大人の定番シューズである「ローファー」。革靴ながらそれほど堅苦しさもないため、カジュアルファッションなどにもマッチしやすいのが特徴です。

そこで今回は、ローファーのおすすめ製品をブランドごとにピックアップ。コーディネートについてもご紹介します。「ローファーなんて高校生以来、履いていない」という方はもちろん、「ありきたりな履きこなしでは物足りない」という方もぜひチェックしてみてください。

ローファーとは?

By: amazon.co.jp

ローファーとは紐が付いていない、いわゆる“スリッポン”タイプの革靴のこと。気楽に脱いだり履いたりできるのが特徴です。かかとが低いデザインで、カジュアルな装いに合わせやすく、男性はもちろん女性からも人気の高い定番シューズとして認知されています。

ローファーの種類

コインローファー(ペニーローファー)

By: amazon.co.jp

ローファーのなかでも最も目にする機会が多いコインローファー(ペニーローファー)。1950年代にアメリカの学生が着用し、ファッションとしてペニーと呼ばれる1セント硬貨を甲部分の切れ込みに差し込んでいたことが、ネーミングの由来とされています。ローファーの種類のなかでは一番シンプルで、かつオーソドックスなタイプです。

タッセルローファー

By: amazon.co.jp

タッセルローファーとは、甲の部分に房があしらわれたデザインのモノを指します。カジュアルシューズとしてのイメージが強いローファーですが、タッセルローファーはそのなかでもドレッシーな雰囲気が特徴。アメリカでは弁護士が履くシューズとして知られています。

ヴァンプローファー

By: amazon.co.jp

シンプルなデザインが特徴的なヴァンプローファー。「コブラヴァンプ」とも呼ばれています。装飾がなく、つま先部分がやや跳ね上がったデザインに仕上がっているのが特徴。無骨で男らしいルックスが魅力的なアイテムです。

ビットローファー

By: amazon.co.jp

ビットローファーは、甲部分に馬具を模した飾り金具が付いているのが特徴。1966年にグッチが、馬のハミの一種をサドル部分にデザインしたローファーを発表したのがビットローファーの始まりと言われています。スーツスタイルでもカジュアルスタイルでも合わせられる、汎用性の高さも魅力です。

ローファーの選び方

シーンに合ったデザインを選ぶ

By: rakuten.co.jp

カジュアルシーンで履くならコインローファー(ペニーローファー)がおすすめ。クセが少ないデザインのアイテムが多く、比較的に気軽に履きこなせるので、初めて購入するのであれば、まずおすすめしたいタイプです。

ビジネスシーン、特にジャケパンスタイルで履くならタッセルローファーを選ぶのがベスト。ドレッシーな雰囲気にコーディネートを仕上げたい際に重宝します。

ビットローファーはカジュアルシーンだけでなくビジネスシーンにも使えるので、コーディネートにアクセントをプラスしたい方にもおすすめです。

素材やカラーで選ぶ

By: rakuten.co.jp

表面がなめらかなスムースレザーを使用しているローファーが一般的ですが、最近ではスエード素材を用いたファッショナブルなローファーも数多くリリースされているので購入する際は確認しておきましょう。

カラーについては定番のブラックやブラウン以外にも、ワインレッドやネイビー、グリーンなどといったカラータイプのローファーも増えてきています。2足目、3足目のローファーを購入したいと考えている方は、ぜひトライしてみてください。

ローファーのおすすめブランド

リーガル(REGAL)

長きに渡り、ビジネスマンの足元を支えてきた「リーガル」。高品質なビジネスシューズを、手に取りやすい価格帯で展開しています。ほとんどの革靴はグッドイヤーウェルト製法で製造されており、耐久性も良好。コスパのよいアイテムを探すならぜひチェックしておきたいブランドです。

リーガル(REGAL) ローファー 2177

リーガル(REGAL) ローファー 2177

長年支持を集め続けている、リーガルの定番ローファー。鏡面加工を施したステアレザーは上品な光沢を放ち、大人らしい足元を演出してくれます。

また、グッドイヤーウェルト製法によって作られた本製品は、耐久性・耐水性に優れているのも魅力です。履き始めは革が固く感じるものの、これもグッドイヤーウェルト製法の特徴のひとつ。履き込むうちにじっくりと馴染んでいき、自分の足にぴったりの1足へと変化していきます。

リーガル(REGAL) スリッポン 56HR

リーガル(REGAL) スリッポン 56HR

快適な着用感とコーディネートのしやすさで、デイリーユースに最適なヴァンプローファーです。装飾がない分ロングノーズが強調され、よりスマートな表情が特徴。インソールのネイビーカラーも、知的さを感じさせるポイントです。

また、靴裏を包み込む「モールドソール」も本製品の大きな特徴。ゴム素材の一体型ソールでグリップ力と耐久性に優れており、ドライビングシューズとしても優秀です。カジュアルな休日のコーディネートにぜひ合わせてみてください。

コールハーン(Cole Haan)

「コールハーン」はトラフトン・コール、エディ・ハーンの2人によって設立されたアメリカのファッションブランド。「良い物を作り、良い物だけを提供する」という2人の志は現在も受け継がれ、美しさと機能性を兼ね備えた製品を生み出し続けています。特にローファーは人気が高く、ブランドを代表するアイテムです。

コールハーン(Cole Haan) ニーランド ビット ローファー

コールハーン(COLE HAAN) ニーランド ビット ローファー

上質な素材、洗練されたデザインでビットローファーが持つエレガントさを際立たせた1足です。ポーランド産レザーはほどよいツヤ感があり、色気のある大人の雰囲気を演出。飾り金具もギラギラしすぎず、落ち着いた表情にまとまっています。

靴底はレザーソールで仕上げ、よりドレッシーな印象に。また、ストレッチ性に優れたインソールが採用されているため、見た目のスマートさとは裏腹に疲れにくいのも嬉しいポイントです。結婚式の二次会など、カジュアルなパーティーシーンにも重宝します。

コールハーン(Cole Haan) ハミルトン グランド ベネチアン

コールハーン(COLE HAAN) ハミルトン グランド ベネチアン

コールハーンが革新的なレザーシューズとして打ち出した「グランドレボリューションコレクション」のヴァンプローファー。外観は美しい革靴そのものながら、スニーカーのような履き心地と機能性を持った優れモノです。

デザイン面では、スッキリとしたフォルムにビーフロールを加えてさりげないアクセントに。カジュアル、きれいめどちらのメンズスタイルにもマッチします。革靴はおしゃれだけど、足が痛くなるから長時間は履きたくないと考えていた方にもおすすめしたい1足です。

バーウィック(Berwick)

「バーウィック」は、革靴作りが盛んな地として知られるスペイン・アルマンサで1991年に創業したブランドです。英国靴のしっかりとした作りと、イタリアやフランスの色気溢れるデザインを兼ね備えたバーウィックの革靴は、ヨーロッパを中心に人気を拡大。近年ではコスパの高さから、日本でも注目されつつあるブランドです。

バーウィック(Berwick) ローファー 9628

バーウィック(Berwick 1707) ローファー 9628

私服に合わせておしゃれに履きこなしたいおすすめスエードローファーです。本製品に用いられているスエード素材は、イギリスの老舗タンナー「チャールズ・F・ステッド社」のモノ。気取りすぎないナチュラルな表情が魅力です。

靴底には、革靴のスマートさを損なわず、かつ優れたグリップ力を発揮する「ダイナイトソール」を採用。雨の日の濡れた路面にも対応できます。ジーンズやチノパンなど、カジュアルなボトムスと組み合わせてもキマるおすすめの1足です。

バーウィック(Berwick) ローファー 3274

バーウィック(Berwick 1707) ローファー 3274

美しいロングノーズを持つ、上品なコインローファーです。つま先は、スクエアトゥでシャープな印象に。スタンダードなハーフサドルデザインなので、よりフォルムの美しさが際立ちます。

素材には、世界的にも有名なタンナーであるフランス「デュプイ社」のカーフレザーを採用。手染め加工ならではのムラ感のある色合いも特徴です。定番フォルムのローファーを既に持っている方も、着こなしのバリエーションを増やすアイテムとしてぜひ取り入れてみてください。

ジーエイチバス(G.H. BASS)

「ジーエイチバス」は、ローファーの元祖といわれるモデル「ウィージャンズ」を世に送り出したブランドとして広く知られています。現在もさまざまな素材、デザインのローファーを多数展開。質実剛健な靴作りを続け、品質を落とすことなく良心的な価格設定を保っている点もジーエイチバスの魅力です。

ジーエイチバス(G.H. BASS) LOGAN

ジーエイチバス(G.H.BASS) LOGAN

ローファーを初めて購入するならぜひチェックしておきたい王道モデルです。アッパーには、美しい光沢を放つガラスレザーを採用。スマートな足元を演出する細身のラストも特徴です。

靴底はドレッシーな印象のレザーソールをベースに、耐滑性を高めるためかかと部分にのみラバーを配置しています。また、マッケイ製法で作られているため、軽量なのも嬉しいポイント。1万円台と手を出しやすい価格なので、色違いで揃えるのもおすすめです。

オールデン(ALDEN)

「オールデン」は、1884年に設立されたアメリカの老舗シューメーカー。美しいデザインはもちろんのこと、優れた快適性をも備えるシューズを作り出すブランドとして有名です。創業から130年以上が経過した現在でも人気は衰えることなく、革靴の最高峰ブランドとして紳士たちから絶大な支持を集めています。

オールデン(ALDEN) 986 LEISURE HANDSEWN MOCCASIN

オールデン(ALDEN) 986 LEISURE HANDSEWN MOCCASIN

オールデンの魅力がギュッと凝縮されたおすすめの逸品です。素材には、「革のダイヤモンド」とも呼ばれるコードバンを採用。馬の臀部(でんぶ)の革であるコードバンはキメ細やかな銀面としっとりとした質感が特徴で、1頭からわずかな量しか取れない希少な素材です。

大人らしいメンズスタイルにマッチする、ダークバーガンディの色味も魅力。オールデンを代表する人気カラーです。また、美しい経年変化を楽しめるのも本製品の大きな特徴。ぜひお手入れをしながら長く履き込み、自分だけの極上の1足へと育ててみてください。

ハルタ(HARUTA)

「ハルタ」は、日本を代表するシューメーカー。スタートは1917年と、長い歴史を持つ老舗です。ブランドのメインアイテムであるローファーは、1956年に発売を開始しました。学生靴のイメージが強い方も多いかもしれませんが、大人らしいスタイルにぴったりハマるアイテムも豊富です。

ハルタ(HARUTA) タッセルローファー 907

ハルタ(HARUTA) タッセルローファー 907

シンプルで使い勝手のよいローファーが欲しいと思ったら、まずチェックしておきたいおすすめの1足。シンプルなデザインゆえに、老舗メーカーならではの技術の高さが光ります。スーツやジャケパンに合わせるビジネスカジュアル用ローファーとしてもおすすめです。

端正な面持ちのタッセルローファーですが、サイドはビーフロールのデザインに仕上げてかしこまりすぎない印象に。靴幅は3Eとゆとりのある設計です。

グッチ(GUCCI)

言わずと知れたラグジュアリーブランド「グッチ」は、1921年にイタリアで創業。バッグや財布が有名ですが、実はビットローファーの生みの親でもあります。気品と風格に満ちたビットローファーの表情は、パイオニアブランドならでは。着こなしに華を添えるエレガントなアイテムをぜひチェックしてみてください。

グッチ(GUCCI) ウェブ×ホースビットディティール スエードローファー

グッチ(GUCCI) ウェブ×ホースビットディティール スエードローファー

コーデを格上げするアイテムとしてぜひ取り入れたい、洒落感たっぷりのビットローファーです。ラグジュアリーなゴールドの飾り金具の下には、グッチを象徴するディテールである「ウェブストライプ」を配置。おしゃれ心をくすぐる特別感のあるデザインが魅力です。

ややロングノーズ気味のスタイリッシュなフォルムと、落ち着いたスエード生地の質感も大人らしい着こなしを叶えるポイント。ボトムスをロールアップし、スッキリと履きこなすのがおすすめです。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA)

1919年にインドネシアで靴工場として創業した「ジャランスリウァヤ」が、革靴ブランドとして始動したのは2003年のこと。どのアイテムもハイブランドに匹敵するほどの品質を備えているにも関わらず、価格はとてもリーズナブルでコスパの高さを実感できます。日本人の足に合う木型が揃っているのも魅力です。

ジャランスリワヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98589 コインローファー

ジャランスリウァヤ(JALAN SRIWIJAYA) 98589 コインローファー

クセのないシンプルなデザインと足馴染みのよさで定番の人気を誇る1足。ほどよく丸みを帯びたフォルムは、カジュアルスタイルにも合わせやすく重宝します。靴の美しさがより際立つよう、アンクルパンツに合わせて足元をスッキリとスタイリングするのがおすすめです。

ほとんどの工程を手作業で行う「ハンドソーンウェルテッド製法」によって作られた本製品は、履き込むほど足にフィットしていくのも特徴。3万円台で手に入る優秀アイテムを、ぜひチェックしてみてください。

ドクターマーチン(Dr.Martens)

「ドクターマーチン」は、イギリス生まれの人気シューズブランド。印象的なイエローステッチは、ブランドを象徴するディテールとして広く知られています。メインアイテムであるブーツが最も有名ですが、ローファーも人気アイテムのひとつ。個性の光る着こなしを好む方は、特に要チェックです。

ドクターマーチン(Dr.Martens) CORE ADRIAN タッセルローファー

ドクターマーチン(Dr.Martens) CORE ADRIAN タッセルローファー

「エイドリアン」の通称で親しまれている、ドクターマーチンの定番タッセルローファー。ベーシックなアイテムとは一線を画す、ボリューミーな厚底のフォルムが目を引きます。

また、ダブルタッセルに加え、「キルト」を取り入れることでより装飾性の高いデザインに。キルトはスコットランドの民族衣装のデザインから生まれた装飾で、フリンジのような華やかさが魅力です。ドクターマーチン特有のクッション性に優れたソールにより、快適な履き心地も実現しています。

ホーキンス(Hawkins)

靴作りの聖地とも呼ばれるイギリス・ノーザンプトンで1850年に創業した「ホーキンス」。戦争時には軍用ブーツも手がけ、長い歴史を歩んできた老舗ブランドです。1995年からは日本のABCマートが商標権を取得してアイテムを展開し、日本人にも馴染み深いブランドとして定着しています。

ホーキンス(Hawkins) LEATHER LOAFER2

ホーキンス(HAWKINS) LEATHER LOAFER2

あらゆるスタイルに対応できる、汎用性の高いおすすめコインローファー。見た目はごくベーシックなアイテムですが、軽量性にこだわって作られているのが大きな特徴です。

ソールにはスニーカーに使われる素材と同じモノを採用し、軽さとクッション性をプラス。1日中外を歩き回るような日にも重宝します。また、本革ローファーながら5,000円を切る価格で手に入るのも魅力です。

ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)

「ミハラヤスヒロ」は、デザイナーの三原康裕氏が1997年に立ち上げたブランド。もともとシューズブランドとして創業し、現在ではウェアも取り扱っています。三原氏の手がけるシューズは、独創性に満ちた斬新なデザインが魅力。人とは違う、個性あるコーディネートを目指す方はぜひチェックしてみてください。

ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO) Garment Dye Patent Loafer

ミハラヤスヒロ(MIHARA YASUHIRO) Garment Dye Patent Loafer

着こなしのワンポイントとして活躍する、エナメル素材のコインローファーです。美しいエナメルの色合いは、ひとつずつ手塗りするという手間のかかる工程から生まれたモノ。手塗りならではのムラ感も味わえます。

また、木型にもこだわっているのがポイント。3Eとゆとりのある足幅ながら、実際よりも細身に見えるよう工夫されたフォルムに仕上げられています。さらに靴底にはブランドロゴの「爆発マーク」をあしらうなど、細部までこだわりの詰まったおすすめの1足です。

ローファーを使ったおしゃれメンズコーデ

タッセルローファー×ブラウンセットアップ

By: wear.jp

ブラウンのセットアップにダークブラウンのタッセルローファーを合わせたこちらのコーディネート。チェンジポケット仕様のジャケットは、ドレッシーでクラシカルなタッセルローファーとの相性が抜群です。Vゾーンにレッド系のネクタイを持ってくることによって、ぼやけた印象にはならず、ぐっと引き締まったブラウンコーディネートを楽しめます。

ブラウンコインローファー×イエローカーディガン×ブラックデニム

By: wear.jp

マスタードイエローのカーディガンが魅力的なコーディネート。足元にブラウンのコインローファーをチョイスすることで、カジュアルすぎない大人コーディネートになります。ボトムはスリムなブラックデニムを合わせるのがポイント。ブルーデニムよりもカジュアル感が抑えられ、きれいめなコーディネートに仕上がります。

ブラックコインローファー×ダブルブレストジャケット×デニム

By: wear.jp

ローファーコーディネートを代表するようなトラッド色の強いこちらは、ダブルブレストジャケットがポイント。足元のローファーはほどよくボリューム感のあるモノを選ぶのがベストです。ジャケットのボリューム感とマッチするのでおすすめ。ボトムはややルーズなストレートをチョイスし、アメリカンな雰囲気に仕上げましょう。

ビットローファー×ブラックコーディネート

By: wear.jp

ジャケットもパンツもブラックで統一したコーディネート。ビットローファーの金具飾りがアクセントとして引き立ちます。シンプルでシックなコーディネートですが、誰でもすぐにチャレンジできるおしゃれなコーディネートです。

ブラックコインローファー×ジャケット×ホワイトパンツ

By: wear.jp

ブルーの爽やかなジャケットにホワイトパンツを合わせたコーディネート。足元にはブラックのコインローファーをチョイスし、全体を引き締めています。インナーにはネイビーのポロシャツを合わせているのもポイント。夏のジャケパンスタイルの定番として抑えておきたいコーディネートです。

コインローファー×ジャケット×チノパン

By: wear.jp

落ち着いたカラーのジャケットに、ラフな印象のチノパンを合わせたコーディネート。インナーにはハイゲージニットとシャツ、足元はレッドのソックスを合わせることで、トラディショナルな装いに仕上がっています。

ブラックコインローファー×ボタンダウン半袖シャツ×ホワイトパンツ

By: wear.jp

とてもシンプルでわかりやすいコーディネート。ネイビーの半袖シャツとホワイトパンツは、クールビズなどにもおすすめです。足元にはブラックのコインローファーをチョイスすることで、カジュアル感を抑えつつもファッショナブルな雰囲気を演出。誰でも挑戦しやすいコーディネートなので、ローファーに不慣れな方もぜひ取り入れてみてください。

ブラックコインローファー×ネイビーチェスターコート×チェックパンツ

By: wear.jp

メンズの定番であるネイビーのチャスターコートとブラックコインローファーを合わせたコーディネート。ポイントはチェックパンツで、色の繋がりを持たせるためインナーはイエローをチョイスしています。