暑い季節に活躍するサンダル。足元がおしゃれで軽やかになり、自分自身が涼しくなるのはもちろん、周りにも爽やかな印象を与えられるため夏のコーデに最適なアイテムです。

街履きで使うのか、海などのレジャーシーンで使うのかサンダルの合わせ方はシチュエーションによってさまざま。そこで今回は、選び方と共にメンズサンダルのおすすめ人気ブランドをご紹介します。

サンダルの選び方

素材で選ぶ

サンダルは、モデルによってさまざまな素材が採用されています。素肌に直接触れるアイテムなので履き心地を重視するのはもちろん、サンダルを履くシチュエーションに応じて選ぶことも大切です。

たとえば、海・プールなど水辺のレジャーシーンで履きたい場合は、EVAやラバーなど水に強い素材を採用しているサンダルがおすすめ。おしゃれに街履きできるモノを探している場合は、革系のサンダルを選ぶのがおすすめです。

種類で選ぶ

いくつかの種類で分けられるのもサンダルの特徴。街履き用のサンダルには「コンフォートサンダル」と呼ばれるタイプがおすすめです。コンフォートは”快適”という意味のある言葉で、その名の通り快適に履けるモデルが揃っています。デザインがおしゃれなのもポイントです。

足をしっかりとホールドできる「スポーツサンダル」は運動時に最適。水に濡れても大丈夫な「ビーチサンダル」や「シャワーサンダル」は暑い季節のレジャーにぴったりです。

サンダルのおすすめ人気ブランド

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)

「ビルケンシュトック」は、サンダルブランドの代名詞ともいえるドイツの老舗。特に革系のコンフォートサンダルが高い人気を集めています。デザイン性に優れているのはもちろん、クッション性の高い靴底を採用することで履き心地も優れているのが魅力です。

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK) サンダル アリゾナ ビルコフロー

ビルケンシュトックを代表するモデルといえるアリゾナ。靴底に弾力性が高いEVA素材を用いており、歩くときの衝撃を吸収してくれます。2本の太いベルトが足をしっかりと支えるコンフォートタイプのサンダルなので、安定して歩けるのが特徴です。

ビルコフローと呼ばれるビルケンシュトック独自の素材が採用しているのもポイント。耐久性に優れているほか、肌に優しいのも魅力です。革製のインソールを用いているため、履くたびに馴染んでいきます。

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK) クロッグ ボストン EVA

EVAをメインの素材に採用しており、軽くて歩きやすいサンダル。汚れたときに洗いやすいほか、雨に濡れても水滴をすぐ落とせるのがポイントです。耐摩耗性に優れているため、普段使いはもちろんアウトドアシーンでも十分活躍してくれます。

アッパーが高くなっているので、ぴったり履きたいというよりも余裕を持って履きたいという方に最適。カラーバリエーションはホワイト・ネイビー・ブラックの3種類です。

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK) サンダル ギゼ EVA

ビーチサンダルとして使えるトングタイプのサンダル。定番のブラックとホワイトをはじめ、スキューバイエロー・スキューバブルー・ネイビー・レッドなどカラーバリエーションが豊富なので、海コーデのアクセントとしてサンダルを使いたい方におすすめです。

耐久性に優れた素材を採用しているため、レジャーシーンでサンダルを履きたい方に適しています。また、両足合わせても最大240gと軽いので、足が重くならず疲れにくいのも特徴です。

アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER)

デザインから製造までの全工程がハワイで行われているサンダルブランド「アイランドスリッパ」。職人の手でひとつずつ丁寧に作られており、自社工場に精密機械をほとんど置いていないのが特徴です。ビーチサンダルとしては珍しい革製のモデルを数多く揃えています。

アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER) レザーサンダル

クッション性のあるインソールを採用しており、足によく馴染む革製のサンダル。地面からの衝撃を和らげる効果もあるため、歩くときの負担を減らしたい方に最適です。靴底には滑り止めが施されているので、濡れた路面の上でも安心して歩けます。

サンダル本体はもちろん、鼻緒にも上質な革素材を用いているため、高級感のある見た目に仕上がっているのがポイント。きれいめコーデに合わせるサンダルを探している方におすすめです。

ハワイアナス(havaianas)

おしゃれでカラーバリエーションが豊富なビーチサンダルを探している方は「ハワイアナス」がおすすめ。日本国内はもちろんハリウッドスターにも愛されており、ビーチサンダルを代表するサンダルブランドといっても過言ではありません。リーズナブルで入手しやすいのもポイントです。

ハワイアナス(havaianas) トップ ビーチサンダル

ハワイアナスの定番ビーチサンダルを探している方におすすめのモデル。シンプルなデザインでスマートに履くことができ、コーデの邪魔をしないのが魅力です。また、カラーバリエーションが非常に豊富でどれも色鮮やかなので、アクセントアイテムとして使うこともできます。

リーズナブルな価格のため、色違いを買い揃えて履き替えるというのもベスト。海によく行く方であれば、1足は持っておきたいおすすめのビーチサンダルです。

ハワイアナス(havaianas) ブラジルロゴ ビーチサンダル

ハワイアナスが誕生したブラジルをモチーフとしているビーチサンダル。中南米らしさを感じる側面のブラジルカラーストライプが特徴で、足元をエスニックな雰囲気に仕上げてくれます。

デザインがよいのはもちろん、履き心地も良好。ビーチサンダルでありながらヒールの高さが2cmあるため、歩行時の衝撃をある程度和らげて快適に歩けるのが魅力です。

ネイビーブルー/シトラスイエローのほか、スティールグレイ/ネオンオレンジやレズベリーローズ/ニューパープルなどさまざまな色の組み合わせが用意されているので、好みに合わせて選べます。

クロックス(crocs)

「クロックス」は、いわゆる”クロッグタイプ”のユニークなサンダルを展開しているブランド。メンズ・ウィメンズ・キッズ合わせて120種類以上のモデルを取り揃えています。どのモデルも軽やかな履き心地で疲れにくいのが特徴です。

クロックス(crocs) サンダル フィート クロッグ

クロスライトと呼ばれるクロックス独自の素材を採用したサンダル。クッション性に優れており、軽さもあるためラクに履けます。通気穴があいているので、暑い季節でも足を涼しい状態に保てるのが特徴。また、クロスライトは抗菌性・防臭性に優れている素材なので、清潔に履けるのも魅力です。

ヒールストラップをかかと部分に掛ければ足にぴったりフィットするため、歩きやすいのポイント。デザイン性と履きやすさを併せ持ったおすすめのサンダルです。

クロックス(crocs) ビーチサンダル モディ スポーツ フリップ

クロックスといえばクロッグタイプのサンダルが有名ですが、ビーチサンダルやスポーツサンダルとして使えるモデルも多く揃えています。このサンダルもその中のひとつ。クロックス独自のクロスライト素材が全面に使われており、足を柔らかく包んでくれるため履き心地がとてもよいです。

足裏を刺激するマッサージポッドが中敷きに付いているため、歩きながらリフレッシュもできます。全体的にゆとりのある構造なので、サンダルはゆったり履きたいという方におすすめです。

クラークス(Clarks)

イギリスで誕生したシューズブランド「クラークス」。カジュアルシューズからビジネスシューズまで幅広く取り扱っており、サンダルに関してもスポーティーなモデルや革系の大人っぽいモデルなど種類が豊富です。どの製品も落ち着いたデザインなので、きれいめコーデが好きな方に適しています。

クラークス(Clarks) サンダル トライサンドベイ

衝撃吸収性の高い合成ゴムを採用しているサンダル。靴底を3分割している斬新な「トライジェニックソール」が採用されており、耐久性・耐滑性・クッション性・屈伸性を高めています。

クラシカルな見た目も特徴のひとつ。革の質感を楽しめる落ち着いたデザインで、きれいめコーデとの相性が抜群です。カジュアルになりすぎないサンダルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

クラークス(Clarks) サンダル トレックミュール

クラークスが展開しているメンズブーツ「デザートトレック」の木型を使用したサンダル。前から見ればデザインはブーツそのものなので、きれいめコーデにも違和感なく合わせられます。

バリエーションは2種類用意されており、革の艶を楽しみたいのであればブラックレザー、より経年変化を楽しみたいのであればビーズワックスレザーを選ぶのがおすすめです。ヒールの高さが3cmあるため、薄さを感じず安定して歩けます。

クラークス(Clarks) スポーツサンダル ピルトンブレーブ

足の甲・足首・かかとの3箇所をベルクロで留めるタイプのスポーツサンダル。吸湿性に優れたコルクをインソールに採用しているため、夏でも蒸れにくいのが特徴です。EVA素材を組み合わせることにより、クッション性の高さも実現しています。

軽やかなデザインなので、ハーフパンツなどに合わせて身軽なコーデを楽しみたい方におすすめ。ベルクロでフィット感を微調整できるのも魅力です。

テバ(Teva)

「テバ」は、スポーツサンダルの先駆けとなるアイテムを生み出したブランド。ビーチサンダルが脱げてしまうのを防ぐため、足首固定用のストラップを付けたことが同ブランドのルーツとなっています。足をしっかり包むフィット性の高いモデルを展開しているのが特徴です。

テバ(Teva) サンダル ハリケーンボルト

アッパーがメッシュ素材で覆われているモデル。幅の広いインソールを採用しているため、スポーツサンダルでありながら窮屈過ぎず、余裕を持って履けます。ストラップでサイズをある程度調整できるのも魅力です。

留め具でラクに着脱ができるほか、フィット性の高い素材を用いているため履きやすいのがポイント。街履き・アウトドアシーン・スポーツシーンなどさまざまな場面で使えるサンダルです。

チャコ(CHACO)

靴職人として働いていたマーク・ペイジェン氏が、その経験を活かして1989年に設立したサンダルブランド「チャコ」。人間工学に基づいたデザインを追求することで、快適な履き心地を実現しています。高品質なスポーツサンダルを探している方におすすめです。

チャコ(CHACO) MEGA Z CLASSIC

太めのストラップを採用することで、足をしっかりとホールドしてくれるサンダル。主にアウトドアシーンやレジャーシーンで活躍するモデルですが、ストラップのデザインがおしゃれなので街履きにも使えます。ハーフパンツスタイルをはじめ、ラフなコーデとの相性がよいです。

チャコが独自に開発した「CHACOGRIP」を靴底に使用しており、グリップ性に優れているため地面が濡れている場所でも安心して歩けます。

シャカ(SHAKA)

1990年代に製造・販売されていた南アフリカ共和国のサンダルブランド「シャカ」。自社工場の閉鎖により一度はブランド自体がなくなってしまいましたが、2013年の春に復活しました。当時の形状をしっかりと再現していながら、強度・クッション性は向上させているのが特徴です。

シャカ(SHAKA) サンダル Neo Bungy

ヒールの高さが3.5cmあり、スタイルアップ効果を狙いたい方におすすめのサンダル。履き心地のよいネオプレーン素材を採用しているため、足に馴染みやすいのが特徴です。

カジュアルなイメージが強いアイテムなので、ラフなコーデに合わせるのはもちろん、きれいめコーデのハズしアイテムとしても活用できます。ベルクロで留めるタイプのため、簡単に着脱可能です。

スイコック(SUICOKE)

「スイコック」は”本当に自分たちが欲しいもの、所有したいものだけを作っていく”というコンセプトのもと、2006年に誕生したブランド。クッション性の高いモデルを揃えているのが特徴で、歩いているときの負担を抑えられます。

シックな雰囲気のスポーツサンダルを展開しているため、アクティブなシーンでもおしゃれな足元を演出したい方におすすめです。

スイコック(SUICOKE) サンダル BOAK-V

靴底のメーカーとして有名なビブラム社との共同開発で生まれた靴底を採用しているサンダル。足首まで覆われているハイカットデザインが印象的です。つま先部分や甲部分のストラップはベルクロを用いているため、足に合わせて細かく調節できます。

約3.2cmの厚底を採用しており、クッション性があるので気持ちよい履き心地を実現しているのがポイント。表面にスエード素材を使うことで、デザイン性も兼ね備えています。シックな雰囲気なので落ち着いたコーデに合わせやすいのが魅力です。

レインボーサンダル(RAINBOW SANDALS)

南カリフォルニアの老舗「レインボーサンダル」は、有名サーファーのジェリー・ロペス氏にも愛されているサンダルブランド。履き心地のよさと耐久性の高さを兼ね備えているのが特徴で、特許を取得した製法で作られている鼻緒もポイントです。

レインボーサンダル(RAINBOW SANDALS) 301ALTS SINGLE LAYER CLASSIC LEATHER

インソールが自然なカーブを描いており、土踏まずにぴったりフィットして履き心地のよいサンダル。形状記憶発泡素材が採用されているため、履けば履くほど足の形に馴染みます。アッパーに高級な革を使用することで、柔らかい肌触りを楽しめるのも魅力です。

パラシュートなどにも用いられる縫い方で鼻緒が付けられており、耐久性に優れているのが特徴。おしゃれかつ頑丈なサンダルを探している方におすすめです。

ドクターマーチン(Dr.Martens)

黄色いステッチのシューズが特徴的なブランド「ドクターマーチン」。同ブランドのサンダルは、シューズと同じく無骨で男らしいデザインのモデルを数多く揃えており、特にアメカジコーデとの相性がよいです。クッション性にも優れているため、快適に履けます。

ドクターマーチン(Dr.Martens) マイルス レザーストラップサンダル Charro

ドクターマーチンらしい黄色のステッチがアクセントとなっているモデル。底がギザギザしているシャークソールを採用しており、地面をしっかりとグリップできます。加圧圧着式グッドイヤーウェルトと呼ばれる独自の製法で、頑丈なサンダルに仕上げているのも特徴です。

無骨な雰囲気を演出できるため、アメカジコーデに合わせるサンダルを探している方におすすめ。存在感をアピールできるおすすめの1足です。

アディダス(adidas)

世界的に有名なスポーツ用品ブランド「アディダス」もサンダルを展開しています。特にスポーツサンダル・シャワーサンダルの種類が豊富なので、運動時に履けるモデルを探している方におすすめ。どれも水に強い素材を用いているため、夏のレジャーで活躍してくれるのが特徴です。

アディダス(adidas) サンダル デュラモ

アディダスの象徴ともいえる3本ラインが施されたシャワーサンダル。プールやジムで体を動かした後のシャワーを浴びるときに履くのはもちろん、ビーチサンダルとして使うこともできるため、海のレジャーで履けるモデルを探している方に適しています。

シンプルなブラックをはじめ、レッドとブルーのラインが鮮やかに映えるホワイトなど爽やかなカラーバリエーションを揃えているのがおすすめポイントです。

コロンビア(COLUMBIA)

「コロンビア」は、アウトドア用品を中心にさまざまなアイテムを展開しているブランド。アウトドアシーン向けのサンダルが多いのかと思いきや、街履きに使えるカジュアルなモノも多く取り揃えており、足元をおしゃれに演出できます。

コロンビア(COLUMBIA) コンフォートサンダル Chimney Park Hand Knit

手編みのコットンニット素材を使用しているサンダル。温かみのある雰囲気が特徴で、街履きできるおしゃれな1足を探している方に適しています。ハワイらしさを感じるカラーも用意されているため、南国コーデに合わせるサンダルとしておすすめです。

クッション性・グリップ性の高い靴底を採用しているほか、コットンニットの肌触りもよいので履き心地に優れているのがポイント。リラックスシーンにも最適です。

コロンビア(COLUMBIA) スポーツサンダル キープストラップ

インジェクションモールデッドEVA製法を採用することで、軽量性やクッション性に優れているアウトドア向けのサンダル。しっかりと足を固定する設計が用いられているため、アクティブに動くシーンでも安心して履けます。通気性にも優れているので、長い時間使用しても快適な履き心地を保てるのが魅力です。

カラーバリエーションがいくつか用意されていますが、コーデのアクセントとして使いたい場合は、ストラップの柄がおしゃれなギンコを選んでみてください。シンプルなデザインが好みの方はホワイトかカレッジエイトネイビーがおすすめです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

1968年にアメリカで誕生したアウトドアブランド「ザ・ノースフェイス」。世界初のドーム型テントを発売したり、ダウンパーカーの原型となるアイテムを生み出したりとアウトドアシーンに大きな影響を与えてきました。同ブランドのサンダルは履き心地のよさを追求しており、アクティブな場面でも快適に着用できるのが特徴です。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) サンダル Ultra Tidal II

足を安定させる立体的なインソールが採用されており、快適に歩けるサンダル。衝撃吸収性にも優れているため、歩行時の負担を和らげてくれるのが魅力です。

指からくるぶしまで丁寧にホールドするN字型のストラップを使用しているので、フィット性を重視する方にもおすすめ。水に強いため、ビーチサンダルとしても活用できます。

カラーバリエーションはTNFブラックやフォーリーフクローバーなど全4種類で、どの色も派手すぎない大人な雰囲気に仕上がっているため、普段のコーデに合う1足を選んでみてください。

モンベル(mont-bell)

「モンベル」は、”Function is Beauty”と”Light&Fast”のふたつをコンセプトにしている日本のアウトドアブランド。軽量性・履き心地を重視しながらも、機能美を兼ね備えたシンプルで使いやすいサンダルを展開しているのが特徴です。

モンベル(mont-bell) アクアグリッパー サンダル

アクアグリッパーと呼ばれる靴底が特徴のサンダル。独自に配合されたゴムの粘りにより、水の中にある岩肌をしっかりグリップできるので、海や川など水辺で遊ぶときに重宝します。ダブルストラップを採用しているため、足のホールド力が強いのもポイントです。

ストラップはそれぞれベルクロで長さを調節できるので、足に合わせてフィットさせれば水の中を歩いても脱げにくいのが魅力。アウトドアが好きな方におすすめのモデルです。

ジョジョ(JoJo)

日本古来の履物文化を大切にしながらも、現代の要素を取り入れた和のサンダルを製作している「ジョジョ」。履き心地を向上させるために厳選した素材を採用しています。浴衣や甚平との相性がとてもよいため、夏祭りコーデに合わせるサンダルを探している方はぜひチェックしておきたいブランドです。

ジョジョ(JoJo) BEACH SANDAL

京都・祇園の老舗履物匠である「ない藤」がデザインを担当したサンダル。本体のカラーをベージュ、鼻緒のカラーをブラックにすることでアクセントをつけているのが特徴です。

車のタイヤによく使われるスチレン・ブタジエンゴム(SRB)という素材を靴底に採用しているため、頑丈で耐摩耗性に優れています。さらに、弾力性の高いEVA素材が内部に使われており、耐久性と履き心地のよさを兼ね備えているのが魅力です。

伸縮性に優れた素材を鼻緒に採用しているのもポイント。鼻緒自体の構造にもこだわることで、長時間履いていても疲れにくい1足に仕上がっています。

ハイテック(HI-TEC)

「ハイテック」は、軽量トレッキングシューズを世界で初めて発売したブランド。アウトドア向けのシューズやサンダルを世界100ヶ国で展開しており、アウトドア初心者から上級者まで幅広い層に愛されています。BBQやキャンプなどで使えるサンダルを探している方におすすめです。

ハイテック(HI-TEC) サンダル カワズFLEX

自由に動き回るカエルをイメージしたことから、「カワズFLEX」という名が付けられたサンダル。伸縮性の高いX型バンドが足を優しく包んでくれるため、締め付けの強いサンダルが苦手な方におすすめです。

緩やかなフィット感ですが、ストラップ部分は留め具でしっかりと留められるので、不意に脱げてしまう心配がなく安心して履けます。

サンダルをコーデに取り入れる際のポイント

色の組み合わせを意識する

サンダルをコーデに取り入れる際は、色の組み合わせを意識するのがおすすめ。Yシャツ・Tシャツなどのトップスとサンダルを同じ色にすれば統一感が出せます。また、あえて反対色のサンダルを合わせてもコーデのアクセントとなるのでおしゃれです。

雰囲気を統一させる

サンダルは種類によって雰囲気が大きく異なります。サーフ系・リゾート系のコーデに取り入れるのであれば、ビーチサンダルが断然おすすめ。革素材で大人っぽい雰囲気のサンダルなら、ジャケットなどを使用したきれいめコーデにもよく馴染むため、ぜひ試してみてください。

参考にしたいサンダルコーデ

爽やかな色合いで夏らしさを演出

By: wear.jp

ターコイズブルーのサンダルで夏らしさをアピールしているコーデ。太陽を感じさせるおしゃれなグラデーションカラーのトップスを用いることで、より夏らしい元気な印象に仕上がっています。爽やかでありながらも、インナーにネイビーのTシャツを使用して派手すぎないコーデにまとめているのがポイントです。

革のサンダルで落ち着いた雰囲気に

By: wear.jp

サンダルはカジュアルな印象が強いアイテムですが、革製のモノを選ぶときれいめコーデにもしっかり馴染みます。アウター・ボトムス・サンダルを黒系でまとめれば、上品で落ち着いた雰囲気に仕上げられるのが特徴です。

Tシャツの柄とサンダルの色を合わせる

By: wear.jp

Tシャツ+ジーンズというシンプルな組み合わせでありながら、プリントされている柄とサンダルの色を揃えた統一感のあるコーデ。「手軽なファッションが好みだけど、せっかくならおしゃれにキメたい」という方におすすめです。アウターを使用していないため、涼しげな見た目になります。