精一杯のおしゃれをしてお祝いしたい結婚式。出席する際にはスーツやネクタイなどの”服装マナー”に気を付けたいところですが、意外と足元は見落としがちです。今回は結婚式で履くべき靴がどのようなモノかを確認した上で、おすすめのメンズ靴をご紹介します。

結婚式での靴の種類はどれが良い?

結婚式では紐付きのフォーマルな靴を選ぶのが基本。より適しているのは、靴の甲に乗っている羽根の部分が開かない「内羽根式」と呼ばれるタイプのものです。一方、羽根の部分が外に向かって開く「外羽根式」と呼ばれるタイプはカジュアルな印象があるので、おすすめはできません。

ストレートチップの靴

どの靴を履いて行こうか悩んだら、「ストレートチップ」と呼ばれるタイプのモノを選びましょう。つま先の近くに横線が入っているだけのシンプルなデザインが特徴で、親族として出席する場合やスピーチなどを頼まれている場合には、特におすすめです。

プレーントゥの靴

つま先の横線が入っていない「プレーントゥ」の靴は、ストレートチップに比べると少しカジュアルな印象がありますので要注意です。あらかじめ平服指定がされている場合やカジュアルな装いでの結婚式の場合はプレーントゥの靴を選んでもよいでしょう。

NGな靴

「メダリオン」と呼ばれる穴飾りを施した靴は、カジュアル感がとても強いので結婚式には向いていません。紐が付いていないローファーもNGです。

また、靴に使用されている革の素材も注意が必要。ヘビ革やワニ革、アニマル柄の靴は殺生をイメージさせてしまうので、結婚式では避けるのが無難です。

靴の色は?

By: item.rakuten.co.jp

結婚式で履く靴の色は「黒」を選ぶのがもっともフォーマル。ただし、平服指定のカジュアルな結婚式の場合や、2次会に参加するときは茶色の靴も候補としてはありです。参加する結婚式の雰囲気に合わせてチョイスしましょう。

結婚式におすすめのメンズ靴

チャーチ(Church’s) ビジネスシューズ CONSUL

イギリスの老舗名門紳士靴ブランド「チャーチ」によるストレートチップの靴。政治家や大使館に勤めるイギリス人たちが好んで履いていた”オックスフォードシューズ”と呼ばれるもので、靴の典型とも言えるモデルです。

製品名は領事を意味する「CONSUL(コンサル)」が由来。程よい丸みを帯びたつま先が上品でクラシカルな雰囲気なので、おすすめの1足です。

ジョセフチーニー(JOSEPH CHEANEY) ストレートチップ ALFRED

イギリスの老舗「ジョセフチーニー」の靴。ブランド創業125周年にあたる2011年に開発された「125 LAST」という木型が用いられています。細身ながらもバランスのよい丸みを帯びていて、クラシカルな印象です。

現代人の足を考慮して、以前のモデルよりもヒール部分を小ぶりに変更。フィット感がよくて履きやすいおすすめのストレートチップシューズです。

クロケット&ジョーンズ(Crockett&Jones) ストレートチップ AUDLEY

木型を世界中で最も所有していると言われている「クロケット&ジョーンズ」のストレートチップシューズ。シンプルなデザインと作りの上質さが込められた1足です。

2002年にパリの靴職人の意見を取り入れて開発した「337」という木型を採用しており、イギリスのクラシックスタイルにフランスの優雅さを融合。ハンドメイドによるクオリティの高さもポイントです。

ジョンロブ(John Lobb) ドレスシューズ CITY Ⅱ

高級紳士靴の代名詞ともいえるメーカー「ジョンロブ」のストレートチップシューズ。採用されている木型「7000」は、エレガントで美しいシルエットでありながら、つま先が微かに膨らみを帯びていて柔らかい雰囲気を演出しています。甲部分にはカーフレザーを採用。上質な素材と木型による美しいフォルムが魅力の靴です。

エドワードグリーン(EDWARD GREEN) CHELSEA E82

1890年にイギリスで創業した靴メーカー「エドワードグリーン」のストレートチップシューズ。シャープなシルエットでありながらつま先が程よくカーブしている木型「82」を採用しています。靴紐の隣に施されているスワンネックステッチが特徴。優雅な雰囲気のあるおすすめのシューズです。

サントーニ(Santoni) ドレスシューズ 06981

イタリアの新興ブランド「サントーニ」のストレートチップシューズ。鮮やかなオレンジ色の靴底がさり気ないおしゃれ感を演出しています。

ブラックラピド製法を採用し、耐久性がありながらも柔らかい履き心地をキープ。革靴に不慣れな方でも快適に履けるモデルです。

三陽山長(SANYO YAMACHO) ストレートチップ 友二郎

2001年に高級紳士靴ブランドとしてデビューした「三陽山長」のストレートチップシューズ。小ぶりなつま先と「スワンネックステッチ」によるスマートなデザインが魅力です。甲部分を低く抑えた木型「R2010」が用いられていて、足をしっかりとホールドしてくれます。

リーガル(REGAL) ビジネスシューズ 811RAL

日本の靴メーカー「リーガル」のストレートチップシューズ。軽くて柔らかい快適な履き心地が魅力です。比較的リーズナブルで手に入れやすいのもポイント。シワになりにくいため、長く愛用できるアイテムでもあります。

ジャラン・スリウァヤ(JALAN SRIWIJAYA) ストレートチップ 98317

インドネシア発の靴メーカー「ジャラン・スリウァヤ」のストレートチップシューズ。履き心地のよさを重視したグッドイヤーウェルト製法で作られており、長時間履いていても疲れません。履いてゆくごとに靴が馴染む点も魅力です。

少し長めのつま先を採用することで、スマートに仕上がっているのもポイント。カラーバリエーションは黒色と茶色の2種類があるので、フォーマルな結婚式なのか、カジュアルな結婚式なのかを考慮して製品を選びましょう。

ロンドンシューメイク オックスフォードアンドダービー(London Shoe Make Oxford and Derby) ドレスシューズ

比較的カジュアルな結婚式のときに履いて行きたいプレーントゥタイプの靴。日本人の足に合わせて作られているため履き心地は良好です。マッケイ製法を採用することで靴本体が軽量に仕上がっているのも特長。底をハーフラバー仕様にすることで、滑りにくいのもポイントです。

ライムガーデン(Lime Garden) ドレスシューズ

華やかな結婚式にふさわしいエナメル素材の靴。インソールにメッシュ素材を用いているため、長時間の着用でも足が蒸れません。また、靴底にはラバー素材を採用しており、地面をしっかりとグリップしてくれるので歩きやすいです。細身のシルエットでスーツをしっかりと引き立ててくれます。