アウトドアやスポーツはもちろん、通勤・通学の際も活躍する「大容量リュック」。パソコン・タブレット・本・カメラなど多くの荷物をリュックひとつで持ち運べるので、男女問わず人気のアイテムです。

そこで今回は、大容量リュックのおすすめモデルをご紹介します。選び方や用途に分けて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

大容量リュックってどんな時に便利?

大容量リュックの便利なところは、なんと言っても「荷物をひとつにまとめられること」です。財布や定期などの小物はもちろん、ノートパソコンやカメラのような大きな荷物も分散させることなく、リュックに入れて持ち運べるのが魅力。特に荷物の多い、通勤・通学やスポーツ・アウトドアシーンで活躍します。また、買い物や旅行に行った際に増えた荷物の収納にも便利です。

大容量リュックの選び方

ポケットの数で選ぶ

By: amazon.co.jp

多くの荷物を持ち歩く際に付いていると便利なのが、小物やパソコンの収納に便利なポケット。スマホや充電器、定期入れやキーケースなどよく使うモノをポケットに入れておけば、荷物の取り出しが便利です。

開口部の開き方で選ぶ

By: amazon.co.jp

大容量リュックのなかには開口部がジップ式のモノやベルクロ式のモノ、ロールトップ式のモノなどさまざまな形式のリュックがあります。荷物の取り出しやすさでみるとジップ式が多いですが、ロールトップ式のリュックは、セキュリティ面に優れるのがメリット。荷物の取り出しやすいリュックがいいのか、セキュリティ面が高いリュックがいいのかで選ぶのもおすすめです。

背中のクッション性やショルダーベルトの仕様などで選ぶ

By: amazon.co.jp

大容量リュックを選ぶ際は、背負い心地のよさを確認するのもおすすめ。背面部分やショルダーストラップのクッション性、通気性のよいモノを選ぶと、大量の荷物を入れても疲れにくく快適に背負えます。

また、アウトドアで使用する場合は防水性の高さやレインカバーの有無、ペットボトルホルダーの有無で選ぶのもおすすめです。使用するシーンを想定して、必要な機能が搭載されたリュックを選びましょう。

通勤・通学におすすめの大容量リュック

バッハ(BACH) TRAVELSTAR 40

バッハ(BACH) TRAVELSTAR 40

アイルランドで設立されたバッハの3WAYリュックです。リュック、ショルダー、手持ちとあらゆるシーンで活躍します。フロントポケットが複数あるため、リュックの中が散らからずに済むのも魅力。素材は、ナイロンの7倍の耐久力を誇るコーデュラナイロンを使用しているので、ヘビロテで使用しても安心です。

背面にアルミフレームを採用しており、型崩れの心配もありません。デザインはシンプルですが、フロントのメッシュとロゴが程よくメリハリを演出してくれるので、飽きが来ずに愛用できます。リュックからショルダーにチェンジさせることで気分転換にもなり、通学や通勤など日常的に使うリュックにおすすめです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) Silvercup Backpack

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) Silvercup Backpack

雨風を防いでくれるロールトップ型を採用した、マンハッタンポーテージの定番アイテムです。メイン収納にPCスリーブに加えて、タブレットまで収納できる便利なポケットが付いています。持ち物の飛び出しを防ぐために、ポケットの上にベルクロを採用するなど、気配りが効いているのもポイント。

胸部分にハーネスも付属しており、自転車で通学や通勤にも便利な仕様。ロールトップも自由に形を変えられ、その日のコーディネートに合わせて巻くか折りたたむかを選べるのも魅力のひとつです。

デイタム(DATUM) METORONOS

デイタム(DATUM) METORONOS

フロントポケットにA5のノートが収納できる大容量リュック。ペンを入れるポケットも付いているので、使用頻度の多い持ち物をセレクトして収納するのもおすすめです。シンプルなデザインなので、男女問わずカジュアルな服装にマッチします。

メイン収納部もA3の書類が入る大きさで、入れる物のサイズに困らないのも魅力的。背負い心地に関しても、ショルダーハーネスと背面にパッドがあるため、ストレスフリーな仕上がりになっています。レトロで小慣れた印象を与えてくれるリュックなので、アウトドアテイストではない大容量リュックを探している方におすすめです。

グレゴリー(GREGORY) JOURNEYMAN 30L

グレゴリー(GREGORY) JOURNEYMAN 30L

開口部が、スーツケースのように大きく開く30Lの大容量リュックです。本製品の特徴は、メインコンパートメントの容量の大きさ。二泊程度であればすっぽり入るくらいの広さを誇ります。PCやタブレット専用の収納部分もメイン収納とは別に搭載。しっかりと部屋を分けて物を入れることが可能です。

サイドには、スナップボタンの付いたポケットがあり、交通系ICカードなどを入れても取り出しやすさとセキュリティー面も安心。30Lの大きめのリュックですが、スクエア型ですっきりした印象なので、無骨な印象にならずさまざまなコーディネートに合わせられます。

クローム(CHROME) ROSTOV

クローム(CHROME) ROSTOV

製品の頑丈さに定評があるクロームの全天候対応型で人気のアイテムです。ワークウェアによく使われる、1050デニールのナイロンアウターシェルを採用。耐久性が高く、一般的なリュックよりも長く使うことができます。素材やジップの仕様には防水機能が備わっており、雨の日に自転車で通勤や通学される方も安心です。

バックパネルは、クッション性の高いEVA素材を採用し、長時間背負っても負担を感じさせない作りを実現しています。少し変わったデザインが多いクロームのなかでは、落ち着いた印象に仕上げているのが特徴。通勤にあまり派手なリュックは使用できない方におすすめです。

カリマー(Karrimor) Karrimor tribute 40

カリマー(Karrimor) Karrimor tribute 40

トラベルシーンに使える二室構造のカリマーの大容量リュック。用途に分けて収納できるため、取り出したいものをすぐ見つけることが可能です。フロント側には、持ち物を小分けして収納できる小さめのポケットが複数搭載されています。また、同じくフロント側にノートPCやタブレット、書類などを綺麗な状態で収納できる仕様です

メイン収納スペースの容量は比較的大きめなので、一泊くらいの持ち物であればすんなり収まります。デザインはシンプルでスマートな印象に。合わせる服を選ばない、機能性とデザイン性に優れた便利なリュックです。

ポーター(PORTER) UNION

ポーター(PORTER) UNION

A4サイズもすっぽり入る、通勤や通学におすすめのリュック。フロントポケットも2つ付いているため、充電器などの小物を小分けして収納できます。またフロントポケットは、ワークウェアや工具用腰袋をイメージして作られており、デザインに程よいアクセントを加えているのもポイント。

コットンキャンバスよりも、軽量で色落ちが少ない特徴を持つポリエステルキャンバスを採用しています。ナイロン生地とは違った、カジュアルと上品さを兼ね備えたデザインなので、アウトドア感の強くないリュックを探している方におすすめのアイテムです。

ポーラー(POLeR Camping Stuff) EXPEDITION PACK

ポーラー(POLeR Camping Stuff) EXPEDITION PACK

フォトグラファーと映像クリエイターの二人がディレクションを行なっている、ポーラーの大容量リュック。メインの深さと同じ収納スペースが2つ搭載されています。バック側はノートPCを収納できるクッション付き。フロント側は書類やノートを収納できるスペースです。

またフロントには、伸縮性のあるコードがあり、持ち物の内容量に応じて調整可能。開口部も大きく開き、A4サイズもすっぽり収納可能なので、会社や学校に使うのにおすすめのリュックです。

ハーシェルサプライ(Herschel Supply) IONA

ハーシェル(Herschel Supply) IONA

カナダのバッグブランド、ハーシェルのフラップタイプのリュックです。フラップの下にある開口部は、巾着のようにドローコードで開け閉めを行うタイプ。裏地には白と赤のピンストライプの生地を採用しており、開けた際に見えるポップな雰囲気がおしゃれです。

メイン収納には、PCスリーブが備わっているので、PCやタブレットなどを収納可能。サイズ感も大き過ぎず、背負った後ろ姿はまとまりがよく、使い回しがきくリュックです。

スポーツやアウトドアにおすすめの大容量リュック

アークテリクス(ARC’TERYX) MANTIS 26L

アークテリクス(ARC'TERYX) MANTIS 26L

容量26Lの扱いやすい大容量リュック。アウトドアからタウンユースまで幅広く使えるモデルです。シンプルな見た目にも関わらず、機能性が充実しています。メインの収納部分にはデュアルジップを採用しており、上部だけではなく左右からもアクセスできます。また、PCスリーブもあるので、パソコンの収納も可能です。

サイドに深めのメッシュポケットが付いているため、ドリンクホルダーや、グローブの収納に使用できます。アウトドアシーンと普段使いで使えるリュックを探している方におすすめです。

クレッタルムーセン(KLATTERMUSEN) GNA BACKPACK 33L

クレッタルムーセン(KLATTERMUSEN) GNA BACKPACK 33L

登山などのアウトドアにぴったりの大容量リュックです。ショルダーハーネスが可動式で、使用する人の体型に合わせて細かい調節が可能。また、ショルダーハーネスに付属しているBUTTERFLY BRIGEと呼ばれるショルダーストラップが、肩・鎖骨・肩甲骨などに重量を分散し、楽に背負うことができます。

デュアルジップなので、トップだけの開閉からフルオープンでの使用まで、状況に合わせて使い分けられるのも魅力です。リュックに詰めても型崩れがしないよう、背面にフレームを入れているなど、多彩な機能を備えています。機能性に優れたアイテムを探している方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) Big Shot

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) Big Shot

ノースフェイスで人気の定番モデル。シンプルなデザインで、使い勝手に優れているのが特徴です。フロントポケットは、縦型のジップが左右に付いており、出し入れが多い持ち物でも気軽に取り出すことができます。

背面には、スパインチャンネル構造を採用。背骨への負担を軽減し、快適な背負い心地を実現しています。メイン収納部にも複数のポケットを備えており、小分け用のポーチなどが不要なのも魅力です。

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) SWEET PEA

ミステリーランチ(MYSTERY RANCH) SWEET PEA

三つのジップが付いている、Yジップが特徴的なミリタリールックの大容量リュック。開口部が広く、シューズやウェアの出し入れが便利です。また、ジップは止水仕様で、雨の日の浸水も心配せずに使用できます。

素材は、コーデュラナイロンを採用。通常のナイロンの7倍の強度があるため、耐久性にも優れています。ウエストベルトが収納可能で、持ち物が少ない時はベルトで締め込めるため、デイリーユースにもおすすめのアイテムです。

パタゴニア(patagonia) Black Hole Pack

パタゴニア(patagonia) Black Hole Pack

防水性を高めるために、TPU(サーモプラスチックポリウレタン)フィルムでラミネートされた、パタゴニアのブラックホール・パックシリーズの30Lの大容量モデル。フロントポケットの容量も大きく、メインの収納部と用途を分けて使用するのに非常に便利です。

開口部も広く、メイン収納部へもアクセスしやすい作りになっています。上部に小さなファスナー付きのポケットがあり、サングラスや小物などを入れておけるのも魅力。ボトルホルダーも深めの作りでしっかりホールドするため、サイクリングなどでも活躍してくれるアイテムです。

ヤックバック(YAKPAK) ROLLINS BACKPACK

ヤックバック(YAKPAK) ROLLINS BACKPACK

撥水性があるコーデュラポリエステルを素材に使用したヤックパックの大容量リュック。デザインはアウトドアやスポーツ感は少なく、デイリーユースメインで使えます。

上下に分かれた収納スペースは、スポーツシーンに最適。下のスペースにシューズを、メイン部分に着替えや飲み物を入れるなど、大きな持ち物も分けて持ち運ぶことができます。使わない時は取り外してセパレート使いが可能なので、シーンに合わせて使い分けができる便利なアイテムです。

コールマン(Coleman) ATLAS

コールマン(Coleman) ATLAS

35Lのコールマンの大容量リュック。生地はコーデュラナイロンで、ポケットの多さが特徴的なアイテムです。フロントポケットの左側には500mlのペットボトルが入り、右側にはスマートフォンやペンなどを収納できる細かく分けられたポケットが搭載されています。

トップは、開口部を覆いかぶせるフラップ型。開口部に少し大きめのポケットを備えており、タオルやボディシートなどを収納できます。メイン部分のサイドにジップがついており、荷物を取り出しやすいのも魅力。スポーツシーンで便利なリュックを探している方におすすめです。

おしゃれにキマる大容量リュックのおすすめ

イグノーブル(IGNOBLE) Stilwin Seedpod Backpack

イグノーブル(IGNOBLE) Stilwin Seedpod Backpack

装飾を削ぎ落とした、シンプルなデザインが特徴であるイグノーブルのアイテム。イグノーブルはロサンゼルスを拠点とし、機能性と洗練されたデザインのアイテムを取り扱っているリュック専門のブランドです。

しっかりとした印象を与えるスクエアタイプとは対照的に、曲線を多く使用したフォルムで、背負うだけで雰囲気のあるコーディネートに。モノトーンのテーマに非常に相性がよく、全体のまとまりも演出してくれます。カジュアルではなく、モード感の強いリュックを求められている方におすすめのリュックです。

アノニム クラフツマン デザイン(ANONYM CRAFTSMAN DESIGN) 12H DAYPACK

アノニム クラフツマン デザイン(ANONYM CRAFTSMAN DESIGN) 12H DAYPACK

12時間程度の日帰りの旅行をコンセプトにしたリュック。ボリュームが出過ぎずにしっかり持ち物を入れられるサイズ感です。素材にはセルスパンナイロンと呼ばれるムラ染め仕上げの生地を使用しており、コーディネートをおしゃれに仕上げてくれます。

フロントと左右のサイドにポケットを備えているので、使用頻度や大きさによって持ち物の小分けが可能。アウトドアテイストの服装や、デニムを用いたコーディネートにおすすめのリュックです。日本の鞄職人の手によって作られている、本製品。是非チェックして見てください。

アッソブ(AS2OV) HI DENSITY CORDURA NYRON

アッソブ(AS2OV) HI DENSITY CORDURA NYRON

デザイン性と機能性に優れたアイテムをラインナップしている、アッソブの大容量リュック。耐久性の高いコーデュラナイロンを高密度に織り合わせられた生地を使用しており、ロングスパンでの使用も安心です。随所に散りばめられている革素材はヌメ革を採用しているため、経年変化も楽しめるアイテム。

ロールトップ型のリュックですが、サイドにジップがついており、メイン収納部にも簡単にアクセスできます。また、メインに文庫本が入るくらいの大きさのポケットがあり、読書好きにも優しい設計。シャツにチノパンなどのシンプルなコーディネートに映えるリュックで、落ち着いた雰囲気が好きな方は是非チェックしてください。

ヌンク(nunc) TRAVELER’S BACKPACK

ヌンク(nunc) TRAVELER'S BACKPACK

日本のブランドで、ラテン語で「今」を意味するヌンクの大容量リュック。ショルダーストラップが付属している2WAY仕様で、容量は30Lと2〜3泊の荷物であれば収納可能です。生地には、軽量であるポロファイバーナイロンを採用。

メイン収納部前面のメッシュポケットも便利で、小物や文庫本など小分けにして収納が可能です。フロントには、4つのポケットが搭載されています。また、ロゴマークが取り外し可能など、遊び心も持ち合わせたアイテムです。

ミッションワークショップ(MISSION WORKSHOP) The Vandal

ミッションワークショップ(MISSION WORKSHOP) The Vandal

ミッションワークショップを代表する大容量リュック。本製品は、拡張機能が搭載されており、30〜60Lでのサイズ調整が可能。トップのフラップも拡張する際に丸めておくことができます。また、防水性も備わっており天候を気にせず使用できるのも魅力です。

存在感のあるデザインで、コーディネートのメインとしても使えます。フラットバックパックを基本設計としており無駄がないデザインのため、大容量にも関わらずスマートな仕上がりになっています。ちょっとした外出にも使えるアイテムを探している方におすすめです。

バッハ(BACH) BIKE2B

バッハ(BACH) BIKE2B

バイク用で作られたバッハの大容量リュック。メイン収納部は全開にできるため、荷物の取り出しや収納が簡単にできます。また、リュック内部の正面側には大きめなメッシュポケットが搭載されており、細かい持ち物を入れても一目でどこにあるか分かるのも魅力です。

レインカバーも付属しており、雨の日も安心して使うことができます。さらに、バイカーのためのリュックであることから、ヘルメット用のカバーも備わっており、さまざまなところに気遣いが感じられるアイテムです。

アークテリクス(ARC’TERYX) アロー22

アークテリクス(ARC'TERYX) アロー22

アークテリクスの人気の定番アイテム。フロントジップが中心にあるデザインが特徴です。一般的なリュックとは少し変わったデザインですが、奇抜過ぎず幅広いコーディネートと合わせることができます。フロントポケットの容量も多く、ジップもざっくりと開くため、使い勝手も良好です。

メイン収納部には、メッシュポケットとフックがついており、15インチまでのPCが収納可能。デザイン性と機能性に優れた、おすすめの大容量リュックです。