カジュアルコーデにはもちろん、アクティブシーンでも重宝する「リュック」。収納力に優れているため、荷物が多い日でも安心してお出かけできます。さらに、両手がふさがらず動きやすいところもポイントです。

ハイブランドからスポーツブランドまで、多彩なバリエーションのリュックが発売されています。そこで今回は、おすすめのレディースリュックをご紹介。リュックの選び方やコーデもあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

レディースリュックの選び方

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

デイリー使いであれば、5〜10Lあれば十分。ミニマルな5Lリュックでもポケット付きなら小物もしっかり収納でき、お出かけに必要なアイテムは持ち歩けます。

10Lあれば、12〜13インチのノートパソコンやA4サイズのアイテムも収納可能です。仕事用の通勤リュックや1泊2日程度の旅行にも重宝します。登山やキャンプなどアクティブシーンで使用したい方は15〜20Lがおすすめです。

20Lの容量なら2Lのペットボトルや懐中電灯、折りたたみ傘などをしっかり収納できます。大きな荷物を収納する際は、リュックの肩紐は太めのタイプを選ぶと、身体への負担を軽減できるため安心です。また、軽量設計のモノならアクティブシーンに適しています。

素材で選ぶ

By: rakuten.co.jp

レザーで作られたリュックは高級感があり、コーデが高見えします。使い込むほど味が出るのも魅力です。ただし、しっかりお手入れしないと革が劣化したり、色変わりしたりすることがあるため注意しましょう。

フェイクレザーならお手入れも簡単なうえ、リーズナブルな価格で購入できます。カジュアルコーデやスポーティーなコーデには、ナイロンや化学繊維で作られたリュックがぴったり。デザインやカラーバリエーションも豊富なので、コーデや気分にあわせて楽しめます。

また、ナチュラルテイストのコーデやあたたかみのある雰囲気が好きな方は、キナリやリネンなど布で作られたリュックが最適です。

デザイン・カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

ブラックやネイビーを基調としたシックなデザインのリュックは、シーズンを問わずさまざまなスタイリングにマッチします。ブラウンやベージュは女性らしいあたたかみのある雰囲気を演出したい方におすすめです。

春夏はイエローやブルーなど明るいカラー、秋冬はボルドーやグリーンなど深みのあるカラーを選ぶと、シーズンムードを高められます。また、ころんとしたまるみのあるシルエットは、カジュアルになりすぎずフェミニンな印象に。

メッシュ加工が施されているリュックや、大きいサイズのリュックはメンズライクなコーデに最適です。リュックはデザインやカラーバリエーションが豊富なので、コーデやシーズンにあわせて選ぶとワンランク上のおしゃれなスタイリングを楽しめます。

レディースリュックのおすすめブランド

フェールラーベン(FJALLRAVEN)

フェールラーベンは1960年、スウェーデンで誕生したアウトドアブランド。フェールラーベンとは日本語で北極キツネという意味です。そのため、ブランドロゴにはキツネをあしらっています。

カラーバリエーションが豊富なのが魅力。デイリー使いはもちろん、アクティブシーンでも重宝するリュックを多彩なバリエーションで展開しています。

フェールラーベン(FJALLRAVEN) タウン・ビジネス用リュック

20L収納可能な大きめリュック。フェールラーベンが誇る、耐久性に優れた「G1000 Heavy Duty」素材で作られています。「G1000 Heavy Duty」は、ポリエステル65%と綿35%の生地で、背負い心地のよさが特徴です。

ブラックやグレーなどベーシックなカラーから、レッドやブルーなどのアクセントカラーまで豊富なカラーバリエーションも魅力。幅27×奥行20×45cmとビックサイズなうえ、外側に5つ内側に6つポケットが付いているので、収納には困りません。

キャンプやハイキングなどアクティブシーンでも重宝するリュックです。

フェールラーベン(FJALLRAVEN) FJALL RAVEN Kanken 23510

フェールラーベンを代表する、長方形型のリュック。ストックホルムの電話帳からインスパイアされた、シンプルで使い勝手のよいデザインがポイントです。

フロントにあしらわれたブランドロゴがアクセントになっています。幅27×奥行13×38cmとA4サイズがすっぽり入るサイズ感も魅力。外側にオープンポケットが2つ、内側にもオープンポケットが1つ施されているため、小物もしっかり収納できます。

カジュアルコーデにあわせやすいリュックを探している方には特におすすめです。

フェールラーベン(FJALLRAVEN) タウン・ビジネス用28Lリュック

収納容量28Lとビックサイズのリュック。ブラックやネイビー、ベージュなど使いやすいカラーはもちろん、パープル・グリーン・ブルーといったアクセントカラーも発売されているため、好みに合った色をチョイスできます。

ポリエステル65%と綿35%の生地で作られた「G1000 Heavy Duty」素材で作られており、背負い心地も良好です。幅31×奥行28×高さ46cmの大容量サイズは、キャンプや登山などアクティブシーンでも重宝します。

内側に8つ、外側に4つポケットが付いているため、収納力も十分です。

ミルクフェド(MILKFED.)

1995年に誕生したファッションブランド「ミルクフェド」は特に10〜20代に人気です。「カリフォルニアクール」をコンセプトに、カジュアルで女性らしいアイテムを展開しています。

リュックはシンプルで使い勝手のよいデザインが魅力。カジュアルコーデにはもちろん、スポーティーなスタイリングにもマッチします。

ミルクフェド(MILKFED.) BACKPACK 03194076

ブラックを基調とした、少しまるみのあるシルエットが特徴のリュック。表地はポリエステル100%、裏地はナイロン100%で作られた、スポーティーなデザインが魅力です。

幅30×奥行17×高さ43cmとデイリー使いにも、アクティブシーンにも活躍するサイズ感も魅力。外側には4つ、内側には3つのポケットが施されているので、小物もしっかり収納できます。

収納力があり、長く愛用できるリュックを探している方におすすめのアイテムです。

ミルクフェド(MILKFED.) BIG BACKPACK

フロントにあしらわれた、ブランドロゴがアクセントになっているリュック。ロゴのカラーはブラック・レッド・ピンクの3色展開です。

シンプルなデザインで長く愛用できるデザインが魅力。幅30×奥行15×高さ48cmと、A4サイズのアイテムや12インチのパソコンがすっぽり収納できる大きさです。

サイドにはメッシュポケットが施されており、ペットボトルや頻繁に使う小物の収納にも重宝します。内外には合計9個のポケット付きで、収納には困りません。

マリメッコ(Marimekko)

マリメッコは、1951年北欧フィンランドで誕生したアパレルブランド。アーティスティックな花柄をあしらったアイテムが人気です。ウェアやアクセサリーをはじめ、インテリア雑貨など多彩なラインナップを展開しています。

コーデのアクセントになるアイテムは、幅広い年齢層に人気。リュックはシンプルで使い勝手のよいデザインも発売しています。

マリメッコ(Marimekko) Eppu バックパック 40006

コットンキャンバスとレザーで作られた2wayタイプのリュック。トートバッグとしても使用できるため、コーデや使用シーンに応じてアレンジ可能です。カジュアルコーデにはもちろん、ナチュラルテイストのスタイリングにもマッチします。

幅約35×奥行5×41.5cmとA4サイズが収納できる容量。内側にはオープンポケットが1つ、外側にはスナップポケットが付いており、小物もしっかり整理整頓できます。

フロントにマリメッコのロゴがさりげなくあしらわれています。上品でシンプルなデザインが魅力です。

マリメッコ(Marimekko) リュック LOLLY ローリー 45486

ブラックを基調としたシックかつシンプルなデザインのリュック。どんなコーデにも合わせやすく、シーズンを問わず使えるところが魅力です。ショルダーも太めに作られており、肩が凝りにくく背中にピタッとフィットします。

キルティング加工を施し、ロゴを印字したモダンテイストなデザインが特徴。幅約28×奥行16×高さ42cmと、荷物が多い日に重宝する大きさです。

外側に1つ、内側に4つ計5つのポケットが施されているため、小物の収納には困りません。

マリメッコ(Marimekko) リュック コルッテリ シティ 045068

無駄を省いた、シンプルなデザインが特徴のリュック。ブラック・メランジグレーの2色展開で発売しています。背面にさりげなくマリメッコのロゴを施しているところもポイントです。

幅約43×奥行13×高さ36cmと11〜20L収納できるサイズ感も魅力。通勤や通学用のリュックとしても重宝します。外側に1つ、内側に4つのポケット付きで、小物もしっかり収納できます。

トレンドに左右されず長く愛用できるリュックを求めている方におすすめです。

マリメッコ(Marimekko) リュック BUDDY バディ 26994

飽きのこない、シンプルなデザインのリュック。マリメッコのリュックのなかでも幅広い世代に人気のデザインです。ブラックやグレーなどシンプルなカラーリングなら、どんなコーデにもマッチします。

サイズは、幅約35×奥行17×高さ46.5cm。奥行きがしっかりあるので、本やパソコン、ペットボトルなどさまざまな形状のアイテムを収納できます。外側に4つ、内側に1つポケットが施されているため、小物の整理整頓も可能です。

カジュアルコーデにはもちろん、きれいめなコーデにも合わせやすく、さまざまなスタイリングにマッチします。

アニエスベー (agnès b.)

アニエスベーは1975年にフランスで誕生した、ファッションブランド。シンプルなデザインやカジュアルなアイテムを中心に展開しています。日本には1984年に初上陸しました。

20〜40と幅広い世代の男女に愛されているブランドです。

アニエスベー (agnès b.) ENFANT GL11 E BAG ナイロン マザーズリュック

機能性に優れた2wayタイプのリュック。トートバッグとしても使えるので、コーデの幅が広がります。ベビーカーに取付られるストラップが両側に付いており、小さな子供がいるお母さんにもおすすめです。

サイズは幅30×奥行13.5×高さ40cmと、荷物が多い日のデイリー使いにも重宝する大きさ。サイドにはポケットが施されており、ペットボトルの収納に便利です。

トートバッグにしたときの持ち手は54cm程の長さのため、肩にかけられます。背面は柔らかいメッシュ素材になっており、背負い心地がよく暑い夏も快適です。

アニエスベー (agnès b.) リュック VOYAGE

アニエスベーの人気ラインVOYAGEから発売されているリュック。シンプルなデザインでトレンドに左右されず、長く愛用できます。カラーはネイビー・ブラックの2色展開です。

フロントにアニエスベーのロゴがさりげなく施されているのがデザインのポイント。大きさは幅29×奥行13×高さ39.5cmなので、お出かけに必要なアイテムを収納できるちょうどよいサイズ感も魅力です。

内側にはポケットが3つ、外側にも1つ付いており、スマートフォンやリップなどの小物もしっかり整理整頓できます。

グッチ(GUCCI)

グッチは1921年にイタリアで誕生した、高級ファッションブランド。アクセサリーや香水、財布やバッグなどラグジュアリーなデザインが魅力です。GGマークはブランドのシグネチャーとして親しまれています。

年齢や性別を問わず、世界中の人々に愛され続けている高級ブランドのひとつです。

グッチ(GUCCI) リュック

高級感のあるラグジュアリーなデザインが魅力のリュック。ブラックを基調にゴールドの金具とブランドロゴがアクセントになっています。ころんとしたまるみのあるシルエットで、エレガントなムードを高めているのも魅力です。

大きさは幅約19.5×奥行10×高さ18cmとミニマルなサイズ。財布やスマートフォンなど、必要最低限のアイテムを持ち歩いてお出かけしたいときに重宝します。

旅行用のサブバッグとしての使用にも最適。きれいめなコーデにも合わせやすく、ラグジュアリーなデザインのリュックを求めている方におすすめです。

グッチ(GUCCI) GGキャンバスリュック

グッチのシグネチャーであるGGマークを全面にあしらったリュック。ころんとしたまるみのあるシルエットと、ベージュを基調としたあたたかみのある雰囲気がデザインの特徴です。

耐久性に優れたキャンバス生地で作られているところも魅力。サイズは幅約29×奥行10×高さ33cmと大きすぎず小さすぎない、使い勝手のよいサイズです。旅行用のサブバッグとしても重宝します。

カジュアルになりすぎず、女性らしいコーデに合わせやすいデザインのリュックを探している方におすすめです。

グレゴリー(GREGORY)

グレゴリーは1977年にアメリカのサンディエゴで誕生したファッションブランド。登山やキャンプなどアクティブシーンに最適なアイテムを豊富に展開しています。

耐久性に優れた素材で作られており、長く愛用できるところが魅力。リュックはカラーバリエーションも豊富です。

グレゴリー(GREGORY) バックパック フラッシュデイ

トートバッグのような見た目が特徴のリュック。ブラックやベージュといったベーシックカラーから、ストライプ柄や花柄まで多彩なカラーとデザインバリエーションが魅力です。

サイズは幅32×奥行9×高さ44cm。A4サイズの書類や12インチのノートパソコンもしっかり収納できるため、通勤や通学にも重宝します。内側には2つポケットが施されており、スマートフォンやリップなど小物の整理整頓も可能です。

グレゴリー(GREGORY) バックパック キャンパスデイL

21〜30L収納できるビッグサイズのリュック。ブラックを基調としたシンプルなデザインと、花柄をあしらった女性らしいデザインの2種類から選べます。肩紐が太めに作られているため、疲れにくく背中にピタッとフィットする背負い心地のよさも魅力です。

サイズは、幅37×奥行17×高さ47cmなので、通勤や通学にはもちろん、登山やキャンプなどアクティブシーンでも重宝します。外側には4つ、内側には3つポケットが施されているため、収納力も十分。

たっぷり収納できるリュックを探している方や、アクティブシーンでも使えるリュック求めている方におすすめのアイテムです。

レディースリュックのおすすめコーデ

ホワイト×ベージュのカジュアルコーデ

By: wear.jp

ホワイトのケーブル編みニットに、ブラウンのコーデュロイパンツを合わせたカジュアルコーデ。あたたかみがある女性らしいコーデで、コーデュロイを取り入れることによって、秋冬ムードが高まります。

スポーティーなブラックのリュックを背負うと、全体的に引き締まった印象に。ニットからちらりと見えるホワイトのロンTがこなれ感を演出しているところもポイントです。

ブラック×パープルでレディ感を高める

By: wear.jp

ブラックのタートルネックにパープルのワンピースを合わせたレディ感のあるスタイリングです。起毛感のある素材をチョイスすることで、あたたかみのある女性らしい印象に。ワンショルダーデザインがこなれた雰囲気を演出しています。

ハイブランドのレザーのリュックがコーデに抜け感を出してくれるところがポイント。カジュアルすぎず、レディな雰囲気を崩しません。ブラック×パープルの2色でまとめた統一感のあるスタイリングです。

レオパード柄がアクセントになったコーデ

By: wear.jp

ボートネックのトップスに、レオパード柄のフレアスカートを合わせたカジュアルコーデ。スウェット生地のトップスは女性らしいシルエットや柄のスカートを組み合わせると、カジュアルになりすぎずフェミニンな雰囲気を演出できます。

ミニマルなブラックのリュックをチョイスすると、コーデ全体が引き締まった印象に。スニーカーを履いてカジュアルダウンさせるのがおすすめです。

メンズライクコーデ

By: wear.jp

ベージュのニットワンピースにカーキのコートを合わせたメンズライクコーデ。キルティング加工を施したメンズライクなコートが、ニットワンピースの甘さを程よく緩和しているところがポイントです。

リュックを背負うと、メンズライクなムードがさらに高まります。レギンスを履いたり、フラットシューズを履いたりするとコーデ全体が引き締まった印象に。女性らしい印象を残しつつ、メンズライクなコーデでこなれ感を演出したスタイリングです。

フード付きワンピ×チェックスカートコーデ

By: wear.jp

フード付きワンピースに、グレーのチェックスカートを合わせたコーデ。グレーのチェックスカートは組み合わせを間違えると、重たい印象になりがち。しかし、スカイブルーの鮮やかなアイテムを合わせることで若々しく女性らしい印象になります。

ベージュのリュックを背負うと、スポーティーな雰囲気にニュアンスチェンジが可能。足元はスニーカーを履いてカジュアルダウンさせるのがおすすめです。

ミントグリーン×ホワイトでハンサムレディ

By: wear.jp

ミントグリーンのスウェットにホワイトのテーパードパンツを合わせたカジュアルコーデ。カジュアルな印象になりがちのスウェットに、テーパードパンツを組み合わせてメリハリをつけているのがコーデのポイントです。

ミントグリーン×ホワイトの組み合わせが、春を感じさせる爽やかな雰囲気を演出。淡い色のコーデには、ブラックのリュックを背負うと全体がグッと引き締まります。フラットシューズを履いて、歩きやすさと女性らしさを両立させるのがおすすめです。

パーカー×プリーツスカートのカジュアルコーデ

By: wear.jp

ホワイトのフード付きパーカーに、サテン生地のプリーツスカートを合わせたカジュアルコーデ。プリーツスカートの程よい光沢感が女性らしいムードを高めてくれます。

ブラックのリュックを合わせるとコーデ全体にメリハリが生まれ、引き締まった印象に。スポーティーでゴツめなスニーカーを履くと、抜け感のあるカジュアルコーデの完成です。