでおくと安心です。

2〜3泊の場合

By: rakuten.co.jp

2~3泊の国内旅行に持っていくリュックサックの容量の目安は20~30L。行き先や目的にもよりますが、30Lの容量があればスッキリ収まる場合が多いのでひとつの基準にして選んでみてください。20~30Lサイズのリュックサックは各ブランドから数多く展開されており、選べるバリエーションも豊富です。

3泊以上の場合

By: rakuten.co.jp

3泊以上の場合は、泊数分の着替えなどをしっかり収納できる大きめのリュックサックが必要になります。荷物が少ない方は30Lサイズのリュックサックでも収まる場合がありますが、余裕をもってパッキングしたいなら40~50Lあると安心。容量に余裕がある状態で出発すれば、現地で購入したお土産などもリュックサックに詰め込めます。

重量で選ぶ

重さは10kgが目安

By: amazon.co.jp

両手がフリーになり、軽快に動けるのがリュックサックの魅力。しかし、必要以上の荷物を詰め込んで重くなりすぎるとメリットが失われてしまいます。

そのため、重量を意識したパッキングをすることはもちろん、リュックサック自体の重さにも目を向けてみましょう。容量が大きくても、素材や作りを工夫して軽量に作られたモデルもあるので要チェックです。

旅を快適に楽しむための重量の目安は10kg。15kgになると非常に重いため、荷物が多くなりそうな場合も13kg程度までに収めるのがおすすめです。ただし、最適な重量には個人差があるので、自分がストレスなく持ち歩ける重さかどうか出発前に確認しておきましょう。

国内線の重量制限に注意

国内旅行で飛行機に乗る際に、リュックサックを機内に持ち込む場合はサイズに加えて重量制限にも注意が必要です。例えば、ANAの国内線の場合、持ち込める手荷物の総重量は身の回り品を含めて10kg。各航空会社によってサイズや重量の制限が異なるため、事前にチェックしておくと安心です。

その他機能で選ぶ

防水

旅行先での散策中に急な雨に見舞われることはよくあるので、防水機能もしっかりチェックしておきましょう。特に自然の風景を楽しむようなアクティブな国内旅行の場合は、少しぐらい雨に濡れても気にならない、防水性に優れたリュックサックを選ぶのがおすすめです。

防水機能をチェックする際は、ボディに用いられている素材はもちろん、止水ファスナーを備えているかどうかも重要なポイント。また、リュックサック自体に防水機能がなくても、付属のレインカバーで雨への対策ができるアイテムもあるため要チェックです。

2WAY・3WAY

By: rakuten.co.jp

最近では、さまざまな旅のスタイルに対応できる2WAY、3WAYアイテムも数多く展開されています。例えば、キャリーケースの機能も備えた2WAYリュックサックは荷物が重くなった場合でも対応しやすく便利。悪路との相性が悪いキャリーケースのデメリットも補える優れモノです。

また、手持ち・ショルダー・リュックサックの3WAYで使えるモノも人気。特にリュックサック用のショルダーストラップが収納できるアイテムは、持ち方を変えてもスッキリとした状態で持ち歩けるのでおすすめです。

ポケット

By: amazon.co.jp

ポケットの数や位置も、国内旅行用のリュックサックを選ぶうえで重要なポイントです。スマホやカメラなど、旅先で頻繁に使う小物をスムーズに出し入れできるポケットがあれば、いちいちリュックサックを下ろさずに済むので快適。また、長時間歩くアクティブな旅には、ペットボトル用のサイドポケットを備えているモノが便利です。

旅行先にノートPCやタブレットを持っていく場合は、内装にクッション材などを採用した電子機器用のポケットがあるかどうかも要チェック。モバイルバッテリーなど細々とした周辺機器を収納できるポケットもあればより便利です。

国内旅行向けリュックサックのおすすめブランド

グレゴリー(GREGORY)

By: rakuten.co.jp

1977年、サンディエゴにて設立されたグレゴリー。顧客のニーズを反映させながら、日々快適に使用できるバックパック作りに取り組んでいます。人間工学に基づいたデザインと、品質のよさが特徴。その快適な背負い心地や高い耐久性で、世界中に人気を集めています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

1968年、サンフランシスコにて設立されたザ・ノース・フェイス。バックパックだけでなく、ウェアやシューズ、テント、寝袋などアウトドアシーンを快適に過ごすためのさまざまなアイテムが充実しています。機能性はもちろん、デザインのよさからファッションアイテムとしても重宝されているブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年、辰野勇ら3人が設立したモンベル。バックパックをはじめ、テントや寝袋など、登山やアウトドアに適したアイテムを取り扱うブランドです。「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」がコンセプト。リーズナブルで使いやすい製品を展開しています。

ミレー(Millet)

By: amazon.co.jp

1921年、フランスにてキャンバストートバッグの工房として始まったミレー。高山用のバックパックの生産を始めたのを皮切りに、クライミング用のウェアやブーツなど、さまざまなアウトドアアイテムの開発に取り組んでいます。機能面はもちろんのこと、デザイン性が高くファッショナブルなのが魅力です。

国内旅行向けリュックサックのおすすめアイテム

グレゴリー(GREGORY) デイパック

同ブランドの定番モデルとして幅広い世代から支持されているリュックサックです。容量は26Lと、1~2泊程度の国内旅行で使いやすいサイズ。フロントには斜めにカットされたファスナーポケットが付いており、デザインにアクセントを加えています。

内側はメイン収納1つのシンプルな構造。メイン収納内にはノートパソコンなどの収納に便利なスリーブポケット、小物収納用のメッシュポケットを備えています。

定番の黒だけでなく、ガーデンタペストリー柄など華やかなカラーも選べるのが嬉しいポイント。国内旅行はもちろん、デイリーユースにもおすすめのリュックサックです。

グレゴリー(GREGORY) ボーダー35

2泊以上の国内旅行に対応できる容量35Lのリュックサックです。大容量ながらも機内持ち込みできるのが魅力。ハンドルがトップだけでなくサイドにも付いているので、飛行機や電車の収納棚からリュックサックをスムーズに取り出せます。

メイン収納はスーツケースのように180°開くのもポイント。リュックサックの底に収納した荷物もサッと取り出せます。また、背面側にはメイン収納から独立したノートパソコン用収納スペースも付いており、使い勝手は良好です。

スーツケースのキャリーバーを固定するための通し穴を備えているため、長期旅行の際にはキャリーオンバッグとしても活躍します。飛行機を使った国内旅行で活躍する、おすすめのリュックサックです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) テルス25 NM61811

軽くて丈夫なナイロン生地を使った人気のリュックサックです。ポケット付きウエストベルトで体にしっかりと固定できるのが特徴。ウエストベルトは取り外し可能なので、普段使い用のリュックサックとしても活躍します。

サイドには、水筒や折りたたみ傘用のオープンポケットを配置。さらに、アウトドア用の小物を引っ掛けて持ち運べるデイジーチェーンや、リュックを背負ったまま水分補給するためのハイドレーションシステムにも対応しています。

専用のレインカバーを内蔵しているため、ハイキング中に雨が降ってきても安心。長時間背負ったままでも疲れにくい、アウトドア用リュックサックを探している方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) フライウェイトパック15 NM81951

使わないときには折りたたんで小さくできる、ポケッタブル仕様のバックパックです。容量は15L。トップにはキークリップ付きのファスナーポケット、フロントには小物を取り付けられるデイジーチェーンを備えています。

内側はメイン収納1つのシンプルな構造。ショルダーベルトは通気性を重視したエアメッシュ素材で作られており、可動式のチェストストラップを使えばフィット感を自分好みに調節できます。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。メイン使いはもちろん長期旅行のサブバッグとしても活躍する、おすすめのバックパックです。

モンベル(mont-bell) ガレナパック 20

日帰りや1泊2日の国内旅行にぴったりな容量20Lのリュックサックです。フロントには大きなファスナーポケットを配置。リュックサック本体とフロントポケットの間にはすき間があり、ウインドブレーカーやレインコートを挟んで持ち歩けます。

ヒップベルトに小物収納用のポケットが付いているのも嬉しいポイント。また、ショルダーベルトにもスマホなどを入れられるファスナーポケットが付いているので、旅先で頻繁に出し入れする小物をサッと取り出せます。

タウンユースでも違和感なく使えるおしゃれなデザインも魅力。レインカバーも内蔵しているので、自然を楽しむアクティブな国内旅行にもおすすめです。

ミレー(Millet) バックパック クーラ 40

耐久性・耐摩耗性に優れたコーデュラナイロンを使ったリュックサックです。容量は40Lと、3泊以上の国内旅行で活躍する大きさ。メイン収納は2気室構造で、仕切りのファスナーを開ければ1気室にも変えられます。

メイン収納には上部の開口部だけでなく、下部のファスナーからもアクセス可能。また、フロントポケット・サイドポケット・チェストポケットなど多数のポケットを備えているため、小物の収納に困りません。

背面パネルにアルミフレームが組み込むことで、安定感とフィット感を高めているのもポイント。大容量で背負い心地のよいリュックサックを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS) バックパック カメラデイパック03

アメリカ・ロサンゼルス生まれのブランド「アウトドアプロダクツ」のリュックサックです。収納部が上下に分かれているのが特徴。上段のメイン収納にはスマホや12インチのノートパソコン用スリーブを備えています。

収納部の下段にはカメラ用の収納スペースを配置。カメラ収納内の中仕切りは取り外し可能なので、カメラを持ち歩かないときには靴やウインドブレーカーなどを入れる収納スペースとして活用できます。

底面にはフットスタンドが付いており、地面に置いても汚れにくいのが嬉しいポイント。旅行先で写真を撮るのが好きな方におすすめのリュックサックです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) フォルダブルスーツケース DCB471-GY

キャリーケースの機能を備えた2WAY仕様のバックパックです。容量は長期旅行で使いやすい40L。さらに、容量30Lのアウターバッグも付属しているため、お土産などを買って荷物が増えてしまっても安心です。

フロントにはB5サイズのポケットを備えており、パンフレットなどの収納に便利。また、メイン収納内にはメッシュインナーポケットが付いているので、小物をすっきりと整理できます。

使わないときにはコンパクトに折りたたんで保管できるのも嬉しいポイント。空港や駅ではスーツケース、段差が多い場所ではリュックサックとシーンに応じて使い分けられるおすすめのバッグです。

ドイター(deuter) スイッチバック III D4820017

リュックサック・ショルダーバッグ・トートバッグの3WAYで使える多機能バッグです。容量は日帰り旅行で重宝する16L。マチ幅拡張機能を使えば容量を4L増やせます。

収納部は2層に分かれており、前側の収納スペースには小物整理用のオーガナイザーポケットを配置。後ろ側にはA4サイズの雑誌やノートパソコンを収納できるオープンポケットを備えています。

心地よいフィット感と高い通気性を両立する独自の背面パネルも魅力。旅行先だけでなく通勤用としても活躍する、汎用性に優れたリュックサックです。

ナリフリ(narifuri) バックパック スーパーハードハテナリュック NF871

はてなマーク型のファスナーを使った日本製のリュックサックです。容量は約20Lで、A4サイズ対応。ファスナーがリュックサックの底まで開くため、中の荷物をスムーズに取り出せます。

ボディには耐久性に優れた素材「スーパーハードナイロン」を採用。生地の裏面に樹脂コーティングを施すことで、防水性を高めています。おしゃれで使い勝手のよい国内旅行用リュックサックを探している方におすすめです。

インケース(INCASE) EO Travel Backpack

Apple社公認のバッグブランドとして有名な「インケース」のリュックサックです。メイン収納は左右に180°開くため、2泊程度の着替えをすっきりと整理して収納可能。荷物が多いときには収納量を約35%拡張できるのも便利です。

フロントにはモバイルバッテリーなどの周辺機器やスマホの収納に便利なポケットを配置。さらに、背面側には16インチのノートパソコンに対応した専用の収納スペースを備えています。

余計な装飾を省いたミニマルなデザインは、スーツとの相性も良好。プライベートの国内旅行はもちろん、通勤や出張時にも活躍するおすすめのリュックです。

インケース(INCASE) All Route Daypack

軽量かつ丈夫なリップストップナイロン生地を使ったリュックサックです。開口部には雨の侵入を防ぐ止水ファスナーを採用。収納部は2気室に分かれており、背面側には16インチのノートパソコンを無理なく収納できます。

背面側には貴重品の収納に便利なシークレットポケットを配置。ショルダーベルトや背面パネルは体にかかる負荷を分散するため、メッシュパッドを搭載して立体的な構造にしています。

サイドには水筒や折りたたみ傘を入れられるポケット付き。シンプルな見た目ながらも機能性に優れた、おすすめのリュックサックです。

カンゴール(KANGOL) リュック KANGOLボックスロゴ刺繍 軽量多機能 PC収納

イギリスの人気ファッションブランド「カンゴール」のリュックサックです。黒で統一したシンプルなデザインが特徴。上部のフロントポケットにはブランドロゴがあしらわれており、デザインにアクセントを加えています。

フロントやサイドには使い勝手のよいポケットを配置。さらに、ショルダーベルトには切り込みが設けられており、切り込みの中には鍵などを取り付けられるリングを内蔵しています。

メイン収納内にはのノートパソコン用のパッド入りポケットを配置。コンパクトながらも外側のポケットが充実しているので、国内旅行や普段使いにおすすめです。

コロンビア(Columbia) スターレンジ20LバックパックII PU8196

高い撥水性と速乾性を兼ね備えた素材「オムニシールド」を使ったリュックサックです。容量は約20L。外側の両サイドにはペットボトルや折りたたみ傘用のメッシュポケットを備えています。

背面側にはメイン収納から独立したクッション付きPC用スリーブを配置。メイン収納やフロントポケットには内ポケットを多数備えているため、小物を小分けして収納できます。アウトドア・タウンユースのどちらでも使いやすいおすすめのリュックサックです。

パタゴニア(patagonia) アーバー・クラシック・パック 25L

世界的な知名度を誇るアウトドアブランド「パタゴニア」のリュックサックです。メイン収納の開口部はドローコードで開け閉めするタイプ。雨よけ用の大きなフラップも付いているので、少々の雨なら気にせず背負い続けられます。

内側は大きなメイン収納1つで、ノートパソコン用のパッド入りスリーブも搭載。小物用のポケットはフロントに1つ、フラップ裏に1つ備えています。容量は25Lと、見た目以上の収納力を備えたおすすめのリュックサックです。

ロゴス(LOGOS) 大型デイパック 79-84

黒で統一されたシンプルなボディと、白いブランドロゴのコントラストがおしゃれなリュックサックです。メイン収納にはA3サイズの書類を折りたたまずに収納可能。また、ノートパソコン用の内ポケットも備えています。

フロントの上部にはスマホなどをサッと取り出せるアクセサリーポケットを配置。フロント下部にも大きめのポケットを備えており、ポケット内の仕切りで小物を整理して収納できます。

各所に車のライトの光を反射するリフレクターが付いているため、夜道を歩く際にも安心。お弁当箱や水筒など、大きめの荷物も入れやすいおすすめのリュックサックです。

神戸リベラル(LIBERAL) ショッピングキャリー リュック 903

キャリーケースとしても使える多機能リュックサックです。四輪タイプのキャスターは360°回転するため、走行性・小回り性能は良好。キャリーバーを取り外せばシンプルなリュックサックとして使えるので、国内旅行だけでなく普段使いでも活躍します。

メイン収納の開口部は口金入りファスナーで大きく開く構造。サイドやフロントにはポケットが付いているため、外出先でよく使う小物をサッと取り出せます。

黒一色のシンプルなカラーに加え、黒と白の花柄、鮮やかなイエローなども選べるのが嬉しいポイント。男女を問わずおすすめのリュックサックです。

ポーター(PORTER) PLAN リュックサック 728-08703

日本の人気バッグブランド「ポーター」の旅行用リュックサックです。ボディには撥水加工を施したナイロン生地を採用。背中側には財布やパスポートなどを安全に持ち歩けるジャバラ式ポケットを備えています。

メイン収納はA4サイズ対応で、背負ったままモノを出し入れできるサイドファスナーも搭載。大きなフロントファスナーポケットやサイドポケットも備えているため、小物をたくさん持ち歩く方でも快適です。

カラーバリエーションは黒・ネイビー・ベージュの3色。ほどよくカジュアルなデザインで、どんなファッションにも合わせやすいおすすめのリュックサックです。

オジオ(OGIO) ヒューズダッフルパック 50 JV

容量50Lと十分な収納性がありながら、軽量に仕上がっているリュックサック。メインの収納部のジップがトップではなく背面に用意されており、大きなアイテムもスムーズに取り出せるのが特徴です。

底面にはシューズを収納できるスペースが確保されているのもポイント。旅行はもちろん、フットサルなどのスポーツシーンでも使いやすい仕様です。

また、耐水圧1000mmに対応する素材を採用しており、防水性も良好。あらゆる移動手段に対応できるおすすめのバックパックです。

ミレー(Millet) リュック プロライター 38+10

登山やスキーツーリングを想定して作られた、アウトドア用リュックサックです。容量は通常時は38Lで、上蓋を伸ばせば48Lまで拡張可能。体の動きを邪魔しないよう、大容量ながらもスリムなフォルムに仕上げています。

外側には登山用ストックやマットを横付けできるホルダーを配置。また、メイン収納にアクセスできるサイドファスナーを備えているため、中の荷物をサッと出し入れできます。

独自技術の背面パネルを取り入れて、背中の通気性を高めているのもポイント。登山やキャンプなど、アクティブな国内旅行で活躍する、おすすめのリュックサックです。