履き込むほどに足にフィットし、コーディネートに落ち着いた印象をプラスしてくれる「レザーサンダル」。大人の男性を中心に人気を集める夏のファッションに欠かせない定番アイテムです。

そこで今回は、メンズレザーサンダルのおすすめブランドをランキング形式でご紹介。コーディネート例やお手入れ方法についても解説します。

レザーサンダルの選び方

サンダルの種類から選ぶ

フラップサンダル

By: amazon.co.jp

フラップサンダルとは、親指と人差し指で鼻緒をはさむオーソドックスなデザインのサンダルのことです。涼しげな見た目でリゾート感が強いため、主に山や海などのアウトドアシーンで活躍します。

さまざまなテイストのファッションに合わせられるのも大きな魅力。ただし指の間に負担がかかるため、人によっては痛みを感じやすいというデメリットがあります。

スライダーサンダル

By: amazon.co.jp

かかと部分にストラップがないスリッパのような形状で、脱ぎ履きが容易におこなえるサンダルの総称。昨今人気のシャワーサンダルもスライダーサンダルの一種といえます。

ラフな雰囲気が漂う形状ですが、レザー素材なら上品な印象に仕上がります。素足で履くのはもちろん、ソックスとの組み合わせも楽しめるおすすめのサンダルです。

コンフォートサンダル

By: rakuten.co.jp

その名のとおり履き心地のよさにこだわったサンダルのことで、軽量で長時間歩いても疲れにくいモノや足との密着性を向上させる立体構造のインソールを採用したモノなど、さまざまな工夫が施されているのが特徴です。

コンフォートサンダルの代表的なブランドとして「ビルケンシュトック」や「クラークス」などが挙げられます。デザイン性と機能性を兼ね備えたモノが多く、夏のおしゃれに欠かせない定番サンダルのひとつです。

ストラップサンダル

By: amazon.co.jp

足首や甲部分をストラップで固定するサンダルのこと。自分の足に合わせてストラップの長さを調節できるモノが多く、安定感があって脱げにくいというメリットがあります。

デザインのバリエーションも豊富で、キャンプやフェスなどのアウトドアからタウンユースまで幅広いシーンに対応可能。アクティブに動き回りたいときに活躍します。

グラディエーターサンダル

By: amazon.co.jp

たくさんの細い紐やベルトによって足の甲や足首を固定するデザインが特徴のグラディエーターサンダル。古代ローマの剣闘士が履いていた靴を模したサンダルのことです。

ファッションアイテムとして登場したのは2005年頃で、スペインで創業されたファッションブランド「バレンシアガ」が発表したのが最初だといわれています。デザイン性が高く存在感があるため、おしゃれ上級者に人気のサンダルです。

革の種類から選ぶ

スムースレザー

By: rakuten.co.jp

皮の表面にコーティングやエナメルなどを施し、均一で滑らかに加工したレザーの総称です。大きく分けて、革本来の風合いを生かした「銀付き革」と、革の表面を磨いて顔料を塗った「ガラスレザー」があります。

どちらも高級感漂う上品なツヤが大きな魅力で、キレイめファッションに合うラフ過ぎないレザーサンダルが欲しいという方におすすめです。正しいメンテナンスをおこなえば長く愛用できます。

スウェード

By: rakuten.co.jp

子羊や子牛、豚の皮の裏面をサンドペーパーなどでこすって起毛させた革をスウェードと呼びます。毛足が長く、柔軟性が高いのが大きな特徴です。

優しくあたたかみのある雰囲気で、カジュアルなファッションと相性良好。ただし汚れやホコリが溜まりやすい上、静電気などの影響で毛が寝てしまうこともあるため、こまめなブラッシングが必要です。

ヌバックレザー

By: rakuten.co.jp

ヌバックレザーとは、子羊や子牛の皮の表面を目の細かいサンドペーパーで軽くバフィングした起毛レザーに属する素材のこと。スウェードよりも毛足が短く、ベルベットのような独特の光沢感と柔らかな肌触りが特徴です。

湿気や水分に弱い繊細な素材であるため、長く使用するためには防水スプレーなどで表面を保護するなどの対策が必要です。そのほかにも、表面に模様をプレスした「型押し革」や皮をなめす際にオイルを含ませる「オイルドレザー」などがあります。

足にフィットするモノを選ぶ

By: rakuten.co.jp

サンダルを購入する際には、自分の足に合ったサイズを選ぶことが大切です。そこで重要なのが「足長」と呼ばれるつま先からかかとまでの寸法と、足幅の一番広い部分を一周測った「足囲」です。

どちらも必ず素足の状態で測ることが大切。左右で足の大きさが違うこともあるので、必ず両足測りましょう。

また、一般的にはつま先に5mmほど余裕があるのがベストだといわれています。ただし、大きすぎるとソールから足が浮いて歩きにくいため、かかとに関しては足裏が中底にしっかりと密着するジャストサイズを選ぶのがおすすめです。

メンズレザーサンダルのおすすめブランドランキング

第1位 ビルケンシュトック

人間工学に基づき快適性を追求して作られた「フッドベッド」と呼ばれるインソールが特徴の世界的に有名なシューズブランド。1774年にヨハン・アダム・ビルケンシュトックがドイツのヘッセン州ランゲン・ベルクハイム市の教会の公文書に「臣民の靴職人」として登録されたのがはじまりとされています。

ビルケンシュトックのサンダルには標準幅のレギュラーと幅狭のナローの2タイプがあり、自分の足幅に合わせて選ぶことが可能。また、いくつかのモデルには中敷にクッション材が内蔵された「ソフトフッドベッド」と呼ばれるインソールを採用しており、好みに合わせて履き心地を選べます。

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK) アリゾナ

足の甲をしっかりとホールドしてくれる2本の太いベルトが印象的な「アリゾナ」。常に高い人気を誇るブランドの代表モデルです。アッパーには、高級感のあるスムースレザーをはじめ、スウェードやヌバックなどのさまざまな素材を採用しており好みで選べます。

秋冬はソックスと合わせて履くことも可能。オールシーズン使える上、シンプルなので幅広いテイストのコーディネートにマッチします。汎用性が高くエントリーモデルとしてもおすすめの一足です。

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK) チューリッヒ

ファーストモデルのマドリッドに続いて1966年に誕生した「チューリッヒ」。足の甲全体を覆う幅広のダブルバックルベルトが安定感のある歩行を叶えます。

さらに、柔らかく弾力性に優れた「EVA素材」のソールが地面からの衝撃を吸収。長時間履いても疲れにくく快適に過ごせます。ベーシックなデザインで、性別問わず多くの方に支持されているおすすめのモデルです。

第2位 ブッテロ

1974年、イタリア・トスカーナでマウロ・サーニによって創業されたシューズブランド。世界的に有名なロックバンド「ザ・ビートルズ」のメンバーが同ブランドのモッズブーツを履いたことで脚光を浴び、トスカーナ地方を代表するブーツブランドとしての地位を確立しました。

クラシカルなスタイルと現代のトレンドを絶妙にミックスした独自の世界観が大きな魅力。草や木などの植物から抽出したタンニンを使って皮をなめす「ナチュラルタンニングレザー」を採用しており、レザーならではの経年変化を楽しみたいという方におすすめのブランドです。

ブッテロ(BUTTERO) 編み込みサンダル B2633 PE-OILB

複雑に交差するストラップがモードな雰囲気を放つブッテロのレザーサンダル。自然な風合いや本革特有の香りを楽しめるオイルドレザーを採用しており、履き込むほどに足にフィットします。

足のアーチに沿うように設計された立体的なラバーソールや、適度なトゥスプリングが快適な歩行をサポート。デザイン性と機能性を兼ね備えたおすすめのレザーサンダルです。

ブッテロ(BUTTERO) トングサンダル B1856 PE-PAL

ヒビ割れ加工をほどこしたクラックレザーをアッパー部分に採用することで、長年履き込んだかのような味わいを再現したトングタイプのサンダルです。

熟練の職人によって丁寧に仕上げられるブッテロのサンダルは、シンプルなデザインながらも重厚感が漂います。裏地には型押しレザーを採用。アッパーとのコンビネーションがおしゃれな一足です。

第3位 ユッタニューマン

ドイツ出身の女性デザイナーが手がけるニューヨーク生まれの「ユッタニューマン」。設立当初から一流ファッション誌に取り上げられるなど、多くのファッショニスタから注目を集める人気ブランドです。

伝統的な製法で作られた高級革を採用してオールハンドメイドで作られるユッタニューマンのサンダルは、「サンダル界のロールスロイス」と比喩されるほど高く評価されています。大人の男性にふさわしいハイクオリティなレザーサンダルが手に入るおすすめのブランドです。

ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN) SIMONE

ラティーゴという植物のタンニンを使ってなめした高品質レザーを採用したシンプルな形状の「シモーネ」。さまざまなテイストのファッションに合わせやすいシンプルなデザインで、ブランドのなかでも常に高い人気を誇るモデルです。

アーチサポートを効かせたフットベッドが足裏にピタッと密着。オーダーメイドのような極上の履き心地を味わえると評判のレザーサンダルです。

ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN) PETRA

サンダルらしいカジュアルな雰囲気で気軽に履ける「ペトラ」。リゾートシーンはもちろん、デイリーユースにも活躍する使い勝手のよいおすすめのレザーサンダルです。

人や環境に優しいといわれている、ベジタブルタンニンによって丁寧になめされた厚みのあるレザーは、履き込むほどに味わいやツヤが増すエイジングを存分に楽しめます。

第4位 アイランドスリッパ

1946年にハワイで創業された高級レザーサンダルブランド「アイランドスリッパ」。ハワイのローカルをはじめ、世界中の人から支持される有名なブランドです。メイドインハワイにこだわり、デザインから縫製まで全てハワイでおこなっています。

クッション性の高いインソールや足に沿うように湾曲したフットベッドにより、快適な履き心地を実現。足と一体化するような至高の履き心地を体感できるおすすめのレザーサンダルブランドです。

アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER) PT203

経年変化を楽しめるベジタブルタンニンなめしのスウェード素材を採用したビーチサンダル。立体形状フッドベッドによって、足裏に吸い付くようなフィット感を体感できます。

カラーバリエーション豊富で、ファッションや好みに合わせてセレクトできるおすすめのレザーサンダルです。なお、上品なツヤが魅力のスムースレザータイプもあります。

アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER) PBS705/PTS705

足全体を包み込むような、安定感のある履き心地を叶えるアイランドスリッパのシャワーサンダル。スムースレザーとスウェードのコンビネーションがおしゃれなおすすめのアイテムです。

アウトソールにはグリップ力が高いラバーソールを採用しており、雨の日も安心して履けます。モードな雰囲気が漂うシンプルなデザインで、さまざまなスタイリングに合わせられる一足です。

アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER) PT223

高級ライン「ISLAND PLO」シリーズのスウェード製クロスストラップサンダル。履き込むほどに足に馴染んでフィットするソフトレザー仕様で快適な履き心地を味わえます。

クロスベルトが足の甲を優しくホールドしてくれるので、長時間歩いても疲れにくいのが魅力。トングタイプのサンダルは指の間が痛くなるから苦手という方にもおすすめのレザーサンダルです。

第5位 サンダルマン

ハワイ出身のパトリック&スコット兄弟がカリフォルニアで創業したサンダルブランド。オールハンドメイド仕上げのため生産数が限られており日本ではあまり見かけることはありませんが、ファッション愛好家の間では有名なブランドです。

ベーシックながらもひねりのあるデザインで、コーディネートに程よい抜け感をプラスしてくれます。厚みのあるソールを足の形に合わせて削っていくという特殊な製法を用いており、履き心地のよさにも定評があるおすすめのブランドです。

サンダルマン(THE SANDALMAN) ビーチワイド クロムエクセルレザー

高級靴メーカーに生地を供給するアメリカの老舗タンナー「ホーウィン社」のクロムエクセルレザーを使ったサンダル。クロムエクセルレザーは傷やシワがつきやすいため、長年履き込んだかのような味わいをすぐに楽しめます。

鼻緒部分には足指への負担を軽減する肌触りのよいナイロン素材を採用。さらにクッション性の高い3層構造のミッドソールが快適な歩行を実現します。ハイスペックな素材を贅沢に使用したおすすめのレザーサンダルです。

第6位 パドローネ

東京・足立区のシューズ工場「ミウラ」が手がけるファクトリーブランド。ブランド名の「パドローネ」はイタリア語で「雇い主」のことで、靴職人の伝統や技術を伝承していきたいという思いから名づけられました。

パドローネのシューズの多くはアッパーとインソール、アウトソールを一度に縫い上げるイタリアの伝統的製法「マッケイ製法」によって作られており、軽量でソールの返りがよいのが特徴。コストパフォーマンスに優れた高品質なシューズが手に入るブランドです。

パドローネ(PADRONE) バックストラップレザーサンダル LUCA PU5359-3202-17B

生後2年を経過した雄牛の皮からできる柔らかな質感が特徴の「ステアレザー」を採用したレザーサンダル。コンビなめしによって生み出される透明感のあるツヤが、ドレッシーな雰囲気を醸し出しています。

バックストラップがかかとをしっかり固定してくれるため、アクティブに動き回ることが可能。ソールには軽くてクッション性が高いビブラムソールを採用しており、長時間歩いても疲れにくいおすすめのサンダルです。

第7位 クラークス

デザートブーツで有名な老舗フットウェアブランドです。設立当初は主にシープスキンのスリッパを製造していましたが「柔らかい素材のソフトな履き心地の靴」を追求したシューズを開発し、人間工学に基づいたコンフォートシューズの先駆け的存在としてブランド認知を拡大。

最新の技術やテクノロジーと職人技を組みわせて現代にマッチするシューズを生み出し続けています。トレンドに左右されないベーシックなデザインが魅力のブランドです。

クラークス(Clarks) アントレックパート

着脱を簡単におこなえるマジックテープ式のスポーツサンダル。本革のなかでも最高級素材として扱われている「フルグレインレザー」をアッパーに採用したおすすめのアイテムです。インソールには、足裏をサラサラに保ってくれる通気性に優れた特殊な素材「Ortholite」を採用。

さらに、低密度のウルトラソフトレイヤーによって快適な履き心地を実現するクラークス独自の機能「Cushion Max」と、EVAを組み合わせたアウトソールがスムーズな歩行をサポートします。

レザーサンダルのメンズコーデ

キレイめコーデの足元に抜け感をプラス

By: wear.jp

ナチュラルな雰囲気漂うリネンシャツに、肌馴染みのよいブラウンのレザーサンダルを合わせた大人カジュアルコーデです。

スラックスなどの上品なボトムスには、肌の露出が多くリラックス感を演出できるトングタイプのサンダルを合わせるのがおすすめ。ラフ過ぎないため、大人の男性でも取り入れやすいコーディネートです。

リゾートコーデを格上げ

By: wear.jp

夏らしさ溢れる鮮やかなカラーのボトムスがポイントのリゾートコーデ。カジュアル要素が強いサンダルは、Tシャツ×ショートパンツなどのラフなコーデと相性抜群です。

ボトムスの存在感を際立たせるシックなカラーのレザーサンダルをプラスすれば、子供っぽくならず上品で落ち着いた印象に仕上がります。

ソックスとの組み合わせを楽しむ

By: wear.jp

爽やかな雰囲気の白ソックスをレザーサンダルに合わせた上級者コーデ。スポーティーなデザインのサンダルなら、スニーカー感覚で違和感なく取り入れられます。

足元にボリュームが生まれるため、細身のパンツやショート丈パンツなどと相性良好。履き慣れたサンダルの印象を変えたいという方にもおすすめのコーデです。

レザーサンダルのお手入れ方法

レザーサンダルを長持ちさせるためには、こまめなお手入れが必要です。革製品は基本的に水洗いができないため、シューズブラシで表面のホコリや汚れを取り除いてから専用のクリーナーを使って汚れを落とします。このとき、全体にムラなく塗り広げることが重要です。

最後に柔らかい布でツヤが出るまで念入りに乾拭きしてください。汚れが残ったまま放置しておくと変色やカビなどの原因になるため、早めに対処しましょう。