メンズの定番バッグのひとつである「リュックサック」。かつてはカジュアルファッションに合わせるというイメージが強いアイテムでしたが、最近はビジネス用途にもマッチしたモデルが数多くリリースされており、愛用しているユーザーも増えてきています。

そこで今回はリュックのおすすめブランドをピックアップし、注目の製品をご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

リュックサックの選び方

リュックの使用シーンをチェック

By: rakuten.co.jp

リュックの購入にあたり、まず考えておきたいのは用途。通勤・通学用として普段使いするモノとちょっとした旅行で使うモノとでは、サイズや機能性、耐久性、デザイン性など求める要素が異なってきます。ぜひ事前に頭のなかで整理しておきましょう。

通勤・通学

By: amazon.co.jp

通勤・通学用リュックでチェックしておきたいのがポケットの有無とA4サイズの書類が収納可能かどうか。さらに手持ちに対応できるか、ショルダーバックとして持ち方を変えられるかどうかなどはチェックしておきましょう。

比較的重たい荷物を毎日持ち歩くこと方はナイロン製など丈夫なモノを選ぶのが大切。頻繁にアイテムの取り出しをするのであれば、開口部が広いアイテムがおすすめです。なお、自転車に乗る方はチェストベルトが付いていると便利です。

旅行

旅行先で持ち歩くリュックは軽さと利便性が重要。特に旅行中は周辺マップやガイドブックなどを取り出す頻度が高くなるので、リュック外側の収納が充実しているかチェックしておきましょう。

また、飛行機に乗るなら機内持ち込みできるサイズかどうかも大切。アイテムによっては「機内持ち込み可能サイズ」と表記されたモノもあるので、選ぶ際に確認してみてください。

アウトドア

アウトドア用リュックにおける重要ポイントは機能性。重い荷物を詰めて長時間歩いても快適に使用できるモノが理想です。そのため、ショルダーストラップのクッション性や背中に当たる部分の通気性など、より細かい作りにも注目する必要があります。

また、本格的なアウトドアに使用するなら、ウエストベルト付きのモノがおすすめ。肩にかかる重さを分散できるので、荷物が重くても疲れにくくなります。なかにはウエストベルトにポケットが付いているアイテムもあり、リュックを降ろさずに小物を取り出せるのでとても便利です。

防水性能をチェック

By: rakuten.co.jp

防水性能の高いリュックであれば、移動中に急な雨に降られたり、アウトドアで少し水がかかったりした時にも安心。素材に防水加工が施されているか、ファスナー部分も防水仕様になっているかなどチェックしておきましょう。

より防水性能にこだわるなら、ロールトップタイプのリュックもおすすめ。開口部をクルクルと巻く仕様なので、雨や雪が侵入しにくいというメリットがあります。

容量をチェック

By: rakuten.co.jp

リュックのサイズに関しては安直に大きめのモノを選んだりせず、しっかりと吟味することが意外と大事。通勤・通学なら容量は20~30Lが目安、1泊程度の旅行であれば30Lあれば十分、登山キャンプなどのアウトドアシーンであれば40L程度あると安心、50L以上のリュックはバックパッカー仕様です。

リュックサックのおすすめ人気ブランド|通勤・通学におすすめ

By: outdoorproducts.jp

通勤や通学の場合、リュックを使えば両手があくので自転車通勤も快適です。また、デイリーユースすることも考えてデザインにもこだわりましょう。

クリフメイヤー(KRIFF MAYER)

クリフメイヤーは、日本生まれのアメリカンカジュアルブランド。愛され続けている古き良きアメリカンカジュアルを基本に、トレンドもミックスしたおしゃれなアイテムが特徴です。ウェアはもちろん、リュックなどのバッグ類も数多く展開しています。

クリフメイヤー(KRIFF MAYER) ウェットナイロンデイバッグ

軽く丈夫なナイロン素材を採用したおすすめリュック。重さはわずか350gで、毎日手軽に持ち歩けます。オーソドックスなデザインで、ファッションを選ばずに使えるのもポイントです。

A4サイズのファイルがすっぽりと収納でき、開口部も広いため通勤・通学用リュックにぴったり。クッション性に優れたショルダーストラップもあり、荷物が重くなっても肩への負担が少なく快適に使い続けることができます。

チャムス(CHUMS)

チャムスは、1983年にアメリカで生まれたカジュアルアウトドアブランド。アパレルや時計、バッグなどさまざまなアイテムを展開しています。日本進出は1984年。世界で唯一の直営ショップを表参道にオープンし、現在でも若い世代を中心に高い人気を誇っているブランドです。

アウトドアカジュアルをタウンユースに浸透させたブランドのひとつでもあります。ブランドロゴは間違われやすいですが、ペンギンではなく「カツオドリ」という鳥です。

チャムス(CHUMS) ブックパックスウェットナイロン

容量20Lと使いやすいサイズ、ナイロン×スウェットの丈夫な素材、そして豊富なカラーバリエーションで人気のリュック。A4はもちろん、ひと回り大きいB4サイズも収納可能なので、通勤・通学用のリュックとしても最適です。

また、ポケットの充実も注目ポイント。内側に2つ、外側には5つポケットが設けられています。細々したモノも分けて収納できるため、ちょっとした小旅行でも活躍。使い勝手良好のおすすめアイテムです。

シュープデザイン(SUPE design)

シュープデザインは、2012年に日本で誕生したバッグブランド。イタリア人と日本人のデザイナーの価値観を融合したアイテムを展開しています。ポップでカラフルなデザインのアイテムをラインナップしているのも特徴です。

シュープデザイン(SUPE design) メガジップデイバッグ

フロント部分の「メガジップ」が圧倒的な存在感を放つおしゃれリュック。コーディネートのアクセントにもなるアイテムです。メガジップを開けるとキーフックが付いているなど、機能面にも工夫が施されています。

リュックの素材はポリエステルで、軽くて汚れに強いのが特徴。また、メインルームの裏地にはドット柄の生地が使われているのもポイントです。

アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)

アウトドアプロダクツは、1973年にアメリカのカリフォルニアで誕生したカジュアルアウトドアブランド。現在では世界的に製品展開をしており、日本ではリュックのほか、ショルダーバッグやポーチなどのデイリーユース関連のアイテムが若い世代を中心に支持されています。

アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS) クラシックデイパック

オーソドックスなデザインに、ナイロン×スエード合皮の異素材MIXが映えるリュック。スエード素材を採用することで大人っぽさが増し、幅広い年代の方が使えるデザインに仕上がっています。背面部分はメッシュ仕様で、長時間背負う際にも快適です。

収納面の充実ぶりも特徴。メインルームはA4ファイルが収納可能で、ダブルジップで大きく開くため荷物の出し入れも簡単にできます。また、メインルーム内に設けられたインナーポケットは3つに仕切られており、細々したモノの収納もスムーズです。

ハーシェルサプライ(Herschel Supply)

ハーシェルサプライは、2010年にカナダのバンクーバーで誕生したバッグブランド。近年、日本ではセレクトショップなどで取り扱われることが多く、おしゃれ好きの方から注目を集めています。ハーシェルサプライが作り出すアイテムはクラシックな雰囲気なものが多いのが特徴。幅広い世代の方におすすめのブランドです。

ハーシェルサプライ(Herschel Supply) Little America Backpack

ハーシェルサプライらしいクラシカルなデザインが魅力の人気リュック。レザーストラップがおしゃれで、さまざまなコーデに合わせやすいのが特徴です。一見、アイテムの取り出しが面倒なように思えますが、メインルームの開閉はマグネット式なのでスムーズに対応できます。

容量は通勤・通学に適した25L。PC収納用のクッションポケットも内蔵しています。カラーバリエーションも豊富。汎用性の高いモデルを探している方におすすめです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)

マンハッタンポーテージは、1980年にアメリカのニュヨークで誕生したバッグブランド。メッセンジャーバッグの先駆けブランドとしても有名です。クールで都会的なデザインと、しっかりとした実用性を兼ね備えたアイテムは、世界各国で高い評価を得ています。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) WASHINGTON SQ BACKPACK

シンプルながら、おしゃれさもアピールできるおすすめリュックです。コンパクトなスクエアフォルムはタウンユースにぴったり。容量は19Lで、必要なモノだけスマートに持ち歩きたい方におすすめです。

素材はタフさに定評のあるコーデュラナイロンで、ややラフに扱っても安心。チェストベルトが付いているためリュックをしっかりと体に固定でき、自転車に乗る時にも安定感は良好です。

ジャンスポーツ(JanSport)

ジャンスポーツは、1967年にアメリカのシアトルで創業されたアウトドアブランド。メインとしてデイパックなどのバッグを展開しており、アメリカだけでなく世界的にも人気のブランドです。

日本ではカジュアルなショップや古着屋などで目にすることも多く、学生などの若い世代を中心として愛用されています。バリエーションが多いのもポイントです。

ジャンスポーツ(JanSport) スーパーブレイク

ジャンスポーツのリュックのなかでも根強い人気誇る定番モデルです。クセのないオーソドックスなフォルムで使いやすさは良好。A4サイズのファイルもスッキリ収納できます。

フロント部分のジップポケット内には、小物を分別できるオーガナイザーを搭載。定期やスマホなど、定位置を決めて収納しておけば取り出す時に便利です。

イーストパック(EASTPAK)

イーストパックは、1960年にアメリカで誕生したバッグメーカー。世界で初めてコーデュラ素材をバッグに採用したブランドとしても知られています。

同メーカーの展開するバッグは耐久性があり、多くのユーザーから支持をされているのもポイント。ラインナップも豊富に取り揃えているのも特徴です。

イーストパック(EASTPAK) PADDED PAK’R

使い勝手のよさが好評の定番リュック。素材は軽く丈夫なナイロンを採用しているので、普段使いにおすすめです。メインルームはダブルジップで大きく開き、ストレスなく荷物の出し入れができます。

約5cmのマチがあるフロントのジップポケットによって、シンプルにまとまっているのもポイント。価格は5000円前後なので、「とりあえずリュックがほしい」という方におすすめのアイテムです。

ケルティ(KELTY)

ケルティは、1952年にアメリカの南カリフォルニアで創業。使い勝手のよいバックパックをリリースしたことで認知度が上がり、現在は寝袋やテントなど、さまざまなキャンプ用品をリリースする総合アウトドアブランドして知られています。リュックなどのバック類も好評。国内では「BEAMS」や「LOSTHILLS」、「HOLLYWOOD RANCH MARKET」などとのコラボアイテムも展開しています。

ケルティ(KELTY) アーバンオールブラック モッキンバードデイパック

「URBAN ALL BLACK LINE」のアイテムで、その名の通りすべての生地、パーツを黒で統一したクールなリュックです。

容量は26L。サイドにもジッパーが用意されており、フラップの付いた開口部以外からでも収納物の出し入れも可能。メインルームは広々とした作りで、A3サイズもアイテムにも対応できます。

リュックサックのおすすめ人気ブランド|ビジネスシーンにおすすめ

By: amazon.co.jp

最近ではビジネスシーンでも見かける機会が増えたリュック。シンプルで機能的なリュックも多く展開されているので、選択肢も広がっています。

インケース(INCASE)

1997年にアメリカで創業されたインケース。デジタルデバイスのアクセサリーブランドとしてさまざまな製品を展開しています。創業当初は携帯電話のソフトケースなどがメインでしたが、2001年にナイロン製のバックパックを発表。インケースはPCなどの収納に特化させたモノが多いのが特徴で、ビジネスマンにも愛用者が多いブランドです。

インケース(INCASE) City Collection Compact Backpack

スマートなデザインが魅力のおすすめリュックです。素材には300デニールのナイロンを採用し、耐久性に配慮。スーツスタイルにも違和感なく使えるのが特徴です。

PC収納に重きを置いた構造を採用しているのもポイント。PC用スリーブの裏地には柔らかなビロード生地を使っているほか、リュック内で動いた時にもPCを保護できるようパッドも備わっています。

サムソナイト(SAMSONITE)

サムソナイトは、1910年にアメリカで創業された老舗スーツケースブランド。国内ではスーツケースの有名ですが、ヨーロッパなどではバッグやアクセサリー、アパレルなどでも知られており、トータルファッションブランドとしても認知されています。

サムソナイト(SAMSONITE) シティバイブエキスパンダブル

機能性が高い便利なリュック。容量は24Lで、PCや書類をしっかりと収納できるのが特徴です。収納ポケットにはそれぞれ入れるべきモノのアイコンが施されているほか、スーツケースにセットできるキャリーオン仕様になっているのもポイント。移動の多いビジネスパーソンに必要な機能が詰め込まれたおすすめリュックです。

ポーター(PORTER)

世界的にも知名度の高く、人気のポーター。1935年に日本で創業された吉田カバンのブランドで丁寧な裁縫が特徴です。

耐久性に優れた素材を採用している製品が多く、ラフに使っても長く使い続けられるのがポイント。数々のファッションブランドと手を組んだコラボアイテムも注目されています。

ポーター(PORTER) PORTER HYBRID DAYPACK

「HYBRID」は、ライトウェイトビジネスをコンセプトにしたシリーズ。オールブラックのカラーリングや、スマートな印象のスクエアフォルムはまさにビジネスリュックに最適のデザインです。

容量は16Lのコンパクトサイズ。外側、内側共にポケットが充実しているので、小物をスマートに収納したい方にもおすすめです。ショルダーベルトと背面部分はクッションの高い仕様なので、重い荷物を背負う際にも重宝します。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

1968年にアメリカのバークレーで誕生した人気アウトドアブランド。スリーピングバッグなど本格的なアウトドア用品を展開しているほか、ウェアなどのアイテムは多岐に渡ります。日本でも高い認知度を誇るザ・ノース・フェイスですが、アウトドアシーンだけでなくタウンユースとしての人気も高いブランドです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) シャトルデイパックスリム

マチが約12cmというスリムさが魅力のビジネス向きリュックです。容量は使いやすい18L。キレイな薄型フォルムをいかし、荷物を入れすぎずスマートに持ち歩くのがおすすめです。

メインルームが蛇腹式になっているほか、フロントポケット内にはオーガナイザーが付いているため、荷物を整理するのが苦手な方でもキレイに収納できます。オンオフ問わず使えるリュックが欲しいという方におすすめです。

ブリーフィング(BRIEFING)

ブリーフィングは、1997年に誕生した日本のバッグブランド。企画は日本で行い、生産はアメリカで行なっています。展開している製品は米軍規格に適合したミリタリー仕様。カジュアルなイメージの強いブランドですが、ビジネスユースに向けた「ブラックライン」も展開しています。

ブリーフィング(BRIEFING) TR-3 S MW

出張の多いビジネスパーソンにおすすめの3WAYタイプのアイテム。手持ち、ショルダー、リュックと使い方を変えられるため、あらゆるシーンに対応できる汎用性の高さが特徴です。

収納部は3層構造で、書類などを分けて収納できるのもポイント。タブレットとPCそれぞれに専用収納スペースが設けられているのも魅力のリュックです。

トゥミ(TUMI)

トゥミは、1975年に創業したアメリカのバッグブランド。ビジネスやトラベルに適したアイテムを展開しています。国内ではビジネスバッグのイメージが強いですが、財布、パスケースなどの小物のラインナップも豊富。技術力の高さやデザイン性なども注目されているブランドです。

トゥミ(TUMI) HARRISON クーパーバックパック

シボ感のあるレザーを採用した高級感のあるリュックです。カラーリングもオールブラックでシックな印象。着こなしの洗練度もアップするクールなデザインに仕上がっているのが特徴です。

メインルームのPC収納スリーブにはキルティング加工を施し、クッション性をアップ。背面にはスリーブが設けられ、スーツケースにセットして持ち運ぶこともできます。ハイエンドクラスのおすすめアイテムです。

マスターピース(Master Piece)

1994年に誕生したマスターピースは、大阪の老舗バッグメーカー伊野屋が展開するアウトドアバッグブランドです。

マスターピースの最大の魅力はメイドインジャパンにこだわっているところ。高い日本の技術力でクオリティの高い製品を生み出しています。また、デザインも全体的にシンプルで落ち着いたモノが多いのも特徴。長く愛用し続けられるのもポイントです。

マスターピース(Master Piece) EXPAND 3WAYブリーフケースL

圧倒的なタフさを誇り、長く愛用できるおすすめアイテムです。メイン素材には耐摩耗性に優れた610デニールのポリエステルを採用。また、テフロン加工により撥水、防汚性能も兼ね備えています。

ブリーフケース、ショルダーバッグとしても使えるため、ビジネスシーンにも幅広く対応することが可能。なお、リュックとして背負う場合、製品は縦位置なります。購入を検討している方は留意しておきましょう。

マンハッタンパッセージ(MANHATTAN PASSAGE)

マンハッタンパッセージは、1989年に誕生した日本のバッグブランド。日本の老舗バッグメーカーであるレジャープロダクツが展開するオリジナルブランドです。

すっきりとしたデザイン性と非常に高い機能性を持ち合わせているのが特徴。耐久性も高く、ビジネスマンから高い評価を得ているブランドです。

マンハッタンパッセージ(MANHATTAN PASSAGE) ウェルオーガナイズドシティーバックパック

容量12Lのコンパクトなリュック。PCや書類、小物一式などをまとめて持ち歩くのにはとても便利なサイズで、スマートなビジネススタイルにまとめられるのが特徴です。

本製品の特徴はフロントポケット内の構造。3段式オーガナイザー仕様で、ポケットが6つ備わっているほか、キーリングやペンホルダーも用意されています。使い勝手のよいリュックを探している方はぜひチェックしてみてください。

ゼロハリバートン(ZEROHALLIBURTON)

ゼロハリバートンは、1938年にアメリカで誕生したバッグブランドです。アポロ11号計画の際、月の石を持ち帰るために使われたケースをつくったことで有名で、アルミ製のアタッシュケースやスーツケースが同ブランドの代表的なアイテム。耐久性や機能性に優れたスタイリッシュなバッグを数多く展開しています。

ゼロハリバートン(ZEROHALLIBURTON) TRAX Backpack

シンプルに徹したデザインで、好印象なビジネススタイルをコーディネートできるおすすめリュックです。フラップの開け閉めは手軽なマグネット式。開口部が大きく開くので、荷物の確認も容易に対応できます。

背面にはタブレットが入るサイズのポケットがあり、貴重品を入れておくのにも安心。多機能よりも、シンプルで使いやすいリュックが欲しいという方におすすめです。

アークテリクス(ARC’TERYX)

アークテリクスは、1991年にカナダで誕生したアウトドアブランド。二人の創業者が自らのクライミングハーネスを作るために立ち上げられたショップが同ブランドのスタートと言われています。スタイリッシュで都会的なデザインのアイテムも続々とリリースしており、アウトドアシーンだけでなくタウンユースでも人気のブランドです。

アークテリクス(ARC’TERYX) Blade 28 Backpack

シンプルで都会的なデザインのリュック。PCやタブレットを収納できるスリーブポケットを配置しているほか、合計で7つのポケットを備えているので、さまざまな持ち物をしっかりと整理整頓できるのがポイントです。

1泊の旅行や出張にも対応できる大容量で安心。大人の男性にぴったりなデザインと機能性はビジネスシーンにも適しています。

エースジーン(ace.GENE)

エースジーンは、1940年に創業した日本の老舗バッグメーカーであるエースのオリジナルブランド。長い歴史のなかで培ってきたノウハウを生かした物作りがクオリティに反映されています。

多彩なアイデアで作り出される製品は高い機能性を備え、ビジネスやトラベルなど幅広いシーンで活用できるのもポイント。細かい部分にまで配慮が行き届いたバッグをリリースしています。

エースジーン(ace.GENE) クロスタイドs

実用性を高いおすすめリュック。容量11Lとミニマルなサイズですが、収納面へのこだわりが随所に落とし込まれているため、使い勝手が良好なモデルです。

バッグ表面の中央にはウォーターシールドポケットを採用。樹脂シートに熱融着加工を施すことで水の侵入を防ぐ仕様となっているので、雨への対応に配慮しています。また、手帳やペンなど、ビジネスツールから小物まで分類して収納することができるポケットも備わっているので、汎用性が高いのもポイントです。

リュックサックのおすすめ人気ブランド|アウトドアシーンにおすすめ

カジュアルなシーンでも使えるリュックは、トレッキングやハイキング、キャンプなどのアウトドアシーンで使えます。また、アウトドアブランドの製品は高いデザイン性と機能性を兼ね備えているアイテムが多いのも特徴。アウトドアシーンだけでなくタウンユースでも活用してみてください。

コールマン(Coleman)

コールマンは、1900年にアメリカで誕生した老舗ブランド。アウトドアの総合メーカーとしてさまざまなアイテムを展開しています。なかでもリュックのラインナップが豊富で、好みに合わせて選べるのが魅力。世界でも高い知名度を誇り、アウトドアシーンには欠かせないブランドです。

コールマン(Coleman) TREK MOTION 35

スポーティなデザインと存在感のある縦長フォルムが目を引くリュックです。チェストベルトやウエストベルトなど、重い荷物でも背負いやすい機能が備わっているのがポイント。登山などのアウトドアはもちろん、旅行にも最適なアイテムです。

容量はたっぷり入る35L。リュック全体を覆うレインカバー付きで、急な雨にもしっかり対応できます。人気アウトドアブランドならではの高機能アイテムなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

カリマー(karrimor)

1946年にイギリスで誕生したカリマー。創業当初はサイクルバッグブランドとしてスタートし、現在ではバッグだけではなくウェアなどの展開も積極的に行なっており、タウンユースでも人気のブランドです。同社がリリースする製品はタフで機能的なモノが多く、多くのユーザーから高い評価を得ています。

カリマー(karrimor) Predator-Patrol45

丈夫さに定評のあるカリマーのリュックのなかでも、特にタフさを追求した「karrimor SF」モデルのひとつ。ミリタリーテイストを採用しており、無骨なデザインが魅力のアイテムです。

45Lの大容量サイズで、荷物が多くなりがちなシーンで活躍が期待できます。着替え用の衣類やタオルもたっぷり収納できるのもポイント。背面部分にはクールメッシュ素材が使われているため、長時間背負っていても蒸れにくく快適に使えるのが特徴です。

グレゴリー(GREGORY)

1977年アメリカのカリフォルニア州で創業した「グレゴリー」。フィット感に優れた背負いやすさと、品質を追求したバックパック作りを行なっているブランドです。

機能性に優れている製品がラインナップされているほか、デザイン性も考慮されており老若男女問わず使用できるのも魅力。汎用性の高さもポイントです。痛なく荷物を運べることが重要であると考えました。こだわり抜いた上に作られたグレゴリーのリュックは、多くのアウトドアユーザーから愛され続けています。

グレゴリー(GREGORY) I-ストリート

収納性の高い30L容量のリュックながら、スタイリッシュに背負えるおすすめアイテム。ロールトップタイプの開口部に止水ジッパーと、急な雨に打たれても安心な作りに仕上がっています。

PC用スリーブを備え、スポーティすぎないデザインなので、アウトドア以外に旅行やデイリーユースにもおすすめ。多用途に使える万能リュックを探している方は要チェックです。

ミレー(Millet)

ミレーは、1921年にフランスで創業。軍用バッグの製作がブランドとしてのスタートです。フランス初のヒマラヤ登頂の際に製品提供したことをきっかけに、1950年以降はトレッキングやハイキングに特化した製品作りに着手。現在では総合的なアウトドアブランドとして、バッグだけではなくウェアなど多くのアイテムを展開しており、タウンユースでも人気を博しています。

ミレー(Millet) MOUNT SHASTA 65+10

容量が65~75Lで、長期の旅行や本格的なトレッキングに対応できるリュック。ウエストポケットを拡張できたり、ジッパーの切り替えによりメインルームを広くできたりと、収納性が充実しており、使い勝手は良好です。

本製品はポケットが豊富なのもポイント。素材は摩擦と引き裂き強度が高い「ロビックツインチップナイロン」を採用。軽量でありながら、タフに使える大きめのリュックを探している方におすすめです。

リュックサックのおすすめ人気ブランド|おしゃれ重視の方におすすめ

By: amazon.co.jp

スポーツファッションの人気が続くなか、タウンユースでも両手が自由になることや機動性が高いこと、スマートに使えることがリュックに求められています。軽快な印象やスタイリッシュさは大人のおしゃれにも欠かせないアイテムなので、ぜひ取り入れてみてください。

コートエシエル(Cote&Ciel)

コートエシエルは2008年フランスのパリで誕生しました。PCやタブレットなどのポータブルデバイス用のバッグをメインに展開しています。同ブランドのバッグは実用性とデザイン性を融合させた革新的なアイテムが特徴。デザイン自体はもちろん、こだわりの素材やパーツを採用しているのも注目です。

コートエシエル(Cote&Ciel) ISAR M

斬新なデザインが魅力のおしゃれリュック。内側、外側ともに実用性の高いポケットが設置されているのが特徴です。

PC収納ポケットのほか、小物の収納に適したファスナーポケットが3つ設けられているのもポイント。個性的かつ使い勝手のよいアイテムを探している方におすすめです。

アッソブ(AS2OV)

アッソブは、2013年に日本で誕生したバッグブランド。デザイン性はもちろん、機能性にも配慮したバッグをリリースしているのが特徴です。実用性があり、コーディネートにも映えるアイテムが揃っているので、ビジネスシーンでもプライベートシーンでも気兼ねなく使えるリュックを求めている方は要チェックです。

アッソブ(AS2OV) ATTACHMENT ロールトップリュックサック

頑丈なナイロンをメイン素材に採用し、部分的にレザーを配することでデザイン性をアップさせたおすすめリュック。ロールトップタイプならではのカジュアルな雰囲気も魅力的です。

メインルームは小分けできるポケットが内蔵されており、使い勝手は良好。トップからはもちろん、サイドジップからでもアイテムの取り出しが可能なのもポイントです。本体外側にはノートパソコンの収納にも対応。満足度の高いリュックを求めている方におすすめです。

マキャベリック(MAKAVELIC)

マキャベリックは、2013年に東京で誕生した日本のバッグブランド。スポーツとファッションを融合させモノ作りで、デザイン性にも優れているのが特徴です。素材やパーツなどにも配慮されており、見た目のみならず体へのフィット感など使用感にもこだわっているブランドです。

マキャベリック(MAKAVELIC) FEARLESS ROLLTOP BACKPACK

格子状のメッシュパーツを採用しているおすすめリュック。メッシュパーツは取り外しも可能で、その日の気分やコーディネートによって2通りのデザインを楽しめます。

開口部は人気のロールトップタイプ。メインルームはB4サイズも収納可能なゆったりサイズです。ストリートやスポーティコーデと相性は良好。タウンユースで映えるリュックを探している方におすすめです。

リュックサック(バックパック)のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

リュックサック(バックパック)のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。