履き込むほど足にフィットし、コーディネートに落ち着いた印象を与える「レザーサンダル」。大人の男性を中心に人気を集める、夏のファッションに欠かせない定番アイテムです。

そこで今回は、メンズレザーサンダルのおすすめブランドをランキング形式でご紹介。コーディネート例やお手入れ方法についても解説します。

レザーサンダルの選び方

サンダルの種類から選ぶ

フラップサンダル

By: rakuten.co.jp

フラップサンダルとは、親指と人差し指で鼻緒をはさむオーソドックスなデザインのサンダルのことです。涼しげな見た目でリゾート感が強いため、主に海などのレジャーシーンで活躍します。

さまざまなテイストのファッションに合わせられるのも大きな魅力。ただし指の間に負担がかかるため、人によっては痛みを感じやすいというデメリットがあります。

スライダーサンダル

By: amazon.co.jp

かかと部分にストラップがないスリッパのような形状で、脱ぎ履きが容易におこなえるサンダルの総称。昨今人気のシャワーサンダルもスライダーサンダルの一種といえます。

ラフな雰囲気が漂う形状ですが、レザー素材なら上品な印象に仕上がります。素足で履くのはもちろん、ソックスとの組み合わせも楽しめるおすすめのサンダルです。

コンフォートサンダル

By: amazon.co.jp

名前のとおり履き心地のよさにこだわったサンダルのこと。軽量で長時間歩いても疲れにくいモノや、足との密着性を向上させる立体構造のインソールを採用したモノなど、さまざまな工夫が施されているのが特徴です。

コンフォートサンダルの代表的なブランドとして「ビルケンシュトック」や「クラークス」などが挙げられます。デザイン性と機能性を兼ね備えたモノが多く、夏のおしゃれに欠かせない定番サンダルのひとつです。

ストラップサンダル

By: amazon.co.jp

足首や甲部分をストラップで固定するサンダルのこと。自分の足に合わせてストラップの長さを調節できるモノが多く、安定感があって脱げにくいというメリットがあります。

デザインのバリエーションも豊富で、キャンプやフェスなどのアウトドアからタウンユースまで幅広いシーンに対応可能。アクティブに動き回りたいときに活躍します。

グラディエーターサンダル

By: amazon.co.jp

たくさんの細い紐やベルトによって足の甲や足首を固定するデザインが特徴のグラディエーターサンダル。古代ローマの剣闘士が履いていた靴を模したサンダルのことです。

ファッションアイテムとして登場したのは2005年頃で、スペインで創業されたファッションブランド「バレンシアガ」が発表したのが最初だといわれています。デザイン性に優れ存在感があるため、おしゃれ上級者に人気のサンダルです。

革の種類から選ぶ

スムースレザー

By: rakuten.co.jp

皮の表面にコーティングやエナメルなどを施し、均一で滑らかに加工したレザーの総称です。大きく分けて、革本来の風合いを生かした「銀付き革」と、革の表面を磨いて顔料を塗った「ガラスレザー」があります。

どちらも高級感漂う上品なツヤが大きな魅力で、キレイめファッションに合うラフ過ぎないレザーサンダルが欲しいという方におすすめです。正しいメンテナンスをおこなえば長く愛用できます。

スウェード

By: rakuten.co.jp

子羊や子牛、豚の皮の裏面をサンドペーパーなどでこすって起毛させた革をスウェードと呼びます。毛足が長く、柔軟性が高いのが大きな特徴です。

優しくあたたかみのある雰囲気で、カジュアルなファッションと相性良好。ただし汚れやホコリが溜まりやすいうえ、静電気などの影響で毛が寝てしまうこともあるため、こまめなブラッシングが必要です。

ヌバックレザー

By: amazon.co.jp

ヌバックレザーとは、子羊や子牛の皮の表面を目の細かいサンドペーパーで軽くバフィングした起毛レザーに属する素材のこと。スウェードよりも毛足が短く、ベルベットのような独特の光沢感と柔らかな肌触りが特徴です。

湿気や水分に弱い繊細な素材であるため、長く使用するためには防水スプレーなどで表面を保護するなどの対策が必要です。ほかにも、表面に模様をプレスした「型押し革」や皮をなめす際にオイルを含ませる「オイルドレザー」などがあります。

足にフィットするモノを選ぶ

By: rakuten.co.jp

サンダルを購入する際には、自分の足に合ったサイズを選ぶことが大切。そこで重要なのが「足長」と呼ばれるつま先からかかとまでの寸法と、足幅の一番広い部分を一周測った「足囲」です。

どちらも必ず素足の状態で測ることが大切。左右で足の大きさが違うこともあるので、必ず両足測りましょう。

また、一般的にはつま先に5mmほど余裕があるのがベストだといわれています。ただし、大きすぎるとソールから足が浮いて歩きにくいため、かかとに関しては足裏が中底にしっかりと密着するジャストサイズを選ぶのがおすすめです。

メンズレザーサンダルのおすすめブランド

第1位 ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)

「ビルケンシュトック」は200年以上もの歴史を有するドイツの老舗シューズブランド。足の形状に合わせたフットベッド(中敷き)を開発するなど、履き心地のよさを追求した靴作りで支持を集めています。長く使用できる質の高いレザーサンダルを探している方におすすめです。

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK) サンダル アリゾナ 051193

2本のベルトがポイントのベーシックなデザインのレザーサンダル。夏場は素足で、秋から春にかけてはソックスを合わせて、オールシーズンにわたって履けるアイテムです。

コルクや天然ゴムなどの素材を使用したフットベッドは弾力性が高く、履き心地は快適。軽量な合成樹脂製のソールにはスリップ防止のための特殊な形状が施されており、グリップ力に優れています。

ビルケンシュトック(BIRKENSTOCK) サンダル ラムゼス

軽やかな足元を演出できるフラップタイプのレザーサンダルです。アッパーの素材には肌に優しく耐久性のある合成素材「Birko-Flor」を採用。防水性に優れ、汚れても簡単に拭き取れるため、お手入れがスムーズです。

コルク材を使用したフットベッドは履けば履くほど足に馴染んでいくのが魅力。ホワイト・ブラック・ダークブラウンといったカラーバリエーションが用意されています。

第2位 ブッテロ(BUTTERO)

「ブッテロ」は1974年にスタートしたイタリアのシューズブランド。牛飼いを意味するイタリア語がブランドネームの由来です。ウエスタンブーツをはじめとするカントリーテイストのアイテムが有名。最近はバッグやベルト、財布といった革製品を幅広く手掛けています。

ブッテロ(BUTTERO) レザーダブルベルトサンダル B1857

2本のベルトを配したシンプルな構造で、開放感のあるデザインが魅力のレザーサンダル。アッパーとフットベッドのカラーリングをブラウンで統一して、スタイリッシュなデザインに仕上げています。

フットベッドには滑りのよいレザーを使用しており、足当たりは良好。ラバー製のソールは優れたクッション性とグリップ力を兼ね備えているため、長時間履き続けても疲れにくいアイテムです。

ブッテロ(BUTTERO) レザーサンダル B6871

4本の革が交差するインパクトのあるアッパーが目を引くレザーサンダルです。アッパーは植物性の材料でなめした牛革で、足馴染みのよさが特徴。ホールド感が強く脱ぎ履きしやすいなど、実用性に優れています。

ソールにはクッション材が入っており、履き心地は良好。フットベッドにはスウェードレザーを使用して、高級感のあるデザインに仕上げています。

第3位 アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER)

「アイランドスリッパ」は1946年に設立されたハワイ発のサンダルメーカーです。デザインから製造に至るまでのすべてをハワイでおこなうなど、こだわりのアイテム作りが特徴。南国を感じさせるリラックスしたデザインと実用性を兼ね備えたサンダルで支持を集めています。

アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER) シャワーサンダル PTS705

スムースレザーのアッパーが甲をすっぽりと包み込む、安定感のあるデザインに仕上げたレザーサンダル。履けば履くほど革の風合いが増すため、経年変化を楽しみたい方におすすめです。

独自に開発した立体形状のフットベッドが、素足で歩いているかのような履き心地を実現。ブラック・コニャック・ネイビーといったカラーリングが取り揃えられています。

アイランドスリッパ(ISLAND SLIPPER) アルティメットスエードサンダル PT203SL

肌触りのよいスウェード素材で仕立てられた大人っぽいデザインのレザーサンダル。シャツやスラックスを使ったきれいめなコーディネートとも相性のよいアイテムです。

鼻緒には上質なレザーを贅沢に使用。フットベッドのクッション性に優れているため、履き心地は良好です。サンダルが滑りにくくなるように、アウトソールには凹凸があしらわれています。

第4位 サンダルマン(THE SANDALMAN)

「サンダルマン」はハワイ出身の兄弟がカリフォルニアで立ち上げたフットウェアブランド。創業から現在に至るまでメイドインアメリカを貫いています。オールハンドメイドで上質なアイテムを完成させているのが魅力。履き心地のよいレザーサンダルを探している方におすすめです。

サンダルマン(THE SANDALMAN) クロムエクセルレザーサンダル ウィーブ

くびれのないフォルムが特徴のレザーサンダルです。革紐を編み込んだおしゃれなデザインのアッパーには、味の出やすいクロムエクセルレザーを贅沢に使用しています。

靴底は3層構造になった厚めのフラットソール。クッション性があるため、履き心地は快適です。フットベッドをアッパーと同じレザーで仕上げて、高級感を演出しています。

サンダルマン(THE SANDALMAN) クロムエクセルレザーサンダル ビーチワイド

すべてのパーツのカラーリングをブラックで統一したスタイリッシュなデザインのレザーサンダル。ぽってりとしたフォルムに仕上げており、快適な履き心地が魅力です。

鼻緒には強度と肌触りのよさを兼ね備えたナイロン素材を採用。アウトソールの耐久性やグリップ力が高く、実用性に優れています。アッパーは履き込むと独特の光沢が出るクロムエクセルレザーで、経年変化を楽しみたい方におすすめです。

第5位 パドローネ(PADRONE)

「パドローネ」は2006年にスタートした日本の革靴ブランドです。伝統や技術を継承していきたいという思いから、親方という意味のイタリア語をブランドネームに採用。熟練の職人技を駆使した靴作りが特徴で、コストパフォーマンスに優れた高品質なアイテムが魅力です。

パドローネ(PADRONE) バックストラップレザーサンダル LUCA PU5359-3202-17B

ストラップで足をしっかりとホールドできるレザーサンダル。ベルトタイプのアッパーは艶のある牛革で、高級感のあるデザインが特徴です。

軽さと優れたクッション性を兼ね備えたイタリア「ビブラム」社のアウトソールを使用しており、履き心地は良好。きれいめファッションに合わせやすいレザーサンダルを探している方へおすすめのアイテムです。

第6位 クラークス(Clarks)

「クラークス」はイギリスの老舗シューズブランド。履き心地のよさを追求した靴作りで支持を集めています。”ワラビー”や”デザートブーツ”といったカジュアルに履けるブーツが看板アイテム。ブーツだけでなくスニーカーやサンダルまで幅広く手掛けています。

クラークス(Clarks) サンダースライド

独特のシボが美しいヌバックをアッパーに使用したレザーサンダル。甲を深く覆うスライダータイプで、安定したホールド感に加えて脱ぎ履きのしやすさが特徴です。

樹脂製のソールにコルクのフットベッドを合わせて、デザインにアクセントをプラス。ソールは軽量で柔らかいため、快適な履き心地を楽しめます。

第7位 ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN)

「ユッタニューマン」はドイツ人デザイナーがニューヨークでスタートした革製品ブランド。すべてのアイテムをハンドメイドで製作しており、クオリティの高さに加えてあたたかみのあるデザインが魅力です。看板アイテムのレザーサンダルは履き心地のよさが人気です。

ユッタニューマン(JUTTA NEUMANN) レザーサンダル アリス

ヒール部分が四角いユニークなフォルムのレザーサンダルです。革本来の表情が出やすいベジタブルタンニングレザーで仕上げた厚めのレザーアッパーを採用。履き始めは硬さがあるものの、履き込むほどに足にフィットしていきます。

土踏まずのアーチは職人の手作業で丁寧に成形されており、履き心地は良好。アウトソールは耐摩耗性とクッション性を兼ね備えています。

第8位 ジャランスワリヤ(JALAN SRIWIJAYA)

「ジャラン スリウァヤ」はインドネシアのシューズブランド。アッパーにフランス製、底材にはイギリス製のパーツを採用するなど、素材にこだわって上質なレザーシューズを製作しています。高級品のような仕上がりながらも価格設定はリーズナブルで、コスパを重視する方におすすめです。

ジャランスワリヤ(JALAN SRIWIJAYA) 別注グルカサンダル

「ビームス ライツ」の別注によって作られたレザーサンダル。かかとを覆うヒールカップが付いており、フィッティングは履き口のベルトで調節可能です。ゴールドのバックルがデザインのアクセントになっています。

アッパーの素材には足馴染みのよいスウェードレザーを採用。オフィスカジュアルスタイルに合わせやすいエレガントなレザーサンダルを探している方におすすめです。

第9位 ブラドール(BRADOR)

「ブラドール」は40年にわたって靴を作り続けた工場が2003年に設立したイタリアのシューズブランド。サンダルやスニーカーを専門で手掛けています。卓越した技術を駆使して細部にまでこだわるアイテム作りが特徴。エレガントなスタイルを好む方におすすめです。

ブラドール(BRADOR) レザーサンダル H46518

革紐が甲でクロスするスタイリッシュなデザインのレザーサンダル。バックストラップでかかとを固定できる仕様で、安定感のある履き心地を重視する方におすすめです。

アッパーには本革を使用しており、カジュアルからきれいめまで、幅広いスタイリングに合わせられる万能さがポイント。靴底はラバーソールで歩きやすいレザーサンダルです。

第10位 ビシュール(BISHOOL)

「ビシュール」は2017年にスタートした日本の新鋭ファッションブランド。こだわりの素材を使用した上質なウェアやサンダルで支持を集めています。ブラックを基調としたスタイリッシュな色使いが特徴で、モード風のファッションを好む方におすすめのブランドです。

ビシュール(BISHOOL) ハンドクラフトレザービーチサンダル

靴職人がハンドメイドしたレザーサンダル。ブランドロゴやサイズの刻印も手作業で、味のある仕上がりが魅力です。すべてのパーツをブラックで統一して、スタイリッシュなデザインを完成させています。

アッパーの素材は世界的にも評価されている栃木レザー。靴底には軽さと衝撃吸収性を兼ね備えた機能性の高いソールを採用しています。気軽に履きやすいレザーサンダルを探している方におすすめです。

レザーサンダルのメンズコーデ

オレンジのレザーサンダルで着こなしにアクセントをプラス

By: zozo.jp

リネンシャツやハーフパンツといったリラックステイストのアイテムを使用したリゾートスタイル。インナーにブラックのTシャツを選択することで、落ち着いた着こなしが完成します。

スタイリングのアクセントとして効いているのはストローハットやオレンジのレザーサンダル。巧みな小物使いでコーディネートの完成度を高めています。

リネンシャツにレザーサンダルを合わせた涼しげなコーディネート

By: zozo.jp

リネン素材のシャツとパンツを使用した涼しげなコーディネート。ゆったりとしたトップスにタイトシルエットのボトムスを合わせて、バランスをとっています。

足元に選択したのはベージュのレザーサンダル。柔らかな雰囲気の着こなしを完成させるため、全身をアイボリーやベージュといった淡いカラーリングでまとめています。

レザーサンダルとボトムスのカラーリングを同系色でまとめる

By: zozo.jp

インパクトのあるライム色のスウェットTシャツを主役にしたコーディネート。襟元からわずかに見えるホワイトのインナーがアクセントとして効いています。

美しいシルエットのテーパードパンツと足元のレザーサンダルは同系色で統一。こなれ感のある着こなしを完成させたい方におすすめのテクニックです。

暖色コーデにブラックのレザーサンダルを合わせる

By: zozo.jp

ニットTシャツとイージーパンツをシンプルに合わせたカジュアルコーデ。ウェアのカラーリングを暖色にまとめることで、こなれ感のある着こなしが完成します。

夏らしいリラックスした雰囲気を演出するため、ゆったりとしたサイジングを意識しているのがポイント。ブラックのレザーサンダルでスタイリングを引き締めています。

レザーサンダルのお手入れ方法

レザーサンダルを長持ちさせるためには、こまめなお手入れが必要です。革製品は基本的に水洗いができないため、シューズブラシで表面のホコリや汚れを取り除いてから専用のクリーナーを使って汚れを落とします。クリーナーは、全体にムラなく塗り広げることが重要です。

最後に柔らかい布でツヤが出るまで念入りにから拭きしてください。汚れが残ったまま放置しておくと変色やカビなどの原因になるため、早めに対処しましょう。