文部科学省の外局であるスポーツ庁により、国民の健康推進を図るため「FUN+WALK PROJECT」が 2017年10月2日に発足されました。スーツを着用しつつも足元を歩きやすくカジュアルに変えていこうという動きが高まるなか、通勤時にもスニーカーが注目されています。

そうはいっても、スーツに合わせたスニーカー選びに苦戦している方も多いのではないでしょうか。この記事では、スーツに合うスニーカーの上手な選び方と、おすすめのブランドをご紹介します。

ビジネスシーンにスニーカーはOK?

By: amazon.co.jp

一般的な男性のビジネスファッションといえば、スーツに革靴でしたが、ここ数年でビジネススタイルはどんどん自由度が増しています。スーツにスニーカーという組み合わせだけでなく、ジャケパンスタイルやオフィスカジュアルで仕事を行う企業も増加。ストレスの少ない服装で業務を行うことが支持されてきています。

とはいえもちろんTPOは重要。スポーツ用のカラフルなスニーカーやボリューム感のあるスニーカーなどはビジネスシーンには不向きです。色や形など、場面や状況に合わせたデザインのスニーカーを選びましょう。

通勤スニーカーの選び方

色は黒や白がベター

By: rakuten.co.jp

通勤スニーカーを選ぶうえで、まず注目したいのが「色」です。足元の色は全体の印象を左右しやすく、ビジネスシーンで使用する際には特にこだわりたいポイント。通勤スニーカーの色は、便利で着回しがきく黒や白を選ぶのがおすすめです。

スタイリッシュなイメージの黒の通勤スニーカーは、スーツスタイルにも違和感なく馴染みやすく、足元を引き締めてくれるため、ビジネスシーンのスマートな着こなしにぴったりなカラーです。

一方で、クリーンなイメージの白の通勤スニーカーは、ビジネスシーンにおいて爽やかでカジュアルなスタイルを演出したい方におすすめ。ただし、白は汚れが目立つので、お手入れには十分注意しましょう。

素材は革やスエードがおすすめ

By: rakuten.co.jp

通勤スニーカーの素材は、スーツとの相性のよい革やスエード素材がおすすめです。革素材は滑らかな光沢感と特有の重厚感をもち、シャープでエレガントな足元を演出します。やわらかな履き心地で足馴染みがよく、耐久性にも優れているため、利用頻度の高い通勤スニーカーとしてもぴったりの素材です。

スエード素材は深みのある色合いと独特の光沢感で、やわらかく上品な足元を演出します。日本では秋冬用のイメージが強いスエード素材の靴ですが、世界的にみるとオールシーズン履かれている「耐久性の高い靴」という位置づけ。雨にも強く、梅雨時期のビジネスシューズとしても適しています。

シンプルなローテクスニーカーを選ぼう

By: amazon.co.jp

ランニングシューズなどのスポーティーなスニーカーやダッドスニーカーなど、ボリュームがあるハイテクスニーカーは主張が強くカジュアルな印象のためビジネスシーンには不向き。通勤用のスニーカーとしておすすめなのはシンプルなローテクスニーカーです。

装飾の少ないローテクスニーカーは上品な印象で、スーツやオフィスカジュアルコーデにも馴染みやすいのがポイント。また、さまざまな丈のパンツと合わせやすく、フルレングスのスーツとも少し丈の短いチノパンなどとも好相性です。

歩きやすいモデルを選ぼう

By: rakuten.co.jp

通勤スニーカーに挑戦するなら、デザインや素材だけでなく、歩きやすさにこだわることも大切です。

歩きやすい通勤スニーカーを選ぶポイントはソール部分にあります。まず注目したいのがソールの厚さ。薄い靴は長時間履いていると足の裏が痛くなり、疲れやすくなります。長く歩く機会が多い方はソールが厚めのモノを選びましょう。

また、ソールのクッション性も要チェック。弾力があることで、踏み込むときの衝撃を吸収し、足や膝への負担を軽減できます。

通勤スニーカーのおすすめブランド

ニューバランス(new balance)

By: amazon.co.jp

アメリカのスポーツシューズブランドであるニューバランスは「履いた人に新しいバランス感覚をもたらす」という社名の由来どおり、独自のノウハウを駆使し、履き心地のよさをとことん追求しています。

ニューバランスのスニーカーは基本的にはスポーティーなデザインが多く、カジュアルな雰囲気を纏いたい方におすすめです。

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

独自の最新テクノロジーとスタイリッシュなデザインで、世界のトップアスリートを支えるナイキのスニーカー。独自の技術「Nike Air」は、軽くて快適な履き心地が高い評価を得ています。

カジュアルなモノからシンプルなモノまで豊富なデザインを取り揃えているため、さまざまなシーンで活用が可能です。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)

By: amazon.co.jp

2003年公開の映画「キル・ビル」で主人公が履いたことで話題となったオニツカタイガー。

オニツカタイガーでは、動きやすさを追求した薄底ソールが特徴です。薄底ながらもインソールにはクッションを備え、足が疲れにくい仕様に仕上がっています。スマートなデザインが多く、大人な雰囲気を纏いたい方におすすめです。

通勤スニーカーのおすすめモデル

ニューバランス(new balance) スニーカー U220

スタンダードなフォルムが通勤用に最適なスニーカーです。ニューバランスのスニーカーはフィット感が高く履きやすいことで人気があります。クッション性の高いソールが足裏への刺激を和らげ、長時間履いても疲れにくいのが魅力です。

アッパーの素材にはナイロンとスエードを採用。水や汚れに強いナイロンと上品な印象のスエードを組み合わせることで、機能性とデザイン性を両立しています。スタイリッシュなスリムなシルエットは、スーツとも好相性です。

ニューバランス(new balance) スニーカー CT10

70年代のテニスシューズ「WT30」をより履きやすくアップデートしたモデル「CT10」のスニーカーです。ソールには軽量な「インジェクションEVAソール」を採用。丈夫ながらも軽やかで長時間歩いても疲れにくい仕様です。

シンプルなローテクスニーカーは通勤用のコーデとも好相性。キャンバス素材ですが、落ち着いたデザインのためスーツにも馴染みます。コスパがよく色違いで揃えるのもおすすめです。

ニューバランス(new balance) スニーカー CTアリー

アッパーに上質な天然レザー素材を採用したスニーカーです。「CTアリー」は洗練されたシルエットとモダンなデザインが魅力的なモデル。上品でエレガントなルックスはさまざまなシーンに合わせやすく、通勤時のコーデとも好相性です。

シュータンには高級感のあるブランドロゴの刺繍入り。サドルにあしらわれたゴールドのロゴがほどよいアクセントになっています。インソールにはクッション性の高い「オーソライトインソール」を採用し、履き心地にもこだわったスニーカーです。

ナイキ(NIKE) スニーカー コート ロイヤル SL

合成皮革素材をアッパーに採用したスニーカーです。合成皮革は水や汚れに強く耐久性の高さが特徴。お手入れも簡単で、毎日履く通勤用のスニーカーとしておすすめです。

シンプルでレトロなスタイルが本製品の魅力。主張しすぎずスーツやジャケパンスタイルにも馴染みます。クッション性に優れたオリジナルのラバーカップソールが足への負担を軽減。1日中履いても疲れにくい高性能なスニーカーです。

ナイキ(NIKE) コート ヴィンテージ SL

落ち着いたスタイリッシュなデザインが魅力のスニーカー。アッパーの滑らかなレザーが上品でエレガントな雰囲気を醸し出します。

シンプルでクリーンなスタイルですが、サイドにあしらわれた小さなスウッシュの刺繍がさりげない遊び心をブラス。ヒール部分に入ったブランドロゴもおしゃれです。インソール、アウトソール共にクッション性の高い素材を採用しており、履き心地がよいのも人気のポイント。歩きやすく通勤用のスニーカーとして最適です。

ナイキ(NIKE) シューズ チーム クラシック

足にぴったりフィットする高い柔軟性が魅力のスニーカーです。スエード素材のアッパーが上品でエレガントな印象。かっちりとした雰囲気で、スーツやオフィスカジュアルなどの通勤コーデにもマッチします。

アウトソールとアッパーの接地部分は縫い目のない構造で、よりドレッシーな印象に。シューレースはアッパーと同色のブラックで統一し主張を抑えています。シンプルなデザインに大きめのスウッシュが映えるおしゃれなスニーカーです。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger) スニーカー ローンシップ 3.0

1974年に発売されたテニスシューズ「ローンシップ」を現代版へアップデートしたモデルです。オリジナルのデザインは受け継ぎながらも、履き心地のよさを追及し軽量化を図りました。ソールの柔軟性を高め、さらに中敷きにはクッション性の高い「オーソライト」を採用。長時間履いても疲れにくいスニーカーになっています。

上品なレザー素材のアッパーは通勤コーデにも馴染みやすいのが魅力。シンプルなフォルムは合わせるボトムスを選びません。サイドパネルにあしらわれた小さなブランドロゴがほどよいアクセントになっています。

オニツカタイガー(Onitsuka Tiger) スニーカー EDR 78

「EDR」は1978年に発売されたトレイルランニングシューズをデザインベースにしたモデルです。つま先とかかとのアウトソールが巻き上げられたデザインが特徴。ドレッシーとカジュアルのバランスがよく人気の高いスニーカーです。

インソールにはクッション性の高い「オーソライト」、土踏まず部分にはアーチクッキーを採用。クッション性を高め、足への負担を軽減しています。ローテクスニーカーのなかではややボリュームがあるデザインのため、ジャケパンスタイルやオフィスカジュアルコーデと相性のよい通勤スニーカーです。

アディダス(adidas) スニーカー アドバンテージ ベース EOT69

シンプルで洗練されたデザインが魅力のスニーカーです。つややかな合成皮革素材のアッパーはスタイリッシュで上品な印象。合成皮革はお手入れもしやすくデイリーユースに最適です。爽やかなオールホワイトのスニーカーはスーツだけでなくスラックスやチノパンなどにもマッチします。

サイドパネルにはアディダスのモチーフであるスリーストライプスをパンチングであしらい、さりげない遊び心をプラス。おしゃれな通勤スニーカーとして人気の高いアイテムです。

アディダス(adidas) スニーカー グランド コート ベース EOU26

1970年代のコート系シューズにインスパイアされて作られたスニーカーです。アッパーには滑らかな合成皮革素材を採用。上品でスタイリッシュに仕上がっています。

サイドパネルのスリーストライプスは、片側はステッチで反対側はパンチングのアシンメトリーデザイン。シンプルながらも遊び心のあるデザインが人気のポイントです。スーツやジャケパンスタイルなどさまざまな通勤コーデに合わせやすく、毎日でも活躍します。

アシックス(Asics) クラシックCT

耐久性に優れた人工皮革素材をアッパー全面に採用したスニーカー。水や汚れに強くお手入れも簡単なためデイリーユースに最適です。ミニマルなコートシルエットはさまざまなシーンで使いやすくどんなコーデにもマッチ。オールホワイトがクリーンな印象で、通勤スニーカーとして人気の高いアイテムです。

ヒール部分を包み込むようにあしらわれたアシックスストライプがシンプルなスニーカーのよいアクセントに。シュータンにはブランドロゴタグを配置しています。

アシックス(Asics) クラシックCT スリッポン

シューホールとシューレースのないスリッポンタイプのスニーカーです。スリムでコンパクトなシルエットは上品で洗練された印象。かっちりしたルックスは通勤用のスニーカーとして最適です。

シュータンを覆うようにゴムを配置することで、シューレースがなくても足にしっかりとフィット。さりげなくアシックスのブランドロゴをあしらいアクセントにしています。ソールにはクッション性の高いモノを採用し、履き心地にもこだわったスニーカーです。

コンバース(CONVERSE) ネクスター 110 OX

コンバースならではのシンプルでスタンダードなフォルムが魅力的なスニーカーです。「ネクスター」はブランドのなかでも新しいモデルで、ローテクスニーカー定番のデザインが特徴。キャンバス地ですがオールホワイトがクリーンな印象で、通勤用のスニーカーとして最適です。

ソールの中央と、アッパーとソールの繋ぎ目部分にはアクセントとなるブラックのラインを配置。シンプルなルックスを引き締めます。

コンバース(CONVERSE) スニーカー ジャックパーセル

コンバースの定番モデルである「オールスター」と並ぶ人気のモデル「ジャックパーセル」。「スマイル」と呼ばれるつま先に施されたラインと、「ヒゲ」と呼ばれるヒールパッチのデザインが特徴です。シンプルながらも細部にこだわりの詰まったスニーカーは長い間世界中で人気があります。

オールブラックのジャックパーセルはスタイリッシュでモードな印象。スーツやオフィスカジュアルなどの通勤コーデに合わせやすいデザインです。

プロケッズ(PRO Keds) スニーカー ロイヤル アメリカ ロウ

レトロな雰囲気が魅力的なスニーカーです。トゥキャップにはネイビーのダブルライン、アウトソールの外側にはブルーとレッドの斜めラインを配置。シンプルなフォルムに2つのアクセントが映えるおしゃれなアイテムです。

内側には2つの通気穴を搭載。蒸れにくくさらっとした履き心地で、暑い季節でも快適に履きこなせます。長時間履いても疲れにくく、通勤用に最適なスニーカーです。

バンズ(VANS) スニーカー オールドスクール

バンズの人気モデル「オールドスクール」のスニーカーです。アッパーの素材はスエードとキャンバスを組み合わせており、上品ながらもこなれ感のある印象に。縫い目のホワイトステッチがアクセントになっています。

ソールにはクッション性の高いラバーソールを採用。長時間履いても疲れにくく、通勤時間が長い方にもおすすめです。スタンダードなフォルムはさまざまなシーンで取り入れやすく、通勤用としてはもちろん休日のお出かけ時にも活躍します。

バンズ(VANS) スニーカー オーセンティック

ブランドのファーストモデルである「オーセンティック」のスニーカーです。1966年の創立以来世界中で愛され続けているモデルで、シンプルでスタンダードなフォルムは通勤スニーカーに最適。特にオールブラックカラーは落ち着いたルックスでさまざまなコーデに馴染みやすく、スーツやスラックスとも好相性です。

内羽根式デザインのローカットスニーカーはコンパクトで上品な印象。キャンバス地は耐久性が高く、お手入れが簡単な点でも人気があります。初めて通勤用のスニーカーを買う方にもおすすめのアイテムです。

プーマ(PUMA) スニーカー チューリン 2

スマートなシルエットがスタイリッシュなスニーカーです。細身のデザインは上品な印象で通勤用のスニーカーに最適。シンプルなスタイルはどんなボトムスとも合わせやすく、スーツやスラックス、チノパンなどとも好相性です。

サイドパネルにはブランドアイコンでもあるフォームストライプを配置。小さく入ったブランドロゴもよいアクセントになっています。モダンなデザインが幅広い年代に人気のスニーカーです。

プーマ(PUMA) スニーカー カプリ

ベーシックでシンプルなフォルムが特徴的な「カプリ」のスニーカーです。キャンバス地のローテクスニーカーはレトロでナチュラルなルックスが魅力。主張しすぎない落ち着いたデザインは通勤用に最適です。

シュータンとヒールにはブランドロゴを配置。ホワイト地にブラックのロゴがよいアクセントになっています。定番のシルエットは幅広いシーンで活躍するため、通勤用としてはもちろん休日用としてもおすすめのスニーカーです。

スペルガ(SUPERGA) スニーカー 2750-COTU クラシック

バルカナイズ製法によって作られた丈夫なスニーカーです。底とアッパーが強く結合しているため耐久性が高く長持ちするのが特徴。クッション性も高く、歩きやすいことで人気があります。

オールホワイトカラーのスニーカーはクリーンな印象で通勤用に最適。アッパーのワンポイントタグやヒールのブランドネームなどさりげないアクセントがおしゃれです。履き口が低く抜け感があるため、スーツはもちろん丈が短めのスラックスなどに合わせるのもおすすめ。幅広いシーンで活躍するスニーカーです。

ヒュンメル(hummel) スニーカー スタディール 3.0

スリムなシルエットがスタイリッシュな印象のスニーカー。コンパクトなサイズ感とアッパーのスエード素材が上品でスマートな雰囲気を醸し出します。

ベースのホワイトに対しシューレースやサイドパネルのライン、ソールなどはブラックで統一。モノトーンのスニーカーは通勤コーデにも合わせやすく人気があります。細身のフォルムは足へのフィット感が高く疲れにくいため、通勤距離が長い方にもおすすめのスニーカーです。

スニーカーを使ったおすすめのビジネスコーデ

シックなオールブラックコーデ

By: wear.jp

全身をブラックでまとめたシックな印象のオフィスコーデ。スタンダードなシルエットのジャケットとスラックスに個性的なビンテージシャツを合わせています。

スニーカーも服に合わせてブラックで統一。大人っぽく、スニーカー特有のカジュアルさを感じさせないよう仕上げています。シャツの中央にあしらわれた模様がよいアクセントになっており、シンプルながらも個性のある通勤コーデです。

ホワイトのスニーカーを取り入れた爽やかな通勤コーデ

By: wear.jp

かっちりしたビジネススタイルにホワイトのスニーカーを取り入れ爽やかな印象に仕上げた通勤用コーデです。

上半身はYシャツにネクタイでスタンダードなビジネススタイルに。センタープレスのスラックスにサスペンダーを組み合わせ、スマートな英国風の雰囲気を醸し出します。シューズはビジネススタイルにも馴染みやすいシンプルなホワイトのローテクスニーカーをチョイス。スラックスと同色のジャケットを羽織ればスーツスタイルとしても着こなせます。

定番のジャケパン×スニーカーコーデ

By: wear.jp

軽量素材のアイテムを使用した夏でも着やすい通勤コーデです。

ジャケットはシンプルかつスタンダードなシルエットでかっちりめな印象に。ボトムスにはジョガーパンツを合わせほどよい抜け感を演出しています。ジョガーパンツは足首が締まっているためスニーカーとは特に好相性。ジャケットやボトムスに合わせたブラックのスニーカーは、主張しすぎず通勤コーデにも馴染みます。

ベージュのセットアップにスニーカーでこなれ感を演出

By: wear.jp

ベージュのセットアップに、カットソーとホワイトのスニーカーを合わせてこなれ感を演出したビジネスコーデです。

かっちりした印象のセットアップもジャケットの袖やパンツの裾をロールアップさせることで、ほどよく抜け感のあるコーデに。統一感を持たせるためインナーのカットソーとスニーカーはホワイトで合わせています。

もう少しドレッシーに仕上げる場合は、インナーをシャツに変更するのもおすすめ。よりかしこまった印象になり、外回りなどでも活躍するコーデに仕上がります。